Operated by Ateam Inc.

イーデス

転職エージェントを利用するデメリットとは?上手な活用方法を解説

最終更新日:

転職エージェント おすすめランキング
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

転職エージェントは、求人紹介・履歴書添削・面接対策など、転職活動を手厚くサポートしてくれる便利なサービスです。

ただ、実際に利用するとなれば「転職を強要されるのでは?」「連絡がしつこいのでは?」など、不安に感じる点も多いでしょう。

転職エージェントを快適に利用するためには、事前に以下のようなデメリットを把握して対策することが大切です。

転職エージェントを利用するデメリット

  • アドバイザーとのやり取りが手間になる
  • 質の悪いアドバイザーがつくこともある
  • 求人を紹介してもらえない場合もある
  • 求人に自由に応募できない
  • 転職を急かされることもある

上記についてしっかり対策をとれば、大きな不満を感じることなくエージェントを活用できるはずです。

本記事では、エージェントを利用する上で意識したい対策や上手に活用する方法を詳しく解説するので、ぜひ登録前に目を通してみてください。

転職エージェントとは?

転職エージェントは人材紹介会社の一種であり、企業と求職者をマッチングさせるのがおもなサービスです。

求職者は無料で利用でき、登録すると「キャリア相談」「求人紹介」「選考対策」「給与交渉の代行」といった手厚いサポートを受けることが可能です。

なお転職エージェントにはさまざな業者がありますが、特におすすめなのが「doda」です。

doda
(引用元
doda

doda」は幅広い業種・職種の求人を取り扱う転職サービスで、サポートも手厚いと評判です。

求人数も業界トップクラスなので、どこに登録すべきか迷った場合は優先的に登録しておくことをおすすめします。

気になる内容をタップ

転職エージェントを利用するデメリット

求人紹介・選考対策など転職活動を手厚くサポートしてくれる転職エージェントですが、利用の際にはいくつかのデメリットもあります。

デメリットを把握せずに利用すると、エージェントを上手に活用できなかったり不満を感じてしまう恐れがあるので、以下の点はよく確認しておきましょう。

転職エージェントを利用するデメリット

ただし、上記のデメリットのほとんどは求職者自身で対策することが可能です。

しっかり対策すれば大きな不満を感じることなく利用できるため、デメリットとあわせて必要な対策も確認しておきましょう。

ここからは、デメリットと必要な対策について詳しく解説していきます。

デメリット1.アドバイザーとのやり取りが手間になる

転職エージェントを利用すると、アドバイザーと定期的に連絡をとる必要があるため「やり取りが面倒」と感じる可能性があります。

ヒアリング・求人紹介・スケジュールの確認など、さまざまな用件で連絡がくるので対応を負担に感じるケースも少なくありません。

また、アドバイザーからの連絡頻度が多すぎて「しつこい」と感じることもあるようです。

アドバイザーとやり取りする手間が生じるのは、転職サイトにはない「エージェントだからこそのデメリット」といえるでしょう。

【対策】連絡可能な時間帯を伝えておく

頻繁に連絡が入るのが嫌な場合は、担当アドバイザーにあらかじめ連絡可能時間伝えておきましょう。

「仕事があるので平日の19時以降に連絡してほしい」「土曜に連絡はしないでほしい」など、連絡可能時間を伝えておけば、しつこく連絡がくることはなくなるはずです。

また電話で連絡を受けたくない場合は「急ぎの用件以外はメールにしてほしい」とお願いしておくとよいでしょう。

なお、あまりにも連絡がしつこい場合は、退会して別の転職エージェントを利用しても問題ありません。

記事後半「サポートが手厚い!おすすめの転職エージェント」では、おすすめのエージェントを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

デメリット2.質の悪いアドバイザーがつくこともある

転職活動をサポートしてくれるアドバイザーですが、必ずしも質の良い担当者がつくとは限りません。

ほとんどの転職エージェントでは担当者を指名することはできないため、転職の知識が浅かったり、サポート力が低いアドバイザーが担当になる可能性もあります。

質の悪い担当者にあたってしまった場合、以下のような問題が生じて転職の失敗を招く恐れもあるため注意が必要です。

  • 的外れな求人ばかり紹介される
  • 求職者の意思を汲み取ってくれない
  • 選考対策で手を抜かれる
  • 連絡が滞り転職活動に支障をきたす

エージェントには多くのアドバイザーが在籍しており、レベルは個々によって差があるので、質の悪い担当者に当たってしまうのは運の要素が強いです。

どの転職エージェントを使う場合も、質の悪いアドバイザーにあたってしまう可能性があることを認識しておきましょう。

【対策】複数のエージェントを利用する

「質が良い」「相性が良い」と感じるアドバイザーと出会う可能性を高めるためには、複数のエージェントを利用することが有効です。

転職エージェントを複数利用すべき理由

複数社を利用していれば、仮に1社のアドバイザーと相性が合わなかった場合でも失敗をリカバリーできます。

質の悪いアドバイザーにあたってしまう可能性も考慮し、エージェントは3~4社に登録しておくとよいでしょう。

また「アドバイザーと相性が悪い」と感じた場合は、エージェントに連絡をして担当者を変更してもらうことも手段のひとつです。

デメリット3.求人を紹介してもらえない場合もある

転職エージェントは誰でも登録できますが、状況によっては求人を紹介してもらえない場合もあります。

求人を紹介してもらえない理由としては、おもに以下が挙げられます。

  • 求職者の経歴が浅いため、紹介可能な求人がない
  • 希望勤務地の求人を保有していない
  • 求職者の希望条件に合う求人を保有していない

上記のようにエージェントが求職者に合う案件を保有していない場合、求人紹介を受けることができません。

特に正社員経験がない場合は、求人を紹介してもらえないケースが多いので注意が必要です。

【対策】他のエージェントも利用する

職歴・学歴などに自信がない場合は「ハタラクティブ」や「UZUZ」など、経歴に自信がない人向けの転職エージェントを利用しましょう。

また求人が少ない地方での転職を考えている場合には、複数のエージェントを利用して幅広く求人を探すことをおすすめします。

具体的には、全国各地の求人を保有する「doda」と「リクルートエージェント」を優先的に登録し、プラスアルファで地域特化型エージェントを利用するとよいでしょう。

地域特化型エージェントについては「○○県 特化型 エージェント」等のワードでインターネット検索すると、その地域に特化したサービスを調べられます。

デメリット4.求人に自由に応募できない

転職エージェントでは基本的に、求人に自由に応募することができません。

多くのエージェントではアドバイザー経由で応募の手続きを行うため、転職サイトのように求職者が自由に求人を選んで応募することは不可能です。

原則として紹介を受けてから求人に応募することになるので、「自分で求人を選んでサクっと応募したい」という方は不便に感じる可能性があるでしょう。

転職サイトと転職エージェントを混同してしまう方は多いですが、以下のような違いがあるのでしっかりと把握しておきましょう。

転職エージェント転職サイト
求人紹介ありなし
応募アドバイザー経由サイト上で応募可能
サポートありなし

【対策】気になる求人を担当者に伝える

応募したい求人がある場合は、担当アドバイザーにその旨を伝えることをおすすめします。

アドバイザー経由での応募を変えることはできませんが、「この企業で働きたい」「この求人に応募したい」と伝えることで優先的に求人を紹介してもらえる可能性があります。

多くのエージェントは公式サイトで求人を公開しているので、登録前にチェックしておくとよいでしょう。

また、サイト上でサクっと求人に応募したい場合は、転職サイトとしても利用できる「doda」を活用することも手段のひとつです。

デメリット5.転職を急かされることもある

転職エージェントを利用中は、アドバイザーから転職を急かされてしまう可能性があります。

というのも、エージェントは求職者の転職を決めることで求人企業から報酬を得ているため、求職者に転職を強く勧める場合があるのです。

転職エージェントの仕組み

また、アドバイザーにノルマが課せられている場合もあり「急がないと応募が締め切られる」などと言って求職者を焦らせてくることもあります。

転職を急かされるのはどのエージェントでも起こり得ることなので、あらかじめ把握しておきましょう。

担当アドバイザーに転職希望時期を伝えておく

転職を急かされたくない場合は、登録時に転職希望時期を伝えておきましょう。

「今すぐに転職するつもりはない」「3ヶ月後に転職をする予定」と伝えておけば、強く転職を急かされる可能性が低くなります。

また転職を急かされたからといって、焦って転職を決める必要はまったくありません。

焦って転職を決めると入社後に後悔してしまう恐れがあるので、転職活動はきちんと納得のいくまで行いましょう。

それでも活用すべき!転職エージェントを利用するメリット

それでも活用すべき!転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントの利用には、いくつかの懸念があるものの、ほとんどのデメリットは求職者自身で対策することが可能です。

また、エージェントを利用するメリットはデメリットを大きく上回るため、転職を考えているのであれば迷わず登録することをおすすめします。

ここでは、転職エージェントを利用することで得られるメリットについて詳しく解説していきます。

転職エージェントを利用するメリット

メリット1.転職のプロが相談にのってくれる

転職エージェントに登録すると、転職市場に詳しいアドバイザーが相談にのってくれます。

以下のようにさまざまな相談ができ、客観的なアドバイスを受けられるので転職の悩みや迷いを解消できるケースも多いです。

  • 転職すべきかどうか
  • 自分の市場価値はどのくらいなのか
  • 転職タイミングはいつがいいか
  • 理想のキャリアプランを実現するにはどうすべきか……など

また、特定の業界や職種に強みを持つエージェントであれば、業務やキャリアに関する専門的な相談にのってもらうことも可能です。

費用は一切かからず、転職が決まっていない状態でも利用できるので、少しでも転職に興味があるならぜひ相談してみることをおすすめします。

専門性が高い!特化型エージェント

以下のエージェントは特定の業界・職種に強みを持つエージェントなので、「専門的な相談がしたい」という方はぜひ利用してみてください。

業界・職種エージェント名
IT業界向け
金融業界向け
管理職・技術/専門職向け
看護師向け
薬剤師向け

メリット2.自分に合う求人を見つけやすい

転職エージェントを利用すると、自分に合う求人を見つけやすくなります。

アドバイザーは求職者の経歴を丁寧にヒアリングし、スキルを活かせる案件を提案してくれるため、マッチ度の高い求人を効率よく確認できます。

また客観的な視点から幅広い提案をしてくれるので、今まで気づかなかった求人を発見できたり、転職の可能性が広がることも多いです。

エージェントでは求職者一人ひとりに合う求人を紹介してくれるので、初めての転職活動で不安な方もぜひ利用してみてください。

非公開求人も紹介してもらえる!

転職エージェントでは、一般に公開されていない「非公開求人」も紹介してもらうことが可能です。

非公開求人のなかには、そのエージェントしか保有していない「独占求人」もあり、他にはない好条件の求人を見つけられる可能性があります。

非公開求人とは

非公開求人は登録しなければ紹介してもらえないので、まずは登録して「紹介できる非公開求人があるか」確認してみることをおすすめします。

メリット3.企業の内部情報を教えてくれる

転職エージェントを利用すると、求人紹介の際に企業の内部情報を教えてもらえます。

多くのエージェントでは、採用担当者や経営層とのコネクションを活かし、職場の内部情報を入手しています。

以下のような「入社してみなければ分からない事情」を教えてもらえることもあるため、転職のミスマッチを防ぎやすくなるでしょう。

  • 社風
  • 部署内の人間関係
  • 離職率
  • 企業の今後の方向性……など

転職エージェントを利用すれば、求人票には掲載されていない情報を入手できるため、自分に合う企業をより吟味することが可能です。

求人に関して疑問点や気になる点があった場合は、担当アドバイザーに気軽に確認してみることをおすすめします。

メリット4.選考対策をサポートしてくれる

転職エージェントでは、応募書類の作成や面接対策を手厚くサポートしてくれます。

「自分一人でも対策できるのでは?」と思われるかもしれませんが、転職に不慣れな場合は選考で十分に自己アピールできず、なかなか内定を得られないケースも多いです。

万全の体制で選考に臨み、内定率を高めるためには、転職ノウハウを持ったアドバイザーからサポートしてもらうことをおすすめします。

転職エージェントでは「企業の採用傾向を意識した対策」「業界事情を踏まえた対策」など有意義なアドバイスをもらえるので、選考に自信がない方でも安心です。

内定の確率を少しでも高めたいのであれば、エージェントを活用して選考のサポートを受けましょう。

面接の日程調整も代行してくれる!

転職エージェントでは、面接日の調整なども代行してくれます。

スケジュール管理も含めてサポートしてくれるので、現職が忙しい方でも無理なく転職活動を進められるでしょう。

メリット5.給与交渉・内定後の手続きをフォローしてくれる

転職エージェントでは、内定後のサポートも行ってくれます。

具体的には、以下のような交渉・手続きをフォローしてもらうことが可能です。

  • 給与・待遇交渉の代行
  • 入社日の調整
  • 雇用契約や入社手続きのフォロー
  • 退職手続きのフォロー

特に給与や待遇の交渉は求職者から切り出しにくいものなので、代行してもらえるのは大きなメリットといえます。

また、内定承諾後の入社日調整や退職の手続きもフォローしてくれるため、1から10まで安心して転職活動を進められるでしょう。

転職活動に少しでも不安があるならば、ぜひ転職エージェントを利用することをおすすめします。

ナビナビ

丸井さん

そのほかのメリットとして「信頼性の高い求人をチェックできること」も挙げられます。
大手のエージェントでは企業の経営状態や信用調査を行い、一定の基準をクリアしている企業のみ紹介しているケースも多いです。
倒産の危険性が少ないなど、基準をクリアした企業にのみ応募できることは、大きなメリットといえるでしょう。

結論!転職エージェントは積極的に利用するのがおすすめ

結論!転職エージェントは積極的に利用するのがおすすめ

転職エージェントを利用するデメリットとメリットをお伝えしました。

ここまでの情報を踏まえると、転職エージェントは積極的に利用するのがおすすめです。

先ほどもお伝えしたとおり、デメリットのほとんどは求職者自身で対策できるので、利用するメリットのほうが大きいといえるでしょう。

以下に一つでも当てはまる項目があるならば、エージェントに転職活動をサポートしてもらうことをおすすめします。

転職エージェントはこんな人におすすめ

  • 初めて転職する人
  • 転職の悩みを相談したい人
  • 転職活動や選考対策に少しでも不安がある人
  • 自分に合う求人を効率的に見つけたい人
  • 内定率を高めたい人
  • 現職が忙しくサポートが必要な人

なお転職エージェントは気に入らなければすぐに退会できるので、気軽に登録して問題ありません。

費用もかからず転職を迷っている段階でも利用できるので、まずは一度相談してみることをおすすめします。

ナビナビ

丸井さん

先ほどもお伝えしたように、転職エージェントは面接日の調整を代行してくれたり、企業とのやり取りをフォローしてくれます。
登録してサポートを受けることで転職活動をスムースに進めやすくなるので、ぜひ活用してみてください。
特に現職を続けながらの転職は何かと忙しくなりがちなので、エージェントを積極的に利用することをおすすめします。

サポートが手厚い!おすすめの転職エージェント

転職エージェントには数多くの業者があるため、どのエージェントを選べばいいか迷ってしまう方も多いと思います。

求人を幅広く確認するためには、以下のように「求人数の多い大手」と「特定の属性に強い特化型」を組み合わせて登録するのがおすすめです。

転職エージェントの選び方

ここでは、優先して登録しておきたい2社と特定の属性に強みを持つ特化型エージェントを紹介するので、気になるエージェントをチェックしてみてください。

おすすめの転職エージェント

転職サイトとしても利用できる「doda」

doda
(引用元
doda

doda」は、幅広い業種・職種の求人を保有している転職エージェント。

首都圏はもちろん、全国の求人を保有しているので、地方で転職したい場合にも活用できます。

また、dodaは「転職サイト」として利用できることも特徴です。

登録後は、アドバイザーに相談できるほか、サイト上で自分で求人を検索することも可能です。

状況に応じて使い分けることができるので、「マイペースに転職活動を進めたい」「自分でも求人を探したい」という方は、ぜひ利用してみてください。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
求人数

200,000件以上(非公開求人を含む)

対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:24年2月時点)

業界No.1の求人数を保有する「リクルートエージェント」

リクルートエージェント」は、リクルートが運営する日本最大級の転職エージェント。

業界No.1の求人数を誇っており、非公開求人を含めると40万件以上の案件を保有しています。(2022年10月時点)

また、応募書類の作成や模擬面接などの選考対策も丁寧に行ってくれるため、初めてでも安心して転職活動を進められるでしょう。

「たくさんの求人をチェックしたい」「手厚いサポートを受けたい」という方は、ぜひ利用してみてください。

リクルートエージェントの基本情報

運営会社株式会社リクルート
公開求人数

約364,000件

非公開求人数約228,000件
対応地域全国+海外
料金すべて無料
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

(最終更新:24年2月時点)

あわせて利用したい特化型エージェント

ここでは、「doda」や「リクルートエージェント」とあわせて利用したい特化型エージェントをまとめて紹介します。

どれも特定の属性に強みを持つサービスなので、自分の状況や志向にあわせて選んでみてください。

おすすめの人転職サービス
エンジニアにおすすめ
ハイクラスにおすすめ
第二新卒・20代におすすめ
経験が浅い人におすすめ
女性におすすめ

(※)ビズリーチはスカウト型の転職サービスです

なお、以下の記事ではおすすめの転職エージェントについて詳しく解説しているので、ぜひあわせてご覧になってみてくださいい。

転職エージェントを活用して転職を成功させるポイント

転職エージェントを活用するポイント

転職の成功率を高めたいのであれば、転職エージェントを上手に活用することが大切です。

ここでは、転職エージェントを利用する上で押さえておきたい4つのポイントを解説します。

エージェントを活用して転職を成功させるポイント

ポイント1.複数の転職エージェントを利用する

転職エージェントは、1社のみではなく複数社を併用しましょう。

エージェントの複数利用には、以下のようにさまざまなメリットがあります。

  • 求人の選択肢が増える
  • 各転職エージェントの独占案件をチェックできる
  • 複数の担当者からアドバイスを受けられる
  • 相性の合う担当者を見分けられるようになる
  • 一社では足りない企業の情報・転職ノウハウなどを補える

「そんなに登録したら管理しきれなくなる」と思うかもしれませんが、良い求人を紹介してくれないエージェントは、すぐに退会してしまって大丈夫です。

転職エージェントは何社利用しても料金はかからないので、できれば3〜4社利用してエージェント選びでの失敗を防ぎましょう。

ナビナビ

丸井さん

転職エージェントの複数利用については、エージェント側も理解しています。
場合によっては「より早くいい求人を紹介しよう」と熱心になってくれることもあるので、複数利用している旨は担当者に伝えておきましょう。
エージェントの種類はさまざまなので、アドバイザーとの相性やサポート体制を比較しながら上手に活用してください。

ポイント2.スキルや経験をできるだけ詳しく伝える

転職エージェントを利用する際は、スキルや経験をできるだけ詳しく伝えるようにしましょう。

面談の際に行われるヒアリングで伝える内容は、アドバイザーが紹介する求人を選ぶ軸となるので、嘘偽りなく正直に伝えてください。

以下のような項目を漏れなく伝えることで、より自分に合う求人を紹介してもらいやすくなります。

  • これまで携わってきた業務
  • 携わった業務の経験年数
  • 保有している資格
  • 保有しているスキル
  • 管理職やマネジメント経験の有無
  • 語学力の有無

なお上記について曖昧な場合は、一度スキルと経験の棚卸しをしてみることをおすすめします。

スキルと経験の棚卸し方法

スキルと経験の棚卸しは、以下の方法を参考に行うのがおすすめです。

  • 経験を書き出す
    ⇒新卒から今までの経験を振り返ってまとめる
  • スキルや強みをまとめる
    ⇒経験から身についた技術・資格等をまとめる
  • .業務での成果を書き出す
    ⇒営業成績、生産効率の改善など業務の成果を具体的にまとめる
    (明確な根拠や定量的なデータがあるとベター)

ポイント3.アドバイザーとこまめに連絡をとる

担当アドバイザーとこまめに連絡をとることも大切です。

エージェントは求職者の転職を決めることで報酬を得られるため、転職への熱意が高い人を優先してサポートする傾向にあります。

連絡がおろそかになると、担当者から「本気で転職活動していない」と判断され、サポートの優先順位が低くなる可能性があるので注意が必要です。

連絡への返信は1~2日以内を意識し、2週間に1回程度は求職者からも「進捗の状況」などを連絡して転職活動に前向きな姿をアピールしましょう。

連絡がこなくなった場合は……

「全然連絡が来なくなった……」と感じる場合は、ほかの求職者を優先してサポートしている可能性があります。

受け身で待っていても連絡がこない可能性があるので、自ら連絡を入れましょう。

またサポート不足を感じる場合は、ほかのエージェントを利用することも手段のひとつです。

ポイント4.自身でも情報収集・企業研究を行う

自身で積極的に情報収集・企業研究を行うことも重要なポイントです。

転職エージェントは求人企業の情報を教えてくれますが、ネガティブな情報を隠される可能性もゼロではありません。

そのためエージェントに任せきりにするのではなく、自分自身でも情報収集することが大切です。

特に以下のような点は働き方に大きく影響を及ぼす部分なので、念入りに情報を収集しておきましょう。

  • 職場の雰囲気
  • 残業の量
  • 休日出勤の頻度
  • 裁量の大きさ
  • 評価制度

なお、上記のような情報を広く収集するためには「転職会議」などの口コミサイトを活用するのがおすすめです。

情報収集には「転職会議」がおすすめ

転職会議
(引用元
転職会議

転職会議」には、300万件以上もの口コミが投稿されており、現社員や元社員のリアルな本音を確認できます。

社風や職場の雰囲気など、求人票には書かれてない情報も入手できるので、ぜひチェックしてみてください。

転職会議|基本情報

運営会社株式会社リブセンス
口コミ登録企業数約204,000社
口コミ数375万件以上
求人数約390,000件
料金

・口コミ1件以上投稿で30日間無料

・口コミパス980円(税別)で30日間無料

(最終更新:23年9月時点)

【利用前に確認】転職エージェントに関するQ&A

【利用前に確認】転職エージェントに関するQ&A

最後に、転職エージェントに関するQ&Aをまとめました。

疑問をしっかり解消した上でエージェントを利用しましょう。

転職エージェントに関するQ&A

Q1.転職エージェントを利用する流れは?

回答

登録後に面談を行った後、求人紹介⇒応募へと進みます。

詳しい利用の流れは、以下の図を参考にしてください。

転職エージェントを利用する流れ

Q2.複数の転職エージェントを利用する際の注意点は?

回答

複数の転職エージェントから同じ求人に応募しないよう、注意してください。

重複応募をすると、企業や転職エージェント間で混乱を招き、信用問題にもつながります。

場合によっては今後の求人紹介を断られる可能性もあるので、十分注意してください。

Q3.転職を迷っている状態でも利用できる?

回答

利用できます。

転職エージェントは相談だけでも利用可能です。

転職市場を踏まえた上で「転職すべきかどうか」アドバイスしてくれるので、ぜひ気軽に相談してみることをおすすめします。

Q4.転職エージェントの退会方法は?

回答

退会フォームから手続きを行うか、担当者に連絡を入れてください。

転職エージェントの退会方法は業者によって異なります。

公式サイトに退会フォームが用意されているようであれば、必要事項を入力して手続きを行ってください。

退会フォームがない場合は、担当者もしくはエージェントに退会の旨を連絡することで退会できます。

まとめ

転職エージェントの利用には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリットデメリット
  • 転職のプロが相談にのってくれる
  • 自分に合う求人を見つけやすい
  • 企業の内部情報を教えてくれる
  • 選考対策をサポートしてくれる
  • 給与交渉や内定後の手続きをフォローしてくれる
  • アドバイザーとのやり取りが手間になる
  • 質の悪いアドバイザーがつくこともある
  • 求人を紹介してもらえない場合もある
  • 求人に自由に応募できない
  • 転職を急かされることもある

転職エージェントの利用には、いくつかの懸念があるものの、ほとんどのデメリットは求職者自身で対策することが可能です。

また、エージェントを利用するメリットはデメリットを大きく上回るため、転職を考えているのであれば迷わず登録することをおすすめします。

以下に優先して登録しておきたい大手エージェントをまとめたので、ぜひ気軽に利用してみてください。

おすすめの転職エージェント特徴
doda
  • 転職サイトとしても利用できる
  • 幅広い業種・職種の求人を保有
リクルートエージェント
  • 業界No.1求人数
  • 転職支援実績が豊富
ナビナビ

丸井さん

転職エージェントは、基本的に無料で利用できます。
業界の情報・自分の市場価値・求人状況・年収相場など、さまざまな情報を教えてくれるので、ぜひ活用して効率的に転職活動を進めましょう。

転職活動についての関連記事

転職エージェント おすすめランキングの関連記事

Webマーケティングにおすすめの転職サイト・転職エージェント比較ランキング
転職エージェント おすすめランキング

Webマーケティングにおすすめの転職サイト・転職エージェント比較ランキング

2024年2月22日

イーデス編集部

イーデス編集部

女性向けおすすめ転職エージェントランキング!年代別の評判・口コミを徹底比較
転職エージェント おすすめランキング

女性向けおすすめ転職エージェントランキング!年代別の評判・口コミを徹底比較

2024年2月22日

大島愼悟

大島愼悟

第二新卒におすすめ転職エージェント18選 | 選び方や失敗事例・対策を解説
転職エージェント おすすめランキング

第二新卒におすすめ転職エージェント18選 | 選び方や失敗事例・対策を解説

2024年2月22日

五十嵐 翔

五十嵐 翔

未経験におすすめの転職エージェント8社を徹底比較
転職エージェント おすすめランキング

未経験におすすめの転職エージェント8社を徹底比較

2024年2月21日

大島愼悟

大島愼悟

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.