Operated by Ateam Inc.

イーデス

SMBCモビットの増額申請をする前にチェック!増額申し込み方法のすべて

最終更新日:

SMBCモビットの増額申請をする前にチェック!増額申し込み方法のすべて
SMBCモビット
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

SMBCモビットを利用しているけれど、

「予想外の大出費で限度額では間に合わない」
「今月が特におサイフがピンチなので、SMBCモビットを増額でのりきりたい」

そんな状況になることってありますよね。

SMBCモビットで増額したい人なら、以下のように思われるのではないでしょうか。

  • SMBCモビットの増額審査に落ちる可能性があるのか知りたい
  • 増額審査に落ちやすい理由があるなら知っておきたい
  • SMBCモビットの増額申込方法と流れを知りたい
  • 増額審査の必要書類、審査時間、在籍確認について知りたい

こちらの記事ではSMBCモビットの増額について必要な情報をわかりやすくまとめました。

最後までお読みいただくことでSMBCモビットの増額審査をひととおり理解でき、またあなたが増額を利用するべきか判断できるようになります。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

飯田道子さん

飯田 道子 / ファイナンシャルプランナー


【専門家の解説】

今、お金を借りているけど、もっとお金を借りなければならないということもあることでしょう。そのとき、新たな会社に申し込む方法もありますが、すでに契約している会社から、さらに多くの金額を借りるという方法もあります。これは「増額」という手続きになるのですが、同じ会社であっても審査は行われますし、場合によっては審査に落ちてしまうこともあります。申し込むときには、どのような点に注意しなければならないのか解説します。

▼SMBCモビットでお金借りるのが心配なら、こちらの記事をお役立てください。

気になる内容をタップ

SMBCモビットの増額方法と流れ

SMBCモビットでは会員サービスの「Myモビ」からの増額申込が最も手軽でおすすめです。

カードローンの増額手続きは電話や店頭窓口に限られるところも多い中、Myモビならスマホやパソコンで増額手続きをすべて行えます。

さらにSMBCモビット公式アプリでも増額申請のサービス開始となっていますが、さっそく注目を集めているのもうなずける便利なサービス内容です。

実際にMyモビで増額申請の流れをわかりやすく紹介しましょう。

  1. STEP.1

    Myモビ会員専用サービスサイトにアクセス

    (「Myモビ」で検索すると確実です)

  2. STEP.2

    Myモビにログイン

    (「ユーザーID&インターネットパスワード」もしくは「カード番号&暗証番号」を入力)

  3. STEP.3

    増額審査申込メニューを選択

  4. STEP.4

    必要事項を入力して送信

  5. STEP.5

    SMBCモビットから確認の電話連絡

  6. STEP.6

    必要に応じて収入証明書類などを提出

  7. STEP.7

    審査結果連絡

  8. STEP.8

    増枠完了
    利用開始

Myモビのほかにフリーダイヤルからも増額申込は可能です。オペレーターに質問や相談したいことがある場合は、電話からの申込がおすすめです。

お問い合わせフリーコール

0120-24-7217
(営業時間 9:00~18:00)

ただし、電話による申込の場合は営業時間内に電話する必要があるので注意が必要です。

さらにSMBCモビット公式アプリで増額申請の流れも紹介しましょう。

  1. STEP.1

    App StoreGoogle Playのダウンロードページからダウンロードしアプリを取得

  2. STEP.2

    アプリを起動させ、「必要書類送付送付」をタップ

  3. STEP.3

    申込時に発行されるユーザーIDと登録したパスワードを入力

  4. STEP.4

    アプリの画面の案内に従って、スマートフォンのカメラで書類を撮影

  5. STEP.5

    アプリの送信ボタンを押し書類の画像を送信

SMBCモビットから増額案内があれば審査通過は確実?

SMBCモビットから「増額案内」が届く場合があります。この「増額案内」は利用状況が順調で、SMBCモビットの一定基準をクリアしている人に届くものです。

Myモビメッセージや電話、メールなどで増額案内は届くようになっています。

「増額案内」が届いている状態なら、増額審査に通過できる可能性は通常よりも大きくなっているのは間違いありません。

ただし増額案内は増額を「確約」したものではありません。あくまでも「増額審査を受けてみませんか?」というお誘いにすぎないのです。

そのため増額案内にしたがって増額申込をしたにもかかわらず審査に落ちるということはありえます。

増額案内をもらっても、油断しないようにしてください。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
増額案内は、「お誘い」とはいえ、基本的に一定の期間、問題なく取引をしていた相手を対象にしています。そのため、年収の3分の1以内まで増額なら、審査に通る可能性は高いと言えるでしょう。ただし、転職直後などの場合は、この限りではありませんし、新たに書類を追加で提出しなければならないこともあります。必要のない増額であれば、無理に手続きする必要はありません。もちろん必要なら、他社よりもまず、増額を狙うと良いでしょう。

飯田道子さん

飯田さん

増額審査で提出する必要書類

増額審査では追加の書類提出が必要になる場合があります。

基本的に提出を求められやすいのは「収入証明書類」です。

増額後の借入総額が収入に対して十分と判断されれば提出しないで済む場合もあります。しかし総量規制ギリギリであったり、審査に必要と判断されたりすれば提出を求められることになるでしょう。

増額申込するにあたっては、直近の給与明細2カ月分&1年分の賞与明細などをあらかじめ用意しておくと安心できます。

ちなみにMyモビサイトには書類提出システムがあるので、提出の手続きはとてもかんたんです。

SMBCモビットの増額審査にかかる時間

増額審査で気になるのが「どのくらいの時間で増額完了できるのか」というところですよね。

原則的に増額審査の回答は即日もしくは翌営業日となります。

増額審査で特に問題となるようなこともなく、審査が混み合っていない場合は非常にスピーディに増額完了できる場合があります。

逆に審査で確認するべき事項があったり、審査が混み合ったりした場合、思いのほか時間がかかる場合もあるので注意が必要です。

増額を急いでいるならば、できる限り早めの時間に申込むようにしましょう。

午前中に申込完了できれば、当日中に手続き完了できる可能性も高まります。※午前中申込でも100%確実に当日手続き完了できるというわけではありません。

増額審査における在籍確認

増額審査時に再度在籍確認が行われるのかは気になる人もいらっしゃるかもしれませんね。

結論から言えば在籍確認は必要に応じて行われるということになります。

SMBCモビットの担当者に問い合わせても「申込してみてもらわないとわからない」という回答しかできないはずです。

ただし実際のところは審査上の理由で特別に必要のない限り、再度の在籍確認はされないことが多いようです。

しかし「在籍確認はない」と断言はできないので、「もしかしたら在籍確認があるかもしれない」くらいには心の準備をしておくとよいでしょう。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
SMBCモビットに新規で申し込むときには、即日融資が可能でしたが、増額審査の場合は、基本的に翌日になります。場合によってはさらに1日追加されることがあります。増額が必要なときには、日程的に余裕を持って、申し込むことが必要です。あわせて、状況によっては、在籍確認も再度、行われる可能性があります。無いかもしれませんが、あると考えて、心積もりをしておけば、慌てずに済みそうです。

飯田道子さん

飯田さん

限度額の増額審査への影響は?

増額審査では「順調な利用実績」がとても大切になってきます。

「支払日に遅れない」のは当然のこととして、「どのように利用しているか」もチェックされるのです。

たとえば「少し返済しては、すぐに限度額いっぱいまで借入れ」している場合、「返済が苦しいのでは?」と判断されてしまいます。

このような状況では増額は難しいどころか、場合によっては減額判定となってしまう場合すらあります。

ただし「借入申込後、ほとんど借入れしていない」なら増額に有利かといえばそうでもありません。なぜなら借入利用が少なすぎると、返済実績も少なくなってしまうためです。

一番増額に有利なのは「適度に借入れして、しっかりと返済もしている方」となります。「カードローンを計画的に利用している」と判断され、最も信頼が高くなるわけです。

忙しい方のための瞬速まとめ

  • SMBCモビットの増額申込は「Myモビ」もしくは「フリーコール(電話)」で行う
  • 「増額案内」があっても100%審査に通過が確約されているわけではない
  • 収入証明書類の提出が必要になることがある
  • 審査時間は基本的に「即日~翌営業日」

SMBCモビットで増額審査に落ちる可能性

SMBCモビットは限度額が不足した場合などに、増額申請を行うことができます。他社のカードローンを新たに申込するのと比べて、返済がバラバラにならないというメリットがあります。また新規申込の手間にくらべると、比較的手続きが簡単です。

そのようなメリットを聞くとすぐにでも増額を申し込みたくなるかもしれませんね。

ただし、増額審査は決して甘いものではありません。

むしろ新規申込時よりも審査が厳しくなることを覚悟する必要があります。

また増額審査には増額特有の審査落ちの理由が存在します。それらを知らずに申込してしまうと、思わぬ審査落ちとなってしまうかもしれません。

こちらの章では増額審査に落ちしやすいポイントについて詳しく解説していきます。

大切なポイントをこちらでつかんでいただくことで、審査落ちリスクを少なくすることができますよ。

審査否決の原因1:総量規制

増額審査で避けて通れないハードルが「総量規制」です。消費者金融カードローンはすべて総量規制が適用されます。

「総量規制」というのは、貸金業者からの借入総額が年収の3分の1までにしなければならないという決まりごとです。

これは「貸金業法」という立派な法律ですから、消費者金融カードローン業者としても絶対に守る必要があるのです。

初回申込のときには総量規制の範囲内におさまっていたのに、増額申込によって総量規制を超えてしまう場合があります。

総量規制を超えた場合、審査に通ることはできません。※総量規制の範囲内に減額されて審査に通る場合もあります。

いずれにしても増額審査を申込むにあたっては「総量規制」を意識しないわけにはいきません。

増額後の借入金額が他社の借入を含めて年収の3分の1を超えていないか、あらかじめセルフチェックするようにしてください。

ちなみに「銀行カードローンなら総量規制の対象外」という話を聞いたことがあるかもしれません。「総量規制がないのなら、年収を気にせずいくらでも増額できそう」と感じる人もいそうですね。

しかし現実はそんなに甘いものではありません。

銀行カードローンが総量規制の対象外というのは事実ですが、実際には増額審査時に年収のチェックは入るのです。

以前は一部の銀行でカードローンの審査に問題があり、少々多すぎる融資がされていたこともありました。

しかし2017年に金融庁による銀行カードローン審査のチェックがはじまっています。

そのため現在では貸しすぎにつながる多額の融資はできなくなっているのです。

銀行カードローンにおいても、借入総額が年収の3分の1以内というのはおよその目安となるでしょう。

銀行によってはこれよりも厳しい基準で審査しているところさえあります。

そもそも総量規制は「借りすぎ」で返済に行き詰まることのないように「借り手を守るため」の決まりごとです。

カードローンの借入が年収の3分の1を超えると加速度的に返済が難しくなってきます。3分の1というのは順調に返済できるギリギリラインの目安ですから、極力それよりも借入を少なくするように努めてください。

審査否決の原因2:タイミング

増額審査の申込タイミングによっては、総量規制やそのほかの条件を満たしていても審査に通りにくくなる場合があります。

タイミングというのは初めて契約してから増額申込までの期間のことです。この期間が短すぎると、増額審査通過はとても厳しくなる傾向があります。

短期間での増額申込の審査が厳しくなってしまう主な理由は以下の2つです。

  • きちんと返済しているという実績がまだ少ない
  • 初回申込時にきちんとした借入&返済計画ができていないと疑われる

期日までにきちんと返済をしている実績はとても大切となります。

なぜなら「このひとはきちんと約束を守って返済できる人だ」という信用が積み重なっていくためです。

たとえば初回申込から1~2カ月しか経っていない場合、実際に返済した回数は1回程度となってしまいます。これではカードローン会社としても、十分な信用があるとは判断できないわけです。

あなたが知人にお金を貸してすぐに「もっと貸してほしい」と言われたらどう思われるでしょうか?

普通の感覚なら「この人は本当に返すつもりがあるのかな?ちゃんと返すアテがあるのかな?」と疑問に思われるでしょう。

カードローンの増額審査でも同じことが言えます。そのため増額審査に無事通過するためには、ある程度の返済実績があることが大きなポイントとなるのです。

それでは初回契約時からどのくらいの期間、返済実績が必要になるのでしょうか。

じつは会社によっても基準は違ってくるので「絶対」という期間はありません。

しかし全般的にはおおむね「半年以上の返済実績」があるのが望ましいと言えるでしょう。

もちろんこの半年の期間は延滞せずにきちんと返済していることが条件です。

審査否決の原因3:転職、休職中

「転職後すぐ」もしくは「休職中」の場合の増額は、審査が厳しくなる傾向にあります。

「転職したばかり」の場合は勤続期間がリセットされているため「安定した収入」という面で不安要素となります。

とくに転職先からまだ給与支給を受けていないような場合は、かなり審査に不利になると見ておくべきです。

増額審査を受ける場合、収入証明書の提出を求められることも多くなります。

そのため最低でも2回は給与支給を受けてから増額審査を申し込んだほうがベターでしょう。

「転職の事実を申告せずに増額申込をしたら良いのでは」と、そのように考える人もいらっしゃるかもしれません。

しかし勤務先が変更になった場合、カードローン会社に届け出をするのは半ば義務のようなものです。

会員規約にもはっきりと記されていますから、転職を申告しないのは契約違反となってしまいます。

「転職を伏せなさい」などと無責任なことをすすめるサイトもありますが、契約を甘く考えないほうが良いです。

また収入証明書の提出を求められた場合、初回契約時に申告した勤務先と違うことがわかってしまいます。

審査担当者に怒られるなどということはないでしょうが、心証が極端に悪くなって審査に不利になるのは否めません。

「休職中(給与支給なし)」については増額の見込みはほとんどないと思ってください。

反対に休職を理由に減額されてしまうケースさえあります。休職中でも給与が支給されている場合は増額の可能性はゼロではありません。

しかしそれでも増額審査が厳しくなることは避けられません。

なお「休職の事実を申告するのみ」と「増額申込と同時に休職を申告する」のではかなり意味合いが変わってきます。

増額申込というのは少なからず「お金に困っている」印象をカードローン会社に与えます。

そのため増額を申し込んだにもかかわらず、逆に減額や利用停止という望ましくない結果につながりかねないのです。

転職直後や休職中の増額申込はあまりおすすめはできません。

増額審査が否決となってしまった場合の次回申請時期はいつごろが良いのか

基本的に一度増額審査に落ちた場合に、リベンジで申込するのはあまりおすすめではありません。

前回より収入が大幅に増えているなどの前向きな理由がない限り、なかなか増額再審査を突破するのは難しいものなのです。

ただし増額審査に落とされた理由が「初回契約から期間が短すぎ」だったと思われる場合、ある程度期間を開けて増額申込すれば審査に通る可能性はゼロではありません。

できる限り次回申請まで間を空けたほうがよいですが、少なくとも初回契約から半年程度は経ってから申込みするのが望ましいでしょう。

忙しい方のための瞬速まとめ

  • SMBCモビットの増額審査は意外と厳しい面がある
  • 「総量規制」など、審査落ちにつながりやすい理由が存在する
  • 増額審査否決の場合、半年くらい期間を開けるのがベタ

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
増額審査が通らない可能性のある「3つの理由」をしっかり抑えて、これらのタイミングを避けて、申し込むようにしてください。ここで諦めて他社へ申し込んだとしても、結果は同じになる可能性は大です。ここはリベンジを狙うのが得策と言えるでしょう。リベンジのタイミングは半年後が目安!もちろん、「審査に通らない3つの理由」が解消していることが大前提です。

飯田道子さん

飯田さん

まとめ

最後にもう一度、大切なポイントを振り返っておきましょう。

ここまでのおさらい

  • 増額審査は新規申込のときよりも厳しめ
  • 「総量規制」「申込タイミング」「転職直後・休職中」は審査落ちの原因になりやすいポイント
  • SMBCモビットの増額は「Myモビ」からの申込が便利
  • あらかじめ収入証明書類を用意しておくと安心
  • 「順調な利用実績」があると増額審査に有利

増額審査にはおもいのほか注意しておきたいポイントが多くあることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

SMBCモビットの増額申込をするかの判断や、スムーズな増額申込手続きの参考にしてみてくださいね。

SMBCモビットの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.