Operated by Ateam Inc.

イーデス

楽天モバイルで2回線目を契約するメリットとお得なキャンペーン!

最終更新日:

引越し
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

楽天モバイルの「Rakuten最強プラン」はワンプランであるものの、1,078〜3,278円とそもそもの月額料金が安いプランです。

月額料金が安いことから、以下のように使い分けているユーザーも多いです。

楽天モバイルの2回線目の使い分け

  • 仕事用とプライベート用で別々のスマホと電話番号が欲しい
  • 子供や親のスマホを契約したい
  • 日常使いとは別にゲーム用や動画視聴用、ポケットWi-Fiの代わりとしてサブ回線を持ちたい

手頃な価格でありながら、最大10回線も契約できるので、使い方は無限大です。

そこで本記事では、楽天モバイルで2回線目を契約するメリットやデメリット、注意点やキャンペーン内容などをくわしく解説します。

楽天モバイルで2回線目の契約を悩まれている方はぜひ参考にしてください。

気になる内容をタップ

楽天モバイルで2回線目を契約するメリット

楽天モバイルで2回線目を契約するメリットは以下の6つの通りです。

楽天モバイルで2回線目を契約するメリット

それではくわしく解説します。

楽天モバイルの2回線目は月額料金1,078円で利用できる

楽天モバイルは2回線目を月額最安1,078円で利用することができます。

まずは、大手キャリアとのスマホプランを比較してみましょう。

キャリアプラン月額料金(税込)
楽天モバイルRakuten最強プラン1,078円〜
ドコモirumo2,167円〜
auスマホスタートプラン 5G/4G2,728円〜
ソフトバンクミニフィットプラン2,178円〜

楽天モバイルの最強楽天プランは、月の使用データ量が3GB未満であれば、どのキャリアよりも最安で利用できます。

月額料金が安いので「仕事とプライベート用でメイン回線とは別にサブ回線を持ちたい」という方には、楽天モバイルがおすすめです。

専用アプリの利用で電話料無料で利用できる

楽天モバイルでは、専用アプリ「Rakuten Link」を提供しており、アプリから通話することで、国内通話無料で電話をかけることができます。

楽天モバイル間はもちろん「楽天モバイルからドコモ」「楽天モバイルからソフトバンク」といった他キャリアへの通話も無料になります。

そのため、通話専用の2回線目として契約するのもおすすめです。

現在、一回線目で電話かけ放題のプランに加入している場合は、楽天モバイルを契約することで通話料金の節約にもつながります。

eSIMを利用でき1つの端末で2台分のキャリアを利用できる

楽天モバイルではeSIMを利用できるので、1つの端末で2台分のキャリアを利用できます。

たとえば、基本的なデータ通信は利用中のキャリアで行い、外出先での外出先でパソコンやタブレットを利用する際に、楽天回線に切り替えてテザリングを使用する、など柔軟なデータ利用が可能です。

ただし、eSIMを利用する場合は、eSIM対応の端末が必要になります。

楽天ポイントが2台分貯まる

楽天モバイルを2回線契約すると、楽天ポイントも2台分もらえます。

スマホ代の月々の支払いで100円につき1ポイント貯まるので、1回線目・2回線目の両方で3,278円分利用した場合は60ポイント前後貯まることになります。

また、楽天モバイルを2回線目として契約する場合、ポイント面で以下のような特典を受けることができます。

楽天ポイント特典

楽天ポイント数が優遇されるため、「楽天カードを利用しているけど、楽天モバイルや楽天市場をあまり活用していない」「決済関連を楽天にまとめて、ポイ活(ポイントを貯めてお得に生活をすること)をしたい」とお考えの方は、楽天モバイルで2回線目の契約を検討してみましょう。

楽天モバイルで2回線目は未成年の名義でも契約できる

楽天モバイルでは、2回線目を未成年の子供の名義で契約することも可能です。

楽天モバイルは月額料金が安いので、1回線目と2回線目を親子で持つ方も多いです。

楽天モバイルの月額料金について再度確認しておきましょう。

データ使用量音声通話・データ専用プラン
~3GB1,078円
~20GB2,178円
無制限3,278円

本人以外の名義でWebから楽天モバイルに申し込む場合は、「法定代理人同意書 兼 支払名義人同意書」を保護者が記入・アップロードすることと、親権者情報(名前・生年月日・連絡先)を入力するだけでオンラインでの手続きが可能です。

店舗で手続きする場合は、「保護者同意の元、本人確認書類の提出」が必要です。

2回線目以降のデータ量も専用のアプリで確認できるので、子供のスマホとして契約する場合は、リアルタイムでのデータ使用量のチェックも可能です。

楽天モバイルの2回線目でもキャンペーンが適用される

楽天モバイルは、1回線目に楽天モバイルを利用していた場合でも、以下のキャンペーンを利用できます。

2回線目で利用できるキャンペーン(メイン回線に楽天モバイル使用)

また、1回線目で楽天モバイルを利用している場合でも、名義を変えて2回線目を契約する場合は、新規キャンペーンを受けることができます。

たとえば、以下のような利用シーンの場合です。

  • 契約者名義は長男(10歳)で支払い名義は親(35歳)
  • 契約者名義は母親(60歳)で支払い名義は子(38歳)

このような場合は、以下のような新規契約キャンペーンを受けることができます。

2回線目で利用できるキャンペーン(名義を変えて契約する場合)

楽天モバイルで2回線目を契約するデメリット

楽天モバイルで2回線目を契約するデメリットは以下の通りです。

デメリット

  • 月額料金が安いものの家族割や学割がない
  • 利用しなくても基本料金が発生する
  • 楽天モバイルでは1回線目と2回線目の入れ替えができない
  • 楽天モバイルの2回線目では適用されないキャンペーンがある

それではくわしく解説します。

月額料金が安いものの家族割や学割がない

楽天モバイルは月々の料金が安いものの、大手キャリアのような家族割・学割がありません。

ただし、月額料金や最安1,078円で利用できるため、家族割や学割が適用される大手キャリアと比べても、月額料金を抑えられる可能性があります。

キャリアプラン月額料金
楽天モバイルRakuten最強プラン~3GB:1,078円
ドコモU15はじめてスマホプラン~5GB:1,815円
auスマホスタートプラン 5G/4G~20GB:1,078円
(2年目以降は3,916円)
ソフトバンクスマホデビュープラン+~4GB:1,078円
(14ヶ月目以降は2,266円)

大手キャリアでも学割適用はお得に利用できるものの、「1年目だけ月額料金が安い」などのプランに制約があるのがほとんどです。

楽天モバイルは学割はないものの最安1,078円と大手キャリアの学割並の安さで利用できるため、使い方によっては楽天モバイルの方がお得になる可能性もあります。

利用しなくても基本料金が発生する

楽天モバイルはデータ量や通話の利用がなくても基本料金の1,078円が発生します。

全く利用しない月があっても0円で利用することはできません。

楽天モバイルの一番の魅力は「データ量をいくら使っても3,278円」という点です。

そのため、楽天モバイルを2回線目としておすすめなのは、月のデータ使用量が20GB以上を超える方です。

利用した分だけの料金プランをお求めの場合は、自身で使用するデータ量を選んで購入できる「povo」や、3GBプランを格安で利用できる「nuro mobile」などがおすすめです。

他の格安SIMについては「2023年12月格安SIM(スマホ)おすすめ人気比較ランキング|MVNO21社の速度・料金・評判からどこがいいかを紹介」をご確認ください。

楽天モバイルでは1回線目と2回線目の入れ替えができない

楽天モバイルでは、1回線目と2回線目の入れ替えはできません。

これまで、楽天モバイルには、「1回線目は1GBまで無料」というサービスがありました。

そのため、「楽天モバイルの1回線目と2回線目を入れ替えたい」というユーザーが一定数いましたが、現在のRakuten最強プランでは基本料金が必ずかかるので、無料で利用することはできません。

1回線目と2回線目を入れ替えるメリットがない現在では、回線の入れ替えを検討する必要はないでしょう。

楽天モバイルの2回線目では適用されないキャンペーンがある

楽天モバイルを1回線目と同じ名義で2回線目を契約する場合、適用外となるキャンペーンがあります。

たとえば、キャンペーンの適用条件に「楽天モバイルを初めて契約する方」と記載がある「初めての申し込みで2,000ポイント還元」や「iPhoneトク得乗り換えキャンペーン」については、すでに楽天モバイルに契約されている方は利用できません。

くわしくは楽天モバイル公式のキャンペーンページをご確認ください。

楽天モバイルの2回線目で利用できるお得なキャンペーン

楽天モバイルの2回線目で利用できるお得なキャンペーンは以下の通りです。

なお、本記事で紹介しているキャンペーンは「楽天モバイルに新規で契約する際に利用できるキャンペーン」を軸に紹介しています。

iPhoneトク得乗り換えキャンペーン

キャンペーン詳細
項目内容
特典・20,000円割引(税込)
期間

【プラン申込期間】

Web:2024年1月17日(水) 9:00~終了日未定

店舗:2024年1月17日(水)開店~終了日未定

【製品購入期間】

Web:2024年1月17日(水) 9:00~終了日未定

店舗:

2024年1月17日(水)開店~終了日未定

適用条件

1.「Rakuten最強プラン」へ以下(1)~(3)いずれかの方法で申し込み

 (1)新規申し込み
 (2)他社からの乗り換え(MNP)で申し込み
 (3)楽天モバイルの料金プランからプラン変更後、申し込み
2.「Rakuten最強プラン」申し込みと同時に対象商品を一括払いまたは24回払いで購入
3.「Rakuten最強プラン」の利用開始

対象機種iPhone 15 Pro Max
iPhone 15 Pro
iPhone 15 Plus
iPhone 15
iPhone 14 Pro Max
iPhone 14 Pro
iPhone 14 Plus
iPhone 14
iPhone 13
キャンペーンコード2169

「iPhoneトク得乗り換えキャンペーン」は、「Rakuten最強プラン」への申し込みと対象のiPhoneをセットで購入される方が対象となる、最大20000円分の割引が適用されるキャンペーンです。

iPhone13から最新のiPhone 15 Pro Maxまでが対象です。

キャンペーン条件になっている「Rakuten最強プラン」はアプリ利用で国内通話が無料になったり、楽天市場のお買い物でポイントが毎日5倍になるという特典が含まれているため、楽天ポイントをお得に貯めたい方にとってはとてもお勧めです。

初めての申し込みで2,000ポイント還元

項目内容
特典2000ポイント付与
期間終了日未定
特典概要新規・旧プラン(ドコモ回線・au回線)からプラン変更で2,000ポイント還元
適用条件1.新規・旧プラン(ドコモ回線・au回線)からプラン変更の申し込み
2.Rakuten 最強プランの利用開始
3.Rakuten 最強プランで契約した回線で「Rakuten Linkアプリ」から発信で10秒以上の通話が必要
※プラン申し込みから翌月末日23:59分までの利用・通話が必要
キャンペーンコード2142

楽天モバイルに新規で申し込む場合に、2000ポイントをもらえるキャンペーンです。

名義を変更した上で楽天モバイルに新規で申し込む場合や、旧プラン(ドコモ回線・au回線)の料金プランから楽天最強プランに変更する方が対象です。

Rakuten Linkの利用から翌々月末日以降に月に400ポイントずつ、計2,000ポイント付与されますが、一度に2,000ポイントをもらえるわけではないので注意してください。

他社からの乗り換えで6,000ポイントプレゼント!

項目内容
特典

13,000ポイントプレゼント

ポイント付与1回目:4,000ポイント

ポイント付与2回目:4,000ポイント

ポイント付与3回目:5,000ポイント

期間終了日未定
特典概要楽天モバイルを他社からの乗り換えて(MNP必要)Rakuten最強プランに初めて申し込む方に6,000ポイント還元
適用条件1.他社から乗り換えて楽天「Rakuten最強プラン」を申し込む
2.Rakuten 最強プラン 利用開始
3.Rakuten Linkアプリ用いた発信で10秒以上の通話
※プラン申し込みから翌月末日23:59分までの利用・通話が必要
キャンペーンコード2091

楽天モバイルを他社から乗り換えた方のみ受けられるキャンペーンです。

条件を満たした上でキャンペーン適用後、Rakuten Link利用の翌々月末日ごろから1ヶ月ごとにポイントが計3回付与され、合計13,000のポイントが付与されます。

ただし、本キャンペーンで付与されるポイントは期限付きの「期間限定ポイント」になるので、使用期限に注意してください。

iPhone新規購入&下取りで最大10,000ポイント還元キャンペーン

項目内容
特典最大10,000ポイント付与
期間2023年12月22日(金)8:59まで
特典概要買い替え超トクプログラム利用+対象のiPhone下取りで最大10,000ポイントプレゼント
適用条件1.以下の対象iPhoneを「楽天モバイル買い替え超トクプログラム」利用の上購入
・iPhone 15 Pro Max
・iPhone 15 Pro
・iPhone 15 Plus
・iPhone 15
・iPhone 14 Pro Max
・iPhone 14 Pro
・iPhone 14 Plus
・iPhone 14
・iPhone 13
・iPhone SE (第3世代)
2.以下の対象iPhoneを「スマホ下取りサービス」より下取り
・iPhone 7 / iPhone 7 Plus
・iPhone 8 / iPhone 8 Plus
・iPhone X / iPhone XR / iPhone XS / iPhone XS Max
・iPhone 11 / iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Max
・iPhone 12 / iPhone 12 mini / iPhone 12 Pro / iPhone 12 Pro Max
・iPhone 13 / iPhone 13 mini / iPhone 13 Pro / iPhone 13 Pro Max
・iPhone 14 / iPhone 14 Plus / iPhone 14 Pro / iPhone 14 Pro Max
・iPhone SE(第2世代) / iPhone SE(第3世代)
キャンペーンコード1899
2004

楽天モバイルのプラン契約がなくても利用できるキャンペーンです。

本キャンペーンは下取り金額がポイントになるのではなく、下取り金額にプラスして楽天ポイントを付与してもらえるので、新作のiPhoneをお得に購入できます。

下取り時のポイントが大きいのはiPhone7〜iPhoneXまでの古い端末です。自宅に眠っているiPhoneがある場合は下取りに出してみましょう。

スマホトク得乗り換えキャンペーン

項目内容
特典最大13,000ポイント還元
期間終了日未定
適用条件・楽天最強プランに申し込み
・プランの利用開始
・Rakuten Linkで10秒以上通話
※プラン申し込み、および対象商品の購入から翌月末日23:59分までの利用・通話が必要
キャンペーンコード2091

Rakuten最強プランへの申し込みとRakuten Linkで10秒以上通話で最大13,000ポイントが付与されるキャンペーンです。

他社から乗り換えの場合は、楽天モバイルをお得に申し込むことができます。

新規で契約する場合も8,000ポイント付与されるので、端末の購入も視野に入れている方は、こちらのキャンペーンを利用の上、楽天モバイルを申し込みましょう。

データ通信専用 Rakuten最強プラン(データタイプ)お申し込みキャンペーン

受付時間内容
特典初月実質無料で利用
期間終了日未定
特典概要楽天最強プランのデータタイプ契約で3GB利用分1,081円分のポイント還元で初月実質無料
適用条件楽天最強プランのデータタイプ契約で3GB利用分1,081円分のポイント還元で初月実質無料
キャンペーンコード1973

このキャンペーンを利用すれば、実質無料で楽天モバイルの通信環境や使い勝手を確認することができます。

楽天モバイルは早期の解約でも違約金等はかからないため、このキャンペーンを利用することで、無料で楽天モバイルを試すことができます。

ただし、データタイプのみ対象になるため、電話番号は利用できません。

楽天モバイルの2回線目の契約・申し込み方法

楽天モバイルで2回線目を契約・申し込む方法は以下の通りです。

楽天モバイルの2回線目の契約手順

それでは詳しく解説します。

契約前の準備

まずは契約前の準備を行いましょう。

必要な準備

本人確認書類の準備

楽天モバイルを契約する場合、本人確認が必要になります。

本人確認書類として認められるのは、以下の書類になります。

種類内容
日本国籍【補助書類が不要な本人確認書類】
・運転免許証
・運転経歴証明書
・マイナンバーカード(個人番号カード)
・精神障がい者保健福祉手帳
・療育手帳

【補助書類が必要な本人確認書類】
・身体障がい者手帳
・健康保険証
・日本国パスポート
・住民基本台帳カード
外国籍・在留カード
・特別永住者証明書・外交官身分証明票 ※住居証明書必要

楽天モバイルでは、日本国籍と外国籍の方で本人確認書類として認められるものが異なります。

また、本人確認書類の中でも、補助書類の準備が必要な場合があります。

補助書類とは?

本人確認を確実に行うために、追加で提出する必要のある書類です。以下の書類が補助書類に当たります。

・発行から3カ月以内で氏名と住所が一致している公共料金の請求書・領収書(電気・ガス・水道のいずれか/新電力も可)
・住民票(個人番号(マイナンバー)の記載がないもの
・届出避難場所証明書

また、前述した通り、未成年の名義で楽天モバイルを契約する場合は、「法定代理人同意書 兼 支払名義人同意書」が必要になります。

現在楽天モバイルを利用中で、楽天モバイルの2回線目の契約を行う際、以下の全ての条件に当てはまる場合は、本人確認提出を行う必要はありません。

・2回線目以降の申し込み時点で、有効なRakuten 最強プランの回線を保有している
※Rakuten最強プラン(データタイプ)、Rakuten Turboは対象外です。
・現在保有している回線のご契約時に使用した楽天IDでログインしている。また、直近の契約時から配送先/契約住所・氏名・生年月日に変更がない
・契約者が18歳以上である
・Rakuten最強プランをWebにて申し込んでいる
※Rakuten最強プランのお申し込みと製品の同時購入は対象外となる可能性があります。
※楽天モバイルショップやmy 楽天モバイルアプリからのお申し込みは対象外となります。

引用元
2回線目以降の契約時に、本人確認書類の提出が省略される条件は何ですか? | お客様サポート | 楽天モバイル

公式サイトから申し込む場合、条件を満たしていれば本人確認の必要はありません。

楽天会員ユーザーIDとパスワードの準備

楽天モバイルで2回線目を契約する際に楽天会員ログインIDとパスワードが求められるため、準備しておく必要があります。

メイン回線とサブ回線に楽天モバイルを契約する場合は、楽天会員であるため、登録の必要はありませんが、楽天モバイルを新規で契約する場合は、事前準備が必要です。

楽天会員の登録方法は以下の通りです。

楽天会員の登録方法

支払い方法の選択

楽天モバイルでは支払い方法を事前に選択しなければなりません。

以下の4つの支払い方法から選択します。

楽天モバイルの支払方法

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 口座振替
  • 楽天ポイント利用

口座振替の場合は、毎月の引き落とし時に手数料が110円かかります。

クレジットカードやデビットカード、楽天ポイントでの支払いだと手数料はかからないだけでなく、楽天カードを利用する場合は、100円の利用で1ポイント貯まるので、口座振替と比べてポイントや料金面でお得です。

楽天モバイルでは、契約者とクレジットカードや銀行口座の名義が同一人物である必要があります。

契約者が未成年の場合は親権者や保護者名義の支払方法を選択できますが、それ以外の場合は支払方法と契約者の名義が同一である必要があるため、注意が必要です。

他社から乗り換える場合はMNP予約番号を取得する

他社から楽天モバイルに乗り換える場合は、利用中のキャリアで「MNP予約番号」を取得する必要があります。

MNP予約番号は利用中のキャリアの会員ページからWebで手続き、もしくは電話で手続きが可能です。

MNP予約番号は15日の有効期限が定められており、楽天モバイルに申し込む場合は、有効期限が10日以上あることが条件となっています。

そのため、MNP予約番号発行後はすぐに楽天モバイルに申し込みましょう。

楽天モバイル公式サイトから2回線目を申し込む

この記事では、オンラインで24時間受付可能な公式サイトから楽天モバイルの2回線目を申し込む方法を紹介します。

楽天モバイルの2回線目の申し込み手順は以下の通りです。

楽天モバイルの2回線目の申し込み手順

  • 楽天モバイル公式サイトにアクセス
  • 契約するプランとSIMの種類を選択
  • 購入する製品と支払回数を選択する(楽天モバイルで端末も購入する場合)
  • 支払い時にキャンペーンを選択
  • 楽天会員IDとパスワードを入力してログインする
  • 契約者情報を確認する(すでに楽天モバイル回線を契約済みの場合)
  • 本人確認書類をアップロードする
  • 電話番号を選択する ※乗り換え時はMNP予約番号を入力
  • 配送先の情報を入力
  • 支払い方法の選択
  • お知らせ設定の選択(お知らせ不要の場合はチェックを全て外す)

現在、楽天モバイルは「Rakuten最強プラン」のワンプランなので、プラン選択で悩む必要ありません。また、楽天モバイルの申し込み画面はシンプルでわかりやすく、直感的な操作で申し込み可能です。

初めて申し込む方は10分程度、楽天モバイルをすでに契約済みで2回線目も契約する場合は、5分程度で手続き可能です。

製品やSIMを受け取る

申し込み完了後は、購入した端末やSIMカードを受け取ります。

楽天モバイルからの製品やSIMカードは、申し込み手続き完了後、通常最短2日で指定された配送先に届きます。

しかし、審査の進行状況や天候などの影響で配送が遅れることがあります。商品が届くまで数日から1週間程度かかること可能性もありますので、申し込みや乗り換えの手続きを行う際には注意してください。

1週間たっても製品やSIMが届かない場合は、楽天モバイルのコミュニケーションセンターに問い合わせましょう。

製品やSIMが配送先住所に発送されているにもかかわらず、受け取りがなく、返送されてしまった場合は、14日以内に再送の連絡が必要になります。そのまま放置していると申し込み自体がキャンセルとなるので注意してください。

初期設定を行う

製品やSIMカードを受け取ったら、初期設定を行いましょう。

初期設定手順(iPhone・iPad(iOS)

  • iOSを最新にアップデートする
  • MNP転入/プラン変更(移行)手続きをおこなう(新規契約の場合は不要)
  • 乗り換えの場合は他社のAPN構成プロファイルを削除する
  • SIMを差し替える
  • キャリア設定をアップデートする
  • 楽天回線の開通を確認

初期設定手順(Android)

  • 端末の電源を入れる
  • Wi-Fiに接続する
  • 端末のアップデートを行う
  • 画面の指示に従ってGoogleアカウントを設定
  • Googleサービス内容を確認して同意するを選択
  • 画面ロックの設定画面が表示されるのでPINコードを入力
  • 生体認証を登録
  • 必要に応じてその他の項目の設定を行う

※Androidの場合、メーカーによって設定方法が異なる場合があります。

eSIMの場合、my 楽天モバイルから画面の指示に従って手続きするだけで、2分ほどで初期設定が完了します。

モバイルアプリが必要になるので、以下からダウンロードしておきましょう。

iPhone用ダウンロードリンク

Android用ダウンロードリンク

他社から乗り換えの場合はMNP開通手続きを行う

他社から乗り換える場合は、MNP開通手続きを行う必要があります。

手順は以下の通りです。

MNP開通手続きの手順 

  • my 楽天モバイルにアクセス
  • Wi-申込番号にある「電話番号の引継ぎ(MNP)申請をする」をタップ
  • 通信会社を選択
  • 電話番号・予約番号・有効期限を入力して「登録する」をタップ
  • 転入を開始するをタップ

MNP開通は受付時間により、完了時間が異なるので注意してください。

受付時間MNP開通
完了予定時刻
9:00~21:00当日中
21:01~翌8:59翌9:00以降

楽天モバイルで2回線目を契約する際のよくある質問

楽天モバイルで2回線目を契約する際のよくある質問は以下の通りです。

よくある質問

それではくわしく解説します。

楽天モバイルの2回線目の端末を1円で購入できる方法はある?

楽天モバイルでは、楽天Handという端末を1円で購入できましたが、2023年12月現在は販売終了となっており、端末を1円で購入することができません。

ただし、楽天も倍のポケットWi-Fiの「Rakuten WiFi Pocket 2C」を1円で購入できるキャンペーンが実施されています。

項目内容
特典ポケットWi-Fi端末を1円で購入可能
期間終了日未定
特典概要製品購入と同時に楽天モバイルを契約する
適用条件1.新規・旧プラン(ドコモ回線・au回線)からプラン変更の申し込み
2.Rakuten 最強プラン申し込みと同時に「Rakuten WiFi Pocket 2C」を購入
キャンペーンコード1875

楽天モバイルの2回線目を無料で利用する方法はある?

楽天モバイルの旧プラン(Rakuten UN-LIMIT VI)ではデータ利用が1GB未満の場合は月額料金が「0円」でした。

しかし、これは2022年の7月までで、現在は2回線目を無料で利用する方法はありません。

前述した通り、データ通信や通話の利用がない場合でも、基本料金の1,078円は発生します。

楽天モバイルの2回線目をすぐに解約することはできる?

楽天モバイルには契約期間や違約金がないため、楽天モバイルの2回線目を契約した後に、すぐに解約することは可能です。

ただし、再度楽天モバイルを契約する際に、ペナルティが課せられる場合があります。

短期解約によるペナルティ例

  • 次回申し込み時の審査が厳しくなる
  • キャンペーンが適用されなくなる
  • 楽天モバイルを契約できなくなる

ただし、公式サイトではペナルティについて言及されていないため、短期解約が必ずしもペナルティを受けるというわけではありません。

実際、楽天モバイルではお試し利用を促すために実質無料で楽天モバイルを利用できるキャンペーンも実施しています。

ただし、あまりにも意図的な短期解約については、ブラックリスト入りしてしまう可能性があるので注意してください。

楽天モバイルの2回線目をMNPで契約する場合のキャンペーンはある?

楽天モバイルの2回線目をMNPで契約する際、これまで楽天モバイルでの契約がない場合や、契約者の代わりに親権者や保護者が料金を支払う場合は、以下のキャンペーンを利用できます。

MNPで契約する場合に利用できるキャンペーン

ただし、一度でも楽天最強プランに加入している場合は、「他社からの乗り換えで6,000ポイントプレゼント!」と「スマホトク得乗り換えキャンペーン」は利用できません。

楽天モバイルの2回線目の支払い方法を別にできる?

楽天モバイルの1回線目と2回線目の支払い方法を別にすることは可能です。

支払い方法の変更は「my 楽天モバイル」にログイン後、以下の手順で行うことができます。

クレジットカード・デビットカードを変更する方法

  • my 楽天モバイルにアクセス
  • 「お支払い情報」「お支払い方法設定」の順に選択
  • お支払い方法の選択画面をタップ
  • 新しいカードを利用を選択する
  • カード情報を入力する
  • 登録を完了を選択

口座振替の口座を変更する方法

  • my 楽天モバイルにアクセス
  • お支払い情報からお支払い方法設定を選択する
  • お支払い方法の選択画面をタップ
  • 口座振替を選択
  • 新しい口座情報を入力
  • 新しく登録した口座を選択・変更するをタップ

楽天モバイルの2回線目の名義は変更できる?

楽天モバイルの2回線目の名義変更を行うことも可能です。

名義変更の手順は以下の通りです。

名義変更の手順

  • my 楽天モバイルを開く
  • 各種手続きないの「各種手続きへ進む」を選択
  • 契約者変更のお手続きから契約者変更(譲渡)を選択
  • 変更先の契約者情報を入力し「登録情報を確認する」をタップ
  • 登録情報を確認の上「契約者変更手続きを申請する」をタップ
  • 契約者変更手続き(譲渡)のURLを変更先の契約者に共有
  • 変更手続き完了のメールが届いた後にSIMや製品を渡す

また、前述した通りで名義を変えて2回線目を契約することも可能です。

まとめ

本記事では、楽天モバイルで2回線目を契約するメリット・デメリットに加え、申し込み方法やよくある質問について解説しました。

楽天モバイルは最安1,078円で利用できます。この金額は大手キャリアと比べても安いです。楽天モバイルの楽天最強プランはデータ無制限で利用できるため、サブ回線やポケットWi-Fiの代わりとして利用されるケースも多いです。

「仕事用とプライベート用で電話番号を分けたい」

「外出時に使い勝手のいいポケットWi-Fiとして利用したい」

「カフェやコワーキングスペースで業務を行う際にセキュリティの高いインターネット環境を利用したい」

そうお考えの方は、楽天モバイルを2回線目に検討してみてはいかがでしょうか。

引越しの関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.