【看護師ママの復職マニュアル】子育て中でも働きやすい職場7つも解説!

ナビナビ
転職

2022-06-08

看護師 吹き出し

子育て中だけど看護師として働ける…?

ブランクがあるから戦力になれるか不安…

子育て中のママが看護師として復職するとき、「家庭との両立」や「ブランク」などの問題がネックになりますよね。

この記事では、実際にブランクから復職した看護師ママの声や、復帰しやすい職場の特徴についてご紹介します。

看護師ママが子育てしながら働きやすい病院や、それ以外の職場も紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

\看護師転職サイトおすすめ3選/
看護roo!ナース人材バンク看護のお仕事

kangoroo

公開求人数
約60,000件

nursejinzaibank

公開求人数
約43,000件

kangonooshigoto

公開求人数
約50,000件(常勤のみ)

※参考|公式サイトより(2022年1月時点)
ダシルヴァ石田牧子さん
ダシルヴァ石田牧子さん

バイリンガル看護師

米国と日本で免許を持つバイリンガル看護師。外国人診療の看護師、医療英語の大学教員、精神保健分野の研究員など、多分野での勤務経験がある。2021年にフリーランス・ナースとして独立し、コンサルティング、ライティング、講師、医療翻訳などの仕事に従事。順天堂大学医学部大学院および国際教養学部で医療コミュニケーション分野のゲスト講師を務める。看護師として「子育てしながら在宅でパラレルキャリアを積む」ことに挑戦中の2児のママ。

周田 佳介さん
周田 佳介さん

現役訪問看護師

現役の訪問看護師として活動中。 過去には急性期病院、慢性期病院、特養、グループホーム、ホームヘルパーと多岐にわたって経験している。経験を生かし、看護介護系記事の執筆や研修講師など引き受けている。

目次

ブランクから復職した看護師ママの体験談

ブランクのある看護師ママたちが、実際にどのような職場に復職したのか気になるでしょう。

ここでは、職場復帰した看護師ママの声をご紹介します。

体験談を知ると復職をイメージしやすくなるので、子育てしながら働きたい人はぜひ参考にしてください。

ブランクから復職した看護師ママの体験談

短時間勤務が可能な病院に復職

看護師ママが家事や育児をしながら仕事をするためには、プライベートの時間も確保する必要があります。

復職してフルタイム勤務するのは難易度が高いので、短時間勤務が可能な病院に復職するのがおすすめです。

ツイッター上には、元上司に「短時間でもいいから来ないか」と誘われた看護師ママの声がありました。

復職先を決める際は、家庭と両立できるかどうかをしっかり検討しましょう。

経験のある科に復職

看護師ママの復職先として、経験のある診療科を選ぶケースもあります。

ブランクがあっても知識や技術は身体が覚えているので、経験のある科ならスムーズに仕事を再開できるからです。

「混合病棟に復職予定だが、両方とも経験のある診療科のため心配ない」というツイートがありました。

未経験の科に配属された場合は、勉強に多くの時間や労力を使う必要があるので、忙しい看護師ママには負担が大きいでしょう。

そのため、復職するなら経験のある診療科を選ぶのがおすすめです。

スタッフの理解がある職場が働きやすい

子育て中の看護師ママは、子どもの体調や学校・保育園のイベントに合わせて、休暇を取ることも多いです。

そのため、「職場スタッフから理解を得られるかどうか」は、看護師ママが復職するうえで重視したい条件といえます。

ヤフー知恵袋に、「職場に子育て中の人が多いと理解があり、気持ちよく働ける」という声がありました。

看護師 の口コミ

一歳になり保育所に行き始めたころは病気ばかりもらって、2ヶ月の間に3回入院したことも・・・。交代で仕事を休んだりしましたが、やはり母親の自分が休むことが多いですね。特に上の子は三歳まで毎月熱を出してたので苦労しました・・・。

なので、職場の同僚に子育て中の人が多ければもちろん理解も多く、気持ちよく働けたり休みをいただいたりできますし、上司の方針も結構重要なポイントです。

(引用:Yahoo!知恵袋

子育て中の看護師に対して理解のない職場だと、家庭との両立が難しい可能性があります。

ストレスなく働くためにも、理解のあるスタッフと一緒に働ける職場を選びましょう。

監修者

監修者

保育施設に子どもを預ける場合、子どもも慣れない環境での集団生活で体調を崩しやすく、急に早退しなければならないこともあります。
子育て中のスタッフが多い職場のほうが、「お互い様」精神があるため働きやすい場合が多いです。

看護師ママが復職しやすい職場3つの特徴

看護師ママが復職しやすい職場3つの特徴

看護師ママが復職するなら、子育てに理解がある職場を選ぶのがおすすめです。

ここでは、看護師ママが復職しやすい職場の3つの特徴について解説します。

求人の具体例も載せているので、ぜひ参考にしてください。

看護師ママが復職しやすい職場3つの特徴

特徴1.教育によりブランクを埋められる

看護師ママが復職するなら、教育制度が充実した職場が望ましいです。

医療技術は日々進歩しているため、現場から離れると「周囲についていけない…」と戸惑ってしまうかもしれません。

復職してから再教育を受けないまま業務にあたると、医療ミスにつながる可能性もあるので注意が必要です。

復職するなら、以下のような教育制度が充実した職場がおすすめです。

教育制度が充実した職場

  • 中途プリセプター制度(中途入職の看護師に対するマンツーマン指導)がある
  • 院内研修が定期的に行われる

最新の知識を身に付けて安心して業務にあたるために、中途でも教育を受けられる職場を探してみましょう。

中途プリセプター制度がある病院例

以下は、転職サイト「看護のお仕事」に掲載されている病院の求人例です。

「研修制度も充実しており、中途プリセプターOK」と記載されているため、ブランクを埋めやすい環境であることがわかります。

看護のお仕事には、他にも看護師ママが教育を受けられる職場の求人が掲載されています。

求人の詳細を見たい人は、以下から登録してチェックしてみてください。

特徴2.子育て中でも働きやすい環境がある

看護師ママが復職する際は、子育て・仕事の両立が可能かどうかが重要です。

以下のような制度がある職場は、子育て中でも働きやすい環境といえます。

子育て中のママ看護師に嬉しい制度

  • 職場に託児所がある
  • 子の看護休暇制度(子どもの看病・予防接種等の時に取れる休暇)が導入されている

ストレスなく働くためにも、育児中の看護師のための制度が整っている職場を選びましょう。

「子の看護休暇制度」がある病院の求人例

以下は、転職サイト「看護roo!」に掲載されている病院の求人例です。

休暇の欄に、「子の看護休暇」と明記されています。

このような職場は、子どもの看病による突然の休暇にも対応してもらえるので、働きやすい環境といえるでしょう。

「看護roo!」では、他にも「託児所」や「子の看護休暇」がある求人をたくさん扱っているので、気になる人は公式サイトを確認してみてください。

特徴3.プライベートも充実させやすい勤務形態

看護師ママが復職するなら、仕事と家庭を両立しやすい勤務形態を選びましょう。

フルタイムや夜勤があると、家庭のことに時間を割けない可能性があります。

以下のような働き方なら、プライベートも充実させやすいでしょう。

プライベートを充実させやすい働き方

  • 夜勤・残業がない
  • 非常勤の勤務ができる
  • 家庭の予定に合わせた休み希望を出せる

家事・育児と仕事を両立させるために、プライベートの時間を確保できる働き方を選ぶのがおすすめです。

監修者

監修者

「フルタイムで働きたい」という気持ちはあっても、特に未就学児の子育て中は難しい場合もあります。
復職する際には、「パートタイムの仕事から始めてみて、余裕がありそうだったらフルタイムの仕事を始める」という手もあります。

プライベートも充実する職場の求人例

以下は、転職サイト「看護roo!」に掲載されている病院の求人例です。

「日勤のみ」「非常勤勤務OK」の求人なので、家庭と両立しやすい職場といえるでしょう。

「看護roo!」には、他にも看護師ママ向きの求人が掲載されているので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

看護師ママが復職しやすい病院以外の職場7選

看護師ママが復職しやすい病院以外の職場7選

子育て中の看護師ママが復職を考えるなら、病院以外の職場も検討してみましょう。

病院以外でも、看護師経験を活かしつつプライベートを充実させられる職場は豊富にあります。

看護師ママが復職しやすい病院以外の職場を7つ紹介しているので、参考にしてみてください。

看護師ママが復職しやすい病院以外の職場

クリニック

クリニックは、診療時間が決まっているためプライベートの時間を確保しやすく、子育て中の看護師に人気のある職場です。

クリニックが人気の理由

  • 診療時間が決まっており、勤務時間が固定
  • 昼休みが長く、一度家に帰って家事も可能

ただし、医師や看護師の人数が少ない現場では、責任が重くプレッシャーがかかるケースもあります。

教育体制の整ったクリニックもあるので、まずは指導を受けながら仕事をこなすのも1つの手段です。

デイサービス

デイサービスは土日休みの現場が多いため、家庭と仕事を両立しやすい職場です。

病院より医療処置の機会が少なく、ブランクがある人でも復職へのハードルが低いでしょう。

デイサービスの特徴

  • 病棟勤務のように時間に追われない
  • 土日休みが多く、残業は少ない
  • 医療処置が少なくブランクが足かせになりにくい

ただし、デイサービスの利用者は高齢者ばかりなので、急変が起こる可能性もあります。

急変時の対応について事前に勉強しておくと、安心して復職できるでしょう。

訪問看護ステーション

訪問看護ステーションは、ブランクがある看護師ママの復職先として選ばれやすい職場です。

ブランクがあると、複数の患者を一斉に診ることにストレスを感じるケースがあります。

しかし、訪問看護ステーションには以下の特徴があるため、多重課題によるプレッシャーはほとんどありません。

訪問看護ステーションの特徴

  • 1人1人の患者とじっくり関わることができる
  • 医療処置も、患者と関わりながらじっくり思い出し実践できる

看護師1人での対応となるため、急変時等の責任は重いですが、その分やりがいも大きい仕事といえます。

ただし、看護師ママは夜の対応は厳しいケースも多いため、オンコールの有無は確認しておきましょう。

美容クリニック

美容クリニックは、健康な人が美を求めて来院する場所です。

命に関わる業務がないため、ブランクのある看護師ママが復帰しやすい職場であるといえます。

美容クリニックの特徴

  • 完全予約制のため業務予定を立てやすい
  • 残業が発生しにくい
  • 夜勤はない
  • 命に関わるプレッシャーはない

美容クリニックの看護師は、美容意識の高いお客さまを相手にするので、自分の身なりもキレイに整える必要があります。

また、「高い接遇スキル」や「販売ノルマ」を求められることもありますが、その分高収入を望める可能性も高いです。

美容に興味があり、人と接するのが好きな看護師に向いている職場です。

健診センター

健診センターも、プライベートと仕事を両立しやすい職場です。

看護師ママでも両立しやすい理由は、次の通りです。

健診センターの特徴

  • 夜勤がない
  • 受診時間が固定のため残業が少ない
  • 命に関わるプレッシャーはない
  • ルーティンワークがメイン

健診センターでは、貧血などの緊急時の対応も求められるため、素早く正確に採血するスキルは必須です。

しかし、基本的にはルーティンワークがメインなので、同じ作業をこなすことが得意な人におすすめの職場といえます。

医療機器メーカー・治験医療機関

医療機器メーカー・治験医療機関などの企業で働く看護師もいます。

資料作成、関係者との連絡調整、担当病院や医師へのサポートなどが主な業務で、病院での働き方とは大きく異なります。

医療機器メーカーや治験医療機関の特徴は、以下の通りです。

医療機器メーカー・治験医療機関の特徴

  • 医療技術は求められない
  • 研修制度が整っている職場が多い
  • 土日祝・年末年始が休みなので子どもの予定と合わせやすい

一般企業で働く場合、開発する機器や薬の知識をしっかり勉強する必要があります。

研修制度が充実している職場が多いため、未経験やブランクがある看護師ママでも復職しやすい現場といえるでしょう。

保育園・幼稚園

保育園・幼稚園は、看護師経験と子育ての経験を活かせる職場です。

看護師ママが保育園や幼稚園で働きやすい理由として、以下が挙げられます。

保育園・幼稚園の特徴

  • 急変等の緊急業務が少ない
  • ブランクOKの求人も多い
  • 土日祝日休みで子どもと予定を合わせやすい
  • 自分の子どもを預けられる可能性もある

緊急業務が少なく、土日祝日休みなので、プライベートの時間を確保しつつ働くことが可能です。

ただし、園によっては保育士としての業務を兼任することもあるため、求人票をしっかりと確認しましょう。

監修者

監修者

幼児も通うインターナショナルスクールで勤務したことがあります。
日勤のみで長期休暇もあったため、子育て中・妊娠中の勤務先としては理想的でした。

看護師ママが復職に成功するコツ

看護師ママが復職に成功するコツ

看護師ママが復職に成功するためには、事前準備が必要です。

ここでは、復職に向けた看護師の研修や、活用すべきサイトについてご紹介します。

復職に向けて動き出したい人は、ぜひ参考にしてください。

看護師ママが復職に成功するコツ

スキル研修を受講する

「復職したいけどブランクがあって不安」という人は、看護師向けの研修を受講するのが望ましいでしょう。

医療技術は日々進歩しているので、自分の知識が古くなっていたり、スキルが落ちていたりする可能性があります。

看護技術を習得し直すために、以下のセミナーや復職支援を受けるのがおすすめです。

看護技術を習得し直すための研修

  • 病院独自の看護師向けセミナー
    →採血・注射、吸引、一次救命処置などの研修
  • 通信制講座を受講
    →自宅で教材や動画視聴しながら学べる
  • 「とどけるん」の復職支援情報を見る
    →ナースセンターへ離職届を提出して利用可能
  • 独学で学習サイトなどを活用
    →権威ある人の監修かをチェックして利用

ブランクがあっても、経験を重ねていくうちに最新の技術は身につきます。

自信を持って復職するためには、事前に必要なスキルを学び直しておきましょう。

監修者

研修者

採血一つとっても、ブランクがあると緊張するものです。
スキル研修などに積極的に参加し、自信を取り戻してから復職するのもおすすめです。

職場の口コミを徹底調査

ナスコミ
(引用元
ナスコミ

ナスコミ」は、看護師のリアルな病院の口コミを検索できるサイトです。

同じ病院でも、部署によって看護師メンバーの雰囲気が異なることもあるので、復職前に職場の雰囲気を調べておくことをおすすめします。

ナスコミでは、求人票だけではわからない「人間関係が穏やか」「勉強会は暗黙の了解で全員参加」などの内部情報を無料で入手できます。

看護師ママが理想の職場に復職するためにも、ぜひナスコミを活用してみてください。

看護師転職サイトに登録する

看護師ママが自分に合った職場に復職するためには、転職サイトを活用しましょう。

前述の「ナスコミ」などの口コミサイトの投稿は、看護師の主観的な意見が多いため、客観的な情報を入手したい人は転職サイトを利用するのがおすすめです。

転職サイトに登録すれば、求人探しや面接対策・応募書類の添削など、転職に関するさまざまなサポートを受けられます。

また、家庭の状況から「どんな職場が合うのか」などの転職先に関するアドバイスももらえます。

「転職相談にはお金がかかるのでは…」と不安に感じるかもしれませんが、転職サイトは無料で利用可能です。

看護師転職サイトの仕組み

多くの転職先から自分に合った職場を見つけるためにも、ぜひ転職サイトに登録して、アドバイザーに相談してみてください。

看護師ママが復職するために登録すべき転職サイト

看護師ママが復職するために登録すべき転職サイト

「子育てしながら無理なく働きたい」と思っても、どうやって理想の職場を探したら良いかわからない人もいるでしょう。

ここでは、復職を目指す看護師ママにおすすめの転職サイトを3つご紹介します。

転職サイトはそれぞれに特徴があり、自分に合うサイトを活用することで転職成功率がアップします。

自分に合わないと思ったときはいつでも退会できるので、まずは登録してみましょう。

転職サイト名公開求人数対応エリア
看護roo!
約6万件

全国
ナース人材バンク
約4.3万件

全国
看護のお仕事
約13万2千件

全国
(最終更新
2022年4月時点)

求人数・サポートが充実『看護roo!』

求人数・サポート共に充実している『看護roo!』
(参考
看護roo!

看護roo!」は、看護師転職では定番の人気看護師転職サイトです。

公開求人数が約6万件と豊富なので、希望に合う求人を見つけられる可能性が高いです。

面接対策や条件交渉などのサポートが丁寧で、病院の内部情報を詳しく教えてもらえます。

希望条件に合う求人を見逃さないためにも、登録しておきましょう。

看護roo!|基本情報

運営会社株式会社クイック
公開求人数約60,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金すべて無料

(最終更新:22年1月時点)

美容クリニックの求人が豊富『ナース人材バンク』

ナース人材バンク」は、年間利用者数10万人以上で、利用満足度が高い転職サイトです。

キャリアアドバイザーとLINEで気軽に連絡をとれるので、忙しい人でも使いやすいでしょう。

病院以外の求人も豊富で、日勤で働ける美容クリニックの求人なども探せます。

アドバイザーとLINEでやりとりしたい人や、美容クリニックに転職したい人は、ぜひ登録してみてください。

ナース人材バンク|基本情報

運営会社株式会社エス・エム・エス
公開求人数約4.3万件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年4月時点)

業界トップクラスの求人数を保有する『看護のお仕事』

看護のお仕事
(参考
看護のお仕事

看護のお仕事』は、業界トップクラスの求人数を保有する看護師転職サイトです。

看護のお仕事では年間4,000回以上の職場訪問を行っており、病院や施設ごとの「医療方針」や「職場の雰囲気」などを詳しくヒアリングしています

求人ページには求人ごとのおすすめポイントや、実際に働くスタッフの声などが紹介されているため、応募前に職場のイメージをつかむことができます。

求人ページだけではわからない内容があれば、キャリアアドバイザーが情報提供してくれるので、応募先をなかなか決められない人にもおすすめのサービスです。

少しでも多くの求人を見たい人や、職場の雰囲気を事前に詳しく知りたい人は、ぜひ看護のお仕事も活用してみてください。

看護のお仕事|基本情報

運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数約50,000件(常勤のみ)
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

まとめ

看護師ママが復職するなら、教育制度が充実してブランクを埋められる職場や、プライベートの時間を確保しやすい職場がおすすめです。

復職先を探すときは、以下の「病院以外の職場」も視野に入れてみましょう。

看護師ママが復職しやすい病院以外の職場

  • クリニック
  • デイサービス
  • 訪問看護ステーション
  • 美容クリニック
  • 健診センター
  • 医療機器メーカー・治験医療機関
  • 保育園・幼稚園

子育て中のママが無理なく復職するためには、しっかりと情報を集めて転職先を厳選することが重要です。

希望条件に合った転職先を効率よく探すためには、転職サイトの活用がおすすめです。

転職サイトを利用すれば、「子育てママに理解のある職場」「残業の少ない職場」などの内部情報を教えてもらえます。

以下の転職サイトは看護師からの評判が高いので、ぜひ活用してみてください。

転職サイト特徴
看護roo!
  • 求人数・質ともに充実
  • 書類作成などのサポートも手厚い
  • クリニック・訪問看護・介護施設の求人が豊富
ナース人材バンク
  • 年間利用者10万人以上
  • LINEで気軽に相談可能
  • 日勤の美容クリニックの求人が豊富
看護のお仕事
  • 業界トップクラスの求人数を保有
  • キャリアアドバイザーが職場の雰囲気を教えてくれる

転職サイトを複数社登録しておくことで、理想の職場を見つけやすくなります。

転職サイトを有効に活用して、転職を成功させましょう!

監修者

監修者

特に子どもが未就学児の場合、以前と全く同じように働くことは現実的でないことがほとんど。
復職する際には、「パートタイム可」「日勤のみで残業なし」「子育て中のスタッフが多い」などの条件を優先し、無理しすぎないことが大切です。

関連記事