Operated by Ateam Inc.

イーデス

GMOコインはやばいって本当?評判・口コミやデメリットを解説

最終更新日:

GMOコインの評判は?リアルな口コミメリットや注意点
おすすめ仮想通貨取引所
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
  • GMOコインの評判って結局どうなの?「やばい」って本当?

仮想通貨取引所のGMOコインは、結論からいうと、取引コストの安さや取扱銘柄の豊富さに良い評判が見られます

GMOコインの評判まとめ

  • 取引の手数料が安い
  • 日本円・仮想通貨の入出金手数料が無料でコストがかからない
  • 取引所形式は取引が成立しにくいこともある

以上からGMOコインは、取引コストを抑えたい人におすすめです。

本記事ではGMOコインのリアルな評判・口コミや特徴を詳しく解説します。仮想通貨取引所選びの判断材料としてご活用ください。

GMOコインの
申込はこちらから!

GMOコインの
公式サイトはこちら

【掲載情報について】
2024年1月11日時点の情報を掲載しています。
サービスの都合上「仮想通貨」「暗号資産」という言葉を併用する場合がありますが、どちらも同じ意味です。
本記事では、以下の一覧に記載されている、金融庁・財務局から暗号資産交換業者として登録を受けている業者のみ紹介します。
暗号資産交換業者一覧

気になる内容をタップ

GMOコインは手数料の安さに定評のある取引所

実際にGMOコインを利用しているユーザーの評判から、どのような人に向いているか紹介します。

GMOコインは取引コストを抑えたい人におすすめ

GMOコインを実際に利用しているユーザーの口コミでは、主に次のような評判が見られました。

GMOコインの評判まとめ

  • 取引の手数料が安い
  • 日本円・仮想通貨の入出金手数料が無料でコストがかからない
  • 取引所形式では取引が成立しにくいこともある

GMOコインは、日本円や仮想通貨の入出金手数料が無料である点が高く評価されています。

取引コストを抑えたい人や頻繁に入出金を行う人にとっては、手数料を気にせずに利用しやすい取引所です。

ただし、その一方で取引所形式は注文が成立しにくいという声も見られました。

GMOコインを利用する際は、取引の時間帯や売買の方式を考慮しながら、注文が成立しやすいように工夫する必要があるといえます。

GMOコインの
公式サイトはこちら

GMOコインのサービス概要

取扱銘柄26銘柄
最低取引単位(BTC)販売所:
0.00000001 BTC / 回
取引所:
0.0001 BTC / 回
最大レバレッジ 2倍
取引手数料

販売所:
無料(スプレッドあり)
取引所:
Maker:-0.01%
Taker:0.05%

Maker:-0.03%
Taker:0.09%

入金手数料

(日本円)

即時入金:無料
振込入金:無料
(振込手数料はユーザー負担)

出金手数料

(日本円)

出金:無料
大口出金:400円
入金手数料(仮想通貨)無料
出金手数料(仮想通貨)無料

GMOコインでは、26銘柄の仮想通貨を取り扱っています。

ビットコイン(BTC)はもちろん、その他のアルトコインも豊富に取り扱っているため、投資意向や市場の動向に合わせながらさまざまなコインへの通貨を楽しめます。

また、GMOコインではレバレッジをかけた取引も可能です。

レバレッジ取引では実際に預け入れた資金よりも大きな金額で取引が行えるため、「リスクを取りながら大きな利益を追求したい」という人は、レバレッジ取引を検討してもよいでしょう

GMOコインの
公式サイトはこちら

GMOコインに対する良い評判

実際にGMOコインを利用しているユーザーからは、主に次のような評判が見られました。

GMOコインに対する良い評判

  • 手数料が安い
  • 取扱銘柄が豊富
  • 入金が即時反映される

実際の口コミとともにGMOコインの評判を紹介していきます。

GMOコインでは、日本円の入出金だけでなく、仮想通貨の入出金も手数料が無料である点が高く評価されています。

他の取引所と使い分けたい人や頻繁に入出金を行う人にとっては、コストを気にせずに利用できる便利な取引所です。

GMOコインは、アルトコインの取り扱いが豊富である点にも良い評判が見られました。

前述のとおり、2024年1月時点でGMOコインでは26種類の仮想通貨を取り扱っているので、状況に応じてさまざまな銘柄に投資できます。

GMOコインは即時入金ができる点も高く評価されています。

提携の金融機関からの入金であれば原則24時間(各金融機関のメンテナンス時など、一部の時間帯を除く)いつでも入金が反映されるため、取引のチャンスを逃す心配もありません。

GMOコインの
公式サイトはこちら

GMOコインに対する悪い評判

良い評判が多く見られるGMOコインですが、中には次のようなネガティブな口コミもあります。

GMOコインに対する悪い評判

  • 取引所形式の板が薄くなりがち
  • 取引制限がかかることがある

実際の口コミとともにGMOコインの評判を紹介します。

GMOコインでは取引所形式と販売所形式どちらも利用可能ですが、取引所形式については「板が薄い」という評判がいくつか見られました

「板が薄い」とは、注文状況が少なく取引が成立しにくい状況を指します。

スムーズな取引を行うためには、参加者が少ない夜間の取引を避けたり、販売所形式での売買に切り替えたりすることを検討しましょう。

GMOコインでは、取引制限がかかった人の声も見られました。仮想通貨の取引所ではマネーロンダリングなどを防ぐため、不審と思われる取引に制限をかけることがあります。

もし取引制限がかかってしまった場合は、速やかにサポートセンターへ連絡して対処方法を確認しましょう。

GMOコイン以外の仮想通貨取引所もあわせて検討したいという方は下記の記事をご覧ください。

GMOコインを利用するメリット

GMOコインを利用するメリットとして、主に次の3つが挙げられます。

GMOコインを利用するメリット

それぞれくわしく解説していきます。

取引コストを抑えられる

GMOコインでは日本円の入出金手数料が無料です。

入出金手数料は資金移動のたびに発生する手数料のため、1回あたり数百円だったとしても、回数を重ねるほど利益を圧迫する要因になりかねません。

その点、GMOコインは手数料を気にせずに資金移動が行えるので、頻繁に資金を出し入れしたい人にとって便利な取引所です。

また、日本円だけでなく仮想通貨の入出金手数料も無料となっています。他の取引所に仮想通貨を送金したいときでもコストを気にせずに送金できるため、複数の取引所を使い分けている人にもおすすめです。

取扱通貨が豊富

GMOコインは、取扱銘柄が豊富である点も大きなメリットです。26種類と多くの銘柄を取り扱っており、ビットコイン以外のアルトコインも幅広く取り揃えています。

取扱銘柄の豊富さは、投資家のトレードの選択肢に直結するポイントです。取扱銘柄が少ない取引所だと、投資家はその範囲内でしか取引のチャンスを狙えません。

しかし、GMOコインのように多くの銘柄を取り扱う取引所では、メジャーコインからマイナーコインまでさまざまな選択肢があるため、そのときの市場動向などから判断して、より柔軟に投資先を選定できます。

スマートフォンアプリの機能が充実している

GMOコインのスマートフォンアプリは、仮想通貨と外国為替FXの機能が1つに集約されています。

入出金や仮想通貨、FXの取引が1つのアプリで完結するため、複数のアプリを使い分ける煩わしさがありません。

また、GMOコインのアプリには「トレーダーモード」と「ノーマルモード」の2種類があり、投資スタイルに合わせて使い分けられます。

トレーダーモードはチャート機能が充実しており、ノーマルモードは簡単な操作で取引ができることが特徴です。

「仮想通貨の取引が初めて」という人はノーマルモード、「本格的にトレードしたい」という人はトレーダーモードを利用するとよいでしょう。

GMOコインの
公式サイトはこちら

GMOコインを利用するデメリット・注意点

さまざまなメリットがあるGMOコインですが、次のような注意点もおさえておきましょう。

GMOコインを利用するデメリット

  • 最低出金額が1万円
  • 取引が成立しにくいこともある

それぞれくわしく解説していきます。

最低出金額が1万円

GMOコインの日本円の最低出金額は、1回につき1万円からです。

1万円以下の金額は出金できないため、少額取引を行う人は不便に感じるかもしれません。

GMOコインから出金を行う際は、細かい金額を何度も引き出すのではなく、必要なときにまとめて出金するとよいでしょう。

なお、口座残高を全額出金する場合については出金額の制限はありません。そのため1万円以下を引き出したい場合は、全額出金を行うのもひとつの方法です。

取引が成立しにくいこともある

口コミにもあったように、GMOコインの取引所形式では市場参加者が少なく、取引が成立しにくいことがあります。

取引所形式ではユーザー同士が直接売買を行うため、条件が合致する相手が見つからなければ取引が成立しません。特に、取引量が少ないマイナーコインを取引する際は要注意です。

なるべくスムーズに取引を成立させるために、「マイナーコインは販売所形式で取引する」「夜間を避けて取引が活発な時間帯に売買する」などと工夫するのがおすすめです。

GMOコインの
公式サイトはこちら

GMOコインのキャンペーン情報

GMOコインでは、仮想通貨の購入で毎日10人に1,000円が当たるキャンペーンを実施しています(2024年1月時点)。

GMOコインの販売所において仮想通貨を合計500円以上購入、もしくはつみたて仮想通貨で1回以上購入した人の中から毎日抽選で10人に現金1,000円が当たります。

対象の取引を行うと自動エントリーされるため、あとは抽選結果を待つだけです。

当選すると、ログイン後の会員ページの「キャンペーン>販売所」に「当選金受取」のボタンが表示されるので、受け取り手続きを行いましょう。

GMOコイン「仮想通貨の購入で毎日10人に1,000円が当たる」

画像引用:GMOコイン|仮想通貨の購入で毎日10人に1,000円が当たる

なお、当選金は7日以内に受け取る必要があるため注意してください。

GMOコインの
公式サイトはこちら

GMOコインの口座開設方法

GMOコインで口座開設を行う際の流れ

  1. メールアドレスの登録を行う
  2. 必要情報の入力&本人確認書類の提出
  3. 口座開設コードを受け取る

GMOコインでは、スマートフォンでの「かんたん本人確認」を使えば、最短10分で取引が開始できます。

かんたん本人確認とは、スマートフォンで本人確認書類と顔写真を撮影することで本人確認を行う方法です。かんたん本人確認で提出できる書類は下記の通りです。

提出可能な本人確認書類

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード(顔写真あり)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書

パソコンから口座開設手続きを行うケースなど、かんたん本人確認を利用しない場合は、本人確認書類2点の提出が必要となります。

その後、GMOコインにて審査が行われ、郵送にて口座開設コードが送付される流れです。

かんたん本人確認を利用しない場合は取引開始までにやや時間がかかるのでご注意ください。

GMOコインの
公式サイトはこちら

まとめ

GMOコインは、取引コストの安さや取扱銘柄の豊富さが特徴の仮想通貨取引所です。

実際に、コスト面や銘柄のラインナップに良い評判が多く見られました。

「コストを抑えて取引したい」「メジャーコイン以外にも投資したい」という人は、GMOコインの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

GMOコインの
公式サイトはこちら

おすすめ仮想通貨取引所の関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE