夜勤なしで働きたい看護師さんへ|年収事情・おすすめ職場を徹底解説!

ナビナビ
転職

2022-06-08

「夜勤のたびに体調を崩す…」

「夜勤なしの仕事ってどうなんだろう?」

夜勤がない看護師の仕事に転職したいけれど、年収面などのデメリットが気になる人も多いでしょう。

実は、夜勤なしの職場に転職し、満足している看護師はたくさんいます

この記事では、夜勤なしで働ける看護師の職場や年収事情、夜勤なしの仕事に転職するコツなどを紹介していきます。

夜勤なしの仕事のメリット・デメリット、転職時の注意点も紹介するので、転職後に後悔しないよう、ぜひ参考にしてください。

\看護師転職サイトおすすめ3選/
看護roo!ナース人材バンク看護のお仕事

kangoroo

公開求人数
約60,000件

nursejinzaibank

公開求人数
約43,000件

kangonooshigoto

公開求人数
約50,000件(常勤のみ)

※参考|公式サイトより(2022年1月時点)
ダシルヴァ石田牧子さん
ダシルヴァ石田牧子さん

バイリンガル看護師

米国と日本で免許を持つバイリンガル看護師。外国人診療の看護師、医療英語の大学教員、精神保健分野の研究員など、多分野での勤務経験がある。2021年にフリーランス・ナースとして独立し、コンサルティング、ライティング、講師、医療翻訳などの仕事に従事。順天堂大学医学部大学院および国際教養学部で医療コミュニケーション分野のゲスト講師を務める。看護師として「子育てしながら在宅でパラレルキャリアを積む」ことに挑戦中の2児のママ。

周田 佳介さん
周田 佳介さん

現役訪問看護師

現役の訪問看護師として活動中。 過去には急性期病院、慢性期病院、特養、グループホーム、ホームヘルパーと多岐にわたって経験している。経験を生かし、看護介護系記事の執筆や研修講師など引き受けている。

目次

「夜勤なし!」看護師におすすめの職場7選【年収もチェック】

「夜勤なし」で働ける看護師の仕事は数多くありますが、職場や仕事内容によって年収が異なります

理想的な職場を探すために、まずは年収や仕事内容を確認しておきましょう。

以下の表の職場のリンクをクリックすると、仕事内容の詳細がわかるので、気になる職場からチェックしてみて下さい。

職場年収
病院オペ室約450万円
外来・病棟約400万円
クリニック美容約450万円
透析約440万円
訪問看護約440万円
介護施設約420万円
保育園約510万円
健診センター約380万円
一般企業約550万円

(参考:ナースなワタシのお給料|看護roo!)

おすすめ1.病院(日勤のみ)

病院

看護師スキルを保ちながら、夜勤なしで働きたいなら、日勤のみの病院の仕事をおすすめします

患者さんへの処置をする機会が多いため、看護スキルを維持しやすいです。

以下に、日勤のみの求人がある「外来」「病棟」「オペ室」の特徴を紹介します。

外来のポイント

  • 受診が予約制の場合は残業が少ない
  • 正社員の募集が少ないこともある

病棟(日勤のみ)のポイント

  • 看護スキルを維持しやすい
  • 夜勤をする看護師さんに対して肩身が狭いと感じることもある
  • 夜勤をしないと夜勤手当が出ないため給与が下がる

オペ室のポイント

  • 人手がなくても夜勤に入ることはほぼない
  • 器具の名前を覚えるなど慣れるまでに勉強が必要
  • 給与設定はやや高め

病院によっては、人手がどうしても足りないときに、日勤のみでも夜勤に入るケースもあるので、入職前に勤務条件を確認しましょう。

おすすめ2.診療所・クリニック

クリニック

診療所やクリニックは、プライベートの時間を確保したい看護師におすすめです。

クリニックは日中のみの勤務なので、夜は自由に時間を使えます。

以下に、クリニックの分野ごとの特徴を紹介します。

一般診療のポイント

  • 日勤のみで働ける
  • 昼休みが長く、拘束時間が長い施設が多い
    (小規模クリニックは昼休みが2〜3時間あるケースがほとんど)
  • 看護師が少ない小規模クリニックでは長期休暇が取りにくい場合がある

自由診療(美容外科や婦人科系)のポイント

  • 一般診療と比べると高年収の傾向
  • 土日祝日に休めない病院もある
  • 患者さんではなくお客様として接する必要がある

透析のポイント

  • 研修制度が整っているため未経験でも入職しやすい
  • 給与設定は、やや高め

美容系はインセンティブがつくので年収が高めですが、ノルマが課される場合もあります。

ノルマの設定などはクリニックで独自のシステムがあり、一般には公開されていないことがほどんどです。

記事後半で紹介する「看護師が夜勤なしの求人を探すのにおすすめの転職サイト」では、美容系のノルマの有無など、求人票にない情報も教えてもらえるので、ぜひ活用してみましょう。

監修者

透析クリニックは研修制度が整っていることが多く、ブランクありや経験の浅い看護師でも積極的に採用しています。
全国各地にあるため、自分の都合に合った勤務地を選べるのも魅力です。
「日勤のみ・研修あり・新たな看護処置も学びたい」という場合には透析も検討してみましょう。

おすすめ3.訪問看護

訪問看護

自分のペースで仕事をしたい看護師には、訪問看護がおすすめです。

一人ひとりの患者さんと向き合う時間が多いので、心に寄り添うケアができます。

訪問看護のポイント

  • 決められた時間に患者さんを訪問するので残業が少ない
  • 土日に休みを取りやすい
  • 自分のペースで仕事をこなせる
  • 最先端の看護スキルは磨きにくい
  • 24時間のオンコールに対応する場合がある
  • 訪問看護ステーションによっては、年収が高いところもある

基本的に、看護師が一人で患者さんのケアをするので、急変があっても冷静に対応する必要があります。

看護スキルに不安がある人は、教育体制が整った訪問看護ステーションを選ぶとよいでしょう。

また、訪問看護ステーションは年収設定が高い職場もあるので、夜勤なしでも収入を下げたくない看護師さんにおすすめです。

監修者

24時間のオンコール対応をしないと、年収が下がる可能性があります。
オンコールの「1ヵ月の当番回数」「1回の手当額」を確認してから、転職した方が良いでしょう。

おすすめ4.介護施設

介護施設

穏やかなペースで働きたい看護師には、介護施設がおすすめです。

急性期病棟のような忙しさはないので、退勤後にプライベートを楽しむ体力を残すこともできます。

介護施設のポイント

  • 老人ホームは年収が高め
  • デイサービスは土日に休みやすい
  • 医療行為が少なく落ち着いた環境で働ける
  • 看護師としてスキルアップはしにくい

介護施設では、介護士や理学療法士など、他職種の人たちとチームを組んで仕事をすすめます。

そのため、看護師以外の人と連携して仕事を進めるためのコミュニケーション力が大切です。

また、老人ホームは「有料老人ホーム」や「特別養護老人ホーム」などの種類があり、夜勤を担当するケースもあるので、応募の際には注意が必要です。

おすすめ5.保育園

保育園

小児科経験者や子どもが好きな看護師には、保育園がおすすめです。

医療処置はあまりなく、保育士さんと連携して園児のお世話をするのが主な業務です。

保育園のポイント

  • 0~1歳の乳児を主に担当することが多い
  • 残業が少ない
  • カレンダー通りに休みやすい
  • 保育士とのチームワークが必要
  • 看護スキルは磨きにくい
  • 年収500万円以上の職場も多い

運動会などの行事では、準備や運営で体力が必要な場合もあります。

イベントの多さや、看護師がどれくらい保育に関わるかについて事前に確認すると安心でしょう。

監修者

幼児も通うインターナショナルスクールで勤務したことがあります。
その職場では、簡単な応急処置や担任・保護者とのやり取りが主な仕事で、保育のサポートに入ることはほとんどありませんでした。
保育のサポートに入る時間の割合は職場によってさまざまなため、あらかじめ調べておくことをおすすめします。

おすすめ6.健診センター

健診センター

患者対応がない仕事をしたいなら、健診センターがおすすめです。

採血や血圧測定、診察の介助などが主な仕事ですが、常勤の場合は全体を見回しながら円滑に健診が進むように調整するケースもあります。

健診センターのポイント

  • 日勤のみ
  • 土日に休みやすい
  • 残業が少ない
  • 一日に多数の人の採血をすることがある
  • 看護のスキルアップは難しい
  • 平均年収は380万円前後と低め

業務は同じことの繰り返しが多いため、「精神的に楽」という人が多いです。

健診センターはアルバイトの求人が多いため、正社員を希望するなら「看護師が夜勤なしの求人を探すのにおすすめの転職サイト」を活用して効率よく求人を探すとよいでしょう。

監修者

健診センターのバイトは人気ですが、常勤となると業務に飽きてしまうことも考えられます。
「流れ作業が苦にならない」「今は精神的に負担が少ない仕事がしたい」という場合にはおすすめです。

おすすめ7.一般企業

一般企業

看護の仕事から距離を置いて心機一転したい人は、一般企業を選ぶとよいでしょう。

一般企業の勤務時間に合わせて働けるので、夜勤はなく、カレンダー通りに休めるのも魅力です。

企業看護師のポイント

  • 一般企業の医務室などで勤務なので医療処置が少ない
  • 人気が高く一般に公開されている求人はほぼない

治験関連のポイント

  • 看護師のコミニュケーション能力を活かせる
  • デスクワークが多い

医薬品・医療機器メーカーのポイント

  • 看護師の知識を活かせる
  • 営業や販売は未経験者でも転職しやすい

一般企業に転職する場合には、看護師の資格を活かせる仕事に就くのがおすすめです。

今までの知識を活かせたり、資格手当で年収ダウンを防ぎやすいでしょう。

ただし、一般公開されている求人が少ないため、非公開求人を扱う転職サイトに複数活用して、求人情報を漏れなく集めましょう。

看護師が「夜勤なし」「日勤のみ」の働き方を選ぶデメリット

看護師 夜勤なし

看護師が「夜勤なし」「日勤のみ」で働く場合、デメリットもあるので注意が必要です。

夜勤なしの働き方のデメリットとして、以下の3つが挙げられます。

デメリットを把握することで、夜勤なしの仕事に転職すべきか判断できるので、詳しくみていきましょう。

デメリット1.夜勤手当が減る分、年収が減る

夜勤のない仕事なので、夜勤手当が無くなる分、年収が減少します。

日本看護協会の調査によると、夜勤手当の平均額は以下のとおりです。

三交代制準夜勤4,141円
深夜勤5,033円
二交代制夜勤11,026円

(引用:日本看護協会|2019年病院看護実態調査

例えば、二交代制夜勤を月に4回実施していた場合、月間で約4万4,000円、年間で約52万8,000円の夜勤手当てがもらえなくなります。

夜勤がなくなると、年収が約50万円も減るのは、大きなデメリットと言えるでしょう。

デメリット2.平日の休みが取りづらくなる

日勤のみの介護施設や診療所・クリニックなどは、平日勤務で土日休みという職場が多いです。

これまで病棟勤務などでシフト制で働いていた場合、平日に休みを取りやすく、子供の学校行事などに合わせて休みを取っていた人もいることでしょう。

日勤のみの仕事に転職した場合、休みが週末に固定されることで、臨機応変に休みを取ることができなくなるというデメリットがあります。

ただし、なかには子育て中の看護師への理解があり、平日に休みを取りやすい職場もあります。

もし平日に休みを取りたい場合は、転職先を探すときに「平日に休みが取れるか」を確認しましょう。

デメリット3.スキルアップにつながらない場合がある

「夜勤なし」「日勤のみ」の働き方では、看護師としてのスキルアップにつながらない場合があります。

夜勤中の業務は少ない人数で対応するため、業務を効率的にこなすスキルが身に付きます。

また、夜勤中の急変にも対応できるようになるため、看護師としての判断力も身に付くでしょう。

「夜勤なし」「日勤のみ」の仕事では、上記のような経験ができず、病棟看護師としてのスキルアップができない可能性も認識しておきましょう。

監修者

病棟の医療処置を効率よくこなすことだけがスキルアップではありません。
日勤のみの仕事に転職しても、新たな分野のアセスメントスキルや、コミュニケーションスキル、薬剤や機器の使用方法など、学ベることはたくさんあります。
スキルアップを優先する場合には、どのようなスキルを身につけたいのかを明確にし、スキルアップにつながる条件を満たす施設に絞って転職先を探しましょう。

看護師が「夜勤なし」「日勤のみ」の働き方を選ぶメリット

看護師 夜勤なし

看護師が「夜勤なし」「日勤のみ」で働くメリットを確認していきます。

夜勤なしの働き方のメリットは、以下の4つです。

以下で、メリットを詳しくみていきましょう。

メリット1.ストレスが減る

夜勤の仕事は、看護師の人数が少なく、患者さんの急変にも備える必要があるためストレスがかかります。

また、急患対応に追われて仮眠が取れないケースもあるため、体力的にも消耗するでしょう。

「夜勤なし」「日勤のみ」の働き方では、さまざまなストレスから解放されます

ストレスから解放され、肉体的にも精神的にも楽に働けるのは、大きなメリットでしょう。

メリット2.規則正しい生活が送れる

規則正しい生活が送れることも、「夜勤なし」「日勤のみ」の働き方のメリットです。

夜勤のあるシフトでは、昼間に寝て夜に起きる生活なので、生活リズムが狂いやすくなります。

もし現在、生活リズムが狂うことで体調を崩しているなら、夜勤なしの仕事への転職を前向きに考えてみましょう。

「夜勤なし」の働き方なら、昼間働いて夜は眠るという規則正しい生活が送れるので、心身の健康を取り戻しやすいです。

メリット3.プライベートの時間を確保しやすい

「夜勤なし」「日勤のみ」の働き方では、友人や家族と時間が合わせやすく、プライベートの時間が確保しやすいメリットがあります。

夜勤のシフトに合わせる必要がなくなるため、働く時間とプライベートの時間を周りの人に合わせることができます。

プライベートの時間を充実させやすいことは、大きなメリットと言えるでしょう。

メリット4.家族との時間が増やせる

「夜勤なし」「日勤のみ」の働き方なら、家族との時間が増やせるメリットもあります。

夜勤がある仕事では、夜勤の夜や夜勤明けの日に家族との時間を確保することは難しいでしょう。

平日の夜に家族との時間を確保できることは、「夜勤なし」「日勤のみ」で働く大きな利点と言えます。

夜勤明けで1日が潰れてしまうようなこともないので、家族の予定も合わせやすいでしょう。

夜勤なし!日勤のみの仕事に転職する前の3つの注意点

看護師 夜勤なし

夜勤なしの仕事に転職する前に、知ってほしい注意点を3つ紹介します。

転職活動の前に目を通しておくと、失敗を避けることができるので、ぜひ参考にしてみてください。

それぞれの注意点を、以下で細かくみていきましょう。

注意1.夜勤がキツイ理由を明確にする

日勤のみの仕事に転職する前に、夜勤がキツイと感じる理由をハッキリさせましょう。

なぜなら、夜勤なしの仕事に転職しても、あなたの悩みが解決するとは限らないからです。

以下に「夜勤専従の方がプライベートが自由」というツイートを紹介します。

プライベートの時間を確保したいのが一番の理由なら、日勤のみで働くよりも夜勤専従の方がライフスタイルに合っている場合もあるでしょう。

夜勤専従は日中の勤務よりも給与設定が高いため、短時間で効率よく稼げます。

また、夜勤なしの仕事でも、拘束時間が長かったり残業が多かったりする職場だと、「自由な時間が全然ない…」といった不満を抱く可能性もあります。

あなたにとって、夜勤がキツイと感じる一番の理由を解消できる職場を探すのが、後悔しないためにも重要です。

監修者

夜勤専従で働く知人は、平日休みのプライベートの時間を満喫できているそうです。
プライベートの時間をどう使いたいかによっては、「日勤のみ」にこだわる必要がない場合もあります。

注意2.年収が下がることも受け入れる

夜勤なしの仕事に転職すると、夜勤手当がなくなるため、大幅に年収が下がることがあります。

お財布に余裕がなくなり「気分転換ができなくなった」という看護師もいます。

「規則正しい生活はできるけど、生活が苦しくなった…」という失敗は避けたいものです。

夜勤なしの職場に転職する際は、転職失敗を防ぐために、年収減の許容範囲を決めておくと良いでしょう。

注意3.出世が遅くなる可能性も

夜勤なしで働くことを選ぶと、看護師のキャリアアップに支障が出ることがあります。

なぜなら、日勤も夜勤もこなせる看護師の方が、周りからの評価が高くなりやすいからです。

以下のような「夜勤に入らないとクビやパートになる」というツイートも見られました。

夜勤なしの看護師は、常勤で働きにくくなるケースもあります。

看護師としてのキャリアにも影響するので、どのような看護師になりたいかを十分に検討してから判断してください。

監修者

病棟看護では、夜勤経験が豊富だとキャリアに有利にはたらきます。
しかし、この先病棟でキャリアを積むことにこだわりがないのであれば、心身が辛いのを我慢してまで夜勤を続ける必要はありません。
今後のキャリアと自分の身体と相談しながら、夜勤を続けるかどうか検討しましょう。

夜勤なしの職場に転職する看護師が失敗しないコツ

看護師 夜勤なし

夜勤なしの転職に失敗しないための、3つのコツを紹介します。

今の職場への不満をスッキリ解消できる転職先を見つけやすくなるので、参考にしてみてください。

それぞれのコツを、以下で詳しくみていきましょう。

コツ1.転職条件の優先順位を決める

夜勤なしの仕事に転職するときには、あなたが優先したい条件を整理しましょう。

なぜなら、「夜勤なし」の他にも「通勤時間が短い」「福利厚生が充実」など、新しい職場を選ぶときに大切な条件があるはずからです。

例えば、体力の低下を理由に日勤のみの職場に転職したけれど、遠い職場を選んでしまい、通勤で体力を消耗してしまうという失敗例もあります。

入職してから後悔しないために、転職でクリアしたい条件の優先順位を決めるようにしましょう。

コツ2.情報収集を徹底する

夜勤なしの職場への転職を成功させるには、情報をしっかり集めることも大切です。

情報収集が不十分なまま転職してしまうと、入職後に希望の条件と異なり、後悔することにもなり兼ねません

転職先を決める前に、十分に情報収集をしておきましょう。

求人情報だけでは入手できない職場の雰囲気や人間関係などは、口コミサイトを利用して情報収集するのがおすすめです。

次に紹介する「ナスコミ」では、実際に働いている看護師さんの口コミを確認することができます。

気になる病院がある方は、ぜひチェックしてみてください。

実際に働く人の口コミを「ナスコミ」で検索

ナスコミ
(引用元
ナスコミ

ナスコミは、看護師のリアルな病院の口コミを検索できるサイトです。

求人票だけではわからない、「人間関係が穏やか」「勉強会は暗黙の了解で全員参加」などの情報が手に入ります。

事前にチェックしておけば、「土日休みだけど、勉強会で土日がつぶれることがある」などの内部情報もわかります。

ナスコミは口コミを投稿している看護師さん目線の情報なので、より客観的な情報が欲しいという人は、次に紹介する「転職サイト」を利用してみましょう。

コツ3.看護師専用の転職サイトを活用する

夜勤なしで働ける職場を見つけるなら、看護師専用の転職サイトを活用するとよいでしょう。

転職サイトを利用することで、転職先のリアルな情報を入手することができます。

また、看護師転職のプロであるアドバイザーが、あなたに合う求人探しや、応募書類作成、面接対応のサポートもしてくれます

「そんなにサポートがあるなら有料では…」と思う方もいるかもしれませんが、心配は無用です。

転職サイトは以下の図のような仕組みになっているので、看護師は無料で利用できるのです。

転職サイトの仕組み

また、転職サイトはそれぞれに独自の求人を持っているので、複数のサイトに登録すると転職先の幅がグッと広がります。

次の章では、「夜勤なしの求人を探すのにおすすめの転職サイト」を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

看護師が夜勤なしの求人を探すのにおすすめの転職サイト

看護師 夜勤なし

転職に失敗しないために利用したい、おすすめの転職サイトを紹介していきます。

初めの一社を選ぶならば、求人数とサポートの両方とも充実している看護roo!がおすすめです。

しかし、手厚いサポートをしてくれるかは担当者の良し悪しにも左右されるため、「このサイトを使えば安心」と言い切れるサイトはありません。

質の悪い担当者に当たっても大丈夫なように、転職サイトは複数登録しておくことをおすすめします。

看護roo!|求人数・サポート共に充実している

求人数・サポート共に充実している『看護roo!』
(参考
看護roo!

看護roo!の特徴・強み

  • 手厚いサポートが受けられ、特に面接対策と条件交渉に定評がある
  • 「利用者満足度」96%以上。圧倒的な満足度を誇る
  • 連絡手段は、電話・メール・LINEから選べる

看護roo!は、手厚いフォローが大好評の転職サイトです。

「夜勤なしの職場探しは未経験だから、アドバイスがほしい」という看護師さんも、安心して利用できます

求人数とサポートの丁寧さを総合的に判断するならば、看護roo!への登録は外せないと言えるでしょう。

なお、看護rooは登録者限定で「転職ガイドブック」を配布しています。転職者に寄り添った配慮がある点も、看護roo!をおすすめできる理由の一つです。

看護師の転職には欠かせないサイトなので、優先的に登録しておくことをおすすめします。

看護roo!|基本情報

運営会社株式会社クイック
公開求人数約60,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金すべて無料

(最終更新:22年1月時点)

ナース人材バンク|病院以外の求人も豊富

ナース人材バンクの特徴・強み

  • 看護師登録者数が業界トップクラスで、15年以上の実績
  • クリニックなど、病院以外の求人も豊富
  • 地域の転職事情に詳しい看護師専門・地方専任のキャリアアドバイザー

ナース人材バンクは、年間10万人以上の看護師が利用している「看護師登録者数No.1」の人気転職サイトです。

2005年から運営されている老舗の転職サイトであり、医療機関との繋がりが強く、非公開求人も含めて全国幅広く求人を保有しています。

また、各都道府県ごとに担当のキャリアアドバイザーが在籍しており、職場の雰囲気なども詳細に教えてもらえるのが魅力的です。

実績豊富で求人数も充実しているサービスであるため、看護師の転職には欠かせないサイトの1つと言えます。

全ての看護師におすすめですが、特に20代や30代のサポートに強みを持っているので、該当する人は優先的に登録しておきましょう。

ナース人材バンク|基本情報

運営会社株式会社エス・エム・エス
公開求人数約4.3万件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年4月時点)

看護のお仕事|たくさんの求人の中から選べる

看護のお仕事
(参考
看護のお仕事

看護のお仕事の特徴・強み

  • 公開求人数が業界トップクラス
  • 職場インタビューが求人に掲載されている
  • 施設や病院の雰囲気が詳しくわかる

看護のお仕事は、業界トップクラスの求人数を保有する看護師転職サイトです。

看護のお仕事では年間4,000回以上の職場訪問を行なっており、病院や施設ごとの「医療方針」や「職場の雰囲気」などを詳しくヒアリングしています。

求人ページを確認すると、求人ごとのおすすめポイントや、実際に働くスタッフの声などが紹介されているため、応募前にイメージを膨らませやすいのが魅力的です。

求人ページだけではわからない内容があれば、キャリアアドバイザーが丁寧に情報提供してくれるので、応募先をなかなか決められない人にもおすすめのサービスです。

少しでも多くの求人を見たい人や、職場の雰囲気を事前に詳しく知りたい人は、ぜひ看護のお仕事も活用してみてください。

看護のお仕事|基本情報

運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数約50,000件(常勤のみ)
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

まとめ

夜勤がない職場に転職し、満足して働いている看護師は多くいます。

「夜勤なし」「日勤のみ」の仕事へ転職するなら、以下のようなメリット・デメリットを理解しておくことが大切です。

看護師が「夜勤なし」「日勤のみ」の働き方を選ぶメリット

  • ストレスが減る
  • 規則正しい生活ができる
  • プライベートの時間が確保しやすい
  • 家族との時間が増やせる

看護師が「夜勤なし」「日勤のみ」の働き方を選ぶデメリット

  • 夜勤手当が減る分、年収が減る
  • 平日の休みが取りづらくなる
  • スキルアップにつながらない場合がある

また、夜勤なしの仕事への転職に失敗しないために、以下のコツを押さえておいてください。

夜勤なしの職場に転職する看護師が失敗しないコツ

  • 転職条件の優先順位を決める
  • 情報収集を徹底する
  • 看護師専用の転職サイトを活用する

夜勤なしの仕事へ転職するなら、以下のおすすめの転職サイトを利用すると、効率良く転職活動を進められるでしょう。

転職サイト名全国の求人数対応エリア
看護roo!約6万件全国
ナース人材バンク約4.3万件全国
看護のお仕事約13万件全国

 ぜひ転職サイト有効に活用して、好条件で働ける職場への入職を目指しましょう。

監修者

今後のキャリアや給与の面から「夜勤なしは不利なのでは?」と考える方もいます。
しかし、夜勤なしの職場に転職したからといって、「キャリアに悪影響がある」「給料が下がる」とは限りません。
転職での希望条件をはっきりさせるために、働く上で何を優先したいかをまず明確にすることをおすすめします。

関連記事