転職する勇気が出ない4つの理由とは?踏み切れない人のための解決策

ナビナビ
転職

2022-06-22

「現職に不満があるけれど、転職に踏み切る勇気が出ない」とお悩みではありませんか?

いざ転職に踏み出そうと思っても「転職して失敗したくない」という気持ちが強いと、身動きが取れなくなってしまいます。

状況を改善するためには「現状を整理して自分にベストな選択を考える」ことが大切です。

そこで本記事では、「転職する勇気が出ない理由」や「迷いを解消する方法」をご紹介します。

記事を読めば、転職する・しないを含めてあなたにとって最適な選択を見つけられるはずです。

考えを整理し、モヤモヤや迷いを解消しましょう。

まずは確認!時間もお金も損しない転職のコツ

「転職して後悔しないか?」「どうすれば転職できるのか?」と迷っているなら、まずは転職エージェントに相談して方針を決めましょう。

転職エージェントとは、キャリアの相談から希望にあった求人紹介など、様々なサポートを受けることができる便利なサービスのことです。

中でもおすすめなのが「doda」です。

doda
(引用元
doda

doda」は、業界トップクラスの求人を扱う転職サービス。

一番の特徴は「転職エージェント」と「転職サイト」が一体となっていることです。

手厚いサポートも好評なので、転職の軸を決められない人や、ある程度求人を絞ったうえで紹介して欲しい方におすすめです。

なおdodaは完全無料で使えますし、登録は1分程度で簡単に完了します。

気に入らなければすぐに退会できるので、まずは気軽に登録してみましょう。

目次

転職する勇気が出ない…よくある4つの理由

なぜ転職する勇気が出ないのか…と聞かれたとき、多くの方は「転職に失敗したくないから」「転職するのが不安だから」と答えるでしょう。

ただ、転職に踏み切れない人の多くは「不安の根本原因」を理解できていないことが多いです。

転職する勇気が出ないのは、自分が何に不安を感じているのか、不安の対象が漠然としているからかもしれません。

不安の対象が明確になれば相応の対処をとることができるため、転職に踏み切る勇気が生まれるはずです。

ここでは、転職に関してよくある不安をピックアップしたので、自分の状況も踏まえて確認してみてください。

理由1.転職先で仕事を覚えられるか不安

「仕事を覚えられるか不安で転職に踏み切れない」という方はとても多いです。

新しい環境に身を置き、1から業務を覚えるのはとても不安なものです。

「いざ転職して覚えられなかったら迷惑をかけてしまうのでは」「慣れている現職を続けたほうが良いのでは」と感じてしまうこともあるでしょう。

環境が大きく変わることに対する不安が大きく、転職する勇気が出ないのは実によくあるケースです。

習得方法を模索しておこう

仕事を覚えられるか不安な場合は、できるだけ早く習得する方法を模索しておくと良いでしょう。

「メモをとる」「反復する」「分からないことは放置せず誰かに聞く」など対策を練ることをおすすめします。

また、以下の記事では、仕事を覚えるコツを解説しているので参考にしてください。

理由2.現在の仕事を辞めることが不安

転職する勇気が出ない理由として、現在の職を失うことへの不安も挙げられます。

転職をすると、良くも悪くもこれまでとは違うキャリアを歩むことになります。

そのため「積み重ねてきたキャリアが無駄にならないか」「本当に今の仕事を捨てても後悔しないか」などを考え、不安に感じてしまうのです。

とくに勤続年数が長い30代後半~40代の人ほど、転職への一歩が踏み出せない傾向にあります。

本当に今の会社は自分に合わないのか?

もしあなたが「今の仕事を捨てるのが惜しい」と考えているのであれば、転職を見送って現職を続けることも選択肢のひとつです。

記事後半「やっぱり勇気が出ない!転職を迷った時の対処法」では、転職を迷った場合の判断基準を解説しているので、ぜひ参考にしてください。

理由3.いい転職先が見つかるか不安

「転職先が見つからないかもしれない」と考え、転職に踏み出せない方も多いです。

今の会社で「評価されていない」と感じている人ほど、「自分に合う会社なんて見つからない」と考えてしまいがちです。

とくに現職でつらい思いをしている場合は、視野が狭くなり、極端なネガティブ思考に陥りやすい傾向があります。

まずは求人情報だけでも見てみよう

いい転職先が見つかるか不安な場合は、まず求人情報をチェックしてみることをおすすめします。

「こんな求人があるんだ…」「今より条件の良い企業も多いんだ…」と分かれば、不安を軽減できるはずです。

また、自分の価値が分からず不安な場合は、転職エージェントに自分の転職市場価値を教えてもらうことも手段のひとつです。

記事後半「転職する勇気がない人におすすめの転職エージェント」では、役立つアドバイスが期待できる転職エージェントを紹介しているので、ぜひ活用してみてください。

理由4.転職して問題が改善されるか不安

「転職しても今悩んでいる問題が解決されないかも…」と考え、転職を決心できない方もいます。

転職をするからには、誰しもが改善したい悩みを抱えているはずです。

せっかく転職活動をしても問題が改善しなかった場合は、また辛い思いをしてしまいます。

転職先の事をポジティブにイメージ出来ないと、転職をためらってしまうのは当然です。

入念な企業研究が大切!

「転職しても同じ悩みを抱えてしまうかもしれない」という不安は、希望条件の明確化と入念な企業リサーチで解消できます。

問題を解消するために必要な希望条件を明確にし、条件をしっかりと満たす企業を見つけることができれば、同じ悩みを抱えてしまう心配はありません。

「どのような条件を設ければいいか分からない」「企業の見極めが難しそう…」と感じる場合は、転職のプロであるエージェントに相談することをおすすめします。

「本当に転職すべきかどうか」考えよう

「本当に転職すべきかどうか」考えよう

転職の不安が明確になったあとは「本当に転職すべきなのかどうか」再度考えてみましょう。

現職への不満が強い場合、どうしても「転職したい」という気持ちが前に出てしまいますが、場合によっては転職を見送ったほうが良いこともあります。

十分に検討しないまま転職に踏み切ると、転職後の後悔につながる可能性もあるので、以下を参考に『本当に転職すべきかどうか』じっくり考えてみてください。

安易な気持ちなら転職を留まるべき

もし転職したい理由が安易な気持ちなら、現職を続けるべきです。

「今の会社が何となく合わない」「つまらないから転職したい」といった理由であれば、転職先でもまた同じような状態に陥る可能性が高いです。

転職目的が漠然とした状態で転職に踏み切った結果、「現職を続けていれば良かった…」と後悔するケースも少なくありません。

以下のような理由で転職を考えているのであれば、現職に留まることをおすすめします。

こんな理由の転職は避けるべき!

  • なんとなく相性の合わない人がいる
  • とにかく今の仕事をやめたい(転職の具体的な目的がない)
  • 今よりラクな仕事がしたい

転職回数の増加がマイナスになることもある

転職を検討する際に知っておいて欲しいのが、転職回数の増加がマイナスになる可能性もあるということです。

年齢相応の転職回数であれば問題視されないことが多いですが、「勤続年数が極端に短い」「同世代より明らかに転職回数が多い」といった場合、選考で不利になる恐れがあります。

安易に転職を繰り返した場合、いつの間にか転職回数ばかりが増え、採用側からの印象が悪くなっていた……なんて事態になりかねません。

もしあなたの転職回数が同世代と比べて明らかに多いのなら、現職を続けることも視野に入れましょう。

年代別の転職回数

以下は、転職サイト「リクナビNEXT」が調査した、年代別転職回数のグラフです。

1~2回の転職経験がある人は多いですが、4~5回を超える転職回数を持つ人は少数であることが分かります。

(引用元
リクナビNEXT

また、同じくリクナビNEXTの『転職歴、何回目から気になりますか?』というアンケートでは、「3回の転職歴があると気になる」と回答した採用担当者が40%にのぼります。

やっぱり勇気が出ない!転職を迷った時の対処法

やっぱり勇気が出ない!転職を迷った時の対処法

明確な転職理由があるにも関わらず、なかなか転職を決断できない場合もあります。

『転職したい』という強い気持ちがあるにも関わらず転職に踏み切れない場合は、まず現状の悩みや問題を整理してベストな選択を考えましょう。

以下について1から順に考えていけば、自分にベストな行動が見えてくるはずです。

転職を迷った時の対処法

対処法1.転職したい理由や現状の不満を整理する

なかなか転職に踏み切れない場合は、いったんスタート地点に戻り、転職したい理由や現状の不満を整理しましょう。

理由を明確化することで、転職先に求めるものや不満を解消する方法が浮き彫りになり、転職を決断する材料になります。

この段階では、あまり深く考えず現状の不満をピックアップするだけでOKです。

ピックアップ例

  • 相性が合わない人がいる
  • 残業が多い
  • 仕事内容が合わない

対処法2.現職で問題を解決できるか考える

現状の不満を整理できたあとは、現職で問題を解決できるか考えてみましょう。

もし現職で不満を解消できるようであれば、無理に転職をする必要はありません。

不満を抱いていると「転職しなければ問題を解決できない」と思ってしまいがちですが、現状を変えられるケースは意外と多いです。

先ほどあげたピックアップ例であれば、以下のような対処法が考えられます。

現職で不満を解消する方法の例

  • 相性が合わない人がいる
    ⇒なるべく深く関わらず距離を置く
    ⇒仕事の関係と割り切る
  • 残業が多い
    ⇒上司に仕事量の調整を相談する
    ⇒仕事が効率化できないか考える
  • 仕事内容が合わない
    ⇒上司に部署異動を相談する

転職する勇気が出ないのであれば、まずは現職で不満を解消できるよう行動してみてください。

その上で「現職で不満を解消するのは難しい」という結論に至れば、潔く転職を決断できるはずです。

対処法3.転職エージェントに相談する

対処法1と2を行っても転職を決断できない場合は、転職のプロである「エージェント」に相談してみることをおすすめします。

転職エージェントのアドバイザーは、求職者の現状やキャリアプランをヒアリングし、個々にとって最適なアドバイスをしてくれます。

転職を見送ったほうが良い場合はその旨をアドバイスしてくれますし、職場を変えたほうが良い場合は転職を後押ししてくれるので、迷いを解消できるでしょう。

また求職者が「転職する」と決断した場合には、応募から入社までのサポートも行ってくれます。

上記のように、手厚い支援を受けられるので「転職活動が不安で勇気が出ない」という方にもおすすめです。

もちろん相談したからといって転職を強要されることはないので、現職を続けるか迷っている方も安心して利用できます。

転職エージェントの利用は基本的に無料なので、ぜひ気軽に登録して相談してみましょう。

転職する勇気が出ない人におすすめの転職エージェント

ここでは、転職に踏み切る勇気が出ないという方におすすめの転職エージェントを3社紹介します。

どのエージェントもサポート力が高く、転職初心者にもぴったりなので、ぜひ積極的に活用してみてください。

転職エージェントは2〜3社登録しよう!

転職エージェントは求人数、得意分野、サービス内容が異なるので、2〜3社登録しておくのがおすすめです。

多くの求人を見た方が希望にあった転職先が見つかりやすいですし、気の合うアドバイザーに出会える確率も高くなります。

ここで紹介する3社は全て無料で利用可能なので、気になるエージェントは全て登録しておきましょう。

親身に相談にのってもらいたいなら「doda」

doda
(引用元
doda

doda」は、親身で手厚いサポートが評判の転職エージェント。

アドバイザーが求職者に寄り添い、的確なアドバイスをしてくれるので、転職するか悩んでいる方にもぴったりです。

書類添削や面接対策も行ってくれるため、転職を決断した際も求職者の大きな味方となってくれます。

もちろん転職を強要されることはないので、まずは相談だけでもしてみることをおすすめします。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約117,100件
非公開求人数約32,700件
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

たくさんの求人を見たいなら「リクルートエージェント」

転職する勇気が出ないという方には、「リクルートエージェント」もおすすめです。

リクルートエージェントのメリットは、求人数が多く「現職よりも自分に合った企業を探しやすい」という点です。

非常に多くの求人の中から自分に合う求人を探せるので、理想の企業を見つけやすいでしょう。

転職後に「もっと良い求人があった…」なんてことにならないために、求人だけでも確認しておくことをおすすめします。

リクルートエージェント

運営会社株式会社リクルート
公開求人数約148,400件
非公開求人数約203,000件
対応地域全国+海外
料金すべて無料

(最終更新:22年1月時点)

スカウトサービスも利用できる「パソナキャリア」

パソナキャリア
(引用元
パソナキャリア

自分の市場価値を理解した上で転職活動したい方には、「パソナキャリア」もおすすめです。

パソナキャリアは豊富な求人を保有しているほか、スカウトサービスが充実していることが特徴です。

転職エージェントの登録時にあわせてスカウトサービスにも登録しておくことで、あなたの経歴や希望に基づいてスカウトメッセージを送ってくれます。

スカウト企業が提示してくる年収やポジションを参考にすることで、自分の市場価値を把握できるでしょう。

また、自分から積極的に動かなくても企業側から声をかけてくれるため「転職する時間がない」「自分を求めてくれる企業があるかわからない」という人にもおすすめです。

パソナキャリア|基本情報

運営会社株式会社パソナ
公開求人数約39,700件
非公開求人数非公開
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

※その他の転職サービスも検討したい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

勇気を持って転職することで期待できるメリット

転職する勇気が出ない一番の要因は、「失敗してしまうかもしれない」「後悔するかもしれない」という不安です。

たしかに転職にはリスクもありますが、実際に行動を起こして「転職してよかった」と感じている人はとても多いです。

実際に、大手人材会社である「マイナビ」が行った調査では、転職経験者の8割以上が「転職してよかった」と回答しています。

転職前はどうしても不安が先行してしまうものですが、勇気を出して一歩踏み出さない限り改善されない問題も少なくありません。

ここでは転職して期待できるメリットを紹介するので、今一度転職について考えてみましょう。

転職して期待できるメリット

メリット1.収入アップが期待できる

収入が増える可能性があることは、転職の大きなメリットです。

転職をすることで、以下のツイートのように収入を上げられる可能性があります。

「ほとんど同じ仕事なのに、転職したら給料が上がった」といったケースはよくあることです。

現職を続けたまま大幅な給料アップを実現するのはなかなか難しいですが、転職であれば50万円以上の年収アップも不可能ではありません。

メリット2.新たな人間関係を築ける

転職先の会社で新しく知り合いが出来ることも、転職の魅力の一つです。

働く環境が変わればその分多くの人との出会いが生まれ、人脈が増えることで視野も広がります。

また、現在の会社で人間関係に悩みを抱えている人にとっては、関係をリセットするきっかけにもなります。

以下は、転職によって「人間関係がすっきりした」と感じている方のツイートです。

人付き合いにストレスを感じていたのであれば、転職するだけで心が楽になることも多いでしょう。

転職によって人間関係をリセットできる点は、会社の人間関係で悩んでいる人にとって大きな魅力です。

メリット3.自分の生活や価値観に合った環境で働ける

より自分に合った環境で働ける可能性があることも、転職の良い点です。

以下は「転職によってストレスが減った」と感じている方のツイートです。

転職では前職でのデメリットを踏まえた上で会社を選べるため、より自分の価値観にあった環境で働けるようになるケースも多いです。

メリット4.モチベーションを高められる

よりやりがいを持って働けるようになることも、転職をする魅力と言えます。

転職では、前職での経験を踏まえて自分に合った業界や職種を選ぶことが可能です。

例えば、営業が嫌だった人が、やりたいと思っていた別の職種に転職した場合、前職より高いモチベーションで働くことができるでしょう。

以下は、転職したことでやりがいのある仕事が出来るようになった方のツイートです。

前職で感じていた不満が無くなることで、よりモチベーションを高く保つことができます。

現在の会社に不満を感じている方は、ぜひ勇気を出して転職への第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

迷った場合はお試しで転職活動を始めてみよう!

ここまで、転職する勇気が出ない場合の対処法をお伝えしてきましたが「今ひとつ決断できない」という方もいるでしょう。

もし「転職したい明確な理由があるけど、失敗が怖くて勇気が出ない」のであれば、お試しで転職活動を始めてみることも手段のひとつです。

転職活動をスタートしたら後戻りできないのでは…?と考える人も多いですが、現職をやめない限りはいくらでも後戻りすることができます。

「ちょっとだけ転職活動をしてみて、良さそうな求人がなければ現職に留まる」というのもOKです。

また、実際に転職活動をして自分の市場価値を把握することで、転職への勇気が出る場合も多いです。

少しでも転職したい気持ちがあるのなら「まずは求人だけチェックしてみる」「転職エージェントに相談して意見をもらう」など、行動を起こしてみましょう。

まとめ

転職する勇気が出ないのは、自分が感じている不安の対象が漠然としていることが大きな原因です。

そのため、まずは自分が一歩踏み出せない根本的な原因を明確に考えてみてください。

その上でまだ勇気が出ない場合は、以下のステップで「本当に転職すべきなのかどうか」考えてみましょう。

  • 転職したい理由や現状の不満を整理する
  • 現職で問題を解決できるか考える

現職で問題を解決するのが難しい場合は、勇気を出して転職を決断することをおすすめします。

また「現状での問題解決が難しいけど、やっぱり勇気がでない」「転職に不安がある」という場合には、転職エージェントを利用しましょう。

以下のエージェントは転職に関する悩みを親身になって聞いてくれるので、ぜひ活用してみてください。

おすすめの転職エージェント

まずは「転職への勇気が出ないのは何故なのか」を明確にし、転職エージェントを活用しながら理想的な就業環境を手に入れましょう。

関連記事