Operated by Ateam Inc.

イーデス

uqモバイルの回線はどこ?デメリット・メリットやエリアの確認方法や通信速度を解説

最終更新日:

引越し
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

UQモバイルはKDDIが運営する「au」のサブブランドであり、格安SIMの中でも通信速度が速い回線になります。

しかしながら、以下のような疑問をお持ちの方もおられるのではないでしょうか。

「UQモバイルにはつながりにくいエリアはあるの?」
「UQモバイルと他社の格安SIMの通信速度を比較するとどれだけ速いの?」
「UQモバイルは5Gも利用できるの?」

結論から言うと、UQモバイルは運営元がKDDIなので、他の格安SIMに比べて通信速度が群を抜いています。

さらに、5Gに対応しているので「通信速度が遅くて使えない」ということはほとんどありません。

そこで本記事では、「UQモバイルの回線はどこか」を解説した上で、提供エリアや他社との通信速度の比較、UQモバイルを利用するメリット・デメリットについて解説します。

「UQモバイルを検討しているけど、通信速度やエリアが気になる」と言う方はぜひ参考にしてください。

気になる内容をタップ

UQモバイルは回線はどこ?通信エリアや電波状況

UQモバイルはau(KDDI)回線を利用しており、安定した通信が可能です。

KDDIがサブブランドとして提供するUQモバイルは、auと親子関係のようなもので、サービスの品質やサポート体制はほとんど変わりません。

UQモバイルを運営するKDDIの人口カバー率は99.9%なので、数値上では全国ほとんどのエリアで通信可能です。

人口カバー率とは?

人口カバー率とは、通信エリアの網羅率を測る指標の一つです。auでは、「全国を500m四方に区切り、そのうち半分以上をカバーしていればエリアカバーとしては100%、半分未満であれば0%と見なす」という定義を元に計測が行われています。

また、他の格安SIMと違い、au回線の利用に制限がないため、どの時間帯でも同じ品質で高速通信が可能です。

UQモバイルはauのサブブランド回線

UQモバイルはauのサブランド回線なので、高速通信が可能になるだけでなく、UQモバイルの取り扱いができる店舗は全国2300店舗以上あり、対面でのサポートを受けることもできます。

窓口連絡先
au Styleau Style店舗一覧
auショップauショップ一覧
UQスポットUQモバイル販売店舗一覧

他社の格安SIMでは「月額料金や手続きのオンライン化」を推奨しているものの、インターネットの利用が苦手な方にとってスマホをご自身で乗り換えるのは難しいはずです。

UQモバイルでは「オンライン」「店舗」の両方の利用に強みを持っているため、「スマホを自分で乗り換えるのが不安」「乗り換えた後データ移行や設定をやってもらいたい」と言う方はUQモバイルがおすすめです。

UQモバイルが利用しているau回線のエリアマップ

前述した通り、UQモバイルはau回線を利用しており、データ通信の可否エリアは同じです。

エリアマップについては、以下の方法で確認できます。

UQモバイルの対応エリアの確認方法

このように通信状況を確認する手段はさまざまですが、基本的には「UQモバイルのサービスエリアマップ」もしくは「au公式サイトのエリアマップ」を利用すれば、簡単に利用エリアの通信状況を確認できます。

UQモバイルの5Gエリアマップ

UQモバイルはau同様に5Gにも対応しているものの、利用可能なエリアは以下のようなスポットに限られています。

5Gが利用可能なエリア

  • 主要な鉄道路線
  • 商業施設
  • レジャースポット
  • KDDI直営店

冒頭で「人口カバー率99.9%」と解説しましたが、4Gについてはほとんどのエリアを網羅しているものの、5Gの通信エリアは拡大中になるため、全国どこでも利用できると言うわけではありません。

そのため、常に「5G通信ができるわけではない」と認識しておいてください。

au回線を利用しているUQモバイルは山間部(田舎)や地方でも安定したデータ通信が可能

UQモバイルは、山間部など人が少ないエリアでも安定した通信が可能です。

auでは「人が住んでいる地域」で人口カバー率99.9%を計測しているため、繋がらないことは基本的にありません。

ただし、以下のシーンでは他のキャリアに関係なく、通信環境が悪くなりやすいです。

電波状況が悪化しやすい場所

  • 地下鉄
  • ビルの間
  • 屋内の奥まった場所
  • 基地局が近くにない山間部

地下鉄やビルの間、屋内の奥まった場所については電波が通りにくくなります。

また、山間部でも「付近に基地局がない」という場合には、通信状況が悪化するケースがあります。

これはUQモバイルが利用しているau回線に限らず、ドコモやソフトバンクでも同様の問題が起きるので、au回線だけが特段に悪いと言うわけではありません。

UQモバイルを契約する8つのデメリット・注意点

UQモバイルのデメリットについて解説します。

UQモバイルを契約する8つのデメリット

UQモバイルへ乗り換える前にデメリットや注意点について見ておきましょう。

1.基本料金が他の格安SIMと比べて割高

UQモバイルは、他の格安SIMと比較すると月額料金が割高です。

月3GBのプラン(税込)月額料金料金の比較
UQモバイル2,365円〜-
LINEMO990円〜-1,375円
ahamo2,970円(20GB)+605円
Povo990円-1,375円
ワイモバイル2,178円(4GB)-187円
ワイモバイル2,178円(4GB)-187円
マイネオ1,518円(5GB)-847円

LINEMOやPovoの低価格プランと比較すると、毎月の料金が数千円前後高くなります。

UQモバイルは最安値のプランでも2,000円を超えていますが、「携帯料金を抑えたい」という方よりも、「月額料金を抑えつつ通信速度が速く快適に使える格安SIMを契約したい」という方におすすめです。

コストを最大限に抑えたい方には、UQモバイルの料金設定はデメリットに感じるかもしれません。

2.20GBを超える大容量プランが提供されていない

UQモバイルは、20GBまでのプランしか用意されておらず、大容量プランがありません。

月4GBのプラン(税込)最大容量月額料金
UQモバイル20GB2,365円/月
OCNモバイル10GB1,760円/月
LINEMO20GB2,728円/月
ahamo20GB2,970円/月
Povo150GB12,980円/回
ワイモバイル30GB3,278円/月
マイネオ無制限2,200円/月

データ量だけをみるとPovoの150GBが最大ですが、大容量のデータ量を利用するためには、1回の支払いに12,980円(税込)必要です。

一方でUQモバイルは、大容量プランはないものの、データ量をセルフで調整できる「節約モード」があります。

後述しますが、UQモバイルの節約モードは、ボタンひとつで高速通信から低速通信に切り替えることができます。これにより、スマホを利用しない時のデータ通信を制限し、データ量を節約することができます。

節約モードを上手に活用すれば、1ヶ月20GBでも十分足りるので、「大容量プランがない」ことがデメリットに感じることは少ないでしょう。

3.UQモバイルで購入できる端末が少ない

UQモバイルは、購入できる端末が少ないです。auで取り扱っている端末全てから選ぶことはできないので注意が必要です。

UQモバイルで取り扱っている端末

  • iPhone 13 128GB
  • iPhone SE 第3世代(64GB/128GB/256GB)
  • au Certified(認定中古品)iPhone 13 Pro(128GB/256GB)
  • au Certified(認定中古品)iPhone 13 128GB/256GB)
  • au Certified(認定中古品)iPhone 12 Pro(128GB/256GB)
  • au Certified(認定中古品)iPhone 12(64GB/128GB)
  • au Certified(認定中古品)iPhone SE(第2世代)(64GB/128GB)
  • Google Pixel 7a
  • Xiaomi 13T XIG04
  • AQUOS sense8 SHG11
  • Redmi 12 5G XIG03
  • Galaxy S22 SCG13
  • Xperia 10 V SOG11
  • Galaxy A23 5G SCG18
  • BASIO active SHG09
  • arrows We FCG01
  • Redmi Note 10 JE XIG02

UQモバイルでは取扱機種が少ないものの、「端末購入と契約セットで最大22,000円」のキャンペーンを実施しています。

メーカーの公式ショップやauショップから購入するよりも、費用を抑えて端末を手に入れることができるため、「価格を抑えられるなら機種に制限があっても問題ない」という方は、UQモバイルオンラインショップでの購入がおすすめです。

4.au回線以外の回線を利用することができない

UQモバイルは、au以外の回線を利用することができません。

理由は、auのサブブランドなので他の回線は利用できないからです。

格安SIMにはmineo(マイネオ)やNUROモバイルのように、「ドコモ・au・ソフトバンク」全ての回線を契約できる格安SIMもありますが、UQモバイルはau回線しか使えないので注意してください。

5.大手キャリアから乗り換える場合はキャリアメールの引継ぎに費用がかかる

UQモバイルへ乗り換える場合、ドコモ・ソフトバンクだけでなくauからの乗り換えでもキャリアメールの引き継ぎに費用がかかります。

サービス料金
auメール持ち運び330円/月
ドコモメール持ち運び330円/月
ソフトバンク メールアドレス持ち運び330円/月(または3,300円/年)

KDDIが提供するUQモバイルですが、格安スマホのデメリットの一つでもある「キャリアメールの使用制限」はauからの乗り換えでも同じです。

キャリアメールが必要な場合、月額料金を支払うことで利用することは可能ですが、コストを抑えたい方は、GmailやYahoo!メールなどのフリーメールを活用しましょう。

6.UQモバイルのミニミニプランを選択した場合、速度制限時の通信速度が遅くなる

UQモバイルのミニミニプランを選択すると、速度制限時の通信速度が300kbpsと遅くなります。

コース名月額料金(税込)データ量・速度制限低速時の通信速度
トクトクプラン2,277円~3,465円1GB~15GB/月 (6GB/3日の速度制限あり)1Mbps
コミコミプラン3,278円20GB/月 (6GB/3日の速度制限あり)1Mbps
ミニミニプラン2,365円4GB/月 (6GB/3日の速度制限あり)300kbps

ミニミニプラン加入中に速度制限がかかると、Webサイトの閲覧や動画視聴に時間がかかってしまいます。

速度制限を気にせず利用したい方は、最大1Mbpsの速度が出るコミコミプランもしくは、トクトクプランがおすすめです。

7.UQモバイルには端末間でのデータシェアがない

UQモバイルは、家族間や複数台利用していてもデータシェアができません。

データシェアとは、余ったデータ量をシェアできるサービスです。

例えば、他社の格安SIMでは、最大5~10名間でデータシェアを行うことが可能です。

データシェアを利用できる格安SIM

  • IIJmio:最大10名
  • BIGLOBEモバイル:最大5名
  • mineo:最大10名
  • イオンモバイル:最大5名

UQモバイルにはデータシェアをできるサービスがないので、「家族・友人間でデータシェアをしたい」と考えている方には、おすすめできません。

8.留守番電話サービスが有料

UQモバイルは、留守番電話の利用に月額440円(税込)かかります。

電話基本パックの概要セット内容月額利用料お申し込み対応機種
お留守番サービスEX・留守番電話サービス
・割込通話
・三者通話サービス
・迷惑電話撃退サービス
440円(税込)/月必要【VoLTE対応】 スマートフォン(5G/4G LTE)

UQモバイルが提供している「お留守番サービスEX」は、人気の有料オプションがセットになったプランです。

留守番電話以外に、通話中に他の人からかかってきた電話を一時保留して電話に出る「割込通話」や3人同時に通話できる「三者通話サービス」があります。

また、迷惑電話やイタズラ電話がかかってきた際に専用ダイヤルに発信すると、次回の着信をシャットダウンする「迷惑電話撃退サービス」も利用できます。

上記の機能はご年配の方に有効で「携帯で通話をよく利用する方」にはおすすめです。ただし、LINEなどのアプリで通話をする方は、本オプションを使いこなせない可能性があるので、注意が必要です。

UQモバイルを契約する6つのメリット

メリット

それではくわしく解説します。

1.格安SIMのなかでも通信速度が速い

UQモバイルは大手キャリアや格安SIMと比べても通信速度がかなり速いです。

以下の表は、携帯キャリアや格安SIMの通信速度を計測・公開している「みんなのネット回線速度」のランキングを元に各キャリアの通信速度をまとめました。

キャリア平均ダウンロード速度
ドコモ116.4Mbps
UQモバイル110.4Mbps
povo107.06Mbps
楽天モバイル105.6Mbps
ソフトバンク104.3Mbps
au95.68Mbps
ワイモバイル95.24Mbps
ahamo87.71Mbps
LINEMO79.08Mbps
日本通信SIM70.64Mbps

※2024年1月26日に現在の通信速度を記載しています。
※日によってランキングが変動する可能性があります。
参考:携帯キャリアの通信速度ランキング | 一番速度が速いおすすめの携帯キャリアを紹介します! | みんなのネット回線速度(みんそく)
参考:格安SIMの通信速度ランキング | 一番速度が速いおすすめの格安SIMを紹介します! | みんなのネット回線速度(みんそく)

上記の表を見ていただくとわかる通り、UQモバイルは格安SIMという立ち位置でありながら、大手キャリアのソフトンバンクや楽天モバイルと並ぶ通信速度が計測されています。

同じ格安SIMジャンルである「ワイモバイル」とは10Mbps以上の差をつけるほどで、UQモバイルの通信速度は業界トップクラスと言っても過言ではありません。

そのため、「月額料金も抑えたいけど、通信速度重視で格安SIMを選びたい」という方におすすめです。

2.UQモバイル独自の機能「節約モード」で使わないときはデータ量を制限できる

UQモバイルは、「節約モード」でデータの使用量を抑えることができます。

UQモバイルの節約モードとは、ボタンひとつで高速通信から低速通信に切り替えられるサービスです。節約モードはUQモバイル加入であれば無料で利用できるため、有料オプションなどに加入する必要はありません。

節約モード時の通信速度はプランによって異なります。

プラン通信速度
ミニミニプラン最大300Kbps
くりこしプランS +5G最大300Kbps
・くりこしプランM +5G
・くりこしプランL +5G
最大1Mbp

最大1mbpsの速度が出る「くりこしプランM +5G」「くりこしプランL +5G」では、LINEやX(旧ツイッター)、メールといったテキストベースのアプリであれば、問題なく利用可能です。

以下の表で低速時のできること、できないことをまとめました。

項目必要な上り速度必要な下り速度対応可否
メールの送受信1Mbps128Kbps~1Mbps⚪︎
ウェブサイトの閲覧-1Mbps~10Mbps
動画視聴10Mbps3Mbps~25Mbps×
オンラインゲーム30Mbps以上30Mbps~100Mbps×

送受信最大300Kbpsでは、できることが制限されますが、高速通信とうまく切り替えることでデータ使用量を抑えることができます。

さらに節約モード中はデータ量を無制限で利用できるため、UQモバイルは「低速でも一定の通信速度が担保されているキャリアを選びたい」と言う方におすすめです。

3.全国のauショップ・UQモバイルショップで手続き・問い合わせできる

UQモバイルは、全国2300店舗以上のショップで気軽に対面でサポートを受けることができます。

ショップリスト

操作に不安があるとき、料金プランの相談、急なトラブルも安心して対面でのサポートを受けることができます。

また、対面のサポートではなく、電話での問い合わせも可能です。

項目内容
電話番号0120-959-001
受付時間10:00~20:00

対面でのサポート、気軽に利用できるコールセンターどちらも利用できるのはUQモバイルへ切り替えるメリットになります。

4.契約期間に縛りがないためお試し利用も可能

UQモバイルは、契約期間に縛りがないので、お試し利用も負担なくできます。

契約期間に縛りがあると、「光回線を乗り換えたのでセットでお得になるキャリアに乗り換えたい」「自宅での通信状況が悪いので、他の回線に乗り換えたい」と考えてもなかなか乗り換えできません。

しかし、UQモバイルはどのプランに加入しても契約期間を設けていないため、ご自身の利用シーンに合っていない場合はいつでも解約できます。

5.オンラインショップの契約によるキャンペーンが豊富

UQモバイルではオンラインショップにしかないキャンペーンが豊富なので、オンラインで手続きすれば店舗で契約するよりもお得に利用できます。

キャンペーン内容は以下の通りです。

UQモバイル 2024年1月 キャンペーン一覧

UQモバイルのキャンペーンを利用すれば、月々の料金を抑えるだけでなく、端末も安く購入できたり、付属サービスをお得に契約することも可能です。

ただしキャンペーンの適用には条件があります。

くわしくは、「【2024年1月】UQモバイルのキャッシュバックキャンペーン一覧|MNP乗り換えや機種変更、新規契約で使える特典を紹介」の記事をご確認ください。

6.対象の光回線とセットで申し込めば「自宅セット割」適用でお得に利用できる

UQモバイルでは、対象の光回線とセットで申し込むことで最大1,100円の自宅セット割引が適用されます。

自宅セット割には、下記の2つのコースがあります。

自宅セット割対象コース

  • インターネットコース:対象の光回線加入が条件
  • でんきコース:au電気への乗り換えが条件

割引額の利用例は以下の通りです。

プラン名(税込)割引適用前割引適用後
コミコミプラン3,278円申し込み不可
トクトクプラン1GB未満:2,277円
1GB~15GB:3,465円
1GB未満:1,177円
1GB~15GB:2,365円
ミニミニプラン2,365円1,265円

10回線まで対象になるので、最大11,000円円の割引を受けられます。

ただし、コミコミプランを利用する場合は、自宅セット割が適用されないので注意してください。

UQモバイルの回線やエリア・契約時のよくある質問

UQモバイルによくある質問に回答します。

よくある質問

UQモバイルの電波は悪い?回線が遅いって本当?

回答

UQモバイルは、auの回線を利用することができるので基本的に電波が悪くありません。

回線が遅くなる理由については、利用率が上がることなどが考えられますが、極端に終日速度が遅くなることもありません。

また、4Gだけでなく5Gも利用することができるので、広範囲で安定した速度で利用が可能になります。

ただし、稀におこる電波障害がauに発生しは場合は、UQモバイルも影響を受けてしまいます。

電波障害はauに限ったことではありませんが、普段と速度が大幅に変わっている場合は一度、電波障害が起きていないか確認しましょう。

UQモバイルの評判は?後悔する・やめたほうがいいって本当?

回答

UQモバイルは通信速度の速さや「節約モード」という独自のサービスが評価されているものの、「サポートの対応が悪い」「オンラインでの手続きがしにくい」などの評判や「後悔する」と言うような口コミもありました。

以下はUQモバイルユーザーから実際に投稿されたUQモバイルの口コミ・評判になります。

UQモバイルすげー! 低速モードだったらデータ使い放題になる!! 速度は遅くなるけどデータ使い放題になる!!やばい!!WiFiいま使えないけど最強!!最高!!UQすげー!

引用元
X

UQモバイルくんデータ通信そんなに使わない時に1Mbpsの節約モードにしておけば通信量を消費せずに済むからマジで最高

引用元
X

UQモバイル独自の「節約モード」はユーザーにも好評で「節約モードの通信速度で十分利用できる」「使わない時は節約モードにしておけばデータ量を使い切る心配もない」といった声が多く見られました。

一方で’、悪い口コミ・評判もありました。

諸事情で電話したUQモバイルのカスタマーの対応が信じられない程悪くてクソ腹立ったので、人生初のクレームを入れようと思う。あんな質の悪い人間によく電話対応させてるな。最悪の会社。私は絶対に使わない。使うな。

引用元
X

UQ モバイルのオンライン受付ってホント分かりにくすぎて、結局電話でMNPしたらしつこい確認と、アンケートしてきてかなりうざいわぁ・、もう二度とUQ利用することないだろな・・。過去最悪のMNPでした・。

引用元
X

特にUQモバイルのカスタマーサポートに不満を持つ方が多く、「電話の対応を不適切」や「オンラインの手続き方法についての回答が納得いくものではなかった」など、サポートセンターに関する悪評が目立っています。

UQモバイルは通信速度や節約モードといったサービス自体は高品質ですが、オンラインでの契約が基本となるサービスになるため、契約までの手続きに関しては苦戦する方も多いでしょう。

その場合は、UQモバイル対応のauショップで対面での手続きを行うといいでしょう。

UQモバイルのエリアを確認する方法は?

回答

UQモバイルのサービスエリアは、「対応サービスエリア(UQ mobile)」から確認できます。

UQモバイルの提供エリアを確認する手順は以下の通りです。

強調したいポイント

  • 「対応サービスエリア(UQ mobile)」ページで、[サービスエリアマップを見る]または「各都道府県のエリアマップを見る」の中から都道府県を選択する
  • 画面上部の虫眼鏡マークをクリックする
  • 「電波の種類選択」で確認したい電波を選ぶ
  • 色が付いていたらエリア範囲内

「対応サービスエリア」では、左上アイコンをタップ、もしくはクリックすれば、対象エリアの「4G/5G」の電波強度を詳細に確認できます。

新規契約や乗り換え前に事前に確認しておきましょう。

UQモバイルは店舗とオンラインショップのどちらで契約すべき?

回答

UQモバイルの契約は、オンラインショップがおすすめです。

オンラインショップでは、限定のキャンペーンを利用することができます。

オンラインの手続きに慣れている方は、ぜひお得に契約ができるオンラインショップを利用しましょう。

ただし、契約に不安のある方は対面でサポートが受けられる店舗での契約を検討しましょう。

UQモバイルの近くの店舗を探す方法は?

回答

UQモバイルの店舗は、「販売店舗一覧」から確認できます。

また、UQモバイルの店舗以外に、au Style、auショップでも契約することが可能です。

店舗では以下の基本的な手続きが可能です。

店舗でできる手続き

  • 新規(MNP)申し込み
  • 契約情報変更
  • 機種変更
  • 料金収納

ただし、au Style、auショップなどは店舗によってUQモバイルを取り扱っていない可能性があるので注意してください。

まとめ

本記事では、UQモバイルのエリアや他社との通信速度の比較を解説した上で、UQモバイルを利用するメリットやデメリットについて紹介しました。

Qモバイルは運営元がKDDIなので、他の格安SIMに比べて通信速度が速いです。実際に、通信速度が速い大手キャリアと格安SIMと比べた場合、トップクラスの通信速度を記録しています。

ただし、UQモバイルは他の格安SIMに「比べて月額料金が高い」「大容量データプランが提供されていない」などのデメリットもあります。

これらを考慮した上で、UQモバイルをおすすめできる方の特徴は以下の通りです。

UQモバイルの利用がおすすめな人

  • 料金よりも通信速度を優先したい方
  • 月に20GBで十分足りる方
  • いつでも対面のサポートを受けたい方
  • キャンペーンを利用してお得に乗り換えたい方

UQモバイルは高速通信が可能な格安スマホで、万が一のトラブルにも全国の店舗でサポートが受けられるため安心です。

お得なキャンペーンも実施しているので、UQモバイルに乗り換えを検討している方は今がおすすめです。

引越しの関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE