Operated by Ateam Inc.

イーデス

転職する薬剤師に多い7つの悩みとは?対処法を知って不安を解消

最終更新日:

薬剤師 おすすめ転職サイト
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

薬剤師が転職する際は「面接で上手く受け答えできるか不安」「なかなか希望の求人が見つからない」など、さまざまな悩みがつきものです。

とくに、転職に不慣れな場合は「失敗してしまうのではないか?」と不安になりますよね。

転職の悩みは多くの薬剤師が抱えているので、よくある悩みを確認することで対策のヒントを得られます。

そこで本記事では、薬剤師が抱えがちな悩みや対処法、転職失敗を防ぐポイントをご紹介します。

本記事を読めば、転職の悩みや疑問を解消し、自信をもって転職活動を進められるはずです。

    気になる内容をタップ

    薬剤師の転職でよくある悩みと対処法

    薬剤師の転職では「希望の求人が見つからない」「なかなか内定をもらえない」など、様々な悩みが生じると思います。

    とくに転職に不慣れな場合は分からない点も多いので、漏れなく必要な対策をするためにも、よくある悩みを把握しておくことが大切です。

    ここでは「薬剤師の転職でよくある悩みと対処法」を具体的に解説します。

    薬剤師の転職でよくある悩み

    悩み1.自分に合う求人を見つけられない

    転職活動を行う際、自分に合う求人を見つけられず悩む人は多いです。

    薬剤師の求人情報は膨大なので、情報収集に慣れていないと、自分に合う求人を見つけるのは大変です。

    「求人が多すぎて一つひとつチェックするのが大変」「気になる求人が多すぎて選びきれない」という悩みを抱える人は少なくありません。

    自分の転職目的や希望にしっかりとマッチする求人を見極められない場合、転職のミスマッチにつながりやすくなります。

    【対処】希望条件に優先順位をつける

    自分に合う求人が分からない場合は、希望条件に優先順位をつけてみましょう。

    薬剤師の求人数は膨大なので、希望条件が曖昧だと自分に合う求人を絞り込めません。

    希望条件に優先順位をつけて「譲れない条件」を満たす求人に絞って探すことで、効率的に自分に合う求人を見つけられます。

    以下に一例をまとめたので、希望条件を考える際の参考にしてください。

    順位希望条件切り分け
    年収500万円以上譲れない
    年間休日数120日以上
    残業月20時間以下
    通勤時間30分以内妥協できる
    土日休み

    また、決めた優先順位を求人探しの軸として案件を検索することで、自分の理想にもっとも近い求人を見つけやすくなります。

    それでも自分に合う求人がなかなか見つけられない場合は、転職サイトに求人紹介を依頼することも手段です。

    記事後半「転職の悩みを抱える薬剤師におすすめの転職サイト」ではおすすめの転職サイトを紹介していますので、ぜひご覧ください。

    悩み2.転職先の職場に関する情報収集が難しい

    転職先の職場に関する情報収集が難しいと感じる人も少なくありません。

    求人票に掲載されている情報は簡単に確認できますが、雰囲気や離職率など、気になる情報はなかなか把握するのが難しいです。

    「教育体制について知りたいけど、情報を得られない」「職場の人間関係について把握できない」など、情報収集に関する悩みを抱える人は多いでしょう。

    とくに職場環境が大きく変わる未経験業種への転職では、情報が不足していると転職のミスマッチにつながりやすいため、注意が必要です。

    【対処】職場見学や転職サイトの利用により情報収集をする

    求人票以外の情報収集は、職場見学や転職サイトの利用がおすすめです。

    職場見学を行うことで、雰囲気やスタッフの話しやすさなど、求人情報のみでは把握できないリアルな情報を確認できます。

    職場見学では、雰囲気のほか以下の点にも着目してみましょう。

    着目ポイント

    • 職員が挨拶してくれるか
    • 笑顔で気持ちよく対応してくれるか
    • 職場が整理整頓されているか…など

    1回の職場見学で詳細をすべて把握するのは難しいですが、雰囲気や清潔さなどの職場環境は確認できるでしょう。

    また転職サイトは、企業を直接訪問するなどして求人票には記載されていない内部事情を把握しているので「職場の雰囲気」や「残業時間」など、必要な情報を教えてもらえます。

    求人票以外の情報については、職場見学や転職サイトを有効活用して情報を広く集めましょう。

    悩み3.面接で上手に受け答えできるか不安

    転職活動を行う際、面接に不安を覚える人は多いです。

    とくに初めての転職だったり、転職に不慣れな場合は「何を聞かれるだろう」と不安になったり、「上手く話せるか」心配になりやすいでしょう。

    また、転職理由や志望動機を上手く伝えられずに失敗してしまう薬剤師も少なくありません。

    面接で十分な自己アピールができない場合、希望の職場に内定をもらえない可能もあるため、十分な対策が必要です。

    【対処】転職理由と志望動機を明確にする

    面接で上手に受け答えするためには、転職理由と志望動機を明確にすることが大切です。

    面接では、「転職理由」や「志望動機」を必ずと言っていいほど聞かれます。

    あらかじめ準備しておき、きちんと答えられれば、その後の質問にも落ち着いて受け答えできるでしょう。

    また、採用担当からの印象につながる話し方や表情については、知人に頼んで練習をするのも手段のひとつです。

    以下の記事では面接対策や志望時の考え方について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

    なお、自力で面接対策をするのが難しい場合は、転職サイトにサポートしてもらうことも有効です。

    転職サイトを利用すれば、転職のプロであるアドバイザーが説得力のある志望動機の伝え方を考えてくれたり、よく聞かれる質問に対する答え方を伝授してくれます。

    記事後半「転職の悩みを抱える薬剤師におすすめの転職サイト」ではおすすめの転職サイトを紹介していますので、ぜひご覧ください。

    悩み4.年齢が高く希望の職場から内定をもらえない

    年齢が高い方に多いのが「希望の職場から内定をもらえない」という悩みです。

    年齢が高いほど定年までの勤務年数が短く、人件費も高くなりやすいことから採用につながりにくいのです。

    とくに人気の求人の場合、若手薬剤師がライバルになり、内定をもらえない可能性が高いです。

    「人気の高い急性期病院へ応募したら、書類審査すら通らなかった」というケースも少なくありません。

    【対処】自分の年齢に合う求人を見極める

    年齢が高い薬剤師が内定を獲得するには、自分の年齢に合う求人を見極めることが大切です。

    自分の年齢に合う求人を見極めるためには、求人の文言を確認し「どんな年代が求められているのか」をチェックする必要があります。

    たとえば、以下のように「30~50代が活躍中」などと掲載されている求人は、ミドル層以降でも採用の可能性が十分にあります。

    ファルマスタッフの求人

    ファルマスタッフ 50代活躍 求人例
    (引用
    ファルマスタッフ|2022年
    4月時点)

    一方で「第二新卒歓迎」や「20代活躍」などと掲載されている求人は、若手を欲している可能性が高く、年齢が高いと内定を獲得しにくいので注意が必要です。

    また「40代~50代が活躍中」などの年代に該当していたとしても、経験者や即戦力を求められているケースが多いので、自分のスキルとも照らし合わせるようにしましょう。

    悩み5.転職サイトを利用しても希望の求人が見つからない

    「転職サイトを利用しても希望の求人が見つからない」というケースも少なくありません。

    転職サイトは数多くの求人を保有していますが、条件によっては求職者の希望に合う案件を保有していない場合もあります。

    「在宅医療を行っている調剤薬局に勤務したいけれど、なかなか見つからない」といった悩みも多く見受けられます。

    またアドバイザーとの相性が悪い場合、希望をくみ取ってもらえず、自分に合う求人になかなか出会うことができません。

    場合によっては「的外れの求人ばかり紹介される」とがっかりするケースもあるようです。

    【対処】複数の転職サイトを利用する

    転職サイトを利用しても希望の求人が見つからない場合は、他サイトも並行して利用しましょう。

    転職サイトが保有している求人はサイトによって異なるため、複数利用することで、希望に合う求人と出会える可能性が高まります。

    また、複数利用して相性の良いアドバイザーと出会うことができれば、転職の成功率をより高められるでしょう。

    薬剤師転職サイトを複数登録すべき理由

    悩み6.複数内定をもらって転職先を悩んでいる

    複数内定をもらい、転職先を悩んでしまうこともありがちです。

    転職活動期間を短縮するために、同時並行で複数の企業に応募するのは一般的ですが、複数内定を獲得して対処に悩んでしまうケースは多いです。

    「応募企業すべて内定を獲得したけれど、それぞれ魅力があり決めきれない」というケースも少なくありません。

    また、内定を断る際にどのように伝えるべきか悩む方も多いようです。

    【対処】内定をもらった企業を比較する

    複数内定をもらい、転職先選びに悩んでいる場合は、内定をもらった企業を比較してみましょう。

    以下のように細かく特徴を比較すると、自ずと自分に合う求人が見えてきます。

    A社B社
    年収
    シフト
    成長性
    やりがい

    たとえば、年収重視であればA社を選択、ライフスタイルややりがいを考慮するのであればB社が良いでしょう。

    決めきれない場合は、「◎」や「○」の数を考慮して検討することも手段のひとつです。

    また、内定を断る場合は、応募先に迷惑をかけないよう速やかに伝えることが大切です。

    転職サイトを経由して応募している時は、アドバイザーに早めに連絡しましょう。

    悩み7.退職を切り出すタイミングがわからない

    退職を切り出すタイミングが分からずに悩む方も多いようです。

    とくに初めての転職活動では、退職することをどのタイミングで伝えればよいか迷ってしまうことも多いでしょう。

    「現職に迷惑をかけないために早めに伝えたいけれど、退職を伝えたあとで、なかなか転職先が決まらなかったら…」と悩んでしまう方も少なくありません。

    【対処】内定獲得後に退職する

    退職の意向は、内定獲得後に伝えるのがおすすめです。

    転職先が決まってから退職することで、なかなか内定が決まらない場合でも、焦らずじっくり自分に合う求人を探せるためです。

    ただし、内定が決まったら速やかに退職することを伝えましょう。

    退職を切り出すタイミングは法律で2週間前と定められていますが、現職に迷惑をかけないよう、3ヶ月前には伝えるのが良いでしょう。(参考:民法第627条|e-Gov法令検索

    退職に関しては、以下の記事も参考にしてみてください。

    【注意】転職に失敗してしまう薬剤師の特徴

    .【注意】転職に失敗してしまう薬剤師の特徴

    薬剤師の転職によくある悩みを紹介しましたが、思わぬ失敗を防ぐためには「転職に失敗してしまう薬剤師の特徴」を把握することも大切です。

    転職に失敗してしまう薬剤師にはいくつかの特徴があるので、該当する場合は早めに対策を講じましょう。

    以下に転職に失敗しやすい薬剤師の特徴をまとめたので、当てはまるものがないか確認してみてください。

    転職に失敗しやすい薬剤師の特徴

    • 転職目的がはっきりしていない
    • 情報収集が不十分
    • 焦って転職活動を進めている
    • 目先の条件にとらわれている
    • 自分のスキルを正確に理解できていない
    • 10年後・20年後のキャリアを想定できていない

    「転職活動における準備が不十分」「目先のことしか考えていない」という方は、要注意です。

    準備不足で焦って転職すると転職のミスマッチにつながりやすく、目先のことしか考えていないと「キャリアアップできない」など、転職後に後悔する可能性が高いです。

    転職に失敗しやすい要素があると感じた方は、しっかり必要な対策を講じましょう。

    悩みを解消!薬剤師が転職失敗を防ぐポイント

    悩みを解消!薬剤師が転職失敗を防ぐポイント

    転職後に後悔しないためには「入念な転職先の検討や情報収集」「十分な選考対策」など、最終的な詰めが大切です。

    ここでは「薬剤師が転職失敗を防ぐポイント」を解説します。

    転職失敗を防ぐポイント

    ポイント1.転職の目的と希望条件を明確にする

    転職の失敗を防ぐためには、転職の目的と希望条件を明確にしておくことが大切です。

    目的が曖昧だと、企業選びの軸がブレてしまい、転職のミスマッチにつながりやすいためです。

    転職の後悔を防ぐためには、目先の年収や待遇だけに捉われず「転職して何を実現したいのか」を明確にしておきましょう。

    たとえば「ライフスタイルの変化に伴い、定時で帰宅できる職場へ転職したい」「資格取得のため、抗がん剤を専門に扱っている病院で勤務したい」など、目的が明確になっていると、転職後の満足につながります。

    転職のミスマッチを防ぐためにも、転職の目的と希望条件をはっきりさせておきましょう。

    ポイント2.事前の情報収集をしっかり行う

    転職の失敗を防ぐためには、事前の情報収集をしっかり行うことが大切です。

    転職先の情報収集が不足していると「やりたい業務ができない」「人間関係が悪い」など、後悔してしまう可能性が高いためです。

    以下のような内容は、しっかりと確認しておきましょう。

    • 具体的な業務内容
    • シフトの組み方
    • 残業時間
    • 有給休暇の取得状況
    • 教育体制
    • 職場の雰囲気
    • 福利厚生…など

    とくに「業務内容」や「教育体制」は、転職後の満足度に大きく関わります。

    ただ、これらの情報は募集要項のみでは把握しきれないので、職場見学をしたり、転職サイトを利用して情報を教えてもらうのがおすすめです。

    転職後に後悔しないためにも、転職先の入念な情報収集をしておきましょう。

    ポイント3.選考対策をしっかり行う

    希望の職場への内定をスムーズに獲得するには、選考対策を入念に行いましょう。

    選考対策においては、採用担当の目にとまるような志望動機を準備することが大切です。

    たとえば、以下のような「具体的な志望動機」を考えることが、採用担当へのアピールにつながります。

    吹き出し

    前職の調剤薬局では、がん患者の在宅医療に携わっていました。
    在宅において、がん患者の相談や抗癌剤の副作用対応などを行うなかで、癌治療領域の専門性を高め、よりレベルの高い介入をしたいと思いました。
    多くのがん患者の治療に携わっている貴院でスキルを身につけ、チーム医療へ貢献したいと考えております。

    具体的な志望動機から将来のビジョンや熱意が伝われば、内定の可能性が高まります。

    ただ、面接に慣れていないと、採用担当に十分な自己アピールをするのは難しいことも多いでしょう。

    選考対策に自信がない場合は、薬剤師転職サイトにサポートしてもらうことをおすすめします。

    転職サイトを利用すれば、応募書類の添削や面接対策など選考対策全般をサポートしてくれるので、初めての転職でも安心です。

    ポイント4.転職サイトに相談する

    転職を成功させるためには、薬剤師転職サイトを利用するのがおすすめです。

    転職サイトとは、無料で求人紹介や転職のサポートをしてくれるサービスのことを指します。

    薬剤師転職サイトの仕組み

    転職サイトを利用すれば、以下のようなサポートを受けられるため、万全の体制で転職活動を進められます。

    • 求職者に合う求人を紹介してくれる
    • 応募書類の添削・面接対策を受けられる
    • 職場の内部情報を教えてくれる
    • 給与や待遇などの条件交渉を代行してくれる
    • 非公開求人をチェックできる

    求人紹介のみならず、選考対策・入社のフォローなど、幅広く転職活動をサポートしてもらえるので、初めての転職で様々な悩みを抱えている方でも安心です。

    「希望に合う求人を見つけたい」「スムーズに内定を獲得したい」という方は、ぜひ転職サイトを利用してみてください。

    転職の悩みを抱える薬剤師におすすめの転職サイト

    転職の悩みを抱える薬剤師におすすめの転職サイト

    薬剤師が転職に関する悩みを解消するには、転職サイトに求人探しや選考対策をサポートしてもらうのがおすすめです。

    サポートが手厚い転職サイトを利用すれば、些細な悩みに対しても親身に対応してくれるため、安心して転職活動を進められるでしょう。

    ここでは、おすすめの転職サイトを3社ご紹介しますので、ぜひ活用してみてください。

    サイト名特徴
    ファルマスタッフ
    • 調剤薬局の転職に強い
    • 対面でじっくり相談にのってくれる
    マイナビ薬剤師
    • 地方の求人が充実
    • ドラッグストア・企業の求人も豊富
    ファーマキャリア
    • 実績豊富なコンサルタントが多い
    • オーダーメイド求人を作成してくれる

    じっくり相談にのってもらいたいなら「ファルマスタッフ」

    ファルマスタッフ」は、日本調剤のグループ企業が運営している転職サイトです。

    個別面談でじっくり相談にのってもらえるので、「初めての転職でどのように転職活動を進めれば良いか分からない」と悩んでいる方にぴったりです。

    また、ファルマスタッフのコンサルタントは積極的に求人企業を訪問しており、職場の雰囲気など求人票では分からない情報を丁寧に教えてくれます。

    転職の不安をしっかり解消したい方や、職場の細かな情報を入手したい方は、ぜひファルマスタッフを利用してみてください。

    ファルマスタッフ|基本情報

    運営会社株式会社メディカルリソース
    公開求人数約51,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    地方で転職するなら「マイナビ薬剤師」

    マイナビ薬剤師
    (引用元
    マイナビ薬剤師

    マイナビ薬剤師」は、大手人材会社マイナビグループが運営している転職サイト。

    全国15ヶ所に拠点があり、首都圏以外の地方の求人も充実しています。

    また、マイナビ薬剤師は調剤薬局以外の求人が多いことも強みのひとつです。

    企業・ドラッグストア等の求人も豊富に保有しているので「異業種へ転職したい」という場合も活用できるでしょう。

    地方で転職を考えている方や、幅広い業種の求人をチェックしたい方は、ぜひマイナビ薬剤師を利用してみてください。

    マイナビ薬剤師|基本情報

    運営会社株式会社マイナビ
    公開求人数非公開
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    希望の求人が見つからずお困りなら「ファーマキャリア」

    ファーマキャリア」は、オーダーメイド求人にこだわりのある転職サイト。

    単に求人を紹介するだけでなく、企業と条件交渉をして求職者の希望にマッチする求人を作りあげてくれます。

    そのため「ライフスタイルの変化に伴い、週休3日で働きたい」「16時で退勤できる職場に勤めたい」といった、細かな希望条件がある方におすすめです。

    また、ファーマキャリアではコンサルタントの教育を徹底しており、ヒアリング力や交渉力は一流です。

    他サイトで希望に合う求人を見つけられなかったり、こだわりの条件がある方は、ぜひファーマキャリアに相談してみてください。

    ファーマキャリア|基本情報

    運営会社エニーキャリア株式会社
    公開求人数約36,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    【Q&A】薬剤師の転職に関する疑問を解消

    【Q&A】薬剤師の転職に関する疑問を解消

    最後に、薬剤師転職に関するQ&Aをまとめました。

    転職を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

    薬剤師転職に関するQ&A

    Q1.薬剤師の転職活動期間はどのくらい?

    A.業種や雇用形態によって異なりますが、1~3ヶ月程度が一般的です。

    スムーズに進まない場合、予想以上に長引くこともあるので、余裕を持って転職活動を行いましょう。

    転職活動期間については以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

    Q2.薬剤師の求人数が多いタイミングは?

    A.薬剤師の転職や退職が多い1~3月は、求人が多いタイミングです。

    ただし「ライフスタイルが変化した」など、個々の状況によってベストなタイミングは異なります。

    以下の記事では転職タイミングについて詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

    Q3.転職して年収アップする人は多い?

    A.転職して年収アップする人は多い傾向にあります。

    大手薬剤師転職サイト「マイナビ薬剤師」の調査では、半数以上の人が転職で年収アップを実現しています。

    薬剤師転職でどれくらいの人が年収アップしている?年収アップ編 マイナビ薬剤師
    (引用元
    マイナビ薬剤師

    薬剤師は「転職して年収アップする可能性が十分にある」といえるでしょう。

    Q4.応募書類の書き方が不安

    A.自力で応募書類を作成するのが不安な場合は、転職サイトに相談するのがおすすめです。

    転職サイトでは、履歴書や職務経歴書の添削を行ってくれます。

    また、以下の記事では履歴書の書き方について詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

    Q5.複数の求人に同時に応募しても大丈夫?

    A.問題ありません。

    複数の求人に応募するのはごく一般的なことであり、効率良く転職活動を進めるためには重要です。

    ただし複数から内定をもらい、いずれかの内定を辞退する場合は、すみやかに内定を辞退する企業に連絡することが大切です。

    転職サイトを利用している場合は、アドバイザーに早めに連絡を入れましょう。

    Q6.面接にはどんな服装で行けばいい?

    A.面接には、スーツで行くのが無難です。

    また「髪が長い場合はまとめる」「シンプルな化粧を心がける」など、清潔感を意識するようにしましょう。

    Q7.転職サイトは本当に無料で使用できる?

    A.転職サイトは無料で利用できます。

    転職サイトと企業は契約を結んでおり、転職サイトの紹介により利用者の転職が確定すると、企業から報酬を受け取る仕組みになっています。

    薬剤師転職サイトの仕組み

    そのため、利用者に登録料や利用料がかかることはありません。

    合わないと思った場合はすぐに退会できるので、気軽に登録してみてください。

    まとめ

    薬剤師の転職活動で生じやすい悩みについてご紹介しました。

    薬剤師の転職では、以下のような悩みを感じやすいので、一つひとつ対策しておきましょう。

    転職に多い悩みと対処法

    • 自分に合う求人を見つけられない
      ⇒希望条件に優先順位をつける
    • 転職先の職場に関する情報収集が難しい
      ⇒職場見学や転職サイトの利用により情報収集をする
    • 面接で上手に受け答えできるか不安
      ⇒転職理由と志望動機を明確にする
    • 年齢が高く希望の職場から内定をもらえない
      ⇒自分の年齢に合う求人を見極める
    • 転職サイトを利用しても希望の求人が見つからない
      ⇒複数の転職サイトを利用する
    • 複数内定をもらって転職先を悩んでいる
      ⇒内定をもらった企業を比較する
    • 退職を切り出すタイミングがわからない
      ⇒内定獲得後に退職する

    また、転職活動をスムーズに進めるためには、求人紹介や選考対策を行ってくれる「転職サイト」の利用をおすすめします。

    以下の3社は「転職活動を手厚くサポートしてくれる」と評判なので、ぜひ利用してみてください。

    <本記事で紹介した転職サイト>

    サイト名特徴
    ファルマスタッフ
    • 調剤薬局の転職に強い
    • 対面でじっくり相談にのってくれる
    マイナビ薬剤師
    • 地方の求人が充実
    • ドラッグストア・企業の求人も豊富
    ファーマキャリア
    • 実績豊富なコンサルタントが多い
    • オーダーメイド求人を作成してくれる

    薬剤師 おすすめ転職サイトの関連記事

    薬剤師1年目の転職は慎重に!後悔を防ぐための判断基準を解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    薬剤師1年目の転職は慎重に!後悔を防ぐための判断基準を解説

    2024年6月12日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    薬剤師が「つらい」と悩む10の理由!状況にあわせた対応策を解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    薬剤師が「つらい」と悩む10の理由!状況にあわせた対応策を解説

    2024年6月10日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    社会人や主婦が未経験から薬剤師になるには?最短ルートや必要条件を解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    社会人や主婦が未経験から薬剤師になるには?最短ルートや必要条件を解説

    2024年6月7日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    北海道で転職したい薬剤師必見!年収事情・札幌と地方の違いも解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    北海道で転職したい薬剤師必見!年収事情・札幌と地方の違いも解説

    2024年6月7日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    製薬会社の転職におすすめの転職サイト・エージェント!業界求人や年収も紹介
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    製薬会社の転職におすすめの転職サイト・エージェント!業界求人や年収も紹介

    2024年6月7日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    • Facebook
    • x
    • LINE