看護師→他職種への転職におすすめの仕事8選!転職成功のポイントも解説!

ナビナビ
転職

2022-06-08

「看護師を辞めて、他の職種に転職しようかな…」

看護師は給与が良い反面、夜勤や残業が多く、生活が不規則になるため、他職種への転職を考える人も少なくありません。

ポジティブな気持ちで働き続けるために、今から動き出すことをおすすめします。

この記事では、実際に看護師を辞めて他職種に転職した人の理由やその割合、他職種に転職する看護師におすすめの仕事などを解説しています。

転職成功のポイントもあわせて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

\看護師転職サイトおすすめ3選/
看護roo!ナース人材バンク看護のお仕事

kangoroo

公開求人数
約60,000件

nursejinzaibank

公開求人数
約43,000件

kangonooshigoto

公開求人数
約50,000件(常勤のみ)

※参考|公式サイトより(2022年1月時点)
ダシルヴァ石田牧子さん
ダシルヴァ石田牧子さん

バイリンガル看護師

米国と日本で免許を持つバイリンガル看護師。外国人診療の看護師、医療英語の大学教員、精神保健分野の研究員など、多分野での勤務経験がある。2021年にフリーランス・ナースとして独立し、コンサルティング、ライティング、講師、医療翻訳などの仕事に従事。順天堂大学医学部大学院および国際教養学部で医療コミュニケーション分野のゲスト講師を務める。看護師として「子育てしながら在宅でパラレルキャリアを積む」ことに挑戦中の2児のママ。

周田 佳介さん
周田 佳介さん

現役訪問看護師

現役の訪問看護師として活動中。 過去には急性期病院、慢性期病院、特養、グループホーム、ホームヘルパーと多岐にわたって経験している。経験を生かし、看護介護系記事の執筆や研修講師など引き受けている。

目次

看護師から他職種に転職した人の理由とその割合

看護師から他職種に転職した人の理由とその割合

看護師から他職種への転職を考えた時に、「他の人はどんな理由で転職したのか?」が気になる方も多いでしょう。

転職サイトのマイナビ転職が行ったアンケート結果を元に、看護師を辞めた人の理由とその割合を紹介します。

看護師を辞めた理由と割合

1位人間関係のトラブルやストレス23%
2位ほかにやりたい仕事がある18%
3位夜勤がつらい・体力的負担が大きい14%
4位結婚・育児・介護など家族・家庭の事情 10%
5位給料が少ない、割に合わない 9%
6位業務の責任の重さ8%
7位向いていないと感じた4%
8位労働時間が長い3%
9位キャリアアップができない 3%
10位休暇が取りづらい1%
(参考
マイナビ転職

看護師特有の「人間関係のストレス」や「労働環境のつらさ」を退職理由に挙げる方が多いですが、「他の仕事に興味を持った」というポジティブな回答も少なくありません。

特に割合が大きかった上位3つの理由について、詳しく紹介しますので、転職理由を考える時の参考にしてください。

看護師が辞める理由

今すぐにおすすめの仕事が知りたい方は「看護師のスキルを活かせる他職種の転職先8選」にお進みください。

1位|人間関係のトラブルやストレス:23%

看護師を辞めた理由で、一番多かったのが「人間関係のトラブルやストレス」です。

看護師は、同僚や先輩、上司との人間関係がうまくいかず、転職する方が多い傾向にあります。

「他職種に転職した看護師」や「転職を検討している看護師」の体験談を紹介します。

ID非公開さん

看護師→事務職検討中

現在離職中で看護師から企業の事務職への転職を考えています。

(中略)

退職理由は命に関わるというプレッシャー、過酷な業務状況、人間関係(パワハラ)で精神的に落ち込み体調を崩したからです。

(引用:Yahoo!知恵袋

匿名

看護師→スーパーレジ

女ばかりの職場で派閥があり、入職してすぐに「どちらの派閥に入るか」を聞かれた。

自分の派閥以外の人とは、朝のあいさつからお疲れさままで一切口を利かない

(引用:マイナビ看護師

看護師は、人の命に関わる仕事のため、責任の大きさから人間関係がギスギスしてしまうことも多いです。

また、激務のためにストレスが溜まりやすいことも、職場の雰囲気が悪くなる要因と言えるでしょう。

監修者

監修者

病院の看護師に限らず、介護施設でも人間関係のトラブルはあります。
介護施設で多いのが、看護師と管理者の人間関係が悪くなるケースです。
看護師が「患者さんに必要なこと」を、医学的根拠を踏まえて説明しても、「そんなこと必要ない」と聞き入れてもらえないと、どうしても信頼関係は崩れてしまいます。

2位|ほかにやりたい仕事がある:18%

退職理由として2番目に多かった理由は、「ほかにやりたい仕事がある」です。

仕事を続けていくなかで、「別の分野に強い興味を持った」という方も多いです。

看護師の仕事で身に付いた医療知識を活かして、別のフィールドで活躍したいと思うのは自然なことだと言えるでしょう。

3位|夜勤がつらい・体力的負担が大きい:14%

「夜勤がつらい」「体力的な負担が大きい」と考え、退職する看護師も多いです。

匿名

看護師→治験コーディネーター

夜勤、日勤、早出、遅出と不規則なシフトに加え、当たり前の残業、業務外の看護研究、と仕事に追われることに疲れた

(引用:マイナビ看護師

看護師は夜勤や残業が多く、「体力的につらくて続けられない」という声もよく聞かれます。

残業以外にも、不規則な生活に業務時間外の勉強など、「患者さんを助ける前に自分が倒れそう…」と悩む人は多いのです。

【補足】看護師に戻る予定で他職種に転職する人も!

他にも、いくつか気になった退職理由を紹介します。

匿名

看護師→飲食店スタッフ

一生看護師として働くためにも、違うこともしてみたかった

(引用:マイナビ看護師

匿名

看護師→個人事業主

ほかにやりたいことが見つかったので。それが落ち着けば復職したい

(引用:マイナビ看護師

看護師への復職を前提として、他職種へと転職する人もいます。

「看護師に復職したい」という口コミからは、看護師は過酷であると同時に、やりがいの大きい仕事であることが分ります。

看護師の経験を活かせる他職種の仕事8選

看護師の経験を活かせる他職種のお仕事8選

「他の職種に就きたいけど、未経験分野への転職は不安…」と、お悩みの方は多いでしょう。

看護師以外にも、看護師のスキルや経験を活かせる職種はあります。

今までの経験を活かせる仕事を知り、他職種への転職の参考にしてください。

看護師のスキルを活かしやすい、おすすめの他職種を8つ紹介していきます。

▼ クリックすると詳細説明に移動します

看護師スキルを活かしやすいおすすめ他職種

職種メリットデメリット
フィールドナース
  • 看護師の資格を活かせる
  • 給料が高い傾向
  • 夜勤がない
  • 土日祝は休むことが可能
  • 求人数が少ない
助産師
  • やりがいが大きい
  • 給料が高い傾向にある
  • 夜勤がある
  • 土日祝に休むのは難しい
  • 助産師の資格が必要
臨床開発モニター
(CRA)
  • 夜勤がない
  • 土日祝は休むことが可能
  • 給料が高い傾向
  • 理系大・大学院卒者との競争があるため、内定をもらう難易度は高め
治験コーディネーター
(CRC)
  • 夜勤がない
  • 土日祝は休むことが可能
  • 求人数が少ない
  • 業務範囲が広い
  • 理系大・大学院卒者との競争があるため、内定をもらう難易度は高め
保育園の看護師
  • 夜勤がない
  • 土日祝は休みである保育園が多い
  • 給料が低くなることが多い
ケアマネージャー
  • 夜勤がない
  • 土日祝は休むことが可能
  • 介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格が必要
  • 業務範囲が広い
  • 業務時間外に呼び出されることも
保健師
  • 夜勤がない
  • 土日祝は休むことが可能
  • 保健師の資格が必要
  • 求人数が少ない
美容クリニックの看護師
  • 夜勤がない
  • 給料が高い傾向
  • 営業ノルマが課せられることもある

おすすめ1.フィールドナース

フィールドナース

フィールドナースとは、メーカーや企業の一員として、医療機器のプレゼンテーションなどの営業サポートを行う看護師のことです。

フィールドナースの特徴

  • 平日日勤で土日祝日は休み
  • 給料は看護師より高い傾向にある

土日祝休みや年収の高さから、夜勤や休日出勤がつらい人や、転職後も年収を維持したいという人におすすめの転職先と言えるでしょう。

「知人が医療機器メーカーに転職した人」の口コミ

aka********さん

知り合いでいますよ。

お給料も上がって、元いた病院に営業に来てガッツリ稼いでます。

(引用:Yahoo!知恵袋

フィールドナースの求人例

転職サイトの医療ワーカーに掲載されていた、フィールドナース(ナースエデュケーター)の求人例です。

看護師と全く違う分野ですが、社会貢献ができ、やりがいがあって常に成長できる仕事と言えます。

医療ワーカーには、他にも企業で働く看護師の求人が掲載されていますので、気になる方は公式ホームページをチェックしてみてください。

おすすめ2.助産師

助産師

助産師とは、出産に立ち会って赤ちゃんを取り上げる職業です。

助産師の特徴

  • 妊婦の健康管理や食事指導なども行う
  • 正常な分娩なら医師の指示は必要なく、自分の判断で助産介助ができる
  • 夜勤や休日出勤が発生する
  • 助産師の資格が必要

命を預かるプレッシャーもあり大変ではありますが、その分やりがいの大きな職業と言えます。

「助産師にやりがいを感じる人」の口コミ

助産師の求人例

看護roo!に掲載されていた、助産師の求人例です。

看護師としてのスキルを活かしつつ、新たな知識や経験を積み重ねることができます。

看護roo!では、全国の助産師の求人が掲載されていますので、気になる方は公式ホームページをチェックしてみてください。

おすすめ3.臨床開発モニター(CRA)

臨床開発モニター(CRA)

臨床開発モニターとは、治験を実施している医療機関に訪問して、法律やルールを守って治験されているか確認し、治験データを回収する職業です。

臨床開発モニターの特徴

  • 平日日勤で土日祝は休み
  • スキルアップ次第で高収入も可能
  • 医療の最先端にいることが実感できる

臨床開発モニターは、スキルアップをすれば年収1,000万円を狙うことができます。

スキルアップすると給料に直結するので、やりがいのある仕事です。

「新薬開発で社会的意義を持って働ける」という口コミ

匿名

新薬開発の最前線で働ける

新薬開発の最先端にいることが実感できる仕事です。

5年、10年先の医療の姿を見ることができる環境で働けることを楽しく感じています。

患者様へ新薬を提供するための医薬品の開発に関わることは、大きな社会的意義を感じられる仕事です。

(引用:cra-bank

臨床開発モニターの求人例

看護のお仕事に掲載されていた、CRCの求人例です。

以下の求人のように「未経験可」の求人を選ぶと良いでしょう。

看護のお仕事には、その他多数の求人が掲載されています。求人情報が詳しく掲載されており、職場の雰囲気がわかりやすいので、一度覗いてみてください。

おすすめ4.治験コーディネーター(CRC)

治験コーディネーター(CRC)

治験コーディネーターとは、新薬開発の治験をスムーズに行うために、病院・患者・製薬会社の間を取り持つ職業です。

治験コーディネーターの特徴

  • 看護師の知識や経験を活かしやすい
  • 平日日勤のみの仕事で土日祝は休み
  • やりがいを感じやすい

看護師の経験やスキルを、看護師以外のかたちで世の中に役立てたい人に、ぴったりな職業と言えるでしょう。

「疾患や薬剤の知識を学べるという人」の口コミ

「看護師から治験コーディネーターに転職した人」の口コミ

治験コーディネーターの求人例

看護のお仕事に掲載されていた、治験コーディネーターの求人例です。

未経験歓迎の求人であれば、看護師から治験コーディネーターに転職する方でも、安心して転職できます。

看護のお仕事では、他にも治験コーディネーターの求人を保有しています。

求人情報をチェックしたい方は公式ホームページをご覧ください。

おすすめ5.保育園の看護師

保育園看護師

保育園の看護師は、子どもを病気から未然に防ぐ感染予防や、怪我や病気への対応などが主な仕事です。

保育園の看護師の特徴

  • 子供や保護者とのコミュニケーションが多い
  • 平日日勤土日祝は休みのところが多い
  • 給料はあまり高くない

命に関わる仕事はほとんどないため、「常に命に関わる仕事のプレッシャーから解放されたい…」という人には、うってつけの転職先と言えるでしょう。

「医療行為は少ないがやりがいは大きい」という口コミ

保育園の看護師の求人例

看護roo!に掲載されていた、保育園の看護師求人例です。

プライベートを充実させたいのであれば、日勤のみの求人や土日祝休みの求人を選ぶと良いでしょう。

看護roo!には、全国の保育園の求人が掲載されているので、ぜひ公式ホームページをチェックしてみてください。

おすすめ6.ケアマネージャー

ケアマネージャー

ケアマネージャーとは、や医療サービスを必要とする人が、適切なサービスを受けられるようにケアプラン(介護サービス計画)を作成する専門職です。

ケアマネージャーの特徴

  • 看護師の経験やスキルが活かしやすい
  • 平日日勤・土日祝は休みが多い
  • 介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格が必要

介護や医療サービスのプラン作成では、介護や医療の知識が役立つため、看護師の知識やスキルが活かせます。

しかし、利用者とサービス業者の間に入る仕事なので、両者のクレーム対応をすることもあり、精神的な負担を感じるケースもあるでしょう。

「ケアマネージャーの仕事が好きな人」の口コミ

ケアマネージャーの求人例

ナース人材バンクに掲載されていた、ケアマネージャーの求人例です。

ケアマネージャーは様々な施設で働けるため、「どのような支援をしたいか」によって、職場を選ぶのがおすすめです。

ナース人材バンクでは、常に豊富な求人を取り扱っています。

ケアマネージャーの求人情報をチェックしたい方は公式ホームページをご覧ください。

おすすめ7.保健師

保健師

保健師とは、保健所や保健センター、企業の医務室などで健康促進・公衆衛生・疾病予防をする仕事です。

保健師の特徴

  • 平日日勤で土日祝は休み
  • 保健師の資格が必要
  • 看護師のスキル・経験が活かしやすい

保健師の資格は必須ですが、夜勤や休日出勤のない職種をお探しの人におすすめな職業と言えます。

「保健師はやりがいがある」という口コミ

保健師の求人例

看護roo!に掲載されていた、保健師の求人例です。

「夜勤がつらい…」という方は、日勤のみの仕事を選ぶようにしましょう。

看護roo!には、他にも保健師の求人が掲載されています。気になる方は公式ホームページをチェックしてみてください。

おすすめ8.美容クリニックの看護師

美容クリニックの看護師

美容クリニックの看護師は、美容に関する施術の介助を行うことが主な仕事です。

美容クリニックの看護師の特徴

  • 日勤のみで夜勤はない
  • 営業ノルマを課せられることがある
  • 給料は高い傾向にある

美容に興味のある人や営業ノルマが苦にならない人は、美容クリニックの看護師を目指してみるのも良いでしょう。

「ストレスがなくなったことで貯金が増えた人」の口コミ

美容外科求人ガイド|美容系看護師への転職におすすめ

美容外科求人ガイドは、美容クリニック専門の転職を無料でサポートしてくれる、看護師のための転職サイトです。

美容クリニックの求人保有数は、業界の中でもトップクラスです。

美容外科求人ガイドの特徴

  • 看護師経験が浅くても受けられる求人がある
  • 美容外科・クリニックなどの非公開求人も多数
  • 好条件の求人が多い
  • 転職での内定率が高い(約85%)

非公開求人が豊富で、美容系の経験は不問の求人が多いため、美容クリニックに転職したい看護師におすすめです。

また、キャリアアドバイザーは美容業界に精通しており、クリニックの内部事情なども詳しく教えてもらえます。

内定率も85%と高いため、美容クリニックに転職したいのであれば利用しておくと良いでしょう。

美容外科求人ガイド|基本情報

運営会社株式会社エバーアド
公開求人数約1,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金すべて無料

(最終更新:22年1月時点)

未経験でもOK!医療業界以外の職種

未経験でもOK!医療業界以外の職種

医療業界を離れて「一般企業に転職したい」と考えている人向けの仕事を紹介します。

職種未経験で募集している求人が多く、看護師の経験も活かしやすい職種です。

「実際の求人」や「仕事の特徴」を紹介しているため、職種のイメージを掴むことができるでしょう。

医療業界から離れて働きたい方は、以下の4つの職種を参考にしてみてください。

医療業界以外の職種

販売職

販売職とは、アパレルや化粧品などの商品を店頭で売る職業です。

販売職の特徴

  • 好きな商品・ブランドの販売はやりがいを感じやすい
  • お客さんに商品を提案する力が求められる
  • 患者とのコミュニケーション経験を活かしやすい

正社員・アルバイト・パート・派遣など、さまざまな業態で求人が出されているため、自分に合う働き方ができるのも魅力のひとつでしょう。

販売職の求人例

リクルートエージェントに掲載されていた、販売職の求人例です。

販売職は、未経験からでも店長やマネージャーを目指せる仕事もあります。

キャリアアップを目指したい方は、店長など役職付き求人を探してみましょう。

リクルートエージェントの公式ホームページには、全国の販売職の求人が掲載されているので、ぜひ一度チェックしてみてください。

営業職

営業職は、企業や個人に商品やサービスを売る職業です。

おすすめポイント

  • 営業には、法人営業、個人営業、ルート営業、新規開拓などの種類がある
  • 高いコミュニケーションスキルと提案力が求められる
  • 未経験から転職している人が多い
  • 不動産・IT業界は給与水準が高め

営業職は、対人で仕事を進めるため「人当たりの良さ」や、「コミュニケーション能力」が必要です。

そのため、看護師で培ったコミュニケーションスキルを活かしやすい職業だと言えます。

営業職の求人例

リクルートエージェントに掲載されていた、営業職の求人例です。

成績が上げるほど給与に反映される求人を選べば、やりがいを持って取り組めるためおすすめです。

リクルートエージェントは、転職サービスの中でも断トツの求人数を誇ります。

営業職の求人も豊富に取り扱っているため、ぜひ一度公式ホームページをチェックしてみてください。

事務職

事務職は、主に書類作成や来客対応を行う職業です。

事務職の特徴

  • 基本的なPCスキルが求められる
  • 電話対応や来客対応など、接客業務も多い
  • 希望する人が多くライバルが多い
  • 未経験可の求人多数

事務職は書類作成が主な仕事であるため、基本的なPCスキルが必要になります。

病院で電子カルテを使っていれば、操作やキーボード入力の経験を採用担当にアピールできるでしょう。

事務職の求人例

リクルートエージェントに掲載されていた、事務職の求人例です。

必要なPCスキルを満たした求人を選ぶと、入社後にスキル不足で困らないためおすすめです。

リクルートエージェントでは、人気のある事務職の求人も保有していることが多いです。

ぜひ一度公式ホームページをチェックしてみてください。

美容に関する職

美容に関する職には、「美容部員」や「ネイルアーティスト」「エステティシャン」などがあります。

美容に関する職の特徴

  • 美容部員
    → デパートコスメの販売、メイクのアドバイス、メイクアップなどの業務
  • ネイルアーティスト
    → ネイルにデザインを行う業務、民間資格あり
  • エステティシャン
    → マッサージやエステの施術、衛生管理が重要

美容系の仕事では、メイクやネイル実施時の生管理や、接客でのコミュニケーション能力が問われることが多いです。

そのため、看護師として培った清潔の知識やコミュニケーション能力を活かしやすい仕事といえます。

美容に関する職の求人例

リクルートエージェントに掲載されていた、美容部員の求人一例です。

美容に関する職業は多いため、やりたい職業に絞って求人を探すのがおすすめです。

リクルートエージェントには、全国の求人が多数掲載されています。

全国的に美容部員の求人豊富のため、ぜひ一度公式ホームページをチェックしてみてください。

看護師からほかの仕事に転職するメリット

看護師からほかの仕事に転職するメリット

他職種に転職した人の声とともに、転職のメリットを解説していきます。

転職後のイメージを掴む参考にしてみてください。

他職種に転職するメリット

規則的な生活を送ることができる

看護師は夜勤やシフト制の仕事で、不規則な生活になることが多いです。

生活リズムが整った職種へ転職することで、不規則な勤務で感じていた、ストレスや不調が改善するケースもあります。

保育園は休日や勤務時間がほぼ決まっているため、看護師よりも生活リズムが整いやすいです。

規則正しい生活を送ることで、不規則な生活で感じていた不調が改善されるため、ストレスも減少してくるでしょう。

現職での人間関係のストレスから解放される

転職すれば、職場の人間関係は一新されます。

看護師を辞めた理由の1位が「人間関係のトラブル」であったことからも、人間関係が新しくなることは、大きなメリットと言えるでしょう。

看護師は、限られた空間で仕事を行うことや、人の命に関わる緊張や責任感から、人間関係のトラブルが起こりやすい職業と言えます。

「上下関係が厳しくない」「落ち着いた職場で穏やかな人が多い」といった、人間関係のストレスが少ない他職種に転職することで、不安やストレスが解消された人は多いです。

視野が広がる

看護師から他の職種に転職することで、「視野が広がった」という声もよく聞かれます。

医療からまったく離れた職種に就くことで得られる、「気づき」もあるでしょう。

視野が広がることで、今後の働き方や職業の選択肢が広がります。

さまざまな職業に目を向けることは、看護師という職業に悩んでいる人におすすめです。

看護師から他職業に転職するデメリット

看護師から他職業に転職するデメリット

看護師から他職種への転職は、メリットばかりとは言えません。

他職種に転職する前にデメリットを確認し、転職の参考にしましょう。

他職種に転職するデメリット

給料が下がる可能性が高い

一般的に、看護師は同世代の方と比べて高収入なことが多いです。

なぜなら、数多くの夜勤・残業をこなす必要のある看護師は、それだけ多くの手当てが収入に反映されるからです。

そのため、看護師から他職種に転職すると、看護師時代に比べて大きく収入が下がってしまう可能性が高いと言えます。

仕事のやりがいを求めて転職する場合、年収が下がる可能性もあります。

転職後に生活費が足りなくならないように、いくらまでなら給料が下がっても大丈夫なのか、計算しておくと良いでしょう。

これまでの経験が活かしづらい

看護師からまったく別の職種に転職した場合、これまでの知識や経験が活かしづらいというデメリットもあります。

実際に、看護師経験しかなく、スキル不足で転職に不安を抱えるツイートもありました。

前職で培ったスキルをできるだけ活かしたいなら、助産師や保健師など、医療知識を活かせる仕事を選ぶことが大切です。

また、患者さんとの会話で培ったコミュニケーションスキルや緊急時の対応力などは、どんな仕事にも活かすことができます。

転職活動の際は、転職先の仕事に活かせるスキルを厳選してアピールしていくと良いでしょう。

【職種別】仕事で活かせるスキルアピールの例

  • エステティシャン
    看護師としての勤務経験があり、筋肉や血管の仕組みなど人の身体についての充分な知識があります。

  • 化粧品販売員
    看護師として多くの患者さんと接したことから、コミュニケーション能力や肌の悩みなどに共感する力には自信があります。

看護師を辞めて転職した方が良い人・そうでない人の特徴

看護師を辞めて転職した方が良い人・そうでない人の特徴

今置かれている状況や、あなたの気持ちによって、他職種に転職すべきかどうかは異なります。

看護師を辞めて、「転職すべき人」と「そうでない人」についてまとめました。

各ポイントを抑え、あなたの置かれている状況と比較し、参考にしてみてください。

看護師を辞めて転職すべき人・そうでない人

転職した方が良い人

看護師を辞めて他職種に転職を検討した方が良い人には、次のような人が当てはまります。

  • 看護師の仕事に向いていない
  • 看護師の仕事がきっかけで病気になった
  • 看護師以外の仕事に強い興味がある

長期間にわたり体調不良が続いていたり、仕事そのものに向いていなかったりする場合は、看護師をやっていることでマイナスの要因が大きいです。

例えば、「数年経験しても看護師の業務に慣れない」「看護にモチベーションを保てない」「人間関係がきっかけで精神的に参っている」という問題があげられます。

看護師を辞めることで改善できる問題の場合は、他職種への転職を検討してみましょう。

転職しないほうが良い人

看護師を辞めて他職種に転職しない方が良い人には、次のような人が当てはまります。

  • 興味本位で
  • 人間関係がストレス
  • 夜勤やシフト制が合わない

看護師から他職種に転職すると、「看護技術を忘れる」「ブランクで就職できない」など、復職に苦労する場合が多いです。

そのため、人間関係やシフト、夜勤の有無など、職場を変えれば改善できる問題の場合、他職種への転職を急ぎすぎない方がいいでしょう。

まずは、病棟を異動したり、他の病院に転職したりするなど、看護師を辞めずにできる対策を取りましょう。

看護師から違う職種への転職を成功させるためのポイント

看護師から違う職種への転職を成功させるためのポイント

他職種への転職を成功させるために、成功のポイントをみていきましょう。

次の5つのポイントを抑えることで、転職の成功率を高めることができます。

他職種への転職に前向きの方は、ぜひ参考にしてください。

他職種への転職を成功させるポイント

ポイント1.条件を明確にする

転職したいと考えたら、まずは転職先に求める条件を明確にしましょう。

転職には、次のような条件があります。

  • 給料・賞与・勤務地などの待遇条件
  • 社風や人間関係などの職場環境
  • 育児休暇・有給休暇などの福利厚生
  • 仕事内容や役職の有無

ただし、全てが100点満点の職場を見つけることは、かなり難しいです。

そのため、条件の他に、「絶対に譲れない条件」を決めておく必要があります。

譲れない条件を決めておかなければ、「本当は仕事のやりがいを求めて転職したはずなのに、給料の高さに釣られ転職して後悔した」ということになりかねません。

目的と違った転職にならないためにも、転職先に求める「条件」と「譲れない条件」を明確にしておきましょう。

ポイント2.自分のやりたいことを明確にする

「転職して叶えたい目標」を明確にしておきましょう。

転職の目標を明確にしておかなければ、「やりがいを感じない」「なぜこの仕事をしているの?」と仕事がつらくなり、また転職する必要が出てくることもあります。

しかし、自分のやりたいことが明確であれば、転職時に志望動機も伝えやすく、目標に向かって前向きに働くことが可能です。

看護師が転職する際の志望動機の伝え方は、以下の記事で詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてください。

ポイント3.退職手続きの準備は早めに始める

転職先が決まったら、早めに退職手続きの準備も始めましょう。

退職の手続きを早い段階で準備し始めることで、 退職まで余裕ができるため、今の仕事を円滑に辞められます。

退職に必要な手続きは、主に次の3つです。

退職手続き

  • 退職する旨を上司に伝える
  • 退職届(退職願)を提出する
  • 書面の手続きを行う

まずは、退職する旨を直属の上司に伝えましょう。

上司に伝えると、上司から人事部や総務部に連絡がいき、退職願や必要な書面手続きについて教えてくれるはずです。

早めに上司に相談することで、引継ぎや退職手続きも円滑に進み、スムーズに退職できます。

看護師の転職の時期選びについては、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にして下さい。

ポイント4.看護師から看護師への転職も視野に入れてみる

もし、看護師の仕事にやりがいを感じているのであれば、看護師から看護師への転職も視野に入れてみましょう。

転職したい理由によっては、勤務地を変えるだけで、今の悩みや不満が改善されることもあります。

転職したい理由の例転職先の例
夜勤が辛い日勤のみの病院へ転職
命を預かるプレッシャーがしんどい手術や入院設備がない病院へ転職

転職を考えている方のなかには、「せっかく看護師になれたのだから、できれば看護師を続けたい…」と思っている人もいるでしょう。

そんな人は、環境を変えれば続けられる可能性もあるので、「看護師から看護師への転職」もぜひ選択肢に入れてみてください。

ポイント5.転職サイトを利用する

転職を有利に進めたいなら、転職サイトを利用しましょう。

転職サイトの仕組み

仕事は、知り合いに紹介してもらったり、自分で企業や病院の求人広告を探すこともできます。

しかし、自分で見つけることのできる求人はほんの一握りです。

一方、転職サイトを利用すれば、非公開求人を含む多くの求人から転職先を選べます。

さらに、「書類作成」や「面接対策」などのサポートも受けられるため、転職を有利に進められるでしょう。

看護師から他職種へ転職するときにおすすめの転職サイト

おすすめ看護師転職サイト3選

看護師転職サイトは数10社以上のサービスがありますが、中でもおすすめは求人数が豊富でサポートも手厚い以下3サイトです。

【おすすめ看護師転職サイト3選】
転職サイト名公開求人数対応エリア
看護roo!
約6万件

全国
ナース人材バンク
約4.3万件

全国
看護のお仕事
約13万件

全国

(22年4月時点)

まず初めの1社を選ぶならば、求人数・サポート共に充実している「看護roo!」がおすすめです。

しかし、手厚いサポートをしてくれるかは、担当者の良し悪しにも左右されるため「このサイトを使えば安心」と言い切れるサイトはありません。

相性の良い担当者を見極められるように、転職サイトは2~3社まとめて登録しておくことをおすすめします。

求人数・サポート共に充実している『看護roo!』

求人数・サポート共に充実している『看護roo!』
(参考
看護roo!

看護roo!の特徴

  • 手厚いサポートが受けられ、特に面接対策と条件交渉には定評がある
  • 「利用者満足度」96%以上。高い満足度を誇る
  • 全国的に求人が豊富。特に関東・東海・関西地方の都市部の求人に強い

看護roo!』は、看護師転職ではお決まりと言えるほど人気の看護師転職サイトです。

求人数は業界トップクラスの5万件以上。面接対策や条件交渉などのサポートも丁寧なので、転職が不安な方におすすめです。

また「看護roo!」の求人情報には「キャリアパートナーのオススメポイント」が記載されているため、応募前に職場の雰囲気などをイメージしやすくなっています。

求人数とサポートの丁寧さを総合的に判断するならば、看護roo!への登録は外せないと言えるでしょう。

なお、看護rooは登録者限定に「転職ガイドブック」を配布しています。転職者に寄り添った配慮がある点も、看護roo!をおすすめできる理由の一つです。

看護師の転職には欠かせないサイトですので、優先的に登録しておくことをおすすめします。

看護roo!|基本情報

運営会社株式会社クイック
公開求人数約60,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金すべて無料

(最終更新:22年1月時点)

求人数が多く職場情報も確認できる『ナース人材バンク』

ナース人材バンクの特徴

  • 看護師登録者数No.1※株式会社エス・エム・エス調べ
  • 老舗の看護師転職サイトだからこその安心感
  • 全国幅広く求人を保有

ナース人材バンク』は、年間10万人以上の看護師が利用している「看護師登録者数No.1」の人気転職サイトです。

2005年から運営されている老舗の転職サイトであり、医療機関との繋がりが強く、非公開求人も含めて全国幅広くの求人を保有しています

また、各都道府県ごとに担当のキャリアアドバイザーが在籍しており、職場の雰囲気なども詳細に教えてもらえるのが魅力的です。

実績豊富で求人数も充実しているサービスであるため、看護師の転職には欠かせないサイトの1つと言えます。

全ての看護師におすすめですが、特に20代や30代のサポートに強みを持っているので、該当する人は優先的に登録しておきましょう。

ナース人材バンク|基本情報

運営会社株式会社エス・エム・エス
公開求人数約4.3万件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年4月時点)

職場のリアルな情報がわかる『看護のお仕事』

看護のお仕事
(参考
看護のお仕事

看護のお仕事の特徴

  • 公開求人数トップクラス
  • 病院の口コミなど職場のリアルな情報も確認できる

看護のお仕事』は、業界トップクラスの求人数を保有する看護師転職サイトです。

看護のお仕事では年間4,000回以上の職場訪問を行なっており、病院や施設ごとの「医療方針」や「職場の雰囲気」などを詳しくヒアリングしています

求人ページを確認すると、求人ごとのおすすめポイントや、実際に働くスタッフの声などが紹介されているため、応募前にイメージを膨らませやすいのが魅力的です。

求人ページだけでは分からない内容があれば、キャリアアドバイザーが丁寧に情報提供してくれるので、応募先をなかなか決められない人にもおすすめのサービスです。

少しでも多くの求人を見たい人や、職場の雰囲気を事前に詳しく知りたい人は、ぜひ看護のお仕事も活用してみてください。

看護のお仕事|基本情報

運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数約50,000件(常勤のみ)
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

まとめ

看護師から他職種に転職したい人は、看護師の経験・スキルが活かせる以下の8つの仕事がおすすめです。

  • フィールドナース
  • 助産師
  • 臨床開発モニター
  • 保育園の看護師
  • ケアマネージャー
  • 保健師
  • 治験コーディネーター
  • 美容クリニックの看護師

他職種だけでなく、全く新しい業界へ挑戦したり、再び看護師へ再就職することも視野に入れて考えてみましょう。

また、一人で情報を集めることに限界を感じたら、転職サイトの利用がおすすめです。

転職サイトでは、転職のプロであるエージェントからサポートを受けられます。

「非公開求人」や「知らない職種の情報」も得られるため、さらに視野を広げられるでしょう

【おすすめ看護師転職サイト3選】
転職サイト名公開求人数対応エリア
看護roo!
約6万件

全国
ナース人材バンク
約4.3万件

全国
看護のお仕事
約13万件

全国

(22年4月時点)

転職サイトを活用して、ぜひ今よりも生き生きと働ける職場への転職を成功させてください。

監修者

監修者

ずっと病院の環境で働いていると気付きにくいですが、看護師として培った医療知識やコミュニケーションスキルは、他の職種でも重宝されます。
他の職種に少しでも興味があれば、どんな求人があるかだけでもチェックしてみることをおすすめします。

関連記事