Operated by Ateam Inc.

イーデス

ハローワークで転職できる?転職の流れやエージェントの違いも解説

最終更新日:

転職
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

「転職したいけど、ハローワークに行くべき?」「それとも民間の転職サイトのほうが良い?」と悩んでいませんか?

現在は、転職することが当たり前の時代になっており、転職支援のサービスも数多くあります。

しかし選択肢が多すぎると、どのツールを使うべきか迷ってしまうものです。

今回は、昔ながらの職業紹介機関である「ハローワーク」を利用したほうが良い人の特徴や、利用する上でのメリット&デメリット、転職エージェントとの違いを解説します。

本記事を読むことで、ハローワークを活用して転職を成功させるポイントが分かりますので、ぜひ参考にしてください。

ハローワークとは?

ハローワークは、厚生労働省による公共職業安定所です。

国が運営する職業紹介事業であり、無料でさまざまな就職サービスを受けられます

「地域に根付いた働き方がしたい」「多くの選択肢の中から職を探したい」という人などにおすすめです。

    気になる内容をタップ

    ハローワークで転職をする時に知っておきたい基本情報

    ハローワークを使って職探しをするのであれば、足を運ぶ前に「転職活動の流れはどうなるのか」「どんな求人があるのか」といった基本情報をあらかじめ把握しておきましょう。

    本章では、ハローワークで転職をする時に事前に知っておくべき情報を紹介します。

    ハローワークを使った転職の流れ

    ハローワークで転職活動をする時の流れは下記の通りです。

    • 求職登録をする
    • 求人を見て仕事を探す
    • 求人に応募する
    • 面接
    • 採用

    ハローワークには求職登録者でなければ事業名などが見られない求人があるので、まず求職登録をしましょう。

    どの仕事を選べば良いか分からなくても、ハローワークに相談すれば丁寧に対応してもらえます。

    応募する求人が決まれば、次は書類作成や面接対策です。

    ハローワークではサポーターが応募書類の添削や模擬面接などもしてくれるため、積極的に活用しましょう。

    応募した企業の書類選考が通れば面接を行い、合否を待ちます。

    一人で転職活動をする時と大まかな流れは変わらないものの、転職活動を手助けするサポートが豊富に用意されているのがハローワークです。

    スムーズに転職を進めるポイント

    ハローワークで転職活動を進めていくためのポイントは以下の3つです。

    • ハローワークの相談窓口を積極的に活用する
    • 相談したことで安心しない
    • 自分の求める条件に求人が合っているのか確認する

    このポイントに気をつければ、転職活動がスムーズに進みます。

    まず相談員とのカウンセリングがかなり重要なので、積極的な利用を心がけましょう。

    転職活動の方向性を示してくれる相談員とのカウンセリングによって、1人で問題を抱え込むことを回避できます。

    例えば希望する職種に関して複数の求人がある場合、相談員に判断を仰げば豊富な経験をもとにしたアドバイスが得られます。

    相談をすることで自分が進むべき方向性が定まるだけではなく、貴重な時間を守ることにもつながるのです。

    しかし相談をしたことで満足せず、転職のための努力を継続することが大切です。

    扱っている求人の種類

    ハローワークにはさまざまな雇用形態の求人があり、正社員からパートまで幅広い仕事を探せます。

    新卒者向けや若者向け、子育てしている女性向けなど、利用者の状況に合わせた就職先も紹介しています。

    地域に根ざした中小企業の求人を多く扱っている点も、ハローワークの特徴です。

    このように多種多様な求人があるため、仕事探しで希望する条件は遠慮なく相談員に伝えましょう。

    ハローワークでの転職が向いている人の特徴

    ハローワークでの転職が向いている人の特徴

    ここでは、ハローワークでの転職が向いている人の特徴をご紹介します。

    地域に根付いた働き方がしたい人

    ハローワークには地域に根付いた企業の求人が多く登録されています。

    そのため「居住地域で働き続けたい」と希望する人におすすめです。

    また、「地元の親族が要介護になったから、今後は一緒に暮らすためUターンして働きたい」という方にも向いているでしょう。

    ハローワークインターネットサービス」を利用すればネット上で求職登録や仕事の検索もできるため、あまり窓口へ行けない方はマイページを開設しておくと便利です。

    多くの選択肢の中から職を探したい人

    ハローワークはさまざまな職種の求人を保有しているため、多くの選択肢から仕事を選べる点も強みといえます。

    業種や職種にこだわりがない場合、「待遇面・通勤時間」などの条件面をベースとした提案を受けることも可能です。

    最低限の条件のみに絞れば就業先の選択肢がさらに広がるため、自分のポテンシャルを試す良い機会にもできます。

    雇用形態にこだわらない人

    正社員や契約社員などの雇用形態にこだわらない人も、ハローワークを利用した転職に向いています。

    ハローワークには、さまざまな雇用形態の求人が取り揃えられています。

    民間の転職エージェントを利用する場合、紹介されるのは正社員・契約社員の求人がほとんどです。

    ハローワークからは正社員や契約社員だけでなく、派遣社員やアルバイトなどの仕事も紹介してもらえます。

    雇用形態問わず仕事を探している人は、選択肢が広いハローワークを利用することで早く仕事を見つけられるでしょう。

    ハローワークで転職するメリットとデメリット

    ハローワークで転職するメリットとデメリット

    転職活動には時間も労力も使うため、スムーズに行動するには利用する転職支援サービスのメリットやデメリットを事前に把握することが大切です。

    ここでは、ハローワークを使って転職する場合のメリットとデメリットを紹介します。

    メリット(求人数が多い・転職サポートあり等)

    ハリーワークのメリットは以下の通りです。

    • 求人数が多い
    • 地域に特化した求人がメイン
    • 転職に必要な相談ができる
    • セミナーや研修が充実している

    ハローワークは居住地域近隣の求人が数多く登録されているため、近場で仕事を探したい人にはうってつけです。

    さらに、面接対策や書類の添削指導といったサポートも受けられます。

    つまり近隣の仕事を探すところから、転職を成功させるまでを支援してくれる体制が整っているのです。

    また相談員に話せばアドバイスを受けられるため、1人で抱え込むことも避けられます。

    スキルアップのための研修やセミナーも開催されるため、転職を通して自己成長につなげることも可能です。

    デメリット(大企業の求人が少ない・相談員と相性が合わない等)

    ハローワークのデメリットは以下の通りです。

    • 大手企業の案件が期待できない
    • 相談員との相性が合わないケースがある
    • 募集条件と実際の業務内容が異なる場合がある

    ハローワークは地域に特化した求人が多い反面、全国に支店を持つような大企業の求人は少ない傾向にあります。

    グローバルに活躍できる仕事や高年収条件を希望する場合は、ハローワークで求人を見つけることは困難です。

    また、相談員と相性が合わない可能性もあります。

    相談員との相性が悪かったために転職意欲が下がってしまえば本末転倒なので、早めに別の人にキャリアカウンセリングをお願いしましょう。

    そのほかのデメリットとしては、求人票と実際の労働条件や待遇が異なるケースもあるようです。

    入社してから後悔しないためにも、面接など直接企業の人と話せる機会に、気になる点をしっかり確認しておく必要があるでしょう。

    ハローワークと転職エージェントの違い

    ハローワーク転職と転職エージェントの違い

    ハローワークと比較されるのが、民間の転職エージェントです。

    ここでは、双方の違いを解説します。

    企業規模の違い

    ハローワークと転職エージェントでは、扱っている企業の規模が異なります。

    ハローワークは無料で求人を掲載できますが、転職エージェントの場合は企業側に費用が発生し、人選にお金をかける余裕のある会社が転職エージェントを利用します。

    ハローワークが地域に根付いた中小企業を多く扱っているのに対し、転職エージェントでは大手企業も多いです。

    そのため年収やキャリアのアップを目的とした転職であれば、転職エージェントの方が求人を見つけやすいです。

    転職サポートの違い

    転職サポートの仕方も違います。

    転職に必要な面接対策や書類の添削などはどちらも行っていますが、それ以外のサポートも充実しているのが転職エージェントです。

    各エージェントによって違いがありますが、「年収や待遇面の交渉」「入社時期の調整」など、ハローワークでは対応していない部分までサポートをしてくれるエージェントが多いです。

    転職エージェントを利用することでより良い条件で転職できる可能性が上がるでしょう。

    求人数の違い

    求人数にも違いがあります。

    雇用形態を問わず仕事を紹介するハローワークでは、全国的に見れば数百万件に及ぶ求人が用意されています。

    そのため、求人数に関してかなり充実しているといえるでしょう。

    それに対して転職エージェントは、求人数が各社によって異なります。

    大手エージェントであれば数十万件以上の求人を常時保有していますが、一部の業界にのみ特化しているエージェントなどでは、都市部以外の求人は0件ということもあります。

    ハローワークより手厚い転職サポートを受けつつ多くの選択肢の中から仕事を選びたい場合は、求人を多く保有するエージェントの利用がおすすめです。

    ハローワークと併用するならこの転職エージェントがおすすめ

    特徴の異なるハローワークと転職エージェントですが、併用すればさまざまなメリットがあります。

    ここでは、ハローワークとの併用におすすめな転職エージェントを紹介します。

    多くの求人を確認したい人は「リクルートエージェント」

    豊富な求人数から選びたい人は「リクルートエージェント」がおすすめです。

    業界最大級の求人保有数を誇るため、就職先の選択肢と可能性を広げることができます。

    また同エージェントは業界最大手なだけあり、数多くの転職者をサポートした実績があります。

    今まで支援してきた転職者の成功・失敗データをフルに活用し、質の高い転職サポートであなたの転職を成功に導いてくれるでしょう。

    「民間の転職エージェントを利用したいけど、どこに登録したら良いか分からない」という方は、まずリクルートエージェントに登録してみてはいかがでしょうか。

    リクルートエージェントの基本情報

    運営会社株式会社リクルート
    公開求人数

    約364,000件

    非公開求人数約228,000件
    対応地域全国+海外
    料金すべて無料
    公式サイトhttps://www.r-agent.com/

    (最終更新:24年2月時点)

    20代・30代の転職なら「マイナビエージェント」

    20代・30代で転職を考えている場合は、「マイナビエージェント」がおすすめです。

    若手の転職支援に力を入れているため、「スキルに自信がない」など、若い世代ならではの悩みに親身に対応してくれます。

    また、中小企業やベンチャー企業の求人も多く保有しているため、若手でも重要なポジションを任せてもらえる求人が紹介される可能性もあります。

    若い世代のサポートに力を入れているエージェントを希望するなら、「マイナビエージェント」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

    マイナビエージェント|基本情報

    運営会社株式会社マイナビ
    公開求人数非公開
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年2月時点)

    充実したサポートを受けたい人は「doda」

    doda
    (引用元
    doda

    doda」は手厚いサポートに定評のある転職エージェントです。

    「他の求人も紹介してほしい」という要望に何度も応えてくれたり、過去のデータから面接の質問を予測してくれたりと、あなたの転職を成功させるために全力でサポートしてくれます。

    また、面接の日程調整といった企業とのやり取りも代行してくれるため、転職活動に割く時間を短縮可能です。

    「dodaの担当者とやり取りする時間がもったいない」と感じる方は、キャリアカウンセラーを介さずに自分で求人に申し込むこともできます。

    求職者の状況や考えによってさまざまな活用ができる、柔軟な体制が整っているエージェントといえるでしょう。

    doda|基本情報

    運営会社パーソルキャリア株式会社
    求人数

    200,000件以上(非公開求人を含む)

    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年2月時点)

    まとめ

    ハローワークで転職をする場合に、事前に把握しておくべきポイントは下記のとおりです。

    • ハローワークでは仕事紹介のほか転職支援もしてもらえる
    • 相談員に転職についての相談ができる
    • 地域に根付いた中小企業の求人がメイン
    • 労働条件や職種などの選択肢が幅広い
    • 大手企業の求人は少ない
    • 相談員との相性に注意しなければならない
    • 募集条件と実際の業務内容が異なる可能性がある
    • 民間の転職エージェントと併用すると良い

    ハローワークと転職エージェントは、転職支援をしているという点では同じですが、メリットやデメリットなどが異なります。

    上手く両方を活用すればそれぞれの利点を活かした転職活動ができるので、希望する転職先と出会える確率も上がるでしょう。

    ハローワークとの併用におすすめの転職エージェントは「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」「doda」の3つです。

    よりよい転職のために、ぜひ活用してみてください。

    転職活動についての関連記事

    転職の関連記事

    • Facebook
    • x
    • LINE

    © 2022 Ateam LifeDesign Inc.