未経験で派遣エンジニアが向いている人とは?派遣エンジニアのメリット・デメリットを紹介

ナビナビ
転職

2022-06-22

派遣エンジニアに興味があっても、一歩を踏み出すのは勇気がいるものです。

「未経験だからまず派遣エンジニアで経験を積もうと思うんだけど、どうなの?」

「どれくらいの知識があれば派遣エンジニアとして働けるの?」

派遣は正社員と比べて不安定なイメージがあるので、事前に確認しておきたいポイントも多いでしょう。

そこで今回は派遣エンジニアの仕事内容や注意点など、派遣社員になる前に知っておきたい情報をまとめました。

派遣エンジニアとして働くべきか迷っている方はぜひ参考にしてください。

派遣会社選びに迷ったら「パーソルテクノロジースタッフ」がおすすめ

派遣エンジニアとして働く場合、まずは派遣会社に登録するのが一般的です。

どの派遣会社にするか迷ったら、まずはITエンジニア専門の派遣会社「パーソルテクノロジー」に登録しておきましょう。

パーソルテクノロジースタッフは仕事紹介はもちろん、スキルアップ支援やキャリカウンセリングなどのサポートが充実している派遣会社です。

「未経験OK」「未経験相談可」などの案件も一部扱っているので、初めて派遣会社を利用する方にもおすすめできます。

利用料は無料ですし、合わなければすぐに退会できるのでまずは気軽に登録しておきましょう。

パーソルテクノロジースタッフ|基本情報

運営会社パーソルテクノロジースタッフ株式会社
公開求人数約3,700件
非公開求人数非公開
対応地域東海+近畿+関東
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

目次

未経験から派遣エンジニアになる4つのメリット

未経験から派遣エンジニアになる4つのメリット

派遣は正社員に比べて不安定なイメージがありますが、以下のようなメリットもあります。

メリット1.エンジニア未経験でも仕事ができる

IT業界ではプロジェクト単位で人材を確保することが一般的なため、必要なときだけ戦力になってくれる派遣エンジニアは重宝されます。

特に近年のIT業界ではエンジニアの需要に対して供給が不足しているため、エンジニア未経験でも採用してくれる企業が増えています。

実際、経済産業省の「IT人材受給に関する調査」ではIT人材は2030年には78.9万人不足すると言われています。

企業は少しでも戦力になる人材を確保したいため、正社員よりもコストが抑えられる派遣エンジニアを求める傾向にあります。

そのため、経験が浅いがエンジニアとしての実務経験を得てキャリアアップしたい人のは、選択肢の一つとして派遣もおすすめです。

メリット2.ライフスタイルに合わせて仕事ができる

ライフスタイルに合わせて仕事が選択できるのも、派遣エンジニアのメリットです。

仕事とプライベートどちらも大切にしたい人は、勤務時間や残業の少ない仕事を選ぶことでバランスを取ることができます。

正社員だと、どうしても会社の意向に従うことになりますが、派遣エンジニアであれば自分が求めている条件の仕事を選択できるので柔軟に働くことが可能です。

メリット3.様々な環境で経験を積める

1つの企業で働き続ける正社員エンジニアと比べて、派遣エンジニアはプロジェクトごとに様々な環境で経験を積むことができます。

環境が変われば必要とされるスキルも変わるので、その都度勉強して多くの知識やスキルを積めば、今後のキャリアアップに活かしていくことも可能です。

また自分の得意分野を見つけて、ひたすら経験を積んでその道のプロになるという選択肢もあります。

メリット4.人脈を増やしやすい

派遣エンジニアはプロジェクトごとに働く環境が変わるので、それと同時に新しい人関係を築いて人脈を増やすことができます。

正社員で働いていると、ほとんどの場合は1つの職場の人間関係に限定されがちです。

しかし派遣エンジニアは人間関係が固定化されず、人脈を増やしやすいメリットがあります。

環境が変わることをストレスに感じる人もいるかも知れませんが、人脈を増やしておくと新しいプロジェクトに誘われることもあるので、仕事の選択肢を広げるチャンスにもなります。

未経験から派遣エンジニアになる3つのデメリット

派遣エンジニアはライフスタイルに合わせて自由に働けるなどのメリットがある一方で、正社員と比べると雇用が不安定だったり、正社員と比べて給与が低いなどのデメリットもあります。

派遣エンジニアになってから後悔しないように、メリットとデメリットの両方を知った上であなたにとって派遣の働き方が適しているのかを判断しましょう。

ここからは、派遣エンジニアになる主なデメリットを3つ解説します。

デメリット1.正社員と比べて不安定

長期雇用を前提としている正社員と比べて、契約期間が決まっている派遣エンジニアは雇用の面で不安定になりやすいです。

派遣エンジニアのなかでも、「常用型派遣エンジニア」は派遣会社と雇用契約を結んでいるので、契約期間が終わったあとに、万が一仕事が見つからなくても給与が支払われるので比較的安定しています。

一方で、「登録型派遣エンジニア」はプロジェクトごとの契約なので契約期間が終わったあと仕事が見つからなかった場合、収入が途絶えてしまう可能性があり不安定です。

  • 正社員:勤務先企業に直接雇用されているため、解雇される可能性はほとんどない
  • 常用型派遣:派遣会社に雇用されているため、比較的安定しているが解雇のリスクはある
  • 登録型派遣:派遣先企業で契約解除されるリスクがあり不安定

デメリット2.企業での雇用期間が定められている

派遣エンジニアが企業に雇用される期間は上限が3年です。

これは「労働者派遣法」で決められているため、3年経ったら別の派遣先を探す必要があります。

様々な企業で経験を積むことができるのが派遣エンジニアのメリットですが、条件の良い派遣先を見つけても3年で移動しないといけないのはデメリットです。

デメリット3.正社員と比べて給与面で違いがある

派遣エンジニアに支払われる給与は、正社員エンジニアと比べて低くなってしまうケースが多いです。

正社員エンジニアは毎月一定の給与が支払われますが、派遣エンジニアの給与は時給で決まることが多く長期休暇などで仕事を休んでしまうと収入に影響が出ます。

実際、厚生労働省でも正社員の方が派遣社員よりも給与水準が高いというデータを開示しています。

以下は、令和元年9月の正社員エンジニアと派遣エンジニアの平均給与の違いです。

正社員が「20〜30万円」の割合が最も多いのに対し、派遣労働者は「10〜20万円未満」が最も多い給与帯となっています。

しかしこれはあくまでも平均賃金なので、経験を積めば平均よりも給料を増やすことは可能です。

未経験から派遣を目指すならまずは派遣会社に登録しよう

未経験から派遣を目指すならまずは派遣会社に登録しよう

未経験から派遣に挑戦するにあたり「派遣会社の利用を考えている」方は多いでしょう。

ここでは、派遣会社を使おうか迷っている方に向けて、派遣会社を使うメリット・デメリットをテーマに、利用前に知っておきたいことを解説します。

派遣会社を使うメリット・デメリット

メリット(◯)デメリット(×)
  • 仕事を紹介してもらえる
  • スキルアップ支援が受けられる会社もある
  • 未経験だと仕事を紹介してもらえないことがある

派遣会社を利用するメリットは、仕事を探して紹介してもらえるところです。

派遣会社によっては、資格取得などのスキルアップ支援が受けられるところもあります。

一方、未経験だと仕事を紹介してもらえないことがあるのがデメリットです。

メリットとデメリットを十分理解した上で、派遣会社を活用していきましょう。

常用型と登録型の違い

派遣エンジニアには、「常用型派遣エンジニア」と「登録型派遣エンジニア」の2つの種類がありそれぞれ特徴が大きく異なります。

一般的な派遣と正社員派遣の違い
登録型派遣
(一般的な派遣)
常用型派遣
(正社員派遣)
派遣会社に登録をして派遣先の企業で業務を行う派遣会社の社員として雇用契約を結び、派遣先の企業で業務を行う
【メリット】
  • 勤務時間や仕事内容が自由に選べる
  • 就業時に残業の可否を選べる
  • 転勤の可能性がない
【メリット】
  • 派遣会社の社員として働くため、雇用が安定する
  • 同一の会社、組織で3年以上働くことができる
  • 契約終了後、次の派遣先と契約するまで給与が支払われる
【デメリット】
  • 派遣先の会社との契約が終了する可能性が常にあり、雇用が不安定
  • 同一の会社、組織で3年以上働くことができない
  • 契約終了後、次の派遣先と契約するまで収入が途絶えてしまう
【デメリット】
  • 勤務時間や仕事内容が自由に選べない
  • 派遣先の企業によっては残業がある
  • 派遣会社によっては転勤の可能性がある

常用型派遣エンジニアは派遣会社の正社員として働くことになるので、安定しやすいと言われています。

一方、登録型派遣はプロジェクトごとの契約なので、契約期間が終了したタイミングで次のプロジェクトが見つからない場合は、収入が途絶えてしまう可能性があります。

どちらにもメリット・デメリットがあるので、自分がどちらが向いてるか考えておきましょう。

派遣エンジニアを目指す人におすすめの派遣会社

ここでは、派遣エンジニアになりたい人におすすめの派遣会社を紹介します。

1つずつ詳しく見ていきましょう。

パーソルテクノロジースタッフ
  • 産休・育休対応がある
  • 在宅案件を豊富に扱っている
  • IT・Web業界の案件が非常に多い
Modis
  • IT・エンジニア派遣に特化
  • 未経験から派遣エンジニアを目指せる
  • 無期雇用派遣も選べる
アクサス
  • 利用者の9割が未経験、IT業界にチャレンジ可能
  • 無期雇用派遣としても安定して働ける
  • 女性活躍「WOMAN’s VALUE AWARD」最優秀賞受賞

派遣会社は何社登録するのが良い?

派遣会社によって持っている求人が異なるので、登録する際は複数利用することをおすすめします。

特に未経験の場合は紹介してもらえる仕事が少ないので、複数登録して選択の幅を広げましょう。

ここで紹介する3社は全て無料なので、迷ったら全て登録しておくと良いでしょう。

すぐに仕事を始めたいなら「パーソルテクノロジースタッフ」

パーソルテクノロジースタッフ」は、旧テンプスタッフ・テクノロジーと旧インテリジェンスの派遣が事業統合してできた派遣会社です。

オンラインで登録ができるので、最短即日で仕事を紹介してもらうことも可能です。

「エンジニア資格インセンティブ制度」というスキルアップ支援制度があり、指定の資格を取得することでインセンティブを貰うこともできます。

ただし、パーソルテクノロジースタッフの求人は完全未経験者向けの求人はあまり多くないので、経験が浅い場合は「Modis」も併用した方がいいでしょう。

パーソルテクノロジースタッフ|基本情報

運営会社パーソルテクノロジースタッフ株式会社
公開求人数約3,700件
非公開求人数非公開
対応地域東海+近畿+関東
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

完全未経験から派遣エンジニアとして働くなら「Modis」

Modis
(引用元
Modis

Modisは、大手人材派遣会社のアデコが運営する派遣エンジニアに特化した転職支援サービスです。

未経験から派遣に挑戦したい方にModisをおすすめする理由は、働きながら無料で勉強したいという人向けの「Modis Engineer Academy」研修プログラムが用意されているからです。

(引用元
Modis Engineer Academy

プログラムを使えば、学習だけではなく就業までサポートしてもらうことも可能です。

未経験から派遣エンジニアを目指したい人は、ぜひ登録しておきましょう。

Modis|基本情報

運営会社アデコ株式会社
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

安定性を重視するなら「アクサス」

安定性を重視するならアクサス
(引用元
アクサス

アクサス」は、ITやオフィスワークの仕事に特化している派遣会社です。

ITヘルプデスクやオフィスワークなどの求人が豊富で、未経験でもITの仕事にチャレンジすることが可能です。

実際に、アクサス利用者の9割は未経験者ですが、フォロー体制や研修制度が整っているので、無理なく就業できます。

また、登録型派遣のほか、期限を設けず契約する「無期雇用派遣(正社員)」に対応していることも特徴です。

無期雇用派遣の場合、契約が途切れず継続するので、安定して働くことができるでしょう。

スキルを身につけたい方・未経験でITの仕事に挑戦したい方や、安定して働きたい方は、ぜひアクサスを利用してみてください。

アクサス|基本情報

運営会社アクサス株式会社
公開求人数約100件
非公開求人数非公開
対応地域 首都圏・札幌・関西・福岡など
料金すべて無料

派遣エンジニアで働きやすい職種6選

派遣エンジニアと言ってもシステムエンジニアやプログラマー、Webエンジニアなど種類は様々です。

ここでは、派遣として働けるエンジニアの種類を1つずつ詳しく解説します。

システムエンジニア

システムエンジニアは、クライアントが求める仕様に対して最適なシステム設計を考え、ヒアリングした内容に一致したシステムを開発できるよう、プログラマーへ依頼するのが主な仕事内容です。

システム開発が予定通り進むようにプロジェクトを管理する役割もあります。

納期に余裕がなければ自分自身もプログラマーとともに開発業務を行います。

Webエンジニア

Webエンジニアの主な仕事内容はWebサイトの設計や開発、運用保守などです。

TwitterやInstagramなどのSNSもWebエンジニアによって開発されています。

使用するプログラミング言語は、HTMLやCSS、JavaScriptなどが一般的ですが、PHPやRuby、JAVAなどを使用することもあります。

最近では、スマートフォンの普及でWebサイトを利用することは当たり前になっているため、今後もWebエンジニアの需要は高まることが予想されます。

インフラエンジニア

インフラエンジニアは、ITサービスを運用していく上で欠かせないサーバーやコンピュータネットワークの設計や構築、運用保守をするのが主な仕事です。

サーバーやコンピュータネットワーク、セキュリティなど幅広い分野の知識が必要になります。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアはインフラエンジニアと同じく、システムのネットワーク構築や運用が主な担当業務です。

未経験でも募集がある理由は、プログラミングコードを書く機会が少なく、高度なスキルが要求されないためです。

インフラエンジニアと業務内容が重なることもあるため、需要が大きく、案件も探しやすいのが特徴的でしょう。

テストエンジニア

テストエンジニアは、プログラマーや開発チームがつくったシステムに不具合がないかを検証します。

複雑なプログラムスキルよりも、チーム内連携やバグの報告が業務の中心なので、未経験者にもおすすめです。

プログラマーが開発とテスト業務を兼任している例が多く、負担軽減のために人員を募集していることもあります。

ヘルプデスク

ヘルプデスクは、顧客や社内メンバーからの技術的な問い合わせに対応します。

具体的な業務内容としては、PCやプリンタといったOA機器のメンテナンス、システムのアカウント管理などが挙げられます。

ただ、こういった業務はコールセンターと共通点が多いです。

コールセンターとの違いが分かりづらい人のために、簡単な解説もしておきます。

コールセンターとの違いは発信業務の有無で判別されがちですが、ヘルプデスクで行う業務も兼任する場合も往々にしてあります。

以下の表を見比べながら違いを確かめると、理解しやすいでしょう。

ヘルプデスクコールセンター
  • 社内にて、システムの使い方やPCセットアップなどを行う
  • クライアントからの問い合わせ対応やトラブル対応も行う
  • クライアント先に電話で発信業務を行う
  • ヘルプデスクが行う業務を兼任するケースもある

まとめ

派遣は雇用が不安定などのデメリットがありますが、一方で様々な環境で経験を積めるなどメリットもあります。

具体的なメリット・デメリットは以下の表の通りです。

メリットデメリット
  • エンジニア未経験でも仕事ができる
  • ライフスタイルに合わせて仕事ができる
  • 様々な環境で経験を積める
  • 人脈を増やしやすい
  • 正社員と比べて不安定
  • 企業での雇用期間が定められている
  • 正社員と比べて給与面で違いがある

派遣会社を利用する場合は、以下の派遣会社を活用するとスムーズに案件へ参画できます。

パーソルテクノロジースタッフ
  • 福利厚生が充実している
  • 在宅案件を豊富に扱っている
  • IT・Web業界の案件が非常に多い
Modis
  • IT・エンジニア派遣に特化
  • 未経験から派遣エンジニアを目指せる
  • 無期雇用派遣も選べる
アクサス
  • 利用者の9割が未経験
  • 常用派遣として安定して働ける
  • PCキッティングやヘルプデスクの求人が充実

派遣会社ではキャリアの相談も行えるため、迷った際はぜひキャリアアドバイザーに相談してみるところから始めてみてください。

関連記事