IT/WEB/エンジニアにおすすめの転職エージェントは?未経験から経験者まで属性別に解説

ナビナビ
おすすめ転職エージェント

2022-06-27

IT/WEB/エンジニアにおすすめ
\転職エージェント3選/
レバテックキャリアdodaワークポート

リクルートエージェント

公開求人数 約14,480件

詳細を見る

doda

公開求人数 約117,100件

詳細を見る

マイナビエージェント

公開求人数 約50,400件

詳細を見る

転職エージェントってどれも同じサービスに見えて、よくわかりませんよね。

でも、適当に選んで適当に使ってしまうと、全然良い求人が見つからず、希望と違う転職先になってしまうかもしれません。

この記事では、IT/WEB/エンジニアに最適な転職エージェントを27社ご紹介。

それぞれの転職エージェントごとに未経験から経験者まで、どんな属性の人に最適なのか解説しています。

全く同じというサービスはありませんので、それぞれ自分の希望や属性、スキルセットに合わせて選ぶことが大切です。

適当に選ばず、長期的なキャリアプランを考えてもらえる転職エージェントを選びましょう。

黒田真行さん
黒田真行さん

元「リクナビNEXT」編集長
ルーセントドアーズ株式会社

日本初の35歳以上専門の転職支援サービス「Career Release40」を運営。1988 年リクルート入社。2006~13年まで転職サイト「リクナビNEXT」編集長。リクルートエージェント ネットマーケティング部部長、(株)リクルートメディカルキャリア取締役を歴任。2014年ルーセントドアーズを設立。35歳以上向け転職支援サービス「Career Releease40」を運営。2019年、ミドル・シニア世代のためのキャリア相談特化型サービス「CanWill」を開始。著書に「35歳からの後悔しない転職ノート」「転職に向いている人 転職してはいけない人」「人材業界の未来シナリオ」など。

目次

IT/WEB/エンジニアに強い転職エージェントの選び方

転職エージェントは、似ているようで同じサービスはありません。 特にIT業界では、経験者と未経験者、エンジニアかクリエイターかなどで役割が大きく分かれるので、希望や属性によって使い分ける必要があります

また転職エージェントを選ぶ時は「評判ではなく、担当者で選ぶことが大切」です。

今回ナビナビではIT業界へ転職した人に対して、「人気の転職エージェント」を調査しましたが、満足度はバラバラ。

利用者ごとに担当者が違う上に、希望やスキルセットが異なるため、一度使って見て、担当者で厳選しましょう。

レバテックキャリア

【IT業界向け】転職エージェントの選び方

①評判だけで選ぶのはNG!複数使って担当者で選ぶ

先出ししましたが、評判だけで転職エージェントを選んではいけません。

実際に使ってみて、「担当者がどれだけ親身に相談に乗ってくれるか」で選ぶべきです。

良い担当者と出会えれば、その後のキャリアプランなどの相談に乗ってくれます。

特にITエンジニアやWEBエンジニアなどは、市場価値をどうあげていくかが大切なので、そこまで考えてくれる担当者を見つけることが大事です

未経験者も経験者も最低でも2〜3社の転職エージェントを複数使い、担当者で厳選していくことをおすすめします

黒田さん

黒田さん

案件を重視するのか、信頼できるエージェントへの相談を重視するのか、自分の観点に合わせて、複数から比較検討することも重要です。

②保有求人数の多い転職エージェントに登録しておく

良い担当者と出会えれば、あとは良い求人を選ぶだけ。しかし、比較する求人が少ないと良い求人かどうか判断できません

そのため、求人数の多いリクルートエージェントやdodaなど、大手の転職エージェントは登録しておいた方が良いでしょう

IT業界専門の転職エージェントもたくさんありますが、視野を広く持つという意味でも求人数の多い転職エージェントを1社選択肢に入れておくべきです。

黒田さん

黒田さん

もし、求人の選択肢の数を重視するのであれば、大手エージェントの活用は不可欠なポイントです。

③専門性の高い転職エージェントと組み合わせる

自分の要望、属性に適した専門の転職エージェントを選ぶ

  • エンジニア → エンジニア専門の転職エージェント
  • 未経験 → 未経験サポートが充実した転職エージェント
  • クリエイター → クリエイター専門転職エージェント
  • 年収アップ → 高年収、ハイキャリア専門の転職エージェント
  • ベンチャー → ベンチャー専門の転職エージェント

上記のような形で自分の要望にあった転職エージェントを選ぶことで、その業界、職種、企業ごとに最適な対策を方法を詳しく教えてもらえます。

専門の転職エージェントは、大手の有名な転職エージェントよりも詳しい担当者、企業間の繋がりが強い担当者が多いので、期待できます

特にIT業界は、会社ごとに必要なスキルセットが違ったり、ポートフォリオの質など、事前準備で大きく内定率が変わります。

専門性の高い転職エージェントを使って、希望の会社ごとに最適な対策をもらいましょう。

黒田さん

黒田さん

IT業界とひとことで言っても、SIerやwebサービス、自社プロダクトの有無や売り上げに占める受託開発のシェアなど、得意とする分野や企業の種類が異なるので、自分の希望にマッチした強みを持つエージェントを見つけることが肝要です。

IT/WEB/エンジニアに強いおすすめ転職エージェント一覧

選び方で解説したように転職エージェントは「求人数が多い」「専門性が高い」この2つの視点で複数登録することが重要です。

このように選ぶことで黒田さんも言うように、自分の希望にマッチした強みを持つ転職エージェントを利用しつつ、幅広い選択肢から転職先を選べます

面倒に感じるかもしれませんが、複数登録して担当者の相性を見て厳選していきましょう。

下記の転職エージェントを参考にそれぞれの属性ごとに最適な転職エージェントを登録してみてください。

IT/WEB/エンジニアにおすすめの転職エージェント一覧

「未経験から経験者まで」IT業界を目指すなら登録しておきたい転職エージェントは次の6社。

人気の転職エージェントと満足度は比例しない

利用者が多くても、担当者が良いとは限りません。

ナビナビでは、IT業界への転職経験がある545名の転職エージェント利用者に対して、アンケート調査を行いました。

その結果やはり人気の転職エージェントだからといって、満足している人が多いわけではなく、専門的な転職エージェントの方が全体的な満足度は高い結果に。

人気というだけでなく、自分の属性にマッチした転職エージェントを使うことが大切です。

※アンケート結果は記事末に記載

【未経験・経験者】IT/WEB/エンジニア業界全般におすすめの転職エージェント6選

「未経験から経験者まで」IT業界を目指すなら登録しておきたい転職エージェントは次の6社。

幅広い職種の求人を保有しているので、広い視野で求人を探すことができます。

【未経験〜経験者まで全てにおすすめ】

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、エンジニアやデザイナーに特化した転職エージェント。IT業界全般の求人を扱っており、エンジニアからデザイナーをはじめ、事務やコンサルなど、幅広い職種の求人を保有しています。

おすすめする1番の理由は、担当アドバイザーの業界知識の深さ年間3,000回以上も各企業に対してヒアリングを行なっており、現場感を知っています。企業対策や面接対策時に準備する細かい対策を相談できるのは大きなメリットになります。

経験者も未経験者もまず転職先の現場感を知るという意味で相談してみることをおすすめします。

レバテックキャリア|基本情報

運営会社レバテック株式会社
公開求人数約14,480件
非公開求人数非公開
対応地域関東(東京・千葉・埼玉・神奈川)・関西(大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良・和歌山)・九州(福岡)・東海(愛知県・三重県・岐阜県)
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

Geekly

Geekly
(引用元
Geekly

Geeklyもレバテックと同じく、IT/WEB/ゲーム業界専門の転職エージェント。非公開求人を含めると2万件以上求人を保有しているので、IT業界を目指すなら登録しておきたい転職エージェントの一つです。

IT業界に精通したキャリアカウンセラーが担当してくれるので、細かい相談もできます。営業からコンサル、エンジニア、またゲーム業界の求人など、未経験者にも魅力的な求人が豊富です。

IT業界特化なので、誰もが一度聞いたことのあるような会社からまだ知られていないけど成長中の会社など、幅広いラインナップから求人紹介を期待できます。

Geekly|基本情報

運営会社株式会社GEEKLY(ギークリー)
公開求人数約11,000件
非公開求人数約14,000件
対応地域関東
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、人材紹介会社としてNo1の規模を誇る転職エージェント。求人数も約13万件と最大規模を誇ります。

IT業界に特化してはいませんが、幅広い求人をみられるので視野が広がることがポイント。特化型だと絞り込まれた求人しか紹介してもらえないので、多くの求人を比較できないかもしれません。

幅広い職種の求人を保有する総合型転職エージェントは必ず併用することをおすすめします。

リクルートエージェント

運営会社株式会社リクルート
公開求人数約148,400件
非公開求人数約203,000件
対応地域全国+海外
料金すべて無料

(最終更新:22年1月時点)

doda

doda
(引用元
doda

dodaは、リクルートエージェントに続く、業界最大手の転職エージェント。幅広い求人を保有し、視野を狭めず求人を比較できます。

また、dodaは転職サイト一体型なので、転職エージェントに求人を紹介してもらう以外に、dodaのデータベースから自分で求人を探すことができます。

「仕事が忙しい人・とりあえず求人だけみたい人」はdodaの方が自分のペースで転職活動を進められるでしょう。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約117,100件
非公開求人数約32,700件
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、リクルートやdodaと比べると求人数は落ちますが、転職エージェント最大手の1つ。コネクションを生かした独占求人も豊富なイメージで、幅広い職種の求人をチェックできます。

各業界、職種ごとに精通したキャリアアドバイザーが担当者になるので、業界知識も得られることもポイントの1つ。

幅広い職種を取り扱っているのでエージェントにキャリア相談をしながら、他の業界も検討することもでき、未経験者に優しいでしょう。

マイナビエージェント|基本情報

運営会社株式会社マイナビ
公開求人数-
非公開求人数-
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

type転職エージェント

type転職エージェントは、関東圏(東京都,神奈川,埼玉,千葉)を中心とした求人を保有している転職エージェント。公開求人数を見ると少なく感じますが、非公開求人数を含めるとIT業界だけで10,000件以上の求人を保有しています。

少ないながらも限定した地域を中心に優良な求人を保有している印象で、一社に固執せず、複数利用する場合は候補の1つとしておすすめです。

IT特化ではなく、幅広い職種、業種の求人を保有しているので、IT業界だけが選択肢じゃない人にもおすすめの転職エージェントです。

type転職エージェント|基本情報

運営会社株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数約7,800件
非公開求人数約16,300件
対応地域関東
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

【未経験向け】IT/WEB/エンジニアにおすすめの転職エージェント3選

未経験からIT業界を目指す人には、次の5社の中から1社は選んでおきましょう。内定がもらいやすい求人を紹介してもらえるので、転職先の選定に役立ちます。

またワークポートは無料のITエンジニアスクール「みんスク」を運営しているので、おすすめです。

【未経験におすすめ】

ワークポート

ワークポート
(引用元
ワークポート

ワークポートは、数少ない未経験者へのサポートが充実している転職エージェントの一つ。未経験や第二新卒向けの求人が4,000件以上もあり、幅広い選択肢から選ぶことができます。

また未経験からIT業界への転職を目指す人に嬉しい無料スクール「みんスク」も運営しています。プログラミング学習と就職支援の両方が無料で受けられるので、初めてでも安心です。

それぞれの業界ごとに精通したキャリアアドバイザーが担当者になるので、未経験からIT業界を目指すならワークポートから利用してみると良いでしょう。

ワークポート|基本情報

運営会社株式会社ワークポート
公開求人数約54,000件
非公開求人数約21,000件
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年6月時点)

ハタラクティブ

ハタラクティブ
(引用元
ハタラクティブ

ハタラクティブは、20代のフリーターや既卒、第二新卒向けの転職エージェント。

特に未経験可能や職歴が浅い人に向けた求人を多く保有しているため、IT業界の求人も期待できます。

未経験は、転職先の業界事情がわからず不安ですが、ハタラクティブは実際に取材した会社の求人のみを紹介してくれるので優良な求人が期待できます。

書類添削や面接対策、企業対策など、欲しいサポートはすべて網羅しています。

ハタラクティブ|基本情報

運営会社レバレジーズ株式会社 
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
対応地域大阪+愛知+福岡+首都圏
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

Green

Green
(引用元
Green

Greenは、IT業界に特化した転職サイト。自分で求人を探す必要はありますが、2万件以上の求人の中からIT、WEB業界の求人を探せるので、利用しておきたいです。

特に求人掲載している会社の情報がわかりやすく、仕事内容から細かい情報まで、丁寧に記載してあります。

またスカウト機能も使えるので、自分の経歴や希望の職種を登録しておくだけで、マッチした企業からスカウトを受けることも可能です。

他の転職エージェントで担当者と相談しつつ、スカウト機能でさらに比較する求人を増やすという使い方もおすすめです。

Green|基本情報

運営会社株式会社アトラエ
公開求人数約23,600件
非公開求人数非公開
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

【経験者向け】IT/WEB/エンジニア業界におすすめの転職エージェント5選

下記の転職エージェントを参考にそれぞれの属性ごとに最適な転職エージェントを登録してみてください。

【経験者におすすめ】

転職ドラフト

転職ドラフト
(引用元
転職ドラフト

転職ドラフトは、経験者、スキル持ちの求職者におすすめの特殊な転職サイト。企業が年収を提示して、指名する競争入札型のサービスです。

年収を提示されてから応募するスタイルなので、年収アップしたい経験者におすすめのサービスと言えるでしょう。

また、今のスキルや経歴でどのくらいの年収が目指せるのか把握するのにも役立つので、使ってみるだけの利用もおすすめです。

転職ドラフト|基本情報

運営会社 株式会社リブセンス
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

paiza

paiza転職
(引用元
paiza転職

paizaもIT業界経験者におすすめの特殊な転職エージェント。自分のスキルや経歴によって、応募できる企業が変わる少し変わった転職サービスです。

コードを書いて、その評価をもとに応募できる企業が選定されるので、コーディングをするプログラマーやエンジニアであれば、高い評価を得られる可能性があります。

また、スキルセットや経歴を登録しておけば、スカウトがもらえる可能性があるので、実力で勝負したい経験者におすすめです。

paiza転職|基本情報

運営会社paiza株式会社
公開求人数約2,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年2月時点)

Paycareer

Paycareer

(引用:Paycareer

Paycareerは、スカウト型の転職サービス。経歴やスキルを登録しておくだけで企業からスカウトがもらえるので、他の転職エージェントと併用するのに最適です。

さらにスカウトされた企業と面談すれば、1面談に対して、3万円〜報酬がもらえるという新しい特徴もあります。

本当に良い人材を探している企業が利用するサービスなので、キャリアアップ、年収アップしたい人に最適な転職サービスでしょう。

Paycareer|基本情報(22年1月時点)

公開求人数非公開
非公開求人数非公開
対応地域全国対応
料金すべて無料

TechClipsエージェント

TechClipsエージェントは、IT専門の高単価案件が見込める転職エージェント。紹介企業の80%以上は年収500万以上という高水準で、キャリアアップ・年収アップ狙いの経験者に最適です。

エンジニア兼任のキャリアアドバイザーが担当者になるので、業界の詳しい対策や情報を聞くこともできます。

また、長く続く会社特有のコネクションで大手の求人も豊富です。

TechClipsエージェント|基本情報

運営会社notari株式会社
公開求人数約120件
非公開求人数非公開
対応地域首都圏
料金無料

(最終更新:22年3月時点)

ビズリーチ

ビズリーチ
(引用元
ビズリーチ

ビズリーチは、IT業界専門ではないですが、キャリアアップ、年収アップに最適なスカウト型の転職サービスです。

経歴や希望職種を登録しておくだけで、ヘッドハンターや企業の人事からスカウトを待つことができ、条件交渉がしやすいことがポイント。また、ヘッドハンターとして大手の人材会社も利用しているので、ビズリーチに登録しておくだけで、幅広い人材会社の求人を受け取ることができます

基本的に無料で使えるので、キャリアアップ、年収アップを目指すなら登録しておきたい転職サービスです。

ビズリーチ|基本情報

運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数約69,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国+海外
料金登録無料(一部有料3,278円〜5,478円)

(最終更新:22年1月時点)

【その他】(クリエイティブ/外資/コンサル/ベンチャー/SE)におすすめの転職エージェント6選

ここでは希望の職種がある程度、絞り込まれている人に向けて、特化型転職エージェントを解説していきます。

特化型転職エージェントは、より業界や職種に対して専門的で具体的なサポートを受けたい人におすすめです。

【その他(クリエイティブ/外資/コンサル/ベンチャー/SE)におすすめ】

マイナビクリエイター(クリエイター・デザイン)

マイナビクリエイターは、IT業界の中でもクリエイティブ職に特化した転職エージェント。WEBやゲームなどのデザイナーなど、希望職種が決まっている人におすすめです。

マイナビエージェントは各業界に精通した転職エージェントがアドバイザーとなるため、転職サポートが充実。また、大手のコネクションを活かした独占求人が豊富で、優良な求人が期待できます。

比較的20代〜30代など、若手向けの求人が多い印象ですが、クリエイター志望なら登録しておきたいです。

マイナビクリエイター|基本情報

運営会社株式会社マイナビワークス
公開求人数-
非公開求人数-
対応地域中部+九州+近畿+関東
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

ランスタッド(IT系外資/日経グローバル)

ランスタッド
(引用元
ランスタッド

ランスタッドは、外資系や日経グローバル企業の転職に強い転職エージェント。ランスタッド自身がオランダに拠点を置く外資系企業なので、そのコネクションを活かした求人が豊富です。

バイリンガルコンサルタントも多く、外資系転職に必要な英語対策や書類選考のアドバイスも的確です。

外資系を目指すなら事前準備やコネクションが大切になってくるので、ランスタッドなど、外資系特化型の転職エージェントは利用しておきましょう。

ランスタッド|基本情報

運営会社ランスタッド株式会社
公開求人数約6,600件
非公開求人数非公開
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

アクシスコンサルティング(コンサル)

アクシスコンサルティングは、コンサルティングファームへの転職支援実績が高い転職エージェント。IT業界の中でもコンサル職を目指したい人は、一度相談しておきたいです。

キャリアプランから企業別の書類先行、面接対策など、コンサルの業界・職種別に精通したアドバイスをもらえるので、転職活動の強い味方になってくれるでしょう。

アクシスコンサルティング|基本情報

運営会社 アクシスコンサルティング株式会社
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

プロコミット(ベンチャー)

プロコミット
(引用元
プロコミット

プロコミットは、ベンチャー・スタートアップ企業に転職してキャリアアップしたい人にピッタリな転職エージェント。リクルートやビズリーチ主催の「ヘッドハンターオブザイヤー」を受賞するなど、サポート力に定評があるサービスです。

求人を掲載している企業の事業内容や今欲しい人材を熟知しているので、企業と求職者から高い評価が得られています。

評価の高いサービスは、優良な非公開求人も集まりやすく、ベンチャー、スタートアップへの転職を目指すなら登録しておきたい転職エージェントです。

プロコミット|基本情報

運営会社株式会社プロコミット
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

keyplayers(ベンチャー)

キープレイヤーズは、エンジェル投資家としても有名な高野秀俊さんが運営する転職エージェント。ベンチャー経営者とのコネクションが強く、4,000社以上とダイレクトで繋がっているのが強みです。

また高野さん自体の信頼が厚く、推薦を受けて応募できると転職に有利に働かせることができます。

成長企業を見極める手助けにもなってくれるので、ベンチャー狙いならおすすめです。

キープレイヤーズ|基本情報

運営会社株式会社キープレイヤーズ
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

社内SE転職ナビ

社内SE転職ナビ
(引用元
社内SE転職ナビ

社内SEナビは、名前の通り、社内SEに特化した転職サービス。SEの公開求人数だけで言えば、1,000件以上と業界トップクラスです。

ほとんどが実務経験がある人向けの求人ですが、幅広い職種の求人を取り扱っており、選択が多いです。システムエンジニアやインフラエンジニア、企画、マーケ職など、希望の求人が見つかる可能性が高いでしょう。

社内SEに絞って求人を探したい場合は、社内SEナビも登録しておきましょう。

社内SE転職ナビ|基本情報

運営会社アイムファクトリー株式会社
公開求人数約1,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

IT業界フリーランスにおすすめの転職エージェント5選

最後は、IT業界の中でもフリーランスとして、求人を探す人におすすめの転職エージェント。

IT業界は比較的副業やフリーとして働きやすい業界なので、次の6つのサービスを使って効率よく求人を探しましょう。

【フリーランスにおすすめ】

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、エンジニアのフリーランス案件の中でも高単価の案件が集まる転職エージェント。80万円以上の高単価案件で検索すると6,000件以上もあります。

また単価だけでなく、コーディネーターのサポートも充実しており、受託の相談から受託後の条件交渉も行ってくれることもポイントの1つ。

専門知識が豊富なコーディネーターなので、マッチング精度も高く、フリーランスとして安心して働きたい人におすすめの転職エージェントです。

レバテックフリーランス|基本情報

運営会社レバテック株式会社
公開求人数約28,500件
非公開求人数非公開
対応地域九州+近畿+関東
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

Midworks

Midworks
(引用元
Midworks

Midworksは、フリーランス向けにエンジニアやデザイナーの求人を紹介する転職エージェントですが、福利厚生やサポートが充実していることが特徴的。

中でも福利厚生は魅力的で、交通費支給から勉強会の費用、税金面、保険料、給与保証など、安心して働くためのサポートが充実しています。

Midworks|基本情報

運営会社株式会社 Branding Engineer
公開求人数約3,000件
非公開求人数非公開
対応地域近畿+首都圏
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

ギークスジョブ

ギークスジョブ
(引用元
ギークスジョブ

ギークスジョブは、在宅・リモート案件が8割を超えるフリーランス向け転職エージェント。新型コロナウイルスの影響で案件が増えていることもありますが、柔軟な働き方をしたいフリーランスに最適です。

また、他のサービスにはない特徴として、福利厚生サービス「フリノベ」があります。オンライン学習サービスや健康診断などを特別価格で受けられたり、正社員のような待遇を受けられるのは嬉しいポイント。

保有している案件数も多いので、フリーランスとして案件を探すならチェックしておきたい転職エージェントです。

ギークスジョブ|基本情報

運営会社ギークス株式会社
公開求人数約1,870件
非公開求人数非公開
対応地域中部+九州+近畿+関東
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

シューマツワーカー

シューマツワーカーは、週10時間からスキマ時間を使って働ける案件に特化した転職エージェント。副業として仕事をしたいエンジニアやデザイナー、マーケターなどにおすすめの転職エージェントです。

短時間で働ける求人を紹介してくれるだけでなく、税金面のサポートや報酬の前払いなど、安心して働けるサポートが充実しています。

フルで動けるほど時間がないけど、副業したいという人には強い味方になってくれるでしょう。

シューマツワーカー|基本情報(22年1月時点)

公開求人数約124件
非公開求人数非公開
対応地域全国対応
料金すべて無料

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズは、週2〜3日で働ける案件を多く保有する転職エージェント。個人事業のスキマで働きたい人など、副業として働ける案件を探す人に最適なサービスです。

また、ベンチャーやスタートアップの求人も多く、新規事業に携わるなど、面白い仕事を探しているフリーランスにもおすすめできます。

高単価案件もあり、短い時間で働ける案件を探す人は、利用しておきたいです。

ITプロパートナーズ|基本情報

運営会社株式会社Hajimari
公開求人数約4,100件
非公開求人数非公開
対応地域全国+東京
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

転職エージェントを使う時の注意点5つ

ナビナビ

編集部

転職エージェントと言っても担当者によって、相性が悪かったり、なかなか自分の要望通りの求人を紹介してもらえないことがあると思います。
転職エージェントを使うときに気を付けておくべきことはありますか?

転職エージェントは人的な接点が価値の中心となっているため、属人的であることやコンサルタントとの相性の良しあしがあることなどのデメリットもあります。同じエージェントでも担当者が変われば印象が変わることもあります。そのような特性を理解した上で、うまく活用していくことをお勧めします。

黒田さん

黒田さん

自分の要望、属性にあった転職エージェントを見つけたら、あとはうまく活用して、良い求人を紹介してもらうだけ。その時に注意したいのは、次の6つです。

特に担当者とうまくコミュニケーションしなければ、良い案件を紹介してもらえないことがあるので、注意しましょう。

転職エージェントを使う時の注意点5つ

注意点1.担当者との相性が悪ければすぐに変更する

転職エージェントというサービスとはいえ、人と人が話して求人を紹介してもらうため、相性があります。

自分の担当者が「気に入る求人をなかなか紹介してくれない」「適当なこと言われてる気がする」など、相性が合わなければ、すぐに変更を申し出ましょう。

転職エージェントは気軽に担当者の変更ができます。

担当者に気を使うことなく、親身に自分のキャリアや将来まで、一緒に考えてくれる親身なキャリアアドバイザーを探すことが大切です。

すぐに変更したい担当者の特徴

  • 特徴①:強引に転職させようとする
  • 特徴②:何度も電話をかけてくる
  • 特徴③:新人すぎて役に立たない
  • 特徴④:要望と違う求人ばかり紹介される

注意点2.担当者からの優先度が下がる行動はしない

より良い求人を優先的に紹介してもらうには、担当者からの優先度をあげてもらうことが大切。

すぐに転職する気がなくても、「良い求人があれば転職したい」など、伝え方を変えるだけで担当者からの優先度が変わります

次の5つの担当者との信頼関係・コミュニケーションのコツを参考にしてください。

担当者との信頼関係・コミュニケーションのコツ

  • 早めに転職したい意欲を見せる
    └ 良い求人があれば転職したいなど

  • メールの返信はなるべく早く(12時間〜1日以内)
    └ どうしても無理なら事前に伝えるとGOOD

  • 経歴やスキルセットに嘘はつかない
    └ 信頼を大きく無くす原因になる

  • 隠さず、自己開示をする
    └ 担当者がどんな求人を紹介すれば良いかわからない

  • 求人や面接を断るときは理由も添える
    └ 次の求人を紹介しやすいように理由も添えて断りを入れる

注意点3.自分の要望(行きたい職種)は明確に伝える

IT/WEB/エンジニア業界は、WEBで調べるだけはなかなか企業の内部事情がわかりにくいことがあります。

自分がどんな仕事がしたいのか、どういう仕事内容を望んでいるのか、担当者に明確に伝えておくと良い求人を紹介してもらいやすくなります。

転職エージェントは、求人募集をしている企業と繋がっているため、どんな人材が欲しいのか詳しく知っています。

注意点4.内定をもらいやすいスキルセットやポートフォリオを聞く

IT/WEB/エンジニア業界は、面接や書類選考の際、スキルセットやポートフォリオを送ることがほとんど。

実務を経験していると実績として提示できるポートフォリオを持っていることがことが多いですが、それが転職先に最適なスキルセット、ポートフォリオかはわかりません

内定確率をあげるなら、事前に会社ごとに良い人材と判断してもらえるスキルセットやポートフォリオを聞き、事前準備しておくことをおすすめします

チーム開発のためのスキルは持っておいた方が良い

希望によって最適なプログラミング言語は変わりますが、GithubやGitlabなど、チーム開発できるようなスキルセットは持っておいた方が内定率は上がります。会社に入れば、チーム開発の現場に当たることが多いので、即戦力になりやすいスキルセットを持っていると内定率は高くなります。

注意点5.紹介された求人は自分でも必ず調べる

転職エージェントに紹介された求人情報やその会社については、自分でも必ず調べておきましょう。

100%自分にあった求人かは、自分で調べて判断するか、IT業界の友人に聞いてみるのが一番です。

転職エージェントも人材を紹介して報酬をもらうため、ポジショントークが入っていないとは言い切れません。

必ず自分でも会社の情報を調べておくことをおすすめします。

会社に勤める社員の口コミ、評判が知りたい

会社の雰囲気を知りたい

【未経験〜経験者】IT/WEB/エンジニアに転職する前にする前にやるべきこと3選

ナビナビ

編集部

IT業界への転職を目指すなら、転職前にどのようなことを準備しておくと良いでしょうか?
未経験から目指す場合でもあらかじめポートフォリオを用意した方が内定率が上がりそうなイメージがあります。

未経験からIT業界を目指す場合は、まったく自学自習せずにトライするのは難しいので注意したほうがいいと思います。コストを掛けずにトライアル的に勉強してみるとか、サイトや本で仕事研究をしてみるなど、最低限、自分がやって行けそうな仕事かどうかは自分でチェックしておいたほうがいいと思います。

黒田さん

黒田さん

転職する前にやるべきこと3選

①IT業界の職種・平均年収・業務内容について理解する

IT業界と言えば、プログラミングのイメージが強いですが、さまざまな職種があります。

自分がどんな仕事がしたいのか転職エージェントに伝えられるように、あらかじめ絞っておくことが大切です。

開発・エンジニア・デザイン関係
職種平均年収業務内容
システムエンジニア(SE)417万円主にシステムの設計を考える仕事。実際にコードを書くのはプログラマーのことが多い
ソフトウェアエンジニア427万円スマホやPC、家電などを制御するソフトウェアを開発する
組み込みエンジニア474万円家電や工場に設置されたセンサーなどの小さなコンピューターを制御する仕事
アプリケーションエンジニア443万円スマホアプリをはじめ、業務アプリやWEBアプリを開発する仕事
インフラエンジニア455万円ITシステムの基盤を整える仕事。サーバーからネットワークまで幅広く対応する
サーバーサイドエンジニア463万円サーバー側で必要なプログラムの開発やデータの管理を行う仕事
フロントエンドエンジニア419万円HTML,CSS,javascriptなどユーザーから見える部分のデザインをコーディングする仕事

(引用:doda|平均年収ランキング

マーケティング関係
職種平均年収業務内容
WEBプロデューサー/ディレクター442万円WEBサイトにおける戦略立案から実務までを行う仕事
WEBライター352万円WEBサイト上で文章を書く仕事

(引用:doda|平均年収ランキング

マネジメント関係
職種平均年収業務内容
プロジェクトリーダー/マネージャー664万円開発や事業などのプロジェクトを遂行する責任者。事業全体に対する理解が必要な仕事

(引用:doda|平均年収ランキング

営業・事務・コンサルタント
職種平均年収業務内容
営業478万円IT業界全般に対して、専門的な知識を使いつつ、営業活動を行う仕事
セールスエンジニア498万円技術的な側面から営業を手助けする
営業寄りの仕事
ITコンサルタント601万円企業が持っている課題に対し、幅広いIT技術を活用して解決策を提案する仕事
IT事務332万円通常の事務職に加え、ネットワークやソフトウェアのインストールなど、IT知識が必要な仕事

(引用:doda|平均年収ランキング

②事前にポートフォリオ・実績を作ってから応募する

未経験者の多くが魅力的に写るのは、「未経験OK」と記載された求人。このような求人は業務内容や将来的にスキルアップが見込めるかなど、広い視点で判断する必要があります。

基本的にIT業界は、経験者やすでにスキルがある人物の方が優遇される職種です。実務未経験でもしっかりとポートフォリオを提示できる方が内定も取りやすくなります。

未経験OKの求人が悪いとは言いませんが、あまりスキルアップ、将来性が見込めないことも多いので注意しましょう。

そのため、長期的に見たときにキャリアアップが見込める会社に転職するために、事前にスキルセットやポートフォリオ・実績を作り、提示することをおすすめします。

下記のサービスは、プログラミングの学習に最適なサービスや実績を作る時に役立つサービスです。
現職の合間に勉強して、ポートフォリオ、実績となるものを作りましょう。

プログラミング学習サービス

無料プログラミングスクール(転職支援付き)

有料プログラミングスクール(転職支援付き)

実績作りに最適なサービス

③IT業界に詳しい知り合いや転職エージェント相談する

最後は、IT業界で働いているか、働いたことのある友人など、知り合いに相談することが一番です。

未経験だとやはり現場感など、どういう仕事をするかがイマイチ把握できません。

現場経験のある人にアドバイスをもらうことで本当に選んだ会社が最適なのかアドバイスをもらえます。

知り合いがいない場合は、転職エージェントに相談することも1つの手

ただし注意点として、転職エージェントはポジショントークが入る場合があるため、本当に自分のために伝えてくれているのかは注意しておきたいです。

【Q&A】IT業界へ転職する際の疑問を解決

最後にIT業界に関するよくある質問をまとめています。

Q.IT業界への転職に資格は必要なのか?

IT業界では、資格よりも実績や経歴などが重要視されやすい傾向にあります。資格がないからといって、IT業界で働けないということはありません。

ただし、未経験や業務内容によって、資格を持っていると転職活動に有利に働かせることもあります。

下記は、必ずしも必要な資格ではないですが、知識や情報を持っていると示しやすい資格です。

資格特徴
ITパスポート

ITを利活用するすべての社会人・これから社会人となる学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験。AIなどの技術から経営、IT、ネットワークの知識まで幅広い分野の知識を問う試験です。

基本情報技術者試験

IT業界に従事するプログラマー、エンジニアに最適な資格。ITへの基礎知識から経営の知識を求められる上に、プログラミング言語などの知識も必要になり、ITパスポートよりも難易度はあがります。

応用情報技術者試験

基本情報技術者試験よりも難易度が高く、より高度なIT知識や設計、開発知識が必要になります。会社によっては手当がつくこともあり、転職活動に有利に働くでしょう。

Q.IT業界に向いているのはどんな人?

IT業界に向いている人

  • コミュニケーション能力がある
  • IT技術に興味がある
  • 論理的思考力がある
  • 学習意欲がある
  • 変化に対応できる

IT業界といってもさまざまな職種があるため、一概には言えませんが、強いて言うなら上記に当てはまる人がIT業界に向いていると言えます。

IT業界で働いていると、事業の変化のスピードが早かったり、使うツールも切り替わったりします。

その場その場でIT技術を把握し、対応できる人の方が働きやすいでしょう。

また、会議やミーティングなども頻繁に行われるのでコミュニケーション能力も大切です。

Q.転職エージェントに登録してからの流れは?

転職エージェントに登録してから内定をもらうまでの流れは以下の通り。

STEP1.登録

登録は5分ほどで完了します。

登録後にメールや電話が届き、面談の日程を決定します。

STEP2.面談

予定した面談日に担当者と顔合せを行い、経歴や希望条件を伝えていきます。
面談は基本的にオンラインで行われることが多いです。

STEP3.求人紹介

面談後にメールなどで求人を紹介して貰えます。

STEP4.書類作成・応募

気になる企業に応募を行います。
書類の準備でわからない点があれば、担当者への相談も可能です。

STEP5.面接

書類選考に通ったら、続いては面接を行います。
面接日の日程調整などもキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

STEP6.内定・退職準備

無事に内定が出たら、会社に退職の旨を伝えて退職準備を行います。

転職エージェトへの登録後は、担当者と面談を行い、経歴や希望条件などを伝えていきます。

面談はどのサービスも1時間ほど。現在はオンラインで面談を行っているエージェントがほとんどのため、オフィスまで出向く必要もありません

面談後は、希望とマッチした求人を紹介してもらい、気になる求人があれば担当者に伝えるか、エージェントの管理画面から応募する流れとなります。

書類選考に通過したら、担当者に日程を調整してもらい面接に臨みます。無事に内定が出れば、会社に退職の意思を伝えて、残りは退職準備を進めるだけです。

基本的には、転職エージェントのキャリアアドバイザーが不明点をサポートしてくれるので、わからないことがあれば気軽に質問してみてください。  

転職エージェントとの面談前に準備しておくことは?

転職エージェントとの面談前には主に「経歴」「退職理由」「希望条件」の3点をヒアリングされるので、事前に準備しておきましょう。

特に経歴や希望条件部分は、最適な求人を紹介してもらうために必要な要素になるので、事前にまとめておくことをおすすめします。

Q.転職サイトの料金は無料なの?

転職サイトの利用料金は、基本的に無料です。

基本的に転職サイトは求人掲載料として、転職エージェントは企業から報酬をもらう仕組みとなっており、転職者は費用を負担する必要はありません。

ただし、ビズリーチは一部のサービスを使う際に料金がかかります。

Q.転職サイトをすぐに退会できる?

転職サイトは、いつでも退会できます。

基本的にどの転職サイトも設定画面から簡単に手続きが行えるようになっているため、 安心してください。

Q.再登録ではできる

再登録は可能です。

転職サイトを退会した後にもう一度使いたい場合は、登録した時と同じような手順で進めてもらえれば、簡単に登録できます。

Q.メールの通知が多くなるのが心配…

メールの通知は、各転職サイトごとに配信停止設定ができます。

通知の多さが面倒に感じた場合は、自分の好きなタイミングで設定を変更することが可能です。

Q.転職活動をしていることが会社にバレないか心配…

各転職サイトごとに、自分の会社に経歴やプロフィールがみられないようにする機能があります。

そのため転職サイトを使っても、会社にバレることはありません。

サイトに登録したことがバレてしまわないかどうかが心配な人も、安心して転職活動を行えます。

まとめ

転職を考えたら、まずは転職サイトでどんな求人があるのかを見てみましょう。

利用する転職サイトは、メインの転職サイトを2~3社、オファー機能のある転職サイト1~2社選ぶことで、より自分に合った求人を見つけやすくなります。

複数のサイトを併用しながら、常にアンテナを張って、トレンドをつかんでおくことをオススメします。

自分がどういう仕事がしたいか、どういうキャリアを歩みたいかキャリアデザインをしっかりと考え、転職サイトや転職エージェントを有効に転職活動に活かしてください。

本記事で利用したアンケート調査

IT業界転職エージェント満足度調査

【IT業界】転職エージェントの利用度・満足度調査

調査方法インターネット調査
調査対象IT業界への転職経験がある20歳以上50歳以下の男女
調査地域全国
調査期間2021年11月14日~2021年11月23日
調査人数545人
調査機関株式会社エイチームフィナジー