Operated by Ateam Inc.

イーデス

転職エージェントに見捨てられるのはなぜ?相手にされない場合の理由と対処法

最終更新日:

転職エージェント おすすめランキング
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

転職エージェントは求職者の転職活動を支援してくれる存在ですが、紹介できる求人がない場合はサポートを打ち切られてしまうことがあります。

転職エージェントからの連絡が減ると「見捨てられたのでは?」と不安になってしまうと思いますが、早合点である場合もあります。

本当にサポートを打ち切られたのか確認したうえで、今後の対処を検討しましょう。

転職エージェントに見捨てられた状態とは?

  • 求職者からの連絡に1週間以上返信がない
  • 面談前に求人紹介を断られた
  • サポート終了を伝えられ、求人紹介されなくなった

上記に当てはまる場合はサポートを打ち切られている可能性があるので、担当者の変更を申し出たり、他の方法で転職活動することも検討してみてください。

転職エージェントに見捨てられた場合の対処法

見捨てられてしまったと感じる方に
おすすめの転職エージェント

業界トップクラスの求人数

リクルートエージェント ロゴ

すべての年代に対応!転職支援実績が豊富

幅広い業種/職種に対応

doda ロゴ

転職市場に精通したキャリアアドバイザーが在籍

※画像は公式サイトから引用(リクルートエージェントdoda

    気になる内容をタップ

    転職エージェントに見捨てられた状態とは?連絡が来ない・面接対策をしてくれない場合は要注意

    転職エージェントに見捨てられた状態とは、担当キャリアアドバイザーが求職者のサポートを中断・終了した状態を指します。

    転職エージェントは求職者の転職活動を支援してくれる存在ですが、以下のように連絡が途絶えたり、求人紹介を断られてしまうケースも少なくありません。

    転職エージェントに見捨てられた状態の具体例

    • 担当キャリアアドバイザーからの連絡頻度が極端に減った
    • 求人を紹介されなくなった
    • 面談を断られた
    • 登録後に連絡が来ない

    面談を断られた

    また転職エージェントの面談断られた…
    本当へこむわ…
    今まで私がやってきた仕事ってなんだったんだろう
    年齢と業務内容&役職が釣り合ってないんだな…
    涙が止まらん
    自業自得だから仕方ないけど現実を目の当たりにしてきっつい
    転職できる気がしないけど今の会社10年後もあるか怪しすぎるし…

    (引用:X(旧Twitter)

    これ以上求人を紹介できないと言われた

    転職エージェントから『これ以上紹介できない、自分で探せ』と実質門前払い
    30後半で正社員歴1年しかないし、9年いた所はアルバイトだから仕方ない、前途多難だねえ

    (引用:X(旧Twitter)

    転職エージェントに見捨てられると転職活動が滞ってしまうため、早めに対処法を考える必要があります。

    「連絡が来ない」「求人を紹介されない」といった場合は見捨てられた可能性があるため、別の方法で転職活動をすることも検討しましょう。

    注意|対応を忘れられている可能性もある

    連絡が来ない場合、担当のキャリアアドバイザーが対応を忘れてしまっている可能性もあります。

    サポート終了を伝えられていないのであれば、求職者から一度連絡を入れてみましょう。

    転職エージェントに見捨てられる理由

    転職エージェントに見捨てられるのは、多くの場合「転職できない」「サポートできない」と判断されたためです。

    転職エージェントは、人材を求める企業に求職者を紹介することで企業から報酬を得ています。

    そのため、以下のような理由で「転職の可能性がない」「企業に紹介できない」と判断された場合は、サポート終了となることがあります。

    転職エージェントに見捨てられるおもな理由

    転職意欲がないと判断された

    転職エージェントから「転職する意欲がない」と判断されると、求人を紹介されなくなったり、サポートを打ち切られることがあります。

    転職エージェントは求職者の転職が決まった際の紹介手数料で運営されているため、転職する可能性の低い求職者は対応の優先度が下がってしまいます。

    以下のように転職活動の姿勢が消極的な場合、転職意欲がないと判断されてしまうことがあるので注意が必要です。

    転職意欲がないと判断されやすいケース

    • キャリアアドバイザーからの連絡に返事をしない
    • 転職の希望条件がまったく定まっていない
    • 転職時期が未定

    思い当たる節がある方は、「転職エージェントに見捨てられないために押さえておきたいポイント」を確認して対策を講じてみてください。

    紹介できる求人がないと判断された

    転職エージェントが「求職者に紹介できる求人がない」と判断した場合、求人紹介を断られてしまうことがあります。

    求人紹介を断られてしまう理由は複数ありますが、求職者の経歴や条件を見て「紹介できない」と判断されることが多いです。

    紹介できる求人がないと判断される理由

    職務経験やスキルが浅いため紹介求人が見つからない

    職務経験がゼロに近かったり、スキルがないと紹介できる求人が見つからない場合があります。

    転職エージェントは多くの求人を保有していますが、募集要項にマッチしていない人に求人を紹介することはできません。

    特に中途採用の求人は実務経験や即戦力が求められる傾向にあるため、経験がないと求人を紹介してもらえないケースが多いです。

    経験に自信がない場合は「えーかおキャリア」など、職務経歴を問わず求人を紹介してもらえる転職エージェントを利用しましょう。

    希望条件が高すぎて紹介求人が見つからない

    求職者の転職希望条件が高すぎて紹介できる求人が見つからないケースも少なくありません。

    転職エージェントは、求職者と企業双方の条件がマッチした際に求人紹介を行います。

    求職者が自身の市場価値より高い条件を提示している場合、マッチする企業が見つからず求人の紹介ができないので注意が必要です。

    「20代未経験で年収600万円以上希望」など、理想が高すぎる場合は希望条件を見直す必要があるでしょう。

    年齢が高くて紹介求人が見つからない

    50代以上など年齢が高い場合、紹介できる求人が見つからない可能性があります。

    50~60代は若手と比較して希望年収が高かったり、定年までの時間が短いことから積極的に採用する企業が少ないです。

    転職エージェントは企業が求める人材を紹介する必要があるため、企業からのニーズが低い50~60代はどうしても求人紹介の優先度が低くなってしまいます。

    現在利用中の転職エージェントで求人紹介を断られてしまった場合は、他のエージェントを利用することを検討しましょう。

    面接や内定を連続で辞退した

    企業との面接や内定を連続で辞退してしまうと、以降の求人紹介を受けられない場合があります。

    面接や内定の辞退を何度も繰り返す求職者は、「求人を紹介しても結局転職しないのでは?」と思われてしまうためです。

    辞退に明確な理由があるケースや、1~2回の辞退であれば問題ないことが多いですが、3回以上など連続している場合は注意が必要です。

    面接や内定の辞退が続くと転職エージェントからの印象が悪くなってしまうため、求人に応募する際は「本当に転職したい企業なのか」を十分に考えましょう。

    転職エージェントに見捨てられないために押さえておきたいポイント

    転職エージェントに見捨てられないためには、転職に前向きな姿勢を見せることや、柔軟性を持つことが大切です。

    転職エージェント利用中は以下のようなポイントを意識し、転職エージェントと良好な関係を築きましょう。

    転職エージェントから見捨てられないためのポイント

    転職意欲や転職希望時期を明確に伝える

    求人を優先的に紹介してもらうためには、転職意欲や転職希望時期を明確に伝えることが大切です。

    転職エージェントは求職者の転職を決めることで企業から成果報酬を得ているため、転職意欲が高い求職者に優先して求人を紹介します。

    登録後の初回面談では、以下のように転職に前向きな姿勢を見せると「転職意欲が高い」と判断されやすいでしょう。

    転職意欲の高さをアピールする方法

    • 転職の目的と希望条件を整理して伝える
    • 職務経歴書を事前に準備しておく
    • 希望する転職タイミングやモチベーションを明確に伝える

    また、転職希望時期については「3ヶ月以内」など明確に伝えることで、転職意欲の高さをアピールできます。

    転職したい時期が決まっていない場合は、「良い求人があればすぐにでも検討したい」と伝えるとよいでしょう。

    期限や約束を守る・こまめに返信をする

    転職エージェントと良好な関係を築くためには、期限や約束を守り、迅速なレスポンスを心がけることが大切です。

    面談を無断キャンセルしたり、連絡を無視すると「社会人としてのマナーが身についていない」と判断されてしまいます。

    基礎的なマナーがなっていない人は企業に紹介できないため、結果的に求人紹介をされにくくなってしまうことも考えられるでしょう。

    転職エージェントの信頼を得るためには、約束を守り、報告・連絡・相談を怠らないようにしてください。

    また、転職エージェントからの連絡は放置せず、こまめに返信することも大切です。

    スケジュール確認などレスポンスが必要な連絡は、24時間以内に返信することを心がけましょう。

    理想に固執しずぎずアドバイスを聞く耳を持つ

    転職エージェントに見捨てられないためには、理想に固執しすぎずキャリアアドバイザーの意見を聞き入れる姿勢を持ちましょう。

    明確な希望条件を持つのは悪いことではありませんが、理想が高すぎると求人の選択肢が狭まったり、紹介を受けられない可能性があります。

    キャリアアドバイザーは求職者の転職市場価値を踏まえてアドバイスしてくれるので、状況に応じて条件を緩和することも検討しましょう。

    譲れない条件と妥協できる条件を切り分け、譲れない条件をしっかりと満たす求人に応募すれば、転職の軸がぶれてしまう心配もありません。

    転職エージェントに見捨てられたときの対処法

    転職エージェントに見捨てられたと感じるときは、キャリアアドバイザーとの相性の問題なのか、転職エージェントサービス自体とのミスマッチなのか、切り分けて考えましょう。

    そのうえで「利用中の転職エージェントではサポートを受けられない」と判断できる場合は、別の方法で転職活動を進めましょう。

    転職エージェントに見捨てられたときの対処法

    キャリアアドバイザーの担当者変更を申し出る

    求人紹介の頻度が減って「見捨てられた」と感じる方は、転職エージェントにキャリアアドバイザーの変更を依頼してみましょう。

    アドバイザーは個々によって得意な分野が異なるため、担当者が求職者の希望する業種・職種に弱い場合はあまり求人を紹介してもらえないことがあります。

    ミスマッチが原因で求人を紹介してもらえない場合は、希望する業種や職種に強い担当者に変更してもらうことで紹介を受けられる可能性があります。

    また、アドバイザーと求職者の相性が悪いことが原因でミスマッチな求人ばかり紹介されたり、うまくコミュニケーションがとれないケースも多いです。

    相性が合うアドバイザーが担当となれば、求人紹介の精度が上がるため、まずは一度変更を申し出ることをおすすめします。

    なお、変更を申し出る際は「○○業界に詳しい方の話も聞きたい」「他の方の意見も聞いてみたい」などと伝えると角が立ちにくいです。

    他の転職エージェントを利用する

    利用中のエージェントからサポートを受けられない場合は、他の転職エージェントに登録しましょう。

    求人紹介してもらえない理由の一つとして、利用中のエージェントはミスマッチである可能性が考えられます。

    ミスマッチが原因で求人を紹介してもらえない場合は、自分の年収帯や経験にマッチする転職エージェントを選ぶことで求人紹介を受けられる可能性があるでしょう。

    例えば、より幅広い年代に対応している「リクルートエージェント」と「doda」に登録するなどがおすすめです。

    また、正社員経験がなかったり、経験に自信がない20代の方は、職歴が浅くても利用できる「えーかおキャリア」に登録してみるとよいでしょう。

    転職サイトやハローワークを利用する

    2~3社の転職エージェントで求人紹介を受けられなかった方は、転職サイトやハローワークの利用を検討しましょう。

    複数社で求人紹介を断られてしまった場合、他のエージェントを利用しても同じように紹介を受けられない可能性があるためです。

    転職サイトやハローワークはどちらも無料で利用することができ、転職エージェントとは以下のような違いがあります。

    求人の応募方法求人の傾向おもな転職支援スカウト機能
    転職エージェント

    キャリアアドバイザーを介して応募する

    • 大手企業から中小企業まで幅広い求人を保有
    • 正社員の求人が多い
    • 求人紹介
    • 転職相談
    • 選考対策
    • 企業との条件交渉
    一部サービスではあり
    転職サイト

    サイト上で求人を探して直接応募する

    • 大手企業から中小企業まで幅広い求人を保有
    • 正社員の求人が多い
    • 原則なし
    一部サービスではあり
    ハローワークハローワーク経由で応募する
    • 求人数が多く、特に中小企業の求人が充実している
    • パート・契約社員など正社員以外の求人も保有
    • 地方の求人が豊富
    • 求人紹介
    • 転職・就職相談
    • 選考対策
    なし

    転職サイトはサイト上で求人を探して自由に応募できるので、転職エージェントに求人紹介を断られてしまった場合にも活用できます。

    また、企業側が無料で利用できるハローワークには大量の求人が掲載されており、実務経験を問わない求人や、正社員以外の求人も充実しています。

    幅広い層に対応しているので、職歴に自信がない方、希望勤務地や年齢がネックで求人を見つけにくい方にもおすすめです。

    転職サイトとハローワークは併用しても問題ないので、両方利用してみて使いやすいサービスで転職活動を進めるとよいでしょう。

    おすすめの転職サイト

    数ある転職サイトの中で、豊富な求人数を保有する以下のサービスがおすすめです。

    おすすめ転職サイト特徴
    doda
    • 面接確約オファーを受けられるスカウトサービスあり
    • 転職エージェントとしても利用できる
    リクナビNEXT
    • 知名度が高く求人数も豊富な大手転職サイト
    • 強みを知れる自己分析ツールグッドポイント診断」を利用できる
    マイナビ転職
    • 20代や第二新卒向けの求人が充実
    • 全国各地で転職フェアが開催されている

    迷ってしまう場合は、必要に応じてエージェントサービスを付帯できる「doda」に登録しておくとよいでしょう。

    その他の転職サイトもチェックしたい方は、以下の記事をご覧ください。

    見捨てられてしまったと感じた方におすすめの転職エージェント3選

    利用中のエージェントに見捨てられたと感じた場合は、他の転職エージェントに登録してみましょう。

    今のエージェントで紹介を断られたとしても、業界トップクラスの求人数を保有する「リクルートエージェント」や「doda」なら紹介してもらえる可能性があります。

    また、経験を問わずサポートしてくれる「えーかおキャリア」は、職歴に自信がない20代におすすめです。

    おすすめ転職エージェント特徴
    リクルートエージェント
    • すべての年代・現年収250万円以上の人におすすめ
    • 業界トップクラスの求人数
    • 転職支援実績が豊富
    doda
    • すべての年代・現年収250万円以上の人におすすめ
    • 転職サイトとしても利用できる
    • 幅広い業種・職種に対応
    えーかおキャリア
    • 20代・年収250万円未満の人におすすめ
    • 若手の就職・転職支援に特化
    • 職務経験がなくても利用できる

    他の転職エージェントを利用する際に失敗しないためには、自分の年齢や年収帯に合うサービスを選ぶことが大切です。

    「現年収300万円でハイクラス向けサービスに登録する」など、選び方を間違うと求人を紹介してもらえない状態に繋がってしまうので注意しましょう。

    その他の転職エージェントもチェックしたい方は、以下の記事をご覧ください。

    リクルートエージェント|業界トップクラスの求人数

    リクルートエージェント」は、業界トップクラスの求人数を保有する転職エージェントです。

    幅広い年代・業種・職種に対応しており、求人数も群を抜いて多いため、すべての求職者におすすめできます。

    第二新卒向けからハイクラス向けまでさまざまな求人があるので、自分に合う求人を紹介してもらいやすいでしょう。

    また、転職支援実績が豊富でキャリアアドバイザーが丁寧にサポートしてくれることも特徴のひとつです。

    面談から内定獲得まで親身に寄り添ってくれるので、どこに登録するか迷った場合は優先的に登録してみてください。

    リクルートエージェント|基本情報

    運営会社

    株式会社リクルート

    公開求人数

    約404,000件

    非公開求人数

    約221,000件

    対応地域全国+海外
    料金すべて無料
    登録免許厚生労働省有料職業紹介事業: 13-ユ-313011
    公式サイトhttps://www.r-agent.com/

    (最終更新:24年6月時点)

    doda|専任のキャリアアドバイザーが手厚いサポートを提供

    doda
    (引用元
    doda

    doda」は人材大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェントで、幅広い年代に対応しています。

    業界・職種・エリア別に専任のキャリアアドバイザーが在籍しているので、求職者の経験やスキルを踏まえて最適な求人を紹介してくれるでしょう。

    また、dodaは転職エージェントとしてはもちろん、転職サイトとして利用できることが特徴です。

    転職するかどうか迷っている段階ではエージェントをつけず、求人をチェックするだけでもOKなので気軽に利用できます。

    自分のペースで転職活動を進められるので、転職希望時期が明確に決まっていない方もぜひ利用してみてください。

    doda|基本情報

    運営会社パーソルキャリア株式会社
    求人数

    200,000件以上(非公開求人を含む)

    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    簡単3分!
    エージェントサービスに登録で非公開求人を確認!

    doda公式サイトで無料登録

    えーかおキャリア|職歴が浅い人におすすめ

    えーかおキャリア」は、20代の就職・転職支援に特化した転職エージェントです。

    経験を問わず支援してくれるため、職歴が浅い方や正社員経験がない方におすすめです。

    また、登録後は専任のキャリアアドバイザーが就職・転職活動の進め方を細かくレクチャーしてくれます。

    転職の軸が定まっていない場合はカウンセリングを通じてアドバイスしてくれるので、就活や転職活動の経験がない方も安心です。

    他社で求人紹介を断られてしまった方や、20代で職歴に自信がない方はぜひ利用してみてください。

    えーかおキャリア|基本情報

    運営会社株式会社For A-career
    公開求人数非公開
    非公開求人数非公開
    対応地域関東(一都三県)、大阪
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    転職エージェントに関するよくある質問

    転職エージェントとの面談で絶対にしてはいけないことはある?

    回答

    転職エージェントの面談で絶対にしてはいけないのは、経歴や職歴に嘘をつくことです。

    経歴や職歴に嘘がついたことがバレると、転職エージェントからの信頼が損なわれてしまいます。

    そのほか「無断キャンセルをしない」「遅刻をしない」「横暴な態度をとらない」など、一般的なマナーを守ることも大切です。

    転職エージェントとの面談に不安がある方は、以下の記事も参考にしてください。

    転職エージェントが上から目線で説教のように感じる場合はどうしたらいい?

    回答

    転職エージェントが上から目線で説教のように感じる場合は、担当キャリアアドバイザーを変更してもらいましょう。

    多くの転職エージェントではキャリアアドバイザーの変更を受け付けているので、遠慮する必要はありません。

    変更を申し出る際は「他の方の意見も聞いてみたい」などと伝えると角が立ちにくいでしょう。

    以下の記事では転職エージェントがむかつく場合の対処法を解説しているので、ぜひあわせてご覧になってみてください。

    転職エージェント おすすめランキングの関連記事

    法務職に強いおすすめ転職エージェントランキング!転職サイトの比較方法・選び方
    転職エージェント おすすめランキング

    法務職に強いおすすめ転職エージェントランキング!転職サイトの比較方法・選び方

    2024年6月13日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    出版業界におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!出版社の中途採用求人も紹介
    転職エージェント おすすめランキング

    出版業界におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!出版社の中途採用求人も紹介

    2024年6月13日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    弁護士におすすめの転職エージェント比較ランキング!リーガル系に強い転職サイトの選び方
    転職エージェント おすすめランキング

    弁護士におすすめの転職エージェント比較ランキング!リーガル系に強い転職サイトの選び方

    2024年6月13日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    ゲーム業界に強い転職サイト・エージェント!未経験におすすめの職種も紹介
    転職エージェント おすすめランキング

    ゲーム業界に強い転職サイト・エージェント!未経験におすすめの職種も紹介

    2024年6月12日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    第二新卒におすすめ転職エージェント比較 | 選び方や失敗事例・短期離職の対策を解説
    転職エージェント おすすめランキング

    第二新卒におすすめ転職エージェント比較 | 選び方や失敗事例・短期離職の対策を解説

    2024年6月12日

    五十嵐 翔

    五十嵐 翔

    • Facebook
    • x
    • LINE