Operated by Ateam Inc.

イーデス

マーソ (5619) 【IPO初値予想・上場情報】

最終更新日:

このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

マーソ(5619)

評価
C

予想レンジ:1.0倍〜1.5倍

メリット

  • 事業内容が人気
  • 業績が好調

デメリット

  • 公募比率が低い
上場日2023/12/21
申込期間2023/12/6~2023/12/12
当落発表日2023/12/13
上場市場グロース
当選口数8,844口
主幹事企業SBI証券
黒澤

個人投資家

黒澤さんの評価

評価
C

初値予想:2,500円~3,000円

予想レンジ:1.0倍~1.5倍

SHO

個人投資家

SHOさんの評価

評価
C

初値予想:2,700円~3,000円

予想レンジ:1.0倍~1.5倍

佐藤真奈美

金融ライター

佐藤真奈美さんの評価

評価
C

初値予想:2,110円~3,165円

予想レンジ:1.0倍~1.5倍

A2.0倍~

B1.5倍〜2.0倍

C1.0倍〜1.5倍

D~1.0倍

  • ※専門家の初値予想の平均値で評価A〜Dを算出しています

マーソ(5619)の抽選に参加できる
おすすめ証券会社

SBI証券

NISA対応あり

当選本数
6,771
事前入金
必要

公式サイト

SMBC日興証券

NISA対応あり

当選本数
115
事前入金
必要

公式サイト

松井証券

NISA対応あり

当選本数
76
事前入金
不要

公式サイト

【専門家評価】マーソの初値予想

黒澤さん

個人投資家

黒澤さんの評価

「96ut.com」などの投資情報サイトを運営する個人投資家

評価
C

初値予想:2,500円~3,000円

予想レンジ:1.0倍~1.5倍

専門家アイコン専門家の解説

人間ドックや健康診断の予約プラットフォーム「MRSO.jp」の運営がメインの医療DX関連。新型コロナウイルスのワクチン接種で大規模接種対応サービスの特需があった。今後、特需はなくなるものの通常のサービスも成長を続けているため成長性には期待できる。コロナ対応で大規模な医療系システムの実績を積んだことは大きい。初値予想向けに見るIPOスペックでは売出株式比率が大きいというのが目立つ。やや既存株主の売り抜け感あり。価格設定も高くもなく安くもなく妥当なところ、12月のIPOラッシュでは注目度そこそこ程度ではいつもより初値予想は割り引かないといけないところは注意したい。主幹事SBI証券というのもあり上場時の勢いによって、初値は公募付近から3,000円超えまで大きくブレやすいことを覚悟の上で臨みたいところ。

SHOさん

個人投資家

SHOさんの評価

IPO投資を中心とした個人投資家・ブロガー

評価
C

初値予想:2,700円~3,000円

予想レンジ:1.0倍~1.5倍

専門家アイコン専門家の解説

マーソ(5619)は人間ドックや各種がん検診の予約ができる予防医療プラットフォーム「MRSO(マーソ)」や、600以上の自治体に導入されている「新型コロナワクチン接種WEB予約システム」などを開発・運営しています。規模(吸収金額18.7億円)は大きいというほどではありませんが、売出株が多いのは少し気になります。また、4億円を上限に親引けされる予定になっています。VCが保有する174,400株は公開価格の1.5倍でロックアップが解除されます。コロナ特需で業績を伸ばしていましたが、コロナが落ち着いてきたために、業績もやや落ち着きそうです。ただ、人間ドッグやがん検診はこれからさらなる需要が見込めそうです。よって、マーソは公開価格の1.3倍前後で初値形成すると予想しています。

佐藤真奈美さん

金融ライター

佐藤真奈美さんの評価

投資会社でファンド運用を行う金融ライター

評価
C

初値予想:2,110円~3,165円

予想レンジ:1.0倍~1.5倍

専門家アイコン専門家の解説

マーソ株式会社は人間ドック・健診の予約サイト「MRSO」やワクチン接種のWeb予約システムなどを手掛ける企業です。医療システム開発など、各種DX支援サービスの開発・運営や医療リサーチサービスなども行っています。ワクチン接種Web予約サービスの提供を機に、2021年12月期から大幅に業績を伸ばしている点は好印象です。一方、売出比率が高く、想定価格が割安とはいえ2,000円を超える点はネガティブです。また、ベンチャーキャピタルの数は多くはないものの、そのうちの一社は期間だけでなく価格のロックアップ(1.5倍)がかかっていることも気になります。業績が急激に伸びている点や、DX関連であることから市場の注目を集める可能性が高いと考えられますが、マイナス材料が重しとなり、初値は小幅なものにとどまるかもしれません。

マーソ(5619)の抽選に参加できる
おすすめ証券会社

SBI証券

NISA対応あり

当選本数
6,771
事前入金
必要

公式サイト

SMBC日興証券

NISA対応あり

当選本数
115
事前入金
必要

公式サイト

松井証券

NISA対応あり

当選本数
76
事前入金
不要

公式サイト

マーソの公開価格・初値

想定価格2,110円
初値予想2,110円~3,165円
仮条件2,110円~2,260円
公開価格2,260円
初値2,079円
  • ※初値予想は専門家予想の下限~上限を記載しています
  • ※本記事の初値予想はあくまで予想であり、結果を確約するものではありません。

想定価格の2,110円を基準とすると、初値売りの予想利益は0円~105,500円です。

マーソのIPOスケジュール

申込期間(ブックビルディング期間)2023/12/6~2023/12/12
当落発表日2023/12/13
購入期間2023/12/14~2023/12/19
上場日2023/12/21
  • ※証券会社によりスケジュールが異なる場合があります
教えるイーデス

ブックビルディング期間中に取り扱いのある証券会社から申込を行いましょう。
なお、当選しても購入期間中に購入申込を行わなかった場合は購入できなくなってしまうため注意しましょう。

当選しても購入申込しなかった場合、ペナルティが課される証券会社もあります。

SBI証券(※)、野村證券岡三オンラインマネックス証券などは購入辞退してもペナルティがかかりません。

  • ※IPOチャレンジポイントを使用した場合はポイントが消滅します

マーソの当選本数

公募株数75,000株
売出株数(OA含む)809,400株
当選株数合計884,400株

マーソの単元株は100株なので、当選本数は8,844です。

マーソの主幹事・幹事会社

証券会社名割当率割当株数
(主)SBI証券88%677,100株
野村證券5%38,400株
三菱UFJモルガン・スタンレー証券3%23,000株
SMBC日興証券1.5%11,500株
東海東京証券1.5%11,500株
松井証券1%7,600株

主幹事の証券会社は、幹事の証券会社よりも割り当てられるIPO株数が多くなっています。

そのため、主幹事会社で応募したほうが比較的当選する確率は高いといえます。

ただし、人気の証券会社では応募者数も多く、当選倍率が高くなることも考えられます。

教えるイーデス
主幹事の証券会社に合わせて、事前入金不要で口座開設数(ライバル)も少ない「穴場証券会社」の口座を持っておくことが当選確率を上げるコツです!

マーソの基本情報

会社名マーソ
銘柄コード5619
上場市場グロース
設立2015/2/6
業種情報・通信業
資本金100,000,000円

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.