Operated by Ateam Inc.

イーデス

看護師1年目でも転職は可能?辞めたい6つの理由も解説!

最終更新日:

看護師 おすすめ転職サイト
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

看護師1年目だけど辞めたい…看護師1年目で転職できる?
1年目での転職はデメリットが多い?

残業の多さや、命を預かる責任の重さに耐えられずに、1年目で転職を考える看護師は多いです。

しかし、まだ1年目…転職したいと思う反面、すぐに辞めても転職できるのか不安になりますよね。

結論、1年目の新人看護師でも転職できます。

そこでこの記事では、新人看護師が辞めたいと考える理由や、1年目転職のメリット・デメリット、転職を成功させるポイントなどを紹介していきます。

1年目看護師の悩みを解決できる内容になっているため、ぜひ参考にしてください。

少しでも不安を感じたら転職サイトに相談しよう

1年目で転職したいと思っても「何から始めればいいか」「本当に転職してもいいか」など不安が多いと思います。

もし少しでも不安があるなら、看護師専門の転職サイトに相談することをおすすめします。

転職サイトとは、転職したい看護師と人材を募集している職場をマッチングさせるサービスです。

求職者は無料で転職の相談ができ、希望に合った求人紹介などもしてもらえます。

どこにするか迷ったら、以下の3社がおすすめです。特に「看護roo!」は求人数が多く、サポートが手厚いので1年目看護師におすすめです。

\看護師転職サイトおすすめ3選/
看護roo!レバウェル看護 (旧:看護のお仕事)ナース人材バンク

kangoroo

公開求人数
約54,000件

サポートが手厚い定番サイト

kangonooshigoto

公開求人数
約86,000件

業界トップクラスの求人数

nursejinzaibank

公開求人数
約36,000件

年間利用者数10万人以上

※最終更新:2024年1月|公開求人数は「常勤のみ」の件数です

転職サイトは無料で使えますし、合わなければすぐに退会できるのでとりあえず登録だけでも済ませておくと良いでしょう。

  • バイリンガル看護師

    監修者ダシルヴァ石田牧子さん

    ダシルヴァ石田牧子(だしるゔぁいしだまきこ)は、米国と日本で免許を持つバイリンガル看護師。また、外国人診療の看護師、医療英語の大学教員、精神保健分野の研究員など、さまざま分野での勤務経験がある。2021年にフリーランス・ナースとして独立し、コンサルティング、ライティング、講師、医療翻訳などの仕事に従事。順天堂大学医学部および順天堂大学の国際教養学部で医療コミュニケーション分野のゲスト講師を務める。看護師として「子育てしながら在宅でパラレルキャリアを積む」ことに挑戦中の2児のママ。
    ダシルヴァ石田牧子(だしるゔぁいしだまきこ)は、『Medical Explorer』『Medical World Walkabout / 医療の世界を見渡そう』の著者でもある。
    ▼書籍一覧
    ダシルヴァ石田牧子さんの著書一覧

    気になる内容をタップ

    【結論】経験1年未満の看護師でも転職成功できる!

    【結論】経験1年未満の看護師でも転職成功できる!

    看護師は常に人手不足の職業であり、経験年数1年未満でも転職市場での需要はあります。

    実際に、第二新卒として採用する病院は多く、再就職に困るということはほとんどないでしょう。

    看護師1年目で辞める新卒看護師の割合(離職率)

    新人看護師のおよそ9%は1年目で離職しており、経験1年未満の転職は珍しくありません。(参考:日本看護協会|2020 年 病院看護実態調査 報告書

    ただし、焦って転職先を決めてしまうと失敗する可能性も高いため注意が必要です。

    記事の後半では「1年目の看護師転職を成功させるポイント」を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

    1年目の新人看護師が辞めたいと思う6つの理由

    1年目の新人看護師が辞めたいと思う7つの理由

    1年目看護師は覚えることが多く、忙しい毎日を送っていると思います。

    そんな毎日に耐えられなくなり、転職したいと考える新人看護師は多いです。

    たとえば、1年目の看護師の多くは、以下のような理由で別の病院に転職しています。

    1年目看護師に多い転職理由

    実際の看護師さんの口コミを参考に、どんな理由で辞める決意に至ったのか確認していきましょう。

    理由1:仕事が忙しく残業が多い

    新人看護師の転職理由で特に多いのが、仕事が忙しすぎることです。

    1年目看護師は効率良く仕事をすることにまだ慣れていないため、どうしても残業が多くなってしまいます

    職場によってはサービス残業になることもありますし、「1年目は残業して当たり前」と暗黙の了解になっている職場もあるのです。

    忙しい毎日に耐えきれず、1年目で転職してしまう看護師さんもいます。

    理由2:人間関係がしんどい

    職場での人間関係、特に先輩看護師との人間関係に1年目看護師は悩みやすいです。

    先輩看護師に理不尽な対応に、辛い思いをした人も少なくないでしょう。

    病院は閉鎖的な空間だからこそ、職場仲間とのやり取りがうまくできず、転職してしまう看護師さんが多いです。

    理由3:研修や勉強会が多い

    看護師の仕事は患者ケアだけではなく、スキルアップのために研修や勉強会への参加が求められています。

    勤務時間外に参加しなければならない研修や勉強会も多くあります。

    時には休日なのに研修に参加することもあり、「休みたくても休めない…」なんて場合も。

    1年目看護師は研修や勉強会に参加する機会が多く、なかなか自分のプライベートの時間を確保できないことが大きな負担になってしまうのです。

    理由4:患者の命を預かるという責任が大きい

    看護師は1人で判断をして患者ケアを行い、患者の命を預かるという大きな責任が伴います。

    学生時代の病院実習では、指導教員や指導看護師が常に側にいて患者ケアをしていたはずです。

    しかし、看護師として実際に働き始めると、新人もベテランも関係がありません

    新人看護師といえども、急変時の対応や薬の投与など1人で判断して患者ケアを行う機会は多く、責任感に押しつぶされてしまう看護師さんも多いです。

    理由5:年収やボーナスが低い

    入職後に、思ったより年収やボーナスが低いと感じる新人看護師もいます。

    特に夜勤のない1年目の前半では、「給料に対して仕事が辛い」と悩むことは多いです。

    実際のところ、1年目の看護師はどのくらいの給料をもらっているのか、平均年収を確認してみましょう。

    以下は看護師1年目の年収をまとめた表です。

    【看護師1年目の年収】
    学歴基本給給与総額
    高卒+3年課程約20万円約26.4万円
    大卒 約21万円約27.2万円
    看護系大学大学院卒約21.1万円約27.7万円

    (引用:日本看護協会|2019年病院看護実態調査

    夜勤が始まったり、経験年数が増えることで年収やボーナスも増えていきます

    しかし、新人の時点で満足できる給料を貰えず、仕事に見合わないと感じ辞めたいと思う看護師さんも珍しくありません。

    理由6.看護師に向いてない

    1年目の看護師は怒られることも多く、「看護師に向いてない」と感じる人が多いです。

    厳しい指導や先輩の理不尽な対応、ヒヤリハットを経験し、「そもそも看護師に向いてない」と思った経験は誰しもあるでしょう。

    看護師に向いてないと思うと、仕事に対するモチベーションが下がってしまいます

    特に、1年目ではそういった経験が多いため、結果的に新人看護師さんが「仕事を辞めたい」と思う原因となっているのです。

    1年目転職のメリットとデメリットを確認

    1年目転職のメリットとデメリットを確認

    1年目で転職する看護師さんは決して少なくありません。

    しかしながら、気になるのは「新人看護師が転職することは本当に良い選択なのか」ということ

    そこで、1年目の看護師が転職するメリットやデメリットを解説していきます。

    1年目看護師が転職をするメリット

    1年目看護師が転職をするメリット

    新人看護師として転職することは、決してデメリットばかりではありません。

    1年目看護師が転職をすることには、以下3つのメリットがあります。

    1年目看護師が転職をするメリット

    メリット1:仕事でわからないことを気軽にたくさん質問できる

    1年目看護師の転職には、「仕事でわからないことを気軽にたくさん質問できる」というメリットがあります。

    短期間別の病院で働いた経験があっても、1年目看護師は新人看護師として迎えられます

    新しい環境で先輩看護師にわからないことをたくさん質問することで、看護師としてのスキルアップが可能です。

    メリット2:興味のある分野を見つけやすい

    1年目看護師は、転職をすることで興味のある分野を見つけやすくなります。

    わからないことが多いからこそ、転職をして様々な分野に挑戦してみることで、自分がどの分野に興味があるのかが、はっきり見えてくるはずです。

    勤務歴が長くなってくると、新しいことに挑戦しにくくなる看護師が多くなります。

    1年目看護師の転職は、 看護師として極めていきたい分野を見つけるチャンスと言えます

    メリット3:看護師のキャリアをあきらめずに済む

    転職をして自分にあった病院を見つけることができれば、看護師の仕事を続けられます。

    自分に合わない職場で無理をして働いて、結局続けられずに看護師自体を辞めた方も多くいます。

    看護師を辞めてしまったら、せっかく取得した看護師の資格を生かせない状態になるでしょう。

    転職をして自分にあった病院で働くことは、 看護師を続けてスキルアップし、看護師のキャリアを確実に積むことに繋がります。

    1年目看護師が転職をするデメリット

    1年目看護師が転職をするデメリット

    続いて、新人看護師が特に知っておきたい「1年目転職のデメリット」を3つ解説していきます。

    1年目転職のデメリット

    本当に転職するべきか判断できるよう、正直に注意点を解説しますので、よく確認しておいてください。

    デメリット1:基礎スキルと新しい仕事を同時に覚える必要がある

    1年目看護師は、まだわからないことが多く、看護師として独り立ちできているとは言えない状態です。

    そのため、転職後も基礎スキルを継続して学びながら、新しい仕事を覚える必要があります。

    さらに、転職先で扱う疾患や緊急度が以前の職場と大きく異なる場合には、専門的なスキルも新たに習得しなければなりません。

    1年目の転職では、スキル習得に相当な時間とエネルギーが必要です。

    デメリット2:年度途中での転職は難易度が上がる

    1年目看護師の転職では年度途中の採用が難しいことがあります。

    経験を積んだ看護師であれば年度途中で転職をしても即戦力になるのですが、 1年目看護師には指導が必要だからです。

    もし年度途中で今の職場を退職した場合、次の就職先が見つからないようであれば次年度まで待つ必要があります。

    ただ、年度途中であっても、1年目の看護師を採用する指導体制が整った病院はあります。

    就職先が見つからないからといってすぐにあきらめずに、いろんな病院の求人を確認してみてください。

    監修者

    1年目の転職では、どの求人に応募するかを戦略的に絞る必要があります。
    経験豊富で即戦力となる看護師と競争しても、採用される可能性が低いからです。
    新人の研修に力を入れている施設や「未経験OK」の求人に絞ることをおすすめします。

    デメリット3:転職先選びに失敗しやすい

    焦って職場を決めてしまうと、転職後の職場が自分に合わず辛い思いをすることもあります。

    周囲に「1年目の転職は不利」と言われ、慎重に職場選びができないことがあるからです。

    しかし、実際は1年目こそ慎重に検討し、転職後の職場が快適がどうか知る必要があります

    そのためには、転職サイトなどを上手に利用することがおすすめです。

    「1年目だから…」と考えず、妥協しない職場選びも、転職成功のポイントと言えます。

    1年目でも受け入れてくれる病院を見つけるには?

    1年目の看護師も受け入れてくれる病院を探すなら、「看護師転職サイト」に登録して、担当のアドバイザーに聞いてみるのが一番早いです。

    【おすすめ】1年目の転職で役立つ看護師求人サイト」では、無料で使える看護師向け転職サイトを紹介しているので、ぜひ活用してください。

    看護師転職の体験談:1年目看護師の成功例と失敗例

    おすすめ看護師転職サイト3選

    1年目で転職する看護師は多いとはいえ、実際に自分が転職に踏み切るのは多くの不安が付きまといます。

    しかし、実際に転職を経験した看護師さんの体験談を見てみれば、もっと転職が身近に感じられるはずです。

    そこで、実際に1年目で転職した看護師さんの体験談を、成功例と失敗例に分けて紹介します。

    1年目看護師の転職に成功した看護師Yさんの体験談

    看護大学卒業後、総合病院の手術室に配属になったYさんの体験談です。

    人間関係が改善されストレスがなくなった(Yさん 20代)

    手術室では、外回り看護師の業務から手術の器械出しなど、1年目看護師にとって覚えなければならない業務がたくさんありました。

    手術で器械出しを任されるようになりましたが、先輩看護師と相性が悪く、「仕事のやり方を教えてもらえない」などの嫌がらせを受けることもありました。

    結局、仕事を続けるのが辛くなり、1年目て転職することに…。

    転職先は教育制度が充実した総合病院で、職場の人間関係も良く、自分の興味がある分野を見つけることもできました

    (イーデス調査)

    Yさんはその後「もっと勉強したい」という理由から大学院へ進学し、現在は大学病院へ再就職して看護師として充実した毎日を送っています。

    1年目看護師の転職に失敗した看護師Mさんの体験談

    看護大学卒業後、総合病院に入職したMさんの体験談です。

    1年目の転職が上手くいかず転職を繰り返すことに(Mさん 20代)

    総合病院へ就職しましたが、残業ばかりでハードな毎日が辛く、1年目で転職をしました。

    転職先は総合病院で外来に配属になりましたが、採血や注射などの看護技術が不足しており、思うように仕事ができない毎日。

    職場にも馴染むことができず、2年目にもう一度転職しました。

    しかし、次の転職先も残業が多く、むしろ前の病院よりも多くの仕事を任される状態になってしまいました。

    もっと残業が少ない職場に移るために、新たに転職活動を始めています。

    (イーデス調査)

    【転職で後悔しないために】

    Mさんの体験談にもありましたが、「別の病院に移ればどんな問題でも解決する」という心構えで転職してしまうと、失敗する可能性があります。

    転職で大切なことは、「転職によって何を解決したいのか」を明確にすることです。

    残業が原因ならば、転職先の残業事情を細かく調べ、「ここなら悩みが解決する!」と言える病院に転職しなければなりません。

    一人で病院の調査を行うのは難しいので、看護師転職サイトを利用するなどして、求人の調査は念入りに行ってから転職することが大切です。

    1年目でも転職すべき看護師・すべきでない看護師の特徴

    1年目でも転職すべき看護師・すべきでない看護師の特徴

    1年目の転職にはデメリットもあるため、すべての看護師がすぐに転職すべきという訳ではありません

    そこで、1年目でも転職考えたほうが良い人と、思いとどまるべき人の特徴について解説していきます。

    転職を考えた方が良い人

    まずは、転職を検討した方が良い人について解説していきます。

    自分に当てはまっているかどうか、チェックしてみてください。

    転職を考えた方が良い人

    すぐ泣くなど心が追い詰められている

    「仕事中すぐに泣いてしまう」「そもそも職場に行けない」など心が追い詰められている方は、転職を検討すべきでしょう。

    なぜなら、そのまま働き続けると「うつ状態」になってしまう可能性があるからです。

    すでに、仕事に行けない程追い詰められている場合は、一度精神科への受診も検討しましょう。

    このように、心が限界になるほど追い詰められる職場は、あなたに合っていない可能性が高いため、転職を検討しても良いでしょう。

    健康状態に悪影響が出ている

    不眠や過剰労働、人間関係などで、健康状態に悪影響が出ている場合も転職を考えたほうが良いです。

    なぜなら、健康状態に悪影響を及ぼす職場では、自分の身を守りながら働くことが難しいからです。

    治療や療養が必要な場合は、すぐに転職せず休職や退職を視野に入れても良いでしょう。

    無理をしてさらに悪化しては意味がないため、転職や休職、退職を検討してください。

    労働基準法が守られていない

    労働基準法が守られていない職場は、そもそも違法であるため転職を検討すべきです。

    看護師の場合は、次のような「労働基準法が守られていない事例」が考えられます。

    労働基準法が守られていない事例

    • 残業代未払い
    • 有給休暇を全く取らせてもらえない
    • 労働条件や就業規則に反した業務がある
    • 暴行や脅迫を受けている

    労働基準法が守られていない場合には、「労働基準監督署」に相談してください。

    相談しても改善されない場合は、転職を検討すべきでしょう。

    労働基準監督署について

    労働基準監督署は、全国に点在しています。

    自分の住む県や地域の所在地については、こちらからご確認ください。

    厚生労働省|全国労働基準監督署の所在案内

    転職を思いとどまるべき人

    1年目ですぐに転職するのは思いとどまるべき人について解説していきます。

    転職を思いとどまるべき人

    専門性の高い分野に興味がある

    専門性の高い分野に転職したい場合は、1年目での転職をおすすめしません。

    なぜなら、専門性の高い病院や施設であると、基礎の看護技術を求められる可能性が高いからです。

    看護師の基礎技術は、通常3年程度かけて学んでいきます。

    そのため、慎重に下調べを行い、必要な経験年数や技術を習得した後、転職するのがおすすめです。

    「怖い看護師がいる」など人間関係に悩んでいる

    人間関係に悩んでいる新人看護師さんも、転職は一旦思いとどまるべきです。

    「怖い先輩看護師がいる」などの人間関係の悩みは、同じ病院内で解決できる場合があります。

    例えば、師長や部長に直接相談し、部署異動できる可能性も高いです。

    また、直接相手に伝えてもらうことで、関係改善できる場合があります。

    まずは師長や部長に相談して、それでも改善されない場合に転職を検討してみてください。

    辞めグセがついてしまうことも

    「嫌なことがあったから」とすぐに転職していては、転職を繰り返し「辞めグセ」が付いてしまう可能性があります。

    転職を繰り返すと、継続勤続年数が短くなってしまい、転職での信用を失ってしまう恐れがあります

    継続した教育を受けられず、技術不足のまま過ごしてしまうことにもなるでしょう。

    辞めグセをつけないためにも、すぐに転職するのではなく、今の職場でできることを考えることがおすすめです。

    看護師の業務が辛くなった時の解決方法

    看護師の業務が辛くなった時の解決方法

    退職を決めてもすぐに退職できるわけではないため、看護師の業務が辛くなることもあるでしょう。

    また、転職せずに解決したいという方もいると思います。

    看護師の業務が辛くなった時の解決方法をご紹介するので、仕事が辛くなった時に活用してください。

    業務が辛くなった時の解決方法

    その1:業務の優先順位と流れを考えること

    1年目看護師は1日に行わなければならない業務量の多さから、業務の優先順位を考えずに仕事していることがあります。

    看護師の業務は限られた時間のなかで、効率よく業務を行う必要があり、効率よく業務を行うことで残業時間が減ります。

    出勤して受け持ち患者の情報収集を終えたら、 業務の優先順位を考えてどのような流れで仕事をしていくかイメージしてください。

    イメージができない時は先輩看護師にアドバイスをもらうことも大切です。

    その2:先輩看護師への接し方を改善する

    1年目看護師は仕事や先輩看護師との関わりで常に緊張した状態の方も多いでしょう。

    その緊張からあいさつを忘れてしまったり、声が小さくなったり、自分の考えをうまく伝えられなくなることがあります。

    先輩看護師に仕事でわからないこと確認する時、ただ「わからない」の一言しか伝えていないでしょうか。

    先輩看護師の立場からこのような態度をみると、印象が良くありません。

    出勤したらあいさつをする、指導を受けたらお礼をいうといった 基本的なあいさつを忘れないでください。

    先輩看護師にわからないことを確認する時は、 何がわかっていて、何がわからないのか教えてもらいたい部分を明確に伝えるようにしましょう。

    その3:素直に先輩へ助けを求める

    看護師の仕事は人の命を預かり、検査や治療に直接関わる仕事なので、仕事に対する責任は大きいです。

    1年目看護師は、仕事の責任を感じる機会がたくさんあります。

    「一人ではできない」と感じたら、無理をせずに先輩看護師へ助けを求めましょう

    監修者

    「迷惑をかけたくないな…」と、先輩看護師に助けを求めるのをためらうこともあるでしょう。
    ただ、1人で十分な対応ができないことを隠してしまうと、後になって患者さんや先輩にさらに大きな迷惑をかけてしまう可能性があります。
    「言いにくいな…」という気持ちはわかりますが、「できない」と言える勇気はとても大切です。

    1年目看護師を乗り切った筆者の体験談

    8年目の現役看護師である筆者が1年目看護師をどのように乗り切ったのかご紹介していきます。

    筆者が1年目看護師の時は、先輩看護師に注意されてばかりで、毎日仕事に行くことが憂鬱でした。

    先輩看護師がチームワークを活かして仕事をしている場面を見て、なんとか先輩看護師についていかなければならないと強く思っていたことを今でも覚えています。

    仕事を任されるような看護師に成長したいと思い、実践したことは以下の5つです。

      • ナースコールは全て自分でとるという気持ちで仕事をする
      • 患者の急変など病棟で何か発生した時は仕事がわからなくてもとりあえず行く
      • 覚えた仕事内容や先輩からのアドバイスはメモに残してこまめに確認する
      • シフトの休暇以外は休まずに出勤する
      • 指導してもらった先輩には必ずお礼を言う

    新人看護師なのでたくさんの失敗をして、先輩から注意されることも多々ありました。

    しかし上記の5つの内容を実践したことで、 少しずつできる仕事が増えていき、就職して10か月目には日勤や夜勤のリーダー業務を教えてもらえるまでに成長できたのです。

    【番外編】1年目の看護師あるある

    辛い業務も多い1年目の看護師あるあるをご紹介します。

    1年目に「あるある」な内容のため、共感できる部分も多いはずです。

    ①夜勤メンバーによって辛さが変わる

    夜勤メンバーでその日の夜勤が決まる、と思うくらい1年目にはあるあるな内容です。

    苦手な先輩看護師と一緒だと、緊張で生きた心地がしません。

    ②看護師の仕事に向いてないと思い込む

    看護師1年目では、誰しも「自分は看護師に向いてない」と思いがちです。

    やはり、業務に慣れるまでは責任ある環境で常に緊張しているため、そのように感じる人が多いのかもしれません。

    1年目の看護師転職を成功させるポイント

    1年目の看護師転職を成功させるポイント

    実際にどうすれば看護師1年目の転職を成功させられるのか気になるはずです。

    1年目の看護師が転職を成功させるためのポイントについて解説していきます。

    1年目転職を成功させるポイント

    では、一つずつ確認していきましょう。

    ポイント1.辞めた理由を考える

    転職活動では、なぜ辞めたのかがとても重要です。

    面接で問われることはもちろん、転職後に同じ失敗を繰り返さないために役立ちます

    退職を決めた後も、辞める理由が漠然としている人は多いでしょう。

    転職活動に入る前に、まず辞めた理由を明確にしておくことが大切です。

    ポイント2.ポジティブな気持ちで転職活動する

    前向きに転職活動を行うことは、転職を成功させるポイントです。

    「自分なんか…」とネガティブになっていると、良い転職先を見逃してしまう可能性があります。

    また、面接時に後ろ向きな発言があると、「やる気がないのでは?」と思われることも。

    「自分ならできる!」とポジティブに転職活動することで、モチベーションが上がり、面接でも好印象になるためおすすめです。

    ポイント3.妥協して転職先を決めない

    看護師1年目で転職する際、1年目だからと妥協して転職先を決めてはいけません。

    妥協して決めてしまうと、同じ理由でまた辞めてしまったり、「思ってたのと違う」ということになってしまいます。

    そのため、社内見学の利用や求人情報、評判を入念にチェックし、慎重に転職活動を行いましょう

    自分に合った職場へ転職するために、妥協のない転職活動が重要です。

    「ナスコミ」で実際に働く看護師の声を検索する

    ナスコミ

    (引用:ナスコミ

    ナスコミ」は、看護師のリアルな病院の口コミを検索できるサイトです。

    求人票だけではわからない、「残業が少なく長く勤め続けやすい」「休日をスタッフ同士で調整する必要がある」などの情報が手に入ります。

    ただし、ナスコミの情報は、投稿した看護師目線に偏りがちです。

    より客観的な情報が欲しいという人は、「転職サイト」を利用するとよいでしょう。

    ポイント4.希望条件を明確にする

    希望に合った職場を見つけるためには、希望条件を明確にする必要があります。

    転職の条件とは、次のようなものです。

    転職の条件例

    ・夜勤が少ない

    ・2交代制・3交代制

    ・残業時間10時間以内/月

    ・希望の病棟

    ・時短勤務

    ・年収○○万円以上 など

    環境や状況によって希望は変わってくるでしょう。

    自分では、年収などの適正な条件が分からないという場合、転職サイトのアドバイザーに相談することもおすすめです。

    転職のプロが相談に乗ってくれるため、より詳細に条件を決めることができます。

    ポイント5.複数の転職サイトを利用する

    複数の転職サイトを利用する

    求人情報を集める際は、複数の転職サイトを併用することが大切です。

    その理由は以下の3つです。

    複数の転職サイトを併用するべき理由

    • もれなく求人を集めることができるから
    • サイトにより強みが違うから
    • アドバイザーとの相性は使ってみないと分からないから

    しかし、あまり多く登録してもアドバイザーとのやり取りが大変なので、2~3社に絞ると良いでしょう。

    【おすすめ】1年目の転職で役立つ看護師求人サイト

    おすすめ看護師転職サイト3選

    看護師転職サイトは数10社以上のサービスがありますが、中でもおすすめは求人数が豊富でサポートも手厚い以下3サイトです。


    【おすすめ看護師転職サイト3選】
    転職サイト名公開求人数対応エリア
    看護roo!
    約5.4万件

    全国
    レバウェル看護(旧:看護のお仕事)
    約8.6万件

    全国
    ナース人材バンク
    約3.6万件

    全国

    (※最終更新:2024年1月|公開求人数は「常勤のみ」の件数です)

    まず初めの1社を選ぶならば、求人数・サポート共に充実している「看護roo!」がおすすめです。

    しかし、手厚いサポートをしてくれるかは、担当者の良し悪しにも左右されるため「このサイトを使えば安心」と言い切れるサイトはありません。

    相性の良い担当者を見極められるように、転職サイトは2~3社まとめて登録しておくことをおすすめします。

    求人数・サポート共に充実している『看護roo!』

    看護roo!
    (引用
    看護roo!

    看護roo!の特徴

    • 手厚いサポートが受けられ、特に面接対策と条件交渉には定評がある
    • 「利用者満足度」96%以上。高い満足度を誇る
    • 全国的に求人が豊富。特に関東・東海・関西地方の都市部の求人に強い

    看護roo!』は、看護師転職ではお決まりと言えるほど人気の看護師転職サイトです。

    求人数は業界トップクラスの13万件以上(※)面接対策や条件交渉などのサポートも丁寧なので、転職が不安な方におすすめです。
    ※雇用形態/勤務形態/職種別 2023年12月1日時点

    また「看護roo!」の求人情報には「キャリアパートナーのオススメポイント」が記載されているため、応募前に職場の雰囲気などをイメージしやすくなっています。

    求人数とサポートの丁寧さを総合的に判断するならば、看護roo!への登録は外せないと言えるでしょう。

    なお、看護rooは登録者限定に「転職ガイドブック」を配布しています。転職者に寄り添った配慮がある点も、看護roo!をおすすめできる理由の一つです。

    看護師の転職には欠かせないサイトですので、優先的に登録しておくことをおすすめします。

    看護roo!|基本情報

    運営会社株式会社クイック
    公開求人数

    約55,000件

    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金すべて無料

    (最終更新:24年5月時点|公開求人数は「常勤のみ」の件数です)

    職場のリアルな情報がわかる『レバウェル看護(旧:看護のお仕事)』

    レバウェル看護の特徴

    • 公開求人数トップクラス
    • 病院の口コミなど職場のリアルな情報も確認できる

    レバウェル看護(旧:看護のお仕事)』は、業界トップクラスの求人数を保有する看護師転職サイトです。

    レバウェル看護では年間4,000回以上の職場訪問を行なっており、病院や施設ごとの「医療方針」や「職場の雰囲気」などを詳しくヒアリングしています

    求人ページを確認すると、求人ごとのおすすめポイントや、実際に働くスタッフの声などが紹介されているため、応募前にイメージを膨らませやすいのが魅力的です。

    求人ページだけでは分からない内容があれば、キャリアアドバイザーが丁寧に情報提供してくれるので、応募先をなかなか決められない人にもおすすめのサービスです。

    少しでも多くの求人を見たい人や、職場の雰囲気を事前に詳しく知りたい人は、ぜひレバウェル看護も活用してみてください。

    レバウェル看護 (旧:看護のお仕事)|基本情報

    運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
    公開求人数約88,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点|公開求人数は「常勤のみ」の件数です)

    求人数が多く職場情報も確認できる『ナース人材バンク』

    ナース人材バンクの特徴

    • 看護師登録者数No.1※株式会社エス・エム・エス調べ
    • 老舗の看護師転職サイトだからこその安心感
    • 全国幅広く求人を保有

    ナース人材バンク』は、年間10万人以上の看護師が利用している「看護師登録者数No.1」の人気転職サイトです。

    2005年から運営されている老舗の転職サイトであり、医療機関との繋がりが強く、非公開求人も含めて全国幅広くの求人を保有しています

    また、各都道府県ごとに担当のキャリアアドバイザーが在籍しており、職場の雰囲気なども詳細に教えてもらえるのが魅力的です。

    実績豊富で求人数も充実しているサービスであるため、看護師の転職には欠かせないサイトの1つと言えます。

    全ての看護師におすすめですが、特に20代や30代のサポートに強みを持っているので、該当する人は優先的に登録しておきましょう。

    ナース人材バンク|基本情報

    運営会社株式会社エス・エム・エス
    公開求人数約16,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点|公開求人数は「常勤のみ」の件数です)

    看護師転職サイトの登録から転職までの流れ

    看護師転職サイトの登録から転職までの流れ

    看護師転職サイトの登録から転職までの流れここからは、看護師転職サイトを利用した転職活動の流れを解説します。

    転職活動の流れ

    特に難しいことはありませんので、ざっくりと流れだけでも確認しておいてくださいね。

    ステップ1.利用登録をする

    看護師転職サイトは最初に利用登録を行います。

    メールアドレスや電話番号、希望する働き方など、簡単に入力できる項目なので数分で登録が完了します。

    利用料は無料なので安心してください。

    ステップ2.初回のカウンセリングを受ける

    登録した当日や翌日に、看護師転職サイトのスタッフから電話が入ります。

    この電話でスタッフが仕事の悩み、転職時期、希望する働き方や看護技術の習得レベルなどを詳しく聞いてくれます

    この時点では相談だけなのですが、辛い毎日を過ごしてきた看護師にとって相談できるだけで気持ちが軽くなるものです。

    ステップ3.求人の紹介、求人への応募

    カウンセリング後、希望の条件を満たした求人を探して紹介してくれます。

    求人に応募する前には給料、職場の雰囲気など、転職先の病院に直接聞きづらい内容を看護師転職サイトのスタッフが代行して聞いてくれます

    そのため、自分で納得した求人にだけ応募することが可能です。

    実際に応募する時は、履歴書の内容確認や面接の練習を担当者が電話でサポートしてくれます。

    さらに、 病院の面接日程も看護師転職サイトのスタッフが代行してくれるため、自分で日程調整をせずに済みます。

    面接を受けて合格したら新しい就職先の決定です。

    ステップ4.新しい就職先との条件交渉

    面接に合格した後も入社日、給料や勤務の条件交渉など、スタッフが代行してくれるため勤務を開始するまでしっかりサポートしてくれるのです。

    条件交渉が終わり、入社日に出勤して新しい職場で働くこととなります。

    1年目看護師の転職前に確認すべきポイント

    1年目看護師の転職前に確認すべきポイント

    1年目看護師は、わからないことも多いですし、理想の転職を実現できるか不安も多いと思います。

    しかし、転職する時に必要なポイントを押さえることができれば、転職はグッと成功しやすくなります

    特に、1年目の転職で意識しておきたいポイントは次の3つです。

    転職前に確認すべきポイント

    それぞれ、転職活動を始める前によく確認しておきましょう。

    ポイント1.教育制度が充実している病院を選ぶ

    1年目看護師は仕事を覚えてひとりで仕事ができるようになるまで、先輩看護師の指導やフォローが必要です。

    プリセプター制度や新人研修が充実している病院を選ぶようにすると、安心して仕事を行えます。

    なお、病院のホームページ、求人パンフレットにはプリセプター制度や新人研修について紹介されています。

    また、看護師転職サイトの担当者に直接聞いてみると、詳しい病院の内情まで教えてもらえるでしょう。

    ポイント2.転職先の面接で前職の悪い部分を言わない

    転職先の病院に履歴書を送ったり、面接に行ったりする際は、前の職場の悪い部分を伝えないようにしましょう。

    人間関係が悪かった、残業が多かったなどのネガティブな志望動機は、転職先の病院に悪い印象を与えかねません

    相手の採用担当者から見て、ポジティブな内容に映るような志望動機を準備しておくべきです。

    志望動機に自信がない場合

    志望動機に自信がない場合は、看護師転職サイトのキャリアアドバイザーに添削してもらうと、失敗を防げます。

    ポイント3.看護技術はできることとできないことを明確に伝える

    転職先の病院には看護技術について、できることとできないことを明確に伝えるようにしましょう。

    例)採血の経験はありますが、留置針の経験はありません。

    できることとできないことを明確に伝えることによって、 就職後に適切な配属先を決めて指導体制をどうするか病院が準備することができるのです。

    新人看護師が辞めるベストなタイミング

    新人看護師が辞めるベストなタイミング

    新人看護師が辞めるベストなタイミング新人看護師が辞めるベストなタイミングは、年度の区切りである3月末です。

    なぜなら、3月末は仕事の区切りの時期でもあり、異動や管理職の配置換えが行われるからです。

    スタッフの配置が変えられるため、辞めても迷惑をかけにくい時期になります。

    また、1年同じ職場で継続できたことで、1年未満で辞めるより社会的評価も良いでしょう。

    一般的な冬のボーナス時期は12月上旬であるため、ボーナスを受け取り辞められることもメリットの一つです。

    しかし、年度末に辞める場合は、早めに退職の意思を伝えなければ、人員配置で迷惑をかけてしまうため注意しましょう。

    再就職でも4月入職の求人は多いため、年度末の3月はベストなタイミングと言えます。

    1年目看護師におすすめの転職先

    1年目看護師におすすめの転職先

    1年目看護師さんの中には、「どういった職場に転職するべき?」と思っている方も多いでしょう。

    できれば、1年目の自分に合った転職先を見つけたいものです。

    そこでここでは、1年目の看護師におすすめの転職先についてご紹介します。

    看護師1年目におすすめの転職先

    教育制度が充実している大規模病院

    看護師1年目では、教育が充実している大きな病院への転職がおすすめです。

    なぜなら、1年目ではまだ技術や知識が未熟だからです。

    未熟なまま即戦力を期待される病院へ転職すると、不安を感じながら働くことになります。

    その点、教育制度が充実していれば、自分のペースでゆっくり学んでいけることが多いため、安心して働けます

    教育や研修については、求人又は公式HPに掲載されているため、チェックしておきましょう。

    人手不足で受け入れられやすい病院

    人手不足の病院も、1年目の転職におすすめです。

    なぜなら、人手不足の病院は、新人看護師であっても歓迎されやすく就職しやすいためです。

    しかし、人手不足であるため、教育が不十分であったり、スタッフに余裕がない場合もあるため注意しましょう。

    転職しやすい条件ではありますが、病院見学や口コミで病院の雰囲気もチェックしておく方が良いでしょう

    スキルアップできる大学病院

    最先端医療を学べる大学病院も、1年目看護師におすすめの転職先です。

    大学病院は研究機関であるため、常に最先端医療を学べスキルアップできます

    また、教育や研修制度が充実していることも多く、技術に不安のある方でも安心です。

    長く働く場合は、看護師としてキャリアアップにもつながります。

    そのため、大学病院は「勉強や研究が好き」「最先端医療を学びたい」という意欲的な看護師におすすめです。

    【病院以外】おすすめの転職先

    病院以外でおすすめの転職先についてご紹介します。

    経験年数1年程度でも求人のある4つをピックアップしました。

    病院以外でおすすめの転職先

    それでは、一つずつ確認していきましょう。

    ■美容クリニック

    美容に興味のある1年目看護師におすすめなのが、美容クリニックです。

    美容クリニックは、美容整形などの美容に特化した医療を提供するクリニックです。

    複雑な看護技術を求められないため、経験の浅い1年目でも転職できます。

    しかし、看護師としてのスキルや技術は身に着きにくく、病院への再就職が難しくなるため注意しましょう。

    ■訪問看護

    在宅医療を学びたい1年目看護師におすすめなのが、訪問看護です。

    基本日勤のみのオンコール対応が多く、プライベートと両立しやすい就職先です。

    訪問看護というと、熟練の看護師が転職するイメージも強いですが、最近では経験年数1年から就職できる教育が充実したステーションもあります。

    しかし、教育や研修が終わると一人で訪問を行うため、一人で仕事するのは不安という方は注意しましょう。

    ■臨床開発モニター(CRA)

    新薬開発や研究に携わりたい1年目看護師におすすめなのが、臨床開発モニターです。

    臨床開発モニターは、治験を実施している医療機関に訪問して、法律やルールを守って治験されているか確認し、治験データを回収する職業です。

    土日祝休みで夜勤がないため、一般企業と同じように働けます。

    しかし、臨床経験2年以上を求められる求人が多いので、求人を見つけにくいというデメリットも。

    医療の最先端でやりがいを持って働きたい方は、転職サイトを利用しこまめに求人をチェックしましょう。

    ■保育園看護師

    子どもとコミュニケーションを取れる仕事がしたい1年目看護師におすすめなのが、保育園看護師です。

    基本的には、保育園で保育士と同じように働きながら、傷の手当や衛生管理などを行います。

    医療行為はほとんどありませんが、子どもと関わりやりがいを持って働ける仕事です。

    「経験の浅い方可」の求人もあるため、ぜひチェックしてみてください。

    看護師を円満退職するために確認するポイント

    看護師を円満退職するために確認するポイント

    看護師を円満退職するために確認するポイント現在の職場を退職する時、大切なのは円満に退職して転職までスムーズにすすめていくことです。

    退職時期を間違えたり、退職願の提出が不適切だったりすると円満退職できない場合があるのです。

    看護師を円満退職するためのポイントを解説するので確認してください。

    円満退職のポイント

    その1:退職の意思表示は最初に直属上司へ

    退職の意思表示は、最初に直属上司である看護師長へ伝えるようにしましょう。

    退職したいことは早めに伝えることが大切です。

    退職希望時期の半年前から、遅くても3か月前までには退職の意思表示をしてください。

    退職の意志表示が遅くなると、上司から「退職の意志表示が急だ」という理由で引き止められたり、シフト調整が難しくなって希望の退職日に退職できなくなる可能性があるのです。

    その2:前向きな退職理由を準備しておく

    退職の意思表示をする時は、前向きな退職理由を準備しておくようにしましょう。

    「仕事が忙しくてついていけない」「先輩看護師との人間関係がうまくいかない」といったネガティブな退職理由だと、これから改善することを理由に上司から引き止められる可能性があります。

    また、印象が悪くなってしまって退職するまで働きにくくなるという弊害もあります。

    以下の退職理由の例をご紹介するので参考にしてください。

    退職理由の例

    半年看護師として仕事をして、新しく◯◯の分野に興味が出てきました。これからは◯◯について詳しく勉強したいので、◯◯の分野の看護ができる病院で働きたいと考えています。

    例のような退職理由は上司に退職を受け入れてもらいやすく、引き止められにくいのです。

    その3:退職願はフォーマットを直属上司に確認してから提出する

    退職願はどのようなフォーマットなのか直属上司に確認してから、提出しましょう。

    病院によって退職願のフォーマットが異なるためです。

    一般的な退職願はA4サイズの白紙と白い封筒を準備しますが、病院によっては紙のサイズが指定される、退職願に記載する内容を指定される場合があるのです。

    その4:先輩看護師にお礼の言葉を述べる

    退職することが職場全体に周知されたら、これまで指導してもらいお世話になった先輩看護師にはお礼の言葉を述べましょう。

    先輩看護師に感謝していること、勉強させてもらったことを伝えると、気持ちよく送り出してくれますよ。

    まとめ

    1年目看護師であってもポイントを押さえておけば転職は難しくありません。

    1年目で転職を成功させるポイント

    • 辞めた理由を考える
    • ポジティブな気持ちで転職活動する
    • 妥協して転職先を決めない
    • 希望条件を明確にする
    • 複数の転職サイトを利用する

    しかし1年目看護師は経験や看護技術のレベルが未熟なため、転職をするなら教育制度が充実している病院をおすすめします

    少しでも悩んでいるなら、転職サイト大手3社に無料相談してみましょう。


    【おすすめ看護師転職サイト3選】
    転職サイト名公開求人数対応エリア
    看護roo!
    約5.4万件

    全国
    レバウェル看護(旧:看護のお仕事)
    約8.6万件

    全国
    ナース人材バンク
    約3.6万件

    全国

    (※最終更新:2024年1月|公開求人数は「常勤のみ」の件数です)

    現在の職場を退職する時は、円満退職できるように準備をすすめていくことも大切になります。

    そして看護師転職サイトを上手に活用しながら、自分に合った病院を見つけてくださいね。

    監修者

    1年目の転職は、転職活動が長引くなどのリスクはあります。
    ただ、「看護師自体を辞めたい」と思うほど仕事が辛いのであれば、リスクを負ってでも転職する価値はあると思います。
    転職を機に、看護師としての新たなやりがいや興味が見つかるといいですね!

    看護師 おすすめ転職サイトの関連記事

    看護師転職サイトおすすめランキング18社!求人数や特徴を徹底比較
    看護師 おすすめ転職サイト

    看護師転職サイトおすすめランキング18社!求人数や特徴を徹底比較

    2024年5月9日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    【看護師転職の悩み解消法】ストレスフリーな転職を実現する全知識!
    看護師 おすすめ転職サイト

    【看護師転職の悩み解消法】ストレスフリーな転職を実現する全知識!

    2024年5月23日

    大島愼悟

    大島愼悟

    看護師副業おすすめ21選!在宅・自宅でできる仕事を紹介
    看護師 おすすめ転職サイト

    看護師副業おすすめ21選!在宅・自宅でできる仕事を紹介

    2024年5月14日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    保健師におすすめの転職サイトランキング比較16社【2024年最新】
    看護師 おすすめ転職サイト

    保健師におすすめの転職サイトランキング比較16社【2024年最新】

    2024年5月13日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    【ダブルワーク】看護師夜勤バイトおすすめ7選!単発や寝当直も紹介
    看護師 おすすめ転職サイト

    【ダブルワーク】看護師夜勤バイトおすすめ7選!単発や寝当直も紹介

    2024年5月9日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    看護師転職におすすめな時期はいつ?経験年数や月を解説
    看護師 おすすめ転職サイト

    看護師転職におすすめな時期はいつ?経験年数や月を解説

    2024年5月9日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    • Facebook
    • x
    • LINE