Operated by Ateam Inc.

イーデス

ディーラー下取りは損?メリットと注意点、車買取との違いを徹底解説

最終更新日:

ディーラー下取りは損?メリットと注意点、車買取との違いを徹底解説
車売却
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

車の買い替えを予定している場合、ディーラーで下取りをお願いしようか、それとも買取店に売却した方がお得なのか悩まれている方も多いかと思います。

「ディーラー下取り」とは、車の購入を前提にいま乗っている車をディーラーに引き取ってもらい、新しい車の購入代金の一部として充てることを言います。

ディーラー下取りと買取店での売却で迷った場合、以下のポイントを抑えて考えるのがおすすめです。

この記事のポイント

  • 車を下取りに出す一番のメリットは「手間がかからないこと」
  • 車買取店では値段がつかない状態の悪い車でも、下取りなら値段がつくことが多い
  • 価値のある車なら、ディーラー下取りよりも車買取店の方が高く買い取ってくれる傾向がある

本記事では、ディーラー下取りの特徴とメリット、注意点を紹介します。車の売却先を悩んでいる方が、車を買取と下取りのどちらに出すべきか判断できるよう解説していきます。

なお「まず車の下取り価格の相場について調べたい」と考えている方はナビクルの車買取・下取り相場検索シミュレーションを利用してみてください。

イーデス イチオシ!

買取相場より30万円高く売る!最高の決め技

  • 車を高く売りたいなら、ディーラー下取りに出さない
  • 査定額には決まりがなく、さまざまな要因で買取価格は決定される
  • 車をいちばん高く売る方法は、複数の買取業者に競わせること

車買取業者は安く車を仕入れることで、利益を増やすことができます。買い叩かれるのを防ぐためには、 事前に車の買取価格を複数の業者に競わせることが大切です。 1回で複数業者に査定依頼できる「一括査定サイト」を利用して、納得いく査定額を引き出してください。
利用実績470万件以上(※2023年10月時点)の車の一括査定サイトを利用すれば、 30万円~60万円高い査定額が出ることもあります。時間が経過するほど車の買取相場は下がっていきます。売りたいと思ったら、早めに調べることをおすすめします。

愛車の価格を調べる

現在の
全国の査定相場から算出した価格を配信。

イーデス 推奨!

値段がつかない車なら【廃車買取業者】がおすすめ!

  • 完全無料!引取り代、レッカー代など料金は一切かかりません
  • 手間がかかる廃車の手続きをぜんぶお任せ!楽に車を処分できます
  • 事故車や故障車、走行距離が極端に長い車、車検切れでも【0円以上の買取保証】
  • 自動車税などの還付金の受け取りも簡単!

壊れている車、動かない車、20万キロ以上乗っている車など、値段がつかない車を処分するなら、専門の廃車買取業者の利用が絶対におすすめです。

完全無料で車の処分を検討

気になる内容をタップ

ディーラー下取りとは?

ディーラー下取りとは、新車の購入を前提に、いま乗っている車をディーラーに引き取ってもらい、その価値分の金額を購入代金の一部に充てることを言います。

車の購入と売却を一つの店舗で済ませられることが大きな特徴でありメリットです。

一方で車を手放す方法としては、ディーラー下取りだけでなく、買取店で売却するという方法もあります。そして、一般的に買取店での売却の方がディーラー下取りよりも車を高く売ることができます。

そのため、それぞれの特徴を踏まえて、自分にあった車の手放し方を選ぶことが大切です。

次の章からは、ディーラー下取りと買取店での売却について、それぞれのメリット・デメリットや向いている人とそうでない人を詳しく解説していきます。

車を下取りに出す3つのメリット

まずは車を乗り換えるときに、ディーラーに下取りに出すメリットについて解説していきます。

下取りに出す3つのメリット

「車買取業者に売るのが一番良い」と書かれているサイトは多くありますが、人によって状況は異なるため一概に買取店での車売却が良いとは言えません。

メリットとデメリットを把握して、自分に合った売り方を選ぶのがおすすめです。

車を下取りに出す3つのメリットについて詳しく解説していきます。

メリット1:下取りに出すのは手間がかからない

本来、下取りとは新しい車に乗り換えるユーザーに対して、販売店(ディーラー)が古い車の処分を代行し、ユーザーの手間を軽減するためのサービスです。

車の購入と売却では、それぞれの過程で複雑な契約手続きが発生します。

新しい車を購入した店舗で、車をそのまま下取りしてもらえれば、契約書類のやり取りなどすべて一つの店舗で完了でき、手間がかからず、時間を節約することができます。

ディーラーで車を購入する際は、1人か2人の担当営業がつき、書類の準備から手続きに至るまでを一貫してお任せできるため、負担は最小限にできます。

メリット2:下取りに出すことで新車の値引き交渉をしやすくなる

いま乗っている車を下取りに出すことで、新しく購入する車の価格交渉をしやすくなるのは一つのメリットです。

下取りは買取とは違って、現金が手元に入るわけではなく、そのまま次の車の購入代金に充てられます。

すなわち、下取りで発生する売却代金は実質的には新たに購入する車の値引き額となるわけです。

ただし以下のように、下取りに出しても値引き交渉が難しいケースもあるので、注意しておきましょう。

値引き交渉が難しいケース

  • 日本を代表するプレミアムカーブランドであるレクサスでは、原則値引き販売は行っておらず、モデル末期や展示車両などでない限り、値引き販売は行われていない。
  • メーカーから発売された直後の新型モデルは、値引き販売が行われない、または行われたとしても数万円程度ということが珍しくない。

このように、ブランドを大切にしている会社や新型車種は値引き販売を行っていないケースがあります。実際、3代目プリウスが発売直後に大人気だった頃は、ほとんど値引き販売を行っていませんでした。

消費者感覚で考えると、値引きをした方が売れると思われがちですが、今の新車販売においては一概に値引きしたから売れるということにはなりません。

値引きをしないことでブランドイメージを保つことや、リセールバリューなどを考慮すると車両本体価格から値引きを行うことは、かえってマイナスになってしまうのです。

とはいえ、いざ新車を購入するとなれば、少しでも安く購入したいというのは当たり前の消費者心理です。そこで下取り車の存在が大きな意味を持ってくることになります。

ディーラーはあくまで、戦略の一環として表面上の値引きをしないのであって、値引きができないわけではありません。下取り価格を高くすることにより、実質的な値引き額を引き上げることができるのです。

ブランド戦略上、ディーラーは車両価格から直接値引きをすることはできなくても、下取り価格の調整を求めることで実質的な値引き交渉が可能になります。

ディーラーから値引きを引き出す具体的な方法は以下の記事に書かれていますので参考にしてください。

メリット3:価値がほとんどない車でも、価格がつきやすい

ディーラーでの下取りは、あくまで新しい車を購入することが前提になっているため車にほとんど価値はなくとも値段がつくということは珍しくありません。

通常ディーラーで新車を販売するときには、あらかじめ可能な値引き額というものがある程度決められています。しかしディーラーも商売である以上、表立って「○○万円の値引きができます」とは言えません。

そこでディーラーは、下取りの対象となる車の価値が本当は0円だったとしても、あらかじめ定められた値引き可能な金額を、「下取り金額」として上乗せして提示してくれるのです。

たとえば、ディーラーで購入される車の本来値引きできる金額が10万円の場合、価値が0円の車を5万円で下取りし、購入される車を5万円値引きすることができます。

この場合、ディーラーからすれば購入する車を10万円値引きするのと変わらないため、0円の価値の車にも5万円の下取り価格を提示できるのです。

一方で買取店の場合は、買い取った車をオークションなどに転売して利益を上げる必要があります。

そのため、廃車を専門とする特殊な業者でない限り、買取店では本当に価値が0円の車に値段を付けることは決してありません。

買取よりも下取りがお得になることもある

新しい車に乗り換えるユーザーとしては、できるだけ安く購入したいという思いが強いのは当然です。

対して、車を販売するディーラーとしては、ブランドのイメージを損ねることなく、できるだけ値引きをせずに1台でも多く新車を販売したいのです。そんな相反する両者の思惑を、上手く両立させてくれるのが下取りという仕組みの存在と言えるでしょう。

結果として、ディーラーは新車の購入を促すために、買取店では値段がつかないような車でも買い取ることができます。

下取りは買取よりも絶対に損をすると決め付けるのではなく、状況やタイミングによっては十分メリットがあるということも忘れてはいけません。

増田さん

下取りを新車購入代金の一部にできることや、手続きを1つの店舗で完結させられるというメリットの他にも、ディーラー下取りにしかないメリットがあります。

それは、これまで乗ってきた車に付いていたカーナビなどの移設にかかる工賃を抑えやすいことです。

装備の種類や取り付け方にもよりますが、カーナビの取り外しと取り付けを別の店舗に依頼するとそれぞれ工賃がかかります。しかし、1つのディーラーで下取りと購入を一度にすることで、移設料金を圧縮できる可能性があるのです。

もちろん最新車種の中には、いわゆる社外品のカーナビを使用できないグレードが存在しますが、今乗っている車のカーナビを引き続き使用したい場合は、ディーラーに相談してみましょう。

もちろん下取りには特有のデメリットもあります。次に下取りの注意点について解説していきます

ディーラー下取りを行う前に知っておきたい3つのデメリット

状況によってはお得になることもあるディーラーでの下取りですが、当然気をつけたい点やデメリットも存在します。

メリットの反対には必ずデメリットが存在します。大切なことは、メリットとデメリットをしっかりと理解し、デメリットを最小限に抑える工夫をすることです。

すでにお話したメリットと併せて、下記のデメリットについても覚えておきましょう。

下取りに出す3つのデメリット

車を下取りに出す前に知っておくべきデメリットを詳しく説明していきます。

ディーラーの下取り金額は、買取店の査定額よりも低い

100%とは言い切れませんが、単純に売却金額でいえば、ほとんどの場合ディーラーでの下取りよりも、買取店へ売却した方が高く売ることができます。

実際に買取相場と下取り相場を比較してみましょう。

トヨタ・プリウスダイハツ・タントホンダ・N BOX
買取の場合93.9万円50.3万円54.7万円
下取りの場合84.3万円43.7万円44.2万円
差額買取の方が9.6万円お得!買取の方が6.6万円お得!買取の方が10.5万円お得!
※2022年9月時点のナビクルの相場検索の買取額と下取り額を引用。
※トヨタ/プリウス:2015年式、グレードA、2015年12月購入、走行距離8万キロ
※ダイハツ/タント:2015年式、グレードG、2015年12月購入、走行距離8万キロ
※ホンダ/NBOX:2015年式、SSパッケージ、2015年7月購入、走行距離8万キロ

ディーラー下取りよりも買取店での売却の方が査定額が高くなる理由は、下取りが新たに車を購入してもらうためのサービスであるのに対し、車買取店は買い取った車を転売することで利益を得ているからです。

ガリバーやアップル、ビッグモーターのような買取業界の大手企業は、買い取った車をできるだけ早く転売し、在庫リスクや管理コストを削減しています。

さらに全国のネットワークを活かした中古車の販売や、その時に一番高く売れるオークションへの出品など、さまざまな工夫をして車を高い値段で売却しています。

そうして削減したコスト分や転売で高く売れた分を、中古車の査定額に還元することで、高く買い取ることができているのです。

買取店は多くの競合と価格競争をしているため、必然的に買取額は上がっていくのです。

一方、下取りは既にユーザーがその店で新車を買うことが決まっているため、基本的にライバルが存在せず、下取り価格で競う必要がありません。

そのため、多くの場合において、ディーラー下取りよりも買取店の方が高い金額で売却することができます。

多少の手間と労力を厭わないのであれば、買取店で高く売って得たお金を新車の購入に充てた方がお得になる可能性が高くなります。

下取りには買取店にある「出張査定」のサービスがない

買取店の定番サービスといえば、無料の出張査定があり、忙しい方にとってはありがたいサービスとして好評です。

しかし、ディーラーでは基本的に無料の出張査定はありません

買取店で行われている無料の出張査定サービスは、自宅はもちろん、希望すれば職場や公園の駐車場などでも査定に来てもらうことが可能です。

わざわざ店舗まで出向く手間が省けるのはもちろん、慣れない店舗での査定よりも、いつもの場所で査定を受けることで、精神的な余裕も生まれます。

ディーラー下取りの際には、基本的に車を店舗に持ち込まなくてはならず、下取りだからといって一切手間がかからないというわけではありません。

下取りの売却代金は手元に入ってこない

下取りで得ることができる代金は、当然次の車の購入代金の一部にしかなりません。

もちろん、車の購入に支払う金額は減ることになるので、お得であることには変わりありません。ただそのお金はまったく自由にならないお金でもあります。

その点、買取店へ売却することで得られる代金は、現金で振り込まれるため基本的にはユーザーが自由に使い道を決めることができます

新たに購入した車のパーツ代にしても良いですし、余裕があるのであれば、家族で旅行に行くなどという使い方も可能です。

ここまでの解説をみても、まだ下取りに出すのことがおすすめなのかそうでないのか、わからない方もいらっしゃるでしょう。

増田さん

大きなデメリットではありませんが、ディーラーへ下取りを出す際に注意してもらいたいのが、新車価格の割引額です。

ディーラーは新車を販売することで利益を出しているため、あまり値引きはしたくないというのが本音。また、いくらでも値引きできるわけではなく、最大の割引額は最初から決まっています。

そこで、ディーラーでは相場より高く下取ることで、値引き額自体を低く抑えるといったことがあります。特に、もともと値が付きにくい低年式車や過走行車の場合、「特別に値を付けておきます」と言われればつい嬉しくなってしまうもの。

もちろんディーラーも騙しているというわけではありませんが、下取り車が値引きの調整に使われることがあります。

少しでも値引きを引き出したいのなら、下取り額に惑わされず交渉することが大切です。

次の章では、これまで解説してきたことを踏まえて、どういう人に下取りがおすすめなのか、どういう人が買取店への売却に向いているのか、詳しく説明していきます。

下取り?買取?向いている人の特徴を解説

ディーラー下取りのメリットは、売却から購入までの工程を一つの店舗で完了でき手間が省けるなど、状況によっては買取店での売却よりも楽になることがあります。

もちろん、買取金額を比べると買取店に敵わないなどのデメリットがありますが、自分が何を求め、どちらが適しているのか見極めることが大切です。

ディーラー下取りが向いている人

自分がディーラー下取りと買取店での売却ではどちらが向いているのかを判断する上で、ディーラーでの下取りが向いている人とは、下記の3タイプとなります。

こんな人は下取り向き

  • 余計な心配や手間をかけず物事をシンプルに進めたい
  • 話題のモデルや新型車に興味がある
  • 目に見える金額だけでなく、トータルで物事の価値を判断する

以上のような感覚を持っている方にとっては、ディーラーでの下取りでの方が、トータルで考えた場合、お得で納得した結果に結びつくでしょう。

車買取店での車売却が向いている人

逆に買取店での売却が向いている人の特徴として、同じく3タイプを上げるとすれば、下記のようになります。

こんな人は買取向き

  • 少しでも愛車の売却額を上げたい
  • お得に車を乗り換えられるなら手間や時間は惜しまない
  • 愛車の価値を正しく知ったうえで乗り換えたい

買取店での売却が向いている人の特徴としては、あまり人任せにすることが好きではなく、何でも自分で理解し、物事を進めたいといったような、能動的な考え方を持っていることです。

増田さん

手間がかからないことに加え、ディーラーならではの安心感があることは、ディーラーの下取りを利用する大きなメリットです。中には親の代から同じディーラーで車を乗り換えてきたという方もいるでしょう。

しかし、記事でも紹介されている通り、売却額だけで見れば買取店にかないません。そのため、多少の手間をかけてでも愛車を高く売りたいのであれば、下取りと買取の査定額をよく比較しておくのがおすすめです。

ここまでディーラー下取りと買取に向いている人とそうでない人を解説してきました。ご自身がどちらに該当するかをおわかりいただけたのではないでしょうか。

次に、ディーラー下取りで車を引き取ってもらう方法と買取店で売却する方法をそれぞれ解説していきます。

「ディーラー」と「買取店」で車売却する方法を解説

ディーラーと買取店のどちらに車を売却すべきかをおわかりいただけたところで、ディーラー下取りと買取のそれぞれで車を手放す方法を解説していきます。

ご自身に合う方をお選びいただき、実際に車を売る際の参考にしてください。

ディーラー下取りの方法・流れ

ディーラーでの下取りの方法と流れを解説します。

具体的には以下の流れでディーラー下取りは行われます。

ディーラー下取りの方法・流れ

  • 新たに購入する車を決める
  • 新たな車の購入と同時に、今乗っている車の下取りを依頼する
  • 書類を揃え、契約をする
  • 代金の支払い手続きをおこなう
  • 新しい車の納車・古い車の引き渡しを行う

新車を購入する手続きの中で、今乗っている車を下取りに出すかどうかをディーラーでヒアリングされることが想定されます。

そのためスムーズに車売却を進めるために、新車の購入手続きの前に、ディーラーと買取店のどちらに車を売却するか決めておくことをおすすめします。

またディーラー下取りで車査定をしてもらう際には、提示された下取り価格が相場よりも安くないか、損をしていないかを知っておくことも重要です。

車をディーラー下取りに出す前には、ナビクルの買取・下取り相場を検索できる機能を使って、今乗っている車の下取り相場を調べておきましょう。相場よりも安い下取り価格を提示されたら、買取店での売却も検討しましょう。

ディーラー下取りについては「車の下取りは手間が少ない!利用の流れ・注意点や買取との違いも解説」でも詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

買取店での車売却の方法・流れ

次に買取店での車売却の方法と流れを解説します。

買取店での車売却の流れは以下のとおりです。

買取店での車売却の方法・流れ

  • 買取店を選ぶ
  • 査定をしてもらう
  • 必要書類を揃え、手続きをする
  • 車両を引き渡す
  • 入金確認をする

また、車の売却に必要な書類は以下のとおりです。普通車と軽自動車で少し異なるので注意しておきましょう。

普通車を売却する場合軽自動車を売却する場合

自動車検査証

自賠責保険証明書

自動車リサイクル券

振込口座情報

自動車納税証明書

印鑑登録証明書

実印

譲渡証明書

委任状

自動車検査証

自賠責保険証明書

自動車リサイクル券

振込口座情報

軽自動車納税証明書

印鑑(印鑑可)

自動車検査証記入申請書

車売却の方法・流れについては「車売却の流れ・手続きを解説!注意点を知ってスムーズな買取を実現」で詳しく解説しています。車を売る際のポイントや注意点も説明しているので、ぜひ参考にしてください。

買取店で車を高く売る方法

買取店で車を高く売るには「一括査定サービス」を利用するのがおすすめです。

前提として、車の買取価格は買取店ごとに異なります。買取店によって買取に注力している車種が違っていたり、経営状況によって出せる査定額の限度が異なるためです。

そのため車を高く売るには最低2社以上の査定額を比べて、高い査定額を提示した業者で車を手放すのが良いでしょう

一括査定サービスを使えば、一度の申し込みで複数業者に査定依頼ができるため、手軽に一番高い価格で車を手放すことができます。車を高く売りたい方は、ぜひ利用をご検討ください。

まとめ

車の査定額が低くなったとしても、余計な心配や手間をかけたくないという人にはディーラーでの下取りがおすすめです。

また車の乗り換えを検討中で、お手持ちの車の価値が低い場合はディーラー下取りを検討しましょう。価値がゼロに近い車でも、ディーラー下取りであれば値段がつく可能性があります。

逆に車の価値を正しく査定して欲しいという方や、少しでも車を高く売りたいという人には買取店での売却が向いています

買取店で車を売却する場合は、複数の業者に依頼するようにしましょう。買取店によって査定額が異なるため、複数業者の中で一番高い査定額の業者で手放すのが高く売るコツです。

一括査定サービス」を使えば、少ない手間で複数業者に査定依頼ができます。ぜひ利用を検討してみてください。

イーデス イチオシ!

買取相場より30万円高く売る!最高の決め技

  • 車を高く売りたいなら、ディーラー下取りに出さない
  • 査定額には決まりがなく、さまざまな要因で買取価格は決定される
  • 車をいちばん高く売る方法は、複数の買取業者に競わせること

車買取業者は安く車を仕入れることで、利益を増やすことができます。買い叩かれるのを防ぐためには、 事前に車の買取価格を複数の業者に競わせることが大切です。 1回で複数業者に査定依頼できる「一括査定サイト」を利用して、納得いく査定額を引き出してください。
利用実績470万件以上(※2023年10月時点)の車の一括査定サイトを利用すれば、 30万円~60万円高い査定額が出ることもあります。時間が経過するほど車の買取相場は下がっていきます。売りたいと思ったら、早めに調べることをおすすめします。

愛車の価格を調べる

現在の
全国の査定相場から算出した価格を配信。

車売却の関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.