Operated by Ateam Inc.

イーデス

退職を引き止められた時の対策と後悔しない生き方|会社に残った時はどうするべき?

最終更新日:

退職代行のおすすめサービス
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

「退職したいけど、引き止めにあったらどうしよう」と悩んでいませんか。

退職を決意してその旨を伝え、上司に「抜けたら困る」「辞めたら後悔するぞ」などと言われると、気持ちが揺らいでしまうこともあるでしょう。

就業先がブラック企業の場合は「辞めたら損害賠償を請求する」などと脅してくる可能性もあるため、余計に心配になるかもしれません。

そこで本記事では、以下のような退職に関する内容について詳しく解説します。

  • よくある退職の引き止め例と対策
  • 会社が退職を引き止めてくる理由
  • スムーズな退職をするための事前準備
  • 退職が難航しそうな時の対策

ぜひ本記事を一読し、スムーズな退職を実現させてください。

どうしても退職できない場合は「退職代行ガーディアン」がおすすめ

退職代行ガーディアン」は、退職の手続きをすべて代行してくれるサービスです。

サービスに申し込んだ後は退職の手続きを全て代わりに行ってくれるので、会社に出向く必要がなく、上司や同僚と顔を合わせずに辞められます。

労働組合が運営しており、退職成功率100%の実績もあるため、ほぼ確実に会社を辞められます。

会社を辞められずに悩んでいる方は、ぜひ活用してみてください。

退職代行ガーディアン|基本情報

運営組合東京労働経済組合
対応エリア全国
料金24,800円(税込)
追加料金なし
相談方法LINE・電話
支払方法クレジットカード
銀行振込
(最終更新:23年9月時点)

    気になる内容をタップ

    よくある退職の引き止め例6つと対策

    会社から退職の引き止めにあうと、決心が揺らいでしまうことも少なくありません。

    自分の意志を貫くためには、あらかじめよくある引き止めの例を押さえておくことが大切です。

    ここでは、一般的によくある引き止めを具体例とともに解説します。

    例1.年収アップなど待遇面の交渉をされる

    「給料を上げる」「手当てをつける」など、待遇面の改善を条件にして引き止められるケースは多いです。

    良くない待遇で従業員を働かせている会社にとっては、一番手っ取り早い説得方法です。

    待遇を改善するから残って欲しいと言われても、口約束だけの可能性があるため注意が必要です。

    本当に改善してくれるなら残っても良いと思える場合は、会社側に労働契約書を更新してもらうなど、具体的な対応をしてもらいましょう。

    労働契約書の更新を依頼した際に「生意気だ」と反論されたり、「そのうち対応する」とはぐらかされる場合は、口約束だけの可能性が高いでしょう。

    例2.退職の時期を引き延ばされる

    具体的に「〇日に退職します」と申し出たにもかかわらず、退職の時期を引き延ばされる場合もあります。

    繁忙期であれば仕方がない面もありますが、会社側が退職の件を「なかったこと」にしようとしている可能性もあります。

    退職日の引き延ばしを打診された場合は、就業規則を確認して「退職日を引き延ばすメリットがあるのか」考えましょう。

    在籍期間が少し違うだけで賞与をもらえたり、有給休暇の付与により有給を消化してから退職できる可能性があります。

    もし会社の意向に従う場合は、退職日を延長することでいつのまにか「退職がなかったこと」とならないように注意しましょう。

    もちろん心身が限界であれば、無理をして退職を延期する必要はありません。

    例3.異動を打診される

    退職を申し出したところ、異動を打診されるケースもあります。

    この場合環境が変われば退職を辞退してくれるかもしれない」と期待されている可能性があります。

    異動を打診された場合は、下記の2点について考えてみましょう。

    • 退職したい理由が異動によって根本的に解決するか
    • 再度同じ部署に戻される可能性はないか

    「保育園の迎えに間に合わせるため、残業を控えたい」「営業はノルマが辛いため事務をしたい」といった場合は、異動によって問題を解決できる可能性があります。

    しかし、せっかく異動をしても再度部署を戻されてしまっては元も子もありません。

    とくに転職が難しい40~50代になってから「前の部署へ戻ってくれ」と言われてしまった場合は、過去の選択を後悔する可能性が高いです。

    再び異動で戻ってきてしまう可能性がある場合は、退職の意志を貫くほうが安全といえるでしょう。

    例4.退職のデメリットを強調される

    「退職してもなかなか仕事は見つからない」「他で活躍するにはまだスキル不足」など、退職のデメリットを強調して引き止められるケースもあります。

    これは自信を喪失させ、会社に縛りつけることが目的です。

    退職するデメリットを強調された場合、まず相手の話をひととおり聞いてみましょう。

    上司の転職の有無によって「転職をしたことがなく憶測で説得しているのか」「転職を経験したうえでアドバイスしてくれているのか」が分かります。

    退職のデメリットを強調してきたにも関わらず上司に退職・転職の経験がない場合、憶測で説得している可能性が高いでしょう。

    例5.情に訴えかけられる

    上司に泣きつかれてしまうなど、情に訴えかけられることで退職を止められるケースもあります。

    このような引き止め方をされるのは、会社側に余裕がなく「待遇を上げる」「異動や休職を打診する」といった対処ができないためと考えられるでしょう。

    お世話になった人や信頼できる上司から情に訴えかけられてしまうと、決心が揺らいでしまうかもしれません。

    しかし、大切なのは一時の感情ではなく、あなた自身の意思と未来です。

    「上司に悪いから…」という理由だけで会社に留まるのは避け、現在の状況や将来について再考し、自分の意思で行動を決断しましょう。

    例6.脅される

    ブラック企業やパワハラ気質の上司に退職を申し出ると、脅されてしまい、なかなか退職できないこともあります。

    脅しによる引き止めは、立場が弱い人を萎縮させて、退職や転職に関する行動を制限させるのが目的と考えられます。

    脅しを受けると行動するのが怖くなってしまうかもしれませんが、労働者は自由に退職する権利を与えられています。

    例えば「正社員」「無期雇用派遣」など、期間の定めのない労働者は、退職の申し出をしてから2週間を過ぎれば雇用契約が終了します。(参考元:民法第627条|e-Gov法令検索

    退職の際に明確な理由なく「損害賠償を請求する」と脅すのは、本来あってはならないことです。

    ひどい脅しを受けている場合は、労働基準監督署などに相談することも手段のひとつです。

    就業規則に退職の規定がある場合は?

    就業規則で「退職は〇ヶ月前までに申し出る」と定められているケースも多いですが、基本的には就業規則よりも法律が優先されます。

    なお「精神的に限界だから、すぐにでも辞めたい」「パワハラ気質の会社が恐ろしくて退職できない」という場合は、退職のプロにすべてを任せて即日退職するという手もあります。

    詳しくは「退職の引き止めで難航しそうな時」で解説しています。

    そもそもなぜ説得される?退職を引き止められる理由5選

    そもそもなぜ説得される?退職を引き止められる理由5選

    退職の引き止めを避けるためには、なぜ会社が引き止めようとするのかを事前に把握しておくことも有効です。

    理由を把握しておけば、相手の説得に対する切り返し方をあらかじめ準備できるため、引き止めにあってもスムーズに退職できるでしょう。

    ここでは、退職を引き止められる具体的な理由を解説します。

    理由1.上司の管理責任が問われる

    部下が退職すると、直属上司の評価が下がる場合があります。

    離職者が多いと、上司の管理責任を問われるためです。

    普段は部下に強く当たる上司が退職の申し出をした途端、急に優しくしてくることも少なくありません。

    しかし、それは上司が自分の立場や評価を守りたいだけという可能性があります。

    退職を撤回した場合は元通りになる可能性が高いでしょう。

    理由2.人手不足になる

    単純に人手が足りないために、引き止められるケースも多いです。

    もともと人手不足の職場は、一人あたりの業務負担が大きい傾向にあります。

    場合によっては、一人の退職が職場の閉店・閉鎖に繋がってしまう可能性すらあります。

    一人の退職が命取りになるような人材不足の職場は、かなり強く引き止められることを想定しておきましょう。

    理由3.人員補充や教育の手間がかかる

    退職者が出ると、会社は人手が足りなくなるだけでなく、下記2つの業務に追われます。

    • 求人を出して人員を補充する
    • 新人へ教育をする

    現場が人手不足に陥っている最中に、これらの業務をこなすことは大変です。

    そのため、戦力となっている人材に対しては、何とか退職を引き止めようとする傾向にあります。

    理由4.都合良く扱える部下に逃げられたくない

    あなたが上司に下記のような扱いをされている場合、都合の良い部下になっている可能性があります。

    • 上司のミスをなすりつけられている
    • 自分の手柄がいつの間にか上司の手柄になっている
    • 本来はやらなくて良いはずの上司の雑務を押し付けられている

    「都合が良い部下」は、上司としては手放したくないでしょう。

    部下を都合良く扱う上司は、指導して部下の能力を伸ばすのではなく、部下から時間や労力を搾取することを重視して考える傾向にあります。

    あなたを都合よく扱う上司と一緒に働いても、プラスになることはあまりないでしょう。

    理由5.社員の将来を考えている

    部下の将来を真剣に考えて、退職を止めようとする上司もいます。

    例えば、文系大学出身で中年層の部下が突然「これから医者を目指すので退職します」と、現実的にかなり難易度が高いことを言ってきたとします。

    部下のことを真剣に考えている上司であれば、事務的に対応するのではなく止めようとするでしょう。

    もし上司が利害関係なしに引き止めてくれていると感じるのであれば、相手の思いを汲んで説得に耳を傾けてみることも手段のひとつです。

    そのうえで、自分の状況が下記に当てはまっている場合は、今一度本当に退職して大丈夫かを客観的に考えることをおすすめします。

    • 上司が人間的に尊敬できる良い人である
    • 上司の言うことが正論である
    • 自分が退職したいと考える理由が、一般的には無謀である
    • しばらく生活していくだけの貯金がない

    スムーズな退職のためには事前準備も大事

    スムーズな退職のためには事前準備も大事

    スムーズに退職するためには「退職がなかったことになっていた」「退職日をだらだら引き延ばされた」ということがないよう、事前準備をしておくことが大切です。

    ここでは、スムーズな退職へ向けた事前準備について解説します。

    退職日を決めておく

    退職日を引き延ばされそうな時は、あらかじめ退職日を決めてから会社に申告しましょう。

    会社に退職を申告する時には、すでに転職先や就業開始日が決まっている状況がベストです。

    なぜなら次の勤め先が決まっている以上、会社も強く引き止めづらくなるからです。

    就業規則で「退職は3ヶ月以上前に申し出ること」といった期間の定めがある場合は、規定に則って退職日を決めると良いでしょう。

    また会社に就業規則や退職に関する決まりがない場合、一般的な民間企業の正社員であれば退職する2週間前に会社へ申告すれば、法律上問題ありません。(参考元:民法第627条|e-Gov法令検索

    書面で退職願・退職届を出す

    会社から「退職の旨を聞いていない」などと言われてトラブルにならないよう、退職を表明する書類を提出しましょう。

    民間の社員が退職する時に書く書類は「退職届」「退職願」の2種類があり、それぞれの違いは下記のとおりです。

    • 退職願…会社に退職を願い出るための書類。却下される可能性もある
    • 退職届…自分の退職を通告するための書類。会社に退職の可否は問わない
    参考
    退職願と退職届の違いとは – 正しい書き方と提出手順|マイナビクリエイター

    退職届のほうが強い効力がありますが、いきなり退職届を出した場合、会社側とトラブルになる可能性もあります。

    そのため、円満退職したいのであれば退職願を提出することをおすすめします。

    反対に、何度も引き止めに合っている場合は、退職届を提出することも手段のひとつです。

    また、会社に退職届を出した証拠を残すために「コピーをとっておく」「上司のメールアドレス宛に写真データも送付しておく」といった対策をとれば、なお安心です。

    退職届の書き方は?

    退職届は、会社独自のフォーマットが用意されているケースが多いですが、自分で白無地の紙や白便箋を使って作成しても問題はありません。

    「具体的に自分で書く方法を知りたい」「見本を見たい」という方は、下記関連記事をご覧ください。

    退職経験者の情報を収集する

    すでに会社を退職した同期や先輩がいる場合は、連絡を取ってみるのも有効です。

    「どのような引き止めをされたのか」「どのような理由で退職を納得してもらえたのか」という情報は、退職を切り出す際に役立ちます。

    また、退職した知人がいない場合は「転職会議」などの口コミサイトで自分が勤めている企業を調べてみましょう。

    退職をした時にどのような出来事があったか、情報を得られる可能性があります。

    引き止められやすい退職理由を避ける

    下記のような退職理由の場合、引き止められる可能性が高いため注意が必要です。

    退職理由引き止めの内容
    人間関係が辛いどこへ行っても同じだ
    給料が上がらないもっと努力してみたらどうだ
    業務量が多すぎる仕事が少なくて経営の先行きが怪しい会社よりは良いだろう

    退職を切り出す際は、「退職しても仕方がない」と思われるような納得感の高い理由を考えましょう。

    例えば「今の会社にいては実現不可能な目標があるため退職したいという」理由は、引き止めづらいです。

    具体的には「特定の技術を身につけたいが、今の会社が受注している案件では対応できない」と言われてしまえば、上司も引き止めづらいでしょう。

    そのほか、異業種や異職種への転職を理由にすることも手段のひとつです。

    退職の引き止めで難航しそうな時の対処法

    ここまで、上司に口頭で退職を申し出ることを前提として解説してきました。

    しかし「就業先がブラック企業」「上司がパワハラ気質」などの理由で、怖くて退職の申し出ができない人もいるのではないでしょうか。

    退職届や貸与品を全て会社へ郵送したとしても、「家に会社の人が押しかけてきたらどうしよう」「離職票を送ってもらえなかったらどうしよう」と不安になるかもしれません。

    退職が難航してしまう場合は、退職代行会社に全てを任せてしまうことも手段のひとつです

    基本的に即日退社できるので、どうしても精神的に出社が厳しい場合もぜひ利用を検討してみてください。

    「退職代行ガーディアン」を利用すればスムーズに退職可能

    「就業先がブラック企業だから円満退社が難しい」「自分で手続きする余力が残っていない」という方は、退職代行サービスを利用しましょう。

    退職代行ガーディアン」はサービスに申し込んだ時点で、退職の手続きを全て代わりに行ってくれるので、会社に一切出向かずに辞められます。

    これまでの退職成功率は100%なので、「ほぼ確実に辞められる」と考えて良いでしょう。

    料金は業界最安の24,800円(税込)で、追加料金が一切かからない点も安心です。

    会社側が「絶対に辞めさせないぞ」と強気の姿勢でいる場合、なかなか辞めさせてもらえず、心身がどんどん疲弊してしまう可能性があります。

    ましてや相手がブラック企業の場合、一般社会の常識は通用しません。

    どうしても自身で退職を伝えるのが困難であるならば、退職代行を使って少しでも早く会社から離れ、安心を掴み取ることをおすすめします。

    退職代行ガーディアン|基本情報

    運営組合東京労働経済組合
    対応エリア全国
    料金24,800円(税込)
    追加料金なし
    相談方法LINE・電話
    支払方法クレジットカード
    銀行振込
    (最終更新:23年9月時点)

    退職代行を使う前の不安を解決!

    退職代行を利用するにあたり、不安が残る方も多いでしょう。

    退職代行を利用する際に、気になる疑問点を以下にまとめました。

    Q1.退職代行って法的には大丈夫なの?

    退職代行サービスは、決して違法なサービスではありません。

    中には運営元が怪しいサービスもありますが、退職代行ガーディアンは労働組合が運営しているため、法律的な心配はありません。

    Q2.就業規則に「○ヶ月前までに報告」とあるけど問題ない?

    就業規則に書かれている内容はあくまでも会社が決めたルールであって、法律では2週間前までに退職を伝えれば辞められます。

    会社側も「辞める社員の社会保険料などを払うのがもったいない」と考え、ほとんどの場合で即日退社を認めてくれます。

    もし辞めさせてもらえない場合も、2週間欠勤扱いにして退職できるので、ほとんどのケースで即日退職が可能です。

    Q3.会社側から引き止めの連絡はこない?

    会社からの連絡は、全て退職代行サービスの担当者が代わりに引き受けてくれます。

    会社側が退職の引き止めをしてきても「〇〇さんは体調を崩しており、連絡が難しいようです」というように、状況に応じてうまく話を流してもらえます。

    Q4.退職代行に登録した後の流れは?

    退職代行に連絡したあとは、以下の流れで退職を進めていきます。

    退職代行を使った退職の手順

    • 無料相談
    • 料金支払い
    • 退職代行サービスと打ち合わせ(ラインや電話など)
    • あとは退職代行サービスに全てお任せ

    会社とのやりとりは、全て退職代行サービスが代わりに行ってくれます。

    自分で行うのは保険証等の返却物の郵送のみです。

    分からないことがあってもスタッフが丁寧に教えてくれるので、安心して利用できるでしょう。

    Q5.退職代行サービスの評判は?

    以下に退職代行サービスの口コミをまとめたので、ぜひ確認してみてください。

    退職代行サービスの口コミ

    50代/男性(会社員)

    スムーズに退職できた

    電話したのが夕方過ぎだったので、翌日退社することになり。こちらからは何もすることはないので安心してくださいと言われました。

    入社して1週間だったので、会社に私物などもほとんどおいていないため、退職届を出していただき、無事退職。

    離職票などは1週間くらいで自宅に郵送されてきました。

    (イーデス調査)

    退職代行サービスの口コミ

    40代/男性(正社員)

    こんなに早く辞められるんだ…

    正直こんなに早く解決出来るんだ‥と驚きました、私の場合は2日で解決したので今まで退職をしたいと会社側に自分で告げてきた期間は何だったのだろうと呆気に取られてしまいました。

    (イーデス調査)

    退職代行サービスの口コミ

    20代/女性(正社員)

    余計なやりとりがなく辞められた

    何より対応が早く、余計なやりとりが何一つなく辞められました。

    夜中でもきちんと返信が来ましたし、利用者を第一に考えているのがものすごく伝わってきました。

    退職後も、転職についての心配をしてくださいましたし、本当に信頼できると感じました。

    (イーデス調査)

    「会社を早く辞めたい…」という気持ちで身動きがとれなくなってる人には、きっと救いのサービスになるはずです。

    どうしても退職を伝えられずに悩んでいるのなら、相談だけでも試してみてください。

    まとめ

    よくある退職の引き止めは、下記の6つです。

    • 年収アップなど待遇面の交渉をされる
    • 退職の時期を引き延ばされる
    • 異動を打診される
    • 退職のデメリットを強調される
    • 情に訴えかけられる
    • 脅される

    なお、退職を引き止めるのは「人手不足になるから」「人員補充の手間がかかるから」といった会社側のデメリットが理由であることが多いです。

    事前に「どのような理由でどのような引き止め方をされるか」を想定しておけば、引き止めを恐れる必要はありません。

    スムーズな退職をするために、しておくべき事前準備は下記のとおりです。

    • 退職日を決めておく
    • 書面で退職の旨を伝える
    • 退職経験者の情報を収集する
    • 会社側が引き止めにくい退職理由を伝える

    上記のポイントを押さえておけば、滞りなく退職手続きを進められるでしょう。

    また「どうしても退職が難航しそう」という場合は、本記事で紹介した下記のサービスもぜひご活用ください。

    本記事で紹介しているサービス特徴
    退職代行ガーディアンあなたの代わりに退職を代行してくれる

    転職活動についての関連記事

    退職代行のおすすめサービスの関連記事

    退職代行おすすめ比較!安心して利用できるサービスの選び方を徹底解説
    退職代行のおすすめサービス

    退職代行おすすめ比較!安心して利用できるサービスの選び方を徹底解説

    2024年4月11日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    退職届を出すタイミングは?提出の流れやスムーズに辞める手順を解説
    退職代行のおすすめサービス

    退職届を出すタイミングは?提出の流れやスムーズに辞める手順を解説

    2024年5月8日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    【サービス終了】「退職のススメ」評判・口コミと知っておくべき全注意点
    退職代行のおすすめサービス

    【サービス終了】「退職のススメ」評判・口コミと知っておくべき全注意点

    2024年5月8日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    利用前に確認!退職代行NEXTの気になる評判と知っておくべき注意点
    退職代行のおすすめサービス

    利用前に確認!退職代行NEXTの気になる評判と知っておくべき注意点

    2024年5月8日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    退職代行jobsの口コミ・評判は?利用がおすすめの人やデメリット・注意点も解説
    退職代行のおすすめサービス

    退職代行jobsの口コミ・評判は?利用がおすすめの人やデメリット・注意点も解説

    2024年4月24日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    利用前に確認!退職代行「辞めるんです」の気になる評判・注意点を解説
    退職代行のおすすめサービス

    利用前に確認!退職代行「辞めるんです」の気になる評判・注意点を解説

    2024年4月24日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    • Facebook
    • x
    • LINE