転職するのはアリ?薬剤師が抱えやすい人間関係の悩みを解決する方法

ナビナビ
転職

2022-06-21

薬剤師の転職理由として、多く挙がるのが人間関係の問題です。

閉鎖的な空間で仕事をすることが多い薬剤師は、人間関係の悩みを抱えやすいと言われています。

記事をご覧の方のなかには「人間関係の悩みがあって転職を考えている」という方もいらっしゃるでしょう。

どんな職場であっても人間関係に悩む可能性はあるため、安易に転職をすると悩みを解消できなかったり転職を繰り返してしまう可能性があります。

そこで、本記事では「現職でできる対処法」や「転職時の注意点」について詳しく解説します。

この記事を読めば、人間関係の悩みを解消する糸口が見つかるはずです。

人間関係の悩みで転職するなら「ファルマスタッフ」に相談しよう

人間関係の悩みで転職するなら、転職サイトに相談するのがおすすめです。

特におすすめなのは大手薬局「日本調剤」のグループ企業が運営している「ファルマスタッフ」。

個別面談でじっくり相談に乗ってもらえるので、「今の職場のこんなところが嫌…」という切実な悩みも相談できます。

また、ファルマスタッフのコンサルタントは積極的に紹介先を訪問しており、職場の雰囲気など求人情報だけでは分からない情報を丁寧に教えてくれます。

完全無料で利用できますし、合わなければすぐに退会できるので気軽に相談してみてください。

ファルマスタッフ|基本情報

運営会社株式会社メディカルリソース
公開求人数約60,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

目次

薬剤師は人間関係の悩みを抱えやすい

薬剤師が働く職場はさまざまですが、総じて「人間関係の悩みを抱えやすい」と言われています。

人間関係の悩みが生じやすい1つの原因として、「ミスが許されない緊張感」が挙げられます。

命に関わる仕事を担っている薬剤師の職場は緊張感に包まれており、雰囲気がピリピリしたり、職場内で対人トラブルが発生してしまうことが少なくありません。

実際に、当サイトが実施したアンケートでは、「人間関係に悩んだことがありますか?」という質問に対して、約9割の方が「はい」と回答しています。

「人間関係に悩んだことがありますか?」 アンケート結果

※アンケートの調査概要は記事末に記載

なかには「質問をしても冷たくあしらわれた」「威圧的な話し方をされた」など、つらい経験をした方もいらっしゃるようです。

もちろん、職場によって雰囲気は異なるので、すべての職場において人間関係に問題があるとは限りません。

ただ薬剤師の業務の性質上、「緊張感から余裕がなくなり、人間関係が悪化しやすい」ということは把握しておいたほうが良いでしょう。

【職場別】薬剤師の人間関係が悪くなる原因

【職場別】薬剤師の人間関係が悪くなる原因

冒頭でお伝えしたように、薬剤師は人間関係の悩みを抱えやすい職業ですが、トラブルが生じる原因は職場によって傾向があります。

そこで、ここでは人間関係が悪くなる原因を職場別に解説します。

ご自分の職場に当てはまる点はないか、確認してみてください。

職場別|人間関係が悪くなる原因

【調剤薬局】閉鎖的な空間で少人数の勤務となるため

調剤薬局では、閉鎖的な空間で少人数の勤務となることから、人間関係が悪化してしまうケースが多いです。

閉鎖的な空間で関係が密になると、どうしても相手の嫌なところが目につきやすくなります

また、比較的狭い空間のなかで長時間仕事を行う職場が多いため、意図的に距離を置くことが困難です。

業務でも密に関わる機会が多く、関係が悪化しやすい環境とも言えます。

以下のように、狭い空間での対人関係にストレスを感じている人も少なくありません。

人間関係の悩み

40代 女性 調剤薬局

調剤薬局は狭い空間で、毎日ほぼ同じスタッフと一緒に働かねばなりません。

時には気の合わない方と一緒に働かないといけないこともありますが、距離を取ることができずしんどいこともあります。

特に、昼休みを調剤薬局内の休憩室で取らねばならない職場の場合は、せっかくの昼休みなのに大して気分転換もできないので最悪です。

(ナビナビ調査)

毎日決まった少人数のメンバーと密接に関わる調剤薬局では、距離が近すぎることにより関係が悪化してしまうことが多いようです。

【ドラッグストア】勤務人数が多く幅広い人と関わる必要があるため

人間関係が密になりにくいドラッグストアは、他の業種と比べてトラブルが少ないと言われていますが、問題を抱えている職場も存在します。

ドラッグストアは店舗の規模によっては、数十人単位の人が働いていることもあり、集団だからこその人間関係トラブルが生じてしまうケースも多いです。

たとえば、以下のように派閥やグループができ、関係が悪化してしまうことも少なくありません。

人間関係の悩み

20代 女性 ドラッグストア

女性が多いので、お局みたいな人がどこにでも必ずいる。

質問をしても無視をしたり、その日の機嫌によって八つ当たりされたり。

人数が多いところだとだいたい派閥があって、グループ内でも浮いてる人や嫌われてる人などがいて、まるで学校のよう。

薬とかの場所を聞いても教えてくれない時は本当に困ったし、教えてくれてもイライラしながらだったりしてストレスだった。

(ナビナビ調査)

また、ドラッグストアには薬剤師以外の職種の人も多く働いており、雇用形態も正社員・パートなど様々なため、立場による違いにより「差別」や「妬み」が生じてしまうこともあります。

自由に休みを取れるパート・アルバイトを羨ましく感じたり、給与の高い薬剤師を妬むなどして、人間関係が悪化することも少なくありません。

ドラッグストアへ転職する場合は、さまざまな立場の人と関わることで人間関係に悩む可能性があると把握しておきましょう。

【病院】人間関係が複雑になりやすいため

病院では、他職種と関わる機会が多く、人間関係が複雑になることから悩みを抱えてしまうケースが多いようです。

チーム医療の中では、医師・看護師・栄養士など、幅広く人と意見を交わしながら仕事を行う必要があるため、時に対立してしまったりトラブルに発展してしまうこともあります。

業務内でのトラブルや考え方が原因ですれ違ってしまい、人間関係がこじれる場合も少なくありません。

人間関係の悩み

20代 男性 病院

病院で勤務しているので、薬剤師以外にも同期がいて、仲の良い他部署の女の子がいた。

最初の1年ぐらいは顔合わせると挨拶を交わし、休みの日には遊んだりしていたが、2年目になったころに急に挨拶しても返事をしてくれなくなり、他の同期と話していても自分とは話してくれないことが続いた。

思い当たることはあったが、無視されるようになり辛かった。

(ナビナビ調査)

また、病院では、転勤や異動があることは少ないので、人間関係が悪化した場合に環境を変えにくいという難点もあります。

病院薬剤師として勤務する場合、複雑な人間関係に悩む可能性があることを知っておきましょう。

薬剤師の人間関係の悩みを「現職で」解決する方法

薬剤師の人間関係の悩みを「現職で」解決する方法

人間関係に悩み転職を考える方もいるかもしれませんが、衝動的に転職するのはおすすめできません。

人間関係の悩みはどこの職場でも生じる可能性があるので、まずは現職で解決できないか考えてみてください。

周囲に頼ったり、接し方を変えることで現状を改善できる場合もあるので、転職を検討する前に「今できることがないか」検討しましょう。

ここでは「薬剤師の人間関係の悩みを現職で解決する方法」について解説するので、できることを試してみてください。

現職で人間関係の悩みを解決する方法

方法1.信頼できる人に相談する

まだ誰にも悩みを打ち明けていない場合は、信頼できる人に相談してみてください。

信頼できる人に相談することで、気持ちが楽になったり、思わぬ解決策が見つかる可能性があります。

「信頼できる先輩からアドバイスを受けたことで、同僚との関係を改善できた」「雇用形態による差別が改善した」というケースも多いです。

また、「職場に相談できる人がいない」という場合は、家族や友人など職場以外の人に相談するのも手段です。

とくに同じ境遇にある同職種の友人は、悩みを深くまで共感してくれることも多いため、相談相手に最適と言えます。

薬剤師仲間に相談することで「悩んでいるのは自分だけではない」と分かり、気持ちが楽になる場合も多いようです。

1人で問題を抱え込んでいるのであれば、まずは「信頼して相談できる人」を探してみましょう。

信頼できる人を見極めるポイント

  • 約束を守ってくれる
  • 言動が一貫している
  • 話をしっかり聞いてくれる
  • 責任感がある

方法2.コミュニケーションの改善を図る

人間関係の悩みは、コミュニケーションの取り方を変えることで解消できる可能性もあります。

というのも、無意識のうちに嫌な人を避けてしまっていたり、コミュニケーションがおろそかになってしまっていることも多いからです。

現状のコミュニケーションの取り方に問題がある場合は、意識的に気をつけることも大切です。

コミュニケーションを取る際のポイント

  • 挨拶をしっかりする
  • 人の批判をしない
  • コミュニケーションの機会を増やす
  • 相手の良いところに着目する
  • 近すぎず遠すぎず、適度な距離感を大切にする

合わない人とコミュニケーションを取るのは難しいと感じるかもしれませんが、最低限拶をすること」と「感謝の言葉を伝えること」は意識してみてください。

「おはようございます。」「お疲れさまでした。」「ありがとうございます。」などは、基本的な言葉ではありますが、おろそかにせず伝えることで相手からの印象が良くなり、関係が改善することもあります。

また、安易に人の批判をすると思わぬトラブルを招いたり、職場の雰囲気がギスギスしてしまうことが多いため、注意が必要です。

相手の嫌な部分ではなく良いところに目を向けると、相手に対する印象も変わり、一緒に働きやすくなるでしょう。

職場の人間関係が上手くいっていない場合は、今一度コミュニケーションの取り方を見直してみてください。

適度な距離感を意識しよう

距離が縮まりすぎると、相手との関係性が近くなり、個人的なトラブルに発展する恐れがあります。

挨拶や雑談はするけれど、踏み込みすぎないこと」を意識すると、職場の人間関係を良好に保ちやすくなるでしょう。

方法3.「合わない人もいる」と割り切る

場合によっては、「合わない人もいる」と割り切ることも大切です。

残念ながら、どんなに人間関係を改善しようと努力をしても、うまくやっていけないケースもあります

以下のように人間関係を改善できる見込みがないのであれば、関係性を深めるのは難しいです。

人間関係を改善できる見込みがない場合

  • 挨拶を返してくれない
  • 気分によって態度が変わる
  • 極端に嫌な態度を取られる
  • 根本的に相性が合わない

どうしても「自分に合わない人」はいるので、時には「仕事の関係」と割り切ることも必要でしょう。

方法4.異動を申し出る

今勤めている職場に複数の店舗がある場合は、異動を申し出るのもひとつの方法です。

異動の希望が通れば、今の環境を離れられるので「特定の同僚との関係性が悪い」「上司とどうしても合わない」といった問題を解決できます。

また、異動は転職よりもハードルが低く、以下のようなメリットがあります。

異動のメリット

  • 業務内容をほとんど変えずに勤務できる
  • 転職活動の手間がかからない

転職すると環境がガラっと変わりますが、異動の場合は「業務内容」や「企業の理念」は変わらないので環境の変化による負担を軽減できます。

今の職場でどうしても人間関係の問題を解決できない場合は、異動を検討してみましょう。

人間関係が理由でも「ポジティブな理由」に置き換えた方が良い

人間関係が理由の異動希望は、場合によっては拒否される可能性があります。

そのため、もし他にも異動したい理由があるのなら「漢方薬をメインで扱っている店舗で学びたい」「総合病院の門前薬局で幅広い知識をつけたい」など、ポジティブな理由を伝えるのがおすすめです。

もし、人間関係以外に理由がない場合は、嘘はつかず「人間関係に悩んでいる」と伝えても問題ありませんが、会社側が納得できるように、しっかり説明する必要があります。

【補足】定期的なストレス解消も大切

限界まで頑張ろうとしてしまう人は多いですが、人間関係のストレスが蓄積すると、心身に悪影響を及ぼしてしまう恐れがあります。

心や身体の負担を軽減するためには、日々の生活のなかで上手にストレスを解消することも大切です。

以下に、ストレスを解消するポイントをまとめたので、意識して生活してみてください。

ストレスを解消するポイント

  • 趣味やプライベートの時間をしっかり確保する
  • 規則正しい生活を心がける
  • 睡眠時間をしっかり確保する
  • 仕事以外の仲間と過ごす

プライベートや休息の時間をしっかり確保できれていれば、気分転換でき、職場での嫌な気持ちを軽減できます。

また、幅広い人からの刺激を受け、人間関係のストレスを軽減するためには、休日は仕事以外の仲間と関わるのがおすすめです。

日常的に上手にストレスを発散できれば、きっと心が軽くなるはずです。

どうしても人間関係が上手くいかないなら「転職」を検討

人間関係が上手くいかない場合の解決策をお伝えしましたが、「どうしても解決できない」という場合もあるでしょう。

解決策を試しても改善できない場合は、「転職」を検討することも一つの手段です。

「人間関係の悩みで転職するなんて…」と思ってしまうかもしれませんが、人間関係が理由で転職をしている薬剤師は多くいます。

実際に当サイトが行った「薬剤師の転職理由」に関するアンケートでは、「人間関係のトラブル」が4位にランクインしていました。

【アンケ―ト】薬剤師の転職理由

1位引っ越しや家庭の事情(21.1%)
2位待遇や給与への不満(19.3%)
3位職場環境への不満(15.8%)
4位人間関係のトラブル(14.0%)
4位スキルアップやキャリアアップ(14.0%)
6位業務に対するやりがいの喪失(8.8%)
7位業務内容のミスマッチ(3.5%)
その他(1.8%)

※アンケートの結果は記事末に記載

上記を見て分かるとおり、人間関係の問題で転職をするのは珍しいことではありません。

とくに、以下のような場合は現職での解決が難しいので、転職を視野に入れた方が良いでしょう。

転職を視野に入れた方が良い場合

  • パワハラを受けている
  • 過度のストレスがあり、心身への影響を感じている
  • 関係の修復を試みても一向に改善しない
  • 人間関係の問題以外にも転職したい理由がある

ここからは、薬剤師が転職する際のポイントや、薬剤師におすすめの転職サイトをご紹介しますので、参考にしてください。

人間関係の悩みを繰り返さないために!転職時のポイント

人間関係の悩みを繰り返さないために!転職時のポイント

人間関係の悩みを繰り返さないためには、転職前のリサーチ・準備が重要です。

ここでは、「人間関係の悩みを繰り返さないためのポイント」をご紹介します。

人間関係の悩みを繰り返さないためのポイント

ポイント1.職場見学をする

ミスマッチのない転職を実現するためには、できるだけ職場見学に出向きましょう。

職場見学を行うことで、求人情報のみでは把握できない、リアルな雰囲気を感じられます。

とくに、以下のような職場は雰囲気が良くなかったり、人間関係が悪化しやすい傾向にあるため、注意して確認しましょう。

人間関係が悪化しやすい職場

  • 忙しすぎる職場
  • 人数が明らかに少なすぎる職場
  • 調剤室が汚い職場

そのほか、働いている人に挨拶したときの反応もあわせて確認することをおすすめします。

職場見学では、「職場の雰囲気が自分に合うか」といった視点で見ることが大切です。

​職場見学で全てを把握するのは難しいですが、「職場の雰囲気が合わない」といった事態は避けられるでしょう。

「話しやすいスタッフが多かった」「不安を伝えたら、励ましてもらえた」など、職場見学をすることで転職に前向きになれるケースも多くあります。

転職後に後悔しないためにも、事前に職場見学を行い、職場の雰囲気を確認しておきましょう。

口コミサイトでリアルな情報をチェックしよう

転職先の雰囲気や評判を知るには、口コミサイトをチェックすることをおすすめします。

口コミサイトでは、人間関係に関するリアルな情報が投稿されているケースも多いです。

以下のサイトは、薬局やドラッグストアをはじめとした転職先の情報収集に便利なので、ぜひ利用してみてください。

サイト名特徴
転職会議320万件以上の口コミを掲載
キャリコネ雰囲気のほか、給与明細などリアルなデータをチェックできる

ポイント2.紹介予定派遣を利用する

「紹介予定派遣」というのは、一定期間派遣として働き、契約終了後に直接雇用に切り替える制度のことです。

予定紹介派遣

数か月働くと、職場の雰囲気や職場の人間関係を把握できるため、転職後の人間関係の問題に悩むリスクを減らせます。

「事前に働いて、リアルな職場の雰囲気が分かった」「この職場であれば、長期間働けそう」など、不安を解消できるケースも多いです。

人間関係に悩む可能性をできる限り回避したい場合は、「紹介予定派遣」の利用を検討してみましょう。

紹介予定派遣の求人を保有するサイト

以下のサイトは、「紹介予定派遣」の条件で求人を検索できるので、ぜひチェックしてみてください。

サイト名特徴
ファルマスタッフ
  • 派遣の求人数が充実
  • 多くの求人を比較できる
お仕事ラボ
  • 派遣のサポートが充実
  • スキルアップのための学習ができる「MPラーニング」を導入している

ポイント3.人間関係以外の転職理由も考える

「転職理由=人間関係の問題」は、採用担当者にマイナスの印象を与えやすいため注意が必要です。

「協調性がないのではないか」「人間性に問題があって職場になじめないのではないか」と思われてしまうと、選考で不利になる可能性が高くなります。

人間関係の悪化が原因で転職する場合には、「チームワークを大切にして働きたい」などと、ポジティブな理由に言い換えることが大切です。

以下の記事では、転職理由や志望動機の考え方を解説しているので、ぜひ参考にしてください。

ポイント4.長期間掲載されている好条件の求人に注意する

転職先を選ぶ際、半年以上掲載されている好条件の求人や、何度も頻繁に求人を出している企業に注意する必要があります。

好条件にも関わらず長期間求人が掲載されている職場は、従業員の入れ替わりが激しく、人間関係があまり良くない可能性があるからです。

「特定の人の陰口を言うなどのいじめがある」「お互い助け合う雰囲気ではなくギスギスしている」など、職場の雰囲気が悪い可能性もあります。

長期間掲載されている求人に応募する場合は、職場の雰囲気・離職率などをしっかりと確認しましょう。

職場の雰囲気・離職率を確認する方法

可能であれば、職場見学をして職場の雰囲気を確認することをおすすめします。

また、離職率など直接企業に聞きにくい内容については、「転職サイト」に情報を教えてもらうと良いでしょう。

ポイント5.焦って転職活動を進めない

人間関係に悩んでいる場合、「今すぐにでも転職したい」と気が急いでしまいがちですが、焦って転職活動を進めると失敗につながりやすいため注意が必要です。

転職活動を焦ることで起きやすくなる失敗

  • 情報収集不足による失敗
  • 転職先選びの失敗
  • 条件等の確認不足による失敗
  • 面接対策など準備不足による失敗…など

事前の情報不足が原因で再び人間関係が悪い職場に転職してしまったり、急ぎすぎて条件が良くない職場に転職してしまったという失敗も少なくありません。

転職後の後悔を防ぐためにも、十分な転職活動期間を確保するようにしましょう。

ポイント6.転職サイトに相談する

薬剤師が人間関係の悩みを繰り返さないためには、「転職サイト」を利用することをおすすめします。

転職サイトとは、求職者(薬剤師)に対して求人情報を紹介し、薬局・病院などへの転職を無料でサポートしてくれるサービスのことです。

薬剤師転職サイトの仕組み

薬剤師専門の転職サイトを利用すると、求人探しのみならず、求人票では分からない内部情報を教えてもらえます。

例えば、「職場の雰囲気はどう?」「人間関係でやめる人は多い?」といった、本来であれば入職しなければ分からない情報を得ることも可能です。

「職場の内部事情をしっかり把握した上で転職したい」という方は、ぜひ転職サイトを利用してみてください。

薬剤師におすすめの転職サイト3社

薬剤師におすすめの転職サイト3社

薬剤師が転職失敗を防ぐためには、転職サイトに求人探しや選考対策をサポートしてもらうことをおすすめします。

サポートの手厚い転職サイトを利用すれば、職場の情報を細かく教えてくれるので、転職のミスマッチを防げます

ここでは、おすすめの転職サイトを3社ご紹介しますので、ぜひ活用してみてください。

サイト名おすすめの人
ファルマスタッフ
  • 1人で転職活動を進めるのが不安な人
  • 初めて転職する人
マイナビ薬剤師
  • 地方で転職を考えている人
  • 幅広い業種の求人をチェックしたい人
薬キャリ
  • スピーディーに転職したい人
  • 電話のみで素早く求人を紹介してもらいたい人

転職サイトは複数利用がおすすめ!

転職サイトは求人数、得意分野、サービス内容が異なるので、2〜3社登録しておくのがおすすめです。

多くの求人を見た方が希望に合った転職先が見つかりやすいですし、相性の良いアドバイザーに出会える確率も高くなります。

ここで紹介する3社は全て無料で利用可能なので、気になるエージェントは全て登録しておきましょう。

じっくり相談に乗ってもらいたいなら「ファルマスタッフ」

ファルマスタッフ」は、大手薬局「日本調剤」のグループ企業が運営している転職サイトです。

個別面談を大切にしており、対面でじっくり転職相談に乗ってもらえます。

転職に関する悩みも親身に聞いてくれるので、「人間関係に悩んでいる」「自分に合う職場選びをサポートしてほしい」という方におすすめです。

また、ファルマスタッフのコンサルタントは積極的に紹介先を訪問しており、職場の雰囲気など求人情報だけでは分からない情報を丁寧に教えてくれます。

転職の不安を解消したい方や、職場の細かな情報を入手したい方は、ぜひファルマスタッフを利用してみてください。

ファルマスタッフ|基本情報

運営会社株式会社メディカルリソース
公開求人数約60,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

地方で転職を考えているなら「マイナビ薬剤師」

マイナビ薬剤師
(引用元
マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師」は、人材大手である株式会社マイナビが運営している転職サイトです。

全国15カ所に拠点があるので、地方在住の方でも使いやすいという特徴があります。

また、ドラッグストアや企業の求人も豊富なので、「調剤薬局以外の職場に転職したい」と考えている方にもおすすめです。

地方で転職を考えている方や、幅広い業種の求人をチェックしたい方は、ぜひマイナビ薬剤師を利用してみてください。

マイナビ薬剤師|基本情報

運営会社株式会社マイナビ
公開求人数約60,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

できるだけ早く転職したいなら「薬キャリ」

薬キャリ
(引用元
薬キャリ

薬キャリ」は、医療従事者を対象としたサービスを提供する「エムスリー」のグループ企業が運営している転職サイトです。

「転職のスピード感」を強みとしており、登録後は電話のやりとりだけで最短即日最大10件の求人を紹介してくれます。

また、医療業界に広くコネクションがあり、他にはない独占求人も多く保有しています。

他にはない独占求人をチェックしたい方や、スピード感のある転職を実現したい方は、ぜひ薬キャリに登録してみてください。

薬キャリ|基本情報

運営会社エムスリーキャリア株式会社
公開求人数約40,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

まとめ

薬剤師が人間関係に悩んだ場合の対処法や、人間関係を理由に転職する際のポイントをご紹介しました。

人間関係の悩みを抱えている場合は、まず今回ご紹介した4つの方法を試してみてください。

人間関係の悩みを解決する方法

  • 信頼できる人に相談する
  • コミュニケーションの改善を図る
  • 「合わない人もいる」と割り切る
  • 異動を申し出る

そのうえで、改善が難しい場合は「転職」を検討することも手段です。

人間関係の悩みを繰り返さないためには、以下のポイントを意識して転職活動を進めましょう。

人間関係の悩みを繰り返さないためのポイント

  • 職場見学を行う
  • 紹介予定派遣を利用する
  • 人間関係以外の転職理由も考える
  • 長期間掲載されている好条件の求人に注意する
  • 焦って転職活動を進めない

また、自分に合う職場を見つけるためには、求人紹介等のサポートを受けられる「薬剤師専門の転職サイト」の利用がおすすめです。

以下の3社は転職サポートの手厚さにも定評があるので、ぜひ利用してみてください。

本記事で紹介した薬剤師転職サイト

ファルマスタッフ
  • 初めての転職におすすめ
  • 対面でじっくり相談に乗ってくれる
マイナビ薬剤師
  • 地方の求人が豊富
  • 幅広い業種の求人をチェックできる
薬キャリ
  • スピーディーに転職したい人におすすめ
  • 電話のみで気軽に相談可能

本記事に掲載している薬剤師に関するアンケートの概要は、以下の通りです。

・調査方法:インターネット調査
・調査対象:薬剤師経験がある男女
・調査地域:全国
・調査機関:クラウドワークス、ランサーズ

また、人間関係の悩み・体験談は、おもにインターネットでアンケートを実施して収集しています。

関連記事