Operated by Ateam Inc.

イーデス

教員におすすめ転職サイト・転職エージェントを比較!未経験転職で強みになるスキルは?

最終更新日:

転職サイト おすすめランキング
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

教員が転職を成功させるには、多数の求人をチェックできる転職サイトを利用しましょう。

教員は激務で転職活動の時間を取りづらいので、転職活動をサポートしてくれる転職エージェントの利用もおすすめです。

転職サービスにはさまざまな種類があり、それぞれに特徴が異なるため、自分に合った転職サービスを利用することで成功へと導けるでしょう。

本記事では、教員の転職におすすめの転職サイトと、教員から異業種への転職におすすめの転職エージェントをご紹介します。

教員向け転職サイト・転職エージェントを比較

サービス名得意分野対象年齢特徴求人数就職者数
※1 事業者合算
転職先への定着率※2キャリア相談求人の提案スカウト機能
リクナビNEXT公式サイト幅広い業界・業種全年代
  • 業界最大級の求人数を保有
  • 自分のペースで転職活動ができる
約103,000件
+非公開求人
年間53,899人約95%丸丸丸
ビズリーチ公式サイトハイクラス全年代
  • スカウト型の転職サイト
  • ハイクラスに特化した転職サイト
約83,000件
+非公開求人 
丸丸丸
教員採用.jp公式サイト私学教員全年代
  • 教員採用に特化した転職サイト
  • 教員採用イベントに参加可能
949件丸バツ丸
リクルートエージェント公式サイト幅広い業界・業種全年代
  • 転職業界に精通した圧倒的な求人数
  • キャリアアドバイザーの交渉力が強い
約360,000件
+非公開求人 約276,000件
丸丸丸
マイナビエージェント公式サイト幅広い業界・業種全年代
  • 20代の転職サポートに強み
  • 夜間・土曜も相談可能
約63,000件
+非公開求人 約17,000件
年間24,903人約89%丸丸丸
doda公式サイト幅広い業界・業種全年代
  • 転職サイト/エージェント両方利用可能
  • 面接対策が手厚い

200,000件以上

(※2023年11月時点、非公開求人を含む)

年間31,414人約94%丸丸丸
Education Career公式サイト教育業界全年代
  • 教育業界専門の転職エージェント
  • 教育業界で高年収を目指す方におすすめ
1,344件丸丸バツ

(2023年11月時点)

また、転職で活かせる教員のスキルや強み、転職成功のポイントなどについても解説しています。

教員のキャリアアップ転職を狙っている方も、教員から異業種への未経験転職を希望する方も、本記事を参考にして成功させましょう。

    気になる内容をタップ

    教員への転職で利用したいおすすめの転職サイト

    教員の仕事は激務であることが多いですが、学校によって労働環境に差がある場合があります。

    そのため、教員として別の学校への転職を考えている人も多いでしょう。

    ここでは、教員の転職におすすめの転職サイトをご紹介します。

    転職サイトを選ぶ際は、求人数の多い転職サイトを利用するのがおすすめです。

    求人数の多い総合型の転職サイトと、教員の転職に特化した転職サイトをあわせて3つご紹介します。

    サービス名得意分野対象年齢特徴求人数就職者数
    ※1 事業者合算
    転職先への定着率※2キャリア相談求人の提案スカウト機能
    リクナビNEXT公式サイト幅広い業界・業種全年代
    • 業界最大級の求人数を保有
    • 自分のペースで転職活動ができる
    約103,000件
    +非公開求人
    年間53,899人約95%丸丸丸
    ビズリーチ公式サイトハイクラス全年代
    • スカウト型の転職サイト
    • ハイクラスに特化した転職サイト
    約83,000件
    +非公開求人
    丸丸丸
    教員採用.jp公式サイト私学教員全年代
    • 教員採用に特化した転職サイト
    • 教員採用イベントに参加可能
    949件丸バツ丸

    (2023年11月時点)

    トップクラスの求人数を誇る転職サイトなら「リクナビNEXT」

    リクナビNEXT
    (引用元
    リクナビNEXT

    リクナビNEXTがおすすめの人

    • 自分のペースで転職活動を行いたい
    • トップクラスの求人数を誇る転職サイトを利用したい

    リクナビNEXT」は、人材業界大手のリクルートが運営している総合型の転職サイトです。

    幅広い職種で豊富な求人数を保有しているため、教員の求人も見つかる可能性があります。

    転職サイトは自由に求人探しや応募などができるため、自分のペースで転職活動を進めたい方はぜひ利用してみましょう。

    「転職成功ノウハウ」や「グッドポイント診断」など、転職活動に役立つコンテンツが多数あります。

    本格的な転職活動を進める前に、「まずは求人だけチェックしてみたい」という教員の方も、以下より登録しておいてください。

    リクナビNEXT|基本情報

    運営会社株式会社リクルート
    公開求人数約121,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    高年収を実現できるハイクラス求人なら「ビズリーチ」

    ビズリーチ
    (引用元
    ビズリーチ

    ビズリーチがおすすめの人

    • 高年収を実現したい
    • 企業からスカウトを受けたい

    ビズリーチ」は、年収600万円以上のハイクラス求人に特化した転職サイトです。

    登録した情報をもとに、興味を持ってくれた企業からスカウトが届く「ヘッドハンティング型」の転職サイトなので、求人探しの手間が省けます。

    教員としての今までの経験やスキルをアピールして年収アップを狙っている方は、ぜひ登録してスカウトを待ちましょう。

    教員としての転職を希望している方も、思わぬ企業からスカウトが届き、異業種転職への足掛かりとなるかもしれません。

    高年収を目指している方や、スカウト型の転職サイトを利用したい方は、ぜひ以下より登録しておきましょう。

    ビズリーチ|基本情報

    運営会社株式会社ビズリーチ
    公開求人数約114,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国+海外
    料金

    登録無料
    【プレミアムステージへのアップグレード(有料)】
    ●Web版から(Web決済)
    30日間コース :5,478円(税込)
    ●アプリから(App Store決済)
    月額 :5,500円(税込)

    (最終更新:24年5月時点)

    教員特化の転職サイトなら「教員採用.jp」

    教員採用.jp
    (引用元
    教員採用.jp

    教員採用.jpがおすすめの人

    • 教員採用に特化した転職サイトを利用したい
    • 学校からのスカウトサービスを利用したい

    教員採用.jp」は、教員の採用に特化した転職サイトです。

    学校からスカウトが来るサービスも利用できるため、効率的に転職活動を進められます。

    また、専門コンサルタントによる就職サポートを受けられるので、転職が初めてという教員はぜひ利用してみましょう。

    また、教員採用イベントや学校説明会のセミナーに参加することもできるので、積極的に活用してみてください。

    教員として転職を検討している方は、ぜひ以下より登録しておきましょう。

    運営会社株式会社 ブレインアカデミー
    対象地域全国
    公開求人942件(2023年11月時点)
    料金無料
    公式サイトhttps://kyoin-saiyo.jp/

    教員からの転職に利用したいおすすめ転職エージェント

    教員は日頃から激務のうえ、休日もあまり取れないため、肉体的にも精神的にもつらい職業です。

    最近は労働環境が改善されている学校もあるようですが、激務であることから転職したいと考える方は非常に多いでしょう。

    ここでは、教員から異業種に転職したい方におすすめの転職エージェントをご紹介します。

    転職エージェントの活用方法については「教員の転職成功のための転職エージェント活用ポイント」で紹介しているので参考にしてみてください。

    サービス名得意分野対象年齢特徴求人数就職者数
    ※1 事業者合算
    転職先への定着率※2キャリア相談求人の提案スカウト機能
    リクルートエージェント公式サイト幅広い業界・業種全年代
    • 転職業界に精通した圧倒的な求人数
    • キャリアアドバイザーの交渉力が強い

    約360,000件

    +非公開求人 約276,000件

    丸丸丸
    マイナビエージェント公式サイト幅広い業界・業種全年代
    • 20代の転職サポートに強み
    • 夜間・土曜も相談可能

    約63,000件

    +非公開求人 約17,000件

    年間24,903人約89%丸丸丸
    doda公式サイト幅広い業界・業種全年代
    • 転職サイト/エージェント両方利用可能
    • 面接対策が手厚い

    200,000件以上

    ※2023年11月時点、非公開求人を含む

    年間31,414人約94%丸丸丸
    Education Career公式サイト教育業界全年代
    • 教育業界専門の転職エージェント
    • 教育業界で高年収を目指す方におすすめ
    1,344件丸丸バツ

    (2023年11月時点)

    豊富な求人から探したいなら「リクルートエージェント」

    リクルートエージェントがおすすめの人

    • たくさんの求人から選びたい
    • 企業からスカウトを受けたい

    リクルートエージェント」は、求人数が業界トップクラスの転職エージェントです。

    約20万件以上の公開求人を保有しているうえ、好条件の求人が多い非公開求人も保有しています。

    他の転職エージェントでは見つからなかった条件でも、キャリアアドバイザーに条件をしっかりと伝えれば希望にぴったりの求人が見つかるでしょう。

    教員としての経験やスキルをアピールすれば、大手企業からスカウトが届く可能性も高まります。

    豊富な求人から自分に合った仕事を見つけたい方は、ぜひ以下より登録してみてください。

    リクルートエージェント|基本情報

    運営会社株式会社リクルート
    公開求人数

    約394,000件

    非公開求人数約219,000件
    対応地域全国+海外
    料金すべて無料
    公式サイトhttps://www.r-agent.com/

    (最終更新:24年5月時点)

    未経験業界に転職したいなら「マイナビエージェント」

    マイナビエージェントがおすすめの人

    • 業界未経験でも転職したい
    • 夜間や土曜に相談したい

    マイナビエージェント」は、若年層の転職サポートに強みのある転職エージェントです。

    全年代のサポートに対応していますが、20代~30代前半の利用者が多い傾向があります。

    業界・職種未経験歓迎の求人を多数保有しているため、教員から異業種に転職したい方におすすめです。

    また、応募書類の添削や面接対策はもちろん、企業との交渉も代行してくれます。

    平日の夜間や土曜日も転職相談を受け付けてくれる数少ない転職エージェントのため、日頃から忙しい教員でも利用しやすいでしょう。

    未経験業界に転職したい方や、夜間・土曜に相談したい方は、ぜひ以下より登録してみてください。

    マイナビエージェント|基本情報

    運営会社株式会社マイナビ
    公開求人数非公開
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    充実した転職サポートを受けたいなら「doda」

    doda
    (引用元
    doda

    dodaがおすすめの人

    • 転職サイトとしても活用したい
    • 手厚い書類添削や面接対策などを受けたい

    doda」は、業界大手のパーソルキャリアが運営している転職エージェントです。

    転職サイトとしても、転職エージェントとしても利用できるため、自分に合った活用方法を選べます。

    保有求人数が業界トップクラスなのはもちろん、面接対策が丁寧と評判なので、面接に不安のある方はぜひ利用してみましょう。

    また、企業との面接日程の調整や条件交渉なども代行してくれるため、在職中で忙しい教員でもスムーズに転職活動を進められます。

    事前にしっかりと対策を行ってから選考試験に臨みたい方は、ぜひ以下より登録してみてください。

    doda|基本情報

    運営会社パーソルキャリア株式会社
    求人数

    200,000件以上(非公開求人を含む)

    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    異業種求人もある教育業界専門の転職エージェントなら「Education Career」

    異業種求人もある教育業界専門の転職エージェントなら「Education Career」

    (引用:Education Career

    Education Careerがおすすめの人

    • 教育業界専門の転職エージェントを利用したい
    • 教育業界で高年収を目指したい

    Education Career」は、教育業界専門の転職エージェントです。

    学校教員の求人に限らず、ベネッセやリクルートなど、教育事業を行っている企業全般の求人を幅広く紹介してもらえます。

    転職によって年収アップに成功している人が多いため、今よりも年収を上げたいと思っている教員におすすめです。

    教員だけでなく、教育業界の幅広い仕事に興味がある方は、ぜひ以下より登録しておきましょう。

    運営会社株式会社ファンオブライフ
    対象地域全国
    公開求人

    1,344件

    (2023年11月時点)

    料金無料
    公式サイトhttps://education-career.jp/

    教員からの未経験転職で失敗する理由と難易度を調査!

    教員から別の仕事に転職したいと思っても、未経験から異業種に転職できるのか不安に思っている方も多いでしょう。

    教員からの未経験転職で失敗するのはどのようなケースが多いのか、また、転職のポイントや難易度などについてご紹介します。

    事前にしっかりと対策を練っておけば、希望する業界への転職を成功へと導けるでしょう。

    教員から異業種への転職難易度は高め

    教員から異業種への転職は、難易度が高めです。

    学校と一般企業では根本的なシステムが異なり、業務内容も大きく異なります。

    そのため、企業によっては即戦力として評価してくれず、転職が成功しない可能性があるでしょう。

    しかし、教員としての経験やスキルは一般企業でも十分に活用できるため、アピールの仕方によっては魅力的に映るはずです。

    転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談して、より魅力的なアピールポイントを見つけておきましょう。

    今まで培ってきたスキルや経験を上手に活かして、転職を成功へと導いてください。

    20代はポテンシャル採用も可能

    20代の教員は、ポテンシャル採用を狙うことが可能なので、異業種でも比較的転職しやすいでしょう。

    ポテンシャル採用は経験よりも、やる気・人間性などで判断されるため、未経験の業界でも転職できる可能性があります。

    転職難易度が低めといっても、魅力的な人材でなければ採用されないので、教員として培った体力や忍耐力、ストレス耐性などをアピールするのがおすすめです。

    ポテンシャル採用は若ければ若いほど有利になるため、転職を考えている20代の教員は、できるだけ早めに行動に移すことをおすすめします。

    教員が転職に失敗してしまう理由

    教員の仕事は一般企業と大きく異なるため、なかには転職に失敗してしまうケースもあります。

    良くある失敗例を事前に把握しておけば、失敗を回避するための対策を練ることも可能です。

    ここでは、2つの理由をご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

    年収が高い求人ばかり探してしまう

    教員は、一般企業で働く同年代のビジネスマンよりも高年収であることが多いです。

    そのため、求人を探す際も年収が高めの求人ばかり探してしまう傾向があります。

    しかし、教員が異業種に転職する場合は、キャリアアップ転職ではなく未経験転職になるため、年収が下がる可能性があることは把握しておきましょう。

    年収の高い求人ばかり探していると転職先がなかなか見つからなかったり、ブラック企業に転職してしまったりと、失敗する原因になります。

    転職時はあまり年収にこだわりすぎずに求人を探し、転職後に少しずつスキルアップ・キャリアアップを目指すのがおすすめです。

    教員は年功序列で年収が上がっていくケースが多いですが、一般企業は能力によって昇給するケースが多いため、転職後に年収アップを目指しましょう。

    忙しくて転職活動の時間を取れない

    教員は日頃から忙しいため、なかなか転職活動に時間を割けずに、転職に失敗してしまうケースがあります。

    転職活動の時間を十分に取れないと、準備不足で最大限の力を発揮できなくなり、転職に失敗してしまう場合もあるでしょう。

    通常の授業だけでなく、部活動など他の業務も担当している場合は、思うように転職活動を進められないこともあります。

    教員からの転職失敗を防ぐには、転職活動に比較的時間を取りやすい年度末の時期を狙って活動するのがおすすめです。

    年度末は一般企業の求人が多く出ているため、求人数が多く狙い目の時期ですが、ライバルが多い時期でもあるので準備をしっかりと行っておきましょう。

    教員の転職については、以下の記事でも解説しているので参考にしてみてください。

    教員からの転職で活かせるスキル・強み

    教員から異業種への転職は難易度が高めですが、スキルや強みを上手に伝えることができれば、転職を成功させることも可能です。

    ここでは、教員にはどのようなスキルや強みがあり、どのようにアピールすれば良いのかをご紹介します。

    教員の転職失敗例も頭に入れながら、上手なアピールポイントを見つけていきましょう。

    マネジメント能力

    教員の経験でアピールできるスキルは、マネジメント能力です。

    マネジメント能力とは、役職について部下をサポートしながら部署をまとめていく能力のことです。

    教員の仕事は、大勢の児童や生徒を統率したり、進路指導の相談に乗ったりと似たような一面があるため、マネジメント能力をアピールできます。

    どのような職種・業界でもマネジメント能力のある人材は重宝されるため、上手にアピールすれば魅力的な人材として印象に残るでしょう。

    30代以上になるととくにマネジメント能力が求められるため、積極的にアピールすることをおすすめします。

    コミュニケーション能力

    教員の仕事はさまざまな人と接する機会が多いため、コミュニケーション能力が身についています

    児童・生徒やその保護者、同僚や上司、外部の業者などさまざまな人とコミュニケーションを取る場面が多いです。

    ときには生徒の問題に踏み込んで対応する場面もあるため、一般企業よりも深いコミュニケーションを取っている可能性があります。

    コミュニケーション能力はどんな仕事でも必要とされる非常に重要なスキルのため、積極的にアピールすると良いでしょう。

    マルチタスク能力

    教員は生徒に勉強を教えるだけでなく、学校運営に関わるさまざまな業務を請け負っています。

    つねにさまざまな仕事に追われているため、マルチタスク能力も磨かれている可能性があるでしょう。

    しかも、期限付きの仕事が多いため、責任を持って仕事を終わらせることができれば、大きなアピールポイントになります。

    複数の業務を滞りなく処理できるのはもちろん、一般企業では営業成績や成果を求められるため、さらに難易度が高いです。

    しかし、教員として身につけたスキルや経験、体力や忍耐力を発揮すれば好成績を残せるため、アピールポイントになるでしょう。

    教員におすすめの民間・一般企業の転職先

    教員から異業種への転職を希望する人は、実際にどのような転職先があるのか把握できていない場合も多いはずです。

    ここでは、教員におすすめの民間・一般企業の転職先をいくつかご紹介します。

    以下4つ以外の業界に転職することももちろん可能ですが、できるだけ有利に転職活動を進めたい方は、教員の経験を活かせる業界を選ぶと良いでしょう。

    教員経験を活かすなら「教育・スクール事業」

    教員の経験を最大限に活かせる業界は「教育・スクール事業」です。

    実際に、塾や予備校などに転職する教師も多く、教員の経験が有利になる転職先といえます。

    教育・スクール事業はそれだけではなく、通信教育の教材を作成する会社や教育向けの書籍の出版社など、さまざまな業界があります。

    また、専門スキルを身につけたうえでエキスパートになれば、その業界で講師になれるチャンスもあるでしょう。

    たとえば、需要の高いIT業界でプログラミングを教える講師や、接客技術やマナーを教える講師などの道が拓ける可能性があります。

    将来的に教員の経験を活かして活躍できる業界はたくさんあるので、幅広い視点で転職先を検討してみましょう。

    コミュニケーション能力を活かすなら「人材紹介事業」

    教員で培ったコミュニケーション能力を活かして転職するなら、人材紹介事業がおすすめです。

    人材紹介事業には転職エージェントがありますが、求職者の適性や希望を考慮して適切な職業を紹介する必要があります。

    そのため、カウンセリングや転職相談などでコミュニケーションを取りながら、求職者について探っていく能力が必要です。

    求職者は言葉には出さない希望を抱えている場合もあるため、真意を読み解くスキルが必要だったり、求人企業が求める人材を見極める能力が必要だったりと、教員の経験が役立つでしょう。

    未経験職種にチャレンジしたいなら「IT業界」

    今後の将来性を見越して未経験職種にチャレンジしたいなら、IT業界がおすすめです。

    IT業界は今後も需要が伸び続けていくうえ、人材不足が課題となっている企業も多いため、未経験者の採用を積極的に行っています。

    とくに需要が高いのはエンジニアなので、できれば転職前にプログラミングを学習して少しでもスキルを身につけておきましょう。

    ITエンジニアの平均年収は、491万円です(参考:求人ボックス)。

    職種正社員派遣社員アルバイト・パート
    ITエンジニア 491万円時給2,292円時給1,194円
    Webプログラマー341万円時給2,248円時給1,196円
    Webデザイナー340万円時給1,990円時給1,197円

    会社によっては入社後に丁寧な研修を行ってくれる場合もあるため、求人や会社情報などを調べ、事前に確認しておくことをおすすめします。

    30代の転職なら民間以外に「公務員」もおすすめ

    30代の教員が異業種に転職するなら、公務員もおすすめです。

    公務員の仕事は教員と親和性が高く、共通する部分も多いため、働きやすい可能性があります。

    一般企業の場合は利益を優先する働き方ですが、公務員はノルマに追われるというよりは、淡々と業務をこなしていく能力が必要です。

    教員の激務に慣れている人であれば、ワークライフバランスも整えやすい公務員は非常にメリットが多い仕事といえます。

    公務員試験は年齢制限があるケースが多いため、30歳か35歳までに試験に合格して、新しいキャリアを形成していきましょう。

    教員の転職成功のための転職エージェント活用ポイント

    教員の転職を成功させるには、転職エージェントの活用がおすすめです。

    ここでは、転職エージェントを最大限に活用するためのポイントをご紹介します。

    以下の6つのポイントを押さえ、異業種への転職を成功させましょう。

    ポイント1.カウンセリングの前に希望条件をまとめておく

    転職エージェントに登録すると、まずはキャリアアドバイザーによるカウンセリングを受けます。

    カウンセリングでは転職先に求める希望条件を詳しくヒアリングし、求職者に合った求人を紹介するため、事前にしっかりと希望条件をまとめておきましょう。

    カウンセリングまでに明確な条件が決まっていないと、自分に合わない転職先を紹介される可能性もあるため、非常に重要なステップです。

    希望条件を決める際は、「必ず叶えたい条件」と「叶ったら嬉しい条件」を明確に分けておくことをおすすめします。

    希望条件の例

    【MUST条件】

    • 勤務地は東京都内
    • 広告運用の経験を積める仕事
    • 年収450万以上

    【BETTER条件】

    • 転勤がない職種・企業
    • 副業可の会社

    上記は一例ですが、自分なりに「最低限これだけは絶対に叶えたい」という条件をはっきりと決めて、優先度を明確にしておくことが大切です。

    希望条件がうまくまとまらない場合は、転職の軸だけでも決めておきましょう。

    転職の軸とは、たとえば以下のような内容です。

    転職の軸の一例

    • 年収が上がる
    • 経験を積める
    • 専門的なスキルが身に付く
    • 希望の勤務地で働ける
    • 好きな仕事ができる
    • ワークライフバランスが良い
    • リモートワークができる
    • 家賃補助がある 等

    どうしても希望条件や転職の軸が定まらない場合は、キャリアアドバイザーにその旨を伝え、「本当に転職すべきか」から相談してみてください。

    ポイント2.良い転職先があればすぐ転職すると伝える

    転職エージェントを利用する場合は、「良い転職先があればすぐにでも転職したい」という意思を伝えておくことが大切です。

    転職エージェントは企業に人材を紹介し、採用された時点で報酬を受け取る仕組みになっています。

    そのため、転職意欲の高い求職者のサポートを優先する傾向があり、転職先が決まりそうにない求職者のサポートは後回しになる可能性があります

    情報収集のために転職エージェントを利用することは問題ありませんが、ある程度の熱量を伝えておくほうが有益な情報を得られるでしょう。

    担当のキャリアアドバイザーにこまめに連絡を入れて、積極的にコミュニケーションを取っておくことが大切です。

    1週間に1度くらいは「良い求人はありませんか?」「この企業の求人は出ていますか?」などと連絡を入れておくと良いでしょう。

    ポイント3.推薦書を自分でもチェックする

    転職エージェントを利用して求人に応募する際、担当のキャリアアドバイザーが推薦書を提出してくれる場合があります。

    推薦書に良い内容を記載してもらえれば、企業への印象が良くなるため、採用試験で有利になるでしょう。

    しかし、なかには使い回しのできる雑な推薦書を作成するキャリアアドバイザーもいるため、提出前に確認することをおすすめします。

    「面接時に推薦書の内容とズレがないようにしたい」と伝えれば、たいていは見せてくれるはずです。

    ポイント4.質の悪い担当者はすぐに変更する

    転職エージェントを利用する場合、もっとも転職活動に悪影響を及ぼすのは質の悪いキャリアアドバイザーに当たってしまうことです。

    希望に合わない求人ばかり紹介されたり、スムーズに連絡を取れなかったりすると、転職活動が大幅に遅れてしまう場合もあります。

    もし「この担当者ダメそう……」と感じたら、早めに問い合わせて変更を申し出ましょう。

    質の悪い担当者の特徴は、たとえば以下のような人です。

    質の悪い担当者の特徴

    • 連絡が遅く、転職活動をスムーズに進められない
    • 今後のキャリアを考えず、内定しやすい企業ばかり紹介してくる
    • 求人の懸念点を聞いてもうまく答えられない
    • 「他にも求人を紹介してほしい」という要望に応えてくれない
    • 企業への年収交渉などを行ってくれない

    もしこのような担当者に当たってしまったら、直接担当者に変更申請するか、「問い合わせページ」などからすぐに担当者の変更を申し出ましょう。

    ポイント5.面接日程を近づけすぎない

    転職活動を早く終わらせたいあまり、複数の企業の面接日程を近づけすぎてしまうケースもあるでしょう。

    しかし、1週間に何回も面接を入れると、余裕を持って企業分析や業界研究などを行うことができません。

    キャリアアドバイザーとの面接対策の時間も取れなくなるので、十分な対策ができないまま面接試験に臨むことになり、転職失敗の原因になってしまう可能性があるでしょう。

    面接は多くても1週間に2回程度に抑え、十分に準備をしてから面接に臨むことをおすすめします。

    ポイント6.転職エージェントを併用する

    転職エージェントを利用して転職活動を行う場合は、複数の転職エージェントを併用するのがおすすめです。

    複数の転職エージェントを併用すると、以下のようなメリットがあります。

    転職エージェントを併用するメリット

    • 多くの求人から希望の求人を探すことができる
    • 各転職エージェントの独占案件をチェックできる
    • 複数の担当者からアドバイスを受けられる(質の悪い担当者を見分けやすくなる)

    「そんなに登録したら管理しきれない」と思うかもしれませんが、2〜3社程度ならそこまで負担になりません。

    転職エージェントは何社利用しても基本は料金が無料なので、2~3社に登録して転職の失敗を防ぎましょう。

    転職エージェントの複数利用について詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

    転職エージェント登録〜内定までの流れ

    転職エージェントサービスの流れ

    転職エージェントを初めて利用する方は、どのような流れで転職活動が進むのかわからない場合も多いでしょう。

    ここでは、転職エージェントの登録から内定までの流れをご紹介します。

    それぞれの工程でどのようなサービスを受けられるのかも、あわせてチェックしてみてください。

    ステップ1.申込み・登録

    利用したい転職エージェントが決まったら、まずは登録を行いましょう。

    一般的には、以下のような内容を入力します。

    • 名前
    • 生年月日
    • メールアドレス
    • 電話番号
    • 職務経歴
    • 勤務先名

    (※利用する転職エージェントによって内容が異なります)

    転職の希望条件を入力する場合もあるので、あらかじめ希望条件をまとめておきましょう

    より詳しく入力したほうがキャリアアドバイザーとの面談がスムーズになり、求人のマッチング度が高まります。

    ステップ2.キャリアアドバイザーとの面談

    登録が完了すると、転職エージェントから初回面談の日程調整の連絡が来ます。

    エージェントによって異なりますが、キャリアアドバイザーとの面談は対面・電話・オンラインのいずれかで行う場合が多いです。

    転職エージェントが面談をする目的は、転職先に求める希望条件や、今後のキャリアプランなどを求職者からヒアリングすることです

    転職に関する悩みや不安があれば、初回面談で相談しておいたほうが今後のやり取りがスムーズになり、意思の疎通をしやすくなります。

    面談前に、転職先に求める希望条件をできるだけ詳細にまとめておきましょう。

    ステップ3.求人紹介

    面談でヒアリングした内容をもとに、担当のキャリアアドバイザーが求人を紹介してくれます

    希望に合った求人を紹介してもらうためには、「転職に何を求めているのか」をしっかり伝えることが大切です。

    求職者の意思が伝わっていないと、希望に合わない求人を紹介され、転職後のミスマッチにつながります。

    また、好条件の求人が多い「非公開求人」を保有している転職エージェントもあるため、希望条件は明確に伝えておきましょう。

    求人紹介の際には、求人票だけではわからない以下のような情報を教えてもらうことも可能です。

    • 転職先の社風・雰囲気
    • 業界の動向・将来性
    • 入社後のキャリアパス
    • 書類選考や面接の難易度

    ステップ4.応募

    応募したい求人が見つかったら、キャリアアドバイザーに伝えましょう

    転職エージェントが保有している求人は、自分で応募することができないのでご注意ください。

    応募時に必要な履歴書・職務経歴書は自分一人で作成すると何を書けば良いか迷ってしまう場合も多いですが、転職エージェントでは書類添削のサポートをしてくれます。

    キャリアアドバイザーは求人企業に採用されやすい書類のポイントを把握しているため、ぜひサポートを受けてみましょう。

    また、転職エージェントによっては応募書類と一緒に「推薦状」を書いてくれます。

    推薦状とは求職者の経歴やスキル、人柄や転職理由などに加えて、エージェントからの推薦理由が書かれている書類です。

    推薦状があれば選考が有利に進む可能性があるため、ぜひ利用しましょう。

    ステップ5.面接

    書類選考を通過したら、いよいよ面接です。

    転職エージェントでは面接対策を行ってくれるため、ぜひ利用しましょう。

    模擬面接を行ってくれる場合もあるため、本番で緊張しないように対策を練っておくことが可能です。

    キャリアアドバイザーは面接でよく聞かれる質問や回答例などを把握しているため、求職者にとって有益なアドバイスをもらえます。

    転職が初めての方や、面接に不安を抱えている方は、転職エージェントのサポートを受けて面接を成功させましょう。

    ステップ6.内定・入社(アフターフォロー)

    面接試験の合否については、担当のキャリアアドバイザーから連絡が来ます。

    面接を突破して内定をもらったら、現職の退職手続きと入社準備を始めましょう

    転職エージェントは、内定後も以下のようなアフターフォローをしてくれます。

    • 勤務開始日の調整
    • 給与などの条件交渉の代行
    • 退職交渉
    • 引継ぎに関するアドバイス

    現職を円満退職するためのサポートもしてくれるため、ぜひ最後まで利用しましょう。

    まとめ

    教員の転職を成功させるには、自分に合った転職サイトや転職エージェントを利用することが大切です。

    複数の転職エージェントを併用してサポートを受けたり、転職サイトを併用してより多くの求人をチェックしたりすることで、転職を成功へと導けます。

    本記事でご紹介した転職サイト・転職エージェントを再確認し、転職に活用してみてください。

    教員向け転職サイト・転職エージェントを比較

    サービス名得意分野対象年齢特徴求人数就職者数
    ※1 事業者合算
    転職先への定着率※2キャリア相談求人の提案スカウト機能
    リクナビNEXT公式サイト幅広い業界・業種全年代
    • 業界最大級の求人数を保有
    • 自分のペースで転職活動ができる

    約103,000件

    +非公開求人 

    年間53,899人約95%丸丸丸
    ビズリーチ公式サイトハイクラス全年代
    • スカウト型の転職サイト
    • ハイクラスに特化した転職サイト

    約83,000件

    +非公開求人 

    丸丸丸
    教員採用.jp公式サイト 私学教員全年代
    • 教員採用に特化した転職サイト
    • 教員採用イベントに参加可能
    949件丸バツ丸
    リクルートエージェント公式サイト幅広い業界・業種全年代
    • 転職業界に精通した圧倒的な求人数
    • キャリアアドバイザーの交渉力が強い

    約360,000件

    +非公開求人 約276,000件

    丸丸丸
    マイナビエージェント公式サイト幅広い業界・業種全年代
    • 20代の転職サポートに強み
    • 夜間・土曜も相談可能

    約63,000件

    +非公開求人 約17,000件

    年間24,903人約89%丸丸丸
    doda公式サイト幅広い業界・業種全年代
    • 転職サイト/エージェント両方利用可能
    • 面接対策が手厚い

    200,000件以上

    ※2023年11月時点、非公開求人を含む

    年間31,414人約94%丸丸丸
    Education Career公式サイト教育業界全年代
    • 教育業界専門の転職エージェント
    • 教育業界で高年収を目指す方におすすめ
    1,344件丸丸バツ

    (2023年11月時点)

    教員としてキャリアアップを狙っている方も、教員から異業種に転職したい方も、ぜひ転職サービスを上手に活用して転職を成功させましょう。

    転職サイト おすすめランキングの関連記事

    転職サイトおすすめランキング!年代別に大手求人サイトを比較
    転職サイト おすすめランキング

    転職サイトおすすめランキング!年代別に大手求人サイトを比較

    2024年5月17日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    【厳選】会社の口コミサイト4社を紹介!就職・転職成功のコツも解説
    転職サイト おすすめランキング

    【厳選】会社の口コミサイト4社を紹介!就職・転職成功のコツも解説

    2024年5月17日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    税理士におすすめの転職サイトを比較!未経験の正社員求人や転職で失敗しないコツ
    転職サイト おすすめランキング

    税理士におすすめの転職サイトを比較!未経験の正社員求人や転職で失敗しないコツ

    2024年5月16日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    社会保険労務士への転職におすすめの転職サイトを比較!未経験OKの正社員求人も紹介
    転職サイト おすすめランキング

    社会保険労務士への転職におすすめの転職サイトを比較!未経験OKの正社員求人も紹介

    2024年5月16日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    秘書におすすめの転職サイト・転職エージェントを比較!正社員求人も紹介
    転職サイト おすすめランキング

    秘書におすすめの転職サイト・転職エージェントを比較!正社員求人も紹介

    2024年5月16日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    物流業界への転職におすすめの転職サイト!実際の求人情報も紹介
    転職サイト おすすめランキング

    物流業界への転職におすすめの転職サイト!実際の求人情報も紹介

    2024年5月16日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    保険業界におすすめの転職サイト・エージェント!保険会社の求人も紹介
    転職サイト おすすめランキング

    保険業界におすすめの転職サイト・エージェント!保険会社の求人も紹介

    2024年5月16日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    一般事務への転職におすすめの転職サイトを比較!未経験OKの正社員求人も紹介
    転職サイト おすすめランキング

    一般事務への転職におすすめの転職サイトを比較!未経験OKの正社員求人も紹介

    2024年5月16日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    • Facebook
    • x
    • LINE

    © 2022 Ateam LifeDesign Inc.