Operated by Ateam Inc.

イーデス

2年目の看護師転職はヤバイ?辞めたい人の転職成功マニュアル

最終更新日:

看護師 おすすめ転職サイト
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

看護師2年目で「仕事がつらすぎる…」「人間関係がきつい…」といった理由から、辞めたいと考える方は多いです。

結論を先に言うと、2年目に退職して、満足のいく転職ができた看護師はたくさんいます。

この記事では、看護師2年目で退職した方の体験談やデータを元に、なぜ経験の少ない2年目でも転職に成功できたのか、詳しく解説していきます。

今の職場で働き続けるか、それとも2年目の今転職すべきか、この記事を参考にしてみてください。

\看護師転職サイトおすすめ3選/
看護roo!レバウェル看護 (旧:看護のお仕事)ナース人材バンク

kangoroo

公開求人数
約54,000件

サポートが手厚い定番サイト

kangonooshigoto

公開求人数
約86,000件

業界トップクラスの求人数

nursejinzaibank

公開求人数
約36,000件

年間利用者数10万人以上

※最終更新:2024年1月|公開求人数は「常勤のみ」の件数です

気になる内容をタップ

2年目で「もう辞めたい」看護師に多い転職理由

看護師2年目の方なら、「仕事や人間関係が大変」「プライベートとの両立が難しい」など、看護師のつらさが身に沁みてわかると思います。

事実、2年目で退職を決意する看護師は非常に多く、ほとんどは以下の理由で退職しています。

2年目の看護師に多い転職理由

『Yahoo!知恵袋』に寄せられた2年目看護師の悩みをもとに、解決策をご紹介します。

理由1.ミスが多く仕事ができない

「2年目なのに仕事ができない」「ミスが多く先輩に怒られてばかり」など、新人の時と状況が変わらないと悩む看護師も多いです。

1年間新人看護師として頑張ったのに、なかなか成長できない自分自身を責めてしまいます。

ナースA

2年目看護師

ダブルチェックできず内服の準備でミス

看護師です。今年で2年目なのですが、2年目早々インシデントを起こしてしまいました。

ダブルチェックをちゃんと行うことができず、朝夕1錠ずつのところ、2錠ずつに分けて薬袋に入れてしまいました。

その結果、他の看護師が与薬を間違えてしまいました。

今、罪悪感でいっぱいです。私のミスなので、リーダーや、チェックを先に行った先輩に迷惑をかけてほんとうに辛いです。(後略)

(引用:Yahoo!知恵袋

独り立ちしたことでプレッシャーを感じ、チェックミスに繋がることは少なくありません。

結果的にインシデントが多くなり、ミスが原因で辞めていく2年目看護師はたくさんいます。

「ミスが多く仕事ができない」2年目看護師へのアドバイス

2年目の看護師は、まだまだ成長途中です。

自分のできなさに悔しい思いもあると思いますが、「仕事ができないこと」を理由に辞めるのはおすすめできません。

なぜなら、仕事ができなくて悩んでいる時期は、自身の成長に大きく繋がるタイミングだからです。

2年目ともなると、先輩のフォローも少なくなってきますが、すべて自分で何とかしようと思う必要はありません。

不安な業務を行うときには、より良い看護ができるように、上司や先輩看護師に相談してみましょう。

また、他人と比べて落ち込むのではなく、新人だった頃の自分と比べて成長したところに目を向けてみましょう。

「1年前と比べてこれだけ成長しているのだから、2年目以降も成長していけるはず…!」と自信が持てるはずですよ。

理由2.業務量が多すぎて疲れた

いくつもの業務や役割を抱える中で、ハードな業務に耐えられなくなり、辞めたくなる2年目看護師は多いです。

看護師2年目になると、新人の頃には受け持つことが少なかった「重症度の高い患者さん」の受け持ちも増えてきます。

また、学習量の多い職場であれば、帰宅後も勉強ばかりで休まる時間は少なくなってしまうでしょう。

ナースB

2年目看護師

残業が多く体調が悪くなり転職を考えている

私は3次救急の大学病院で働いている看護師です。

(中略)予想以上に時間外勤務が多く学習と生活に支障きたしております。

少ない月でも60時間、多い時だと80時間超えてるのではないかと。

(中略)私は2年目ですが、来年以降リーダーとるようになると、業務量が一気に増えて残業時間も増えるでしょう。

(中略)私としては、最近精神的にも体調がかなり悪く、まだ倒れてないうちに転職して基礎からまた学びなおしたい気持ちでおります。(後略)

(引用:Yahoo!知恵袋

残業が多かったり、今後の業務量を考えると、想像以上にハードな毎日に耐えられなくなり、2年目で辞めていく看護師はたくさんいます。

「業務量が多すぎて疲れている」2年目看護師へのアドバイス

自分のやりたい仕事をマイペースにできるのが一番ですが、病院によっては簡単にいかないと思います。

人手が足りていない病院であれば、個人の努力ではどうにもならないこともあるでしょう。

看護師の資格を活かしながら、病院以外で働くのも一つの方法です。

以下の記事では、看護師資格を活かせる病院以外の仕事を紹介しているので、ぜひ参考にして下さい。

理由3.興味のある分野が見つかった

1年間仕事をしてきた中で、興味のある分野が見つかり、「その分野で働きたい」と考える2年目看護師もいます。

ナースA

2年目看護師

やりがいを感じられず転職を考えている

今年、看護師2年目に突入するものです。今の病棟でのやりがいを感じることができません。

他に学びたい分野ができたので、4月で退職を考えています。(後略)

(引用:Yahoo!知恵袋

ナースB

2年目看護師

ほかに学びたい分野ができたが、なかなか辞められない

今年で看護師2年目に突入するものです。

半年交代制度で、11月から現在の病棟で勤務しているのですが、現在の病棟でやりがいを全く感じられず、他に学びたいと思う分野ができました。

そのため、4月で退職を考えています。しかし、今月、2人退職しており、来月のシフトが組めないぐらい人手不足な状況です。

退職の意思は固く、転職活動も始めているのですが、このような状況ですので、中々師長に退職の話を言い出せません。。。

言ったら引き止められたり、嫌味を言われたらどうしよう。という不安でいっぱいです。(後略)

(引用:Yahoo!知恵袋

自分のやりたいこと・学びたいことがはっきり見えてきたことで、転職に踏み出す2年目看護師は多いです。

「他にやりたい仕事がある」2年目看護師へのアドバイス

自分のやりたいこと、身につけたいスキルが見えているのなら、2年目のタイミングで思い切って退職するのは悪い選択ではありません。

今の病院で「辞めたい…」という気持ちを持ちながら働き続けるより、新しい環境で前のめりになって働いた方が、スキルや経験も身につきやすいでしょう。

転職活動は不安も多いと思いますが、勇気をだして一歩踏み出してみることをおすすめします。

しかし、職場環境によっては、なかなか辞められない看護師も多いでしょう。

なかなか辞められない場合の対応を、「2年目の看護師が円満退職する方法」にてご紹介しています。どうぞ併せてご覧ください。

理由4.結婚や妊娠を機に転職した

2年目看護師は、20代前半の人が多いため、結婚や妊娠をきっかけに転職する方もいます。

ナースA

2年目看護師

結婚を機に退職します

看護師2年目の12月に結婚を期に退職します。

その後新しい土地《遠距離のため彼の元に引っ越します》で1月から日勤のみのクリニックか病棟で正社員として働きます。(後略)

(引用:Yahoo!知恵袋

家事と仕事を両立させるために、短時間勤務の仕事に就くケースも多いです。

ご紹介した理由以外に、看護師2年目で多い転職理由をまとめました。

2年目看護師に多い転職理由

  • 上司や同僚との人間関係がキツい
  • 夜勤が多く、体が持たない
  • 勤務先が遠すぎて通勤がつらい
  • 「2年目なのにこんなこともできないの?」と怒られるのがつらい
  • 給与が低く、上がる見込みもない

2年目で退職する看護師は多いものの、果たして次の職場が見つかるのか心配な方も多いはずです。

実際のところ、2年目で退職して、希望通りの職場で働く看護師はたくさんいます。

なぜ経験が少ない2年目の看護師が転職成功できるのか、「2年目看護師でも転職に成功する理由」について解説します。

看護師2年目〜2年半でも転職成功できる理由は3つ!

看護師2年目〜2年半でも転職成功できる理由は3つ!

経験年数が浅いことを理由に、もう少し我慢して現職を続けようと考える2年目看護師もいるはずです。

しかし、以下の3つの理由から、看護師2年目でも転職成功できる可能性は高いです。

看護師2年目でも転職成功できる理由

理由1.看護師は新人の離職率が高いから

新人看護師の離職率は8.6%程度あり、およそ11人に1人が1年以内に離職しています。(参考日本看護協会|「2020 年 病院看護実態調査」 結果

離職と同時に転職する人も多く、新人の転職は決して珍しくありません。

さらに、1年以上の経験を持つ2年目の看護師は、新人看護師よりも転職に有利です。

そのため、2年目看護師でも、十分に転職成功できるといえます。

理由2.全国的に看護師が不足しているから

経験の少ない看護師が再就職できる理由として、「多くの病院で看護師が不足している」ことが挙げられます。

日本看護協会が発表したデータによると、「看護師採用を積極的に行う」という病院は3割以上を占めていました。

今後の看護職員の増減予定
今年度と同程度53.7%
今年度より増やす予定34.5%
今年度より減らす予定3.2%
(参考
2018年病院看護実態調査|日本看護協会

看護師の年間有効求人倍率(求職者一人あたりの求人の割合)を見ても、平均的に2.0倍程度あり、転職しやすいことがわかるでしょう。

【求人数と求人倍率の年間推移(2020年度)】

求人数と求人倍率の年間推移(2020年度)
(参考
医療・福祉職に関する求人数,看護師の有効求人倍率|e-Stat)

看護師資格を持つ方に対する需要の高さから、2年目の看護師が「次の職場が決まらない」可能性は低いと考えられます。

さらに、経験の少ない看護師を「第二新卒」として積極採用している病院も多いです。

理由3.2年目〜2年半目の看護師は「第二新卒」として扱われるから

新卒3年目までの看護師は、「第二新卒」として扱われ、多くの病院が募集をしています。

第二新卒を積極的に受け入れている病院は、新人看護師が学び直せる環境を充実させている場所も多いです。

第二新卒が学び直せる環境の例

  • 充実した教育・研修体制
  • 自己評価制度による振り返り
  • プリセプターシップの充実
  • レポート課題による学習

2年目看護師でも受け入れ先は十分あるので、第二新卒の枠を積極的に狙っていきましょう。

2年目の看護師は学ぶべきことも多いため、研修制度が整っている再就職先を選ぶと失敗を防ぎやすいです。

大手看護師転職サイトの「看護roo!」や「レバウェル看護(旧:看護のお仕事)」であれば、「研修充実」という条件で探せるので、2年目の看護師が働きやすい職場を見つけやすいでしょう。

監修者

2年目はまだ基礎的な看護スキルを学んでいる段階。
転職するなら、研修制度の整った第二新卒枠に積極的に応募しましょう。

「もう辛いのは嫌…」2年目で転職した看護師の体験談

「もう辛いのは嫌…」2年目で転職した看護師の体験談

2年目で転職しても、「今より辛い職場だったらどうしよう」と不安な人も多いでしょう。

しかし、看護師2年目で「前より環境の良い職場」に転職できた人は多いです。

働きやすい環境を求め、2年目で転職した看護師の口コミをまとめました。

2年目で転職した看護師の口コミ

口コミ1.働ける場所は思っていたより多かった!

「経験が浅くて心配だったけど、働ける場所は意外と多かった!」という口コミがSNS上に挙がっています。

看護師2年目では「就職先が少ない」と思っている人もいますが、転職に成功した例は多いです。

なぜなら、看護師採用を積極的に行っている病院は多く、2年目でも転職先が見つけやすいからです。

看護師2年目でも転職できるため、「辛くても辞められない」と諦めず転職の情報を集めてみましょう。

全国の求人の情報を集められる転職サイトは、「相談だけでも役立つ!2年目看護師におすすめの転職サイト」で詳しく紹介します。

口コミ2.美容外科へ転職し仕事もプライベートも充実

「2年目で美容外科に転職し、自分の時間も持てた」という口コミもSNSに見られました。

看護師2年目でも、自分の時間を充実させることができます。

「ライフワークバランスの充実」を目標にしている病院もあり、ホームページや求人情報で確認可能です。

また、転職サイトのアドバイザーに「仕事とプライベートの両立を目指したい」と伝えれば、希望に合った職場を紹介してくれます。

そのため、看護師2年目でも「自分の時間を持ちたい」という希望を叶えることができるのです。

看護師2年目で転職するメリットとデメリット

看護師2年目で転職するメリットとデメリット

看護師2年目での転職は、メリットばかりでなくデメリットもあります。

デメリットを知らないまま転職すると、転職に失敗しやすいので、しっかり確認しておきましょう。

2年目で転職するメリットとデメリットは以下の通りです。

【看護師2年目で転職するメリットとデメリット】

メリットデメリット
1年目看護師より知識がある看護師の臨床経験が少ない
若くて体力がある「すぐ辞めそう」と思われる
仕事への先入観がなく適応しやすいお礼奉公が残っていると返済が必要
伸びしろがあり成長しやすい同じ職場で継続した教育が受けられない
新人として扱われるため質問しやすい

看護師2年目での転職は、1年目より知識があり、若くて適応しやすいメリットがあります。

転職先でも基礎の基礎から教える必要がないため、歓迎されやすいです。

しかし、即戦力となるほどの経験はないうえに、「すぐに辞めそう」と思われることがあります。

2年目転職のデメリットが不安という方は、次に紹介する「辞める前にできる改善策」を参考にしてみてください。

臨床経験とは?少ないと転職に不利?

「臨床経験」とは、主に「医療行為を伴う職場で働いた期間」を指します。

病院での勤務経験をイメージする人も多いですが、転職では、介護施設やクリニックなどでの病院以外の施設での経験を含む場合も多いです。

また、継続勤務年数とは違い、働いていた年数全てを加算した期間となります。

なかには、「臨床経験が少ないと転職で不利なのでは?」と不安に思う方も多いでしょう。

しかし、2年目の転職では、「第二新卒」や「新卒と同等の扱い」となることが多いため、臨床経験はほとんど問われません。

そのため、臨床経験は気にしすぎず、参考程度に転職に臨みましょう。

【辞める前に】2年目で感じる悩みと改善方法

【辞める前に】2年目で感じる悩みと改善方法

誰にも悩みを相談できず、看護師2年目で「辞めたい」と悩んでいる人もいることでしょう。

2年目看護師は、以下の悩みを抱えるケースが多いです。

2年目で感じる悩み

2年目で感じる悩みの中には、辞める前に改善できるものもあります。

2年目に多い悩みと、改善方法を確認していきましょう。

人間関係が苦痛

看護師2年目になると、1年目で感じなかった人間関係に悩まされることがあります。

2年目からは対等な看護師として扱われ、複雑な人間関係に巻き込まれることもあるからです。

2年目で起こりやすい人間関係の問題をまとめました。

2年目で起こりやすい人間関係の例

  • 「2年目なのになんでできないの?」と責められる
  • 先輩と後輩の間に挟まれ、上手く立ち回れない
  • 一人立ちしたことで、病棟の派閥に巻き込まれる

辞めたいと思うほど、人間関係にストレスを感じる2年目の看護師は多いです。

見出し4解決策:同期に話せる人を作る

人間関係に苦痛を感じる人は、同期に話せる人を作るのがおすすめです。

同期であれば、あなたと同じような人間関係の悩みを感じている人もいるかもしれないからです。

「看護師同士の派閥に入りたくない」「新人と先輩との間に挟まれて辛い」など、同じ悩みを共有すれば、ストレスを減らすことに繋がります。

同期とコミュニケーションを図り、相談できる相手を作るようにしましょう。

仕事が忙しく付いていけない

看護師2年目から急に忙しくなり、「仕事に付いていけない」と感じる人は多いでしょう。

忙しくなる理由には、次のようなものがあります。

2年目看護師が忙しくなる理由

  • 担当患者が増え、一人で任される仕事が増える
  • 毎日の受け持ち患者を一部屋ずつ割り当てられる
  • 先輩とやっていたケアを一人立ちするようになる

1年目とのギャップで、「仕事が忙しくて付いていけない」と悩む2年目看護師は多いです。

解決策:病棟異動を相談する

「頑張っても仕事に付いていけない」と感じる場合は、病棟異動を相談しましょう。

いつまでも業務に慣れずストレスを感じる場合は、病棟の忙しさが自分に合っていない可能性もあります。

慢性期や療養病棟など、比較的業務がゆっくりした病棟へ異動すれば、仕事に付いていけないストレスを減らせるかもしれません。

まずは師長に相談し、自分に合った職場を探してみてください。

あらかじめ先輩や師長に相談しておけば、業務量を調整してくれる場合もあります。

「忙しいから」とすぐに退職を考えるのではなく、上司に相談してみてください。

監修者

2年目は一気に業務や責任が増える場合が多く、「業務についていけない」と感じる看護師は多いです。
自分1人で抱え込むのではなく、まずは上司や信頼できる先輩に相談してみましょう。
もし「相談できるような人がいない…」という場合は、健全な職場環境ではないため、異動や転職を考えても良いでしょう。

2年目になっても夜勤に入れない

2年目になっても独り立ちできず、夜勤に入れないと悩む看護師も多いです。

同期より夜勤入りが遅くなってしまい、不安を感じる看護師は少なくありません。

しかし、いつまでも夜勤に入れず焦ってしまうと、仕事のミスにつながることがあります。

解決策:なぜ夜勤に入れないのかを考える

「夜勤に入れない」と悩んでいる場合は、なぜ入れていないのか、原因を明確にすることがおすすめです。

夜勤に入れない原因には、次のようなものがあります。

夜勤に入れない原因

  • 夜勤練習でミスをしてしまった
  • 他の業務を独り立ちできていない
  • 職場環境の都合
  • シフトやメンバー調整の影響

原因を言語化することで、解決策が見えてきます。

まだ技術が未熟であるならば、プリセプターや先輩と話し合い、必要な技術を学びましょう。

職場環境やシフトの影響であれば、師長や主任などに「いつ夜勤入りできるのか」「夜勤入りに必要なこと」を確認してみましょう。

お礼奉公の期間が終わっていない

お礼奉公の期間が終わっていないと、転職できないと思っている人もいるでしょう。

奨学金返済を一気に求められても「払えないかもしれない」と不安を感じてしまいます。

看護師2年目ではまだ返済が終わっていないことがほとんどで、とても多い悩みです。

解決策:担当部署に奨学金の返済額を確認

お礼奉公が終わっていない場合は、担当部署に確認してみましょう。

奨学金返済を担当しているのは、直属の上司である師長ではありません。

とくに大きな病院では、経理部や人事部など別の部署が担当していることもあります。

どこが担当しているのかを確認し、直接返済額を聞きに行くのがおすすめです。

病院によって異なりますが、一部の病院では働いた年数を考慮して返済額を減額してくれる病院もあります。

監修者

監修者

私自身もお礼奉公中に病院を転職しましたが、そのときの返済額は借りた額の1/4ほどでした。分割返済にも応じてもらえたため、不安なく転職できた経験があります。

悪質な病院では「違約金が発生する」と言われることがありますが、違約金は「労働基準法」で禁止されているため支払う必要はありません。

奨学金返済で不安を感じているのであれば、担当部署に直接確認してみましょう。

今すぐ退職を検討した方がいい看護師の特徴

今すぐ退職を検討した方がいい看護師の特徴

今抱えている悩みによっては、今すぐ退職を検討した方がいい場合もあります。

退職を検討した方がいい悩みは、以下の通りです。

今すぐ退職を検討した方が良い人

職場環境が悪い

職場環境の不満は、転職の検討をおすすめします。

なぜなら、職場環境の不満は、上司に相談したからといって簡単に解決できるものではないからです。

職場環境の不満には、次のようなものがあります。

職場環境の不満

  • 残業が多い
  • 給料が少ない
  • 前残業に残業代が付かない
  • 常に人手不足

上記のような悩みは、転職して職場を変えることで、解決できることが多いです。

そのため、現職場は退職し、新しい環境への転職を検討しましょう。

体調に支障をきたしている

仕事が原因で体調に支障をきたしている場合も、退職を検討した方がいいです。

ただし、休職や有給休暇を利用できる場合は、辞める前に休暇を取得して、体調を整えることを優先させましょう。

体調不良の原因が転職で取り除かれるのであれば、転職も視野にいれると良いでしょう。

体調不良が悪化すると、療養期間が長引くため、早めに受診し治療することをおすすめします。

モラハラやパワハラなどの人間関係に悩んでいる

モラハラやパワハラなど、理不尽な対応を受けている場合は、転職を検討した方が良いです。

人間関係は、上司に報告することで一時的に改善することもありますが、その後、職場に居づらくなったり、また同じような扱いを受けたりすることも多いです。

そのため、逃げるように感じても、「転職」や「病院内の部署異動」を視野に入れるのがおすすめです。

転職先の人間関係は、転職サイトのアドバイザーや、口コミサイトを利用して調べるようにしましょう。

「ナスコミ」を利用しよう

看護師専門の「ナスコミ」を活用して、口コミ情報を収集するのがおすすめです。

「ナスコミ」を利用しよう
(引用元
ナスコミ

働きながらの転職活動でも、隙間時間に口コミサイトを覗くようにすれば効率良く職場の雰囲気がチェックできますよ。

ナスコミは無料で利用できるので、気軽に登録してみてください。

看護師2年目におすすめの職場

看護師2年目におすすめの職場

2年目で転職する場合、転職する理由によっておすすめの職場は異なります。

ここでは、以下3つの職場をまとめました。

看護師2年目におすすめの職場

自分のペースでゆっくり働きたいなら「慢性期の病院」

慢性期の病院は、「急性期で働くのに向いていなかった人」におすすめの職場です。

慢性期や療養病棟は、急性期病棟のような忙しさはない病棟がほとんどです。

状態が安定した患者さんが多く、急変や急な対応を迫られることはほとんどありません。

そのため、「急性期よりもゆっくり働きたい」「自分のペースをつかみたい」という理由で転職する人に向いています。

慢性期は、自分のペースで看護したいという人にもおすすめです。

やりがいを持って働きたいなら「興味のある分野の大規模病院」

専門的な大規模病院は、「興味のある分野が明確にある」人におすすめの職場です。

看護師2年目になると、「興味のある分野を専門的に勉強したい」という理由で転職する人もいるでしょう。

勉強したい分野の専門病院に転職できれば、やりがいを持って仕事に取り組めます。

小児の専門病院や、循環器系で有名な大学病院など、各分野の専門病院は多いです。

ただし、情報が不十分なまま焦って転職すると、興味のある分野とは違う分野の病院に転職してしまう可能性もあります。

慎重に病院の情報収集を行い、興味のある分野の大学病院や病床数の多い病院を見つけてみてください。

規則的なリズムで働きたいなら「病院の外来」

実際に病棟勤務を経験してみたら、夜勤や不規則なシフトが身体に合わなかったという人もいるでしょう。

病院の外来は、ほとんど平日の勤務で夜勤がないため、規則的なリズムで仕事したい人に向いています。

患者さんの訴える症状への対応力を問われることも多く、看護師として成長することができる職場です。

病院外来の主な業務

  • 診察の介助
  • 採血や注射
  • 患者さんの指導
  • 病棟との連携
  • 事務的な作業

夜勤による負担がないため、妊娠中や出産後に働きたい人にもおすすめです。

監修者

夜勤が苦手でプライベートも重視したい私は、さまざまな外来で働いてきました。
外来は、病棟と比べて健常な患者さんが多いため、医療処置に徹するというよりは、接遇や信頼関係の構築が重要視されます。
患者さんとのコミュニケーションや関係性に「やりがい」を感じる看護師にも、外来はおすすめです。

おすすめできない職場

2年目の転職では、経験年数やこれからのキャリアなどによって、あまりおすすめできない職場もあります。

おすすめできない理由を紹介するので、転職の参考にしてみてください。

規模の小さな病院

規模の小さな病院や病床数の少ない病院は、2年目の転職におすすめできません。

なぜなら、そういった病院では、即戦力を求められることが多いからです。

教育や研修の環境も整っていないことが多く、実力以上を求められるため、大変な思いをすることは珍しくありません。

教育を十分に受けられる環境に転職したい方は、病床数の多い病院や、大学病院を検討しましょう。

クリニック

クリニックも、2年目看護師にはあまりおすすめできない転職先です。

なぜなら、クリニックでは、病棟のような看護技術が身に付きにくく、今後転職しづらくなってしまうからです。

一般的な看護技術を身に付けた上で転職した方が、クリニックから病棟や介護施設に転職する場合も、不安を感じにくいでしょう。

そのため、今後も転職をする予定の方には、クリニックはおすすめできません。

2年目看護師が転職を成功させる6つのポイント

2年目看護師が転職を成功させる6つのポイント

2年目の看護師でも転職は可能であり、病院側からの需要も少なくありません。

転職は、職場環境を変えて一からやり直すチャンスです。

転職を成功させたいのならば、以下の6つのポイントをしっかりとおさえておきましょう。

看護師2年目で転職を成功させるポイント

ポイント1.「転勤がない」など転職先に求める条件を明確にする

転職の前に、次の職場ではどのような条件で働きたいのかを明確にしておきましょう。

以下に、2年目の転職に多い条件をまとめました。

2年目看護師が職場に求める条件

  • 教育体制が整っている
  • 有給を取得できる
  • 転勤がない
  • オンコール対応がない
  • 夏休みなど長期休暇を取得できる

「今の職場が嫌だから」という理由での退職はNGです。

自分の働きたい条件がわからない限り、転職を繰り返す可能性があるからです。

難しく考えずに、理想的な働き方をイメージしてみましょう。

監修者

「なんとなく転職したい」ではなく、自分の中で、転職の目的を明確にすることが大切です。
目的が明確だと、転職先に求める希望条件もはっきりするため、転職活動がよりスムーズになります。

ポイント2.転職先の病院の情報収集をしっかり行う

転職したい病院が見つかったら、まずは情報収集を行いましょう。

特に、雇用形態、給料、人間関係、2年目看護師への指導体制などは気になるはずです。

個人での情報収集は大変ですが、転職サイトでは、担当アドバイザーが求人元の情報を詳しく教えてくれます。

相談だけでも役立つ!2年目看護師におすすめの転職サイト」で紹介している転職サイトでは、無料で転職に関するアドバイスをもらうことができます。

事前の情報収集は、希望の職場が「本当に自分に合っているのか」の判断材料となります。

2年目の転職で後悔しないためにも、情報収集をしっかり行い、納得できる選択をしましょう。

ポイント3.退職理由を明確にしておく

転職活動では、退職理由を明確にしておくことが成功のポイントです。

「なぜ転職するのか」という質問は、転職時の面接で必ずと言っていいほど聞かれます。

事前に考えておかなければ、マイナスイメージの強い退職理由になりかねません。

退職する前に、退職理由を言語化し、面接で上手く伝えられるように準備しておきましょう。

詳しくは、「看護師2年目で転職理由を答える時のポイント」で紹介しているので、併せてご覧ください。

ポイント4.次の職場が決まるまで辞めない

転職活動を始めても、次の職場が決まるまで辞めないようにしましょう。

転職先が決まる前に辞めてしまうと、収入が無くなり、転職活動が長引いた場合に金銭的に不安定になる可能性があります。

金銭面に不安を感じると、焦って希望していない病院に転職することにつながります。

希望する病院に転職するためにも、次の職場が決まってから退職する方が良いでしょう。

ポイント5.楽になるのを目的にすぐ退職しない

職場や仕事に対する悩みが積もり積もると、「今すぐ辞めたい!」という気持ちにもなりますよね。

しかし、衝動に任せて退職しても、転職は成功しません。

なぜなら、看護師の需要は多いとはいえ、2年目の看護師は転職活動が長期化する恐れもあるからです。

2年目看護師は、1年目と比べてできる仕事も増えたと思います。

しかし、知識や経験が豊富とは言えない成長段階であり、再就職の時に「経験が浅い」とみなされることがあります。

「応募してみたら、経験重視の病院だった」など、希望に合った求人が見つからないケースもあるため、働きながら職場探しを始めるのがおすすめです。

楽になることを目的に転職すると、同じ悩みを繰り返す

2年目看護師に多い転職失敗パターンが、「退職後に転職活動をしたら、空白期間が長引いてしまい、焦って目の前の求人に飛びついてしまった」というもの。

よく吟味せずに転職先を決めてしまうと、転職先でも今と同じ悩みにぶつかる可能性が高いです。

ナースA

2年目看護師

看護師2年目で産婦人科のクリニックに転職しましたが、そこの医院長はすごく厳しい人で、毎日仕事に行くことが苦痛になりました。

その上、辞めるときにあなたは仕事をしているように見えないと言われました。

(引用:カンゴトーク

転職はあくまでも「問題の解決手段」ですので、闇雲に転職しても意味がありません。

自分が納得できる求人を見つけるためにも、病院で働きながら時間をかけて転職先を探すと良いでしょう。

ポイント6.身近な人に転職を相談する

すぐにでも転職したいと思う場合は、一度身近な人に相談しておきましょう。

「今の職場では解決できない」と思っていたことも、客観的に見たら、辞めずに解決できるかもしれません。

焦って転職しても失敗する可能性が高いため、冷静に相談することは重要です。

ただし、現在の職場の先輩や同僚への相談は避けた方が良いでしょう。

なぜなら、理由なく引き止められたり、あなたが辞めたがっていることを他の人に漏らされる可能性があるからです。

自分の家族や、退職した先輩など、安心して話せる相手への相談がおすすめです。

転職サイトのキャリアアドバイザーに相談しよう

職場の人以外に相談できる相手がいないという場合は、看護師転職サイトの活用がおすすめです。

転職サイトの仕組み

看護師転職サイトに登録すると、「担当のアドバイザー」が転職のサポートをしてくれます。

仕事の悩みの相談や、条件に合う転職先の紹介を受けられるので、「納得した場所に転職したい」という希望に寄り添ってくれます。

転職サイトは、病院側から料金をもらうシステムなので、求職者は完全無料で利用できます。

本格的な転職の予定がない方も利用可能なので、悩んでいるのなら登録だけでも済ませておくと良いでしょう。

相談だけでも役立つ!2年目看護師におすすめの転職サイト

おすすめ看護師転職サイト3選

看護師転職サイトは数10社以上のサービスがありますが、中でもおすすめは求人数が豊富でサポートも手厚い以下3サイトです。


【おすすめ看護師転職サイト3選】
転職サイト名公開求人数対応エリア
看護roo!
約5.4万件

全国
レバウェル看護(旧:看護のお仕事)
約8.6万件

全国
ナース人材バンク
約3.6万件

全国

(※最終更新:2024年1月|公開求人数は「常勤のみ」の件数です)

まず初めの1社を選ぶならば、求人数・サポート共に充実している「看護roo!」がおすすめです。

しかし、手厚いサポートをしてくれるかは、担当者の良し悪しにも左右されるため「このサイトを使えば安心」と言い切れるサイトはありません。

相性の良い担当者を見極められるように、転職サイトは2~3社まとめて登録しておくことをおすすめします。

求人数・サポート共に充実している『看護roo!』

看護roo!
(引用
看護roo!

看護roo!の特徴

  • 手厚いサポートが受けられ、特に面接対策と条件交渉には定評がある
  • 「利用者満足度」96%以上。高い満足度を誇る
  • 全国的に求人が豊富。特に関東・東海・関西地方の都市部の求人に強い

看護roo!』は、看護師転職では「お決まり」と言えるほど人気の看護師転職サイトです。

求人数は業界トップクラスの13万件以上(※)。面接対策や条件交渉などのサポートも丁寧で、気になる病院の情報も細かく教えてもらえます。
※雇用形態/勤務形態/職種別 2023年12月1日時点

退職理由の伝え方など、細かなアドバイスも受けられるため、「2年目で退職してどう思われるか不安」という方におすすめです。

また「看護roo!」の求人情報には、「キャリアパートナーのオススメポイント」が掲載されているため、入職後のミスマッチを防ぎやすいというメリットも。

求人数とサポートの丁寧さを総合的に判断するならば、看護roo!への登録は外せないと言えるでしょう。

なお、看護rooは登録者限定に「転職ガイドブック」を配布しています。転職者に寄り添った配慮がある点も、看護roo!をおすすめできる理由の一つです。 

看護師の転職には欠かせないサイトですので、優先的に登録しておくことをおすすめします。

看護roo!|基本情報

運営会社株式会社クイック
公開求人数

約54,000件

非公開求人数非公開
対応地域全国
料金すべて無料

(最終更新:24年2月時点|公開求人数は「常勤のみ」の件数です)

職場のリアルな情報がわかる『レバウェル看護(旧:看護のお仕事)』

レバウェル看護の特徴

  • 公開求人数トップクラス
  • 病院の口コミなど職場のリアルな情報も確認できる

レバウェル看護(旧:看護のお仕事)』は、業界トップクラスの求人数を保有する看護師転職サイトです。

レバウェル看護では年間4,000回以上の職場訪問を行なっており、病院や施設ごとの「医療方針」や「職場の雰囲気」などを詳しくヒアリングしています

求人ページを確認すると、求人ごとのおすすめポイントや、実際に働くスタッフの声などが紹介されているため、応募前にイメージを膨らませやすいのが魅力的です。

求人ページだけでは分からない内容があれば、キャリアアドバイザーが丁寧に情報提供してくれるので、応募先をなかなか決められない人にもおすすめのサービスです。

少しでも多くの求人を見たい人や、職場の雰囲気を事前に詳しく知りたい人は、ぜひレバウェル看護も活用してみてください。

レバウェル看護 (旧:看護のお仕事)|基本情報

運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数約86,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:24年2月時点|公開求人数は「常勤のみ」の件数です)

求人数が多く職場情報も確認できる『ナース人材バンク』

ナース人材バンクの特徴

  • 看護師登録者数No.1※株式会社エス・エム・エス調べ
  • 老舗の看護師転職サイトだからこその安心感
  • 全国幅広く求人を保有

ナース人材バンク』は、年間10万人以上の看護師が利用している「看護師登録者数No.1」の人気転職サイトです。

2005年から運営されている老舗の転職サイトであり、医療機関との繋がりが強く、非公開求人も含めて全国幅広くの求人を保有しています

また、各都道府県ごとに担当のキャリアアドバイザーが在籍しており、職場の雰囲気なども詳細に教えてもらえるのが魅力的です。

実績豊富で求人数も充実しているサービスであるため、看護師の転職には欠かせないサイトの1つと言えます。

全ての看護師におすすめですが、特に20代や30代のサポートに強みを持っているので、該当する人は優先的に登録しておきましょう。

ナース人材バンク|基本情報

運営会社株式会社エス・エム・エス
公開求人数約36,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:24年3月時点|公開求人数は「常勤のみ」の件数です)

看護師2年目で転職理由を答える時のポイント

看護師2年目で転職理由を答える時のポイント

看護師2年目の転職は、ネガティブなイメージを与えてしまうことが多いです。

そのため、転職理由を伝える際は、次のポイントに注意しましょう。

看護師2年目の転職理由の伝え方

前職場の待遇面の不満を言わない

1年働いたことで、前の職場環境に不満を抱き、転職する2年目看護師は多いです。

しかし、待遇面の不満を直接伝えてしまうと、「自分で改善しようと思わなかったのか?」「同じように辞めてしまうのでは?」と思われてしまいかねません。

勤続年数が少なくても、待遇面を改善したいと思うのは当然の権利です。

しかし、「1年しか働いていないのに」と、ネガティブな印象を抱く人も少なからずいます。

マイナスイメージを抱かれないためにも、面接では、待遇面の不満を転職理由として伝えることは控えましょう。

転職理由はポジティブな理由に置き換える

転職理由にネガティブな内容はご法度です。

転職をきっかけに「前向きに働きたい!」ということを、伝えることが重要になります。

2年目での転職では、「前の職場で何かあったに違いない」といった先入観を持たれやすいため、ポジティブな意思を伝えるようにしましょう。

看護師2年目という若さも武器になるため、元気で明るい雰囲気で伝えることも、好印象を与えるポイントです。

長く働き貢献したいことを伝える

看護師2年目での転職では、「すぐ辞めてしまうのでは?」と思われてしまうことが多いです。

そのため、「この分野で働きたい」「多くの事を学んでいきたい」など、長く働く意思があることを伝えることが重要です。

  • この病院で
  • どのような看護師になり
  • ○○の分野で活躍し貢献していきたい

という意思を、転職理由と共に伝えるようにしましょう。

以下の記事では、2年目の看護師でも使える、転職理由の例文を紹介しています。

ぜひ併せてチェックしてみてください。

2年目の看護師が円満退職する方法

2年目の看護師が円満退職する方法

2年目だとしても、お世話になった病院を退職する際には、「トラブルなく円満退職したい」と考える方は多いはずです。

ここでは、円満退職の準備として、以下4つの項目を解説していきます。

2年目看護師が円満退職する方法

退職の申し出時期は慎重に選ぶ

退職の申し出に適切な時期は、 年度末、ボーナスを受け取った後の7月や1月です。

特に、年末年始や夏季休暇の取得時期、産休に入る看護師がいる時期は避けるのがベストといえます。

なぜなら、シフトを組める看護師が少なくなり、スタッフ不足という理由で引き止められる可能性があるためです。

2年目看護師といえども、病院にとっては大切な戦力ですので、職場に迷惑がかからないように配慮しましょう。

退職の意思表示をする

退職希望の時期を決めたら、最初に直属上司に退職の意思表示をしましょう。

申し出時期は病院の就業規則によって異なるため、退職時期を決める前に確認が必要です。

早ければ半年前、遅くても3ヵ月前までに伝えることをおすすめします。

就業規則に則っていても、直前に申し出ると「スタッフの編成が変わりシフトが組めない」という理由で引き止められる可能性があるからです。

そのため、上司には、時間に余裕をもって退職の意思を伝えるのが良いでしょう。

退職願を提出

上司に退職の意思表示をしたら、退職願を提出しましょう。

病院によっては退職願のフォーマットが決まっている場合があるので、上司にフォーマットを確認した上で提出してください。

仕事の引き継ぎ

属されている部署全体に、あなたの退職が周知されたら、仕事の引き継ぎをします。

引き継ぎは時間に余裕をもち、引き継いでくれる看護師の都合に合わせて日程を調整しましょう。

年度末の退職では、仕事の区切りがついているため、引き継ぎが不要のケースもあります。

看護師を辞めさせてくれない…

「退職の意思を伝えても、なかなか辞めさせてもらえない…」

こんな悩みを抱えている2年目看護師もたくさんいます。

もし自分から辞めることを伝えられなくて、身動きが取れずにいるなら、「退職代行ガーディアン」というサービスを利用してみてください。

退職代行ガーディアン」は、退職の手続きをすべて代行してくれるサービスです。

「もう職場には行きたくない…」「上司・同僚と顔を合わせたくない…」など、退職理由はどんな内容でも構いません。

サービスに申し込んだ時点で、退職の手続きを全て代わりに行ってくれるので、職場に一切出向かずに辞めることができます。

「退職代行ガーディアン」は退職成功率100%の実績があるため、ほぼ確実に辞められます。追加料金が一切かからないのも安心です。

退職できずに悩んでいるならば、ぜひ気軽に活用してみてください。

退職代行ガーディアン|基本情報(22年1月時点)

料金29,800円(税込)
追加料金なし
労働組合名東京労働経済組合
対応エリア全国
相談方法 LINE・電話
支払方法・クレジットカード
・銀行振込

まとめ

2年目看護師は経験も浅いため、辞めることがベストなのか不安になるでしょう。

しかし、2年目の看護師でも、以下の理由から転職成功できる可能性は高いです。

  • 看護師は新人の離職率が高いから
  • 全国的に看護師が不足しているから
  • 2年目の看護師は「第二新卒」として扱われるから

転職を決めたらすぐに退職ではなく、「円満に退職できる準備を進めつつ、より良い職場を探すこと」をおすすめします。

まずは、本記事でもご紹介した看護師の転職サイトに登録し、情報収集を始めてみましょう。


【おすすめ看護師転職サイト3選】
転職サイト名公開求人数対応エリア
看護roo!
約5.4万件

全国
レバウェル看護(旧:看護のお仕事)
約8.6万件

全国
ナース人材バンク
約3.6万件

全国

(※最終更新:2024年1月|公開求人数は「常勤のみ」の件数です)

看護師転職サイトをうまく活用して、ぜひ2年目の看護師転職を成功させてください。

監修者

看護師2年目は、悪く言えば経験が浅いのですが、良く言えば伸びしろが大きいのです。
「こういう看護師になりたい」「こういうスキルを身につけたい」など、具体的でポジティブな理由は、転職に有利にはたらきます。
明確なビジョンを持った「伸びしろの大きい」看護師として自分をアピールして、希望に合った転職を実現させてください。

看護師 おすすめ転職サイトの関連記事

看護師転職サイトおすすめランキング17社!求人数を徹底比較
看護師 おすすめ転職サイト

看護師転職サイトおすすめランキング17社!求人数を徹底比較

2024年3月1日

イーデス編集部

イーデス編集部

保健師向け転職サイト・転職エージェントおすすめ比較ランキング
看護師 おすすめ転職サイト

保健師向け転職サイト・転職エージェントおすすめ比較ランキング

2024年2月22日

イーデス編集部

イーデス編集部

【大分でおすすめの看護師転職サイト3選】人気求人も紹介!
看護師 おすすめ転職サイト

【大分でおすすめの看護師転職サイト3選】人気求人も紹介!

2024年2月14日

イーデス編集部

イーデス編集部

奈良でおすすめの看護師転職サイト3選!失敗しない転職のコツも徹底解説!
看護師 おすすめ転職サイト

奈良でおすすめの看護師転職サイト3選!失敗しない転職のコツも徹底解説!

2024年2月14日

イーデス編集部

イーデス編集部

看護師副業おすすめ21選!在宅・自宅でできる仕事を紹介
看護師 おすすめ転職サイト

看護師副業おすすめ21選!在宅・自宅でできる仕事を紹介

2024年2月9日

イーデス編集部

イーデス編集部

【ダブルワーク】看護師夜勤バイトおすすめ7選!単発や寝当直も紹介
看護師 おすすめ転職サイト

【ダブルワーク】看護師夜勤バイトおすすめ7選!単発や寝当直も紹介

2024年2月2日

イーデス編集部

イーデス編集部

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.