Operated by Ateam Inc.

イーデス

SMBCモビットの提携ATMをお得に利用する方法まとめ!ATMの種類やスマホATM取引の使い方まで

最終更新日:

SMBCモビットの提携ATMをお得に利用する方法まとめ!ATMの種類やスマホATM取引の使い方まで
SMBCモビット
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

カードローンですぐに現金で借入したい時や手持ちの現金を返済にあてたい時、ATMはとても便利に利用できます。

SMBCモビットには自社専用ATMはないものの、多くの金融機関との提携ATMが充実しているので使い勝手が非常に良いです。

特にセブン銀行ATMはATMを見つけやすく、スマホがあればカードレスで利用できるスマホATM取引というサービスも利用可能です。

ただし、提携ATMを利用する際に最も気になるのは手数料のこと。利用するたびに手数料を支払っていては、利息以上の出費となってしまうこともあります。

ここではSMBCモビットの借入や返済時に提携ATMを利用する場合、どのようなことに注意すべきなのかを詳しく解説します。

ATMの種類や手数料無料となるお得な使い方など、知っておきたい情報ばかりなので、ぜひ最後までお読みください。

SMBCモビット
利用限度額審査時間融資までの時間
最大800万円10秒簡易審査最短即日※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年3.0%~18.0%-

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

おすすめポイント

  • 10秒簡易審査・WEB完結
  • 24時間ネット申し込み可能!
  • 年会費・入会金無料!

▼SMBCモビットでお金借りるのが心配なら、こちらの記事をお役立てください。

飯田道子さん

飯田 道子 / ファイナンシャルプランナー


【専門家の解説】

SMBCモビットには、お得に利用できる提携ATMがたくさんあります。どの金融機関のATMなら手数料無料なのか、コンビニを利用する場合は、どのコンビニATMが手数料無料になるのかをしっかりチェックし、コストを抑えましょう。また、スマホでカードレスでの利用もできるため、ローンカードからの利用バレを防ぐ効果も期待できますよ。

気になる内容をタップ

SMBCモビットの提携ATMの種類について

ATMというと銀行やコンビニが思い浮かびますが、その種類や設置場所はさまざまです。

例えば銀行とひとまとめに言ってもメガバンクから地方銀行まであり、SMBCモビットはすべての銀行と提携しているわけではありません。

ここではまず、どこで・どんな金融機関のATMを利用できるのかについて、種類ごとに一覧にしてみました。

生活圏内でどれだけ利用できるATMがあるのかチェックしてみましょう!

銀行ATM一覧と借入&返済に関して

まずは銀行ATMについて、SMBCモビットに対応している銀行一覧を確認してみます。

一部、借入はできるけど返済ができない銀行もあるので注意してください。

エリア銀行名借入返済
全国三井住友銀行
三菱UFJ銀行
イオン銀行
信用金庫※1×
北海道地区北洋銀行
北海道銀行
東北地区みちのく銀行
仙台銀行
関東・甲信越地区常陽銀行
足利銀行
栃木銀行
群馬銀行×
千葉銀行
京葉銀行
横浜銀行
第四銀行×
中部・北陸地区北陸銀行
大垣共立銀行
十六銀行
スルガ銀行×
中京銀行
百五銀行
第三銀行
関西地区京都銀行
池田泉州銀行
但馬銀行
南都銀行×
紀陽銀行×
中国地区トマト銀行
もみじ銀行×
西京銀行
四国地区百十四銀行
九州地区福岡銀行
熊本銀行
十八親和銀行
西日本シティ銀行
宮崎銀行×

※セブン銀行ATMとローソン銀行ATMはコンビニATMの項目に記載しています
※1.一部の信用金庫では利用不可

メガバンクはもちろん、地方の主な銀行はほぼ網羅されているので、商業施設のATMコーナーなどでも利用可能な提携ATMは見つけやすいと言えます。

特に、提携ATMの中に「借入不可」がないので、急ぎの際の現金調達に関してはスムーズに利用できるでしょう。

返済に関しては、自分の利用しようと思っている銀行のATMが対応しているかどうか、必ず確認しておいてください。

コンビニATM一覧と借入&返済に関して

次に、店舗が見つけやすく利用しやすいコンビニATMについてまとめました。

提携ATMコンビニ名借入返済
セブン銀行ATMセブン-イレブン
ローソン銀行ATMローソン
ナチュラルローソン
ローソンストア100
イーネットATMファミリーマート
ミニストップ
スリーエフ
コミュニティストア
デイリーヤマザキ
生活彩家
ポプラ
セイコーマート

※セブン-イレブン以外のコンビニの店舗にはイーネットATMおよびローソン銀行ATM以外のATMが設置されている場合があります
※モビットカード挿入時に表示される画面は、時間によって異なる場合があります

コンビニは大きな店舗から小さな店舗までさまざまです。そのため、コンビニの中にはATMが設置されていない店舗もあるため、近くのコンビニにATMがあるかどうかは事前にチェックしておきましょう。

セブン銀行ATMは、コンビニ以外ではイトーヨーカドーにも設置されています。

そのほかの提携ATM一覧と借入&返済に関して

銀行ATMやコンビニ以外にも、SMBCモビットの借入や返済に利用できるATMがあります。

他社消費者金融カードローンのATMなど、意外なATMの利用も可能なのでチェックしてみましょう。

設置場所提携ATM名借入返済

(JR東日本管轄主要駅)
「VIEW ALTTE」
(ビューアルッテ)
×

(関西私鉄主要駅)
Pat Sat ステーションATM
全国プロミスATM
全国セゾンATM

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
各銀行やコンビニのATMでは、どのように利用できるのか、一覧でまとめています。自分が利用しやすいATMは近くにあるのか、その場合、借入も返済もできるのかをしっかりチェックしてください、ただ、これらのATMのすべてが手数料無料になるわけではありません。基本的に手数料はかかります。手数料無料なATMは、別途解説しますので。下記に進んでくださいね。

飯田道子さん

飯田さん

SMBCモビットの提携ATMを利用する際の注意点

上記の表を見てわかる通り、SMBCモビット対応の提携ATMは借入と返済の両方を行えるものと、どちらか一方だけ行えるものに分かれています。

また、三井住友銀行ATM以外は基本的に手数料が発生することにも注意が必要です。

手数料は、借入でだけでなく返済でも同様の金額が発生してしまうので、知らず知らずのうちに損している可能性も……。

手数料の金額は以下になっています。

取引金額が1万円以下110円(税込)
取引金額が1万円超220円(税込)

なお三菱UFJ銀行には、三井住友銀行との合同ATMがあります。三井住友銀行との合同ATMであれば、8:45~21:00の間は手数料無料で利用することができるので、近くにあればぜひ利用したいところです。

ただし、これらの対象は店舗外ATMであり、店舗併設ATMではサービス対象外となるため注意しましょう。

ATMがどちらのタイプなのかは、「識別ステッカー」もしくは「ATM画面の案内表示」で確認することができます。

対象外の場合のステッカーは以下になりますので、三菱UFJ銀行のクレジットカードを持っている方で近隣に三井住友銀行ATMがある場合は、ぜひ確認してみてください。

三菱UFJ銀行のカード利用の方へ

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
基本的に、グループ会社である三井住友銀行のATMは無料で利用できます。近くに店舗があるなら、利用して、手数料のコストカットを計りましょう。また、三菱UFJ銀行の場合、店舗では手数料がかかってしまいますが、三井住友銀行との合同ATMなら手数料は無料になります。駅のコンコースなどに設置されていることもありますので、自分の通勤・通学ルートを確認してみては。ステッカーが目印ですよ。

飯田道子さん

飯田さん

銀行ATMの場合

銀行ATMを利用する場合、注意すべき点が3点あります。

事前に知っておかないと、家族に借入がバレてしまったり、不要なトラブルのもとになったりするので、必ず確認しておきましょう。

借入の最小額位は基本1万円単位

提携ATMを利用する際には、借入の際の最小単位は1万円となります。

本当は数千円で良くても、提携ATMを利用して借入をすると多めに借りることになるため、借り過ぎに注意が必要です。

ただし、三井住友銀行と三菱UFJ銀行のATMからなら、SMBCモビットを1,000円単位で借り入れることが可能です。

1万円単位だと、借入額が不本意に膨らんだり利息が高くついたりしてしまうので、計画的に利用したいならこのどちらかの銀行の利用がおすすめです。

利用明細書が郵送される可能性がある!

利用明細書がその場で発行されるATMと、後ほど郵送されるATMの2パターンがあるので注意しましょう。

その場で利用明細が発行される提携ATM(つまり郵送物がない)は以下の通りです。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • イオン銀行
  • 第三銀行
  • 福岡銀行
  • 十八親和銀行
  • 熊本銀行

上記ATM以外でも、利用明細書を郵送されないようにする方法があります。

「電子領収書サービス」を利用する方法で、利用明細や領収書を郵送ではなくネットでダウンロードできるサービス。こちらは、SMBCモビットの会員専用サービス「Myモビ」内から利用登録することができます。

登録手順は以下の通りです。

  1. STEP.1

    Myモビログイン後、各種変更をタップし、「登録内容変更」に進みます。

  2. STEP.2

    認証完了後、「その他」を選びます。

  3. STEP.3

    受け取り方法に「電子(ネット受取)」を選択して「確認」をタップすれば完了です。

みずほ銀行は口座振替に利用できてもATMは利用できない

みずほ銀行は口座振替では利用できる銀行ですが、ATMでは借り入れも返済もできない点に注意しましょう。

ATMから急ぎで返済できないため、返済を口座振替にしている人は、口座の返済資金にあらかじめ余裕を持たせておく必要があります。

コンビニATMの場合

コンビニATMは24時間営業しているイメージがありますが、実はメンテナンスなど使えない時間もあることに注意しましょう。

特に日曜から月曜の間の深夜は注意が必要です。各コンビニの銀行の営業時間をまとめてみました。

コンビニATM名営業時間備考
セブン銀行ATM全日 0:10~23:50
月曜 7:00~23:50
特になし
ローソン銀行ATM全日 0:05~23:55
月曜 7:00~23:55
3:00~4:00の間で15分程度休止時間あり
イーネットATM0:00~24:003:00~5:00の間で15分程度休止時間あり

セブン銀行ATMとローソン銀行ATMでは、いずれも日付が変わる前後10~20分は営業していません。

また、セブン銀行ATMは日曜の23時50分、ローソン銀行ATMは23時55分以降、翌月曜の朝7時まで休止しています。

イーネット銀行も深夜に15分ほど休止時間があるので、どのコンビニでも深夜帯の利用には注意が必要です。

イーネットATMは提携先銀行に注意

ファミリーマートやミニストップで見かける「イーネットATM」は、管理している銀行が設置店により異なります。

モビットカード挿入時に以下の銀行名が表示されれば、明細書は利用したATMからその場で発行されます。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 福岡銀行
  • 十八親和銀行
  • 熊本銀行

これ以外の銀行の場合は、後日領収書が郵送されてしまいます。

イーネットATMは、カードを挿入した時間によって管理する銀行が異なる場合もあるので、同じATMでも注意が必要です。

郵送を避けたいのであれば、先述の通り「電子領収書サービス」に登録してください。

そのほかの提携ATMの場合

駅のATMを利用する際には、「電子領収書サービス」に登録していないと明細書が郵送されてしまう点に注意しましょう。

また、プロミスATMとはプロミス専用のATMのことで、自動契約機ではありません。

多くの場合、無人契約コーナー内にATMも設置されていますが、なかには契約機のみしか扱いのないところもあります。

契約後すぐに借り入れたい場合には、専用ATMがあるか確認してからにしましょう。

無人契約コーナーの場所については以下から探すことができるので、ぜひご活用ください。

SMBCモビット
利用限度額審査時間融資までの時間
最大800万円10秒簡易審査最短即日※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年3.0%~18.0%-

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

おすすめポイント

  • 10秒簡易審査・WEB完結
  • 24時間ネット申し込み可能!
  • 年会費・入会金無料!

SMBCモビットの提携ATMの使い方

提携ATMでは、初期画面のどこから借入や返済を行うのか少々分かりづらいですよね。

ここでは、提携ATMの操作手順を分かりやすく解説します。

SMBCモビットのATMでの借入方法

まずは借入方法から確認してみましょう。ここではゆうちょ銀行の場合で説明します。

  1. STEP.1

    初期画面の中から、左下の「クレジットカード」の記載がある項目を選びます。

  2. STEP.2

    「クレジット出金」を選んでカードを挿入します。

  3. STEP.3

    暗証番号を入力後、借入金額を入力します。

  4. STEP.4

    返済方法を「リボルビング」に指定します。

  5. STEP.5

    内容に間違いなければ確認を押し、現金を受け取って完了です。

SMBCモビットのATMでの返済方法

次に返済方法を確認します。今回は三井住友銀行の場合です。

  1. STEP.1

    初期画面の中から「その他のお取り引き」を選びます。

  2. STEP.2

    クレジットカード」を選びます。

    カードローンではない点に注意です!

  3. STEP.3

    「ご返済」を選びます。

  4. STEP.4

    暗証番号を入力後、金額を入力して確認ボタンを押します。

  5. STEP.5

    ATMにお金を入れ、金額に間違いなければもう一度確認を押して完了です。

セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMならスマホATM取引も利用可能

セブン銀行ATMまたはローソン銀行ATMであれば、カードレスでATMの利用ができる「スマホATM取引」が利用できます。

こちらはSMBCモビットのアプリを利用すれば、カードを持たなくても借入や返済を行えるサービスです。

カード無しだと複雑な操作が必要なのかなと思いがちですが、実際はとても簡単です。

セブン銀行ATMまたはローソン銀行ATMのスマホATM取引の利用方法

ここではスマホATM取引での借入方法について、手順を詳しく説明します。

返済でも流れは同じなので、利用方法についておおまかな流れが分かれば簡単に操作ができるようになります。

  1. STEP.1

    SMBCモビットアプリにログインして「スマホATM取引」をタップします。

    画面中央付近にあるATMのアイコンです。

  2. STEP.2

    利用可能額を確認し、「スマホを使ってATMで借入」をタップします。

  3. STEP.3

    利用するATMを選択し、認証画面でモビットカードの情報を入力して「認証」をタップします。

  4. STEP.4

    スマホ画面が「QRコード読取画面」になるのを確認したら、次はATMの操作に移ります。

  5. STEP.5

    セブン銀行ATMまたはローソン銀行ATMの画面で「スマートフォン・出金・入金」をタッチします。

    画面中央に「カードを入れたら…」の案内がありますが、こちらはスルーでOKです。

  6. STEP.6

    ATM画面にQRコードが表示されるので、スマホアプリで読み取ります。

    画面の反射などでうまく読み取れない場合は、印刷して読み込みましょう

  7. STEP.7

    読み取りに成功すると、スマホのSMBCモビットアプリに企業番号が表示されるので、こちらをセブン銀行ATMまたはローソン銀行ATMに入力します。

    ここでスマホの操作はいったん終了です。

  8. STEP.8

    あとは普通のATM利用時の操作と同様です。

    まずは暗証番号を入力し、続けて借入したい金額を入力します。

  9. STEP.9

    明細書と紙幣を受け取り、借入完了です。

このように、複雑なことはなくひとつずつの操作を確実に行えば借入(返済)まではすぐです。

カードは手元に置きたくないけど、現金をすぐに引き出せる状態にしたい人にとっては、非常に便利なサービスになります。

SMBCモビット
利用限度額審査時間融資までの時間
最大800万円10秒簡易審査最短即日※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年3.0%~18.0%-

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

おすすめポイント

  • 10秒簡易審査・WEB完結
  • 24時間ネット申し込み可能!
  • 年会費・入会金無料!

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
提携ATMの画面を見ると、どのように操作したら良いのか分からないと言う人も少なくありません。利用方法を解説していますので、しっかりチェックしてくださいね。また、セブン銀行ATMとローソン銀行ATMの場合には、スマホによるカードレスでの借入も可能になっています。カード派、スマホ派もセブン-イレブンまたはローソンならOKです。特にコンビニの場合、操作方法を教えてくれるスタッフが不在なこともあります。分からないときには、コールセンターに相談することをお勧めします。

飯田道子さん

飯田さん

まとめ

SMBCモビットでは、全国区のメガバンクやコンビニ系銀行のほか、地方銀行のATMまで幅広く対応しています。

セブン銀行ATMまたはローソン銀行ATMであれば、カードレスで取引可能というのも嬉しいですね。

ただし、ATMでの取引には手数料がかかる場合がほとんどなので、お得にATM取引をするなら手数料無料の方法を選ぶ必要があります。

ATM手数料を無料にする方法は2つ。1つは三井住友銀行ATMを選ぶこと、2つめは三井住友銀行と共同となっている三菱UFJ銀行ATMを選ぶことです。

また、ATMを利用する上で気をつけたいのが、利用明細書が郵送される可能性がある点です。ただしSMBCモビットのアプリ「Myモビ」内で、明細書の受け取り設定を「電子(ネット受取)」にすれば回避可能です。

SMBCモビットのATMは、無料で利用できたりカードレスでも取引が可能だったりと、非常に利便性が高いです。ATMでの取引をメインに考えているのであれば、ぜひ検討してください。

SMBCモビットの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.