IT営業は未経験でも転職できる!営業職の3つの種類と必要な知識を解説

ナビナビ
転職

2022-06-23

業界未経験だけど、IT営業に転職できる?

結論から言うと、IT業界の営業職には未経験からでも転職することは可能です。

ITエンジニアとは違い、プログラミングスキルが必要ないからです。

とはいえ、未経験からの転職では分からないことは多いことでしょう。

そこで、この記事ではIT営業の種類、必要な知識、向いている人、転職する方法など詳しく解説解説します。

これからIT業界の営業職に転職を考えている方は、この記事を読めば、IT営業への転職に必要なことがわかります。

転職の悩みは「ワークポート」に相談しよう!

ワークポート
(引用元
ワークポート

「未経験からIT営業に転職したい」なら、「ワークポート」の利用がおすすめです。

「ワークポート」はIT転職に強く、業界・実務未経験でも対応してくれる転職エージェント。

キャリアの相談から、希望にあった求人紹介など、様々なサポートを受けることができます。

電話・Web面談も行っているため、自宅から気軽に相談が可能です。

完全無料で利用できるので、まずは気軽に登録してみましょう。

ワークポート|基本情報

運営会社株式会社ワークポート
公開求人数約54,000件
非公開求人数約21,000件
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年6月時点)

目次

IT業界の営業職は3つに分けることができる

営業職は商品やサービスを販売する職種です。

しかし、同じ「営業職」でもIT業界の営業職は、取り扱う商品やサービスによって3つに大別できます。

ここではIT業界の営業職が主に取り扱うモノごとに分けて解説をしていきます。

①システムや商品(サービス含む)を販売する営業

他業界の営業に最も近いのが、システムや商品を販売する営業です。

取り扱うものによって形態(B to B/B to C)は様々であり、顧客によって提案方法も異なりますが、システム販売であれば顧客は法人であることが多いです。

また、他の業界の営業職と似ているため、異業界からIT業界へ転職する場合でもギャップは少ないと言えるでしょう。

②人材を提案する営業

こちらの営業職は、いわゆる人材を派遣することを提案する営業です。

IT業界における人材派遣とは、一般的にエンジニアを派遣することを指します。

こちらの営業の主な仕事は、エンジニアを派遣できる派遣先を獲得し、自社で抱えているエンジニアを派遣することです。

また、派遣したエンジニアの管理や増員、契約更新時には単価の交渉なども行います。

顧客から案件内容をヒアリングし、条件にマッチしたエンジニアを派遣しなければならないので、ある程度のIT知識を身に付けておく必要があります。

【補足】

「人材派遣とSESって何が違うの?」と疑問に持たれる方も多いですが、両者の一番の違いは「指揮命令権がどこにあるか」です。

契約形態指揮命令
SESベンダー
人材派遣クライアント(派遣先)

このような違いはありますが、契約形態が異なるだけで、営業方法に大きな違いはありません。

③セールスエンジニア(技術営業)

セールスエンジニア(技術営業)は、顧客が抱えている問題や課題を技術面で解決することを提案する営業職です。

所属している企業のサービスや商品、顧客が抱えている課題などによって提案方法が変化します。

マニュアル通りのアプローチではなく、顧客に合わせた提案をする営業と言い換えることもできるでしょう。

営業職でもIT系の知識は必要な理由

営業職でもIT系の知識は必要な理由

IT営業は、未経験からでも転職することができる職種です。

前述したように、営業職は商品やサービスを販売することを主な仕事としており、実際にプログラミングを行うことはありません。

しかし、だからと言って「IT知識がなくても大丈夫」というわけではありません。

ここでは、営業職でもIT知識が必要な理由について解説をしてきます。

理由①販売するものにIT技術が使われているから

IT営業が販売(提案)する商品には、当然ながらIT技術が使われています。

そのため、顧客に対して商品の説明を行うに際し「どのような技術が使われているのか」「他社とは何が違うのか」を伝えなければなりません。

そして、販売する商品に使われているIT技術を顧客に伝える際は、マニュアル通りに伝えれば良いわけではありません。

ITに詳しい顧客もいれば、逆に疎い顧客もいるため、それらに合わせて説明ができるレベルのIT知識が必要となるのです。

理由②顧客との会話で必要になるから

IT営業をしていると、顧客と会話をしているなかで次のような質問がよくあります。

  • 最近こんな技術が話題だけど、実際どうなの?
  • 他社からこんな提案されたんだけど、御社のと何が違うの?
  • 価格が高いのはどんな理由があるの?

これらの質問に対し「わかりません」「詳しくないんで」は通用しません。

IT業界で注目されている技術や話題についていけなければ、顧客からは「信頼がおけない営業」というレッテルを貼られてしまう可能性があります。

そのような事態に陥らないようにするためにも、営業職はIT知識を身に付けなければならないのです。

理由③提案する際に必要になるから

IT営業が販売する商品やサービスには、当然IT技術が使われており、その技術について理解をしていないと顧客に提案することができません。

たとえば、ITエンジニアの派遣を担当する営業を見てみましょう。

顧客から案件を獲得し「このような人材を派遣して欲しい」という要望を受けた際、該当するスキルを持ったエンジニアがいればすぐに提案することができます。

しかし、このように要望に完全にマッチしている人材がいる状況というのは稀です。

そのため、別の人材で顧客に提案を行わなければならないのですが、IT知識がなければエンジニアを選定することができません。

また、不足しているスキルを別のスキルで補えるなどの代替案を提示することもできないでしょう。

これはあくまで一例ですが、IT営業は様々なシーンでIT知識が必要となるのです。

3.IT業界の営業職に向いている人の特徴

職業には向き不向きがあるように、IT営業にも適性が必要です。

ここでは、IT営業に向いている人の特徴について解説をしていきます。

転職を検討している人は、自身と照らし合わせてみましょう。

特徴①:新しいことを学ぶことが好きな人

IT技術は日々進歩していて、成長が速く、常に新しい技術や話題が飛び交っています。

そのため、IT営業はそれら最新の情報や今後の動向をキャッチしなければなりません。

こういった新しいことを学ぶことを苦に感じず、楽しめる人はIT営業に向いていると言えるでしょう。

特徴②:コミュニケーション能力が高い人

営業職にコミュニケーション能力が必要であることは多くの方がイメージされることでしょう。

IT営業においてもコミュニケーション能力は非常に重要で、欠かせない能力のひとつです。

コミュニケーション能力とは次の能力を含めたものを指します。

  • 商品やサービスを売り込む提案力
  • 要望を聞き出すヒアリング能力
  • 意図を察する理解力

単に話が上手いというだけではコミュニケーション能力が高いとは言えません。

コミュニケーションは相手との意思疎通であるため、ヒアリングや相手の意図を察する能力も必要です。

これらに自信がある人は、IT営業に向いていると言えるでしょう。

特徴③:調整能力が高い人

IT営業は、単に商品やサービスを販売するだけではなく、様々な場面で調整する力が必要です。

たとえば、次のようなケースがあります。

  • システム導入における納期の調整
  • 社内のエンジニアのスケジュール調整
  • 単価や価格の調整

システム導入では、納品日を定めることはもちろん、作業が遅延して納期が延びることがよくあります。

その際、顧客との納期の調整は営業が行うことが多いものです。

また、システム導入において、作業するエンジニアを確保するため、作業者であるエンジニアのスケジュールや他のプロジェクトとの調整を行うことがあります。

こういった場面に対応できる、調整能力が高い人はIT営業に向いていると言えるでしょう。

IT業界の営業職に転職する際に準備すること

IT業界の営業職に転職する際に準備すること

異業界へ転職する際、転職先の業界に合わせて準備をするように、IT営業にも準備すべきことがあります。

ここでは、IT業界未経験者が、IT営業に転職するために準備すべきことを紹介します。

きちんと準備を行うことで、採用面接時にアピールでき、内定も獲得しやすくなるので参考にしてください。

IT系の基本的な知識を身に付ける

これまでに解説をしてきた通り、IT営業には基本的なIT知識が必要です。

「どうやって勉強したら良いの?」と悩まれている方は、資格取得を通して基本的な知識を身に付けると良いでしょう。

基本的なIT知識を身に付けられる代表的な資格は「ITパスポート」と「基本情報技術者試験」です。

ITパスポート

ITパスポートは、ITの基本的な知識を学べる国家資格です。

毎月2回試験が実施されており、受けやすいので転職のタイミングに合わせて取得しておくのがおすすめです。

また、試験の難易度は高くないので、IT業界未経験者で知識に自信がない方は、まずITパスポートから始めると良いでしょう。

おすすめのテキスト

令和02年 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生のITパスポート教室 情報処理技術者試験
⇒イラストが豊富に使われているので、初めて見る単語でも理解がしやすい

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、ITの基本的な知識を網羅的に学べる国家資格です。

ITパスポートと試験範囲は重複している部分はありますが、その内容は深く、問題も複雑となっているため難易度は上がります。

また、開発系の問題も出題されるので、システム導入や人材派遣のIT営業に転職しようとしている人は、必ず役に立ちます。

おすすめのテキスト

令和02年 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生の基本情報技術者教室
⇒イラストで分かりやすいほか、練習問題も付いているので非常に勉強がしやすい

資格を取るならSTUDYingがおすすめ

ITパスポートや基本情報技術者の資格を取るなら、STUDYing」がおすすめです。

STUDYingは紙のテキストではなく、スマホ・タブレット・PCなどオンラインを中心に勉強できる通信講座。

専任講師による動画説明後に、一問一答形式の基礎問題集や過去問題集でアウトプットしながら学習を進めるため、効率よく学習を進めることができます。

ITパスポートと基本情報技術者の資格をまとめて取りたいなら、どちらもまとめて勉強できる「基本情報技術者 初学者コース」がおすすめです。

スタディング基本情報技術者
(引用元
STUDYing

受講料は4万円前後なので、手軽な値段で2つの資格取得を目指せます。

取り扱う商品に関連する業界について学ぶ

IT営業に転職する際、取り扱う商品によっては他の業界と関わりを持つ場合があります。

たとえば、次のようなケースがあります。

  • システム導入 → 導入先の業界
  • エンジニア派遣 → 人材派遣業界、派遣先の業界

IT業界の知識はもちろん必要ですが、顧客となる企業の業界や情勢について知識を身に付けることが必要です。

これらを身に付けることにより、顧客が抱えている問題や、喜ばれる提案ができるようになります。

「IT業界は未経験だけど、食品関連なら経験したことがある」といったように、職歴に関連する業界に携わるIT営業であれば、転職の際アピールすることもできるでしょう。

転職エージェントに登録をする

未経験業界に転職する際、心強い味方となってくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントへ登録するメリットは次の通りです。

  • 業界の最新情報を手に入れられる
  • 自分に合った企業を紹介してもらえる
  • 転職活動の対策をしてもらえる

転職活動に関連する情報は、インターネットで簡単に調べることができますが、それらの情報は最新であるとは限りません。

転職エージェントを利用すると、プロのアドバイザーが最新の情報を提供してくれ、対策もしてくれるのです。

転職エージェントの仕組み

また、転職エージェントは企業から転職成功の際に報酬を受け取るため、利用者は無料で利用することができます。

まだ転職を決めていない方も利用可能なので、とりあえず登録しておくのがおすすめです。

未経験からIT業界の営業職に転職したい人におすすめの転職エージェント

転職する際に、非常に役立つ転職エージェントですが「どれを選んだら良いか分からない」という方もいることでしょう。

そこで、ここでは未経験からIT営業への転職に強い転職エージェントを3つ紹介します。

転職エージェントは、ひとつだけしか登録できないという決まりはありません。

3~4社登録しておくと、様々な情報を入手でき精度も上がるので、気になる転職エージェントがあれば登録をしておきましょう。

転職エージェントは複数利用がおすすめ

転職エージェントはそれぞれ保有している求人が異なるため、気になったエージェントは全て登録しておくのがおすすめです。

大手転職サイト「リクナビNEXT」によると、転職成功者は平均4.2社のエージェントを併用しています。

つまり、本気で転職成功したいなら転職エージェントは3〜4社同時に登録しておいた方がいいということです。

ここで紹介する3社は全て無料で利用できますし、登録は3分ほどで簡単に完了します。

なるべく多くのエージェントで情報収集をして、失敗を防ぎましょう。

IT転職に強い「ワークポート」

ワークポート
(引用元
ワークポート

ワークポートは、ITやWebに強みを持っており、ITエンジニアだけではなく営業職も多く扱っている転職エージェントです。

アドバイザーの専門性も高く、一歩深く踏み込んだ相談ができます。

また、ワークポートは対応が非常にスピード感があるので、速く転職を決めたい人にも向いています。

未経験者でも対応してくれるため、これからIT業界へ転職しようとしている人は登録して損はない転職エージェントであると言えるでしょう。

ワークポート|基本情報

運営会社株式会社ワークポート
公開求人数約54,000件
非公開求人数約21,000件
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年6月時点)

豊富な求人情報から転職先を選びたい人は「リクルートエージェント」

リクルートエージェントは、業界大手の株式会社リクルートキャリアが運営する転職エージェントです。

取り扱っている求人数は他の転職エージェントと比べて圧倒的に多く、IT営業をはじめとした各職種や、様々な企業を紹介してもらうことができます。

そのため、「まずは色んな企業を紹介してもらってから検討したい」と考えている人におすすめです。

これから転職エージェントに初めて登録する際、どの転職エージェントすれば良いか悩む場合は、まずリクルートエージェントに登録してみると良いでしょう。

リクルートエージェント

運営会社株式会社リクルート
公開求人数約148,400件
非公開求人数約203,000件
対応地域全国+海外
料金すべて無料

(最終更新:22年1月時点)

厳選された求人情報から転職先を選びたい人は「doda」

doda
(引用元
doda

dodaは、パーソルキャリア株式会社が運営しており、アドバイザーの質が高い転職エージェントです。

アドバイザーの丁寧なヒアリングはもちろん、そこから数ある企業から厳選して提案してもらえます。

そのため「企業が多すぎて選べない」「IT営業の求人がなかなか見付けられない」と悩まず、効率的な転職活動が可能です。

在職中でなかなか転職活動に時間を取れないと悩んでいる人は、登録すると非常に心強い味方になってもらえるでしょう。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約117,100件
非公開求人数約32,700件
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

まとめ

IT業界未経験者でも、IT営業へ転職することは可能です。

その際に、以下の知識を頭に入れておくと、ライバルより一歩リードできます。

  • 販売するものによって3種類に分かれる:商品・サービス、人材、技術力
  • IT営業でもITの知識は必要
  • 営業の種類によって求められるIT知識が異なる
  • 知識を身につけたいなら「ITパスポート」「基本情報技術者試験」の資格取得がおすすめ

IT業界は成長速度が速いため、常に新しい情報を取り入れていく必要があります。

インターネットでも情報を得ることができますが、自身が知りたい情報をピンポイントで得ることができないこともあるでしょう。

そういった場合は、今回紹介した転職エージェントを利用することをおすすめします。

ワークポートIT転職に強いエージェントに相談したい人におすすめ
リクルートエージェント豊富な求人から転職先を選びたい人におすすめ
doda厳選された求人から転職先を選びたい人におすすめ

正しく準備を行い、転職活動を成功させていきましょう。

関連記事