Operated by Ateam Inc.

イーデス

ドコモからUQモバイルにMNPで乗り換える手順とデメリット

最終更新日:

引越し
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

ドコモからモバイルへの乗り換えは「端末の確認」・「SIMロック解除」・「MNP予約番号の取得」が準備できたら10分ほどで簡単にできます。

ドコモからUQモバイルへの乗り換え(MNP)手順

また、ドコモからUQモバイルへの乗り換えを迷っている人のために、この記事では下記の2点も紹介していきます。

  • ドコモからUQモバイルに乗り換えるメリット
  • ドコモからUQモバイルに乗り換えるデメリット

気になる内容をタップ

ドコモからUQモバイルに電話番号引継ぎで乗り換える手順

他社から乗り換え(MNP)方法

ドコモからUQモバイルの乗り換えは、以下の流れで行います。

ドコモからUQモバイルへの乗り換える方法

2021年10月から、ドコモは解約時の違約金が廃止されたんだ!
だから解約金を気にせず乗り換えることができて安心だね。

高いプランでは1万円以上の解約金がかかっていたから、この解約金が無料で乗り換えできるのは嬉しいよね。

ドコモからUQモバイルの乗り換えは、初めての方でもポイントを押さえれば簡単です!
ここからはそれぞれの手順をできるだけわかりやすく紹介していきます。

1. 自分のスマホがUQモバイルで動作確認済みかを確認する

これまでドコモで使っていたスマホをそのままUQモバイルでも使いたい人は、自分のスマホがUQモバイルでも問題なく使えるかをかならず確認してください。

ドコモとUQモバイルは使っている回線が違うため、端末がUQモバイルの回線に対応していない場合があるからです。

まずUQモバイルの【動作確認端末(スマートフォン対応機種)一覧】ページを開いて、キーワード検索・もしくは条件絞込から、使いたいスマホを検索してください。

例として、iPhone 15 Proは以下のように表示されます。

右側に「〇」と書かれています。 この「〇」がついている端末は、UQモバイルで問題なく動作することが確認済みです。

また、「〇」のさらに右に記載されているスマホのイラストでは、SIMカード挿入・eSIMで4G・5Gのどの通信に対応しているかを表しています。

上の表ではiPhone 15 ProはSIMカード・eSIMともに5Gに対応していることがわかるよ!

対して、右側の記号が「△」の場合は一部使えない機能があります。

端末名をタップすると、具体的にどのような機能が使えないのかわかります。
arrowsの場合は、対応エリアが狭くなる・留守番電話が使えないなどがありました。

動作確認が済んでいないスマホでUQモバイルを使ってみて、スマホが動かなかったとしても自己責任になってしまいます。
契約前にかならず確認しておきましょう。

UQモバイルの動作確認済み端末をチェック

2. My docomoから端末のSIMロック解除をする

ドコモからUQモバイルに乗り換える際に、ドコモで使っていたスマホをそのままUQに持ち込む場合にはスマホのSIMロック解除が必要な場合があります。

SIMロックの解除では、まず「My docomo」にアクセスしてください。
My docomoにdアカウントでログインしたら、「お手続き」から「カテゴリを探す」>「解約・その他」を選択し、「SIMロック解除」>「お手続きする」を進むと完了します。

SIMロック解除はドコモショップでも無料で受け付けてもらえるよ!
不安な人はお近くのドコモショップに行ってみてね!

SIMロック解除には有効期限はありません。
乗り換えを検討している人は、まずはMy docomoからSIMロック解除を行いましょう。

My docomoのログインページはこちら

ドコモでMNP予約番号を取得する

ドコモで使っていた電話番号をUQモバイルでも引き継ぎたい人は、MNP予約番号の発行が必要です。

MNP予約番号の取得はネット・電話・店舗のどこからでも可能です。
ですが一番おすすめなのはオンラインでのMNP番号取得です。
電話や店舗では長い待ち時間がかかる場合がありますが、オンラインなら24時間いつでもどこでもMNPの番号取得ができるからです。

窓口連絡先受付時間
オンラインMy docomo24時間
電話ドコモ電話:151
フリーダイヤル:0120-800-000
9:00~20:00
店舗ドコモショップ各店舗による

MNP予約番号が取得できたら、5日以内にUQモバイルに申し込んでください。
MNP予約番号には15日間の有効期限があります。
さらにUQモバイルでは、有効期限が10日以上残っている場合、した申込を受け付けていないからです。

有効期限が10日未満になってしまった場合には、このMNP予約番号はUQモバイルへの乗り換えには使えません。
予約番号の取得をもう一度やり直してください。

MNP予約番号の有効期限が15日あるからってのんびりしていちゃダメなんだね!
5日以内にUQモバイルに申し込まなくちゃ!

なお、MNP予約番号を取得した時点ではまだドコモを解約したことにはなりません。
そのためMNP予約番号の有効期限が切れてしまっても、また取り直せば問題はありません。

4. UQモバイルに乗り換えの申し込みをする

UQモバイルの乗り換え申し込みは、店舗よりもオンラインショップがおすすめです。

オンラインショップから申し込むと、最大10,000円のキャッシュバックなどのオンライン限定の特典が受けられるからです。

オンラインショップなら窓口の待ち時間もないし、24時間いつでも申し込めるというメリットもあるからオンラインが安心だね!

ただし、未成年の方はオンラインショップからの申し込みはできません。
未成年の方は「契約者」を成人の保護者にして自身は「利用者」として契約するか、店舗に行って契約するかのどちらかで申し込まねばなりません。

オンラインで申し込みをする人は、まずは以下の書類を用意してください。

UQモバイルのオンライン申込に必要なもの

  • 本人確認書類
    • 運転免許証
    • マイナンバーカード
    • 日本国パスポート
    • 健康保険証+自身宛ての公共料金の領収書
  • クレジットカード

必要書類が揃ったら、オンラインショップのフォームからUQモバイルに申し込んでください。

5. ドコモのSIMカードからUQモバイルのSIMに差し替える

UQモバイルの申し込みを行ってから、早ければ2~3日以内に宅配便でSIMカードが届きます。 UQモバイルのSIMカードが届いたら、お手持ちのスマホに対応するサイズにSIMカードを抜き取りましょう。

eSIMで契約した人はこのステップは不要です!
UQモバイルから送られてくるQRコードを読み取って、スマホで設定するだけで完了します。

SIMカード挿入でUQモバイルに乗り換えた人は、届いたSIMカードをあなたのスマホに合ったサイズに切り抜いてSIMカードのサイズを合わさなければなりません。

SIMカードのサイズ

お使いのスマホのSIMカードのサイズは、UQモバイルの「動作確認端末ページ」から確認ができます。

SIMカードの切り抜きができたら、ドコモのSIMカードを抜き取って、UQモバイルのSIMカードを挿入しましょう。

SIMカードを入れ替えたら、スマホの本体設定をしていきます。

6. 回線切り替え手続きをする

次は電話回線をドコモからUQモバイルに切り替えます。

9:30~20:30の間に、UQモバイルオンラインショップのメニューから「ご注文履歴」にアクセスしてください。

回線切り替えは9:30~20:30の時間ないじゃないと受け付けられないよ!
オンラインでも24時間対応ではないから、時間外になってしまった人は次の日まで待ってね。

MNP予約番号の有効期限「発行から15日以内」に回線切り替えを済まさないといけないから要注意だよ!

回線切り替え手続きには、以下の3つの情報が必要になります。

電話回線の切り替えに必要な情報

  • UQモバイルオンラインショップのご注文番号
  • 注文時に登録した「注文履歴確認用パスワード」
  • 切り替え予定の携帯電話の番号

「UQモバイルオンラインショップのご注文番号」は、オンラインショップ申し込み後にUQモバイルから送られる「発送完了のお知らせメール」に記載されています。

回線の切り替えが完了したタイミングで、ドコモは自動的に解約されます。
このタイミングでドコモのキャリアメールなどは使えなくなるので、メールアドレスの移行手続きなどは事前に済ませておきましょう。

7. UQモバイルの初期設定(APN設定)とデータ移行をする

ドコモで使っていた端末をUQモバイルでも使う場合や、「SIMカードのみ」の購入を選択した場合は、APN設定が必要になります。

APN設定とは、UQモバイルの回線をそのスマホで使うためのプロファイルの設定を指します。

APN設定の手順は、対象の端末によって異なります。 機種ごとのAPN設定方法は「動作確認端末一覧」のページから機種を選択すると、APN手順書のPDFがダウンロードできるので、そこから確認ができます。

APN設定が終わったら、データ移行を行いましょう。
バックアップのデータや電話帳を新しいスマホに移したら、乗り換え手続きは完了です!

ドコモからUQモバイルに乗り換えるタイミングはいつが良い?

ドコモは解約時の違約金が無料なのでタイミングはいつでもOKです。

ドコモの違約金は2021年の10月から無料であるため、いつUQモバイルに乗り換えても解約金がかからないからです。

以前はドコモの解約には最大10,450円の違約金がかかりましたが、今はタイミングを気にせずUQモバイルに乗り換えることができます。

解約金が無料なら、契約更新月とかを気にせずにUQモバイルに乗り換えられるね!

ドコモからUQモバイルに乗り換えるメリット

ここからはドコモからUQモバイルに乗り換えた場合のメリットを紹介していきます。

ドコモからUQモバイルに乗り換えるメリット

それぞれのメリットをくわしく紹介していきます。

UQモバイルへの乗り換えで月額料金が最大4,037円安くなる

ドコモからUQモバイルに乗り換えるだけで、月々のスマホ料金が大幅に安くなります。
プランの基本料金がドコモに比べてUQモバイルは圧倒的に安く設定されているからです。

データ容量別にドコモとUQモバイルの月額料金をくらべてみましょう。

ドコモとUQモバイルの月額料金比較
データ容量ドコモUQモバイル差額
~3GB5,665円(無制限)2,365円3,300円
~15GB7,315円(無制限)1GB未満:2,277円
1GB超~15GB:3,465円
3,850円
~25GB7,315円(無制限)3,278円(20GB)4,037円
データ無制限7,315円(無制限)プランなし
※料金がすべて税込価格
※2024年3月時点

同じデータ使用量でも、UQモバイルはドコモの半額以下の金額で使うことができます。

データ容量はそのままなのに、携帯料金が半額以下になるなんてすごいね!

この圧倒的な安さがドコモからUQモバイルに乗り換える最大のメリットといえるでしょう。

端末販売価格がドコモよりUQモバイルのほうが安い

これまでドコモを使っていた人は、UQモバイルならドコモよりも数万円以上安くスマホを購入することができます。

UQモバイルはスマホの販売価格設定がドコモより安いです。
さらにドコモからの乗り換えでUQモバイルに契約する人は「UQオンラインショップおトク割」で端末の販売価格が最大22,000円も値引きされるからです。

新規でスマホ端末を購入するときの端末価格を比較してみましょう。

UQモバイルとドコモの端末販売価格
機種名ドコモUQモバイル差額
iPhone SE(第三世代)64GB73,370円48,935円24,435円
iPhone SE(第三世代)256GB104,500円81,415円23,085円
Galaxy A23 5G33,440円3,800円29,640円
(参照:iPhone | ドコモオンラインショップGalaxy A23 5G SC-56C端末価格一覧|格安sim・格安スマホの通販は【公式】UQ mobileオンラインショップ
※料金は税込価格
※2024年3月時点
※ドコモはいつでもカエトクプログラムは適用なしの新規契約時の価格を記載
※UQモバイルはドコモからのMNPでUQオンラインショップおトク割適用後の価格を記載

同じiPhoneでもドコモとUQモバイルで20,000円以上も販売価格が違うの?!

UQモバイルはスマホの価格設定が元から安いんだ!
そのうえドコモからの乗り換えなら最大22,000円の割引があるからすごくお得になるんだよ

同じiPhone SE(第3世代)64GBを購入する場合なら、UQモバイルから買えばドコモよりも20,000円以上安く買うことができます。

月額料金を節約できるだけでなく、スマホの端末価格まで安くできるのはうれしいですね!

UQモバイルのオンラインショップおトク割は勝手に値下げされている!

UQモバイルのオンラインショップでは「〇円⇒〇円」のような値下げの表記はありません。
「MNP契約」を選択して、対象スマホをカートに入れると自動的に値下げされた金額で購入できるようになっています。

割引されていないように見えるけど、実はちゃんと割り引かれているから安心してね!

不安な方は事前に「端末価格一覧」で割引前後の価格をチェックしておきましょう。

UQモバイルも店舗で相談や契約ができる

一般的な格安スマホは、対面でサポートを受けられる店舗がない・もしくは店舗数が少ないというデメリットがあります。
ですが、UQモバイルならau・UQモバイルの全国のショップでサポートが受けられるため、店舗で相談をしたい人も安心です。

UQモバイルは、UQモバイル専売の「UQスポット」という店舗だけでなく auショップでもサポートが受けられます。

auショップは全国1,780店舗あるから、近くにUQスポットがない人でも安心だね!

(※2023年3月末時点の株式会社KDDIの調査より)

データ容量を翌月に繰り越せる

UQモバイルでは毎月の余ったデータを翌月に繰り越すことができます。

データ繰り越しとは

たとえば15GBプランに契約している人が12GBしか使わなかったとします。
すると余った3GBは翌月に繰り越されて、翌月は最大18GBまで速度制限なくパケットを使うことができます。

リモートワークとかで外出が少ない月にはパケットを余らせがちだから、意外と便利なサービスだよ!

これはドコモではない制度です。
このデータ繰り越しはUQモバイルの魅力の一つといえるでしょう。

節約モードでパケットの消費を抑えられる

無制限のeximoと、データ上限の高いドコモの人は、UQモバイルに乗り換える際にデータ容量がいっぱいになる不安があるかもしれません。

ですがUQモバイルの「節約モード」を使えば、パケットの消費を抑えることができます。

UQモバイルの「節約モード」とは?

UQモバイルの通信速度を最大300kbps~1Mbpsに抑えたモードのことです。

  • 適用条件:
    ①直近3日間に6GB以上の利用があった利用者の通信速度を、翌日にかけて制限
    ②各プランのデータ容量を超過後は、ミニミニプランでは最大300kbps、トクトクプラン、コミコミプランでは最大1Mbpsに通信速度を制限

節約モード時の通信量は、毎月のパケット消費の対象外としてカウントされます。

そのためLINEやウェブサイトの閲覧など、最大300kbpsでも問題ない通信を行う時だけ「節約モード」に切り替えておけば、ギガを消費することなくネットを楽しむことができます。

節約モードはアプリ上のボタン一つですぐに切り替えができます。
節約モードを使いこなせば、3GBのプランに契約していても実際は3GB以上の通信を楽しむことができます。

「自宅セット割」で月額料金が最大1,100円割引

ドコモのスマホとドコモ光のネットの両方を契約すると、「ドコモ光セット割」が適用されます。
それと同様に、UQモバイルも対象のインターネットとセットで契約すれば「自宅セット割」として月額料金が割引になります。

自宅セット割の割引額は以下のとおりです。

UQモバイルの自宅セット割の割引額
プラン月額料金自宅セット割割引後価格
ミニミニプラン2,365円-1,100円1,265円
トクトクプラン1GB未満:2,277円
1GB超~15GB:3,465円
-1,100円2,365円
コミコミプラン3,278円(20GB)対象外-
※すべて税込価格

自宅セット割の対象となるインターネットは、auひかり・So-net光プラスなど多数あります。
自宅セット割についてくわしく知りたい人はこちらの記事をご覧ください。

au PAYカードが年会費1,375円がずっと無料で使える

KDDIが発行しているau PAYカードの年会費がUQモバイルのユーザーは永年無料になります。

au PAYカード

au PAYカードは年1回以上使えばだれでも年会費無料になるから、UQモバイルユーザーのメリットはそれほど大きくないかもしれないけどね

ですがUQモバイルの支払いをau PAYカードから行うと自動的にPontaポイントが貯まります。

UQモバイルはKDDIの運営するスマホブランドなので、au PAYなどを有効活用できる点でもおすすめです。

ここまではドコモからUQモバイルに乗り換えるメリットを紹介してきました。
ですがその一方でUQモバイルに乗り換えることのデメリットもあります。

ドコモからUQモバイルに乗り換えるデメリット

ここからはドコモからUQモバイルに乗り換える際のデメリットも紹介していきます。
UQモバイルに乗り換えて後悔することがないように、事前にチェックしておきましょう。

ドコモからUQモバイルに乗り換えるデメリット

それぞれのデメリットをくわしく見ていきましょう。

ドコモに比べるとUQモバイルの通信速度は遅い

UQモバイルの速度は格安スマホの中ではトップクラスに速いです。
ですが、ドコモに比べるとUQモバイルの通信速度は遅い傾向にあります。

ドコモの通信速度は国内トップの速さを誇っているからです。

スマホブランド各社の速度データを比較した結果が以下のとおりです。

通信会社回線平均速度ランキング
ランキングスマホ会社名平均ダウンロード速度
1位NTTドコモ119.34Mbps
2位UOモバイル110.43Mbps
3位楽天モバイル109.02Mbps
4位ソフトバンク105.49Mbps
5位povo105.17Mbps
6位au99.35Mbps
7位Y!mobile94.74Mbps
8位ahamo86.38Mbps
9位LINEMO70.6Mbps
10位nuroモバイル63.07Mbps
11位OCNモバイルONE51.68Mbps
12位IIJmio49.51Mbps
13位イオンモバイル43.12Mbps
14位mineo42.34Mbps
15位スターモバイル37.27Mbps
※2024年1月30日時点
※測定結果が100件未満のスマホ会社はランキングから除外しています。
参考:みんなのネット回線速度(みんそく) | 速度比較が出来る通信速度測定サイト

一般的にスマホを快適に使うために必要な速度は30Mbpsです。
そのためUQモバイルはスマホを使う上では十分快適に使える速度が出ています。

UQモバイルの速度でも十分だけど、ドコモがとにかく速すぎるってことだね!

そうなんだ。だから使う分には困らなくても、ドコモからUQモバイルに乗り換えると遅い!と思う人もいるんだよね。

筆者はauからUQモバイルに乗り換えていますが、速度が遅くなったと思うことはありませんでした。
ですがドコモからUQモバイルに乗り換えて後悔する理由として考えられるなら、速度は一つの要因になるかもしれません。

ドコモ光セット割などの割引が使えなくなる

ドコモのスマホを解約すると、ドコモユーザーのみが対象となっている各種割引は使えなくなります。
代表的なものが「ドコモ光セット割」です。

ただし、ドコモ光セット割で受けられる割引は1人あたり最大-1,100円。
それ以上のUQモバイルの月額料金の安さのほうが大きいので、ドコモ光セット割の失効を加味しても、UQモバイルのほうが料金面でのメリットは大きいです。

スマホを分割払いで購入していると残債の支払いが必要になる

ドコモでスマホを分割払いで購入しており、その支払いがまだ終わっていない人は、ドコモを解約するタイミングで残りの代金(残債)をまとめて払わなければなりません。

ハイエンドのスマホを買った人は10万円以上になることもあるから要注意だよ!

ドコモは解約金がかからない!と油断していると、残債で思いもよらない出費になることがあるから、解約する前に機種代金の支払いを終えているかチェックしておこうね

解約時にスマホの残高支払いが必要になるのは、ドコモに限ったことではありません。

ですが意外と忘れがちなので、想定外の出費を避けるためにもかならず事前に確認しておきましょう。

ドコモの機種代金の残債は、My docomoにログインし、「契約内容・手続き」のボタンをクリック、その中の「ご利用機種」のところから確認できます。

販売しているiPhone・Androidの種類が少ない

UQモバイルはドコモに比べると、セット購入できるスマホのラインナップが少ないです。
そのためUQモバイルでスマホをセット購入する場合は、ドコモよりも少ない機種の中から選ばなければなりません。

ドコモとUQモバイルのオンラインショップで取り扱われているスマホの種類を比べてみましょう。

UQモバイルは特に高価格帯のハイエンドモデルや、最新機種の取り扱いがドコモに比べて少ない傾向があります。

UQモバイルはiPhone 14やPro・Pro MAXシリーズの取り扱いがなかったりするんだ…

UQモバイルに取り扱いがないスマホを使いたい人は、AppleストアやAmazonなどで購入してUQモバイルに持ち込むこともできます。

セット購入だけできないことがデメリットなので、欲しいスマホがある人は自分で購入したスマホにUQモバイルのSIMを導入して使ってください。

ドコモのメールアドレスを引き継ぐには月額330円かかる

ドコモのキャリアメール(@docomo.ne.jp)は、ドコモを解約すると使えなくなります。

そして、このメールアドレスを契約後も引き続き使うためには、月330円を支払って「ドコモメール持ち運び」に契約しなければなりません。

前まではドコモの解約後はドコモメールは一切使えなくなっていたんだけど、今は逆に330円を支払えば引き続き使うことができるよ!

でもせっかくUQモバイルに乗り換えて月額料金が安くなるのに、メールアドレスに330円を払い続けるのはもったいないよね…

ドコモの解約をする前に、できるだけキャリアメールからGmailなどのフリーメールに移行をしておくことがおすすめです。
ですがどうしても間に合わない人は、「ドコモメール持ち運び」の利用を検討してみましょう。

dアカウント発行前にドコモを解約するとdポイントが失効する

ドコモでdポイントを貯めていた人は、ドコモの解約前にかならずdアカウントを発行してください。

dアカウントを作っていない人がドコモを解約すると、dポイントが失効してしまうからです。

dポイントはドコモユーザー以外でも使うことができるため、UQモバイルに乗り換えてからも継続して貯めたり使ったりすることができます。
ですが、ドコモユーザー以外はかならずdアカウントの発行が必要なので、ドコモの解約前にdアカウントの作成を進めておきましょう。

以上がUQモバイルからドコモに乗り換える際のデメリットです。

ここまではUQモバイルとドコモを比較したメリット・デメリットを紹介してきました。

まとめ

ここまで、ドコモからUQモバイルの乗り換えについて紹介してきました。
乗り換えの手順やメリット・デメリットのイメージはつきましたか?

最後にドコモからUQモバイルに乗り換える手順をおさらいしていきましょう。

ドコモからUQモバイルへの乗り換え(MNP)手順

乗り換えはポイントさえ押さえれば難しいことはありません。
UQモバイルに乗り換えると携帯料金は安くなります。
この機会にUQモバイルに乗り換えて、月々のスマホ代を節約しましょう!

引越しの関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE