社内SE転職ナビの評判はどうなの?特徴や注意点などをご紹介

ナビナビ
転職

2022-05-20

社内SE転職ナビ」は、転職を希望するITエンジニアに人気の職種「社内SE」を専門に扱う転職エージェントです。

大手と比べると知名度が低いため、どのようなエージェントかわからないという方も多いでしょう。

「専門性が高いって聞くけど、実際の評判は?」

「エンジニア未経験でも仕事を紹介してもらえる?」

このような疑問を解消するために、本記事では社内SE転職ナビの評判や特徴、利用するうえでの注意点などを紹介します。

最後までお読みいただくことで、「あなたが転職活動の時に社内SE転職ナビを活用するべきか」「ほかに併用したほうが良いサービスはあるか」などが明確になるでしょう。

【まず確認】転職エージェントは自分に合った業者を選ぶのがポイント!

社内SE転職ナビ
(引用元
社内SE転職ナビ

社内SE転職ナビは、社内SEに特化したエージェント

社内SEに転職したい方にはおすすめですが、人によっては別のエージェントを使った方がいい場合もあります。

そこで、社内SE転職ナビはどんな人が使うべきか表にまとめましたので、まずは確認してみてください。

▼社内SE転職ナビはこんな人におすすめ

社内SE転職希望者への
おすすめ度
★★★★★
社内SE転職ナビは社内SE求人が多く、業界に精通したコンサルタントがアドバイスをしてくれるため、強くおすすめできる。
社内SEの求人が多い「ワークポート」「マイナビIT AGENT」を併用することで、より多くの求人を確認できる。
IT実務経験者向けの
おすすめ度
★★☆☆☆
社内SE転職ナビには未経験向けの求人もあるが、ほとんどが実務経験向け。未経験・第二新卒なら、経験が浅い人向けのサポートに力を入れている「ワークポート」も併用したほうが良い。
20代・30代への
おすすめ度
★★★★☆
社内SEナビの求人は20代・30代向けも多いので、おすすめできる。ハイキャリア転職が目的なら「レバテックキャリア」も併用すると希望の求人が見つかりやすくなる。
40代以上へのおすすめ度
★★★☆☆
社内SE求人ナビで転職を成功している人には40代以上もいる。ただし一般的に30代を超えると求人が少なくなるので、30代〜40代向けの求人が多いスカウト型転職サイト「ビズリーチ」と併用するのがおすすめ。

社内SEに転職したい人は、まずは社内SE転職ナビに登録しておくとよいでしょう。

その上で物足りないと感じたら、他のエージェントを併用すると転職活動を進めやすくなります。

転職エージェントはどれも無料ですし、合わない場合はすぐ退会できるので、まずは気軽に利用してみてください。

目次

社内SE転職ナビとは?

社内SE転職ナビは、「アイムファクトリー株式会社」が運営している転職サービスであり、社内SEの求人に強い転職エージェントです。

2016年10月から開始されたサービスのため、大手転職エージェントと比べると知名度が低く、求人数も多くはありません。

しかし、社内SE転職ナビには「人気の高い社内SEに狙いを絞って転職活動を進められる」という魅力があります。

社内SEの求人実績は豊富で、1人あたり7.3社の紹介を受けています。

(▼クリックすると拡大できます

社内SE求人紹介
(引用元
社内SE転職ナビ
社内SE求人紹介社数7.3社/人
転職支援実績約15,000人
紹介可能企業数約4,000社
有効求人数(非公開含む約6,500件
(注
2018年12月時点の社内SE転職ナビ保有求人・登録者データから算出(非公開求人含む)

社内SE転職ナビでは、社内SEの転職サポート実績が豊富なキャリコンサルタントが履歴書・職務経歴書の書き方指導から、面接対策まで行ってくれます。

手厚くサポートしてくれるため、初めての転職にも適しているでしょう。

社内SE転職ナビの特徴3つ!

社内SE転職ナビの主な特徴は、以下の3つです。

社内SE転職ナビの主な特徴

それぞれ詳しく見ていきましょう。

特徴1.社内SEの求人に特化している

社内SE転職ナビが扱っている社内SEの公開求人数は、1,024件(2021年9月時点)と業界トップクラスです。

実際、どれくらい社内SEの求人が多いか大手の転職エージェントと比較してみたところ、大手と比べて遜色ない求人数であることがわかりました。

転職エージェント社内SE求人数
ワークポート1,319件
社内SE転職ナビ1,024件
レバテックキャリア604件
(注
求人数は2021年9月時点)

また、社内SE転職ナビで取り扱っている求人の7割は非公開求人です。

非公開求人とは

非公開求人はサイトから検索できませんが、社内SE転職ナビに登録・相談して、応募可能と判断されれば紹介してもらえます。

より多くの求人をチェックしたい場合は、まず社内SE転職ナビに登録し、担当者に相談してみてください。

特徴2.「3種類の面談方法」から選べる

社内SE転職ナビでは3つの面談方法を用意しており、あなたにあった方法を選ぶことが可能です。

面談方法特徴
カジュアル面談
カジュアル面談
  • まだ社内SEへの転職を悩んでいる人向けの面談方法。
  • 社内SEについての情報収集や、気軽な質問ができる。
キャリア面談
キャリア面談
  • 社内SEへ転職する意思が固まっている人向けの面談方法。
  • 希望条件などを伝えた上で具体的な転職相談ができる。
オンライン面談
オンライン面談
  • 直接の面談がむずかしい人向けの面談方法。
  • 日々のお仕事が忙しいひとでも「電話」や「ビデオ通話」などで相談ができる。
(参考
社内SE転職ナビ

転職を考えている方はもちろん、「まだ社内SEへの転職を迷っている」という方でも気軽に面談できるのが魅力的です。

「仕事が忙しくて面談する暇がない」といった方は、オンライン面談をおすすめします。

特徴3.幅広い分野の社内SE求人を扱っている

社内SE転職ナビの求人は、以下のように範囲が広いのが特徴です。

テキスト開発エンジニア
  • システムエンジニア
  • プログラマ
  • 組込制御系エンジニア
  • フロントエンドエンジニア
  • パッケージソフト/ミドルウェア開発
  • システム開発(web・オープン系)
  • マークアップ/コーディング
インフラ系
  • ネットワークエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • インフラエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • 情報システム/システム企画
  • データベースエンジニア
企画・マネジメント
  • プロジェクトマネージャ
  • システムコンサルタント
  • WEBディレクター
  • PMO(プロジェクト・マネジメントオフィス)
  • データアナリスト
  • ゲームプランナー
  • ゲームディレクター
  • WEBマーケティング・広告運用
その他
  • テクニカルサポート/ヘルプデスク
  • 汎用機系エンジニア
  • テスター
  • 総務/人事/労務/教育
(引用元
社内SE転職ナビ|2021年9月時点

開発系、インフラ系、マネジメント系はもちろん、テクニカルサポートやヘルプデスク、テスターなどの仕事も用意されています。

ほとんどが即戦力を求められる求人ですが、これまでの経験や業界に合わせて最適な転職先を選べるようになっています。

また、転職サポート実績の豊富なキャリアコンサルタントがあなたにぴったりの転職先を探して提案してくれるので、方針が定まっていない方も安心です。

社内SE転職ナビの気になる評判をご紹介

転職エージェントを利用する場合、実際に利用した人の評判が気になるところです。

ここでは、社内SE転職ナビの口コミをご紹介します。

社内SE転職ナビの評判

社内SE転職ナビの良い評判

社内SE転職ナビの良い評判

社内SEや求人の情報に詳しい

社内SE転職ナビ の口コミ

40代/男性

求人の情報を細かく教えてくれた

社内SE転職ナビのコーディネイターのサポートの良かった点は、希望した求人のより細かい情報をリサーチしてくれて改めて提示してくれた事でした。

どういった会社なのかという事をもっと細かく知りたいとお願いするとスグに対応してくれて本当に助かりました。

お世辞抜きに質の高いサポートで満足出来ました。

(ナビナビ調査)

上記は「社内SEという職種や、求人の情報に詳しい」という口コミです。

社内SE転職ナビは、社内SEに特化したエージェントということもあり、他エージェントよりも職種についての詳しい情報を把握しています。

社内SEの内情を踏まえた上で情報を提供してくれるので、安心してサポートをお任せできるでしょう。

また、社内SE転職ナビでは、求人企業の詳しい情報も提供してくれます。

「具体的にどういった環境で業務を行うのか」なども教えてくれるので、ミスマッチのない転職を実現できるはずです。

忙しくてもオンライン面談で転職成功

社内SE転職ナビ の口コミ

34歳/男性 S・K さん 埼玉県 大宮区在住

多忙の中でも昼休みのわずかの時間で、気軽に相談できる!

業務都合で土曜日も出勤があるため、限られた時間でも気軽に相談できるオンライン面談を受けることに。

そこでアドバイザーの方からのアドバイスをきっかけに、私の希望にマッチした「大手事業会社にて、上流メインで経験を積める社内SE」への転職が実現しました!

(引用:社内SE転職ナビ

「忙しくても転職に成功できた」という体験談も挙がっていました。

社内SE転職ナビは、「オンライン面談」に対応しているので、忙しくても昼休みなどの短い時間を使って相談ができます。

そのため「少ししか時間がとれない」「土日も忙しい」という方も、面談を諦める必要はありません。

少しでも時間があれば面談が可能なので、働きながら転職活動する方は、積極的に「オンライン面談」を活用してみてください。

理想の企業に転職できた

社内SE転職ナビ の口コミ

31歳/男性 M・Aさん 神奈川県 宮前区在住

いいところがあれば…と気軽に相談。社内SEマネージャーに転職成功!

40代を迎えて今後のキャリアを考えた時「もっと自分にいいところがあれば、次が転職するラストチャンスかも」という思いから、カジュアル面談へ。

そこで「面接だけでも受けてみようかな」と思える企業を見つけ、自分の理想にマッチした案件だったため転職を決意しました。

(引用:社内SE転職ナビ

こちらの方はまだ社内SEに転職するかどうか決めていない状態で「カジュアル面談」を受けて、理想の企業に転職できたケースです。

カジュアル面談では、社内SEの業界調査や気軽な相談をすることが可能です。

はっきりと転職のビジョンが見えていない場合でも、コンサルタントが丁寧にヒアリングを行い、的確なアドバイスをしてくれるので、ぜひ相談してみてください。

全く想定していなかった状態から社内SEへ転職

社内SE転職ナビ の口コミ

34歳/男性 T・Kさん 東京都 練馬区在住

自社内開発でEC領域に挑戦したい!理想を社内SEで叶える

キャリア面談で私が伝えた要望は

◇自社内の開発で腰を据えて長くキャリアアップできる環境
◇EC領域の開発を上流工程からワンストップで挑戦したい
という点。

その結果「社内SE」を提案されて正直全く想定していなかったのですが、今は希望が叶いとても満足しています。

(引用:社内SE転職ナビ

希望を伝えたことで、キャリアコンサルタントから適切な仕事を紹介してもらったケースです。

この男性は、自社内開発でのキャリアアップと、EC領域開発に上流からワンストップで関わりたいという2つの目的を考えられる職場を探してもらったところ、社内SEを勧められたそうです。

当初は全く想定していなかったようですが、転職後はピッタリ希望にはまって満足しています。

また、上記のほかにも「スキルを活かせる企業を紹介してくれた」などの声が多く見られました。

社内SE転職ナビ の口コミ

50代以上/男性

自分の技術を最大限に活かせそうな、比較的中規模な会社を選んでくれたところが良かったです。中規模な会社は私の望みでもありました。

そして、それらの会社が比較的福利厚生がしっかりしているところも気に入ったポイントです。

(ナビナビ調査)

社内SE転職ナビには提案力の高いコンサルタントが在籍しているので、現職に不満を感じていたり叶えたい希望がある場合は、ぜひ相談してみてください。

社内SE転職ナビの悪い評判

社内SE転職ナビの悪い評判

未経験者向けの求人は見つかりにくい

社内転職SEナビ の口コミ

50代/男性

未経験者向けの案件は少ない

あまり悪かったところはないのですが、もし、未経験の人の場合は、未経験者を採用してくれる案件が見つからない面があるのが、難点と言えるかもしれません。

自分の場合は経験者なので、このデメリットは問題になりませんでした。

(ナビナビ調査)

上記は、「未経験者向けの求人は見つかりにくい」という口コミです。

結論からお伝えすると、「社内SEの求人」は、そもそもがIT業界未経験者向きではありません。

社内SEの求人では、IT関係ではない企業がITの専門知識がある人材を欲して募集していることも多いため、未経験者の募集は少ないのです。

ITの知識やスキルに自信がない場合は、通常のSEとして経験を積んでから社内SEへの転職を検討するのが良いでしょう。

ワークポート」には、未経験者向けの求人も多く掲載されているので、ぜひ一度チェックしてみてください。

紹介される求人の数は少なめだった

社内SE調査ナビ の口コミ

40代/男性

紹介求人の数は少なめ

紹介数は多少少なかったのですが、希望条件に合わない求人を紹介されても意味が無いので満足する事が出来ました。

(ナビナビ調査)

「紹介される求人が少なめだった」という口コミも見られました。

これには、「社内SEの求人自体があまり多くないこと」が影響していると考えられます。

社内SEの採用枠は1~2名と限られていることも多く、募集頻度も高くないことから、その他のSEと比べると求人が少ない傾向にあるのです。

社内SE転職ナビのコンサルタントは提案力が高く、求職者にぴったりな求人を紹介してくれるものの、状況によっては「紹介求人が少ない」と感じられるかもしれません。

もし紹介求人数が物足りないと感じた場合は、社内SEの求人数が多い「ワークポート」や「マイナビIT AGENT」もあわせて利用することをおすすめします。

担当者と相性が合わない場合もある

社内転職SEナビ の口コミ

50代/男性

転職を急かされているように感じた

あまり、コンサルタントに文句はなかったのですが、強いてあげると、対応が良すぎることでしょうか。

質問に対するレスポンスも早いので、なんだか、早く決意しなくてはいけない感じがして、時に煽られているような気分になることもありました。

(ナビナビ調査)

社内SE転職ナビに限ったことではありませんが、場合によっては相性の合わないコンサルタントが担当になってしまうこともあります。

相性の合わないコンサルタントが担当になった場合、転職活動が円滑に進まず、滞ってしまうことも少なくありません。

「合わないかも…」と感じた場合は、社内SE転職ナビに電話やメールで連絡を入れ、担当者を変更してもらいましょう。

また「変更をお願いしづらい」という場合は、「ワークポート」など、その他の転職エージェントを使用することも手段の一つです。

社内SE転職ナビを利用するときの注意点3つ

社内SE転職ナビを利用するときの注意点3つ

社内SE転職ナビは、社内SEに転職したい方にとってメリットが多い転職エージェントです。

ただし、利用する前に注意すべき点もあります

社内SE転職ナビを利用する際には、以下のような注意点を知っておいてください。

社内SE転職ナビを利用するときの注意点

それぞれの注意点について、詳しく見ていきましょう。

注意点1.社内SE以外の求人がない

社内SE転職ナビは、社内SEの求人に特化したエージェントなので、社内SE以外の求人がありません。

エンジニアとして転職される方のなかには、社内SE以外の職種も含めて検討されている方もいらっしゃるでしょう。

社内SE以外でも転職を検討されている方は、「ワークポート」など幅広いエンジニアを扱っている転職エージェントを使ったほうがいいでしょう。

注意点2.業界未経験の場合は転職が難しい

社内SEの求人の多くは、経験者や即戦力となる人材を求めています。

そのため、業界未経験の方は、社内SE転職ナビに登録しても求人を紹介されない可能性があります。

実際に、社内SE転職ナビで転職を成功させた人のほとんどは「エンジニアやIT業界経験者」であり、未経験者は少なめです。

(▼クリックすると拡大できます

社内SE転職ナビ内定者の経歴 転職者データ
(引用元
社内SE転職ナビ

したがって、社内SE転職ナビを利用して社内SEを目指すなら、まずは経験を積むことが必要になります。

具体的には、まず未経験向けのサポートに強い「ワークポート」に登録して、どんな求人があるか確かめてみるのがおすすめです。

ワークポート
(引用元
ワークポート

ワークポートでは完全無料で勉強できるプログラミングスクール「みんスク」も運営しています。

プログラミングを身につけてから転職したいという場合は、スクールで学んでからワークポートに転職先を紹介してもらうとスムーズです。

注意点3.地方エリアの求人が少ない

社内SE転職ナビには、地方の求人があまり多くありません。

実際に、社内SE転職ナビに掲載されている求人の8割は東京の案件であり、その他の地域の案件は限られています。

社内SE転職ナビ 地域別求人数
(最終更新
2021年9月時点)

なぜ都市部ばかりに集中しているのかというと、社内SEに求人を依頼している会社の本部が都市部に集中している傾向にあるからです。

そのため、「地方で転職したい」と考えている方は、地方の求人もバランスよく扱っている「doda」や「リクルートエージェント」を併用した方がいいでしょう。

【結論】社内SE転職ナビはこんな人におすすめ

ここまで、社内SE転職ナビの評判や注意点をご紹介しました。

特徴や利用のメリットを踏まえると、社内SE転職ナビは以下のような方におすすめです。

▼社内SE転職ナビはこんな人におすすめ

社内SE転職希望者への
おすすめ度
★★★★★
社内SE転職ナビは社内SE求人が多く、業界に精通したコンサルタントがアドバイスをしてくれるため、強くおすすめできる。
社内SEの求人が多い「ワークポート」「マイナビIT AGENT」を併用することで、より多くの求人を確認できる。
IT実務経験者向けの
おすすめ度
★★☆☆☆
社内SE転職ナビには未経験向けの求人もあるが、ほとんどが実務未経験向け。未経験・第二新卒なら、経験が浅い人向けのサポートに力を入れている「ワークポート」も併用したほうが良い。
20代・30代への
おすすめ度
★★★★☆
社内SEナビの求人は20代・30代向けも多いので、おすすめできる。ハイキャリア転職が目的なら「レバテックキャリア」も併用すると希望の求人が見つかりやすくなる。
40代以上へのおすすめ度
★★★☆☆
社内SE求人ナビで転職を成功している人には40代以上もいる。ただし一般的に30代を超えると求人が少なくなるので、30代〜40代向けの求人が多いスカウト型転職サイト「ビズリーチ」と併用するのがおすすめ。

社内SE転職ナビは、社内SEの求人に特化しているので、「社内SEに興味がある」「社内SEに転職したい!」という方におすすめできます。

また、非公開求人も充実しており、他にはない優良案件に出会える可能性もあります。

以下のような人には非常におすすめのサービスであるため、興味のある方は気軽に無料相談されてはいかがでしょうか?

  • 社内SEに転職したい人
  • 東京・大阪などの都心で転職したい人
  • 直接面談する時間があまり取れない人

社内SE転職ナビ|基本情報

運営会社アイムファクトリー株式会社
公開求人数約1,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

社内SE転職ナビ以外のエージェントも利用しよう

社内SE転職ナビは社内SE向けの求人が豊富ですが、人によっては物足りなく感じる場合もあります。

そのため、本格的に転職活動を行うならば社内SE転職ナビと併せて3〜4社の転職エージェントを併用するべきです。

転職エージェントを複数登録することで、より多くの求人を確認できるだけでなく、相性の良い担当者に出会える確率も高くなります。

転職エージェントを複数利用すべき理由

なお、良い求人を紹介されない場合はすぐ退会すればよいので、気軽に登録しても大丈夫です。

まずは自分の希望する求人が見つかるか確認して、合わなければ変更!という使い方で、転職エージェントを最大限活用してください。

▼社内SE転職ナビとの併用がおすすめな転職エージェント

サイト名おすすめな人特徴
ワークポート
  • 社内SEの求人をたくさん見たい
  • 社内SE以外の求人も探したい
  • 業界・実務未経験者にも対応
  • 完全未経験者向けのスクールを開講
マイナビIT AGENT
  • 社内SEの求人をたくさん見たい
  • 社内SE以外の求人も探したい
  • ITに精通したキャリアアドバイザーに相談できる
  • 紹介求人の80%が非公開求人
レバテックキャリア
  • ハイクラス転職したい
  • 社内SE以外の求人も探したい
  • 8割以上が年収600万円以上のハイクラス求人
  • ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1
ビズリーチ
  • 30〜40代以上
  • スカウトを受けたい
  • レジュメ登録だけでスカウトが受けられる
  • 求人の1/3が年収1,000万円以上
doda
  • 全ての転職者
  • トップクラスの求人数&転職サポート
  • 転職サイト・転職エージェントの両方が使用可能

社内SE転職ナビの登録から転職活動の流れ5ステップ

ここからは、社内SE転職ナビに登録してから内定までの流れを、以下の5ステップで解説していきます。

社内SE転職ナビの登録から転職活動の流れ

登録さえしてしまえば、あとは担当のコンサルタントから案内されますので、難しい手続きは不要です。

では、それぞれ見ていきましょう。

ステップ1.公式サイトから会員登録

まずは、社内SE転職ナビの公式サイトから「会員登録」をクリックし、各項目を入力します。

その後、コンサルタントから連絡が届きますので、個別カウンセリングの日程を決定してください。

ステップ2.個別カウンセリング

会員登録時に選択した「面談タイプ」に応じて個別カウンセリングを行います。

対面でのカウンセリングを行う場所は、基本的に「東京本社」か「大阪支社」のどちらかです。

【東京本社】 東京都千代田区 麹町3-2 麹町共同ビル3階

【大阪支社】大阪府大阪市福島区福島5丁目1−1

個別カウンセリングでは、キャリアの整理や、転職先の希望や不安などを相談できます。

相談してから「やっぱり利用はやめよう」となっても問題ないので、リラックスして臨んでください。

事前に、聞きたいことを用意しておくとスムーズに相談できるので、余裕があれば質問を準備しておきましょう。

また、個別カウンセリングの服装は特に規定がなく、自由な服装で問題ありません。

電話・オンライン面談も可能

SE転職ナビでは、電話やオンライン面談にも対応しております。

ステップ3.求人の提案・応募

担当のコンサルタントが、あなたの希望に沿った求人を紹介してくれるので、その中から気になった求人へ応募します。

社内SE転職ナビのサービスに期限はありませんので、じっくりと求人を検討してください。

また、紹介された求人については、必ず応募しなければならないという規定はありません。

職務経歴書や履歴書の書き方など、書類選考を通過するための相談もできるので、ぜひ有効活用しましょう。

ステップ4.応募求人の選考・面接

求人に応募した後は、書類選考や面接が行われます。

社内SE転職ナビでは、面接対策も行っていますのでご安心ください。

面接についてのアドバイスや、不安なことなど、気になることはなんでも相談するとよいでしょう。

合否の結果については、担当のコンサルタントから「メール」か「電話」で連絡が来ます。

仮に失敗してしまっても次の選考に活かせるアドバイスをくれるので、次回の選考に活かすことが可能です。

ステップ5.内定・入社へ

内定を獲得した後は、次は入社の準備です。

内定先への入社準備についてアドバイスしてくれるのはもちろん、現職の退職手続きについても相談が可能です。

入社した後でも、社内SE転職ナビに連絡できる体制が整っているので、不満なことがあればいつでも相談できます。

【Q&A】社内SE転職ナビについての疑問点を解決!

【Q&A】社内SE転職ナビについての疑問点を解決!

最後に、社内SE転職ナビについてのよくある質問をまとめました。

不明点、疑問点があれば、ご参考にしてください。

社内SE転職ナビについての疑問点と回答

それぞれ、順番に回答していきます。

社内SE未経験でも利用できる?

A.社内SEの職種が未経験でも利用できます。

社内SE転職ナビを利用して転職成功した人のうち、ほとんどが社内SE未経験者です。

ただし、IT業界自体が未経験の場合、紹介してもらえる求人が少ない可能性があります。

初めてIT業界に挑戦する方は、未経験向け求人が多い「ワークポート」を併用するのがおすすめです。

社内SEへの転職を迷っている人でも利用できる?

A.社内SEへの転職を迷っている人でも利用できます。

まだ、社内SEに転職しようか迷っている方は「カジュアル面談」で気軽な相談から始めると良いでしょう。

今は転職しないけど、将来的に社内SEへの転職を検討している方も、情報収集として利用することができます。

カジュアル面談をしてから社内SEに転職するかどうかを決めることができますので、社内SEへの転職を迷っている人も問題なく利用できます。

社内SE転職ナビは無料で利用できる?

A.社内SE転職ナビは、完全無料で利用できます。

無料である理由は、社内SE転職ナビが企業に人材(転職希望者)を紹介することで、企業から報酬を受け取っているからです。

そのため、転職希望者からサービスの利用料金をもらう必要がありません。

社内SE転職ナビは相談から、転職活動・内定のサポートまで、すべて無料で利用可能です。

転職サービスによっては、有料プランに加入することで追加サービスを受けられるものもありますが、社内SE転職ナビはすべてのサービスが完全無料で利用できます。

コンサルタントはどうやって決まる?

A.あなたの経験・経歴によって担当コンサルタントが決定します。

転職活動において、担当となるコンサルタントは重要なポイントです。

社内SEに詳しいコンサルタントの中から、あなたにぴったりな担当が決定されますので、安心して利用できるでしょう。

社内SE転職ナビの退会方法は?

A.公式サイトの「お問い合わせ」から退会が可能です

こちらのお問い合わせフォームから、退会できます。

「氏名」「フリガナ」「メールアドレス」を入力し「お問い合わせ項目」は、その他を選択します。

「お問い合わせ内容」に退会・登録解除をしたいという内容を記載し、送信しましょう。

以上で、退会手続きは完了です。

まとめ

社内SEの求人に特化している「社内SE転職ナビ」は、以下のような方におすすめです。

  • 社内SEに転職したい人
  • 東京・大阪などの都心で転職したい人
  • 直接面談する時間があまり取れない

少しでも興味がある場合は、無料相談だけでも受けておくのが良いでしょう。

また、複数の転職エージェントと併用することで希望にマッチした求人が見つかりやすくなります。

▼社内SE転職ナビとの併用がおすすめな転職エージェント

サイト名おすすめな人特徴
ワークポート
  • 社内SEの求人をたくさん見たい
  • 社内SE以外の求人も探したい
  • 業界・実務未経験者にも対応
  • 完全未経験者向けのスクールを開講
マイナビIT AGENT
  • 社内SEの求人をたくさん見たい
  • 社内SE以外の求人も探したい
  • ITに精通したキャリアアドバイザーに相談できる
  • 紹介求人の80%が非公開求人
レバテックキャリア
  • ハイクラス転職したい
  • 社内SE以外の求人も探したい
  • 8割以上が年収600万円以上のハイクラス求人
  • ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1
ビズリーチ
  • 30〜40代以上
  • スカウトを受けたい
  • レジュメ登録だけでスカウトが受けられる
  • 求人の1/3が年収1,000万円以上
doda
  • 全ての転職者
  • トップクラスの求人数&転職サポート
  • 転職サイト・転職エージェントの両方が使用可能

ぜひ、社内SE転職ナビ以外にも複数のエージェントを併用して、転職活動を成功させてください。

【社内SE転職ナビに関する口コミ・体験談について】

社内SE転職ナビの口コミ体験談は、おもにインターネット上の情報・インターネットでのアンケートをもとに収集しております。

【画像引用・参考サイト】

関連記事