Webマーケティングにおすすめの転職サイト・エージェント!年収や求人も紹介

ナビナビ
転職

2022-06-21

Webマーケティング領域の転職先を探すにあたり、どの転職サイトを利用すれば良いのか迷いますよね。

昨今、Webマーケティングに力を入れる企業が増えており、転職市場ではWebマーケティング部門の人気が高まっています。

高い倍率を突破して転職を成功させるには、転職サイト選びを慎重に行うことが重要です。

この記事では、Webマーケティングへの転職に強い転職サイトをご紹介しています。

Webマーケティングへの転職活動で強い味方になってくれる「転職エージェント」についても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。


Webマーケティングの転職を成功させるならdoda!

doda
(引用元
doda

未経験からWeb業界に転職する人や、Webマーケターとしてキャリアアップ・年収アップを狙っている人にはdodaがおすすめです。

dodaは業界トップクラスの求人数を保有しているため、条件に合った求人が見つかるでしょう。

dodaには求人だけでなく、適正年収がわかる「年収査定」や、人気企業に転職できるかがわかる「合格診断」などのさまざまなコンテンツがあります。

今すぐ転職しない人も、事前リサーチとして登録しておくと便利です。

転職に不安がある人は、キャリアアドバイザーに相談すれば無料で転職サポートをしてくれます。

Webマーケティングの転職を検討している人は、まずはdodaに登録してみましょう。

目次

Webマーケティングの転職で登録すべきおすすめ転職サイト

Webマーケティングへの転職を検討している人は、転職サイトを利用するのがおすすめです。

転職サイトは、掲載されている求人を自分でチェックして応募するので、自分のペースで転職活動を進められることがメリットです。

転職サイトにはそれぞれ特徴があり、求人の傾向やサービス内容に違いがあります。

まずは、以下の3社について特徴を紹介していくので、より自分に合った転職サイトを利用して転職を成功させましょう。

サイト名こんな人におすすめ
リクナビNEXT
  • 自分のペースで転職活動を行いたい
  • トップクラスの求人数を誇る転職サイトを利用したい
ビズリーチ
  • 高年収を実現したい
  • 企業からスカウトを受けたい
Green
  • IT・Web系の求人に特化している
  • 志望している企業の社員の生の声が見られる

求人保有数トップクラスの転職サイトなら「リクナビNEXT」

リクナビNEXT
(引用元
リクナビNEXT

こんな人におすすめ

  • 自分のペースで転職活動を行いたい
  • トップクラスの求人数を誇る転職サイトを利用したい

リクナビNEXT」は、「リクルートエージェント」でお馴染みの株式会社リクルートが運営する転職サイトです。

他社と比較すると、掲載されている求人数が非常に多いのが特徴です。

幅広い求人が掲載されているので、Webマーケティングの求人も見つけやすいでしょう。

たくさんの求人をチェックしたい人は、「リクナビNEXT」に登録してみてください。

リクナビNEXT|基本情報

運営会社株式会社リクルート
公開求人数約54,200件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

ハイクラス求人からスカウトを受けたいなら「ビズリーチ」

ビズリーチ
(引用元
ビズリーチ

こんな人におすすめ

  • 高年収を実現したい
  • 企業からスカウトを受けたい

ビズリーチ」は、年収600万円以上のハイクラス求人を取り扱っている転職サイトです。

企業からスカウトが届く「ヘッドハンティング型」の転職サイトのため、受け身で転職活動を進められます。

また、ビズリーチでは熱量の高いスカウトが届きやすいこともメリットです。

今までWebマーケティング部門の管理職として活躍してきた人や、転職して年収アップを狙いたい人におすすめの転職サイトといえるでしょう。

ハイクラス転職を目指す人は、「ビズリーチ」に登録してみてください。

ビズリーチ|基本情報

運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数約69,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国+海外
料金登録無料(一部有料3,278円〜5,478円)

(最終更新:22年1月時点)

IT業界に強い転職サイトなら「Green」

Green
(引用元
Green

こんな人におすすめ

  • IT・Web系の求人に特化している
  • 志望している企業の社員の生の声が見られる

Green」は、IT・Web系の求人に特化した転職サイトです。

IT・Web系の転職サイトとしては求人数が業界トップクラスで、Webコンサルタントや社内SEなどさまざまな仕事の求人が掲載されています。

Greenは求人掲載料が無料なので、ベンチャーやスタートアップの求人が豊富であることが特徴です。

また、他のサイトにはない「会社PR」や「社員へのインタビュー」なども載っているので、情報収集にも役立つでしょう。

IT・Web関係の求人を探したい人は、「Green」に登録してみてください。

Green|基本情報

運営会社株式会社アトラエ
公開求人数約23,600件
非公開求人数非公開
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

Webマーケティングへの転職に利用したい総合型の転職エージェント

Webマーケティングへの転職に利用したい総合型の転職エージェント

Webマーケティングへの転職を成功させたいなら、サポートが充実している転職エージェントの利用もおすすめです。

ここでは、Webマーケティングへの転職に利用したい転職エージェント3社の特徴を紹介します。

エージェント名こんな人におすすめ
リクルートエージェント
  • たくさんの求人の中から選びたい
  • 企業からスカウトを受けたい
マイナビエージェント
  • 業界未経験でも転職したい
  • 夜間や土曜に相談したい
doda
  • 転職サイトとしても活用したい
  • 手厚い書類添削や面接対策などを受けたい

転職エージェントの活用方法については「Webマーケティングの転職成功のための転職エージェント活用ポイント」で紹介しているので、チェックしてみてください。

豊富な求人数から選びたいなら「リクルートエージェント」

おすすめポイント

  • たくさんの求人の中から選びたい
  • 企業からスカウトを受けたい

リクルートエージェント」は、求人数が業界トップクラスの転職エージェントです。

約20万件以上の求人を保有しているため、他の転職エージェントにはない求人が見つかるでしょう。

また、リクルートエージェントにはスカウト機能もあるので、有名企業からWebマーケティング職のスカウトが届く可能性もあります。

豊富な求人から選びたい人やスカウトを受けたい人は、ぜひ登録してみてください。

リクルートエージェント

運営会社株式会社リクルート
公開求人数約148,400件
非公開求人数約203,000件
対応地域全国+海外
料金すべて無料

(最終更新:22年1月時点)

業界未経験からWebマーケティングに転職したいなら「マイナビエージェント」

こんな人におすすめ

  • 業界未経験でも転職したい
  • 夜間や土曜に相談したい

マイナビエージェント」は、業界・職種未経験歓迎の求人を多く保有している転職エージェントです。

キャリアアドバイザーが企業とのやりとりを代行してくれたり、書類添削や模擬面接などのサポートをしてくれたりするので、初めて転職する人でも安心でしょう。

平日の夜間や土曜日も転職相談を受け付けいるので、忙しい人でも利用しやすいです。

Webマーケティング未経験の人や、転職活動に充てられる時間が少ない人はぜひ登録してみてください。

マイナビエージェント|基本情報

運営会社株式会社マイナビ
公開求人数-
非公開求人数-
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

充実した転職サポートを受けたいなら「doda」

doda
(引用元
doda

こんな人におすすめ

  • 転職サイトとしても活用したい
  • 手厚い書類添削や面接対策などを受けたい

doda」は、テレビCMやWeb広告でも見かけることが多い知名度の高い転職エージェントです。

非公開求人の保有数も業界トップクラスと有名ですが、dodaの強みは転職活動のサポートの手厚さにあります。

面接対策が丁寧と評判なので、業界未経験で面接に不安がある人は「doda」のキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

また、自分のペースで転職活動を進めたい人は、キャリアアドバイザーを付けずに転職サイトとして利用することも可能です。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約117,100件
非公開求人数約32,700件
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

Webマーケティングへの転職に強い特化型の転職エージェント

Webマーケティングへの転職に強い特化型の転職エージェント

Webマーケティングは専門職のため、業界・職種の特化型転職エージェントの利用もおすすめです。

ここでは、Webマーケティングへの転職に強い転職エージェントを4つご紹介します。

サイト・エージェント名こんな人におすすめ
マスメディアン
  • 広告・メディア系の仕事に就きたい
  • 実践的なアドバイスをもらいたい
マイナビクリエイター
  • クリエイティブ系の求人を探している
  • 手軽にポートフォリオを作成したい
レバテックキャリア
  • IT・Web業界での経験を活かしたい
  • 年収600万円以上を目指したい
ワークポート
  • 業界・実務未経験からWebマーケティングに転職したい
  • 正社員を目指しているが、バイトの経験しかない

広告・メディア系の求人なら「マスメディアン」

マスメディアン
(引用元
マスメディアン

こんな人におすすめ

  • 広告・メディア系の仕事に就きたい
  • 実践的なアドバイスをもらいたい

マスメディアン」は、広告系の求人を専門に取り扱っている転職エージェントです。

広告業界は、企業の業績を伸ばすための広告をつくることが仕事のため、Webマーケティング職を必要としています。

広告系の専門知識が豊富なアドバイザーが多数在籍しているので、実践的なアドバイスをもらえるでしょう。

専門性が高いエージェントのため、他にはない好条件の求人も保有しています。

Webマーケティングへの転職を検討している人は、ぜひ「マスメディアン」に登録してみてください。

マスメディアン|基本情報

運営会社株式会社マスメディアン
公開求人数約3,700件
非公開求人数非公開
対応地域全国+関東
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

クリエイティブ系の求人なら「マイナビクリエイター」

こんな人におすすめ

  • クリエイティブ系の求人を探している
  • 手軽にポートフォリオを作成したい

マイナビクリエイター」は、人材業界大手である「マイナビ」が運営するIT・Web系に強い転職エージェントです。

大手の知名度を活かしてIT系の求人を豊富に保有しており、マイナビクリエイターでしか紹介してもらえない求人もたくさんあります。

Web用のポートフォリオ作成サービス「MATCHBOX(マッチボックス)」を利用できるので、経験やスキルをアピールしたい人にもおすすめです。

IT系に精通したキャリアアドバイザーが転職活動をサポートしてくれるので、安心して転職活動を進められるでしょう。

興味がある人は、ぜひ「マイナビクリエイター」に登録してみてください。

マイナビクリエイター|基本情報

運営会社株式会社マイナビワークス
公開求人数-
非公開求人数-
対応地域中部+九州+近畿+関東
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

IT・Web系の経験者なら「レバテックキャリア」

こんな人におすすめ

  • IT・Web業界での経験を活かしたい
  • 年収600万円以上を目指したい

レバテックキャリア」は、利用者数20万人を突破しているIT・Web業界に強い転職エージェントです。

年間3,000回以上も企業へのヒアリングを行っており、現場社員の声や最新の企業情報などの独自情報を多く保有しています。

高年収の求人も多数取り扱っていて、内定者の収入アップ率も高く、年収600万円以上を目指すことも可能です。

IT・Web業界での経験を活かしたい人は、「レバテックキャリア」に登録してみましょう。

レバテックキャリア|基本情報

運営会社レバテック株式会社
公開求人数約14,480件
非公開求人数非公開
対応地域関東(東京・千葉・埼玉・神奈川)・関西(大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良・和歌山)・九州(福岡)・東海(愛知県・三重県・岐阜県)
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

未経験からIT業界への転職なら「ワークポート」

ワークポート
(引用元
ワークポート

こんな人におすすめ

  • 業界・実務未経験からWebマーケティングに転職したい
  • 正社員を目指しているが、バイトの経験しかない

ワークポート」は、業界・実務未経験からの転職に強い転職エージェントです。

長年培ってきた独自のネットワークを活かして、経験が浅い人でも挑戦できる求人を保有しています。

クリエイティブ系の求人に強みを持っているので、Webマーケティングの求人も見つかりやすいでしょう。

電話・Web面談も行っており、自宅から気軽に相談することができるので、ぜひ「ワークポート」に登録してみてください。

ワークポート|基本情報

運営会社株式会社ワークポート
公開求人数約54,000件
非公開求人数約21,000件
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年6月時点)

Webマーケティングに転職するメリット!未経験でも転職できる?

Webマーケティングに転職するメリット!未経験でも転職できる?

ここでは、Webマーケティング職に転職するとどのようなメリットがあるのか詳しく紹介します。

「未経験から転職できるのか?」についても解説しているので、ぜひ参考にしてください。

Webマーケティングに転職するメリット

未経験からでも転職可能!

Webマーケティングの仕事は、未経験からでも転職できることがメリットです。

以前は経験者を優遇する傾向でしたが、現在は人手不足のため、未経験者を採用して育てていく企業が増えています。

自分の強みを的確にアピールできれば、未経験からWebマーケティングに転職することも十分に可能でしょう。

「アピールポイントが分からない」という人は、「Webマーケティングに必要なスキル・向いている人」をチェックしてみてください。

Webマーケティングの需要は伸び続けている

Webマーケティングの仕事は、需要が伸び続けています。

近年、急速にIT化が進んでいるので、企業はWebマーケティングをもとに販売戦略を打ち出さなければ周囲の企業から遅れをとってしまいます。

そのため、Webマーケティングのスキルを持つ人を求める企業は非常に多いです。

今後もWebマーケティングの需要は伸び続けることが予想されるので、将来性のある職種といえます。

Webマーケターの平均年収

Webマーケティングに転職するなら、平均年収も気になるはずです。

求人ボックスdodaの調査によると、マーケティング職やITコンサルタントの年収は約500~600万円です。

日本の平均年収は436万円なので、Webマーケターは平均よりも高めの収入を得られます(参照:令和元年分民間給与実態統計調査結果)。

経験やスキルを積み上げていけば、もっと年収を伸ばすことも十分可能でしょう。

スキルを身につければ副業や独立も可能

Webマーケティングのスキルを身につければ、副業や独立をすることもできます。

Webマーケティングの需要は非常に高く、昨今はどんな企業でも欲しがる職種です。

Webマーケティングのスキルがあれば、会社を設立する際にスタートアップ企業から声がかかることもあります。

副業として仕事をしたり、フリーランスとして活動することも可能でしょう。

高いスキルを保有していれば、大企業から声がかかることもあるかもしれません。

Webマーケターとして独立すれば、年収1,000万円を超えることも夢ではありません。

Web未経験からフリーランスを目指すなら「ウェブフリ」がおすすめ

Web未経験からフリーランスを目指すなら、案件獲得から納品まで実践を通して学べるオンラインスクール「ウェブフリ」がおすすめです。

ウェブフリ
(引用元
ウェブフリ

「ウェブフリ」では、以下のような幅広いWebスキルと、案件獲得スキルの取得を目指すことができます。

WebスキルCanva、Photoshop、Illsutrater、動画編集、Wordpress/PHP、HTML/CSS/jQuery、JavaScript、コンテンツマーケティング、SEOライティング、ブログ運用、広告運用概論、インスタグラム運用代行
案件獲得スキルWEB集客スキル、リピート率アップ戦略、営業スキル、事業パートナー開拓

事前にコーチングセッションで興味や適性をチェックしてオーダーメイドカリキュラムを作成してくれるため、何を勉強したいか決まっていない人でも安心です。

学習コーチの指導のもと案件の獲得〜納品まで経験できるので、卒業後すぐに案件を受注して稼ぎたい人にもおすすめです。

ウェブフリ|基本情報

運営会社株式会社HATCH
受講料月額23,600円〜(分割払い可)
サポート期間3ヶ月、5ヶ月、9ヶ月
受講環境オンライン
対応地域全国

(最終更新:22年6月時点)

Webマーケティングに必要なスキル・向いている人

Webマーケティングに必要なスキル・向いている人

転職を成功させるには、Webマーケティングに求められるスキルや適性を把握しておくことが大切です。

ここでは、Webマーケティングに必要なスキルや向いている人の特徴をご紹介します。

Webマーケティングに必要なスキル・向いている人

市場調査・ニーズ分析力

Webマーケティングは膨大な量の情報から市場動向を見極める仕事なので、市場調査の能力が非常に重要です。

市場調査(マーケットリサーチ)とは、市場の状況を数値化し、マーケティング施策を立てることです。

顧客のニーズをしっかりと見極めるため、公的機関が発表しているデータを参考にしたり、アンケートをとってデータを収集したりします。

信頼できる値までデータを収集するためには、積極的にさまざまな媒体のデータをとり、的確に分析する必要があります。

データ分析力

Webマーケティングには、市場調査で手に入れたデータを分析する能力も求められます。

データ分析とは、与えられたデータを細分化したり、要素ごとに分類したりして、問題点や改善策を見つけ出すことです。

Webマーケティングでは、アクセス数や売り上げ、購入者の年代や性別、それらに関連するさまざまなデータを取り扱います。

データを的確に分析し、相関や因果関係からマーケティング戦略を打ち出していくことが仕事なので、データ分析力は欠かせないスキルの1つです。

流行・トレンドに敏感

Webマーケティング職は、流行やトレンドに敏感であることも重要です。

流行やトレンドに敏感な人は、情報収集能力が高く、市場の移り変わりにいち早く気付くことができます。

与えられたデータを分析しているだけでは、先手を打って販売戦略を立てられません。

細やかな市場の動きを察知できれば、先行してマーケティング戦略を立てられるので、売上に大きく貢献できる可能性があります。

論理的思考力で課題を解決できる

Webマーケティングには、論理的思考力によって課題を解決する能力が必要です。

データを用いて売上アップを実現するためには、結果から仮設をたて、筋道を立てて論理的に原因を分析する必要があります。

分析結果を社内で報告する際にも、論理的に説明する必要があり、売上アップのための施策も打ち出さなければいけません。

Webマーケターとして自社の売上アップを実現するためには、データを有効活用できる論理的思考力が必要です。

Webマーケティングの主な仕事内容

Webマーケティングの主な仕事内容

Webマーケティングが注目されるようになったのは比較的最近のことなので、「仕事内容がよくわからない」という人も多いでしょう。

ここでは、Webマーケティングの主な仕事内容を紹介します。

Webマーケティングの主な仕事内容

Web広告の運用

Webマーケティングの仕事の1つは、Web広告の運用です。

Web広告とはGoogleの検索画面やサイトのバナー、動画などに自社メディアや商品の広告を掲載し、コンバージョンにつなげるものです。

無駄なコストをかけずに、自社の潜在顧客が多い場所に広告を掲載することが重要なミッションとなります。

そのため、市場リサーチや分析が必要な仕事といえるでしょう。

SNSマーケティング

SNSマーケティングとは、その名の通りSNSを使ってマーケティングをする仕事です。

自社のSNSアカウントを作成し、担当者が会社の顔となってSNSを通して情報を発信していきます。

近年は老若男女問わずSNSを利用しているため、SNSでマーケティング戦略をすることは、企業の売上に大きく貢献できるでしょう。

SHARPタニタなどの企業は、Twitterの公式アカウントが面白いことで話題になり、知名度がアップした成功例です。

SEO分析

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略であり、検索エンジン最適化のことを指します。

具体的には、自社のWebコンテンツがより多くの人に知れ渡るために、検索上位に来るよう施策することです。

近年では多くの企業がSEO対策に力を入れており、何も対策をしなければ検索上位にヒットすることは難しくなっています。

多くの人の目に触れるためには、顧客ニーズをしっかり汲み取り、有益なコンテンツを生み出すことが求められます。

Webディレクター

Webマーケティングの仕事の1つとして、Webディレクターというポジションの人もいます。

Webディレクターとは、プロジェクト全体の進行を監督・管理する職で、プロジェクトの責任者にあたる立場の人です。

Webマーケティングで経験を積んでWebディレクターを目指すことも可能ですが、アプリやサイトの監修などの高度な知識や経験が求められます。

自ら培ってきたWebマーケティングのスキルを活かせる場面も多く、マーケターとしての知見を大いに活かせるでしょう。

Webマーケティングの求人情報

Webマーケティングの求人情報

Webマーケティングの仕事に転職するなら、どのような求人があるのか気になるでしょう。

ここでは、Webマーケティング職の求人を紹介します。

IT業界のWebマーケティングの求人

2022年5月時点、「レバテックキャリア」では、以下のようなIT業界のWebマーケティングの求人が掲載されています

IT業界のマーケティング職は、Webマーケティングとして任される範囲も広く、多岐にわたる業務が掲載されています。

レバテックキャリアには非公開求人も多く掲載されているので、以下のボタンから登録して求人をチェックしてみてください。

広告業界のWebマーケティングの求人

2022年4月時点、「doda」では、広告業界のWebマーケティングの求人が755件掲載されていました。

広告業界のWebマーケティングの求人
(引用元
求人情報|doda

広告業界ではWebマーケティングの求人が多く、なかには未経験から挑戦できる求人も見られました。

他の求人もチェックしたい人は、以下のボタンから登録してチェックしてみてください。

メーカーのWebマーケティングの求人

2022年4月時点、「リクルートエージェント」では、メーカーのWebマーケティングの求人が53件掲載されていました。

近年ではメーカーでもWebマーケティングの需要が高まっており、上記の京セラの他にもさまざまなメーカーがWebマーケティングの求人を出していました。

興味のある商材があり、Webマーケティングの仕事に就きたい人は、以下のボタンから登録して求人をチェックしてみてください。

Webマーケティングの転職成功のための転職エージェント活用ポイント

Webマーケティングの転職成功のための転職エージェント活用ポイント

転職エージェントは基本無料で使えるので登録して損することはありませんが、せっかく使うなら最大限に活用したいものです。

ここでは、転職エージェントを100%使いこなすポイントを6つご紹介しています。

Webマーケティングへの転職を成功させるためにも、ぜひ参考にしてください。

転職エージェントを活用するポイント

ポイント1.カウンセリングの前に希望条件をまとめておく

転職エージェントの担当者との初回面談の前に、転職先に求める条件(転職の軸)を自分なりにまとめておきましょう。

希望条件を明確に伝えることで、的外れな求人を紹介されにくくなります。

また、担当者に転職への熱意が伝わるので、サポートにも力を入れてもらえるでしょう。

なお、希望条件を決める際は、「必ず叶えたい条件」と「叶ったら嬉しい条件」を分けておくことが重要です。

希望条件

転職は部屋探しと同じで、全ての希望が叶うことはめったにありません。

「最低限これだけ叶えば問題ない」という条件をハッキリと決めて、自分の中での優先度を明確にしておくべきです。

どうしても転職の軸が定まらない場合は、転職エージェントの担当者に相談し、本当に転職すべきか一緒に考えてもらうと良いでしょう。

転職の軸の一例

  • 年収が上がる
  • 経験を積める
  • 専門的なスキルが身に付く
  • 希望の勤務地で働ける
  • 好きな仕事ができる
  • ワークライフバランスが良い
  • リモートワークができる
  • 家賃補助がある 等

ポイント2.良い転職先があればすぐ転職すると伝える

すぐに転職する予定がなくても、担当者には「良い求人が見つかればすぐに転職したい」という意思を伝えておくことが大切です。

転職する気がない人だと担当者に思われると、求人紹介が他の転職者よりも後回しになってしまう可能性があります

すぐに転職する気が無くても、転職エージェントに登録することは可能です。

担当者から「情報収集のためだけに登録した人」と思われないように気をつけましょう。

担当者とこまめに連絡を取ることも大事

担当者とはこまめに連絡を取り、転職活動への意欲を見せるようにしましょう。

担当者に連絡を入れてないと「転職する気がない?」と思われてしまい、求人紹介を後回しにされてしまいます。

1週間に1度程度でも、「新着で良い求人はありませんか?」「この企業の求人は出てますか?」などの連絡を入れておくと、熱意が伝わりやすくなります。

ポイント3.推薦書を自分でもチェックする

転職エージェントによっては、応募時に企業に向けて「推薦書」を書いてくれることがあります。

推薦書には、第三者から見た印象や人柄などを記載してもらえるので、職務経歴書だけでは伝えられない魅力をアピールできます。

しかし、中には推薦書を雑に作成する担当者もいるので注意が必要です。

たとえば、経歴が書かれているだけだったり、誰にでも使い回しができるような内容を書かれてしまったりするケースもあります。

そのため、推薦書を提出してもらう場合は「面接で推薦書の内容とズレが出ないようにしたい」と伝えて、内容を確認させてもらいましょう。

ポイント4.質の悪い担当者はすぐに変更する

もし「この担当者ダメそう…」と思う人に当たってしまったら、早めに変更しましょう。

そのまま利用を続けているとスムーズに連絡が取れなかったり、希望条件に合わない企業を紹介されたりと、転職活動に悪影響を及ぼします。

「質の悪い担当者」がどのような人か分からない場合は、以下の特徴に当てはまってないかチェックしてみてください。

質の悪い担当者の特徴

  • 連絡が遅く、転職活動がスムーズに進められない
  • あなたの今後のキャリアを考えず、内定しやすい企業ばかり紹介してくる
  • 求人の懸念点を聞いてもうまく答えられない
  • 「他にも求人を紹介してほしい」という要望に応えてくれない
  • 企業への年収交渉などを行ってくれない

もしこのような担当者に当たってしまったら、直接担当者に変更申請するか、「問い合わせページ」などから依頼して変更してもらいましょう。

ポイント5.面接日程を近付けすぎない

1週間に何回も面接を入れるなど、近い日程で複数の面接を受けるのはやめましょう。

面接の日程が近過ぎると、余裕を持って企業分析ができません。

キャリアアドバイザーと面接対策を練る時間も取れなくなるので、ひとつひとつの面接が疎かになってしまいます。

面接は多くても1週間に2回程度に抑えておくのがおすすめです。

ポイント6.他の転職エージェントも併用する

転職エージェントは、複数まとめて利用するのがおすすめです。

複数の転職エージェントを使うことで、失敗のリスクを大きく減らせます。

転職エージェントを併用するメリット

  • 多くの求人数の中から希望の求人を探すことができる
  • 各転職エージェントの独占案件もチェックできる
  • 複数の担当者からのアドバイスを受けられる(質の悪い担当者を見分けられる)

「そんなに登録したら管理しきれないのでは?」と思うかもしれませんが、2〜3社程度ならそこまで負担になりません。

それに、合わない転職エージェントはすぐに退会して大丈夫です。

転職エージェントは何社利用しても料金が無料の場合も多いので、有効活用して失敗のリスクを減らしましょう。

転職エージェント登録〜内定までの流れ

転職エージェント登録〜内定までの流れ

ここでは、転職エージェントに登録してから内定までの流れを紹介しています。

受けられるサポートの内容についても紹介しているので、ぜひ確認してください。

ステップ1.申し込み・登録

ステップ1.申し込み・登録

転職エージェントを利用するには、まずは登録を行います。

会社によって登録内容は異なりますが、一般的には以下のような内容を入力します。

登録内容

  • 名前
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 職務履歴
  • 勤務先名

入力した情報をもとにマッチングを行うので、精度を上げるためにも正確に詳しく入力しておきましょう。

ステップ2.キャリアアドバイザーとの面談

ステップ2.キャリアアドバイザーとの面談

登録が完了すると、転職エージェントから初回面談の日程調整の連絡がきます。

2022年4月時点では、社会情勢を踏まえて電話面談を持ちかけられることもありますが、電話でも対面でも面談内容に違いはありません。

初回面談の目的は、転職先の希望や将来のビジョンなどを共有することです。

いきなり企業の紹介や申し込みに向けて動くわけではないので、転職先の希望や悩みなど、転職に関することは何でも相談してみましょう。

事前に職務経歴やスキルを書き出しておくと、スムーズに話が進みます。

ステップ3.求人紹介

ステップ3.求人紹介

面談で転職の希望を伝えると、キャリアアドバイザーが希望に合った求人を紹介してくれます。

条件に合った求人を紹介してもらうコツは、希望や不安などを詳細に伝えることです。

詳しく希望を伝えておくことで、求人のミスマッチを防ぐことができます。

また、一般には公開されていない「非公開求人」を紹介してもらえることもあるので、より好条件の求人が見つかる可能性もあるでしょう。

求人紹介の時には、求人票だけではわからない以下のような情報を教えてもらうことも可能です。

  • 転職先の社風・雰囲気
  • 業界の動向・将来性
  • 入社後のキャリアパス
  • 書類選考や面接の難易度

ステップ4.応募

ステップ4.応募

応募企業が決定したら、キャリアアドバイザーが応募手続きを行ってくれます。

履歴書の添削など、応募時に必要な書類の作成をサポートしてもらえるので、初めて転職する人でも安心です。

また、転職エージェントによっては応募書類と一緒に「推薦状」を送ってくれることもあります。

推薦状とは、求職者の経歴やスキル、人柄や転職理由などに加えてエージェントの推薦理由が書かれているものです。

推薦状を書いてもらえれば、転職成功率がより高まるでしょう。

ステップ5.面接

ステップ5.面接

書類選考に通過したら、面接に進みます。

転職エージェントでは、事前に面接の雰囲気に慣れることができるよう、模擬面接を行ってくれる場合もあります。

面接でよく聞かれる質問などについても教えてもらえるので、事前に回答例を準備しておけば、面接の通過率を上げることができるでしょう。

また、面接でのアピールポイントもアドバイスしてもらえるので、企業に合わせた対策を行うことが可能です。

転職が初めての人や、面接が不安な人は、転職エージェントに登録することで強力にバックアップしてくれるでしょう。

ステップ6.内定・入社(アフターフォロー)

ステップ6.内定・入社(アフターフォロー)

面接を突破して内定・入社が決まった後も、転職エージェントから以下のようなアフターフォローを受けられます。

  • 勤務開始日の調整
  • 給与などの条件交渉の代行
  • 退職交渉
  • 引き継ぎに関するアドバイス

自分ではなかなか言い出しにくい給与の交渉も代行してもらえるので、より好条件の転職ができる可能性があります。

また、現職の退職についてもサポートしてもらえます。

まとめ

Webマーケティングに転職するためには、自分に合った転職サイト・転職エージェントに複数社登録し、万全な対策をしたうえで選考に臨むことが重要です。

さまざまな転職サポートを受けられる転職エージェントや、IT・Web系に特化した転職サイトなどを利用してみてください。

Webマーケティングにおすすめの転職サイト・エージェント

転職サイト・転職エージェントをしっかり活用して、Webマーケティングへの転職を成功させましょう。

関連記事