【潜在看護師の復職ガイド】おすすめの職場やブランクの不安解消法とは?

ナビナビ
転職

2022-06-08

看護師吹き出し

医療現場を離れて長いから復職が不安…
潜在看護師が復職するにはどうしたら良いの?

潜在看護師が復職を考えたとき、「自分に合う職場があるか」「ブランクによるスキル低下が心配」などの不安があるでしょう。

この記事では、潜在看護師が復職しにくい理由や、復帰しやすい職場を探すポイント、おすすめの職場を解説します。

また、ブランクの不安を解消する方法もご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

\看護師転職サイトおすすめ3選/
看護roo!ナース人材バンク看護のお仕事

kangoroo

公開求人数
約60,000件

nursejinzaibank

公開求人数
約43,000件

kangonooshigoto

公開求人数
約50,000件(常勤のみ)

※参考|公式サイトより(2022年1月時点)
ダシルヴァ石田牧子さん
ダシルヴァ石田牧子さん

バイリンガル看護師

米国と日本で免許を持つバイリンガル看護師。外国人診療の看護師、医療英語の大学教員、精神保健分野の研究員など、多分野での勤務経験がある。2021年にフリーランス・ナースとして独立し、コンサルティング、ライティング、講師、医療翻訳などの仕事に従事。順天堂大学医学部大学院および国際教養学部で医療コミュニケーション分野のゲスト講師を務める。看護師として「子育てしながら在宅でパラレルキャリアを積む」ことに挑戦中の2児のママ。

周田 佳介さん
周田 佳介さん

現役訪問看護師

現役の訪問看護師として活動中。 過去には急性期病院、慢性期病院、特養、グループホーム、ホームヘルパーと多岐にわたって経験している。経験を生かし、看護介護系記事の執筆や研修講師など引き受けている。

目次

潜在看護師が復職しにくい主な理由3つ

潜在看護師が「復職しにくい…」と感じるのは、どのような理由からなのかを紹介します。

ここでは、実際の潜在看護師たちの声をご紹介します。

潜在看護師が復職しにくい理由

家庭との両立が難しい

潜在看護師が復職しにくい理由に、家庭との両立の難しさがあります。

夜勤や残業などがあると、仕事がメインの生活になりやすいだからです。

ツイッター上にも、「看護師の家庭との両立は大変」という声がありました。

家庭があっても、夜勤や残業、時間外の委員会などの出席を求められるケースはたくさんあります。

そのため、家庭を持つ潜在看護師は、復職しづらいのが現状です。

看護師の復職制度が整っていない

潜在看護師が復職に踏み出せないのは、制度が整っていない職場が多いことも原因です。

例えば、ブランクがあっても、長年の経験者と同じレベルの働き方を求められることがあります。

「看護師によって経験が違うのに、同じ働き方を求められる」というツイートがありました。

中途採用者に対する教育や、個人の生活を尊重する環境が整う職場でないと、潜在看護師は復職をためらってしまうでしょう。

医療の進歩についていけるか不安

潜在看護師は、長年のブランクがあると復職への不安がよぎります。

医療は日々進歩しているため、経験のある医療処置が変化していたり、自身のスキルが落ちている可能性もあるためです。

「ブランクから業務に復帰するには時間と労力がかかる」というツイートがありました。

ブランクがあっても、即戦力を求められるケースはあります。

そのため、潜在看護師は「技術の進歩」や「スキル低下」の不安から、復職を躊躇してしまうでしょう。

潜在看護師が復職しやすい職場の特徴

潜在看護師が復職しやすい職場の特徴

「潜在看護師は復職しにくい」と感じているなら、その理由を解消できる職場を選びましょう。

ここでは、潜在看護師が復職しやすい職場の特徴を5つピックアップしています。

もしあなたが復職を検討中なら、ぜひ参考にしてみてください。

潜在看護師が復職しやすい職場

子育てしながら働きやすい職場

家庭をもつ潜在看護師の復職には、子育て・仕事の両方に専念しやすい職場が望ましいです。

家庭と両立しにくい現場を選ぶと、安定して働くことが難しいケースもあるからです。

以下の現場なら、子育て中の看護師でも働きやすい可能性が高いといえます。

子育て中の潜在看護師に嬉しい制度

  • 職場に託児所がある
  • 子の看護休暇制度(病気やケガをした子どもの看護や、子どもの予防接種や健康診断のために取る休暇)が導入されている

安心して復職するために、子育てしている看護師向けの制度が整っている職場を探しましょう。

監修者

子育て中のスタッフの割合が多い職場は、子どもの急な発熱などで早退・欠勤しなければない際にも「お互いさま精神」があるため働きやすいことが多いです。

〜「子の看護休暇制度」がある病院の求人例〜

以下は、転職サイトの『マイナビ看護師』に掲載されていた病院の求人例です。

子育て中の潜在看護師が、職場選びの際に重視したい制度なので、よくチェックしておきましょう。

マイナビ看護師では、他にも「託児所」や「子の看護休暇」がある求人をたくさん扱っています。

気になる人は公式サイトを確認してみてください。

単発アルバイトや非常勤で働ける職場

復職が不安な潜在看護師は、まずは単発のアルバイトや非常勤で働ける現場を探すのも1つの手段です。

常勤のフルタイム勤務は復職へのハードルが高いですが、単発や非常勤なら負担が少ないからです。

例えば、単発バイトや非常勤で働くと、以下のメリットがあります。

単発バイトや非常勤のメリット

  • 希望の時間や曜日で働ける
  • 残業が発生しないケースが多い
  • プライベートと両立しやすい

潜在看護師が復職を検討するなら、まずは自分に合った勤務形態を探してみましょう。

監修者

特に子育てや家庭との両立が不安な場合には、パートタイムの仕事から始めてみて、余裕があればフルタイムに移行するのも手です。

教育体制が整った職場

潜在看護師の復職には、教育制度が充実した職場が望ましいでしょう。

医療技術は日進月歩のため、少しでも現場から離れている期間があると、「周囲についていけない…」と、とまどう可能性があるからです。

また、教育を受けられないまま業務に当たると、医療ミスに繋がるおそれもあるので注意が必要です。

ブランクを埋めるなら、以下のような職場を探してみてください。

教育制度が充実した職場

  • 中途プリセプター制度(中途入職の看護師に対するマンツーマン指導)がある
  • 院内研修が定期的に行われる
監修者

ブランクがあると、採血などの基礎的な手技でも緊張するものです。
ブランクが長い場合には、中途採用者への研修が充実している求人を選ぶのもおすすめです。

〜中途プリセプター制度がある病院例〜

以下は、転職サイトの『マイナビ看護師』に掲載されていた病院の求人例です。

「研修制度も充実、中途プリセプターOK」のため、ブランクを埋めやすい環境であるといえます。

マイナビ看護師には、潜在看護師が教育を受けやすい職場の求人が、たくさん掲載されています。

気になる人は公式サイトをチェックしてみてください。

ストレス原因が極力少ない職場

潜在看護師が復職先を選ぶ時、ストレスが極力かからない職場を選ぶことも大切です。

ストレスの多い職場で、長く安定して働くのは難しいからです。

以下に、看護師がストレスの少ない職場を選ぶコツをまとめました。

看護師がストレスを感じる原因と対処法

  • 人間関係が悪い
    ⇒口コミサイトや転職サイトを使って内部事情を確認
  • 労働環境が悪い
    ⇒口コミや福利厚生をチェック
  • 勤務形態に不満
    ⇒「日勤のみ」や「非常勤」の求人を探す
  • 給与が低い
    ⇒基本給や手当の金額をよく確認する
  • 看護師の人数が足りず忙しい
    ⇒常に看護師を募集している職場は選択肢から外す

職場の労働環境が整っていれば、復職したときのストレスは少ないはずです。

希望する職場の口コミや、福利厚生などを調べてみましょう。

〜福利厚生が整う病院の求人例〜

以下は、転職サイトの『マイナビ看護師』に掲載されていた病院の求人例です。

「福利厚生」が充実しているため、「働きやすさ」に力を入れている職場であることが予想できます。

マイナビ看護師には、他にも福利厚生が充実する職場の求人が掲載されています。

気になる人は公式サイトをチェックしてみてください。

ブランクOKの職場

潜在看護師の復職条件として「ブランクOK」はよく確認しておきたいポイントです。

潜在看護師に対して、即戦力を求めるのではなく、教育に力を入れてくれる可能性が高いためです。

しかし、教育に頼るだけではなく、その職場との信頼関係を築いたり、自身の知識やスキルを活かす必要もあります。

自分に向いている職場で長く安定して働くためには、ブランクを埋める努力も必要です。

求人に応募する際には、先方に以下を伝えておきましょう。

求人に応募するときのポイント

  • ブランクの理由はハッキリ伝える
    ⇒今後の信頼関係を築くためにも嘘は言わない
  • ブランク期間に勉強したことがあれば伝える
    ⇒強みを生かした部署へ配属される可能性がある

ブランクがある前提で仕事を教えてもらえるなら、正確に仕事を覚えやすいです。

即戦力を求められないため、わからないことを聞ける環境が整っているケースが多いからです。

そのため、潜在看護師が復職先を選ぶなら、「ブランクOK」の職場に絞って探してみましょう。

〜「ブランクOK」の職場の求人例〜

以下は、転職サイトの『看護roo!』に掲載されていた訪問看護ステーションの求人例です。

「担当業務未経験可」との条件もあるため、ブランクが足かせになりにくい職場だと予想できます。

『看護roo!』には、他にも「ブランクOK」の求人が掲載されています。

ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

潜在看護師におすすめの復職現場8選

潜在看護師におすすめの復職現場8選

「潜在看護師が復職しやすい職場の特徴」から、おすすめの復職現場を8つピックアップしました。

病院以外にもたくさんの職場をご紹介しているので、復職先の候補としてぜひ参考にしてみてください。

潜在看護師におすすめの復職現場

大手の総合病院

大手の総合病院は、潜在看護師の復職先としておすすめです。

中途採用でも、教育体制が整っているケースが多いからです。

潜在看護師の復職先として、大手の総合病院がおすすめの理由は他にも挙げられます。

総合病院が潜在看護師におすすめの理由

  • 福利厚生が整っている
  • 託児所などの設備も整っている職場が多い
  • 常勤やパートなどさまざまな勤務形態での雇用がある

ブランクのある潜在看護師でも、復職しやすい環境が整っている可能性が高いです。

ただし、夜勤や残業の多さなどがネックになる可能性はあるため、事前に充分な情報を集める必要はあります。

クリニック

クリニックは、子育て中の潜在看護師に人気があります。

以下の理由から、家事と仕事を両立しやすい現場であるためです。

クリニックが人気の理由

  • 診療時間が決まっており、勤務時間が固定
  • 昼休みが長く、一度家に帰って家事も可能

ただ、医師も看護師も1人しかいない現場も多く、責任の重さがプレッシャーになるケースもあります。

教育体制の整ったクリニックもあるので、まずは指導を受けながら仕事をこなすのも1つの手段です。

監修者

クリニックは病院と比較して小規模な分、院長や長く勤務しているスタッフの考え方が業務に反映されやすいです。
そのため、勤務時間や勤務地などの「条件面」だけでなく、クリニックの方針や雰囲気が自分に合っているかの「相性面」もチェックすることが大切です。
職場見学するなどして、求人票を見るだけではわからない情報を補いましょう。

デイサービス

デイサービスは、ブランクのある潜在看護師でも復職しやすい現場です。

長期間のブランクがあっても、病院と比べると不安要素が少ないです。

潜在看護師にデイサービス勤務をおすすめする理由は、以下の通りです。

デイサービスの特徴

  • 病棟勤務のように時間に追われない
  • 残業は少ない
  • 医療処置が少なくブランクが足かせになりにくい

ただ、利用者は高齢の方なので、急な体調不良を訴えることもあります。

そのため「どんな訴えが多いか」を職場のスタッフに確認し、対処法を事前に勉強しておくと、安心して復職できるでしょう。

介護施設

老人ホームなどの介護施設は、潜在看護師の復職先におすすめです。

急性期の患者ではなく、状態が安定した利用者のケアを行う現場だからです。

潜在看護師でも不安が少なく、介護施設への復職がおすすめの理由は以下の通りです。

介護施設の特徴

  • 急性期病院のように時間に追われない
  • 命に関わるプレッシャーは少ない
  • 医療処置が少なくブランクが足かせになりにくい

ただ、入居者は高齢者がメインなので、急変が起こる可能性もあります。

そのため、急変時の対応は事前に勉強し、復職の準備をしておきましょう。

訪問看護ステーション

訪問看護ステーションは、ブランクがある潜在看護師の復職先として選ばれやすいです。

ブランクがあると、複数の患者を一斉に診ることをストレスに感じるケースがあります。

しかし、訪問看護ステーションは以下の特徴があるため、多重課題によるプレッシャーはほとんどありません。

訪問看護ステーションの特徴

  • 1人1人の患者とじっくり関わることができる
  • 医療処置も、患者と関わりながらじっくり思い出し実践できる

看護師1人の対応となるため、急変時等の責任は重いものの、その分やりがいも大きい仕事といえます。

ただし、オンコール対応が必要な職場もあるため、求人情報をよく確認してから応募しましょう。

健診センター

健診センターは、採血のスキルに自信があれば、潜在看護師でも復職しやすいです。

大勢の利用者の採血業務を1日こなすだけで、勤務が終わることも多いでしょう。

復職に不安がある潜在看護師に健診センターをおすすめしたい理由は、以下の通りです。

健診センターの特徴

  • 夜勤がない
  • 受診時間が固定のため残業が少ない
  • 命に関わるプレッシャーはない
  • ルーティンワークのため1つのスキルを習得しやすい

素早く正確に採血するスキルは必須で、貧血などの緊急時の対応も求められます。

採血以外の医療技術のスキルアップはできませんが、ルーティンワークが得意な人にはおすすめの職場です。

美容クリニック

美容クリニックは、健康な人が『美容』を求めて来院する場所です。

そのため、命に関わる業務がなく、ブランクのある潜在看護師が復帰しやすい職場であるといえます。

他にも、潜在看護師が復職しやすい理由に、以下の特徴が挙げられます。

美容クリニックの特徴

  • 完全予約制のため業務予定が立てやすい
  • 残業が発生しにくい
  • 夜勤はない

美容クリニックには美意識の高い方が来院するため、看護師も身なりをキレイに整える必要があります。

美容クリニックは「高い接遇スキル」や「販売ノルマ」を求められることもありますが、その分高収入が望める可能性も高いです。

美容に興味があり、コミュニケーション力に自信のある看護師に向いている職場といえるでしょう。

医療機器メーカー・治験医療機関

医療機器メーカー・治験医療機関などの企業で働く看護師もいます。

資料作成、関係者との連絡調整、担当病院や医師へのサポートなどが主な業務で、病院での働き方とは大きく異なります。

ブランクのある潜在看護師が一般企業で働きやすい理由は、以下の通りです。

医療機器メーカー・治験医療機関の特徴

  • 医療技術は求められない
  • 研修制度が整う職場が多い
  • 土日祝、年末年始が休みなので子どもの予定と合わせやすい

一般企業で働く場合、開発する機器や薬の知識をしっかり勉強する必要はあります。

しかし、研修制度が充実している職場が多いため、未経験やブランクがある潜在看護師でも復職しやすい現場が多いでしょう。

潜在看護師が復職を成功させるコツ

潜在看護師が復職を成功させるコツ

潜在看護師が復職に成功するためには、事前準備が必要です。

ここでは、復職に向けた看護師の研修や活用すべきサイトについてご紹介します。

復職に向けて動き出したい人は、ぜひ参考にしてください。

潜在看護師が復職を成功させるコツ

セミナーなどに参加しスキルを磨き直す

ブランクのある潜在看護師が復職を成功させるには、看護師向けの研修を受講するのが望ましいです。

医療技術は日々進歩しており、経験のある医療処置が変化していたり、スキルが落ちている可能性があるためです。

看護技術などの復習・予習をするための勉強法や研修には、以下があります。

看護技術を習得し直すための研修

  • 病院独自の看護師向けセミナー
    →採血・注射、吸引、一次救命処置などの研修
  • 通信制講座を受講
    →自宅で教材や動画視聴しながら学べる
  • 「とどけるん」の復職支援情報を見る
    →ナースセンターへ離職届を提出して利用可能
  • 独学で学習サイトなどを活用
    →権威ある人の監修かチェックして利用
  • 転職サイトのセミナーを利用
    →『スーパーナース』の復職セミナーを受講

ブランクがあっても、経験を重ねていくうちに技術は身につきます。

事前に必要なスキルを習得し直すことで、安心して復職することが可能です。

潜在看護師で復職に不安があるなら、ぜひ参加してみてください。

現場の口コミを徹底リサーチ

現場の口コミを徹底リサーチ
(引用元
ナスコミ

ナスコミ」は、現場で働く看護師のリアルな口コミを知ることができるサイトです。

同じ病院でも、部署によって看護師メンバーの雰囲気が異なることもあるので、復職する前に職場の雰囲気を調べておきましょう。

口コミサイト無料で気軽に利用できますが、看護師の主観的な意見が多いので、客観的な情報が欲しい場合には「転職サイト」に相談してください。

転職サイトのアドバイザーなら、客観的な立場から職場の内情を教えてくれる可能性があります。

潜在看護師が理想の職場に復職するためにも、情報収集に役立ててください。

看護師の転職サイトに登録する

潜在看護師が自分に合った職場に復職するためには、看護師の転職サイトに登録するのも1つの手段です。

転職サイトに登録すると、担当者による豊富な求人の紹介、履歴書の添削や面接対策など、転職に関する支援を受けられます。

また、ブランク期間や持っているスキルから「どんな職場が合うのか」などの転職先のアドバイスももらえます。

「転職相談にはお金がかかるのでは…」と不安に感じるかもしれませんが、転職サイトは無料で利用できます。

看護師の転職サイトに登録する

多くの転職先から自分に合った職場を見つけるためにも転職サイトに登録し、実際に相談してみることをおすすめします。

潜在看護師が復職するためにおすすめの転職サイト

潜在看護師が復職するためにおすすめの転職サイト

「不安なく復職したい」と思っても、理想の職場の見つけ方がわからないと踏み出せないことも多いでしょう。

そこで活用したいのが、看護師向けの転職サイトです。

転職サイトを使うと、非公開の求人の紹介や、職場の内部事情を教えてもらえます。

ここでは、豊富な求人を扱っている3つの転職サイトを紹介しているので、転職活動に役立ててください。

項目公開求人数対応エリア
看護roo!約6万件全国
ナース人材バンク約4.3万件全国
看護のお仕事約13万件全国

求人数・サポートが充実の『看護roo!』

求人数・サポート共に充実している『看護roo!』
(参考
看護roo!

看護roo!』は、利用者満足度の高い看護師向けの転職サイトです。

面接対策や条件交渉などのサポートが手厚いため、転職初心者はぜひ利用してみましょう。

また、公開求人数が約6万件と豊富なうえ、内部事情にも詳しいのが特徴です。

ブランクのある潜在看護師が不安なく復職するためにも、登録しておくことをおすすめします。

看護roo!|基本情報

運営会社株式会社クイック
公開求人数約60,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金すべて無料

(最終更新:22年1月時点)

求人数が多く職場情報も確認できる『ナース人材バンク』

ナース人材バンク』は、年間10万人以上の看護師が利用している「看護師登録者数No.1」の人気転職サイトです。

2005年から運営されている老舗の転職サイトで、医療機関との繋がりが強く、非公開求人も含めて全国の幅広い求人を保有しています。

また、各都道府県ごとに担当のキャリアアドバイザーが在籍しており、職場の雰囲気なども詳細に教えてもらえるのが魅力です。

実績豊富で求人数も充実しているサービスであるため、看護師の転職には欠かせないサイトの1つといえます。

全ての看護師におすすめですが、特に20代や30代のサポートに強みを持っているので、該当する人は優先的に登録しておきましょう。

ナース人材バンク|基本情報

運営会社株式会社エス・エム・エス
公開求人数約4.3万件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年4月時点)

職場のリアルな情報がわかる『看護のお仕事』

看護のお仕事
(参考
看護のお仕事

看護のお仕事』は、業界トップクラスの求人数を保有する看護師転職サイトです。

看護のお仕事では年間4,000回以上の職場訪問を行っており、病院や施設ごとの「医療方針」や「職場の雰囲気」などを詳しくヒアリングしています。

求人ページを確認すると、求人ごとのおすすめポイントや、実際に働くスタッフの声などが紹介されているため、応募前にイメージを膨らませやすいのが魅力です。

求人ページだけではわからない内容があれば、キャリアアドバイザーが丁寧に情報提供してくれるので、応募先をなかなか決められない人にもおすすめのサービスです。

多くの求人を見たい人や、職場の雰囲気を事前に詳しく知りたい人は、ぜひ看護のお仕事も活用してみてください。

看護のお仕事|基本情報

運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数約50,000件(常勤のみ)
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

まとめ

ブランクがあると、フルタイムで夜勤のある病院への復職は、抵抗がある看護師さんも多いでしょう。

この記事では、潜在看護師がスムーズに復職できる職場を8つ挙げました。

復職先を探すときは、「病院以外の職場」も視野に入れると、条件に合った職場を探しやすいです。

潜在看護師におすすめの復職現場

  • 大手の総合病院
  • クリニック
  • デイサービス
  • 介護施設
  • 訪問看護ステーション
  • 健診センター
  • 美容クリニック
  • 医療機器メーカー・治験医療機関

ブランクに不安がある潜在看護師が無理なく復職するためには、充分な情報集めが大切です。

働きやすい・雰囲気が良いと感じる職場の特徴は、人それぞれ異なるので、自分の優先ポイントを押さえておきましょう。

自分の希望条件に合った転職先を効率良く探すためにおすすめなのが、転職サイトの活用です。

転職サイトを利用すると、「子育て家庭に理解のある職場」「残業の少ない職場」など、個人の力だけでは集めにくい『病院の内部情報』を教えてもらえます。

以下の転職サイトは看護師からの評判が高いので、ぜひ活用してみてください。

項目公開求人数対応エリア
看護roo!約6万件全国
ナース人材バンク約4.3万件全国
看護のお仕事約13万件全国
(最終更新
2022年4月時点)

転職サイトは自分に合ったところを複数登録しておくことで、理想の職場を見つけやすくなります。

最大限ご活用いただき、復職を成功させてください。

監修者

全国的に看護師は不足しているため、ブランクがあっても復職は可能です。
「復職したけど仕事についていけない…」という失敗を防ぐには、「ブランクOKの求人に絞る」「パートから始めて様子をみる」など、無理をしないことが大切です。

関連記事