薬剤師の転職は30代でも遅くない!キャリアアップのコツを解説

ナビナビ
転職

2022-06-21

30代薬剤師はある程度経験を積み、将来について考え出す時期。

「転職したいけど、職場を変えるのは不安」「30代で転職するのは遅いのでは?」とお悩みではありませんか?

結論からお伝えすると、薬剤師が30代で転職するのは全く遅くありません

転職によって、年収アップやキャリアアップを狙うことも可能です。

ただし30代薬剤師が転職する際は、キャリアチェンジの最後のタイミングと考えて慎重に行動する必要があります。

そこで本記事では、30代薬剤師が転職する際の注意点や成功のポイントを詳しく解説します。

本記事を読めば、キャリアアップの実現など30代薬剤師ならではの目標を達成できるはずですよ。

転職を希望するなら早めに行動しよう

転職の難易度は、年齢が上がるにつれて高くなります。

40代になると「なかなか希望に合う求人が見つからない…」ということも多いので、できるだけ早めに行動を起こすのがおすすめです。

少しでも転職に興味があるなら、まずは転職サイトで「どのような求人があるのか」確認してみてはいかがでしょうか?

大手薬剤師転職サイトの「ファルマスタッフ」では、4万件を超える求人を無料でチェックできるので、ぜひ気軽に利用してみてください。

目次

即戦力になれる30代薬剤師は転職に有利!

まず結論からお伝えすると、即戦力になれる30代は転職に有利な年代です。

薬剤師は一般的に「一人前になるまでに3~4年かかる」と言われており、5年目になると「即戦力」として積極的に採用してもらえることが多いのです。

また、即戦力として活躍できる5年目以降に転職を決意する人は多く、転職サイト「薬キャリ」が行ったアンケ―トでは、30代半ばにあたる「10年目の転職がもっとも多い」という結果が出ています。

さらに現在、医師や薬剤師の有効求人倍率は2倍を上回っている「求職者優位」の状態。(参考:一般職業紹介状況(令和3年1月分)厚生労働省

人材不足で困っている調剤薬局や病院では、即戦力となる30代薬剤師を強く求めているところも多いです。

このようなことから「即戦力となる30代薬剤師の需要は高く、転職しやすい」と言えます。

30代は転職しやすいタイミングですが、初めての転職では、思うように自己アピールできなかったりと失敗してしまうことも少なくありません。

転職活動に少しでも不安があるのなら「転職サイト」のサポートを受けることをおすすめします。

記事後半「30代薬剤師におすすめの転職サイト3選」では、おすすめのサイトを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

30代薬剤師が「今」転職すべき理由

30代薬剤師が「今」転職すべき理由

30代で転職を考えている場合は、「今」転職するのがおすすめです。

なぜなら、30代で転職せず40代・50代…と年齢を重ねていくと、転職難易度がどんどん上がってしまうからです。

ここでは、30代薬剤師が「今」転職すべき理由について、詳しく解説していきます。

理由1.40代になると転職難易度が上がるから

まず第一の理由として、「40代になると転職難易度が上がる」という点が挙げられます。

年齢を重ねるほど「成長性」「ポテンシャル」「柔軟性」などが求められるようになり、転職の難易度は高くなります。

また、表立って「年齢制限」を強調している求人はあまりありませんが、内部で「何歳まで」と決めていることは多いです。

30代はまだまだ転職できる年齢ですが、40代・50代になると転職の難易度はかなり高くなります。

「転職したい」という気持ちがあるのなら、30代のうちに行動することをおすすめします。

理由2.キャリアチェンジする最後のチャンスだから

30代は、キャリアチェンジする最後のチャンスとなることが多いです。

未経験者を採用する場合、「伸びしろがある若い年代」を欲しがる職場が多く、30代後半以降の未経験者が採用される可能性は低くなるためです。

たとえば「企業で勤務している調剤未経験の方が、調剤薬局へ転職する」「調剤薬局から製薬会社のMRへ転職する」するなど、大きくキャリアチェンジをする場合の難易度は、年齢を重ねるにつれて高くなります。

もし異業種へのキャリアチェンジを考えているのであれば、できるだけ早めに転職を決意することをおすすめします。

理由3.年収アップを狙えるから

即戦力として活躍できる30代は主任・チーフなどの中間管理職としてキャリアップするケースも多いため、転職で年収アップを狙える可能性が高いです。

実際に、厚生労働省の「2019年の賃金構造基本統計調査」をもとに計算すると、20代と30代では、年収に大きな差があることがわかります。

年齢男性女性
25~29歳496.4万円464.1万円
30~34歳581.1万円507.7万円
35~39歳653.6万542.3万円
(参考
2019年賃金構造基本統計調査|厚生労働省

また、ナビナビが独自に調査したアンケート結果によると、30代薬剤師の約半数が転職により年収が増えたと回答しています。

年収アップを狙えるから
(引用元
※アンケートの概要は記事末に記載)

アンケートでは、実際に「転職して店舗の管理者になり、大幅に年収がアップした」という体験談も寄せられていました。

転職者の口コミ

30代/男性(病院⇒調剤薬局)

病院薬剤師として10年間勤務後、調剤薬局から声をかけられ、店舗の管理者になりました。

転職後、大幅に年収がアップしたのは、即戦力として認められ、責任ある立場を任されたからだと感じています。

(ナビナビ調査)

現職ではなかなかポストが空かない場合は、転職して昇進を狙うことも一つの手段です。

「現職では大幅な昇給が難しい」という場合は、ぜひ転職も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

<こんな求人に注目!>

求人探しの際は、「主任」「チーフ」「管理薬剤師」などのワードで案件を検索してみてください。

以下のように「主任候補」などと記載されている求人であれば、転職で昇進を狙うことができるでしょう。

▼「ファルマスタッフ」の求人例

ファルマスタッフには、他にも年収アップを狙える求人が豊富に掲載されているので、ぜひチェックしてみてください。

注意!転職に慎重になるべき30代薬剤師の特徴

注意!転職に慎重になるべき30代薬剤師の特徴

「30代薬剤師は転職に有利」とお伝えしましたが、全ての30代薬剤師が転職に有利であるとは限りません。

採用担当のイメージダウンにつながる要素があると、転職活動がスムーズに進まない可能性があるのです。

ここでは、転職に慎重になるべき30代薬剤師の特徴について解説します。

特徴1.転職回数が多い

転職回数が多いと「採用してもすぐにやめてしまうのでは?」と思われ、書類審査に通るのが難しい状況になるので注意が必要です。

実際に、転職サイト「リクナビNEXT」が企業の採用担当者に向けて行ったアンケートでは、40%を超える人が「3回以上の転職回数があると気になる」と回答しています。

上記は、薬剤師の職場に限定したアンケートではありませんが、調剤薬局・ドラックストア等の採用担当も同様に、転職回数があまりに多いと採用を躊躇してしまう可能性が高いです。

これまで転職を繰り返してきた方や、転職して間もない場合は、現職を続けることも視野に入れましょう。

<転職回数の目安>

結論からお伝えすると、1~2回の転職回数であれば「さほど気にする必要はない」と考えられます。

実際に、薬剤師転職サイトである「薬キャリ」の以下調査を見ると、30代以上の薬剤師の90%が1回以上の転職を経験していることが分かります。

一慨には言えないですが、30代の場合、1~2回の転職であれば「差し障る可能性は少ない」と推測できるでしょう。

特徴2.経験に一貫性がない

職歴に一貫性がないと、転職する際不利になりやすいので注意が必要です。

これまでの経験があまりにバラバラだと、「中途半端で専門性がない」「スキルが不足している」と判断される恐れがあるためです

例えば、「1年間企業で働いて転職し、病院薬剤師として2年勤務。その後調剤薬局で1年勤務。」という経歴であったとします。

このような経歴の薬剤師が面接に来た場合、採用側は「本人がどんなキャリアを描いているのか」疑問に感じるでしょう。

経歴に一貫性がない場合、選考通過が難しいケースがあるので、転職は慎重に考えてください。

特徴3.スキルや実績がない

30代でスキルや実績がない場合、転職で不利になってしまう可能性があります。

冒頭でお伝えしたとおり、採用側は30代薬剤師を「即戦力」として期待していることが多く、スキルや実績が身についていない状態では、採用につながりにくいのです。

例えば、調剤業務経験しかない30代の薬剤師が、民間企業や臨床経験を求められる病院の求人に応募しても採用は見込めません。

アピールできるスキルや実績がない場合は、現職で経験を積むことも視野に入れたほうが良いでしょう。

<転職するかどうか迷った場合は…>

「自分が転職すべきかどうか分からない」と悩んだ場合は、薬剤師転職のプロである「転職サイト」のアドバイザーに相談してみることも手段です。

転職サイトのひとつ「ファルマスタッフ」では、求職者の経験や状況を的確に理解し、アドバイスをしてくれます

実績がなくても応募できる求人など、有意義な情報を無料で教えてもらえるので、ぜひ気軽に相談してみてください。

30代薬剤師の転職を成功させる6つのポイント

30代薬剤師の転職を成功させるポイント

30代で転職を検討している方のなかには「年齢的に最後の転職かも…」と考えている方もいるでしょう。

転職を成功させるためには、目的を明確にし、将来を見据えて転職することが大切です。

ここでは30代薬剤師の転職を成功させるポイントを6つ紹介しますので、参考にしてください。

ポイント1.転職の目的を明確にする

転職の目的を明確にすることは、転職を成功させる重要なポイントです。

「専門病院に転職して専門性を高めたい」「ドラッグストアでセルフメディケーションの提案をしたい」など、明確な目的があると気持ちがぶれません

もちろん給与条件なども大切ですが、それだけを追求すると転職して後悔する可能性が高くなります。

30代の転職は最後と考え、ぶれない軸を持つようにしましょう。

ポイント2.経験を活かせる転職先を選ぶ

30代薬剤師は、経験を活かせる転職先を選ぶのがおすすめ。

経験を活かせる職場であれば、年収アップやキャリアアップを実現できる可能性が高いためです。

たとえば、以下のような「経験者歓迎」と記載されている求人であれば、経験・スキル次第で高年収を狙うことができます。

▼「ファルマスタッフ」の求人例

反対に、経験を活かせない「未経験からの転職」となった場合は、年収がダウンしてしまう可能性があります。

以下は、転職サイト「ファルマスタッフ」で、「未経験可」の条件で検索し、無作為に選んだ10件の求人の最低年収平均と、30代薬剤師の平均年収を比較したデータです。

30代薬剤師の
平均年収
約570万円
「未経験可」求人
最低年収の平均
約460万円
(参考
2019年賃金構造基本統計調査|厚生労働省
(参考
「未経験可」で検索|ファルマスタッフ||2021年7月25日時点)

一概にはいえませんが、数十万円単位で年収が下がってしまう可能性も否定できません

「年収を維持したい」「年収を高めたい」という場合は、なるべく経験を活かせる職場を選んだほうが良いでしょう。

ポイント3.キャリア・将来性を考慮する

30代での転職は「最後のキャリアチェンジ」となる可能性が高いため、キャリア・将来性を考慮して転職活動を行いましょう。

希望とかけ離れた職場に転職してしまった場合、「不満があるけど、年齢的に転職できず我慢するしかない」という状況に陥ってしまう恐れがあります。

そのため「年収より仕事内容の質を重視したい」「自由な時間を増やしプライベートを充実させたい」など、何を重視するかじっくり検討することが大切です。

転職後に後悔にしないためには、将来を見据えたうえで「重視するポイント」を考えるようにしましょう。

なお「キャリアの方向性に迷っている…」という場合は、「ファルマスタッフ」など、転職サイトのアドバイザーに相談し、客観的なアドバイスをもらうのがおすすめです。

キャリアチェンジの転職は、業種にも着目しましょう。

業種によって、業務内容や年収などが異なり、キャリア・将来性に大きく関わってくるためです。

キャリアチェンジ転職を考えている場合は、以下を参考に、各業種の特徴を把握しておきましょう。

業種特徴
調剤薬局
  • 管理職のポストが空かない場合、年収が頭打ちになる可能性がある
  • 調剤スキルが必須
ドラッグストア
  • 比較的年収が高め
  • レジ業務や品出し業務など専門外の業務あり
病院
  • 比較的年収が低め
  • 夜勤・当直業務がある職場あり
企業
  • 残業が発生することが多い
  • 転職難易度は高め

また、以下の記事では各業種について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

ポイント4.選考ではスキル・資格等をアピールする

30代薬剤師が有利に転職を成功させるためには、スキル・資格等をアピールすることが大切です。

30代薬剤師の強みは即戦力として活躍できることであるため、これまで培ってきたスキルや実績をアピールすることで、内定率を高められます。

たとえば、以下のようなスキル・実績があると高く評価されることが多いです。

調剤薬局
  • 調剤スキル
  • 在宅薬剤師としての勤務実績
  • かかりつけ薬剤師としての勤務実績
  • 認定薬剤師や専門薬剤師の資格…など
病院
  • 病棟業務経験
  • 抗癌剤関連の副作用モニタリング経験
  • 認定薬剤師や専門薬剤師の資格…など
ドラッグストア
  • 調剤業務併設であれば調剤スキル
  • OTC医薬品の提案スキル…など

また、業務でのリーダー経験等もアピールポイントのひとつです。

即戦力として人手不足を解消できることをアピールすれば、採用につながりやすいでしょう。

しっかりと自己アピールするためには、事前に経験やスキルをまとめておくことが大切です。

経験・スキルの棚卸しは、以下の方法を参考に行うのがおすすめです。

  • 経験を書き出す
    ⇒新卒から今までの経験を振り返ってまとめる
    (1日の処方箋枚数等、細かな部分もまとめる)
  • スキルや強みをまとめる
    ⇒経験から身についた技術・資格等をまとめる
  • 業務での成果を書き出す
    ⇒生産効率の改善等、業務の成果を具体的にまとめる
    (明確な根拠や定量的なデータがあるとベター)

ポイント5.転職先が決まるまで現職をやめない

転職先が決まるまでは、できるだけ現職をやめないようにしましょう。

現職への不満が強いと、どうしても「早く辞めたい」という気持ちが先走ってしまうものですが、内定獲得前に退職するのはリスクが高いです。

離職してから転職活動を行い、内定獲得までに時間がかかった場合、無収入の状態で仕事を探すことになってしまいます。

焦って本来の目的とはかけ離れた職場に転職しないためにも、内定が決まるまでは現職を続けるようにしましょう。

ポイント6.薬剤師に特化した転職サイトを利用する

30代の薬剤師が転職活動を不安なく進めるためには、「転職サイト」を利用することをおすすめします。

転職サイトとは、求人紹介や転職のサポートをしてくれるサービスで、求人紹介・選考対策など様々なサポートを受けることができます

薬剤師に特化した転職サイトを利用する

転職サイトに相談すれば希望にあった求人を探して紹介してくれるので、働きながら仕事を探すことも可能です。

転職サイトは完全無料で使えますし、合わなければすぐに退会できるので、とりあえず登録してどんな求人があるかチェックしておくのがおすすめです。

30代薬剤師におすすめの転職サイト3選

30代薬剤師におすすめの転職サイト3選

転職活動を成功させるためには、「薬剤師に特化した転職サイト」を活用することをおすすめします。

薬剤師以外の職種も扱っている総合的な転職サイトもありますが、特化したサイトの方がアドバイザーの専門性が高く、求人が豊富なことが多いからです。

ここでは、おすすめの転職サイトをご紹介しますので、ぜひ活用してみてください。

サイト名おすすめの人
ファルマスタッフ
  • 1人で転職活動を進めるのが不安な人
  • 初めて転職する人
マイナビ薬剤師
  • 幅広い業種の求人をチェックしたい人
  • 地方で転職を考えている人
ファーマキャリア
  • オーダーメイド求人を紹介して欲しい人
  • 他では希望の求人が見つからなかった人

本記事で紹介する3社は「【2022年最新】薬剤師転職サイトおすすめ10選!職場別・雇用形態別」から、さらに厳選した転職サイトです。

そのほかの転職サイトもチェックしたい方は、ぜひ上記の記事もご覧になってみてください。

じっくり相談にのってもらいたいなら「ファルマスタッフ」

ファルマスタッフ」は、「日本調剤グループ企業」が運営している転職サイトです。

個別面談でじっくり相談にのってもらえるので、「自分の経験を活かせる転職先が分からない」と悩んでいる30代の方にぴったり。

また、ファルマスタッフのコンサルタントは積極的に紹介先を訪問しており、職場の雰囲気など求人情報だけでは分からない情報を丁寧に教えてくれます。

じっくり相談にのってもらいたい方や、転職先の細かな情報を入手したい方は、ぜひファルマスタッフを利用してみてください。

ファルマスタッフ|基本情報

運営会社株式会社メディカルリソース
公開求人数約60,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

地元で転職したいなら「マイナビ薬剤師」

マイナビ薬剤師
(引用元
マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、大手人材会社「マイナビ」グループが運営している転職サイト。

全国15カ所に拠点があるので、地方在住でも便利に利用可能です。

また、マイナビ薬剤師は、企業・OTC専門ドラッグストアをはじめとした幅広い業種の求人を保有しています。

たくさんの求人を比較できるので、年収アップ・キャリアアップにつながる30代薬剤師向けの案件を効率良く探すことができるでしょう。

地方で転職を考えている方や、幅広い業種の求人をチェックしたい方は、ぜひマイナビ薬剤師を利用してみてください。

マイナビ薬剤師|基本情報

運営会社株式会社マイナビ
公開求人数約60,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

希望の求人が見つからずお困りなら「ファーマキャリア」

ファーマキャリアは、オーダーメイド求人にこだわりのある転職サイト

単に求人を紹介するだけでなく、条件交渉をして、求職者の希望にベストマッチする求人をつくりあげてくれます。

「転勤のない職場で働きたい」「残業は月20時間以内が希望」など、細かな希望条件のある方におすすめです。

また、コンサルタントの教育を徹底しており、ヒアリング力や交渉力は一流です。

他サイトで希望に合う求人を見つけられなかったり、こだわりの条件がある方は、ぜひファーマキャリアに相談してみてください。

ファーマキャリア|基本情報

運営会社エニーキャリア株式会社
公開求人数約28,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

30代薬剤師の転職体験談

30代薬剤師の転職体験談

転職をする際の参考になるのが、同じ年代の方々の転職体験談。

成功例や失敗例を押さえ、必要な対策を把握することで、転職の後悔を防げるはずです。

ここでは、30代薬剤師の転職体験談をご紹介しますので、転職を検討している方は参考にしてみてください。

※体験談の概要は記事末に記載

30代薬剤師の転職成功例

30代薬剤師の転職成功例をご紹介します。

「キャリアチェンジに成功した」「年収アップを実現した」など、30代ならではの体験談もあります。

キャリアチェンジの成功例

キャリアチェンジ成功者 の口コミ

女性(調剤薬局⇒研究職)

結局研究職に入り、ラボで薬の研究をしていますが、接客業では無いので患者さんにいつまで待たせるんだと怒られることも無くのびのび働けています。

一般事務もいないのでまわりはみんな苦労を共にしてきた薬剤師しかいないというのも自分には合っていると思います。

(ナビナビ調査)

調剤薬局から研究職へキャリアチェンジした成功例です。

30代はキャリアチェンジの最後のチャンスとなる可能性もあるので、現在の業種に不満がある場合は、早めに行動することをおすすめします。

年収アップの成功例

キャリアチェンジ成功者の口コミ

男性(調剤薬局⇒調剤薬局)

よかった点では、転職をし、総合病院の門前薬局に所属するようになったため、様々な処方箋を応需することで医薬品についての理解、知識が深まった。

給与面が大幅にあがったので、生活が楽になった。

店舗数が12店舗から20店舗以上の薬局に転職したため、応援などでは店までの通勤距離が遠くなる店舗もあり、通勤時間が長くなった。

(ナビナビ調査)

調剤薬局から調剤薬局への転職の体験談です。

同業種であっても転職することで、スキルアップ・年収アップを実現できる可能性があります。

現職の給与や待遇に不満があるのであれば、ぜひ転職を検討してみてはいかがでしょうか?

人間関係の悩みを解消した成功例

キャリアチェンジ成功者の口コミ

男性(病院⇒病院)

転職したことで煩わしい人間関係から解放されたことがよかった。

人間関係が悪い職場は雰囲気が悪く、悪い意味での緊張感のせいでミスを連発する以外にも、精神的・肉体的負担の増加による疲労から離職率も高くなり、それにより残った人たちの業務量が増加し、さらにミスを連発するという負のスパイラルに陥ってしまっており、正直悲惨な状態だなと前の職場の現状を見ていると感じる。

(ナビナビ調査)

病院から病院への転職体験談です。

現職で人間関係に悩んでいる場合、転職することで解消できる可能性があります

改善が期待できない人間関係の問題を抱えている場合は、転職も視野にいれることをおすすめします。

30代薬剤師の転職失敗例

30代薬剤師の転職失敗例をご紹介します。

30代薬剤師は転職に有利ではありますが、スムーズに転職活動が進まないケースもあります。

ぜひ、参考にしてみてください。

コロナの影響による失敗例

転職失敗者 の口コミ

男性(病院⇒病院)

コロナの影響で県外への移動制限があるため、移動可能な地域で新しい職場を探さなければならなかったのが大変だった。

大手の調剤薬局やドラッグストアではリモート面接を採用しているところもあるようだが、病院は直接面接に行かなければならないとことが殆どだったため、平時に比べると選択の範囲は非常に狭くなり困った。

(ナビナビ調査)

病院から病院への転職体験談です。

新型コロナウイルス感染症の影響で、転職がうまくいかなかった例です。

30代は年収アップ・キャリアアップにつながる重要な転職タイミングなので、選択肢が狭まらないよう余裕を持って転職活動を行うと良いでしょう。

転職活動中の人間関係に悩んだ例

転職失敗者の口コミ

女性(調剤薬局)

在職中に転職先を探した為、隠すことが難しかったです。

退職を志願した後での嫌がらせも、陰湿でした。

若手の薬剤師がいないチェーン店だったこともあり、引き止められたり嫌がらせを受けました。

退職志願から1ヶ月での転職だったため、我慢はできましたが、最終的には門前のクリニックの医師まで文句を言ってくるようになり、精神的にはかなりすり減ってしまいました。

(ナビナビ調査)

転職活動中であることを周囲に知られた場合、強い引き止めにあったり、嫌がらせを受けてしまうケースもあるようです。

在職中の人間関係を円滑に保つためには、内定が決まるまで転職活動中であることを伝えないといった手段も視野にいれましょう。

30代薬剤師の転職によくあるQ&A

30代薬剤師の転職によくあるQ&A

最後に30代薬剤師転職に関するQ&Aをまとめました。

ぜひ、参考にしてみてください。

Q1.30代によくある転職理由は?

回答

30代薬剤師によくある転職理由としては、以下が挙げられます。

  • 現職で成長できない
  • キャリアアップできない
  • 年収に不満がある
  • 労働環境が過酷

30代薬剤師の転職理由には、現職への不満が関連しているケースが多いです

キャリアピックスが行った「転職した理由は?」というアンケートでも、以下のような声が寄せられていました。(※アンケートの概要は記事末に記載)

転職者 の口コミ

女性(調剤薬局から研究職)

薬剤師の価値を分かっていない職場でした。

社員でも給料がかなり安く、パートさんなんて時給1200円で働いており、薬剤師の知識のないただの事務が1000円だったのでそれもどうなのかと思っていました。

保険には入っていましたが、事務がピッキングをミスすると怒られるのは薬剤師の自分です。それもだんだん納得がいかなくなってきました

(ナビナビ調査)

転職者の口コミ

男性(調剤薬局から調剤薬局)

給与面で不満があり、転職を行った。

前職の調剤薬局では、労基法40条により週44時間労働であったため、毎月20時間近く残業をしても残業代が出る事なく、1人薬剤師であったため、早番遅番の制度もなく、門前診療所も終わりが19時や20時になることもあり、嫌気がさした。

また基本的な給与が高ければよいが前職の調剤薬局給与と転職後の給与を比較すると前職薬剤師8年目の給与が現職調剤薬局薬剤師の2年目の給与よりも低かったため。

(ナビナビ調査)

転職者の口コミ

男性(病院⇒病院)

上司のパワハラ(無視・暴言等)に耐えられず、薬局長に相談しても一向に解決しないどころかむしろ悪化したため。

加えて、薬局長はお金にならない(算定が取れない)仕事ばかり安請け合いして持ってくるが、その仕事は全て部下に丸投げして自分は何もしない姿を見て、これ以上ここにいても自分のキャリアアップにはならないし精神的負担で精神的に病んでしまうなと感じたため。

(ナビナビ調査)

Q2.業種別の平均年収は?

回答

転職サイト「マイナビ薬剤師」が保有している求人の業種別平均年収は、以下の通りです。
※各業種で検索し、無作為に選んだ10件の求人の最高年収を平均した結果

病院薬剤師約490万円
調剤薬局約560万円
ドラッグストア(調剤併設)約630万円
ドラッグストア(OTCのみ)約580万円
営業職約620万円
臨床開発モニター(CRA)約680万円
(参考
マイナビ薬剤師|2021年7月24日時点

病院はやりがいがあり人気が高く比較的人材が集まりやすいため、年収が低くなる傾向にあります。

一方、近年店舗が増加しているドラッグストアは、「給与を高くしてでも人材を確保したい」という人手不足の職場が多く、平均年収が高い傾向にあります。

薬剤師は、業種による平均年収の差が大きいので、上記のような年収差も考慮して転職先を検討しましょう。

Q3.年齢制限が設けられている仕事はある?

回答

薬剤師の転職においては、基本的に年齢制限は設けられていません。

薬剤師は30~40代以降でも転職可能ですが、公務員薬剤師には、年齢制限が設けられています。

国家公務員の受験資格は「21歳以上30歳未満の者(試験実施年度の4月1日における年齢)」と定められています。(参考:国家公務員試験 採用情報NAVI│人事院

なお、地方公務員薬剤師の年齢制限は、都道府県によって異なるので確認が必要です。

Q4.管理薬剤師の平均年収はどのくらい?

回答

令和元年に実施された「医療経済実態調査のデータ」に記載されている、一般薬剤師と管理薬剤師の平均年収は以下のとおりです。

  • 一般薬剤師の平均年収:約474万円
  • 管理薬剤師の平均年収:約752万円

(参考:第22回医療経済実態調査(医療機関等調査)報告|中央社会保険医療協議会|厚生労働省

また、転職サイト「ファルマスタッフ」に掲載されている求人の最低年収・最高年収は以下の通りです。

※「(求人全体・管理薬剤師)・正社員」で検索し、無作為に選んだ10件の求人の最低年収・最高年収の平均結果

役職最低年収
(平均)
最高年収
(平均)
一般薬剤師約420万円約520万円
管理薬剤師約520万円約600万円
(参考
ファルマスタッフ|2021年7月24日時点

経験や状況によって異なりますが、管理薬剤師にキャリアアップした場合、年収が100万円以上アップする可能性もあります。

転職してキャリアアップを狙いたい場合は、「管理薬剤師候補」などの条件で求人を検索してみると良いでしょう。

まとめ

30代薬剤師は転職によって、年収アップやキャリアアップを狙うことが可能です。

ただし、30代薬剤師が転職する際は、最後の転職になる可能性があることを踏まえ、入念に準備する必要があります。

転職を成功させるために、以下のポイントを意識しておきましょう。

  • 転職の目的を明確にする
  • 経験を活かせる転職先を選ぶ
  • キャリア・将来性を考慮する
  • 選考ではスキル・資格等をアピールする
  • 転職先が決まるまで現職をやめない

また、30代の転職を有利に進めるためには、総合的なサポートを受けられる「薬剤師専門の転職サイト」の利用がおすすめです。

以下の3社はサポート面が充実していると評判なので、ぜひ利用してみてください。

サイト名おすすめの人
ファルマスタッフ
  • 1人で転職活動を進めるのが不安な人
  • 初めて転職する人
マイナビ薬剤師
  • 幅広い業種の求人をチェックしたい人
  • 地方で転職を考えている人
ファーマキャリア
  • オーダーメイド求人を紹介して欲しい人
  • 他では希望の求人が見つからなかった人

【30代薬剤師の転職後年収データ】

30代薬剤師の転職後年収データは、全103人の薬剤師を対象としたアンケートのうち、30代薬剤師61人の回答をもとに作成しています。

  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査対象:転職経験がある薬剤師
  • 調査地域:全国
  • 調査期間:2021年03月16日〜2021年04月20日
  • 調査人数:103人(内30代61人の回答データを使用)
  • 調査機関:クラウドワークス

【30代薬剤師の転職体験談・転職理由】

30代薬剤師の転職体験談や転職理由は、インターネットでのアンケートを元に収集しております。

関連記事