Operated by Ateam Inc.

イーデス

FX「やめとけ」ってホント?失敗する人の特徴や大損を回避する5つの方法

最終更新日:

FXはやめとけ?失敗する人の特徴と大損の回避方法を紹介
FX
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
  • FXはやめとけって言われるのはなぜ?
  • FXは本当に危険なの?

FXはやめとけと言われる理由には以下のようなものがあります。

FXが「やめとけ」と言われる5つの理由

FXでは、しっかりとリスク管理を行わないと予想以上に損失が膨らみかねません。

この記事では、FXが危険と言われる理由や大損しないための方法、これからFXを始める人におすすめできるFX会社を紹介します。

トレードをする前に基本的な知識を身につけ、リスクをおさえながらFXを始めれば、利益を出せるようになるでしょう。

【掲載情報について】
2023年6月23日時点の情報を掲載しています。
本記事では、以下の一覧に記載されている、金融庁・財務局から金融商品取引業者として登録を受けている業者のみ紹介します。
金融商品取引業者一覧

気になる内容をタップ

【結論】FXをギャンブル感覚で始めると失敗する

FXをギャンブル感覚で始めると失敗につながるため、注意が必要です。

トレーダーとして成功している人は、ポジションを保有する前にエントリーするタイミングや決済するタイミング、経済指標の発表内容、テクニカル分析やファンダメンタル分析の内容を把握しています。

また、分析の他にもリスク管理やメンタルコントロールをしながらトレードをしています。

FXで利益をあげるには、それ相応の知識と準備が必要ということですね…

1回だけであれば、ギャンブル感覚で取引してもたまたまトレンドに乗って大きな利益を得る人がいるのも事実です。

しかし、相場で稼ぎ続けることは簡単ではないため、安易に考えて取引を行うことはおすすめできません

トレード根拠がなくリスク管理ができていないトレードを続けると、多額の資産を失う確率が非常に高くなります。

FX取引で失敗しないためには、適切なポジションサイズの設定やストップロスの使用など、損失を最小限に抑えるための対策や知識を身につけるのが賢明です。

事前にトレードの準備をしよう!

ギャンブル感覚のトレードではなく、十分に準備したFX取引をすると、長期的に安定した利益を出せる可能性が高まります。

FX取引をする前に以下の項目を準備してみましょう。

  • トレードスタイルの決定
  • チャートの形状やローソク足に注目したチャート分析やトレンド把握
  • インジケータを使用するテクニカル分析
  • 経済指標を考慮したファンダメンタル分析
  • 資産に対する適切なポジション量の決定
  • エントリーするタイミングや決済するタイミングの決定
  • 損切り(ストップロス)を入れるタイミングの決定

「FXはやめとけ」と言われる5つの理由

「FXはやめておいたほうがいい」と言われる主な理由を5つ紹介します。

FXはやめとけと言われる5つの理由

レバレッジ取引が危険

レバレッジ取引が損失のリスクを高めることが、FX取引はやめたほうがいいと言われる理由の一つです。

レバレッジとは、少ない証拠金を元に、より大きな金額の取引を行えるようにする仕組みです。

レバレッジとは

たとえば、10倍のレバレッジであれば、13万円をFX業者に預け入れることで130万円相当のトレードができます。

レバレッジは使い方によって資金を大きく失う要因となるため、危険と言われるケースがあるのです。

もちろん、レバレッジの特性を理解して上手に活用すれば、短期間で資産を大きく増やすことも可能です。

たとえるなら、包丁は使い方を誤れば非常に危険です。でも、美味しい料理に包丁は欠かせませんね。


レバレッジも、正しく理解して活用すればとても有用な仕組みとなります。

レバレッジを上手に活用する最大のポイントは「リスク管理」です。

レバレッジを上手に活用するためのリスク管理

  • ポジション量を抑える
  • ストップロス(損切り)を必ず設定する
  • エントリー・決済ポイントを事前に決定する

上記のようなリスク管理を疎かにするなら、FX取引はやめたほうがいいということになります。

強制ロスカットで資金がなくなる可能性がある

強制ロスカットで資金がなくなる可能性があることも、FXはやめたほうがいいと言われる理由の一つです。

FXの強制ロスカット(別名:マージンコール)とは、証拠金がFX業者の定める基準を下回った場合にポジションを強制的に決済して、証拠金不足を解消するための仕組みです。

つまり強制ロスカットは、実際にはトレーダーの資産を守るための仕組みなのです。

しかし、利用者の意図と関係なくFX業者が強制的にポジションを決済して資金がなくなるケースがあるため「危険だ!」と言われることがあります。

ポジションが強制決済されることで損失は発生しますが、強制ロスカット自体は危険ではありません。

そもそも強制ロスカットが起こらないよう、リスク管理をしておくのが賢明です。

強制ロスカットにならないようにストップロスを設定しよう

強制ロスカットが発動しそうな場合というのは、証拠金に対して過剰なリスクを負っている状況です。

ポジション量を抑えてストップロスポイントを設定し、強制ロスカットの発生を防ぎましょう。

精神的に負荷がかかる

FX取引では、精神的に負荷がかかるケースがあります。

FXは、基本的に平日の24時間取引が可能です。

株式投資と異なり、時間に縛られず自分のライフスタイルに合わせて取引に参加できるのが魅力ですが、いつでも取引ができるからこそ常に相場が気になってしまう人が多くいます。

ポジションを保有している場合、24時間絶え間なく損益が変動するため、気になってなかなか眠れなかったり、ストレスが溜まったりする場合もあるでしょう。

こうしたストレスや不安感は、「オーバートレード(過剰トレード)」や「リスク許容度を超えたハイリスクトレード」が主な要因である場合がほとんどです。

自分が許容できるリスクを超えたトレードを避ければ、不安感に襲われることは少なくなります。

初心者の方は特に、小規模でリスクをおさえたトレードから試してみるとよいでしょう。

また、ポジションの損益変動が不安という人は、トレード時間が非常に短いスキャルピングを試してみるのも一つの方法です。

稼いでいる人は一部

FX取引で稼いでいる人は一部であり、全員が利益を出せるというわけではありません

FX取引は投資家同士の売買で行われるため、誰かが儲けると誰かが損をするようになっています。

機関投資家と呼ばれるプロ集団や、相場で生計を立てているプロの個人トレーダーも、同じチャート・相場でトレードをします。

そのため、初心者がFX取引で利益を出すことは難しいと言われています

取引の仕組みや通貨ペアの特性、時間帯の特徴を理解していないと取引で負ける可能性が高いのです。

FX取引で利益を出せるようになるには、一定の時間が必要です。

逆に、基礎的な経験をしっかりと積めば徐々に利益が出るようになるとも言えます。

勉強に時間がかかる

FX取引が推奨されない理由として、勉強に時間がかかることも挙げられます。

FXには独自の専門用語もありますし、取引ツールの操作方法やチャート分析の方法、基本的なインジケータの使い方、注目されている経済指標など、覚えなくてはならないことが数多くあります。

内容も簡単ではなく、最新の情報を追う必要もあるため、経験が長いトレーダーでも相場の勉強に終わりはありません

また、FXについて勉強して十分な知識を得たとしても、毎回利益が出るとは限りません。むしろ、損失を受け入れなければいけない場面に必ず直面します

継続的な情報収集が難しい場合は、FX取引を避けるのが賢明です。

通貨ペアによって動き方が異なったり、時間帯毎に動き方の特徴があったりするため、大きく稼ぐためには経験を積むことが必須です。

しっかりと勉強や情報収集をすれば、利益を出せるようになるでしょう。

FX取引をやめたほうがいい・失敗しやすい人の特徴3つ

もしかしたら自分にはFXは向いていないかも…

FXで失敗しやすいのは、下記のような人です。

FXはやめたほうがいい人

損切りができない人

「損切り(ストップロス)」ができない人は、FXで失敗して大きな損失を出してしまう可能性が高いです。

損切りはトレードにおける重要なリスク管理要素の1つであり、トレーダーが損失を最小限に抑えるために身につけるべきスキルの一つと言えます。

利益を出すためにトレードしているのに損失の状態で決済するのは難しいことですが、損切りができないと、損失額がどんどん膨らんでしまうリスクがあります。

自分の予想とは反対の方向に相場が動いた場合、損失が大きくならないうちに決済をすることが大切です。

確定損失が大きくなればなるほど証拠金が減ってしまうため、その損失を回復するためにさらに大きな利益を上げる必要があり、難易度が上がってしまいます。

100%儲かるとは言えないからこそ、損切りの判断ができない人はFXに向いていないと言えます。

最初は損切りに抵抗を感じるかもしれませんが、少しずつ慣れていきましょう。

借金をしてFXをしようとする人

FXの投資資金を用意するために借金をしようと考えている人は、FX取引をしてはいけないタイプです。

原則として、投資は必要な生活資金とは別の余剰資金で運用するものです。特に、レバレッジを活用できるFX取引はリスクが高く、厳格な資金管理が必要です。

自分の収入の範囲内で資金管理ができていないのであれば、FXをしても適切な判断ができず、失敗する可能性が非常に高いでしょう。

FX取引に重要なのは、相場分析・メンタルコントロール・資金管理の3つです。

借金をしてFXを始めると、「必ず勝たなければ!」と不安感に襲われて、冷静な相場分析ができません。メンタルも不安定になり、判断を誤って大損してしまう可能性があります。

FX取引をするなら、生活資金とは別に10万円程度の貯金をしてから始めるようにしましょう。

一発逆転を狙う人

一攫千金を狙うような大きなポジションを保有して、一気にお金を稼ごうとする人も注意が必要です。

一発逆転ができないわけではありませんが、仮に運良く勝てたとしても、継続・安定して勝ち続けられるとは限りません

過剰なリスクをとると、場合によっては多額の借金を抱える可能性があります。

一気に多額の取引をするのではなく、小規模で初めて徐々に取引に慣れていくのが賢明です。

重要経済指標発表直後はスプレッドが大きく開く

買値と売値の価格差を「スプレッド」と呼びます。

重要経済指標発表が予定されている中で一方向にフルレバレッジでポジションを保有すると、スプレッドが大きく開いた瞬間にポジションが強制決済されてしまう可能性があります。

経済指標発表後の大きな動きで一発逆転を狙うのは極めてハイリスクといえるでしょう。

FXに向いている人

じゃあ、FXに向いている人はどんな人なの?

FXに向いているのは以下のような人です。

FXに向いている人

コツコツと取引ができる人

一攫千金を狙わず、落ち着いてコツコツと取引ができる人はFXに向いています。

レバレッジを利用すれば大きな利益を稼ぐことも可能ですが、最初から大儲けを狙わず、少しずつFXトレードに慣れていくのが失敗しないためのコツです。

基礎的な知識を身につけてFX取引の仕組みを理解したら、資産の増加に合わせて徐々にポジション量を増やしていくとよいでしょう。

大きな損失になる前に損切りしよう

一度大きな損失を出すだけでも、メンタルに大きな影響が出てしまいます。また、元本が減ると取り戻すことは非常に困難です。

コツコツと利益を積み重ねながら、含み損になっているポジションは早めに決済して気持ちを切り替えることが大切です。

トレードルールに従える人

自分を律してトレードルールに従える人も、FXに向いていると言えるでしょう。

FX取引では、エントリーする前に決めたトレードルールに従うことが重要です。

最も重要なトレードルールは「ストップロス(損切り)」です。

ポジションを保有する前に決めたストップロスポイントに価格が到達したら損切りをするのが重要ですが、FX取引の経験が少ない人は損切りをためらってしまう場合があります。

トレードルールを守る意思を強く持つことが大切です。

損切りは利益を出せるトレーダーになるための1つの大きなハードルです。

FXで大損しないための5つの回避方法

FX取引は少ない金額で大きな利益を狙えるのが魅力的ですが、一歩間違えると、短期間で多額の資金を失ってしまう可能性があります。

FXで大損を回避する方法は下記のとおりです。

FXで大損を回避する方法

損切りルールを事前に決める

FXで大損をしないためには、損切りルールをトレード前に決めることが大切です。

損切りルールはトレーダーによって異なりますが、主な方法は以下の通りです。

主な損切りルール

  • 節目となっている価格に到達したら損切り
    (価格によるストップロス)
  • 1万円の含み損で損切り
    (含み損額によるストップロス)
  • 平均ボラティリティの2倍で損切り
    (ボラティリティによるストップロス)
  • トレーリングストップを活用する
    (一定値幅の逆行でストップ)

FX取引に慣れるまでは、価格や含み損を基準にした分かりやすく簡単なトレードルールを設定しましょう。

最初は、「損切りをルール通りにできるようになること」を目指してみてください。

各FX会社の注文画面では、エントリーの段階で、金額によるストップロスや価格によるストップロスを設定できるようになっています。

すべてのトレードで勝とうと考えない

FX取引を行う際は、「すべてのトレードで勝ちたい」「損は絶対にしたくない!」とは考えないようにしましょう

プロトレーダーであっても、全トレードで勝てるというわけではありません。

全てのトレードで勝ちたいと考えると、保有しているポジションにこだわって冷静な判断ができなくなってしまいます。

超短期売買のスキャルピングであれば8割程度、デイトレードであれば6割~7割、スイングトレードなら6割程度の勝率を目指すとよいでしょう。

勝率が高くてもリスクリワード(損失と利益の平均比率)が悪いと、トレード全体では勝つことができません。

すべてのトレードで勝とうとは考えず、リスクリワードなども意識するのが重要です。

一つの手法にこだわらない

FX取引には複数の分析方法・トレードスタイルがあるため、一つの手法だけにこだわらないようにしましょう

一つの手法にこだわりすぎると、相場の状況が変わったときに臨機応変に変更できなくなってしまいます。

以下の基本的な分析方法・トレードスタイルはおさえておきましょう。

分析方法の種類
テクニカル分析移動平均線やボリンジャーバンドといったテクニカル指標を利用した分析方法
ファンダメンタル分析経済指標の結果や通貨強弱を基にした分析方法
チャート分析トライアングルやヘッドアンドショルダーなどチャートの形を利用する分析方法
ローソク足分析ローソク足の形やパターンを基にした分析方法
トレ―ドスタイル
スキャルピング数分単位の超短期売買
デイトレード1日でエントリーから決済まで完了するスタイル
スイングトレード数日~数週間ポジションを保有し、トレンドを狙うスタイル

相場の状況や通貨ペアによって取引手法や分析方法を変更できるようになることを目標にしましょう。

まずはさまざまな手法を試してみて、自分の性格やリスクの許容度に合った手法を見つけるのがおすすめです。

貯金をしてからトレードする

FX取引を行う際は、生活資金とは別に投資資金(余剰資金)を準備してからトレードを始めるようにしましょう。

FX取引は常にプラス収支になるわけではないため、損失が生じても落ち着いていられるゆとりが必要です。

FX取引は10万円程度あれば始められます。生活資金とは別に資金を用意してからFXトレードに挑戦しましょう。

デモトレードから始める

FXで大損をしないためには、デモトレードから始めて取引に慣れることが大切です。

デモトレードとは仮想資金を利用してリスクなくFX取引を体験できるサービスのことで、多くのFX会社がデモトレード口座を提供しています。

誤発注を避けるためにも、デモ口座で十分に慣れてからトレードを始めるのがよいでしょう

各FX会社の取引単位の違いにより、購入単位を間違えて予想外の大きな損失が生じてしまうこともあるので注意しましょう。

これからFXを始める初心者向けのFX口座4選

FX会社の数は非常に多いため、選ぶのに悩んでしまうかもしれません。そこで、初心者にもおすすめのFX会社を4つ紹介します。

初心者向けのFX口座4選

松井証券FX

取引通貨ペア20種類
最低取引通貨単位1通貨(米ドル/円が100円(レバレッジなしコース)の場合)
デモトレード有無なし
アプリ対応あり

松井証券FXは、大手ネット証券会社である松井証券が提供するFXサービスです。

1通貨単位(100円)から取引が可能なため、少額からFX取引にチャレンジすることができます。

また、シンプルで使いやすい取引ツールや、平日24時まで対応のサポートデスクが用意されているなど、初心者でも利用しやすい環境が整っています。

1通貨から取引ができるのは松井証券FXだけです!

松井証券FXの
公式サイトはこちら

GMOクリック証券


取引通貨ペア20種類
最低取引通貨単位1,000通貨(南アフリカランド/円とメキシコペソ/円は10,000通貨)
デモトレード有無あり
アプリ対応あり

GMOクリック証券は、FX通貨ペアだけでなく株式や暗号資産なども取り扱う総合証券会社です。

会社規模も非常に大きく、初心者でも安心して取引ができるFX会社といえます。

スプレッドが狭く、スマホアプリが使いやすいことで定評があります。

スプレッドが狭ければ、それだけ手数料が安く済みます。

スマホアプリやスプレッド、取引ツール、ニュースなど総合的に優れているFX会社といえるでしょう。

GMOクリック証券の
公式サイトはこちら

ヒロセ通商(LION FX)

取引通貨ペア51種類
最低取引通貨単位1,000通貨
デモトレード有無あり
アプリ対応あり

ヒロセ通商(LION FX)は通貨ペアの多さや豊富な取引ツールで人気があり、独自情報の発信に魅力があるFX会社です。

音声による市場解説コンテンツもあり、プロトレーダーによる1日の相場観、重視するべきファンダメンタル要素などを聴くことができ、それだけでも口座開設をする価値があります。

公式YouTubeチャンネルでは、取引の参考になる動画を数多く配信しています。

また、独自の食品キャンペーンも魅力の1つです。一定条件を達成すると、LION FXが厳選したさまざまな食品を景品として受け取ることができます。

取引ツールも使いやすいと評判があり、楽しくFX取引を始めることができるでしょう。

ヒロセ通商の
公式サイトはこちら

外為どっとコム

取引通貨ペア30通貨ペア
最低取引通貨単位1,000通貨
デモトレード有無あり
アプリ対応あり

外為どっとコムは、初心者向けの情報発信に定評のあるFX会社です。公式ホームページには、FX取引に関するさまざまな情報が掲載されています。

FXの基礎知識から経済指標の見方、先輩トレーダーの手法など様々な情報を無料で閲覧できるのは大きなメリットでしょう。

公式サイトにたくさんの情報があるので、ぜひ自分の目で確かめてみてください。

外為どっとコムの
公式サイトはこちら

まとめ

「FXはやめとけ」という意見がありますが、リスクを理解して徐々に取引に慣れていけば、資産形成に大いに役立ちます。

ただし、リスクや仕組みせずにギャンブル感覚で始めるのは避けましょう。深く考えずに過剰なリスクを取ると大損する可能性もあります

リスク管理を徹底し、トレードルールに従ってコツコツと取引ができる人はFXに向いていると言えます。

FXのリスクを理解して、最初は少量のポジションでトレードを始めてみましょう。

トレードに慣れて、徐々に利益が出てきた時点でポジションを少しずつ増やすのがおすすめです。

FXの関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE