24歳フリーターから正社員就職は可能!よくある失敗や成功のコツを解説

ナビナビ
転職

2022-07-08

「24歳フリーターだと、もう就職は手遅れ?」

「新卒入社してすぐに辞めた自分では、もう正社員にはなれない?」

と悩んでいませんか?

24歳でフリーターだと、年齢的に正社員は難しいのではと不安になると思います。

確かに新卒に比べると立場は厳しいですが、24歳であればフリーターを正社員で採用している企業は少なくありません。

この記事では、24歳フリーターからでも正社員を目指せる理由を解説した上で、成功させるための具体的な方法を紹介します。

フリーターの就活を有利にしたいなら「ハタラクティブ」に相談しよう

24歳フリーターからの就活には、悩みが多いと思います。

「良い求人は見つかるの?」「面接でどう説明すれば良いかわからない…」

そんな不安があるなら、就職エージェント「ハタラクティブ」の利用をおすすめします。

ハタラクティブ
(引用元
ハタラクティブ

ハタラクティブはフリーター・第二新卒など若手の就職支援に特化したサービスで、アドバイザーがマンツーマンで就活をサポートしてくれます。

希望を伝えるだけであなたに合う求人をアドバイザーが探して紹介してくれるので、「自力で探すのは不安」という方も安心です。

また、面接対策は1社ずつ行ってくれるため、うまく話す自信がないという方もしっかり対策ができます。

完全無料で利用できますし、合わなければいつでも退会できるので登録だけでも済ませておくのがおすすめです。

ハタラクティブ|基本情報

運営会社レバレジーズ株式会社 
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
対応地域大阪+愛知+福岡+首都圏
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

目次

24歳でフリーターでも就職できる

「24歳でフリーターだと、もう就職は難しいのではないか」と不安を感じているかもしれませんが、24歳は想像している以上に市場価値が高い年齢です。

なぜなら、企業からすると24歳は若手であり、将来性や長期キャリアの形成が期待できるからです。

今回は、24歳でも就職できる理由をより詳しく解説します。

24歳でフリーターでも就職できる理由

24歳は「第二新卒」と同様に扱われることが多い

24歳フリーターは、「第二新卒」として扱われることが多いです。

実際、大手転職サイトリクナビNEXTでは第二新卒にあたる条件を以下のように説明しています。

24歳フリーターでも第二新卒として扱われる

  • 最終学歴修了後、就労経験3年以内なら第二新卒にあたる
  • 年齢や雇用形態は不問
  • アルバイト・派遣でも就労経験に含まれる

(参考:リクナビNEXT

上記の条件に当てはまっていれば、24歳フリーターでも第二新卒として扱われる可能性が高いです。

第二新卒は企業から見るとメリットも多く、一般的な転職者よりも企業からの人気が高いです。

企業から見た、具体的な第二新卒のメリットは以下の通りです。

企業からみた第二新卒のメリット

  • 年齢が若いため、長期キャリアの形成に繋がる可能性が高い
  • 社会人経験があるため、すでにビジネスマナーが身についている
  • 考えに柔軟性があり、能力開発の余地が大きい

上記の通り、第二新卒は若手として長期キャリアを見据えた育成をしていきやすい人材です。

また、ビジネスマナーが既に身に付いていることも多く、新卒よりも教育コストを抑えられるメリットもあります。

第二新卒は新卒のような柔軟性を持ちつつ、より早い段階で即戦力にもなりうるため、転職市場における価値も高いです。

フリーターの正社員採用対象・24歳までは30%

24歳のフリーターを採用する企業は、非常に多いです。

下記は、大手転職サイトのリクナビNEXTが実施した、「フリーターを正社員として採用する場合、何歳までが対象か」という調査に対する回答です。

フリーターの正社員採用・何歳までが対象?
(参考元
リクナビNEXT

24歳・25歳では30%ですが、27歳以上になると5〜10%と減り、就職の難易度がグッと上がってしまいます。

25歳までなら採用率は高いので、24歳の今のうちに就職活動を始めて、25歳までには就職先を決めた方が良いでしょう。

一生フリーターのまま生活するデメリット

一生フリーターのまま生活するデメリット

「一生フリーターでも構わない」という方もいるかもしれませんが、フリーターのまま生活するのはデメリットが多いです。

特に大きいのは、収入が少ない・安定しないというデメリットです。

「お金がなくても困らない」という方もいるかもしれませんが、将来お金に困るのは嫌という方は、フリーターのままでいるデメリットを把握しておきましょう。

また、収入面以外にもフリーター生活を続けるデメリットがあるので、併せてここで解説します。

24歳でフリーターのまま生活するデメリット

フリーターと正社員の年収は差が大きい

フリーターと正社員の年収差は3倍です。

下記表では、国税庁の民間給与実態統計調査の結果を基に、「正規雇用者と非正規雇用者の平均年収」をまとめました。

企業によっては正社員のみ福利厚生を受けられる場合もあるため、実際は平均年収以上の格差が生じる可能性もあります。

また、手当やボーナスが期待できなかったり、病気やケガで働けない時に収入が0になるリスクの考慮も必要です。

生涯賃金は5,000万円〜1億円も違う

フリーターと正社員では、生涯賃金にも大きな差が生まれます。

下記表では、ユースフル労働統計2021におけるフルタイム正社員とフルタイム非正規社員の生涯賃金を比較しました。

正社員の男性の生涯賃金は、最終学歴に関係なく2億円を超えていますが、非正社員の男性は1億5,000万円前後となっています。

女性は正社員であれば、中・高卒で1億5,000万円、大学・大学院卒で2億円を超えていますが、非正社員は最高でも1億2,000万円です。

上記結果から正社員と非正社員では、生涯賃金に5,000万円〜1億円も違うことがわかります。

フリーターの期間が長いほど生涯賃金に差が生まれるため、「いつかは正社員になりたい」という人は早めに就職活動を開始しましょう。

収入だけじゃないフリーター生活を続けるデメリット

収入が少ない以外にも、フリーターには以下のようなデメリットもあります。

  • 年齢が上がると応募できる求人が減る
  • 急に解雇されるリスクが高い
  • 社会的信用が低い
  • ローンを組みにくい

24歳ならアルバイトの働き口は多いかもしれませんが、年齢が上がるにつれて応募できる求人は少なくなります。

また、正社員に比べて急に解雇されるリスクが高いです。

他にも、社会的信用が低くローンを組みにくいなどのデメリットもあります。

今はさほどデメリットを感じていなくても、今後生活していく中で不便さを感じるシーンが多くなっていく可能性があるので、この点も理解しておきましょう。

24歳フリーターから正社員就職に失敗してしまう理由

24歳フリーターから正社員就職に失敗してしまう理由

デメリットを見て不安になってしまったかもしれませんが、今からすぐに就職活動をすればまだ間に合います。

24歳であればフリーターでも企業からの需要はあるので、すぐに行動に移しましょう。

とはいえ、何も考えずに就職活動を始めると失敗してしまう可能性が高いです。

ではどうすれば失敗しないのか、ここではよくある失敗例と対処法を解説します。

就職活動に失敗する理由

①履歴書の書き方が間違っていた

24歳フリーターが就職活動に失敗する理由として、履歴書の書き方を間違えていたということが挙げられます。

履歴書を書くとき、下記のようなミスが起こりやすいです。

履歴書を書くときにありがちなミス

  • 誤字や脱字がある
  • 書き間違えた個所を修正テープなどで修正している
  • 文字が殴り書きである
  • 文字のサイズが小さすぎる

求人に応募した際、企業の採用担当者は履歴書から確認します。

誤字脱字があったり、書き間違えた箇所が修正テープで消されていたりすると、「細かい部分のチェックや気配りができない人」という印象を与えてしまいます。

書類選考で印象を悪くしないためにも履歴書が完成した後に誤字脱字がないか読み直したり、書き間違えた場合は新しい履歴書を使ったりすることが大切です。

また、文字が殴り書きだったりサイズが小さすぎたりすると、採用担当者に内容をしっかり読んでもらえません。

綺麗に文字を書く自信がない人には、パソコンでの履歴書作成がおすすめです。

パソコンで履歴書を作成することで、文字のキレイさを気にする必要もなくなります。

誤字脱字や字の読みやすさに注意しながら、ミスのない履歴書を送ることが大切です。

②面接対策がきちんとできていなかった

24歳フリーターが就職活動に失敗する理由として、面接対策がきちんとできていなかったことも挙げられます。

フリーターから正社員を目指す面接では、以下の質問が聞かれやすい傾向があります。

フリーターの面接で聞かれやすい質問

  • なぜフリーターをしていたのか?
    →何か理由があったのか、それとも特別な理由はないのか
  • フリーター期間中にどんな仕事を経験してきたのか
    →その経験が自社でどう役立つのか
  • なぜこの会社に応募したのか?
    →他の会社ではなく、なぜ自社なのか?
  • その他:休日の過ごし方などプライベート、仕事の失敗から学んだこと

企業が上記のような質問をする理由は、応募者が入社後にどのような活躍ができるか、長期キャリアが形成できるかなどをチェックしているからです。

面接対策ができていないと上記のような質問に答えらえず、面接官にあなたの魅力が伝わらなかったり、長期キャリアが築けるのか不安を与えてしまったりするでしょう。

上記のような質問を受けた際は、自分のアピールポイントを企業が求める人材像とマッチする形で回答することが大切です。

例えば、転職系のWebライターを募集している企業に応募する場合、クラウドソーシングで働いた経験がある場合は以下のような回答ができます。

企業が求める人材と回答例

  • 積極的な人
    →フリーターとして1年過ごしていたが、その期間にクラウドソーシングでWebライターとして転職業界の記事を200本以上書いてきた
  • 柔軟に対応できる人
    →クラウドソーシングで急な変更依頼が来たとき、すぐに対応して1日以内に修正した
  • 基本的なコミュニケーションが取れる人
    →クライアントとのやり取りで、slagやzoomを使って円滑にコミュニケーションをとれていた
  • 業界のトレンドに敏感な人
    →ニュースアプリやPodcastなどを活用して、常に有識者の最新情報を仕入れている。その際に御社の評判を見て、この企業で働いてみたいと感じた

(参考:企業が求める人物像は?|doda

重要なのは、これまでの経験、あなたの人物像が企業が求める人材にマッチしているかです。

この経験や能力が企業の売上貢献に役立つということをアピールできるように、回答を想定しておきましょう。

面接対策が不安ならハタラクティブに相談しよう

自力で回答を用意する自信がない場合は、ハタラクティブなどの就職エージェントで面接対策を受けるのがおすすめです。

ハタラクティブでは面接対策を1社1社行っているため、あなたが就職したい企業の対策をピンポイントで行うことができます。

無料で利用できますし、合わなければすぐに退会できるので、とりあえず一度相談だけでもしてみてはいかがでしょうか?

③ビジネスマナーをまったく知らなかった

24歳フリーターが正社員への就職活動に失敗する理由として、ビジネスマナーをまったく知らなかったことも挙げられます。

面接官は、志望動機や自己PRなど面接の内容だけでなく、マナーや礼儀が分かっているかもチェックしています。

挨拶ができていなかったり、敬語が使えなかったりすると、面接官に良い印象が与えられないでしょう

採用しても、「取引先やお客さんに、迷惑や不快な思いをさせてしまうかもしれない」と不安を抱かせてしまいます。

完璧にビジネスマナーを習得する必要はありませんが、挨拶や敬語など社会人として最低限のマナーは身につけておきましょう。

④空白期間の理由をきちんと説明できなかった

「なぜ24歳までフリーターをしていたのか」という問いに対し、空白期間の理由をきちんと説明できないことも、正社員就職に失敗する理由です。

バイト内容を羅列しただけの回答や、生活費を稼ぐためという回答では、「何もせずダラダラしていたのではないか」「努力が苦手なのではないか」というマイナスな印象を与えてしまいます。

空白期間の説明は、以下の4つのポイントを意識して伝えることがおすすめです。

空白期間を伝えるポイント

  • 嘘はつかない
  • 空白期間ができた理由を伝える
  • 空白期間でしたこと・学んだことを伝える
  • 主体的に行動していたことを伝える

空白期間を伝えるうえでは、特に「主体的に行動していたこと」を明確に伝えましょう。

採用担当者はあなたの過去の経験から、あなたが会社でどれくらい活躍してくれそうかを見ています。

主体的に行動ができる人物であると伝えられれば、上司の指示を待つだけでなく自ら積極的に動き成長できる人材と判断してもらいやすいでしょう。

空白期間を伝える際は、主体的な行動したことを軸にそこで得た学びなどを伝えることがおすすめです。

⑤将来のキャリアプランが見えていなかった

「将来の目標はあるか?」という質問に対し、将来のキャリアプランが見えていないと上手く回答できず、正社員就職失敗に繋がります。

企業は24歳フリーターを採用する場合、長期的なキャリアを形成するために、仕事における将来の目標やどこまでビジョンを描いているかをチェックします。

将来のキャリアプランが見えていると、長期で働いてもらえる可能性が高く、企業としても安心して採用できるからです。

キャリアプランを伝える際には、20代後半から30歳以降のキャリアについて明確にアピールするようにしましょう。

「20代後半で現場のスキルとマネジメントスキルを身につけ、30代から定年まではリーダー格として会社に貢献したい」など明確なビジョンを説明できれば、採用される可能性も高まります。

24歳フリーターから正社員就職を成功させるコツ

24歳フリーターから正社員就職を成功させるコツ

24歳フリーターから正社員就職を成功させるためには、コツやポイントを押さえておくことが大切です。

なにも意識せず就職活動を開始しても、内定がなかなかもらえず体力的にも精神的にも大変になるでしょう。

今回は、正社員就職を成功させるためのコツを4つ紹介するので、ぜひ参考にして下さい。

正社員就職を成功させるためのコツ

①就活しやすい環境を作る

まず24歳フリーターであれば、就活しやすい環境を作ることが大切です。

フリーターで生計を立てている場合、生活費を稼ぐことに必死で、バイトのシフトを多く入れている人もいるでしょう。

バイトが多く就活できなくては元も子もないため、就活の際にはバイト先に事情を説明しシフト調整などを行っておきましょう。

また、就活にはスーツ代や交通費など、さまざまな出費も発生するため、就活中にお金が尽きてしまわないよう、早めに貯蓄をしておくことも大切です。

以下は人材採用事業を手掛ける「株式会社ディスコ」が、2021年卒の大学生に対して行なった就活費用の調査結果です。
(▼クリックすると拡大できます)

地域によって費用は異なりますが、平均で10万円近くかかります。

コロナ禍による面接のオンライン化などで交通費は抑えられる可能性がありますが、様々な費用がかかることを想定しておいた方が良いでしょう。

② 自己分析をしっかり行う

就活を成功させるためには、新卒・フリーター関係なく入念な自己分析が欠かせません。

自己分析を入念に行うことで、自分の強みを把握して企業にアピールできます。

自己分析の具体的な方法は過去の経験やエピソードから、「なぜ成功したのか」「そのときどんなことを学んだか」を考え、整理することです。

具体的には、以下の手順で自己分析を進めていきます。

  • これまでの経験を書き出す
  • 経験から学んだことを書き出す
  • 「なぜ」の質問で経験や学びを深掘りする
  • 自分の強みを発見する

まずはこれまで経験したことで、印象に残っていることを書き出してみましょう。

勉強、アルバイト、学生時代の経験など、なんでも構いません。自分史を作成する気持ちで作成してみてください。

この時のポイントは自分を知ることなので、自由に書き出して構いません。

次に、これまでの経験から学んだことを書き出します。

例えば学生時代に数学の勉強を頑張ったのであれば、そこから論理的思考を身につける事ができたなど。

ホールスタッフのバイトを経験したのであれば、お客さんとのやり取りから会話力を身につけたなど。

さらに経験や学びを「なぜ?」の質問で深掘りしてみましょう。

例えば「なぜ数学を頑張ったのか?」という質問に対して「計算が得意だった」「じっくり考えるのが楽しかった」という感じです。

「なぜ?」を繰り返していくうちに、自分の得意なことや、経験して身についていることが明らかになっていきます。

ここで大切なのは、とにかく書き出してみることです。自分では大したことがないと感じていた経験でも、他人からみるとすごい事もあります。

これまでの自分とじっくり向き合い、強みを発見しましょう。

自己分析ツールを使ってみよう

自己分析をしてみたけれどうまくいかない人や、時間がない人はリクナビNEXTが提供している自己分析ツール「グッドポイント診断」を使うのがおすすめです。

リクナビNEXT
(引用元
リクナビNEXT

グッドポイント診断では、30分間293問の自己分析診断を行います。

診断を受けると、18種類の資質から最も当てはまる強みを知ることができます。

グッドポイント診断でわかる強み
(引用元
グッドポイント診断

質問に答えるだけで診断できるので、手軽に自己分析したい人にぴったりです。

面接前のセルフチェックに使えるなど、一度受けておけば今後の就活に有利になります。

診断は無料で利用できるので、自己分析に悩んだら気軽に受けてみましょう。

③企業研究をして面接対策を行う

24歳フリーターが正社員への就活を成功させるには、企業研究と面接対策を行うことが大切です。

長期的なキャリアを築ける企業に就職するためにも、企業のワークライフバランスや評価制度などをチェックしておきましょう。

また、面接でよく聞かれる質問では、下記のような企業について詳しく知っていなければ答えられないものも多いです。

  • 志望動機は何か?
  • 入社後にどのような活躍がしたいか?
  • なぜ我が社で活躍できると思ったのか

上記のような質問に企業が納得のいくよう答えるためにも、企業研究・面接対策を徹底しましょう。

口コミサイトを利用して企業を研究しよう

企業研究の材料には、企業のホームページ、求人サイト、四季報などだけではなく、企業専門の口コミサイトも利用するのがおすすめです。

例えば「転職会議」なら、元社員や現社員の会社に対する評価や年収、残業時間、有休消化率などを口コミとして確認することができます。

転職会議
(引用元
転職会議

企業の公式ページだけではわからない情報も入手できるので、積極的に利用しましょう。

転職会議|基本情報

運営会社株式会社リブセンス
口コミ数320万件以上
口コミ登録企業数約20万社
求人数約30万件
料金すべて無料
(最終更新
2022年1月時点)

④就職エージェントを利用する

「面接対策や企業分析が大切なのはわかったけど、自力でやる自信がない」という場合は、就職エージェントを使うのがおすすめです。

就職エージェントとは、アドバイザーがマンツーマンで就活をサポートしてくれるサービス。

就職エージェントの仕組み

アドバイザーに就職の希望を伝えれば、条件に合う求人を紹介してくれますし、書類添削や面接対策なども受けられます。

就活エージェントは無料で使えますし、合わなければすぐに退会できるのでとりあえず登録だけでも済ませておくのがおすすめです。

24歳フリーターにおすすめの就職エージェント2選

ここでは、24歳フリーターが利用可能な正社員就職をサポートしてくれるエージェントを2つ厳選して紹介します。

どちらも無料で利用可能なので、2つとも登録して幅広く求人をチェックするのがおすすめです。

24歳フリーターにおすすめの就職支援サービス2選

ハタラクティブ|フリーターの就職支援に強い

ハタラクティブ
(引用元
ハタラクティブ

ハタラクティブ」は、フリーター既卒・第二新卒など若手の就職支援に特化したサービスです。

2022年6月時点では「未経験OK」で応募できる求人が約800件あるため、幅広い求人から探すことができます。

ハタラクティブではあなたに合う求人をアドバイザーが探して紹介してくれるので、「自力で探すのは不安」という方も安心です。

また、面接対策は1社ずつ行ってくれるため、うまく話す自信がないという方もしっかり対策ができます。

ハタラクティブ|基本情報

運営会社レバレジーズ株式会社 
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
対応地域大阪+愛知+福岡+首都圏
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

就職Shop|書類選考なしで進める

就職shop
(引用元
就職shop

就職Shop」は、人材紹介業者大手のリクルートが運営する就職支援サービスです。

2022年5月時点で、利用者数は延べ10万人を超えており、そのうちの9割は20代となっています。

就職Shopの大きな特徴は、書類選考なしで面接に進める求人を扱っているところです。

また、ハタラクティブの求人は直接訪問して選別されているため、求人の質も高いです。

「書類選考が一番不安」という方は、ぜひ利用してみてください。

就職shop|基本情報

運営会社株式会社リクルート
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
対応地域近畿+関東
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

【体験談】就職エージェントを使って正社員就職を成功

【体験談】就活エージェントを使って正社員就職を成功

ここでは、就職支援サービスを利用して正社員になれた人の成功体験談を紹介します。

ハタラクティブと就職Shopを利用して転職に成功した人の口コミを紹介するので、ぜひ参考にして下さい。

転職に成功した人の口コミ

ハタラクティブを利用して転職成功した人の口コミ

ハタラクティブの口コミ

20代/女性

利用者の働きたい職種を一緒に考えてくれたり、将来AIなどに変わってしまう職種を教えてくれたり、その人に合う職業を一つだけでなく複数案内してくれたりして利用者に合わせてくれるという点がとても良かったです。

(ナビナビ調査)

上記は、担当者が働きたい職種を一緒に考えてくれるという口コミです。

自分に合う求人を一緒に考えてくれるので、就活の経験が少ない人や、希望の職種が決まっていない人にとって、心強い味方になってくれるでしょう。

次は、担当者から頻繁に連絡が来たという口コミです。

ハタラクティブの口コミ

20代/女性

私の担当キャリアアドバイザーは女性でした。明るくテンション高めの優しそうな方だったため、話しやすく相談しやすく感じました。

面接の日は朝始まる前と終わった後にLINEで連絡が来ていたため、途絶えず放置もされず、連絡がとりやすかったように感じます。

(ナビナビ調査)

就活をする際、自分1人では不安に思うこともあるでしょう。

面接の前に担当者から連絡が来ることで、安心して面接に挑めます。

また、頻繁に連絡が来ることで、信頼関係が築きやすく質問や悩みがあっても気軽に連絡が取りやすいです。

ハタラクティブは上記のように、はじめて初めて就活する人でも安心して利用できるエージェントです。

キャリアアドバイザーが将来のキャリアを一緒に考えてくれたり、話しやすい雰囲気を作ってくれるので、興味がある人はぜひ相談してみてください。

就職Shopを利用して転職成功した人の口コミ

就職Shopの口コミ

30代/男性

キャリアアドバイザーの方はよく私の話、状況を聞いてくれました。

全く責める事などなく優しい言葉で受け応えてしてくれました。

親などに話せない内容も、真摯に受け入れてくれて、気持ちが楽になりました。

前向きになった事を今でも思い出します。

(ナビナビ調査)

上記は、担当者が優しく話も聞いてくれたという口コミです。

就職活動を進めると、親や友人には相談できない悩みも増えるでしょう。

就職Shopの担当者は、悩みを真摯に受け止めたり優しく受け応えしてくれたりするため、前向きな気持ちで就活が続けられます。

次は、大手にはない求人を紹介してくれたという口コミです。

就職Shopの口コミ

20代/男性

よかった点としては大手の紹介会社には掲載されていない求人がいくつかあり、色々と見れた事は良かった点です。
また、毎日のように求人が出ていてそれに対してサポートしてくれるスタッフに直接連絡してもよかった点です。

(ナビナビ調査)

就職Shopは、フリーターやニートなど職歴のない人向けの求人を多く扱っている就職エージェントです。

そのため、大手転職エージェントでは扱っていない求人に出会える可能性があります。

就職shopでしか出会えない特別な求人も多くあるため、経歴に不安がある人でも安心して利用してみましょう。

24歳フリーターからの正社員就職によくある質問

24歳フリーターからの正社員就職によくある質問

ここでは、24歳フリーターからの正社員就職によくある質問を紹介します。

就職活動を開始するうえで、疑問を解決しておくことは非常に大切です。

疑問が残ったままだと、効率良く就活が進められなかったり、希望の企業に入れなかったりする可能性があります。

よくある質問とその回答を参考に、疑問のない状態で就活を進めましょう。

24歳フリーターからの正社員就職によくある質問

24歳で仕事があるなら正社員になるのはいつでもいいの?

回答

なるべく早く正社員になることがおすすめです。

24歳で仕事がある場合、正社員になることはいつでもいいと考えている人も多いでしょう。

しかし、年齢を追うごとに正社員として就職できる可能性は低くなります。

この記事でも解説しましたが、25歳まで正社員として採用したいと考えている企業が全体の30%なのに対し、27歳までとなると全体の5%しかありません。

企業としては、長期キャリアの形成や能力開発の観点から、できるだけ若い人を採用したいと考えてるためです。

年齢を追うごと就職が厳しくなるため、現在仕事がある人も早めに正社員を目指しましょう。

24歳のフリーターが挑戦しやすい職種って?

回答

事務職や営業職は比較的挑戦しやすいです。

24歳フリーターが挑戦しやすい職業として、事務職や営業職が挙げられます。

事務職や営業職は、ポテンシャル採用も多く行われている職種なため、未経験でも挑戦しやすいです。

実際にハタラクティブでは、以下のように多くの未経験可の求人が掲載されています。

【ハタラクティブの求人】

職種全体求人数(未経験可求人数)
営業職357件(203件)
事務職124件(82件)

(引用:ハタラクティブ|2022年6月時点

上記のように多くの未経験求人があるため、興味がある人は挑戦してみましょう。

また、スキルや資格が必要になりますが、介護職やIT関連職もおすすめです。

これらの職種は人手不足も懸念されているため、未経験を採用している企業も多くあります。

24歳の場合はフリーターであっても挑戦してみる価値は高いでしょう。

就職に有利な資格はある?

回答

職歴がない場合は、資格取得も有効です。

24歳のフリーターから正社員を目指す際は、資格の取得もおすすめです。

下記の表では、職種ごとにおすすめの資格をまとめましたので、参考にしてください。


職種資格
オフィスワーク系・MOS資格・秘書検定・日商簿記検定試験・ITパスポート試験・基本情報技術者試験
福祉系・介護職員初任者研修・介護福祉士・ケアマネジャー
不動産系・宅地建物取引士資格試験
飲食系・調理師免許

有利に就活を進めるためにも、積極的に資格取得を目指してみましょう。

ユーキャンならさまざまな資格が取得できる

資格取得に興味がある場合は、資格が多い「ユーキャン」を受講してみることがおすすめです。

ユーキャン
(引用元
ユーキャン

ユーキャンでは、ビジネス関係から医療・介護、法律まで、豊富なジャンルの資格講座を扱っています。

タイプ診断では、就職に繋がる資格も紹介しています。

「希望の職種へ就職するために、資格を取得しておきたい」という人は、下記からユーキャンを利用しましょう。

ユーキャン|基本情報

運営会社株式会社ユーキャン
取扱講座数150以上
対応地域全国

(最終更新:22年1月時点)

まとめ

24歳フリーターであっても、正社員として就職できるチャンスは多いです。

しかし、年齢を追うにつれて正社員としての就職が難しくなるほか、年収・生涯賃金にも大きな差が生まれます。

正社員への就職を希望しているのであれば、早めに就職活動を始めましょう。

以下のポイントを押さえることで、就職がしやすくなります。

24歳フリーターが就職を成功させるコツ

  • 就活がしやすい環境を作る
  • 自己分析をしっかり行う
  • 企業研究をして面接対策を行う
  • 就職支援サービスを利用する

また、24歳フリーターは、下記の就職支援サービスを利用することがおすすめです。

24歳フリーターにおすすめの就職支援サービス

就職を成功させるコツや就職支援サービスを活用して、正社員を目指しましょう。

関連記事