Operated by Ateam Inc.

イーデス

薬剤師の転職が厳しい時代に突入?市場価値を高めるポイントを徹底解説

最終更新日:

薬剤師 おすすめ転職サイト
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

薬剤師は「資格を保有しているだけでは、将来的に内定をもらうのが難しくなる」と言われています。

資格の効力が大きい薬剤師は比較的容易に転職できるイメージがありますが、実際は「なかなか内定をもらえない…」など、厳しい転職状況に悩むケースも多いです。

転職の厳しい状況を打破するには、薬剤師としての市場価値を高めることが重要です。

そこで本記事では、転職が厳しい薬剤師の特徴をはじめ、薬剤師の市場価値を高める方法やおすすめの転職サイトなどをご紹介します。

薬剤師としての市場価値を高めて、転職成功を目指しましょう。

将来に備えた対策を!

薬剤師の競争率が高まる中で求められる人材」であり続けるためには、時代や企業のニーズに合わせた対策が必要です。

薬剤師としての市場価値を高めるためには、資格取得や在宅医療への貢献などの方法がありますが、「どのような方法が自分に合うか分からない…」という方も多いでしょう。

スキルアップや市場価値を高める方法に悩んでいる場合は、転職サイト「ファルマスタッフ」にキャリアの方向性を相談してみることをおすすめします。

キャリアアドバイザーが、現在出回っている求人や業界の動向を的確に把握したうえでアドバイスをくれるので、長期的なキャリアプランが立てやすくなるでしょう。

    気になる内容をタップ

    資格を持っているだけの薬剤師は転職が厳しくなる可能性大

    近年、薬剤師の数は増加傾向にあり「将来的に求人需要が減っていくのではないか」と言われています。

    厚生労働省が実施した調査においては、特に薬局に従事する薬剤師数が増加していることがうかがえます。

    また、2006年度より薬学部が6年制に移行し全国に薬学部が多数新設された結果、急激に薬剤師の供給が過剰になることも懸念されています。

    薬剤師の転職市場は長らく売り手市場であり、薬剤師は条件の良い転職先を選ぶ余裕がありました。

    しかし、近年では薬局薬剤師数の増加率が処方箋受付枚数の増加率を上回るなど、需給バランスに変化が生まれ、徐々に買い手市場となりつつあります。(参照:薬キャリ

    特に、「専門的なスキルや強みがない」「薬剤師数が多い都会で働きたい」という場合には、内定をもらうことが難しくなる可能性が高いです。

    そのため、今後転職を成功させるには、まずは薬剤師が置かれている現状を把握することが大切と言えるでしょう。

    記事中盤では、薬剤師の市場価値を高める方法について解説しています。

    【要注意】こんな薬剤師は転職が厳しい!

    転職が厳しくなる薬剤師の特徴4つを解説

    薬剤師の転職が厳しくなるといっても、現状「実感が湧かない」という方も多いでしょう。

    実際に「薬キャリ」の調査では、薬剤師の転職市場について「企業優位」と認識している転職エージェントが多いのにも関わらず、転職難易度が低いと考えている薬剤師はまだまだ多いということも分かっています。(参照:薬キャリ

    そこでここでは、今後より転職が難しくなると考えられる薬剤師の特徴をご紹介します。

    転職が厳しくなる薬剤師の特徴

    特徴1.転職回数が多い

    転職回数が多いと「採用してもすぐにやめてしまうのでは?」と思われる可能性が高く、転職が厳しくなります。

    採用側は人材を採用するにあたり、多大な時間やコストをかけています。

    入職してすぐに辞められるとダメージが大きいので、「すぐに辞めるのは避けて欲しい」と考えているのは当然と言えるでしょう。

    転職回数が多い場合は書類審査に通りにくく、転職が厳しくなることを把握しておきましょう。

    【年齢別】許容される転職回数の目安

    許容される転職回数は年齢によっても異なりますが、転職回数が同世代の薬剤師より多い場合は注意が必要です。

    薬剤師転職サイト「薬キャリ」が実施した調査の結果を見ると、30代以上の薬剤師の90%が1回以上の転職を経験していることが分かります。

    また、40代以降では3回以上の転職を経験している人も少なくありません。

    上記のデータを考慮すると、20代では1~2回・30代では2~3回・40代以降では3~5回程度までが許容回数と言えるでしょう。

    年齢が上がるにつれて、転職の許容回数は増えますので、ご自分の年齢に当てはめて考えてみてください。

    以下の記事では薬剤師の転職回数について詳しく解説しているので、ぜひあわせてご覧になってみてください。

    特徴2.アピールポイントを持っていない

    アピールポイントを持っていない薬剤師は、内定を掴みにくいので注意が必要です。

    競合者が多くなっていくと予測される将来において、必要最低限のスキルしか身についていない薬剤師が採用を勝ち取れる可能性は低いためです。

    薬剤師の過剰供給が問題視されているなか第一線で活躍し続けるためには、他の薬剤師と差別化をはかる必要があります。

    具体的には、「かかりつけ薬剤師として活躍している」「癌薬物療法認定薬剤師の資格を持っている」などのアピールポイントがあると、転職時に有利になります。

    ただし、自己PRを伝える際は、経験や実績を並べるだけではなく、経験に基づいたあなた自身の強みや長所を客観的に伝えることが大切です。

    特徴3.転職先への理想が高すぎる

    なかなか内定をもらえない人の特徴として、「転職先への条件が多すぎること」が挙げられます。

    薬剤師の求人需要が低い地域では、人材を確保するのが比較的容易であるため、好条件の案件が少ない傾向にあります。

    好条件の案件が少ない状況にもかかわらず理想が高すぎると、なかなか条件にマッチする求人を見つけられません

    「その地域や業種の平均を大幅に超える年収を希望している」「残業ゼロで週休3日」など、高望みしすぎている場合は注意が必要です。

    なかなか転職できずに困っている場合は「転職先への理想が高すぎないか」考えてみましょう。

    希望条件を整理してみよう!

    理想が高い場合は、希望条件に優先順位をつけて「譲れない条件」と「妥協できる条件」を切り分けてみることをおすすめします。

    優先順位をつける際は、以下の方法を参考にしてください。

    希望条件に優先順位をつける方法

    • 希望条件をできるだけ具体的に書き出す
      (仕事内容・収入・雇用形態・勤務する場所・休日・労働時間・福利厚生・評価制度・会社の経営方針・職場の雰囲気など)
    • 希望条件を「必ず実現したいこと」と「できれば実現したいこと」に分類する
    • 「必ず実現したいこと」「できれば実現したいこと」それぞれの中で優先順位をつける

    特徴4.協調性がない

    薬剤師は、限られた空間で密になって勤務することが多いです。

    そのため、協調性がないと、円滑に業務を進められません

    「転職後職場の薬剤師とうまくやっていけず、続けるのが難しい」と感じている薬剤師も少なくありません。

    なかなかうまくいかない場合は、職場で上司や同僚とコミュニケーションを積極的に取るよう心がけましょう。

    転職が厳しい薬剤師必見!市場価値を高める方法

    薬剤師の市場価値を高める4つの方法

    2015年に厚生労働省が策定した「患者のための薬局ビジョン」により、ここ数年で薬剤師の業務が大きく変化しています。

    かかりつけ薬剤師・薬局や在宅医療を含む地域包括ケアなどが重要視されるようになり、薬剤師の市場価値も変わってきています。

    ここでは昨今の転職市場を踏まえたうえで、薬剤師が市場価値を高める方法をご紹介します。

    薬剤師が市場価値を高める方法

    方法1.認定薬剤師の資格を取得する

    認定薬剤師の資格を取得するメリット

    • 最新の薬学や医療を学べる
    • 一定レベルの専門知識がある証明になる
    • 患者・医師・看護師などからの信頼を得られる
    • 年収アップの可能性がある
    • かかりつけ薬剤師の要件を満たせる

    研修認定薬剤師」の資格は、常に時代に即した薬学的ケアを行える薬剤師であることを示すため、選考の際に有利になりやすいです。

    資格を評価されることで資格手当や昇給手当に反映され、年収がアップする可能性もあります。

    また、認定薬剤師の資格は、かかりつけ薬剤師になるための要件のひとつでもあるので、取得することでさらなるキャリアアップも臨めます。

    認定薬剤師の資格を持たない一般薬剤師と比べると、収入の面でも有利に働くと言えるでしょう。

    働きながら「研修認定薬剤師」を目指すことも可能!

    薬剤師が働く企業には、研修認定薬剤師の資格を支援しているところもあります。

    たとえば、転職サイト「ファルマスタッフ」において「認定薬剤師取得支援あり」という条件に絞って求人を検索すると、約12,225件の公開求人がヒットします。

    研修費用の負担だけでなく、座学やeラーニングの受講など企業によって支援制度はさまざまです。

    研修認定薬剤師の取得を目指すならば、資格取得支援制度が充実した転職先を探すことも検討しましょう。

    方法2.かかりつけ薬剤師を目指す

    かかりつけ薬剤師になるメリット

    • 需要が高いため内定をもらいやすい
    • 収入アップが見込める
    • 患者や医療従事者から頼りにされるためやりがいを感じやすい

    近年の薬剤師には、かかりつけ薬剤師としての活躍も求められています。

    かかりつけ薬剤師とは、特定の患者に対し、薬管理などを継続的に行う薬剤師のことです。

    高齢化が進む日本では、かかりつけ薬剤師の需要もますます高まっていくことが予想されます

    実際に、前述の研修認定薬剤師の資格取得支援制度のように、かかりつけ薬剤師の育成に積極的な薬局も増えています。

    「かかりつけ薬剤師として活躍したいことをアピールしたら、スムーズに内定をもらえた」というケースも少なくありません。

    また、今後かかりつけ薬剤師がますます増えることを考えると、できるだけ早めにキャリアをスタートさせることで、さらなるキャリアアップにも繋がるでしょう。

    方法3.在宅医療に関与する

    薬剤師としての市場価値を高めたいのであれば、在宅医療へ積極的に関与することも一つの方法です。

    在宅医療を受ける患者は年々増えていることを受け、厚生労働省の「患者のための薬局ビジョン」においても薬剤師の在宅医療への関与が求められており、在宅薬剤師のニーズが高まっています

    それに伴い、「薬剤師の訪問サービス」を実施する薬局も増え、在宅専門薬局も存在します。

    在宅薬剤師は、多くの医療スタッフとの連携や患者との会話をするうえで、高いコミュニケーション能力が必要です。

    コミュニケーション能力に自信のある薬剤師の方には、在宅医療や介護に関わる仕事もおすすめです。

    方法4.管理薬剤師へのキャリアアップを目指す

    薬剤師としてのスキルはもちろん、マネジメント経験やリーダー能力を兼ね備えた管理薬剤師は、薬局などからのニーズが高です。

    管理薬剤師は調剤薬局を開設・運営するために不可欠な存在であるため、年収アップなど有利な条件で転職しやすいと言えます。

    管理薬剤師になるメリット

    • 役職手当が付くことが多く収入アップが見込める
    • マネジメント経験を積める
    • 実績を積めるためさらなるキャリアアップを目指せる
    • 責任ある立場がやりがいに繋がる

    現職場で内部昇進をして管理薬剤師になる方もいれば、転職によっていきなり管理薬剤師にステップアップする方もいます。

    「薬剤師としての実務経験が少なくとも5年以上」「認定薬剤師の資格保持者」という2つの要件を満たしている方は、管理薬剤師を目指すことをおすすめします。

    管理薬剤師の中途採用求人をチェックしてみよう

    管理薬剤師のポストを目指したいならば、転職を視野に入れることをおすすめします。

    特に、職場に年配の薬剤師が多いケースや家族経営の場合は、現職場で管理薬剤師になることは難しいと言えます。

    薬剤師関連の求人には、管理薬剤師の中途採用も少なくありません。

    たとえば、転職サイト「ファルマスタッフ」には、2,000件以上の管理薬剤師求人が掲載されています。

    条件の合う職場が見つかれば、思い切って管理薬剤師としてのスタートを切るのもよいでしょう。

    【薬剤師の転職】内定率を高めるためのポイント

    内定率を高めるポイント3つ

    薬剤師が転職の際の内定率を高めるためには、いくつかのポイントを押さえておくことが大切です。

    ここでは、薬剤師が内定率を高めるためのポイントを3つご紹介します。

    薬剤師が内定率を高めるためのポイント

    ポイント1.志望動機を明確にする

    志望動機が明確になっていれば、採用担当者にあなたの熱意が伝わりやすくなります。

    選考の際に採用担当者が着目する点は、主に以下の4つです。

    選考の際に採用担当者が着目するポイント

    • 職場について正しく理解しているか
    • 職場の方針と求職者の方向性がマッチしているか
    • 入職後に活躍してくれそうか
    • 転職理由

    志望動機を作成する際は、応募する企業の採用担当の立場に立って考えることが大切です。

    企業側が「どのような人材を求めているのか」にフォーカスし、志望動機に盛り込むべき内容を明確にしましょう。

    志望動機の書き方

    志望動機を考える際は、まずは企業情報を集めることから始めましょう。

    応募する企業や医療機関についてきちんと把握していないと、どの会社にも当てはまる志望動機になってしまいます。

    情報を集める際は、企業のホームページだけでなく、新聞や雑誌のインタビュー記事や決算説明資料にも目を通しておくとよいでしょう。

    企業の強みや課題が見えてきたら、自身の強みと紐づけて志望動機を考えていきます。

    志望動機を考える際に意識するべきポイント

    • 競合他社ではなく、その会社だから選んだことを伝える
    • 自分の経験や能力が活かせることを伝える
    • その会社で今後取り組みたいことを伝える
    • 前職ではできなかったことが叶えられることを伝える

    志望理由は面接でも必ず聞かれるので、自分の言葉で伝えられるように準備しておきましょう

    ポイント2.面接対策を十分に行う

    薬剤師が内定率を高めるためには、面接対策を十分に行いましょう。

    たとえば、面接の際に「転職理由」を聞かれた場合には、ネガティブな理由をそのまま伝えるのは避け、ポジティブな理由に変換して答えることが大切です。

    下記の表では変換例をまとめているので、ぜひ参考にしてください。

    【ネガティブな転職理由の変換例】

    ネガティブな転職理由ポジティブな理由への変換例
    給与が低い正当な評価を受け、自分の能力を高めていきたい
    ノルマがつらい数字ばかりに捉われず、顧客の満足度も重視したい
    人間関係が悪い周囲と連携し、チームワークを大切にして働きたい

    面接に不安があるなら転職サイトを活用するのもおすすめ!

    「面接でどのようにアピールしたらよいか分からない…」「質問にきちんと答えられるか心配…」という方には、薬剤師の転職支援に特化した転職サイトを活用しましょう。

    薬剤師の転職事情に精通したコンサルタントが、応募書類の作成や面接対策を手厚くサポートしてくれます。

    ポイント3.薬剤師転職サイトを利用する

    薬剤師転職サイトのサポートを上手く活用することで、内定率を高められます。

    薬剤師転職サイトは、キャリア相談をはじめ、求人紹介や選考対策などのサポートを行うサービスです。

    薬剤師転職サイトの仕組み

    転職サイトのキャリアアドバイザーは、調剤薬局・病院・ドラッグストア・企業などの業界内の事情も熟知しているため、転職活動を戦略的に進めたい方にもおすすめです。

    特に、初めての転職に臨む方や転職活動に不安のある方には、ぜひ活用してほしいサービスと言えるでしょう。

    内定率を高めたい薬剤師におすすめの転職サイト

    薬剤師におすすめの転職サイト3社

    ここでは、内定率を高めたい薬剤師におすすめの転職サイトを3社ご紹介します。

    いずれのサイトも手厚いサポートに定評があるため、ぜひ活用してみてください。

    サイト名おすすめの人
    ファルマスタッフ
    • 1人で転職活動を進めるのが不安な人
    • 初めて転職する人
    マイナビ薬剤師
    • 幅広い業種の求人をチェックしたい人
    • 地方での転職を考えている人
    ファーマキャリア
    • 細かい希望条件のある人
    • 丁寧なサポートを受けたい人

    本記事で紹介する3社は、「薬剤師転職サイトおすすめ10選!職場・雇用形態別【2022年最新】」から、さらに厳選した転職サイトです。

    そのほかの転職サイトもチェックしたい方は、ぜひ上記の記事もあわせてご覧ください。

    個別面談でじっくり相談に乗ってもらいたいなら「ファルマスタッフ」

    • 丁寧に向き合う個別面談が魅力
    • 電話・メール・Webツールでのサポートにも対応
    • 正社員・パート・派遣の案件を保有

    ファルマスタッフ」は、日本調剤のグループ企業が運営している転職サイトです。

    対面でのサポートに注力しており、求職者一人ひとりとじっくり向き合う姿勢を大切にしている点が魅力です。

    また、ファルマスタッフは全国に12拠点を構えており、エリア担当のコンサルタントが転職希望地域の転職市場や求人情報を共有してくれます。

    ファルマスタッフの拠点(2022年11月時点)

    札幌・東北(仙台)・大宮・船橋・東京・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・広島・九州

    コンサルタントは、必要書類の作成や企業との条件交渉なども手厚くサポートしてくれるため、転職活動に不安のある方でも安心です。

    転職を迷っている場合や転職の方向性が明確に定まっていない場合でも相談できるので、気軽に利用してみるとよいでしょう。

    ファルマスタッフ|基本情報

    運営会社株式会社メディカルリソース
    公開求人数約51,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    地方で転職するなら「マイナビ薬剤師」

    • 幅広い業種の求人を保有
    • 面談は来社・電話・メール・Webツールにて実施
    • 正社員・パート・契約社員の求人を取り扱う

    マイナビ薬剤師」は、株式会社マイナビが運営している転職サイトです。

    一般企業をはじめ調剤薬局やドラッグストアなど幅広い業種の求人を保有しているため、転職の可能性が広がります。

    専任のキャリアアドバイザーが、あなたの希望やキャリアプランを踏まえたうえで最適の求人を紹介してくれるので、効率的に求人を探せるでしょう。

    特に「希望通りの求人が見つからない…」「応募するべきかどうか自分で判断できない…」という方は、薬剤師業界に精通したアドバイザーからの意見を参考にすることをおすすめします。

    また、マイナビ薬剤師の拠点は全国14カ所にあるので、地方在住の方にも使いやすいでしょう。

    マイナビ薬剤師の拠点(2022年11月時点)

    札幌・仙台・銀座・新宿・さいたま・横浜・名古屋・大阪・京都・神戸・岡山・広島・福岡・鹿児島

    マイナビ薬剤師|基本情報

    運営会社株式会社マイナビ
    公開求人数非公開
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    細かい希望条件に対応してほしいなら「ファーマキャリア」

    • 希望に合わせてオーダーメイド求人を提案
    • コンサルタントの教育に注力している
    • 正社員・パート・契約社員の案件を保有

    ファーマキャリア」は、オーダーメイド求人にこだわりのある転職サイトです

    すでにある求人を紹介するのではなく、企業と条件交渉をして求職者の希望にベストマッチする求人を提案してくれます。

    シフトや出勤日など、細かな希望にも寄り添ってくれるので「他では希望に合う求人が見つからなかった」という方にもおすすめです。

    また、ファーマキャリアでは、コンサルタントが担当する求職者の人数をあえて限定し、一人ひとりへの対応に時間をかけています。

    選考対策も入念に行ってくれるので、応募書類の作成や面接に不安を感じている方にはぜひ活用してほしいサービスです。

    ファーマキャリア|基本情報

    運営会社エニーキャリア株式会社
    公開求人数約36,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    まとめ

    「薬剤師の転職が厳しくなる」と言われるなかで転職を成功させるためには、自身の市場価値を高めることが大切です。

    「求められる人材」であり続けるには、時代や企業のニーズに合わせた対策を取りましょう。

    薬剤師が市場価値を高める方法

    • 認定薬剤師の資格を取得する
    • かかりつけ薬剤師を目指す
    • 在宅医療に関与する
    • 管理薬剤師へのキャリアアップを目指す

    また、内定率を高めるためには、薬剤師の転職支援を行う転職サイトに面接対策をサポートしてもらうことが有効です。

    本記事でご紹介したサービスを活用し、万全の体制で転職に臨みましょう。

    本記事で紹介した薬剤師転職サイト

    ファルマスタッフ
    • 丁寧に向き合う個別面談が魅力
    • 正社員・パート・派遣の案件を保有
    マイナビ薬剤師
    • 幅広い業種の求人を保有
    • 全国14か所に拠点あり
    ファーマキャリア
    • 希望に合わせてオーダーメイド求人を提案
    • コンサルタントの質が高い

    薬剤師 おすすめ転職サイトの関連記事

    MRにおすすめの転職サイト・転職エージェントを比較!選び方・注意点も解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    MRにおすすめの転職サイト・転職エージェントを比較!選び方・注意点も解説

    2024年5月16日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    定年後の60代薬剤師におすすめの再就職先!求人の見つけ方も解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    定年後の60代薬剤師におすすめの再就職先!求人の見つけ方も解説

    2024年5月10日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    薬剤師が職場をすぐ辞めるのは正しい選択?後悔しないための判断基準
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    薬剤師が職場をすぐ辞めるのは正しい選択?後悔しないための判断基準

    2024年5月8日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    薬剤師のアルバイト先まとめ!メリット・デメリットを徹底解説!
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    薬剤師のアルバイト先まとめ!メリット・デメリットを徹底解説!

    2024年5月8日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    ブランクのある薬剤師が再就職するコツ!おすすめの職場や勉強法を解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    ブランクのある薬剤師が再就職するコツ!おすすめの職場や勉強法を解説

    2024年5月8日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    大阪で転職したい薬剤師必見!年収事情・求人の特徴などを解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    大阪で転職したい薬剤師必見!年収事情・求人の特徴などを解説

    2024年5月8日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    • Facebook
    • x
    • LINE

    © 2022 Ateam LifeDesign Inc.