Operated by Ateam Inc.

イーデス
ダイナースクラブカードは特典が充実!サービスを中心に特徴も解説

ダイナースクラブカードは特典が充実!サービスを中心に特徴も解説

最終更新日:

このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし、当サイトで紹介する商品・サービスは、イーデスが独自の基準で評価し掲載しております。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

ダイナースクラブカードは特典が満載のクレジットカードです。

もちろん単に特典やサービスのみが魅力、というわけではありません。

ダイナースクラブカードはアメリカ発の国際ブランドでありながら、日本においても60年以上の長きにわたり、ハイステータスカードとして実績を積み重ねてきたカードです。

そのため他社の多くのカードとは異なり、入会の目安が明かされておらず審査基準が高くなっております。

ダイナースクラブカードは、個別に高額の利用可能枠が設定され得るクレジットカードであり、社会人としてしっかりと歩んでいる方に相応しいカードだといえます。

この記事では、ダイナースクラブカードの特徴や、ダイナースクラブの特典を中心に解説・紹介します。

ダイナースクラブカードの券面
年会費初年度:24,200円(税込)
2年目以降:24,200円(税込)
ポイント還元率0.3%~0.4%
国際ブランド
  • diners_club
電子マネー
  • applePay
  • suica
  • pasmo
  • edy
発行スピード2~3週間
追加カード

ETCカード

家族カード

ETCカード発行手数料無料
ETCカード年会費無料
ETCカード発行期間約10日程度
マイル還元率(最大)1.0%
旅行保険国内旅行保険海外旅行保険
ポイント名ダイナースクラブリワードプログラム
締め日・支払日締め日:毎月15日・支払日:翌月10日(金融機関の営業日でない場合は翌営業日)
申し込み条件所定の基準を満たす方
必要書類本人確認書類(運転免許証または運転経歴証明書など)・金融機関の通帳やキャッシュカード

注目ポイント

  • 世界最高級のステータスカード
  • 利用限度額に制限なしの高品質なサービス
  • プラチナクラスのMastercardを無料追加可
  • 国内外1,500ヶ所以上の空港ラウンジ利用可
  • コンパニオンカードでさらにお得に!
公式サイトへ

  • 消費生活ジャーナリスト / 株式会社岩田昭男事務所

    監修者岩田昭男さん

    1952年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。同大学院修士課程修了後、月刊誌記者などを経て独立。流通、情報通信、金融分野を中心に活動する。

    主力はクレジットカード&電子マネーの研究で、すでに30年間に渡って業界の定点観測をしている。

    主な著書としては、

    Suica一人勝ちの秘密」(中経出版・現カドカワ)
    「信用力」格差社会」(東洋経済新報社)
    信用偏差値」(文春新書)
    クレジットカード・サバイバル戦争」(ダイヤモンド社)
    「ドコモが銀行になる日」(PHP)
    キャッシュレス覇権戦争」(NHK出版)
    また、クレジットカードのムックも50冊以上監修しキャッシュレスの生き字引として情報発信を続けている。

    ウエブは、「岩田昭男の上級カード道場」、まぐまぐでメルマガを毎月二回発行。

    2021年からYouTubeチャンネル「岩田昭男のキャッシュレス道場」オープン。

    趣味は「猫」と「キートン」

    • SNS
    • YouTube
    • Facebook
  • 株式会社エイチームライフデザイン

    編集者イーデス編集部

    「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

    ■書籍
    初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

    ■保有資格
    KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

    ■許認可
    有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

    • SNS

気になる内容をタップ

ダイナースクラブカードの特徴

ダイナースクラブカードはハイクラスなカードとして知られているクレジットカードです。

ダイナースのブランドは、クレジットカード5大国際ブランドの一角を占めています。ここではダイナースカードの特徴を紹介します。

岩田昭男

岩田昭男/ 消費生活ジャーナリスト

日本でのクレジットカードの黎明期から取材を始めてとうとうキャッシュレスの時代までやってきました。クレジットカード、電子マネー、QRコード決済、ウエアラブル決済など次々と新しいツールが出てきては消えていきますが、これからもその浮沈を見つめつつ上手な利用方法をアドバイスしていきたいと思います。

【専門家の解説】

「普段味わえない体験を満喫できるのが最高の楽しみ」

ダイナースクラブカードは、これまで扱ってきた年会費無料の一般カードとは全く別のジャンルのカードといえます。

こちらはプレミアムカードといって特典やサービスが満載のうえ、ハイクラスな人たちが中心に持つ、世界最高のステータスカードといえます。

そしてその人たちのニーズに応えるように、一律の利用限度額枠を設けていないのも特色で、ユーザーの状況に応じて高額決済ができるようになっています。

そのため、審査も厳しく持つのも難しいといわれたりしますが、以前のように「30歳以上で持ち家で会社では役付きが条件」といった厳しい基準はなくなりました。

それでも持つのはかなり難しいようですが、具体的な内容については門外不出で詳しい事は分かりません。

●体験イベントのすすめ

個人的にはプレミアムカードの良さとして、これまで「味わったことのない体験ができるイベント」もおすすめできると思っています。

カード会社は趣向を凝らしてあの手この手で楽しませてくれます。

「初めての体験」をすると、確かに驚きとともにそのカード会社への愛着が強くなるから不思議です。

特にダイナースクラブは、この体験イベントの開催では、他のカード会社の追随を許さないところがあります。

正統的な、歴史的なイベントは得意といって良いでしょう。

私が体験したのは、京都「上賀茂神社での薪能」とか、一見の客は入れない「祇園茶屋でゆっくり酒を飲んでくつろぐ」体験など、京都ものが多いのですが、プラシド・ドミンゴの東京でのオペラ公演ではその迫力にびっくりしましたし、最近では歌舞伎座の十六代目市川団十郎の襲名披露を目の前で見て、「荒事」の統領の市川宗家に思いを馳せて歌舞伎の見方が変わるといった体験もしました。

やっぱり普通では決して味わえない体験を全身で感じると人生観が変わります。

それがダイナースクラブカードのような、最上級カードの優れたところではないかと思っています。

おすすめのクレジットカードについては、こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。

カードスペック

まず、ダイナースクラブカードのカードスペック・基本情報を紹介します。

年会費
(税込)

本会員:24,200円
家族会員:5,500円

※ 2023年4月2日までの申し込み(4月30日までの入会)で初年度無料

利用可能枠一律の設定はなし
入会の目安本会員:ダイナースクラブ所定の基準を満たす方
家族会員:本会員の配偶者、両親、18歳以上の子(※)
※ 海外留学等の予定がある18歳未満の高校生は別途相談
支払い方法一回払い
ボーナス一括払い
リボルビング払い
キャッシング
※キャッシング・ローン利用可能枠の設定で利用可能
ETCカード発行手数料・年会費ともに無料
付帯保険

海外旅行傷害保険:
最高1億円
(自動付帯・利用付帯各5,000万円)
国内旅行傷害保険
最高1億円
(利用付帯)
ショッピング・リカバリー

年間500万円まで

国内外で高い信頼性を誇るステータスカード

ダイナースクラブはアメリカで生まれた国際ブランドです。

日本におけるダイナースクラブカードの登場は1960年。長い歴史の中で、国内外で高い信頼性を誇るステータスカードとしての評価を得ています。

カード券面を見ると他社の一般カードのような色合いですが、ダイナースクラブカードのステータスは、少なくとも他社のゴールドカード以上です。

なお、国内でダイナースクラブカード事業を行っているのは、三井住友トラストクラブ株式会社です。

充実した特典とサービス

ダイナースクラブカードの大きな特徴のひとつが、充実した特典とサービスの存在です。

ダイナースクラブカードでは豊富なグルメ特典をはじめ、旅行やエンタテイメントなど幅広いジャンル、カテゴリでいろいろな特典・サービスを用意しています。

さまざまなクレジットカードがそれぞれの特典を用意していますが、その中でもダイナースクラブカードの特典とサービスは、他社でいえばプラチナカードにも匹敵するもので、トップクラスだといえるでしょう。

エンボス加工がなくスッキリしたカード券面

ダイナースクラブカードにはカードフェイスのエンボス加工(番号や氏名が浮き出て表示されている加工)がありません。

カードナンバーや氏名などのエンボス加工が施されたクレジットカードの場合、せっかくのデザインを凹凸が邪魔してしまったり、カードを重ねたときにズレてしまったりすることも。

ダイナースクラブカードはフラットでスッキリとした、見栄えのよさも楽しめるカードです。

セキュリティ面でも安心の一枚

スッキリとしたダイナースクラブカードのカードフェイスには、セキュリティ面の安心要素も含まれています。

カードナンバーなどの各種情報を裏面に集約することで、大事な情報を盗み見されることによる被害の低減が可能です。

ダイナースクラブカードはレジなどで提出する際に、カードフェイスを隠すように持つ必要がありません。なお、偽造を防止するホログラムは、ダイナースクラブのオリジナルとなっています。

次の章では、ダイナースクラブカードの審査について解説します。

ダイナースクラブカードの審査

ダイナースクラブカードの審査について、その審査内容や難易度について解説します。

入会の目安は公表されていない

ダイナースクラブカードを申し込むために必要な資格として、公式サイトには「当社所定の基準を満たす方」とされています。

入会の目安が明かされていないことからも、入り口の段階で難易度が高めになっているといえるでしょう。

ハイステータスだけに厳しいといわれる審査

ハイステータスカードであるダイナースクラブカードの審査は、一般的に厳しい部類だといわれています。

入会の目安が明かされていない点も、ハイステータスカードだからと考えれば納得です。

高額決済も可能なカードとしての審査

ハイステータスカードとして、一律の利用可能枠を設定していないダイナースクラブカードでは、ユーザーの状況に応じて高額決済が可能です。

したがって、支払い能力の面で審査の難易度が高いであろうことが考えられます。

しかし、具体的な審査内容については他のクレジットカード同様に公表されていません。割賦販売法や貸金業法に規定された審査は他のクレジットカードと変わりませんが、ダイナースクラブカード独自の審査について、外部から知ることは不可能です。

審査が厳しいとされるダイナースクラブカードですが、審査をクリアできればさまざまな特典やサービスを利用することができステータスを得ることができるため、カードホルダーの仲間入りをしてみたいカードだといえるでしょう。

次の章では、ダイナースクラブのエグゼクティブ ダイニングについて解説します。

ダイナースのエグゼクティブ ダイニング

ダイナースクラブにはグルメにうれしい優待特典エグゼクティブ ダイニングがあります。

※ エグゼクティブダイニングには1店舗につき半年間に1回の利用制限があります。

上記内容を簡単に解説します。

岩田昭男

岩田昭男/ 消費生活ジャーナリスト

日本でのクレジットカードの黎明期から取材を始めてとうとうキャッシュレスの時代までやってきました。クレジットカード、電子マネー、QRコード決済、ウエアラブル決済など次々と新しいツールが出てきては消えていきますが、これからもその浮沈を見つめつつ上手な利用方法をアドバイスしていきたいと思います。

【専門家の解説】

ダイナースクラブカードの名前の由来は「食事をする人」から来ています。それはこのカードがレストランで生まれたことに関係しています。

創業者の実業家マクナマラ氏と友人で弁護士のシュナイダー氏が第二次世界大戦直後にニューヨークのレストランで食事したときにマクナマラ氏が財布を郊外の家に忘れてきたことに気づいて、自宅に電話して夫人に現金を持って来てもらいましたが、その間はたいそう気まずいものでした。

その経験があって、財布がなくても食事が出来るようにならないかと、会員制のダイナースクラブを作ったのが始まりです(米国での会社設立は1950年、日本上陸は1960年)。

最初が会食だったことから、今でもこの会社はダイニング(料理関連)には強いこだわりを見せ、「食べる」は最も重要な特典となっています。

有名なのはエグゼクティブダイニングでしょう。
通常プラン2名以上利用でコース料理が1名無料になります。
これがよく知られていますが、グループ特別プラン対象者なら6名以上の利用で2名が無料になります。

この他に食べ物関係のサービスはとくに力が入っています。

「フランスレストランウィーク」も有名です。
全国のフランス料理店が参加して、長期間にわたって食の祭典が開催されています。
なかでもフランス料理のトップシェフたちを招いてのオープニングセレモニーは盛大なものです。

そうしたイベントに参加した全国のフレンチレストランが今もダイナースクラブの味を支えているといっても過言ではありません。

和洋中お好きなダイニングを楽しめるサービス

エグゼクティブ ダイニングは、ダイナースクラブカードの会員が、家族や仲間で食事を楽しむ際に役立つグルメ特典です。

エグゼクティブ ダイニングでは和洋中さまざまなレストランでの食事を楽しめます。

通常プランでコース料理が1名無料に

エグゼクティブ ダイニングには2つのプランがあります。

通常プランでは、1予約につき所定のコース料理が1名無料です。

エグゼクティブ ダイニング対象レストランの全店舗で、2名以上の来店で利用できます。
2名での食事なら実質的に半額という非常にお得な優待価格です。
例えば、コース料理1万円以上のレストランに年に2〜3回行くだけで、年会費の元が取れます。

グループ特別プランなら2名無料

グループ特別プランは6名以上での食事会に使いたい優待特典です。所定のコース料理が2名無料になります。

6名のところ、1名の都合がつかなくなった場合は通常プランと同じで1名無料です。

対象レストランは全国に多数

エグゼクティブ ダイニングの対象レストランは全国に多数あります。

旅行や出張、仲間と会うときなど、近場のレストランを検索して予約するとよいでしょう。

利用方法は4ステップで簡単

エグゼクティブ ダイニングの利用方法は4ステップです。

  1. STEP.1

    希望するレストランを選ぶ

  2. STEP.2

    電話かオンラインで申し込む

  3. STEP.3

    予約確認書が届いたらチェック

  4. STEP.4

    当日は食事後にダイナースクラブカードで支払いを済ませればOK

レストラン利用額をポイントで支払いできる

エグゼクティブ ダイニングの利用額に対し、手持ちのポイントを「キャッシュバック」として利用できます。

このプログラムを利用するにはエグゼクティブ ダイニングの利用額をダイナースクラブカードで支払うことが必須です。

キャッシュバック金額の上限はなく、利用後ダイナースクラブ コールセンターに申し出れば、10,000ポイント=5,000円のレートで後日キャッシュバックされます。

次の章では他にも多数あるグルメ特典・サービスを紹介します。

エグゼクティブ ダイニングだけじゃないダイナースのグルメ特典・サービス

ダイナースクラブでは、エグゼクティブ ダイニング以外にも下記のグルメ特典・サービスを用意しています。

こちらも順番に見ていきましょう。

ごほうび予約(※)

自分へのご褒美として、おひとりさまでもワンランク上の食事を楽しめるサービスです。

好きなレストランのコースを予約して、イートインだけでなくテイクアウトもできます。

※2023年3月31日までのサービスとなっています。

ごひいき予約.com

いつも満席で予約が取れない人気店などのキャンセル情報が得られるサービスです。

利用日の2日前以降にメールやアプリで確認できます。

Wishダイニング(※)

人気店の席を予め確保してくれるサービスです。

ダイナースクラブが確保している席を先着順で利用できます。

※2023年3月31日までのサービスとなっています。

「ビフテキのカワムラ」からの特別優待(※)

電話での予約時に、行きたい店舗にダイナースクラブ優待の利用を伝えるだけで、シェフによる調理を目の前で堪能できる優待を受けられます。

※2023年3月31日利用分までのサービスとなっています。

「ひらまつ」からの特別優待(※)

カフェを除くひらまつの各店舗で10%割引が受けられます。

また、リストランテASO (東京・代官山)、アルジェント(東京・銀座)、オーベルジュ・ド・リル トーキョー(東京・六本木)、フィリップ・ミル 東京(東京・六本木)の4店舗を4名以上で利用した場合に限り、10%割引の代わりに個室優先案内とスパークリングワイン1本プレゼントのサービスを受けることも可能です。

※2024年3月31日利用分までのサービスとなっています。

料亭プラン

東京と名古屋にある一見さんお断り料亭5店を、ダイナースクラブが代わりに予約してくれるサービスです。

ナイト イン 銀座(※)

銀座のBAR3店ではウェルカムドリンクが、会員制CLUB4店では初回利用時に特別料金となるサービスが用意されています。

※2023年12月31日までのサービスとなっています。

デュカス・パリとのパートナーシップ

ベージュ アラン・デュカス 東京とビストロ ブノワで、フレンチの優待サービスを受けられます。

TRANSIT GENERAL OFFICE特別優待

4名以上の利用時に指定コース予約で、10%割引または5,000円以上のボトルワイン半額優待を受けられます。

1名利用でも乾杯ドリンクまたは5,000円以上のボトルワイン半額優待を利用可能です。

※2023年3月31日までのサービスとなっています。

最後の章では、グルメ以外の特典・サービスを紹介します。

まだあるダイナースの特典・サービス

ダイナースクラブカードを持っていれば、まだまだ多数の特典・サービスを受けられます。

以下は主な特典・サービスです。

こちらも項目ごとにチェックしていきましょう。 

コンパニオンカード

プラチナランクのカードである「TRUST CLUB プラチナマスターカード」を無料で利用できるサービスです。

「TRUST CLUB プラチナマスターカード」の利用額やポイントはダイナースクラブカードと一本化されます。もちろんカードに付帯する特典を受けることができます。
※ポイント換算率など一部のサービス内容が、単体で発行するTRUST CLUB プラチナマスターカードとは異なる場合があります。

トラベル優待

ハイステータスのクレジットカードといえば、欠かせないのがトラベル関連の優待です。

空港ラウンジ

国内34の主要空港など、国内外で1,500ヵ所以上の空港ラウンジを無料で利用可能です。

国内は回数制限なしで、海外の空港ラウンジは年10回と利用可能回数も充実しています。

おすすめ旅行情報

会員限定のツアーなど、お得な情報をおすすめ旅行情報で確認できます。

国内クラブホテルズ・旅の宿

対象となる120以上もの国内の旅館やホテルで、宿泊する部屋のアップグレードや朝食などの優待を受けられます。

手荷物宅配サービス

帰国時に重い荷物を持って帰るのは大変です。

手荷物宅配サービスを利用すれば、空港から自宅や職場などに、年間2個まで無料で宅配してもらえます。

エンタテイメント優待

ダイナースクラブではエンタテイメント優待も充実しています。  

ショッピング情報

ダイナースクラブのお取り寄せや大丸松坂屋オンラインストア優待などショッピングに関する特典・サービスが多数あります。

カルチャー

公演のチケットサービスや乗馬の体験優待、アーティストのサポートファンドなど、カルチャーに興味がある方におすすめの特典・サービスが満載です。

ヘルス・フィットネス

聖路加国際病院の健康管理プランやコナミスポーツクラブの優待など、健康志向の方におすすめの特典・サービスが用意されています。

コンサルティング・投資

保険コンサルティングサービスや三井住友信託銀行の住宅ローン金利引き下げなど、ダイナースクラブならではの特典・サービスを受けられます。

マリンライフ

会員向けマリンイベントの開催やダイナースクラブ協賛レースを楽しめます。

イベントの様子は公式サイトでチェック可能です。

ゴルフ優待

ダイナースクラブはゴルファーにもうれしい優待を用意しています。

名門ゴルフ場予約(※)

国内の名門と呼ばれるゴルフ場約100コースの予約が、ゴルフデスクに電話することで取りやすくなります。

※2024年3月31日のプレー分までのサービスとなっています。

ゴルフコンペ/プレープラン

名門ゴルフ場でのコンペに参加してみたい方には見逃せない情報が提供されています。

プロアマのダイナースカップも必見です。

プライベートレッスン優待

プライベートレッスンが入会金や年会費無料の優待価格で気軽に受けられます。※2023年3月31日まで

ゴルフレッスン優待

国内ではゴルフダイジェスト・オンラインが手掛けるアメリカの大手チェーンGOLFTECの初回スイング診断を、半額または無料の優待価格で受けられます。

ポイントプログラム

ダイナースクラブのポイントプログラム・リワードプログラムについて紹介します。 

100円につき1ポイントで有効期限なし

リワードプログラムのポイントは、基本的に100円につき1ポイント貯まります。貯まったポイントに有効期限がないため、無駄にならずにしっかりと貯めることが可能です。

ポイント合算

家族カードを持っている場合でも、ポイントは自動的に本会員カードのポイントに合算されます。そのため、手続き不要でまとまったポイントを使うことが可能です。

ポイントの使い方はいろいろ

貯まったポイントの使い方はいろいろです。オリジナル賞品やグルメ、ゴルフ用品などへの交換、キャッシュバックによるカード利用代金への充当、他社ポイントやマイルへの移行ができます。

保険

ダイナースクラブの保険について紹介します。

付帯保険

ダイナースクラブカードに付帯する保険には、海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、ショッピング・リカバリーがあります。

海外旅行傷害保険の最高補償額は最高1億円です。
カードを持っているだけで自動付帯する補償が5,000万円、旅行代金をカードで決済することで付帯する補償が5,000万円で合計1億円です。自動付帯でも5,000万円補償されるのは大きなメリットだと言えます。

国内旅行傷害保険は旅行代金をカードで決済することで最高1億円が補償されます。

ショッピング・リカバリーは、商品の購入日から90日間に発生した盗難や破損などをカバーする保険です。
1品あたりの自己負担額10,000円で、年間500万円を限度に補償を受けられます。

保険情報

ダイナースクラブカードの利用により、保険をさらに充実させることができます。

有料の海外旅行保険 プラスやゴルファー保険、自動車保険、無料の保険コンサルティングサービスも利用可能です。

ダイナースクラブカードの券面
年会費初年度:24,200円(税込)
2年目以降:24,200円(税込)
ポイント還元率0.3%~0.4%
国際ブランド
  • diners_club
電子マネー
  • applePay
  • suica
  • pasmo
  • edy
発行スピード2~3週間
追加カード

ETCカード

家族カード

ETCカード発行手数料無料
ETCカード年会費無料
ETCカード発行期間約10日程度
マイル還元率(最大)1.0%
旅行保険国内旅行保険海外旅行保険
ポイント名ダイナースクラブリワードプログラム
締め日・支払日締め日:毎月15日・支払日:翌月10日(金融機関の営業日でない場合は翌営業日)
申し込み条件所定の基準を満たす方
必要書類本人確認書類(運転免許証または運転経歴証明書など)・金融機関の通帳やキャッシュカード

注目ポイント

  • 世界最高級のステータスカード
  • 利用限度額に制限なしの高品質なサービス
  • プラチナクラスのMastercardを無料追加可
  • 国内外1,500ヶ所以上の空港ラウンジ利用可
  • コンパニオンカードでさらにお得に!
公式サイトへ

まとめ

5つのポイント

  1. ダイナースクラブカードは審査基準は高いがハイステータスなカード
  2. エグゼクティブダイニングなどの特典を上手く利用することで年会費の元が取れる。
  3. ダイナースクラブカード会員になるだけで無料でプラチナランクのカードが発行できる
  4. 付帯保険も充実している
  5. ポイントの有効期限がないため無駄なくポイントを使える

審査基準は高く、年会費もかかるカードですが、それ以上のメリットがあるカードと言えます。

ステータス性が高く、特典が充実したカードを持ちたい方にはおすすめです。

ダイナースクラブカードの関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE