Operated by Ateam Inc.

イーデス

FP解説!豊和銀行カードローン3種の選び方と使い勝手を徹底検証

最終更新日:

FP解説!豊和銀行カードローン3種の選び方と使い勝手を徹底検証
カードローン
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

豊和銀行が取り扱っているカードローンは、「ほうわSmartカードローン」「ほうわHigh Classカードローン」「ほうわレディースカードローン」の3種類があり、それぞれ商品内容は異なります。

しかしながら、豊富なラインナップがあるが故に、「結局どれが自分に合っているのかがわからない…」と感じている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、豊和銀行カードローンのわかりやすい選び方を解説した上で、審査の手続きや返済方法など、あらゆる角度から徹底紹介していきます。

武藤 英次

武藤 英次 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

大分県の地銀と言えば、真っ先に思い浮かぶのは大分銀行です。 実際のところ2番手の豊和銀行よりも6倍近い規模を持ち、圧倒的存在感を放っています。 戦後の昭和24年に設立された豊和銀行は、どうしても大分銀行の陰に隠れがちで、常に苦戦を強いられていた状況は否めません。 こうなると「大分銀行のカードローンのほうが良いのではないか」と心配になってしまう方もいらっしゃることでしょう。 しかしながらカードローンに関しては、豊和銀行も決して劣るものではありません。 3種のカードローンを取りそろえており、いずれ上限金利は大分銀行よりも低金利設定です。

  • ファイナンシャルプランナー / 美樹ライティングオフィス

    監修者武藤 英次

    成蹊大学経済学部経営学科卒。地方銀行勤務中にカードローンを含む個人・法人の融資業務などを幅広く担当。
    2016年3月に美樹ライティングオフィスを開業し代表を務める。
    趣味は一眼レフでの写真撮影、5人家族でのおでかけ、ピアノ演奏、甲子園を目指す長男の高校野球応援など。
    カナヘイのピスケ&うさぎグッズを大量コレクト中。

    • 株式会社エイチームライフデザイン

      編集者イーデス編集部

      「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

      ■書籍
      初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

      ■保有資格
      KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

      ■許認可
      有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

      • SNS

    気になる内容をタップ

    豊和銀行カードローンはどんなローン?

    豊和銀行は、大分県大分市を中心に事業を運営している地方銀行です。

    冒頭でも触れたように、豊和銀行が取り扱うカードローンは3商品と種類が多く、カードローン選びに悩んでしまう方もいらっしゃるかと思います。

    まずは、大まかな道しるべとして、それぞれのカードローンにおすすめできる人を分類してみました。

    豊和銀行カードローンの選び方
    このような人におすすめカードローンの種類金利限度額

    ・カードローンを初めて利用する方
    ・標準的な資金ニーズを満たせる商品を選択したい方

    ほうわSmart
    カードローン
    年4.5%~14.0%10万円~500万円
    ・借入希望額が500万円以上で、審査に自信のある方ほうわHigh Class
    カードローン
    年3.5~4.0%510~1,000万円
    ・女性専用のカードローンを希望する方ほうわレディース
    カードローン
    年9.8%10~100万円

    豊和銀行カードローンの違いを簡単にいうなら、「保証会社の違い」「金利の違い」「限度額の違い」の3つです。

    金利面において有利なのは「ほうわHigh Classカードローン」で、大きな限度額と低い金利が特徴となっています。加えて、「カードローンプラス」も同様に金利の低さが特徴となっています。

    しかし、ここで注意すべき点があります。それは、「審査の厳しさ」です。「ほうわHigh Classカードローン」は、限度額が最低510万円以上からとなっています。

     また、女性専用となっている「ほうわレディースカードローン」は低金利が魅力ではあるものの、限度額が100万円以内と小さめです。

    これらを含めて考えると、多くの方が利用しやすいのは「ほうわSmartカードローン」でしょう。

    金利面では他の商品に劣るものの、限度額の大きさ、審査の申し込みやすさにおいては、他の商品よりも選択しやすい内容となっています。

    したがって、上記表に該当していない方、どれを選べばいいのかがわからない方は、「ほうわSmartカードローン」を選択すると良いでしょう。

    この記事では、ほうわSmartカードローンに絞って解説していきます。ほうわSmartカードローンの商品詳細は下記のとおりです。

    金利年4.5%~14.0%
    限度額500万円※
    申込条件・満20歳以上満70歳以下で安定した収入のある方 ※1
    ・居住家屋に電話または携帯電話のある方
    ・勤務先または居住地が取扱店の営業地域内※2にある方
    ・保証会社の保証を受けられる方
    審査時間最短翌営業日
    口座開設必須
    即日融資不可
    土日即日融資不可
    来店契約必須

    ※.アルバイト・パート・専業主婦(夫)の方は50万円以内
    ※1.パート・アルバイト、配偶者に給与収入のある専業主婦(夫)、年金収入のみの方でも利用可能
    ※2.豊和銀行の営業地域は、「大分県、福岡県、熊本県」の支店がある地域

    ほうわSmartカードローンの特徴は、以下となっています。

    • 配偶者に収入のある専業主婦、年金受給者でも申込可能
    • 申し込み条件は広め
    • 限度額に応じてあらかじめ金利が決まっている
    • 仮審査後、窓口での正式契約が必要
    • キャッシュカードにカードローン機能が付加される

    ほうわSmartカードローンは、「手持ちの豊和銀行口座を使って、カードローンを利用したい」という方に適した商品です。

    あなたの希望に合っている?「馴染みある地元の豊和銀行だから」で決めないで!

    地元銀行という安心感だけで選ぶと、「急いでいるのに、お金を借りるまでに時間がかかった」「大手銀行の方が低金利だった」「支店数が少なく、働きながら窓口に行きにくい」といった不便さが生じてしまいます。もしかしたら、ほかにもっと最適なカードローンがあるかもしれません。

    ▶あなたのニーズに応えるカードローン

    カードローンは借金なので、できるだけニーズに合った1枚を選びましょう。

    あなたの希望は?おすすめの1枚
    今日中に借りたい

    プロミス

    早さより低金利を優先みずほ銀行カードローン

    ファイナンシャルプランナー
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    ほうわSmartカードローンで特に注目しておきたいのが、保証会社です。 実は銀行カードローンの審査は、おしなべて保証会社が中心的役割を果たしています。 銀行が全く審査に関わらないわけではありませんが、審査の大半を保証会社が行っている事実は否定できません。 ほうわSmartカードローンでは、保証会社が九州総合信用株式会社とアイフル株式会社の2社となっています。 保証会社が2社あることにより、保証審査に通過できる確率は確実にアップするのです。 特に消費者金融のアイフルが保証会社に入っていることにより、より柔軟な審査が期待できるのは心強いポイントと言えます。

    武藤 英次さん

    武藤さん

    大手銀行カードローンと豊和銀行カードローンの違いを徹底比較

    ほうわSmartカードローンは、キャッシュカード1枚でカードローン機能も利用できる商品です。

    しかし、一口にカードローンと言っても、他行が取り扱っているものも含めると多数の商品が存在しています。

    したがって、よりご自身のニーズに合ったカードローンを見つけるためには、他行の商品とも比較検討したほうが良いでしょう。

    ここでは、銀行カードローンの中でも特に人気の高い商品と、ほうわSmartカードローンを比較してみたいと思います。
    下記の表をご覧ください。

    ほうわSmartカードローンと他社カードローン比較一覧
    カードローン名金利契約極度額審査スピード口座開設毎月の最低返済額提携ATM
    利用手数料
    ほうわSmartカードローン年4.5%~14.0%最大500万円必須5,000円提携ATMなし
    (口座入金と同様の取り扱い)
    みずほ銀行カードローン年2.0%~14.0%※1最大800万円最短当日※2必須
    (同時申込可)
    2,000円原則有料
    (110円~220円)
    三菱UFJ銀行カードローン年1.8%~14.6%最大500万円最短即日不要2,000円※3無料
    りそなプレミアムカードローン年1.99%~13.5%※410万円~800万円最短翌営業日※5必須10,000円有料
    (110円~220円)
    楽天銀行スーパーローン年1.9%~14.5%※6最大800万円最短即日※7不要2,000円原則無料※例外あり
    イオン銀行カードローン年3.8%~13.8%最大800万円-不要1,000円イオン銀行ATM・コンビニATMは無料

    ※上記手数料は消費税10%込みの料金表示です
    ※1.住宅ローンをご利用の場合、みずほ銀行カードローンの金利は年0.5%引き下げとなります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
    ※2.みずほ銀行の口座を持っている場合は最短当日~1週間程度、持っていない場合は2~3週間程度かかります。
    ※3.借入利率が年8.1%超の場合。
    ※4.基準金利の場合。住宅ローン利用ユーザーは基準金利から年0.5%引き下げられます。金利引き下げ条件:本ローンを申込んだ時点で、りそな銀行所定の住宅ローンを利用中、かつ、住宅ローンの取引口座での申込みの場合に限ります。
    ※5.審査の状況等により異なります。
    ※6.通常金利の場合。
    ※7.審査完了までは個人差があります。また土日祝は営業していません。

    ※2018年1月より審査が厳格化され、「銀行が扱うカードローン」はすべて即日審査・即日融資が不可となりました。これは豊和銀行カードローンだけでなく、大手を含む銀行カードローンすべてが対象となります。

    上記表から、ほうわSmartカードローンをあえて選択すべきなのは、「豊和銀行のキャッシュカードでカードローンも利用したい」という場合でしょう。

    ほうわSmartカードローンは他行の商品とは異なり、預金口座にカードローン機能が追加で利用できる仕組みになっています。したがって、専用のローンカードが発行されないのです。

    このような特徴を踏まえると、既に豊和銀行の口座をお持ちで、「カードを何枚も増やしたくない」という方には特に適しているでしょう。

    豊和銀行カードローンの強みや弱みを徹底比較

    ほうわSmartカードローンは、他社とは異なる特徴を持つ個性的な商品です。当然ながら弱点ともいえる部分があり、メリットばかりの商品ではありません。

    ほうわSmartカードローンの強み、弱みを簡単にまとめました。

    豊和銀行カードローンの強み

    ほうわSmartカードローンの強み

    • キャッシュカードでカードローン機能も利用できる
    • 申し込み条件が広い
    • 上限金利が比較的低い

    上記の点が強みです。

    やはり、「キャッシュカードでカードローン機能を利用できる」という点は、ほうわSmartカードローン独自の大きな強みだといえるでしょう。

    豊和銀行カードローンの弱み

    対して、

    ほうわSmartカードローンの弱み

    • 窓口での契約が必須
    • 臨時的な返済は、豊和銀行ATMと窓口のみの取り扱い
    • 即日融資は不可

    上記の点が弱みです。

    特に、臨時的な返済が豊和銀行ATMと窓口のみの取り扱いという点は、利用者の利便性にも大きく影響するポイントですので、ほうわSmartカードローンの大きな弱みだといえます。

    ファイナンシャルプランナー
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    インターネットからの仮申込を経て、店頭窓口で契約するスタイルは、旧世代銀行カードローンの特徴のひとつです。 原則として平日の短い営業時間内(9時~夕方3時)に来店して手続きする必要があります。 最新トレンドである来店不要のWEB完結と比べてしまうと、手続きの利便性で大きく劣るポイントです。 アイフルを保証会社に入れることで審査に柔軟性を持たせるなど、一部では健闘している様子はうかがえます。 しかし窓口来店が必須という使い勝手の悪さは無視できない方も多いことでしょう。

    武藤 英次さん

    武藤さん

    FPが教える豊和銀行カードローンに向いている人・向いていない人

    豊和銀行カードローン ほうわSmartカードローンには強みと弱みがあり、向いている人もいれば、向いていない人もいるということです。ほうわSmartカードローンに向いている人、向いていない人をそれぞれまとめてみました。

    向いている人

    ほうわSmartカードローンに向いている人は、以下に該当する方です。

    • 豊和銀行の口座を既に持っている
    • カードの枚数を増やしたくない
    • 普段から豊和銀行をよく利用している

    ほうわSmartカードローンは個性的な特徴を持ち、既に豊和銀行との取引がある方に適したカードローンです。

    口座にカードローン機能が付加される商品ですので、近隣に豊和銀行の支店やATMがある方にピッタリの商品でしょう。

    向いていない人

    対して、ほうわSmartカードローンに向いていない人は、以下に該当する方です。

    • 即日融資を受けたい
    • 口座を開設せずカードローンを契約したい
    • 提携ATMを便利に活用したい

    豊和銀行カードローンの必要書類

    ほうわSmartカードローンの必要書類は下記のとおりです。

    本人確認書類

    運転免許証、健康保険証※1などの確認書類

    収入証明書類

    保証会社から提出依頼があった場合は、提出が必要

    その他

    口座の通帳、口座届出印(※口座をお持ちでない方は、新規届出用の印鑑)

    ※1. 保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングして提出ください。

    豊和銀行カードローンで最短融資を受ける方法

    ほうわSmartカードローンを検討中で、「できる限り早くお金を借入したい」という方も中にはいらっしゃると思います。

    ここでは、ほうわSmartカードローンで最短で融資を受ける方法を解説していきましょう。

    即日融資の可否と審査スピード

    ほうわSmartカードローンは、即日融資に対応していません。

    なぜなら、大手を含むすべての銀行カードローンは、2018年1月より即日審査・即日融資が受けられなくなったからです。これにより、申し込み当日に融資が可能なのは、消費者金融のみとなります。

    また、即日審査が不可になったことに伴い、当面の間は審査に要する時間も読めないのが現状です。

    ほうわSmartカードローンの審査スピードは、「最短翌営業日」であったことから、2018年以降は3日~5日程度はかかるとみてよいでしょう。

    最短で融資を受ける流れ

    ほうわSmartカードローンで最短で融資を受ける場合には、「インターネット申し込み」を利用します。インターネット申し込みで融資を受ける流れは下記のとおりです。

    1. STEP.1

      ほうわSmartカードローンの公式ホームページから仮審査を申し込む

    2. STEP.2

      審査の実施

    3. STEP.3

      審査結果の連絡が入る

    4. STEP.4

      必要書類を持参の上、取扱店へ行く

    5. STEP.5

      契約書に記入(カードローンの契約を完了)

      ※口座をお持ちでない場合には、口座を開設

    6. STEP.6

      「カードローン機能の付加」完了

      ※手続き完了後に、連絡をいただけるよう窓口に伝えておく

    7. STEP.7

      ATM利用開始

      (キャッシュカードで、カードローンの現金引き出し可能)

    ※カードローン機能を利用できるまでの目安時間は、最短で契約完了の翌営業日です。

    豊和銀行カードローンの審査を通りやすくするコツ

    ほうわSmartカードローンの審査を通りやすくするコツは、申し込み時に記載する「借入希望金額」を少なく抑えることです。

    借入希望額を抑えることで、求められる返済能力の基準が下がり、審査結果に良い影響が現れる可能性があります。

    豊和銀行カードローンの返済方法

    ほうわSmartカードローンで無事に借入できた後は、月に1度の返済が必要となります。ほうわSmartカードローンの返済方法をご説明しましょう。

    返済方法と期日

    ほうわSmartカードローンの返済方法と期日は、以下となっています。

    • 毎月の返済
      毎月12日に本人名義の豊和銀行口座から自動引き落とし
    • 臨時の返済
      カードローン通帳を使い、豊和銀行ATMまたは窓口で随時

    返済で利用可能なATM

    ほうわSmartカードローンを返済可能なATMは「豊和銀行ATM」のみとなっています。ただし、返済用普通預金口座への入金は以下の提携ATMを利用することができます。

    • セブン銀行ATM
    • ローソン銀行ATM

    110円~220円の利用手数料(税込)が必要となります。

    まとめ

    ほうわSmartカードローンは、独自の特徴が魅力となっている商品です。ただし、他行の商品とは利用方法などが異なるポイントもありますので、注意点をしっかり把握しておきましょう。

    豊和銀行カードローンの電話確認実施内容

    3つのカードローンには、どのような違いがあるのでしょうか?
    大まかな違いでいえば、保証会社がそれぞれ異なります。
    また、各商品の特徴は以下の通りです。(詳細は、公式ホームページをご覧くださいませ)
    ・低金利かつ限度額の大きい商品が「ほうわHigh Classカードローン」
    ・女性専用の商品が「ほうわレディースカードローン」
    ・申込条件面で多くの方が利用しやすい商品が「ほうわSmartカードローン」
    ほうわSmartカードローンは、キャッシュカードとローンカードが別々に発行される商品ですか?
    いえ。豊和銀行のカードローンは、預金口座にローン機能が付加されるシステムです。
    したがいまして、専用のローンカードが発行されるわけではございませんので、あらかじめご注意ください。
    利用できる提携ATMを教えてください。
    豊和銀行のカードローンは、預金口座にローン機能が付加されるシステムになっております。
    そのため、カードローン機能のみを提携ATMでご利用いただくことができません。
    余裕ができた際の追加返済については、豊和銀行ATMでご利用いただけますので、カードローン通帳をお持ちの上ご利用くださいませ。普通預金口座への入金は、セブン銀行ATM、ローソン銀行ATMをご利用いただけます。
    ほうわSmartカードローンで融資を受けられるまでの時間はどのくらいでしょうか?
    窓口での本契約後、最短で翌営業日の利用開始となっております。
    ただし、2018年1月以降は審査の状況によって異なります。あらかじめご了承ください。
    また、利用開始時にご連絡をご希望される場合は、窓口にお申し付けください。

    地方銀行カードローンの関連記事

    人気カードローンランキング

    プロミス

    • 実質年利:年4.5%~17.8%
    • 利用限度額:最大500万円※
    • 審査時間:最短3分

    アコム

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短20分※

    アイフル

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短18分※
    • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
    • アコム※審査時間・融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
    • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

    ランキングの詳細はこちら

    • Facebook
    • x
    • LINE