Operated by Ateam Inc.

イーデス

SMBCモビットの一括返済の方法と手数料やコンビニATM(提携ATM)利用の際の注意点

最終更新日:

SMBCモビットの一括返済の方法と手数料やコンビニATM(提携ATM)利用の際の注意点
SMBCモビット
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

SMBCモビットで借入をしたとして、金銭的な余裕が出てきたら一括返済をしたいと考えている人も多いのではないでしょうか?

しかし、一括返済は通常の返済とは大きく異なります。端数の1円単位までしっかり完済する方法や、どのくらいお得になるのかなど、事前に知っておくべきことが意外と多いです。

また、一括返済は解約ではないなど、勘違いしやすいポイントもあります。

この記事では、SMBCモビットの一括返済について詳しくお伝えしていきます。

手数料無料の返済方法から意外なデメリットまで解説しているので、これから一括返済することを考えている人はぜひ読んでおいてください。

武藤 英次

武藤 英次 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

消費者金融カードローンを含めたカードローンの注目すべき特長として「一括返済が簡単」なことが挙げられます。 じつは住宅ローンなどの一般的なローンの一括返済では、営業中の窓口への来店や、担当者とのやり取りなどが避けられないことが多いのです。 これに対してカードローンでは基本的に、いつでも好きなタイミングで一括返済が可能です。 そして一括返済はカードローンをお得に利用するためには外せないテクニックの一つでもあります。 ぜひこちらの記事も参考に、一括返済の方法をマスターしてください。

▼SMBCモビットでお金借りるのが心配なら、こちらの記事をお役立てください。

  • ファイナンシャルプランナー / 美樹ライティングオフィス

    監修者武藤 英次

    成蹊大学経済学部経営学科卒。地方銀行勤務中にカードローンを含む個人・法人の融資業務などを幅広く担当。
    2016年3月に美樹ライティングオフィスを開業し代表を務める。
    趣味は一眼レフでの写真撮影、5人家族でのおでかけ、ピアノ演奏、甲子園を目指す長男の高校野球応援など。
    カナヘイのピスケ&うさぎグッズを大量コレクト中。

    • 株式会社エイチームライフデザイン

      編集者イーデス編集部

      「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

      ■書籍
      初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

      ■保有資格
      KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

      ■許認可
      有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

      • SNS

    気になる内容をタップ

    SMBCモビットの一括返済(全額返済)とは?

    SMBCモビットでの一括返済は、利用残高を全額まとめて繰り上げ返済することです。全額返済や完済など、言い方は多々ありますがすべて同じ意味になります。

    一括返済を行うと、利息を低く抑えられるという大きなメリットがありますが、一方でデメリットがあることも忘れてはなりません。返済を早めることが必ずしも良いわけではないので、無理は禁物です!

    また、一括返済を解約を勘違いしている人がいますが、一括返済しただけでは解約にはなりません。また新たに借入れができる状態になっています。

    解約とはSMBCモビットとの契約を終了させることで、別途コールセンターへの問い合わせが必要となります。

    契約終了の証明書などが欲しい人は、一括返済に加えて解約手続きをする必要があるので注意しましょう。

    なお、SMBCモビットの解約方法や、解約するメリット・デメリットが知りたい人は「SMBCモビットの解約は電話1本!知っておきたい解約方法と注意点を解説」を参照してください。

    SMBCモビットで一括返済をする方法

    ここでは、SMBCモビットで一括返済を行う場合の流れを解説します。

    一括返済の流れ

    1. 一括返済する日を決める
    2. 一括返済の金額をしっかりと確認する
    3. 一括返済の返済方法を決めて支払う

    大きく上記の3つの手順に分けることができるので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

    1.一括返済する日を決める

    SMBCモビットのカードローンの金利は日割り計算です。利息により借入残高が毎日少しずつ増えるので、一括返済する日に合わせて返済金額を算出する必要があります。

    確実にその日に、その金額が支払える状態を作ることが重要です。

    また、一括返済をする際にはその金額を支払って本当に大丈夫なのか、自分の生活に関してもシミュレーションしておきましょう。

    2.一括返済の金額をしっかりと確認する

    SMBCモビットの返済方法は「借入後残高スライド元利定額返済方式」です。

    この方式は月々の返済額が最終借入後の利用残高によって決まるので、借り入れの利用頻度が高いと返済額もその都度変わります。

    毎月の返済日を挟んで一括返済をする場合は、特に注意が必要なケースと言えるでしょう。

    一括返済の金額は、自分で計算することも可能です。ただし残高が1円でも残ってしまうと完済にはならず、放置してしまうと滞納扱いになる恐れがあります。

    正確な金額を把握するためにもSMBCモビットに直接確認をしたほうが良いでしょう。

    SMBCモビットへの一括返済金額の確認方法

    一括返済の金額を知るには、SMBCモビットのモビットコールセンター(0120-24-7217)に電話する必要があります。

    契約後の問い合わせ用電話番号は2つありまずが、こちらはオペレーターが対応してくれる番号です。

    営業時間が決まっており、9時~18時の間しか繋がらないので注意しましょう。

    SMBCモビット会員専用サービス「Myモビ」は、パソコン版であれば一括返済する際の返済シミュレーションを試すことができます。

    スマホ版やアプリ版には対応していないので、気になる人はスマホの画面をパソコン版にするなどして試してみてください。

    3.一括返済方法を決めて支払う

    SMBCモビットの通常返済では、次の3種類の返済方法があります。

      • 提携ATM
      • 銀行振込
      • 口座振替

    このうち、一括返済ができるのは提携ATM・銀行振込による返済の2つです。

    口座振替は月々の返済に利用するものですので、一括返済などの臨時返済には利用できません。

    一括返済ができる3つの返済方法の中で、最も手軽でおすすめは「銀行振込」です。振込手数料は自己負担する必要がありますが、ネットバンキングなどを利用していれば自宅で簡単に返済が行えます。

    また、会員専用サービス「Myモビ」内のインターネット返済サービスを利用すれば手数料が無料です。

    出費を最小限に抑えることができるので、銀行振込には必ずインターネット返済サービスを利用してくださいね。

    提携ATMで一括返済する場合は、三井住友銀行ATMなら手数料が必要ありません。

    しかし、ほかの提携ATMでは手数料が発生するので、それも念頭に置いて返済を行いましょう。

    以下の表に、返済方法ごとの手数料や注意事項をまとめました。

    返済方法手数料端数の支払い備考
    提携ATM基本必要
    三井住友銀行のみ無料
    基本不可・提携ATMの手数料は以下の通り
    取引金額1万円以下:110円
    取引金額1万円超:220円
    ・端数分多く振り込む必要がある
    銀行振込「Myモビ」利用の際は無料可能・ネットバンキング可能な口座が必要
    ・振込完了時間は金融機関によって異なるので、日付をまたがないよう注意

    ※手数料の料金は税込み金額です

    提携ATM で一括返済をする場合の手順

    ATMに向かう前に必ず電話などで一括返済額を確認し、不足なく入金できるようにしましょう。

    提携ATMの場合は、三井住友銀行の有人窓口付き店舗に設置のもの以外は硬貨の支払いに対応していません。

    1,000円単位(千円単位)での返済しか行えないため、一括返済するためには多めに入金する必要があります。

    提携ATMで返済を行うには、取引画面の「クレジットカード」の記載があるメニューから操作を行います。

    例えば、三井住友銀行の場合は以下のような画面となり、クレジットカードのある「その他のお取り引き」メニューは最下部にあります。

    SMBCモビットATMから「その他のお取り引き」

    赤い四角に囲まれたメニューを選び、画面の案内に従って一括返済の金額を振り込んでください。

    銀行振込で一括返済方法の手順

    使っている金融機関の口座から、SMBCモビットが指定する返済専用口座に振り込みます。

    口座番号の確認は、初めて銀行振込を利用するなら「Myモビ」内の「振込返済口座照会」から、過去にも利用したことがあるなら「利用状況照会」から行ってください。

    「Myモビ」のインターネット返済サービスを利用すると、手数料無料で一括返済が行えます。

    「Myモビ」のインターネット返済サービス

    ただし、利用はネットバンキングに対応している口座を持っている場合のみに限られます。

    Myモビにログイン後、インターネット返済を選択して、画面の案内に従って手続きを進めてください。

    SMBCモビットで一括返済をする際の注意点は1つだけ

    SMBCモビットのカードローンは金利が日割り計算なので、返済時にはどうしても1,000円以下の端数が発生します。

    銀行振込で一括返済を行うのであれば端数までキッチリ支払えますが、硬貨の支払いができる提携ATM(コンビニATMなど含む)はかなり少数です。

    物理的に払えないんだから放置してもいいか……など、簡単に考えてはいけません。

    返済金額の端数の扱いは、カードローン会社によって対応が異なります。

    アコムやアイフルでは「無利息残高」という仕組みがあり、1,000円以下の端数の返済が残っていても利息が付きません。

    支払い期限もないので、完済してはいませんが放置しておいても滞納扱いにならない借入金です。

    しかし、SMBCモビットには無利息残高の扱いがないため、残高が1,000円未満であっても借入金があるとして利息が発生します。

    放置すると当然、滞納扱いになってしまいますため、SMBCモビットは特に端数が出ない返済方法を選ぶのが重要なのです。

    どうしてもATMで一括返済したいのなら多めに払う

    どうしても端数の振込ができない提携ATMを使う選択肢しかなければ、完済には多めに入金するしか方法はありません。

    SMBCモビットの一括返済では、1円までキッチリ返済を行わなければずっと利息が発生し続けます。もし多めに振り込んだ場合はどうなるのか、説明していきます。

    多めに返済したときの対処法は2つ

    端数からはみ出た分の対応は下記の2通りです。

    • SMBCモビットからおつりを銀行振込で返却してもらう
    • 次回の借入時に相殺する

    店頭で買い物をするときなどと同様に、多めにお金を渡せば「おつり」を銀行振込で返却してもらえます。

    ただし、もともとが1,000円未満の少ない金額です。SMBCモビットから振込手数料を引かれてしまうと、結局ほぼ0円となってしまうことが多いです。

    おすすめは、そのまま契約を継続して次回借入時に相殺してもらう方法です。多めに入金した分は「預かり金」となります。

    預り金とは言っても貯金しているわけではないので、口座にあっても利息などが付くことはありません。

    2級ファイナンシャルプランニング技能士
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    1円単位で返済する手段として一つ紹介しておきたいのが「口座振替」の返済です。 返済方法に口座振替を設定している場合には、次回引落時に一括返済となる金額を1円単位で指定可能となっています。 また、あらかじめ毎月の最低返済額以下にまで追加返済しておくことで、次回の引落日に1円単位で自動的に完済することも可能です。 なお現在口座振替の返済を設定してない場合でも、会員専用サービス「Myモビ」もしくは公式スマホアプリの「返済方法変更・返済時の振替口座変更」から設定できます。

    武藤 英次

    武藤さん

    SMBCモビット一括返済のメリットとデメリット

    通常の返済は、毎月義務付けられたものであり必ず返済しなければなりません。返済には必ず利息が付いてしまうので、借りているだけ利息を多く支払うことになります。

    一方、任意で行い一括返済は総返済額を減らすので、良いイメージを持っている人も多いでしょう。しかし、やはりデメリットもあります。

    ここでは一括返済のメリットとデメリットについて、詳しく説明していきます。

    2つのメリット

    SMBCモビットの借入額を一括返済するメリットは2つあります。

    • 支払う利息が抑えられる
    • 個人信用情報上で信用履歴が増える

    それぞれに関して説明していきます。

    支払う利息が抑えられる

    何度もお伝えしていますが、一括返済する最大のメリットは、支払う利息を抑えられるという点です。

    ではどのくらい抑えられるのか、10万円、30万円、50万円を借りて一括返済する場合と、最低返済額で返済を続ける場合で、利息額を比較してみました。

    借入額最低返済額のみ
    (返済にかかる期間)
    一括返済した場合差額
    10万円2万6,260円
    (32カ月)
    1,500円2万4,760円
    30万円8万8,683円
    (36カ月)
    4,500円8万4,183円
    50万円25万1,057円
    (58カ月)
    7,500円24万3,557円

    ※借入利率は年18.0%で計算
    ※途中で返済後に借り入れ追加をしないと仮定

    SMBCモビットの最低返済額は、最終借入後の残高で決まります。

    10万円以下なら4,000円、30万円以下なら1万1,000円、50万円以下なら1万3,000円です。

    借入金額が上がるほど返済は長い期間かかるので、それに伴って利息もどんどん膨らみます。比較すると一目瞭然ですが、一括返済のほうがはるかに利息を低く抑えられます。

    一度に多額の借入をするのではなく、少額ずつ借入れと完済を繰り返すほうが利息は膨らみにくくなります。

    個人信用情報上で信用履歴が増える

    一括返済は「返済能力」を証明できる格好の機会でもあります。

    今後もカードローンを利用したい場合は限度額の増額が認められたり、他社での借入を検討する場合は審査に通りやすくなったりします。

    ただこの場合は、借りた翌月に一括返済をするのではなく、数回から数十回程度は通常の毎月返済をしっかりと行い、さらに一括返済という流れの方が、返済能力が高いと評価されます。

    また住宅ローンや教育ローンなどを組む場合も、しっかりと返済を行っていたことで審査に有利に働くことがあります。

    2つのデメリット

    一括返済のデメリットも、メリット同様に2つあります。

    • 返済に手間がかかる
    • 一括返済で生活に余裕がなくなるケースもある

    返済に手間がかかる

    一括返済は、いわばイレギュラーの臨時返済と同じです。返済額は毎日変動するため、返済予定日の返済額をSMBCモビットのコールセンターに確認する必要があります。

    先述の通り、SMBCモビットはほかの消費者金融カードローンが取り入れている「無利息残高」のシステムの適用がありません。

    いつものATMではピッタリの額が返済できず、預かり金の返金請求をしなければならないなど、通常と比べるとなにかと手間がかかります。

    一括返済で生活に余裕がなくなるケースもある

    余計な利息をすこしでも少なくしたいからと、無理に一括返済を行う人もいます。

    生活費を削って返済に回したり、貯金をかなり目減りさせてしまったりすると、結局また借入れをしてしまうことになりがちです。

    返済中でもまったく貯金がない状態になってしまうと、ギリギリすぎて毎日不安になったりすることもあります。

    住宅ローンの例ですが、生活に無理なく返済できる金額は手取り金額の20%以内と言われています。つまり、月収20万円の人であれば、4万円までになります。

    もし、毎月の返済額に比べこの20%の金額が少ないようであれば、差額分をストックしておきましょう。

    ある程度の金額になったら多めに返済することです。

    SMBCモビットで追加返済のやり方は、簡単で毎月の最低返済額に多めに返済をするだけ。それだけでも支払う利息は抑えることができます。

    一括返済をすることばかりにとらわれず、普段の生活を維持しながら計画的に返済していきましょう。

    2級ファイナンシャルプランニング技能士
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    カードローンは一括返済をしても「解約」をしない限りは借入枠がそのまま残ることになります。 つまりお金が不足した時にはいつでも追加借入できる状態なわけです。 そのため多少無理をしてでも一括返済をしておいて、万が一足りなくなったら必要最小限の金額だけ再び借りる、というのも優れた戦略と言えます。 「借金と決別する」という覚悟で解約するのも決して悪くはありませんが、ある程度貯金ができるまでは一括返済までに留めておき、余裕ができてから解約するのもおすすめです。 カードローンの借入&返済が自由という特性を活かした上手な利用法として、ぜひこの機会に覚えておいてください。

    武藤 英次

    武藤さん

    SMBCモビットの一括返済後に残高証明書も発行できる

    SMBCモビットは一括返済をすると、残高が0円であることを証明できる「残高証明書」を発行することができます。

    ネットでは「完済証明書」と記載されることもありますが、SMBCモビットでこれに当たるのが「残高証明書」です。

    他社では基本的に郵送としていたり、電話での申し込みが必要だったりと、発行まで少々手間がかかる書類となります。その点SMBCモビットはネットで申し込んで印刷もそのままできるので、タイムロスもなくスムーズで便利です。

    借入が無いことを示す残高証明書は、大型の新しいローン(住宅ローンなど)を組む場合や、おまとめローンを組んだ後に提出を求められることがあります。

    ただ、新しいローンを組むためにカードローンを絶対に解約しなければならないというわけではありません。

    カードローンは一度解約をすると、また利用したい時には再び申込や審査が必要になります。

    SMBCモビットであれば最短60分程度で審査が完了し融資を行ってもらえるというのは、初めて申し込んだ場合です。再申し込みの際には、時間のかかることもあります。

    完済したから即解約と思わず、まだカードローンを利用する可能性があるなら、解約をせずにそのまま所有しておくことをおすすめします。

    残高証明書の発行の手順

    残高証明書は、「Myモビ」内のメニューから簡単に行うことができます。

    Myモビ残高証明発行

    メニューの「ご利用状況」のところにある「残高証明書を発行する」を選ぶと、証明書発行画面に移ります。

    Myモビ残高証明発行

    短いステップで印刷までたどり着けるので、手間もほとんどかかりません。

    SMBCモビット
    利用限度額審査時間融資までの時間
    最大800万円10秒簡易審査最短即日※
    借入金利無利息期間サービス土日の借入
    年3.0%~18.0%-

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

    おすすめポイント

    • 10秒簡易審査・WEB完結
    • 24時間ネット申し込み可能!
    • 年会費・入会金無料!

    まとめ

    SMBCモビットの一括返済は、最後の1円までしっかり完済しなければずっと利息が発生し続けます。そのため、完済させるには端数までキッチリ返済する必要があることには特に注意が必要です。

    インターネット返済であれば、端数までしっかり返済できるだけでなく手数料も無料となります。便利なシステムなので、一括返済をする時はぜひ利用しましょう。

    また、一括返済では利息を低く抑えられますが、手元に残すお金に余裕があると万が一にも備えられます。無理に一括返済しようとせず、生活とのバランスを見ながら返済していってください。借入れも返済も、計画的に行いましょう!

    SMBCモビットの関連記事

    人気カードローンランキング

    プロミス

    • 実質年利:年4.5%~17.8%
    • 利用限度額:最大500万円※
    • 審査時間:最短3分

    アコム

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短20分

    アイフル

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短20分※
    • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
    • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
    • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

    ランキングの詳細はこちら

    • Facebook
    • x
    • LINE

    © 2022 Ateam LifeDesign Inc.