Operated by Ateam Inc.

イーデス

40代未経験でプログラマーに転職するには?成功のコツやおすすめスクールも紹介

最終更新日:

ITエンジニア転職
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

「40代でプログラミングを始めるのは遅い?」
「転職したら、これまでの経歴が無駄になってしまう?」

など、40代未経験でプログラマーに転職したいと思っても不安は多いでしょう。

結論から言うと、40代未経験からプログラマーに転職するのは難易度が高いものの、不可能ではありません。

ただし、独学では難しいのでプログラミングスクールに通ったり、転職するならエージェントに相談することが大切です。

この記事では、必要なスキルを紹介した上で、40代未経験からプログラマー転職を成功させるコツを解説します。

監修者 守田典男さん

守田さん

40代で未経験からプログラマーを目指すのは非常に難しいです。
多くの若い人もプログラマーを目指していることを考えると、企業から考えれば 育成がしやすく将来性のある若手を選ぶのは必然です。
しかし、40代からプログラマーに決してなれないわけではありません。
IT技術の進化が著しい中、他の人にはない最新技術を得たり、 若い人にはない経験をアピールすれば、プログラマーになれる可能性はあります。
ぜひあきらめずにプログラマーを目指してください。

40代未経験からプログラマーを目指すなら「リクルートエージェント」に相談しよう

「40代でプログラマーになりたい」なら、幅広い年代に対応しているリクルートエージェント」の利用がおすすめです。

リクルートエージェントはIT業界の転職にも力を入れており、求人数も豊富です。

キャリアの相談から、希望にあった求人紹介など、様々なサポートを無料で受けることができるので、ぜひ気軽に登録してみてください。

気になる内容をタップ

40代未経験でプログラマーに転職するために必要なスキル

ここでは、40代未経験でプログラマーに転職するために必要なスキルを2つ紹介します。

40代未経験でプログラマーに転職するために必要なスキル

①プログラミングスキル

プログラミング言語を学習する前に、業務によって必要な言語が異なることを知っておきましょう。

プログラマーとして自分の転職したい企業や業種が明確である場合、その開発現場で使用されている言語を習得するのがおすすめです。

まずは、何か1つプログラミング言語をマスターしましょう。

もちろん、複数のプログラミング言語を学ぶことも大切ですが、未経験の方は何か1つマスターすることが大切です。

プログラミング言語により文法や考え方が異なるため、あれもこれもと手を出すと習得に時間がかかります。

下記の表では、代表的なプログラミング言語と業務、習得難易度をまとめています。

プログラミング言語用途習得難易度
HTML/CSSWebサイト制作やさしい
PHP
詳細記事
Webシステム(バックエンド)普通
JavaScriptWebシステム(フロントエンド)、ゲーム開発普通
Ruby
詳細記事
Webシステム(バックエンド)普通
Python
詳細記事
AI開発、ディープラーニング普通
SwiftiOSアプリ開発普通
Java
詳細記事
システム開発、組込み開発、Androidアプリ開発高い
COS、システム開発、組込み開発高い
C**システム開発高い
C#システム開発、Unityゲーム開発高い

初心者の方で転職したい企業や業種が明確でない場合、習得が容易なHTML/CSSから始め、JavaScriptやPHPといったWebシステム開発のスキルを身につける流れがおすすめです。

なお、習得難易度が高い言語や、今後需要が高まる言語ほど平均年収も高くなる傾向にあります。

ある程度プログラミングスキルが身についてきたら、習得難易度が高い言語に挑戦するのもよいでしょう。

②コミュニケーションスキル

40代からプログラマーに転職するなら、コミュニケーションスキルも必要です。

プログラマーは、多くの人とコミュニケーションをとりながら業務を行っていきます。

コミュニケーションスキルがないと、業務を円滑に進められないため「扱いにくい人」という印象を与えてしまいます。

プログラマーの中にはコミュニケーションが苦手な人も多いので、コミュニケーションスキルがある人は重宝されるでしょう。

40代未経験のプログラマー転職でマネジメントスキルは有利になる?

40代未経験のエンジニア転職でマネジメントスキルを活かすことは難しいでしょう。

マネジメントスキルは経験が必要であり、入社したばかりの未経験者にチームメンバーやスケジュールの管理を任せることは稀だからです。

40代未経験のプログラマー転職では、技術スキルを重視されることが一般的です。

もしマネジメントスキルを活かせる場を探しているのであれば、経験やスキルを積んでから挑戦する必要があります。

例えば、プロジェクトマネージャーなどの職種はエンジニアやSEとしての経験が必要とされます。

40代からプログラマー転職を成功させるコツ

40代からプログラマーへの転職を成功させるには、どのようなことを意識すれば良いのか確認しておきましょう。

やみくもに求人に応募しても採用される可能性は低いため、事前にしっかりと対策を練っておくことが大切です。

以下の5つのコツを確認し、プログラマーへの転職を成功させましょう。

40代のプログラマー転職を成功させるコツ

独学では難しいためプログラミングスクールで勉強する

40代の未経験からプログラマー転職を目指すなら、独学だけで学習するのは難しいでしょう。

確実に実力をつけていくためには、オンライン学習やプログラミングスクールに通うことがおすすめです。

まずは基礎だけ学びたいなら「Progate」

プログラミング経験0ならプロゲート
(引用元
Progate

Progate」は、「まずは独学で基礎を学びたい」という人におすすめのオンライン学習サイトです。

ブラウザ上で実際にコードを書きながら学べるサービスで、RubyやPHPなどのWeb系を中心に、多数のプログラミング言語を習得できます。

初歩的なレッスンなら無料で学べるので、まずは試しに使ってみるのもおすすめです。

登録は1分ほどで完了し、すぐに学習をスタートできます。

入門から基本まで学べる有料コース(月額1,078円)もあるため、ステップアップすることも可能です。

時間や場所に縛られない自由な学習方法でプログラミングを習得したい人は、ぜひ利用してみてください。

プロゲート|基本情報

運営会社株式会社Progate
対象地域全国
受講形態オンラインのみ
料金基本0円(プラス会員は月額990円~)

(最終更新:23年8月時点)

完全独学が不安なら

「独学で勉強したいけど、完全に一人で勉強をするのは不安」という方は、独学コースがある「忍者CODE」の受講がおすすめです。

忍者CODE
(引用元
忍者CODE

忍者CODEの特徴

  • テキスト業界最安クラスの98,000円(税込)で独学できる(分割9,800円/月の支払いも可能)
  • 原則無期限でチャットサポートが受けられる
  • 24時間slackで相談可能
  • 講師はメンター経験豊富な現役クリエイター

プログラミングスクールの中では珍しい「独学プラン」が用意されており、業界最安値の98,000円で受講できます。

「独学プラン」は買い切り型なので、一度申し込んでしまえば無期限でチャットサポートや学習コンテンツが利用可能です。

わかりやすいと定評がある動画教材を使って、体系的に勉強を進めることができます。

また、24時間いつでも質問できるチャットサポートがあるため、学習中の疑問をすぐに解消できます。

その他にも、忍者CODEでは転職や副業のサポートを受けられるプランもあるので、興味のある方はそちらも検討してみてください。

忍者CODE|基本情報

運営会社株式会社ラグザス・クリエイト
受講形態オンライン
対象地域全国
年齢制限

なし

受講料(税込)

・挫折させない独学プラン:98,000円(税込)

 ┗追加費用なしの買い切り型

※その他、転職・副業サポートありのプランもあり

学べる言語・技術

bootstrap・JavaScript・Git HTML/CSS3・ RubyRuby・Figma・MariaDB・Flask・Spring・Java・PHP・MySQ・jQuery・Python

受講期間無期限

(最終更新:24年1月時点)

講師に教えてもらいたいなら「テックアカデミー」

テックアカデミー」は、オンライン授業が受けられるプログラミングスクールです。

現役エンジニアがマンツーマンでサポートしてくれるコースもあるため、初心者でも学習を進められます。

副業向けやフリーランス向け、プログラミング言語別などさまざまなコースがあるため、自分に合ったコースを選びやすいでしょう。

何を学習すれば良いかわからない人は、相談してコースを決めることも可能です。

2週間で学べるコースもあるため、短期間で学習したい人も利用できます。

講師に教えてもらいながら学習を進めたい人は、テックアカデミーを利用してみてください。

テックアカデミー|基本情報

運営会社キラメックス株式会社
受講形態オンラインのみ
対象地域全国どこでも
年齢制限

なし

※エンジニア転職保証コースは32歳以下に限り転職を保証

受講料(税込)

174,900円(税込)〜

※12週間Liteプラン139,700円(税込)~もご用意

学べる言語

PHP・Java・Ruby・HTML5/CSS3・SQL・JavaScript・Python・Swift・Kotlin・Unity・C#・Scala

勉強時間の目安週20~25時間(8週間コースの場合)

(最終更新:23年9月時点)

他のスクールも検討したい人は?

その他のスクールも検討したい人は「エンジニアにおすすめのプログラミングスクール11社を比較!オンライン・無料講座も紹介」も参考にしてみてください。

監修者 守田典男さん

守田さん

40代未経験だと、転職は非常に厳しいです。
可能性があるとすれば、他の人にはないスキルをもっていることです。
例えば、ニッチなプログラミング言語が扱えるとか、AI、IoTなど最新技術が扱える、などです。このようなスキルを身につけ、しっかりアピールすることが大切です。

ポートフォリオを作成する

未経験からのプログラマー転職では、実績をアピールできないため、ポートフォリオを作成しましょう

ポートフォリオは、プログラミングスキルを証明する成果物なので、スキルレベルをアピールできます。

プログラミングを勉強したと伝えても、採用担当者はどれくらいのスキルを持っているのか判断できません。

実際にポートフォリオを提出すれば、「実務は未経験でも、ここまでできるのか」と納得してもらえるでしょう。

ポートフォリオ作成までのステップ

  • プログラミングの基礎を学ぶ(Progateなどで学習)
  • 既存のWebサイトやシステムを模写する(実践練習)
  • ポートフォリオを作成する(オリジナル作品の作成)

ポートフォリオを作成するためにも、「テックアカデミー」などのプログラミングスクールを利用するのがおすすめです。

40代未経験でもプログラマー転職を成功させるために、ポートフォリオの作り方は確認しておいてください。

派遣やアルバイトで経験・実績を積む

40代の未経験からプログラマー転職を成功させるには、いきなり正社員を目指すのではなく、派遣やアルバイトで経験を積むのもおすすめです。

正社員のプログラマーを求めている企業は、若手社員を採用するケースが多いため、採用されなければ経験を積む機会を得られません。

より早く経験・実績を積むためには、派遣やアルバイトでも実際に仕事を始めてみることがおすすめです。

しかし、派遣やアルバイトでは重要な仕事を任せてもらえない可能性があるため、スキルアップをするのは難しい可能性があります。

派遣やアルバイトとして働きながら、自分自身でもスキルアップのための学習を進めておくと良いでしょう。

転職エージェントを利用する

プログラマーへの転職を成功させたいなら、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントを利用すれば、業界に詳しいアドバイザーがサポートしてくれるので、転職成功率が上がります。

転職エージェントの仕組み

転職エージェントを利用すれば、以下のサポートを無料で受けられることがメリットです。

転職エージェントを利用するメリット

希望に合った求人を紹介してくれるのはもちろん、書類作成や面接対策などのサポートもしてくれます。

また、待遇面の詳細について教えてもらえたり、年収交渉を代行してくれたりするため、希望に近い待遇で転職できる可能性があるでしょう。

手厚いサポートを受けながら転職活動を行いたい人は、ぜひ転職エージェントを利用してみてください。

40代からプログラマーに転職するなら転職エージェントは必須

40代からプログラマーに転職する場合、年齢が高いことから応募できる求人が限られます。

そのため、確実に転職するためにも転職エージェントの利用は必須です。

40代からのプログラマー転職におすすめの転職エージェントは、以下の2つです。

リクルートエージェント
  • 業界トップクラスの求人数
  • 幅広い業界の求人を保有
doda
  • 転職者満足度No.1の実績あり
  • 転職サイトとしても気軽に求人を探せる

転職エージェントは複数登録がおすすめ

転職エージェントは求人数、得意分野、サービス内容が異なるので、2〜3社登録しておくのがおすすめです。

多くの求人を見た方が希望にあった転職先が見つかりやすいですし、気の合うアドバイザーに出会える確率も高くなります。

ここで紹介するエージェントは全て無料で利用可能なので、気になるエージェントは全て登録しておきましょう。

豊富な求人から転職先を選びたいなら「リクルートエージェント」

リクルートエージェント」は、業界トップクラスの求人を誇る転職エージェントです。

求人数が多いため、あなたに合った求人を見つけやすいです。

40代以上対応のエージェントは少ないですが、リクルートエージェントは20代〜50代と幅広い年代で利用可能です。

非公開求人も豊富なので、好待遇の求人と出会える可能性があります。

非公開求人とは

「豊富な案件から自分に合った求人を探したい」という方は、まずリクルートエージェントに登録しましょう。

リクルートエージェントの基本情報

運営会社株式会社リクルート
公開求人数

約364,000件

非公開求人数約228,000件
対応地域全国+海外
料金すべて無料
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

(最終更新:24年2月時点)

質の高いサポートを求めるなら「doda」

doda
(引用元
doda

doda」は、オリコン顧客満足度調査で上位にランクインする転職エージェントです。(※2024年オリコン顧客満足度Ⓡ調査転職エージェント40代第3位)

求人数がリクルートエージェントに次いで多いうえ、サポートの質が高く、高評価を得ています。

40代からプログラマーに転職するなら、これまでの経験をアピールすることが大切です。

しかし「経験をうまくアピールできるか不安」という方もいるでしょう。

dodaなら、面接でどのようにアピールすれば内定につながるのかを考えてアドバイスしてくれます。

また、企業からからオファーを受け取れるスカウトサービスも魅力です。

リーダー経験や特定業界の業務知識・経験を持っている方は、スカウトサービスで多くのオファーを受け取れることでしょう。

好待遇な企業からスカウトされる可能性もあるため、登録しておいて損はありません。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
求人数

200,000件以上(非公開求人を含む)

対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:24年2月時点)

その他の転職エージェントも確認したい方は以下をご覧ください。

プログラマーの働き方は?

プログラマーに転職するなら、どのような働き方があるのか知っておきましょう。

プログラマーの雇用形態は正社員だけではなく、さまざまな働き方があります

ライフスタイルや今後のキャリアステップを考慮して、自分に合った働き方を見つけてみてください。

プログラマーの働き方

未経験者・安定を求める人向けの「企業内プログラマー」

企業内プログラマーは、会社員として企業に所属し、自社内の開発などを担当します。

未経験からプログラマーを目指す人は、企業内プログラマーとして経験を積むのが一般的です。

しかし、大手企業は新卒を採用することが多く、中途採用には経験やスキルが求められるため、40代の未経験から大手を目指すのは難しいでしょう。

代表的な自社開発企業としては、以下があります。

自社開発の企業例

  • Google
  • Yahoo!
  • メルカリ

大手企業なら好待遇や高年収を期待できますが、必ずしも労働環境が良いとは限りません。

年収は下がっても、中小企業のほうがホワイトな環境で快適に働ける可能性もあるため、一概にはどちらが良いとはいえないでしょう。

正社員待遇を受けられる「客先常駐(SES)プログラマー」

客先常駐とは「特定派遣」とも呼ばれ、派遣会社の正社員として雇用され、別の企業に出社して仕事をする働き方のことです。

さまざまな企業で経験を積めるため、未経験者にとってはメリットも多いでしょう。

しかし、常駐先によって業務内容や勤務時間などが異なるため、常駐先が変わるごとに労働環境も変わります。

また、正社員待遇を受けられることはメリットですが、企業によって年収が異なるため、必ずしも高年収を得られるとは限りません。

将来的に企業内プログラマーなどを目指したい人は、まずは経験を積む場所として始めてみるのもおすすめです。

客先常駐企業は、大手企業でも「未経験可」の求人が多いので、40代の未経験からプログラマー転職を目指す人にもチャンスがあるでしょう。

自由な働き方を求める人向けの「派遣」「アルバイト」

40代で未経験からプログラマーへの転職を目指すなら、派遣やアルバイトとして働き、経験を積むのもおすすめです。

「社員登用あり」のアルバイトなら、将来的に正社員として雇用される可能性もあります。

派遣社員は賞与や福利厚生を受けられないため、客先常駐などに比べると待遇も年収も良くありません。

しかし、派遣会社によっては待遇面が充実しており、「パーソルテクノロジースタッフ」なら社会保険や休暇休業などの福利厚生を受けられます。

自由な働き方を求めるのか、待遇を求めるのか、によって雇用形態を選ぶと良いでしょう。

以下は、派遣の待遇についてまとめた記事なので、参考にしてみてください。

副業向け・実力に自信があるなら「フリーランス」

プログラマーは、フリーランスとしても働きやすい職種です。

経験を積んでスキルに自信が持てるようになったら、副業から始めてみるのも良いでしょう。

実力をつければ、時間も場所も選ばずに仕事ができ、報酬も自分次第で上げられます。

フリーランス専門のエージェント「Midworks」の調査によると、フリーランスプログラマーの平均年収は約600万円です(参考:Midworks)。

ただし、案件を確保できなかったり、案件が中断されたりする場合もあるため、安定した働き方は望めません。

また、自己管理ができないとスムーズに案件を進められないため、フリーランスに向いているかどうかも重要です。

将来的にフリーランスを視野に入れている人は、以下の記事も参考にしてみてください。

【Q&A】40代のプログラマー転職でよくある疑問

40代から未経験でプログラマーに転職する人は、さまざまな疑問や不安を抱えていることでしょう。

ここでは、プログラマー転職でよくある疑問について、Q&A形式でご紹介します。

転職活動をスムーズに進めるためにも、ここで確認してみてください。

40代のプログラマー転職でよくある疑問

Q1.プログラマー以外で転職しやすいIT業界の職種はある?

回答

A.未経験から転職しやすい職種は、プログラマー以外にもあります。

40代の未経験からIT業界への転職を検討している人は、プログラマー以外にも転職しやすい職種があるか気になるでしょう。

IT業界で未経験からでも転職しやすい職種は、以下の通りです。

プログラマー以外で未経験から転職しやすい職種

  • マークアップエンジニア・フロントエンドエンジニア
  • プロジェクトマネージャ
  • IT営業

マークアップエンジニア・フロントエンドエンジニア

「マークアップエンジニア」や「フロントエンドエンジニア」は、Webサイトを作成する仕事です。

おもに、ユーザーが閲覧するWebページの作成を担当します。

初心者でも習得しやすい「HTML・CSS・JavaScript」などのプログラミング言語を使用するため、未経験からでも転職しやすいでしょう。

「PHP・Ruby」なども習得すれば、マークアップエンジニアの上位職であるフロントエンドエンジニアにステップアップも可能です。

IT営業

IT営業は、技術面の提案をすることもありますが、おもにクライアントとエンジニアの橋渡しをする仕事です。

自社ソフトの製品やWebサイト制作など、さまざまなサービスを販売・提案します。

会社によっては、技術面の専門知識はエンジニアが担当することもあるため、営業業務に専念することも可能です。

今まで営業職の経験がある人は、IT営業として活躍できる可能性があるでしょう。

Q2.女性でもプログラマーになれる?

回答

A.女性でもプログラマーになることは十分可能です。

プログラマーなどの技術職は実力主義なので、経験を積めば年齢や性別にかかわらず十分活躍できます

IT業界は男性が多いイメージですが、女性のプログラマーやエンジニアも意外と多いです。

最初は誰でも未経験から始めるので、プログラマーへの適性があればチャンスをつかめるでしょう。

また、プログラマー職は在宅勤務やフレックス制度を導入している企業が多いため、女性でも長く仕事を続けられる可能性があります。

女性は結婚や出産などのライフステージの変化によって仕事を辞めたり、休職したりする人が多いですが、プログラマーなら働き続けられるでしょう。

Q3.長いブランクがあっても転職できる?

回答

A.習得している技術より進化している可能性は高いですが、転職は十分可能です。

IT業界はつねに最新技術に進化しているため、過去の技術は使われなくなるケースがあります。

しかし、過去にプログラマーとして働いた経験があるなら、最新技術の勉強をすることで十分転職可能です。

場合によっては過去の経験を活かせる仕事もあるため、面接などではプログラマーの経験をアピールしましょう。

最新技術はつねに変化しますが、プログラマーとしての基本的な業務内容は変わりません。

ブランクがあるからとあきらめず、しっかりとアピールして再出発を果たしましょう。

Q4.プログラミング未経験で副業するのは可能?

回答

A.今すぐ大きく稼ぐことは難しいですが、未経験からでも副業は可能です。

プログラミングの学習期間は最短でも3ヶ月程度かかるため、今すぐに稼ぐことは難しいでしょう。

しかし、プログラミングを習得すれば、プログラマー未経験でも副業することは十分可能です。

プログラマーとして副業する場合、Webページ制作をする案件が多いため、以下のプログラミング言語を勉強すると良いでしょう。

副業におすすめのプログラミング言語

  • HTML/CSS
  • JavaScript
  • PHP
  • SQL

プログラミング言語を習得したら、ポートフォリオを作成し、クラウドソーシングサイトで案件を受注するのがおすすめです。

副業におすすめのクラウドソーシングサイト

ただし、まったくの未経験・実務経験なしの場合は、案件の獲得が難しいことを覚えておきましょう。

実績ができたらエンジニア・クリエイター向けの案件掲載サイトを利用!

エンジニアスタイル」は、フリーランスのエンジニア・デザイナー向けの求人・案件サイトです。

エンジニアスタイルでは、複数のフリーランスエージェントが保有する30万件以上の案件をまとめて確認できます。(※2023年9月時点)

【エンジニア・Webデザイナー】おすすめフリーランスエージェント

それぞれのエージェントを確認する手間が省けるので、効率よく案件をチェックできるでしょう。

エンジニアスタイルでは、「リモートワーク」「週2稼働」「土日稼働OK」「副業案件」などのこだわり条件を細かく設定できるため、自分の希望の案件を効率的に検索できます。

数多くの案件を効率的に確認できるので、「いろいろな案件を見てみたい」「できるだけ多く案件をチェックしたい」という方はぜひ利用してみてください。

エンジニアスタイル|基本情報

運営会社ボスアーキテクト株式会社
公開求人数約348,000件
非公開求人数非公開
中間マージンエージェント情報欄に公開
支払サイト非公開
福利厚生(例)非公開
対応地域東京、リモート
料金無料

(最終更新:24年2月時点)

まとめ

40代から未経験でプログラマーに転職する方法や、おすすめの転職エージェントなどをご紹介しました。

40代からプログラマー転職を成功させるコツについても、ここで再確認しておきましょう。

40代からのプログラマー転職を成功させるコツ

  • 独学では難しいためプログラミングスクールで勉強する
  • 経験・スキルはきちんとアピールする
  • ポートフォリオを作成する
  • 派遣やアルバイトで経験・実績を積む
  • 転職エージェントを利用する

40代から未経験でプログラマーに転職するなら、まずはプログラミングを習得する必要があります。

プログラミング学習には、以下のサービスがおすすめです。

Progate
  • 独学で基礎だけ学びたい人向け
  • 基本コースは無料
  • ブラウザ上で実際にコードが書ける
テックアカデミー
  • 現役エンジニアの講師から学べる
  • オンラインでどこでも学べる
  • ポートフォリオを作成できる

ポートフォリオを作成したら、自分に合った求人を探すためにも転職エージェントの利用がおすすめです。

リクルートエージェント
  • 業界トップクラスの求人数を誇る
  • IT専門のアドバイザーも在籍
  • 全国に求人がある
doda
  • 転職サイトとしても利用可能
  • スカウトサービスが使える
  • 書類添削・面接対策の質が高い

複数の転職エージェントやサイトに登録し、プログラマーへの転職を成功させてください。

転職についての関連記事

未経験からエンジニアへの転職を成功させるポイント

ITエンジニア転職の関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.