Operated by Ateam Inc.

イーデス

大阪で転職したい薬剤師必見!年収事情・求人の特徴などを解説

最終更新日:

薬剤師 おすすめ転職サイト
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

大阪で薬剤師として転職するためには、転職事情を踏まえたうえで対策をとることが大切です。

大阪の転職事情

  • 大阪の薬剤師の平均年収は約537万円
  • 薬局数が多く求人を見つけやすい
  • 業種による年収差が大きい
  • 残業時間が全国平均よりも多い
  • 小規模薬局はM&Aの可能性がある

転職市場の状況を把握せず転職活動を行ってしまうと、求人探しが思うように進まない可能性もあります。

そこで本記事では、大阪の薬剤師転職事情をはじめ、高年収の案件を見つけるポイントを詳しく解説します。

    気になる内容をタップ

    薬局数全国第2位!大阪の薬剤師転職事情

    大阪の薬剤師転職は、1人あたりに1.73件の求人がある「求職者優位」の状態です。

    【大阪・全国|有効求人倍率の比較】

    全国の医師・薬剤師等の求人倍率と比較すると低いですが、大阪の全職種の倍率よりは高くなっています。

    そのため、医師・薬剤師の求人については、十分に需要がある状況と言えるでしょう。

    ただし、大阪には「薬剤師の年収が全国平均よりも低い」といった事情もあるので注意が必要です。

    そこでまずは、大阪の薬剤師の年収が低い理由や、転職事情について説明します。

    大阪の薬剤師転職事情

    事情1.大阪の薬剤師の平均年収は約537万円

    大阪の薬剤師は、他県よりも年収が低い傾向にあります。

    実際に、薬剤師の年収の全国平均は約580万円ですが、大阪は約537万円とやや低めです。(出典:令和3年賃金構造基本統計調査一般労働者都道府県別|厚生労働省

    大阪の薬剤師の年収が低い傾向にある理由としては、「薬剤師数が多いこと」が挙げられます。

    以下は、薬局・医療施設に従事する人口10万対薬剤師数を、大阪と主要都道府県とで比較した表です。

    【薬局・医療施設に従事する人口10万対薬剤師数】

    全国平均255.2人
    東京都376.2人
    大阪府308.9人
    京都府264.8人
    福岡県247.6人
    北海道225.9人
    愛知県212.2人

    (参考:令和2年医師・歯科医師・薬剤師調査の概況|厚生労働省

    上記データからも、大阪の薬剤師人口が多いことがうかがえます。

    地方では「何としてでも人材を確保したい」と考える職場も多く、高額な給与を設定することがあります。

    一方、大阪など薬剤師人口が多い都道府県では、給与を上げなくても人が集まるため、高額な給与を設定している職場が少ないです。

    大阪に転職する場合、年収が下がる可能性があることを覚悟しておく必要があるでしょう。

    パート・派遣の平均時給

    転職サイト「ファルマスタッフ」の掲載求人データをもとに、大阪を含む6大都道府県のアルバイト・派遣の平均時給を調査しました。

    パート派遣
    北海道1,980円程度3,210円程度
    東京1,940円程度2,580円程度
    愛知1,820円程度1,980円程度
    京都1,930円程度2,930円程度
    大阪1,880円程度2,780円程度
    福岡1,760円程度2,490円程度

    (参考:ファルマスタッフ|2022年11月時点
    ※「各都道府県・各雇用形態」で検索し、無作為に選んだ10件の求人の最低時給を平均した結果

    大阪の「パート」や「派遣」の時給は、他県との差はそれほどありません。

    特に、派遣薬剤師は時給の高い求人が多いので、効率良く稼ぎたい場合は、派遣薬剤師として働くこともおすすめです。

    事情2.薬局数が多く求人を見つけやすい

    大阪の薬局数は4,000件を超えており、全国で2位を誇ります。

    【6大都道府県の薬局数】

    東京6,789施設
    大阪4,248施設
    愛知3,435施設
    福岡2,902施設
    北海道2,333施設
    京都1,098施設

    (参考:薬事関係 2019年|厚生労働省

    また、転職サイトの求人情報を見ても、調剤薬局の案件が占める割合が多いことが分かります。

    【転職サイト別|大阪の求人数】

    大阪の総求人数調剤薬局の求人数
    ファルマスタッフ4,346件3,515件
    マイナビ薬剤師5,360件3,560件

    ※2022年11月時点

    調剤薬局に転職したい方にとって、大阪は求人を見つけやすいと言えるでしょう。

    事情3.業種による年収差が大きい

    大阪に限ったことではありませんが、薬剤師の年収には業種によって差があります。

    転職サイト「ファルマスタッフ」の掲載求人データをもとに、大阪を含む6大都道府県の各業種の平均年収を調査しました。

    【6大都道府県別|各業種の平均年収】

    調剤薬局ドラッグストア病院企業
    北海道442万円490万円410万円342万円
    東京461万円472万円433万円411万円
    愛知482万円492万円443万円388万円
    京都468万円488万円380万円462万円
    大阪458万円482万円372万円378万円
    福岡488万円466万円422万円393万円

    (参考:ファルマスタッフ|2022年11月時点
    ※「各都道府県・各業種・正社員」で検索し、無作為に選んだ10件の求人の最低年収を平均した結果

    大阪は年収が低めであることをお伝えしましたが、ドラッグストアの年収はやや高い傾向にあります。

    年収の高い求人を狙いたいのであれば、ドラッグストアへの転職も視野に入れましょう。

    事情4.残業時間が全国平均よりも多い

    大阪の薬剤師の残業時間(超過実労働時間数)は、全国平均よりも多いです。

    【6大都道府県別|残業時間】

    全国平均11時間
    京都17時間
    大阪12時間
    愛知・福岡11時間
    東京10時間
    北海道7時間

    (参考:令和3年賃金構造基本統計調査一般労働者都道府県別|厚生労働省

    大阪は薬剤師人口が多いものの薬局数も多いため、人手不足の店舗も少なくないと推測できます。

    人手不足の職場ではどうしても残業が多くなりやすく、全体の平均残業時間の長さに影響している可能性が高いです。

    なるべく残業がない職場に勤めたいのであれば、転職サイトのアドバイザーに相談してみることをおすすめします。

    「ファルマスタッフ」なら残業なしの案件に絞って検索できる!

    ファルマスタッフ」では、「残業なし(ほぼなし)」の条件で求人を検索できます。

    思わぬ優良案件が見つかる可能性もあるため、求人情報を見てみることをおすすめします。

    事情5.小規模薬局はM&Aの可能性がある

    大阪に限ったことではありませんが、小さな薬局はM&Aによって大規模チェーンに買収される可能性もあります。

    実際に大阪では、2020年に大手ドラッグストア・薬局チェーンである「ココカラファイン」が、大阪府で調剤薬局1店舗を運営していた「寿」という有限会社を子会社化しています。(参考:日本M&Aセンター

    M&Aが実施されると経営元が変わるため、勤務条件や福利厚生も変更される場合が多いです。

    M&Aにより「土日も勤務に入らざるを得なくなる」「大幅に残業時間が増える」というケースも考えられます。

    小さい薬局では、M&Aが実施される可能性もあることを心に留めておきましょう。

    【大阪で転職する薬剤師必見】高年収を実現するポイント

    【大阪で転職する薬剤師必見】高年収を実現するポイント

    薬剤師人口が多く、需要と供給のバランスが取れている大阪では、どうしても年収が低くなりやすいです。

    そのため、大阪の転職で高年収を実現させるためには、求人の探し方や転職活動の進め方を工夫する必要があります。

    そこでここでは、薬剤師が大阪で高年収を狙うポイントをご紹介します。

    薬剤師が大阪で高年収を狙うポイント

    ポイント1.ドラッグストアの求人を狙う

    ドラッグストアは、一般的に調剤薬局と比較して業務の幅が広く勤務時間が長くなる傾向にあり、年収が高くなりやすいです。

    転職サイト「ファルマスタッフ」の掲載求人データをもとにした各業種の平均年収を見ても、ドラッグストアの平均年収が高いことが分かります。

    【ファルマスタッフ|業種別平均年収】

    業種平均年収
    ドラッグストア482万円
    調剤薬局458万円
    病院372万円

    (参考:ファルマスタッフ|2022年11月時点
    ※「大阪府・各業種・正社員」で検索し、無作為に選んだ10件の求人の最低年収を平均した結果

    また、「第一類医薬品を販売するのに薬剤師が必須となるので、何としても確保したい」というドラッグストアも少なくありません。

    大阪で高年収を目指すのであれば、ドラッグストアでの勤務を検討するとよいでしょう。

    ポイント2.企業の求人を検討する

    薬剤師が大阪で高年収を実現するには、企業に勤務することもおすすめです。

    例えば、製薬会社の平均年収は30代の研究開発職で約500万円、同じく30代の営業職が30代で約700万円と高年収です。(参考:マイケル・ペイジ

    また、大阪には多くの企業があり、CRC・CRA、MR、製薬会社など幅広い求人が見つかりやすい環境と言えます。

    実際に、大手薬剤師転職サイト「マイナビ薬剤師」では、以下のような企業の求人が掲載されています。

    【マイナビ薬剤師|大阪の企業求人数】

    一般企業(管理薬剤師:商社、卸、メーカー、物流など)21件
    品質管理・品質保証・PV・薬事12件
    治験コーディネーター(CRC)10件
    臨床開発モニター(CRA)7件
    営業(MR・MS・その他)7件
    その他企業311件

    (参考:マイナビ薬剤師|2022年11月時点

    医薬品開発などに携わる大手メーカーが多数ある大都市大阪の魅力を活かし、幅広い業種に視野を広げることが年収アップにつながるでしょう。

    ポイント3.郊外への転職を検討する

    郊外は都市部と比較し薬剤師の数が少ないため、「年収を高くしてでも薬剤師を確保したい」職場が多いです。

    実際に、「ファルマスタッフ」に掲載されている情報をもとに、大阪市とそれ以外の地域の年収を比較すると、大阪市の平均年収の方が低いことが分かります。

    【大阪市と郊外の年収を比較!】

    大阪市434万円
    それ以外の地域468万円

    (参考:ファルマスタッフ|2022年11月時点
    ※「各市・正社員」で検索し、無作為に選んだ10件の求人の最低年収を平均した結果

    もちろん、「都市部の年収<郊外の年収」がすべての求人に当てはまるわけではありませんが、「都市部より給与が高い郊外の求人」が多く存在するのは事実と言えるでしょう。

    「都市部から郊外に転職したら、住宅手当が増えた」「年収が大幅にアップした」というケースも十分に考えられます。

    「大阪府内であればどこに住んでも良い」という場合は、郊外への転職も検討してみましょう。

    ポイント4.「急募」「新規オープン」の求人を狙う

    「急募」や「新規オープン」の求人は、年収を上げてでも、薬剤師を確保したいと考えている職場が多く、高給与の案件が多いです。

    加えて、条件交渉がしやすい求人が多いため、「年収をアップさせたい」「週休3日で働きたい」といった希望のある薬剤師にも最適です。

    年収の高い求人を効率的に見つけたいのであれば、「急募」や「新規オープン」の求人をチェックしてみることをおすすめします。

    「新規オープン」の条件で求人を検索するなら「ファルマスタッフ」がおすすめ

    転職サイト「ファルマスタッフ」では、「新規オープン」の条件で求人を検索できるので、ぜひチェックしてみてください。

    ポイント5.薬剤師転職サイトを利用する

    大阪で高収入を実現するためには、「転職サイト」を利用することもおすすめです。

    転職サイトとは、求人紹介や転職のサポートをしてくれるサービスのことです。

    薬剤師転職サイトを利用する

    大阪の薬剤師転職には、「高給与の案件が少ない」「競争率が高い」といった事情があります。

    そのため、希望の転職を実現するには対策が必須と言えます。

    その点転職サイトを利用すれば、希望に合った求人を紹介してもらったり、選考対策のサポートを受けることが可能です。

    また転職サイトでは、業界に精通したアドバイザーが下記のような相談にも乗ってくれます。

    転職する際によくある相談

    • 今後のキャリアについてアドバイスが欲しい
    • スキルアップできる職場を紹介して欲しい
    • ワークライフバランスを整えるためにアドバイスが欲しい
    • 人間関係や労働環境の不満を解消したい

    転職サイトは、すぐに転職するつもりがなくても利用できるため、気軽に相談してアドバイスをもらうことをおすすめします。

    大阪の薬剤師転職で「転職サイト」を利用すべき理由

    大阪の薬剤師転職で「転職サイト」を利用すべき理由

    年収が低くなりやすい大阪で希望の転職を実現するためには、転職サイトの活用がおすすめです。

    ただ、「一人で転職活動を進めるのと何が違うの?」「どんなメリットがあるの?」と疑問に感じる方もいらっしゃると思います。

    そこでここでは、大阪の薬剤師転職で「転職サイト」を利用すべき理由について詳しく解説します。

    大阪の薬剤師転職で「転職サイト」を利用すべき理由

    理由1.好条件の非公開求人をチェックできるから

    薬剤師が転職サイトから求人紹介を受けると、ひとりで求人を探すよりも、好条件の求人が見つかりやすくなります。

    転職サイトは独自の非公開求人を持っており、転職サイトに登録することで案件を確認できるようになります。

    非公開求人は、一般に公開すると応募が殺到すると予測される好条件の求人が多いです。

    非公開求人のおもな傾向

    • 高収入
    • 重要ポジションの募集...など

    あなたの希望条件や経歴・スキルと、企業側のニーズが一致していると判断されると、転職サイトから非公開の優良求人を紹介される可能性は高いでしょう。

    理由2.応募書類の添削や面接対策をサポートしてくれるから

    転職サイトでは、求人紹介のみならず、応募書類の添削・面接対策などのサポートを受けることが可能です。

    転職サイトのサポート内容

    • 自己アピールにつながる志望動機の作成
    • 薬剤師転職で聞かれやすい質問への受けこたえなどの面接対策
    • 面接の際の表情や話し方、服装のアドバイス……など

    サポートの一環として選考対策を入念に行えるため、自信を持って面接に臨めます。

    特に大阪は薬剤師の人数が多く競争率が高いので、転職サイトを利用し、万全の体制で転職活動を行いましょう。

    理由3.給与や待遇の交渉を代行してくれるから

    転職サイトを利用すると、年収や労働条件の交渉をしてくれます。

    具体的には、「年収を30万程度上げて欲しい」「3カ月後から働き始めたい」などの条件交渉を行ってくれます。

    特に、大阪は薬剤師の年収が低い傾向にあるので、年収交渉が鍵となります。

    「譲れない条件があるけれど、自分から交渉するのは抵抗がある」という場合は、転職サイトに相談してみましょう。

    【重要】転職サイトは2~3社を併用しよう

    薬剤師が転職サイトを利用して転職活動を行うならば、複数の転職サイトに相談することをおすすめします。

    なぜならば、複数サイトへの相談には多くのメリットがあるからです。

    複数の転職サイトを併用するメリット

    • より多くの求人を比較できる
    • 各サイトの独占求人を確認できる
    • 各サイトのサポートを比較できる
    • それぞれの担当者からアドバイスをもらえる...など

    他にも、「なかなか希望の求人が見つからなかったけれど、別のサイトに登録したら思わぬ好条件の求人を紹介してもらえた」というケースもあります。

    転職サイトは何社利用しても料金はかからないので、最大限に活用して転職成功を目指しましょう。

    大阪で転職する薬剤師におすすめの転職サイト3社

    大阪で転職する薬剤師におすすめの転職サイト3社

    大阪での転職活動を成功させるためには、より多くの求人を比較することが大切です。

    多くの求人を確認・比較することで、希望条件にマッチする求人と出会えるチャンスを増やせます

    また、サポートが手厚いサイトから支援を受ければ、内定を得る確率も高められます。

    ここでは、大阪の転職におすすめの3社を紹介するので、ぜひ活用してみてください。

    サイト名おすすめの人
    ファルマスタッフ
    • 1人で転職活動を進めるのが不安な人におすすめ
    • 初めて転職する人におすすめ
    マイナビ薬剤師
    • 幅広い業種の求人をチェックしたい人におすすめ
    • 地方から大阪へ転職を考えている人におすすめ
    ファーマキャリア
    • オーダーメイド求人を紹介して欲しい人におすすめ
    • 調剤薬局への転職を検討している人におすすめ

    本記事で紹介する3社は「【最新】薬剤師転職サイトおすすめランキングBEST4!正社員・パート・派遣別」から、さらに厳選した転職サイトです。

    そのほかの転職サイトもチェックしたい方は、ぜひ上記の記事もご覧ください。

    じっくり相談にのってもらいたいなら「ファルマスタッフ」

    • 大阪の公開求人数:約4,300件(2022年11月時点)
    • 丁寧に向き合う個別面談が魅力
    • 電話・メール・Webツールでのサポートにも対応
    • 正社員・パート・派遣の案件を保有

    ファルマスタッフ」は、日本調剤のグループ企業が運営している転職サイトです。

    対面でのサポートに注力しており、求職者一人ひとりとじっくり向き合う姿勢を大切にしている点が魅力です。

    コンサルタントは、必要書類の作成や企業との条件交渉なども手厚くサポートしてくれるので、転職活動に不安のある方でも安心です。

    ファルマスタッフは、電話・メール・Webツールでの面談が可能ですが、大阪にある拠点では対面の面談も実施しています。

    転職を迷っている場合や転職の方向性が明確に定まっていない場合でも相談できるので、気軽に利用してみるとよいでしょう。

    ファルマスタッフ|基本情報

    運営会社株式会社メディカルリソース
    公開求人数約51,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    地方から大阪へ転職するなら「マイナビ薬剤師」

    • 大阪の公開求人数:ー
    • 幅広い業種の求人を保有
    • 面談は来社・電話・メール・Webツールにて実施
    • 正社員・パート・契約社員の求人を取り扱う

    マイナビ薬剤師」は、株式会社マイナビが運営している転職サイトです。

    一般企業をはじめ調剤薬局やドラッグストアなど幅広い業種の求人を保有しているため、転職の可能性が広がります。

    専任のキャリアアドバイザーが、あなたの希望やキャリアプランを踏まえたうえで最適の求人を紹介してくれるので、効率的に求人を探せるでしょう。

    特に「希望通りの求人が見つからない…」「応募するべきかどうか自分で判断できない…」という方は、薬剤師業界に精通したアドバイザーからの意見を参考にすることをおすすめします。

    また、マイナビ薬剤師の拠点は全国14カ所にあるので、地方在住の方が大阪での転職を目指す際にも使いやすいでしょう。

    マイナビ薬剤師の拠点(2022年11月時点)


    札幌・仙台・銀座・新宿・さいたま・横浜・名古屋・大阪・京都・神戸・岡山・広島・福岡・鹿児島

    マイナビ薬剤師|基本情報

    運営会社株式会社マイナビ
    公開求人数非公開
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    希望の求人が見つからずお困りなら「ファーマキャリア」

    • 大阪の公開求人数:約1,800件(2022年11月時点)
    • 希望に合わせてオーダーメイド求人を提案
    • コンサルタントの教育に注力している
    • 正社員・パート・契約社員の案件を保有

    ファーマキャリア」は、オーダーメイド求人にこだわりのある転職サイトです

    すでにある求人を紹介するのではなく、企業と条件交渉をして求職者の希望にベストマッチする求人を提案してくれます。

    シフトや出勤日など、細かな希望にも寄り添ってくれるので「他では希望に合う求人が見つからなかった」という方にもおすすめです。

    また、ファーマキャリアでは、コンサルタントが担当する求職者の人数をあえて限定し、一人ひとりへの対応に時間をかけています。

    大阪には拠点がありませんが、電話やメールで丁寧に相談に乗ってくれるでしょう。

    選考対策も入念に行ってくれるので、応募書類の作成や面接に不安を感じている方にはぜひ活用してほしいサービスです。

    ファーマキャリア|基本情報

    運営会社エニーキャリア株式会社
    公開求人数約36,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    【薬剤師】大阪での転職に関するQ&A

    大阪での転職に関するQ&A

    最後に、大阪の転職に関するQ&Aをまとめました。

    大阪での転職を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

    大阪での転職に関するQ&A

    Q1.コロナ禍では転職を控えるべき?

    回答

    コロナ禍で求人数が減っている状況ではありますが、転職を検討するならば情報収集を行っておくことをおすすめします。

    コロナ収束後に、薬剤師の求人数が回復するとは限りません。

    転職活動を後回しにしていると、好条件の求人が締め切られる可能性もあるので、常に情報収集は行っておきましょう。

    なお、令和4年時点では大阪府の医師・薬剤師等の有効求人倍率は1人あたりに1.73件の求人がある「求職者優位」の状態です。

    以前と比べて求人が少なくなっている状況ではありますが、薬剤師を求めている職場も多いと推測できます。

    「転職したいけれど、コロナ禍では不安…」という場合は、求人のチェックだけでも進めておくとよいでしょう。

    Q2.転職におすすめの時期は?

    回答

    薬剤師の求人は年間を通じて一定数ありますが、転職におすすめの時期は状況や目的によって異なります。

    月によって、求人数が多い時期や職場に迷惑をかけにくい時期などがあるため、自分に合ったタイミングを選びましょう。

    転職におすすめの時期

    • 1月~3月:たくさんの求人を比較したい方におすすめ
    • 4月・5月:穴場求人を見つけたい方におすすめ
    • 8月・9月:無理なく転職先に馴染みたい方におすすめ
    • 7月・12月:ボーナス後に転職したい方におすすめ

    時期ごとの傾向を把握しておくと、自分に合う転職時期を見つけられます。

    以下の記事では、薬剤師におすすめの転職時期について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

    Q3.大阪市内で求人が集まりやすい地域は?

    回答

    薬剤師の求人は、「北区」「中央区」「阿倍野区」「平野区」「住吉区」に多いと言えます。

    転職サイト「ファルマスタッフ」で大阪市内の求人数を検索したところ、「北区」「中央区」「阿倍野区」「平野区」「住吉区」に多く求人が集まっていました。

    大阪駅や梅田がある「北区」、南部の中心である「中央区」、あべのハルカスがある「阿倍野区」は、商業施設が多く、おのずと求人が集まりやすい傾向にあります。

    一方、「平野区」「住吉区」は、マンションや住宅が多く、地域に根差した薬局やドラッグストア求人が集まりやすいと推測できるでしょう。

    求人探しの際は、地域の特色についてもぜひ確認してみてください。

    Q4.大阪の物価はどのくらい?

    回答

    大阪の物価は、全国平均よりも低めです。

    2021年の「小売物価統計調査」によると、大阪の物価は総合的に基準値である100を下回っています。

    物価が基準値である100を上回っているのは「交通・通信」「教育」「教養娯楽」のみです。

    「食料」「住居」等については、基準を下回っているので、経済的に暮らしやすいと言えるでしょう。(参考:小売物価統計調査 |政府統計の総合窓口e-Stat|2021年

    Q5.大阪への移住支援はある?

    回答

    はい。「大阪ふるさと暮らし情報センター」に相談してみましょう。

    大阪では、「大阪ふるさと暮らし情報センター」が、オンライン移住相談を受け付けています。

    「オンライン移住相談」の詳細は、以下のとおりです。

    「オンライン移住相談」の詳細

    • 曜日:火曜日~土曜日(祝日をのぞく)
    • 時間:11:00~17:00
    • 相談内容:移住地域、移住する際にすべきこと...など

    (参考:オンライン移住相談受付中|大阪ふるさと暮らし情報センター

    移住に関して情報を収集したい場合は、ぜひ利用してみましょう。

    Q6.大阪で薬剤師の公務員求人を探すには?

    回答

    府や市の採用ページの他に、薬剤師転職サイトで探すことも可能です。

    大阪で薬剤師の公務員求人を探すには、大手転職サイト「ファルマスタッフ」の利用もおすすめです。

    ファルマスタッフには、公務員として働ける案件が掲載されています。

    以下のようにフリーワード「公務員」で検索すると求人が見つかります。

    公務員求人に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

    まとめ

    大阪は薬剤師の数も多いですが、薬剤師が働ける職場も豊富です。

    また、有効求人倍率も高いため、求人を探しやすい状況と言えるでしょう。

    ただし、全国の他エリアと比較し年収が低い傾向にあるので、高年収を実現させるためには工夫が必要です。

    大阪で年収をアップさせるためには、以下のポイントを意識しましょう。

    大阪で年収をアップさせるためのポイント

    • ドラッグストアの求人を狙う
    • 企業の求人を検討する
    • 郊外への転職を検討する
    • 「急募」「新規オープン」の求人を狙う
    • 薬剤師転職サイトを利用する

    効率的に転職活動を行うためには、年収交渉を含め総合的なサポートを受けられる「薬剤師専門の転職サイト」の利用がおすすめです。

    本記事でご紹介したサービスを活用し、万全の体制で転職に臨みましょう。

    本記事で紹介した薬剤師転職サイト

    ファルマスタッフ
    • 丁寧に向き合う個別面談が魅力
    • 正社員・パート・派遣の案件を保有
    マイナビ薬剤師
    • 幅広い業種の求人を保有
    • 全国14か所に拠点あり
    ファーマキャリア
    • 希望に合わせてオーダーメイド求人を提案
    • コンサルタントの質が高い

    薬剤師 おすすめ転職サイトの関連記事

    MRにおすすめの転職サイト・転職エージェントを比較!選び方・注意点も解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    MRにおすすめの転職サイト・転職エージェントを比較!選び方・注意点も解説

    2024年5月16日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    定年後の60代薬剤師におすすめの再就職先!求人の見つけ方も解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    定年後の60代薬剤師におすすめの再就職先!求人の見つけ方も解説

    2024年5月10日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    薬剤師が職場をすぐ辞めるのは正しい選択?後悔しないための判断基準
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    薬剤師が職場をすぐ辞めるのは正しい選択?後悔しないための判断基準

    2024年5月8日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    薬剤師のアルバイト先まとめ!メリット・デメリットを徹底解説!
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    薬剤師のアルバイト先まとめ!メリット・デメリットを徹底解説!

    2024年5月8日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    ブランクのある薬剤師が再就職するコツ!おすすめの職場や勉強法を解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    ブランクのある薬剤師が再就職するコツ!おすすめの職場や勉強法を解説

    2024年5月8日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    50代の中高年薬剤師でも転職できる!求人の探し方や注意点を解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    50代の中高年薬剤師でも転職できる!求人の探し方や注意点を解説

    2024年5月8日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    • Facebook
    • x
    • LINE

    © 2022 Ateam LifeDesign Inc.