Operated by Ateam Inc.

イーデス

「仕事に飽きた」で多い5つの原因と対策!転職すべきケースも解説

最終更新日:

「仕事に飽きた」で多い5つの原因と対策!転職すべきケースも解説
転職
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

「仕事に飽きた」「仕事が退屈でつまらない」と感じるのは、誰にでもあることです。

仕事に飽きてしまう理由は複数あるため、まずは自分に当てはまる原因を把握する必要があります。

その上で必要な対策をとれば、仕事のマンネリを解消することができるでしょう。

そこで本記事では、仕事に飽きてしまった状態に対処できるよう以下の内容を解説します。

  • 仕事に飽きてしまう5つの原因
  • 原因に応じた対策方法
  • 転職を迷っている場合の判断基準

すぐに実践できる対策もご紹介するので、仕事に飽きたと感じる場合はぜひ試してみてください。

「仕事に飽きた」と感じた時は目標を立ててみよう

仕事に飽きたと感じてしまうのは、仕事やキャリアに対して目標がないからかもしれません。

達成したい目標がなければ必然的にモチベーションが上がらず、仕事にマンネリを感じやすいです。

目標がない場合は「将来どんな風に働きたいのか」を明確にするだけでも、モチベーションを回復できる可能性があります

とはいえ、漠然とした将来に対して具体的な目標を設けるのは難しいと感じる方も多いと思います。

自分ひとりで目標を見つけるのが難しい場合は、「キャリドラ」のようなコーチングサービスを利用することをおすすめします。

キャリドラ
(引用元
キャリドラ

キャリドラでは、今の市場感をもとにどんな目標・キャリアを積めば良いか相談にのってくれます。

まずは無料カウンセリングで今抱えている悩みについて相談し、「人生やキャリアについてもっと考えたい」と思った場合は、有料コースに申し込むと良いでしょう。

気になる内容をタップ

仕事に飽きた時は現状を変えるチャンス

「仕事に飽きるなんて、自分は今の職業に向いていないのでは?」と考えてしまう方は多いですが、仕事に飽きるのは誰にでもあることです。

特に、以下のような「変化を求める人」や「飽きっぽい人」は仕事にマンネリを感じやすいでしょう。

  • 目移りしやすく、好奇心旺盛
  • 安定より刺激を求める
  • 挑戦心がある
  • 熱しやすく冷めやすい
  • すぐに結果が出ないとやる気が起きない

しかし「仕事に飽きること=悪いこと」と思う必要はありません。

仕事に飽きたと自覚している状況は、業務の進め方や自分の意識を変えるチャンスでもあります。

今はモチベーションが下がっているかもしれませんが、この機会に仕事に対する考え方を見直してみましょう。

仕事に飽きてしまうおもな原因と対策

仕事に飽きるのは誰にでもあることですが、飽きた状態を放置すると仕事に支障が出てしまう懸念があります。

以下は、Webメディア「RS MEDIA」が調査した「飽きっぽい性格が原因で仕事に支障が出たことがある人の割合を示すデータ」です。

飽きっぽい性格が原因で仕事に支障が出たことがある人の割合 RS MEDIA
(引用元
RS MEDIA

半数以上の人が「飽きっぽい性格が原因で仕事に支障が出たことがある」と回答しています。

上記は飽きっぽい性格の人を対象とした調査ですが、仕事に飽きた状態を放置した場合も同様に業務に影響を及ぼす恐れがあるので注意が必要です。

日々の仕事を意欲的かつスムーズに行うためには、仕事に飽きてしまった理由を把握して対処する必要があります。

そこでここからは、仕事に飽きてしまうおもな原因と必要な対策を解説します。

仕事に飽きてしまうおもな原因

原因1.毎日同じ環境で同じ業務をしている

毎日同じ環境・同じメンバーで同じような業務をしていると、どうしてもマンネリが生じてしまいます。

あまりにも変化がないと、「飽きた」「退屈だ」と感じてしまうのも無理はありません。

また毎日同じように仕事をしていると、緊張感やプレッシャーが少しずつ薄れてしまうものです。

適度な緊張感やストレスは、心を引き締めたりモチベーションを上げる源にもなるため、全くストレスがない状態では働く意欲が低下してしまうでしょう。(参考:こころの健康 P8|厚生労働省

同じ環境・同じ業務が原因で飽きたと感じているのであれば、自ら変化を起こす必要があります。

【対策】仕事のやり方を変えてみる

与えられる環境や仕事に変化がない場合は、自ら新しいアクションを起こしてみましょう。

小さな事柄でも構わないので、何らかの変化を起こすことでマンネリを解消できる可能性があります。

例えば、以下のような変化を起こしてみるのがおすすめです。

  • 作業の順番をいつもと変えてみる
  • タスクに時間制限を設ける
  • 無駄をなくして効率化する
  • 新しいツールや技術を取り入れてみる

慣れ親しんだ仕事のやり方を大きく変えるのは簡単ではありませんが、「作業の順番を変えてみる」などであれば実践しやすいでしょう。

また上記のほか「リモートワークに変える」「フレックスタイム制で働く」など、環境を変えることも有効な方法です。

毎日変化がない状態に飽きを感じているのであれば、自分で変化を起こすことができないか考えてみましょう。

原因2.目標設定ができていない

目標がなかったり、上手く目標設定ができていないことも、仕事に飽きてしまう原因のひとつです。

目標がない状態は、いわば「ゴールがない状態」であるため、方向性を意識せず漠然と仕事を進めることになってしまいます。

目的意識を持たず振られた仕事を淡々とこなしていくだけでは、どうしてもモチベーションが下がってしまうでしょう。

「何のために頑張っているか分からない」という場合は、目標設定を見直してみることをおすすめします。

【対策】できるだけ具体的な目標を立てる

明確な目標がなかったり、漠然と働いている場合は具体的な目標を立てましょう。

目標を立てることで「何をすべきか」が見えてくるため、モチベーションを回復できる可能性があります。

なお抽象的な目標では行動の指針が見えづらいため、目標設定はできるだけ具体的に行うことが大切です。

目標を考える際は、以下の手順を参考にしてください。

  • 達成したいことを設定する
    ⇒(例)営業成績を1.5倍にする
  • 目標達成の期限
    ⇒(例)1年後
  • 目標達成までにすべきことを細分化する
    ⇒(例)既存顧客の深耕(ニーズ開拓等)・新規顧客の開拓・月間目標値の見直し

特に「目標達成までにすべきことを細分化する」の項目は、できる限り具体的にしましょう。

「月に1件新規顧客を開拓する」など、すべきことを数値化すると成果が見えやすくなり、モチベーション維持につながります。

明確な目標を立てることは仕事の効率アップにもつながるので、ぜひ実践してみてください。

目標が見つからない場合は……

目標が見つからない場合は、「5年後・10年後にどんな自分になっていたいか」を考えてみてください。

将来なりたい自分の姿を思い描くことができれば、おのずと方向性が見えてくるはずです。

原因3.仕事に慣れが生じている

仕事ができるようになると、だんだん慣れが生じて「飽きた」「つまらない」と感じてしまいやすいです。

仕事に慣れるのは悪いことでありませんが、業務を単調に感じてしまうようになるとモチベーションを維持するのが難しくなるでしょう。

特にしっかりとしたマニュアルがあり、日々の業務に変化が生じにくい場合は、より飽きを感じやすくなります。

仕事に慣れが生じてモチベーションが低下しているのであれば、今一度「何のための業務なのか」を再確認してみてください。

【対策】業務の意義と目的を再確認する

仕事に慣れて飽きが生じている場合、業務の意義や目的を見失っていることが多いです。

何のための業務なのか」を認識できれば、モチベーションを回復できる可能性があります。

以下のような点は慣れてくると見失いがちなので、あらためて確認してみてください。

  • 誰のための業務なのか
  • その業務を行うことで何が得られるのか
  • なぜその業務が必要なのか

例えば、事務の仕事は会社で働く社員をサポートする大切な役割を果たしています。

利益を生むことはありませんが「事務仕事があるからこそ社員が円滑に労働でき、顧客に質の高いサービスを提供できる」といえるでしょう。

慣れが生じて仕事に対する価値観が見えなくなっている場合は、初心にかえり「何のための業務なのか」を考えてみましょう。

原因4.仕事の成果が感じられない

なかなか成果を感じられない場合も、仕事に飽きてしまう要因になります。

頑張って仕事をしても成果や結果が出ないと、モチベーションを保てず「飽きた」と感じてしまいやすいです。

一生懸命働いて努力しているのにも関わらず、何の変化も見られなければ、仕事に対する意欲が低下してしまうのも無理はないでしょう。

思うような成果を感じられない場合は、自分で自分自身の頑張りを認めてあげることが大切です。

【対策】小さな成果を見出す

仕事の成果を感じられないことが原因で飽きが生じているのであれば、自分自身で成果を見出してみてください。

はっきり分かりやすい成果を感じられなくても、小さな変化を認識することで仕事への意欲を回復できる可能性があります。

例えば、以下のような変化に目を向けてみましょう。

  • スキルの質
  • 効率性
  • 生産性
  • 目標達成率

2~3年前の自分と比べた時、上記の点が向上しているのであれば「成長している」「努力の成果が現れている」といえます。

成果を「会社にもたらす利益」と認識している人は多いですが、「自分自身の変化や成長」も仕事で得られる成果のひとつです。

成果を感じられず仕事に飽きが生じている場合は、自分自身の変化に着目してみてください。

原因5.オン・オフを切り替えられていない

仕事のオン・オフが上手く切り替えられず、飽きたと感じてしまうケースも少なくありません。

オン・オフの切り替えができておらず、 ずっと仕事モードだと延々と仕事をしている感覚に陥り「飽きた」と感じてしまいやすいです。

以下に当てはまる場合は、オン・オフが上手く切り替えられていない可能性があります。

  • ずっと仕事のことを考えている
  • 仕事を持ち帰ることが多い
  • 退勤後も仕事の連絡をしてしまう
  • ダラダラと残業をしてしまう

モチベーションを回復させるためには、仕事の仕方にメリハリをつけることが大切です。

【対策】プライベートを充実させる

もっとも大切なのは仕事中とそれ以外の区切りをしっかりつけて、プライベートを充実させることです。

プライベートが充実しておらずもしない時間が多いと、どうしても仕事のことを考えてしまいがちです。

「毎日仕事ばかりで飽きた」と感じている場合は、以下のようにプライベートを充実させることを考えてみてください。

  • 没頭できる趣味に興じる
  • 友人と出かける
  • 読書や映画を楽しむ

またプライベートに仕事を持ち込まないためには、タスク管理を行って1日の仕事を勤務時間内に終わらせることも重要です。

やるべきタスクと所要時間を整理して作業することで、仕事の効率を高められるでしょう。

毎日仕事で飽きたと感じているのであれば、プライベートの過ごし方と仕事の進め方を見直してみてください。

「仕事に飽きた」で転職するのは危険?

記事をご覧の方の中には「仕事に飽きたから転職したい」と考えている方もいらっしゃるでしょう。

しかし飽きたという理由だけで安易に転職すると、のちのち後悔してしまう恐れがあります。

もし今の仕事を続けるべきかどうか迷っているのであれば、慎重に決断することをおすすめします。

ここでは、現職を続けたほうが良いケースと転職を検討すべきケースについて解説します。

転職する・しないの判断基準

現職を続けたほうが良いケース

以下の項目に当てはまる場合は、いったん現職を続けてみることをおすすめします。

  • 仕事自体は好き
  • 現職に不満はない
  • 対策することで「飽き」が解消される可能性がある
  • 異動や転勤で環境を変えられる可能性がある
  • すでに何度も転職を繰り返している

ただ単純に仕事に飽きているだけであれば、先ほど紹介した対策を行うことでマンネリを解消できる可能性があります。

仕事自体が嫌いではなく不満が少ないのであれば、もう少し現職を続けて様子を見たほうが良いでしょう。

特に飽きが原因で転職を繰り返している場合は、次の会社でも同じような状態になる可能性が高いので、いったん転職は踏みとどまることをおすすめします。

なお、どうしても環境を変えたいのであれば、異動や転勤ができないか相談してみることも手段のひとつです。

我慢できない場合は期限を設けよう

「現職を続ける気力が起きない」という場合は、期限を設けて考えてみることをおすすめします。

例えば「半年様子を見て状況が変わらないなら転職活動を始める」などです。

期限を設けることで、ずるずると在職して転職のタイミングを逃してしまうのを防止できます。

なお、少しでも転職を検討しているのであれば「どのような求人があるのか」、求人のチェックだけでも行っておくことをおすすめします。

ナビナビ

丸井さん

飽きたと感じた時に「転職すればやりがいのある仕事に出会えるのではないか」と思ってしまう気持ちはよくわかります。
しかし、転職先で同じように飽きが生じる可能性もゼロではありません。
また「人間関係に悩んでしまう」「今ある立場がなくなってしまう」といったリスクも考えられます。
後悔を防ぐために、今一度「現職の良いところ」にも目を向けてみてください。

転職を検討すべきケース

以下に当てはまる場合は、転職を検討することをおすすめします。

  • 職種や業種自体が合っていない
  • 「飽き」以外の不満が多数ある
  • 今の仕事ではやりたい仕事ができない
  • 今の会社では目標を達成できない
  • 会社の方向性や理念に共感できない
  • 職場環境に解決不可能な問題がある

上記に共通しているのは「現職で問題を解決するのが難しい」という点です。

職業自体が自分に合っていないと感じたり、今の会社でやりたいことを実現できない場合は、転職も視野に入れたほうが良いでしょう。

また「評価制度が機能していない」「組織全体のモチベーションが低い」など会社側に問題がある場合も個人での解決が難しいため、転職を選択肢に入れることをおすすめします。

ナビナビ

丸井さん

転職をしたいと思いたったら吉日。今が一番若い時です。
転職をして「180度人生が変わった!」という方も多くいます。
まずは世の中にどんな求人があるのか、ネットなどを活用して調べてみましょう。

迷った場合は「転職エージェント」に相談しよう

記事をご覧の方の中には「転職すべきかどうか迷ってしまう」という方もいらっしゃるでしょう。

決断を迷ってしまう場合は、転職市場に詳しい「転職エージェント」に相談して客観的な意見をもらうのがおすすめです。

転職エージェントでは、求職者の経歴や現状を踏まえた上で「転職すべきかどうか」アドバイスをくれるので、今後の行動を考える際の参考になります。

また、転職を考えている場合も求人紹介・選考対策・給与交渉の代行といった手厚いサポートを受けられるので、ぜひ活用してみてください。

転職エージェントを利用するメリット

ナビナビ

丸井さん

転職エージェントでは、アドバイザーが親身に転職相談にのってくれます。
また求人状況や業界の情報も教えてもらえるため、転職すべきかどうかの判断材料になるでしょう。
モヤモヤした気持ちを話すだけで考えがまとまってくることも多いので、情報収集のためにも、まずは気軽に相談してみてください。

転職エージェントにはたくさんの業者がありますが、特におすすめなのが以下の2社です。

おすすめの転職エージェント

サポートが手厚い「doda」

doda
(引用元
doda

doda」は、多様なジャンルの求人を保有している転職エージェントです。

業界・職種問わず、希望に合わせて幅広く求人を紹介してもらえるため、仕事選びに悩んでいる方にもおすすめです。

また、コンサルタントの質が全体的に高く、転職のサポートが手厚いことにも定評があります。

コンサルタントをつけず「求人をチェックするだけ」という使い方も可能なので、ぜひ気軽に利用してみてください。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
求人数

200,000件以上(非公開求人を含む)

対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:24年6月時点)

簡単3分!
エージェントサービスに登録で非公開求人を確認!

doda公式サイトで無料登録

業界No.1の求人数を誇る「リクルートエージェント」

リクルートエージェント」は業界最多の求人数を保有しており、転職活動では定番ともいえるサービスです。

経験豊富なキャリアアドバイザーからサポートを受けられるため、初めてでも安心して転職活動を進められるでしょう。

また応募書類の作成・面接対策なども親身にフォローしてくれるので、選考に自信がない方にもおすすめです。

たくさんの求人を比較検討したい方や、大手ならではのサポートを受けたい方は、ぜひ利用してみてください。

リクルートエージェント|基本情報

運営会社

株式会社リクルート

公開求人数

約404,000件

非公開求人数

約221,000件

対応地域全国+海外
料金すべて無料
登録免許厚生労働省有料職業紹介事業: 13-ユ-313011
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

(最終更新:24年6月時点)

仕事に飽きるのは悪いことではない

「仕事に飽きること=悪いこと」と考えてしまう方は多いですが、仕事に飽きるのは決して悪いことではありません。

日々の業務に飽きが生じるのは、以下のようにポジティブな変化の現れでもあります。

  • 仕事に慣れてきた
  • 業務を問題なくこなせるスキルが身についた
  • 気持ちに余裕が出てきた
  • 働き方に安定感が出てきた
  • 新しい変化を求める意欲が出てきた

少し見方を変えれば、飽きやマンネリを感じるのは「自分自身が成長している証」でもあるのです。

「仕事に飽きるなんて根性がない」などネガティブに考えてしまう方は多いですが、飽きている状況をポジティブに捉えて気にしすぎないことも大切です。

また冒頭でもお伝えしたとおり、仕事に飽きている状況は「変化を起こす絶好のチャンス」でもあります。

新たな変化や刺激を欲しているのであれば、この機会に今後の方向性についてじっくり考えてみてはいかがでしょうか。

方向性に悩んだ時は「キャリドラ」に相談してみよう

「キャリアについて悩んでいる」「人生の方向性に悩んでいる」という方は、コーチングサービスを利用してみるのがおすすめです。

コーチングサービスとは、相手を観察する・話を聞く・提案するといった工程を経て、相談者が行動や変化を起こせるようサポートしてくれるサービスです。

相談が主体のサービスなので、転職する・しないに関わらず気兼ねなく利用できます。

コーチングサービスは複数ありますが、キャリアに悩んでいる場合は「キャリドラ」がおすすめです。

キャリドラ
(引用元
キャリドラ

キャリドラ」は、専任のトレーナーがマンツーマンでキャリア形成のサポートを行ってくれるサービスです。

中長期的なキャリアアップが目的であるため、転職を一つのゴールとしている転職エージェントとは異なり、起業や副業を目指す方でも利用できます。

具体的には、自己分析を行い課題点や強みを把握した後、ロードマップを立案し、理想のキャリア実現に向けて行動を起こすまでサポートしてもらえます。

仕事の軸を固めるトレーニングを受けられるので、キャリアの方向性に悩んでいる人はぜひ無料セッションを受けてみましょう。

キャリドラの利用に向いている方

  • 転職や起業を成功させたい方
  • 年収アップやキャリアアップを目指す方
  • 現状を変えたいが、何をしたらいいか分からない方
  • 客観的な視点から将来設計のアドバイスをもらいたい方

まとめ

仕事に飽きてしまった場合は、まず以下の対策を試してみてください。

仕事に飽きた時の対策

  • 仕事のやり方を変えてみる
  • 将来や仕事の目標を立てる
  • 業務の意義や目的を再確認する
  • 自分の頑張りを認めて小さな成果を見出す
  • プライベートを充実させてオン・オフのメリハリをつける

「仕事に飽きたから」という理由だけで安易に転職をすると後悔してしまう恐れもあるので、まずは現職でできる対策を試してみることが大切です。

その上で「現職で状況を改善するのが難しい」と感じのであれば、転職を検討しましょう。

なお、転職に興味がある方やキャリアに悩んでいる方は、以下のようなサービスを利用するのがおすすめです。

doda
  • サポートの質が高いと評判
  • 転職サイトとしても利用できる
リクルートエージェント
  • 業界No.1の求人数を保有
  • 人材大手「リクルート」が運営
キャリドラ
  • 日本初のマンツーマンコーチングサービス
  • 無料体験セッション有り

「仕事に飽きた」と感じた場合は、ぜひ本記事を参考に自分の状況に合う対策を行ってみてください。

ナビナビ

丸井さん

転職エージェントは、基本的に無料で利用できます。
アドバイザーは幅広い業界・企業に詳しいので「他社やほか業界の状況」「求人の量」「年収相場」など、詳しく聞いてみましょう。
自分が転職する場合にどのような求人が紹介されるのかを知ることもできるので、情報収集のためにも、気軽に利用してみることをおすすめします。

転職の関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE