SMBCモビットは無利息期間サービスがなくても選ばれる理由がある

無利息期間がなくてもSMBCモビットが選ばれる理由
SMBCモビット

2022-06-14

初めてカードローンを利用する人にとって、無利息期間の有無は選ぶ際の重要なポイントの1つです。大手消費者金融会社は、広告などで軒並み無利息期間をアピールしています。

そんな中、大手5社のうちSMBCモビットは唯一、無利息期間の設定をしていません。しかし無利息期間サービスのメリットが無いにもかかわらず、多くの人に選ばれ続けています

その理由はどこにあるのか気になりますよね?また、無利息期間があるのとないのとでは、どれくらい返済金額に差が出るのでしょうか?

この記事では、SMBCモビットVS無利息期間サービスの利息比較や、無利息期間よりも魅力的なサービスとは何なのかを詳しく解説していきます。

SMBCモビット
SMBCモビット
利用限度額審査時間融資までの時間
最大800万円10秒簡易審査最短即日※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
3.0%~18.0%-

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

おすすめポイント

  • 10秒簡易審査・WEB完結
  • 24時間ネット申し込み可能!
  • 年会費・入会金無料!
新井 智美

新井 智美 / ファイナンシャルプランナー


【専門家の解説】

SMBCモビットの最大の魅力は、「Web完結」を選択することで電話連絡なしにできることです。いくら即日融資に対応しているとはいえ、審査における在籍確認をクリアできなければ借り入れを行うことはできません。また、審査通過率が高い点も魅力といえます。カードローンは申し込めば誰でも審査に通るわけではありません。実際、カードローン各社の審査通過率は45%前後です。そのような中、「Web完結申込」などの条件を満たすことで電話連絡なしにできるSMBCモビットは、審査を通過する可能性を高めるという意味でも選ぶ価値があるのではないでしょうか。

新井智美さん
新井智美さん

トータルマネーコンサルタント

福岡大学法学部法律学科卒業。
1995年4月 情報通信会社入社。
2006年11月 ファイナンシャル・プランニング技能士1級取得。
2017年10月 独立。

コンサルタントとして個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)を行う他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行うと同時に金融メディアへの執筆及び監修も行い、現在年間200本以上の執筆及び監修をこなしている。これまでの執筆及び監修実績 は1,000本以上におよぶ。

目次

SMBCモビットVS無利息期間サービスの利息を比較

SMBCモビットの利息を無利息期間を利用した場合と比較

冒頭でもお伝えしましたが、SMBCモビットには大手消費者金融5社の中で唯一、無利息期間サービスを行っていません。

実際に無利息期間サービスを利用するのと利用しないのとではどれくらいの差になるのか、1カ月の金利と完済後の金利で比較してみましょう。

比較金額は5万円、10万円、30万円の3パターンを想定し、契約日の翌日から借入を行い、各消費者金融の最高金利を適用するという条件で計算します。

なお、レイクALSAに関しては無利息期間サービスが変則なため、この比較では除外しています。

レイクALSAの無利息期間サービスについて詳しく知りたい人は「レイクALSAの無利息期間サービスは長い&選べるのが魅力!利用条件や金利も比較して紹介」を参照してください。

30日後の利息額を比較

まずは30日以内に一括返済を行った場合の利息がいくらになるのか確認してみます。

カッコ内の金額は、各社の無利息期間を利用しなかった場合の金額になります。

金融業者名金利(年率)5万円の利息10万円の利息30万円の利息
SMBCモビット年3.0%~18.0%739円1,500円4,500円
プロミス年4.5%~17.8%0円(731円)0円(1,463円)0円(4,389円)
アコム年3.0%~18.0%0円(739円)0円(1,500円)0円(4,500円)
アイフル年3.0%~18.0%0円(739円)0円(1,500円)0円(4,500円)

無利息期間中に完済できれば、利息は0円となるためかなり大きな魅力となります。ただ無利息ではない場合も、利息として支払わなければならない金額は、借入額の1.5%ほどです。

5万円の借入だと、利息は1,000円未満です。借入額が30万円でも、1カ月の利息は最高で4,500円です。

絶対に1カ月の間で返済が可能であれば、少しでも損をしないためにも無利息期間のある金融業者を利用したほうが良いでしょう。

次からは30日以内の一括返済ではなく、最低返済額や無理のない範囲で返済をしていくと想定して比較していきます。

5万円の利息額を比較

5万円を借りた場合の利息の違いを検証してみます。

最低返済額で返済した場合と、1万円ずつ返済した場合でも比較してみました。

金融業者名最低返済額最低返済額にて返済総額1万円ずつ返済した返済総額
SMBCモビット4,000円5万5,778円5万2,375円
プロミス2,000円6万1,753円5万1,548円
アコム3,000円5万6,965円5万1,567円
アイフル4,000円5万4,869円5万1,567円

※返済額は借入のタイミングにより変動する場合があります。また、上記の金額は無利息期間中の利息を差し引いてあります

消費者金融は借入金額により、最低の返済額が設定されています。この最低返済額は、消費者金融により若干の差があります。

SMBCモビットとアイフルは最低返済額が同じなので比較しやすいかと思いますが、無利息期間分の利息は約900円です。

また、プロミスは他社より最高金利が0.2%低く、最低返済額は2,000円と一見負担が少ないカードローンですが、最低返済額のみで返済していくと無利息期間を利用しても、なんと返済総額が6万円を超えてしまいました!

1万円ずつ返済した場合でも、無金利期間の有無での差額は1,000円未満なので、それほど気にするほどの金額ではありません。

5万円の借入金額では、無利息期間の恩恵はそれほど無いことが分かります。

公式サイトへ公式サイトへ

10万円の利息額を比較

次は10万円の借入で比較してみます。

各社、最低返済額はほぼ横並びとなりました。

金融業者名最低返済額最低返済額にて返済総額1万円ずつ返済した返済総額
SMBCモビット4,000円12万6,260円10万9,158円
プロミス4,000円12万3,533円10万7,327円
アコム5,000円11万7,656円10万7,416円
アイフル4,000円12万3,884円10万7,416円

SMBCモビットとプロミス、アイフルの最低返済額は同額です。その場合、プロミスの最高金利が0.2%低いため利息額がいちばん少なくなっていますが、それでも差額は3,000円以下です。

アコムは最低返済額が5,000円と高めであることから、利息が抑えられ総返済額が最も低くなっています。

1万円ずつ返済した場合を比較するとSMBCモビットと他社との差額は2,000円未満で、やはり無利息期間分はさほど気になりません。

10万円と借入金額が上がっても、利息の総額を比較すると無利息期間分の差は本当にわずかなものです。

公式サイトへ公式サイトへ

30万円の利息額を比較

無利息期間内での一括返済がかなり難しいと想定する30万円で比較していきます。

最低返済額が1万円以上となり、無利息期間の影響も大きくなりそうですが、実際の結果は以下の表になります。

金融業者名最低返済額最低返済額にて返済総額1万円ずつ返済した返済総額
SMBCモビット38万8,683円12万6,260円34万2,404円
プロミス1万1,000円38万566円33万6,187円
アコム1万3,000円36万4,168円33万6,662円
アイフル1万1,000円38万1,164円33万6,662円

最高金利が同じ年18.0%であり、最低返済額も同じSMBCモビットとアイフルと比較すると、無利息期間分の差は約7,500円と広がりました。

ただし、利息そのものが総額8万円を超えてくるので、その額は1割にも達しません。見逃せない差額にはなりますが、利息の総額と比べると大き過ぎるというわけではありません。

また月2万円ずつ返済した場合、SMBCモビットは他社より6,000円ほど返済総額が多くなります。いずれにしても、最初の30日間に多くの金額が返済できるのであれば、無利息期間は大いに利用価値があると言っていいでしょう。

ここまで見てみると、30万円程度の大きな金額を借り入れることや、30日間の無利息期間中に一括返済できるかが、無利息期間サービスを選ぶ重要なポイントであると言えます。

ただやはり、SMBCモビットは返済総額が他社と同程度になることはあっても、月々の返済額が安くことはほぼありません。

SMBCモビットを選ぶ価値は、次の章からお伝えする内容が大きいと言えます。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 新井 智美の一言コメント!
実際、10万円を借り入れた場合の利息の差は1,500円です。この額をどうとらえるかはその人の価値観によりますが、以下で紹介するSMBCモビットの魅力を比較して最終的にどのカードローンに申込むかについて決めることをおすすめします。

新井 智美

新井さん

SMBCモビットの無利息期間サービス以上の強みとは

SMBCモビットの最大の特徴として、WEB完結で申し込みを行うと電話での在籍確認がない代わりに書類で在籍確認を行えるという点があります。

また、三井住友銀行などと同じSMBCグループなので、バックボーンがしっかりしているため借入れも安心して行えます。

それぞれ具体的に詳しく説明していきます。

SMBCモビットはWEB完結なら電話連絡をなしにできる

他社でもWEB完結のサービスはありますが、職場への在籍確認の電話はあると考えてほぼ間違いありません。

職場に電話をされることがイヤという人は多く、この在籍確認の電話がカードローンを契約するネックになっていると感じている人も多いでしょう。

一方、SMBCモビットでは条件が合えば勤務先への電話連絡なしで契約・借入まで可能です。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている
  • 社会保険証または組合保険証を持っている

また、WEB完結ではローンカードや郵送物も無いので、家族などにもカードローンを契約したことを知られたくない人にはとても喜ばれています。

SMBCモビットのWEB完結に関してもっと詳しく知りたい人は「SMBCモビットの在籍確認はある?WEB完結で電話連絡なしにする方法」の記事を参照してください。

SMBCモビット
SMBCモビット
利用限度額審査時間融資までの時間
最大800万円10秒簡易審査最短即日※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
3.0%~18.0%-

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

おすすめポイント

  • 10秒簡易審査・WEB完結
  • 24時間ネット申し込み可能!
  • 年会費・入会金無料!

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 新井 智美の一言コメント!
Web完結で電話連絡なしにするためには、上で示している条件を満たす必要があります。そして、条件を見てもわかるとおり、社会保険証または組合保険証を持っている必要があります。したがって、自営業者やフリーランスなど国民健康保険の被保険者の方は、この電話連絡なしにするサービスを利用することができない点に注意してください。

新井 智美

新井さん

SMBCグループなので安心

いくらサービス面などが良くても、まったく知らないところからお金を借りるのはリスクが大きいと感じてしまう人もいます。

SMBCモビットはテレビCMや広告などをよく見るかもしれませんが、個人情報がどこかから漏れてしまわないか、延滞した時に怖い取り立てが来るのではないかなど不安になります。

SMBCモビットは、メガバンクの三井住友銀行と同じSMBCグループの会社ですので、基盤もしっかりしており信頼できる会社です。

また、HDI格付けベンチマークの「クオリティ」格付けにおいて最高評価の三つ星を獲得しているなど、ユーザー対応が外的機関にも評価されています。

無利息期間なしをカバーできる使い勝手のいい会員サービス

返済や借入のたびに手数料がかかっていては、無利息期間で得した分はすぐに相殺されてしまいます。

SMBCモビットでは、WEBサイトの会員専用ページ「Myモビ」から手数料無料のインターネット返済が利用できます。また、ATMも三井住友銀行ATMであれば手数料がかかりません。

さらに、返済した分の利息でTポイントが貯まるサービス(200円で1ポイント)も行っているので、よりお得感が実感できます

無利息期間があることで得する額は、10万円の借入でも多くて3,000円程度です。

長期間にわたって利用するなら、手数料無料やポイントの獲得で、この差額は十分に埋められると言っていいでしょう。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 新井 智美の一言コメント!
即日融資を希望しているならば、条件を満たすことで電話連絡なしにできるSMBCモビットは非常に魅力といえるのではないでしょうか。電話での在籍確認は職場の周りの人にも気を使いますし、スムーズ確認が取れなかった場合、即日融資を受けられない可能性もあります。条件を満たしているのであれば、ぜひWeb完結での申し込みを利用しましょう。

新井 智美

新井さん

SMBCモビットを含めた大手消費者金融の無利息期間サービス状況

SMBCモビットと他の大手消費者金融の無利息期間サービスを確認してみます。


金融業者名金利(年率)無利息期間条件
プロミス年4.5%~17.8%初回借入日の翌日から30日初回申込のみ
アコム年3.0%~18.0%契約日の翌日から30日初回申込のみ
アイフル年3.0%~18.0%契約日の翌日から30日初回申込のみ
契約額が1~500万円の人が対象
他の無利息サービスとの併用は不可
レイクALSA年4.5%~18.0%初回借入日の翌日から60日初回申込&WEB申込のみ
他の無利息サービスとの併用は不可
初回借入日の翌日から180日初回申込のみ
借入金額のうちの5万円まで
極度額1~200万円の人が対象
他の無利息サービスとの併用は不可
初回借入日の翌日から30日初回申込のみ
SMBCモビット年3.0%~18.0%無利息期間サービスなし

※Web以外の無人店舗やお電話で申込むと、お借入額全額30日間無利息またはお借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。30日間無利息、60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。無利息期間経過後は通常金利適用。貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。

今までに何度か伝えていますが、大手消費者金融5社の中で唯一、SMBCモビットだけが無利息期間がありません。

他社を確認してみると、無利息期間サービスが適用されるのはすべて初回申込のみとなっています。

また、プロミス以外の3社は契約日の翌日から無利息期間が自動的に始まるので、すぐに借入を行わなければ期間はどんどん短くなっていきます。

無利息期間は30日としているところが最も多く、最長はレイクALSAの180日です。ただし、レイクALSAの場合は適用条件が細かく決められているので、金額や返済期間に合わせて、どの期間を選択するかよく考える必要があります。

なお、無利息期間の利用に関してもっと詳しく知りたい人は「カードローンが無利息で借りられる条件とは?無利息期間を徹底比較しおすすめを紹介!」を参照してください。

SMBCモビット
SMBCモビット
利用限度額審査時間融資までの時間
最大800万円10秒簡易審査最短即日※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
3.0%~18.0%-

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

おすすめポイント

  • 10秒簡易審査・WEB完結
  • 24時間ネット申し込み可能!
  • 年会費・入会金無料!

まとめ

SMBCモビットは、無利息期間こそありませんが、毎月コツコツ返済していく分には総額にそれほど大きな差は出ないことが分かりました。

電話連絡なしで契約できることや、サービスが充実していることを考えると無利息期間サービス以上にメリットが大きいです。

最初の30日以内に、一度きりの借入を完済する予定であれば、やはり無利息期間のある消費者金融を選ぶ方が良いでしょう。

ただし、これから何度も借入れをする予定である人や、返済に長期間かかるようであればSMBCモビットは十分選択肢の一つになり得ます。

無利息ばかりに囚われず、サービス面までトータルで見てカードローンを選びましょう。

本記事の監修者について

新井 智美

新井 智美 / トータルマネーコンサルタント 代表

2006年11月卓越した専門性が求められる世界共通水準のFP資格であるCFP認定を受けると同時に、国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士1級を取得。個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)、企業向け相談(補助金、助成金の申請アドバイス・各種申請業務代行)の他資産運用など上記内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行う傍ら、執筆・監修業も手掛ける。

本記事の編集者について

ナビナビ編集部

ナビナビ編集部

専門知識がないと難しい金融商品を、正確で詳しく、わかりやすく伝えるために、記事企画・推敲・構成・編集・情報の更新を行っております。

関連記事

人気カードローンランキング

アコムアコム

アコムアコム

  • 実質年利:3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短30分
三菱UFJ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローン

  • 実質年利:年1.8%~14.6%
  • 利用限度額:最大500万円
  • 審査時間:最短翌日

※申し込みまではWEBで完結

プロミスプロミス

プロミスプロミス

  • 実質年利:4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円
  • 審査時間:事前審査 最短15秒回答

ランキングの詳細はこちら