Operated by Ateam Inc.

イーデス

転職後のストレスがいつまでも続く人へ|よくある原因と解消法を紹介

最終更新日:

転職後のストレスがいつまでも続く人へ|よくある原因と解消法を紹介
転職
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

「せっかく転職したのに、ストレスが溜まり解消されない…」
「このままストレスを溜め続けると、仕事が嫌になりそう…」

転職先での新しい人間関係の戸惑いや、周りの仕事のスピード感についていけないことで、ストレスを溜めていませんか?

ストレスが溜まり解消されない状態が続いてしまうと、仕事を苦痛に感じてしまうでしょう。

そこでこの記事では、転職後のストレスの原因や一般的に良いとされるストレス解消法を紹介します。

この記事を参考にすることで、転職先でのストレスから解放され、自分らしく働けるようになるでしょう。

再転職するなら転職エージェントに相談しよう

現職で悩みの解決が難しい場合は、再転職も視野に入れて動き出す必要があります。

もし再転職するなら、キャリア相談から求人紹介まで受けられる転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントは複数ありますが、特におすすめなのが「doda」です。

doda
(引用元
doda

dodaは、アドバイザーの質が高く、親身なサポートで定評があります。

求職者のキャリアや将来を考えた上でアドバイスをしてくれるので、転職に関する悩みを抱えている方におすすめです。

利用は完全無料で気に入らなければすぐに退会できるので、まずは無料登録して相談してみましょう。

簡単3分!
エージェントサービスに登録で非公開求人を確認!

doda公式サイトで無料登録

気になる内容をタップ

転職後のストレスによくある4つの原因

転職後のストレスによくある4つの原因

就職や転職するときは、不安や環境変化が大きく、ストレスを感じるのは当然のことです。

下記のグラフは、大手転職エージェント「doda」による転職1ヶ月から3ヶ月以内にストレスを感じた人の有無を調査した結果です。

【転職直後(入社後1~3カ月程度)のストレスの有無】

転職後およそ1~3ヶ月の間に「ストレスがあった」という方は80.7%にのぼり、ストレスを感じるのは珍しいことではないです

そこでここでは、転職後のストレスにつながる原因を紹介します。

まずは自身の抱えている問題を見つめ直して、適切な対処を取れるようにしていきましょう。

転職後のストレスになる原因

原因1.職場の雰囲気に馴染めない

職場の雰囲気に馴染めないことで、ストレスが溜まっている場合があります。

職場の雰囲気に馴染めないと、「仲間はずれにされている感覚」や「孤独感」を感じやすいです。

職場が変われば、新たなルールなどに慣れるまでには時間がかかり、「自分だけ」が慣れていないことで職場に馴染めていないと感じてしまうのです。

新しい職場の雰囲気に馴染むまでは1ヶ月から3ヶ月、長ければもっとかかる人もいます。

早く馴染もうと焦ると、さらにストレスが溜まる可能性があるので、「新しい職場に馴染むまでには時間がかかる」と受け入れることも大切です。

原因2.人間関係がうまくいかない

新しい職場で人間関係がうまくいかないことも、ストレスの原因です。

転職後、人間関係で悩む人は多くいます。

パーソルキャリアが運営する「CAREER POCKET」の調査によると、転職後1年未満のビジネスパーソンの「転職後の悩み」で一番多かったのは「人間関係」であり、28.2%という結果が出ています。

【転職者の転職後の悩みと相談相手に関する意識調査】

転職は、新卒入社のように同僚がいるとはかぎりません。

すでに人間関係ができあがっている場所に入ることになるので、人間関係が築きにくい場合もあります。

コミュニケーションを積極的に取ることで人間関係を構築できますが、すぐに仲の良い人が作れるわけではないので、転職後すぐは人間関係で悩むことが多いです

原因3.仕事にギャップを感じる

転職後、仕事にギャップを感じるのも、ストレスの原因になります。

職場が変われば、仕事の中身ややり方も変わるのは当たり前ですが、事前に聞かされていた仕事内容と異なる場合や、スキル以上の仕事が割り当てられた場合、ギャップを感じやすいのです。

そのギャップが「こんなはずじゃなかったのに…」という不満を生み出し、ストレスの原因となっていきます。

原因4.ワークライフバランスに不満がある

転職後、ワークライフバランスに不満を感じてストレスを抱える人もいます。

転職すれば、通勤時間や勤務時間・休日の過ごし方の変化も起こり、前職とはまた違った生活スタイルを構築しないといけません。

また「残業が多くて終業後の時間が取れない」「休日出勤が多くて休めない」など、思わぬ変化がある可能性もあります。

残業や休日出勤については、自分だけで解決できない場合も多いため、思った通りのワークライフバランスが描けず、転職を後悔することもあります。

ストレスレベルをセルフチェックしよう

ストレスは、自分では気づかないこともあります。

大切なことは、体調の変化など自分の心身の状況変化をきちんと自覚することです。

ストレスチェックは、自分でも簡単にできます。

厚生労働省のポータルサイト「こころの耳」にある「5分でできる職場のストレスセルフチェック」では、下記のような簡単な質問(17問)に答えることで、ストレスのレベルがわかります。

自分のストレスに気づいてあげることで、心身の健康を悪化させる可能性を回避できます。

ぜひ一度チェックしてみてください。

転職後のストレスを解消!試してほしい6つの方法

転職後のストレスを解消!試してほしい6つの方法

ここでは、転職後に感じるストレスをどのようにして解消すれば良いのか、一般的によいとされる方法を紹介していきます。

自分にとって実践しやすい方法を取り入れることで、少しでもストレスが軽減されるかもしれません。

転職後のストレス解消方法

取り入れやすい解決法があれば、ぜひ試してみてください。

方法1.新しい環境を受け入れる

前の会社のやり方がよかったと思っても、一度新しい会社の方針を受け入れてみることが大事です

仕事の進め方には、それぞれの会社独自の習慣やルールがありますが、新しい仕事のやり方に慣れていくと、「意外とこちらの方がよい」と気がつくこともあります。

新しい環境や仕事のやり方を受け入れるためには、以下の方法がおすすめです。

新しい環境を受け入れる方法

  • できるだけ多く、仕事の楽しめる要素を探す
  • 毎日小さな目標を設定し、達成感を味わうようにする
  • 「誰でもすぐに慣れるわけではない」と思うようにする
  • わからないことがあった場合は、上司や同僚に相談する など

新しいやり方を試したうえで、それでも変えたほうがよいと思うことがあれば、上司や同僚に相談して改善を図るのがよいでしょう。

イーデス

藤井さん

キャリア相談に来られる方で、転職先でうまく行かないケースで多いのは、まだ仕事の全体像がつかめていないことです。
仕事の流れがわからずイレギュラーなことが起こると、「なんで私は仕事が覚えられないんだろう」と落ち込んでしまいます。
そこでおススメしたいのが、仕事の流れを掴むことです。
まず、自分の理解があっているか、仕事のプロセスやつながりを図にしてみましょう。
そして、上司や同僚に自分の理解はあっているか、確認してみてください。
意外と周囲の人は、あなたが全体像を理解していると思い込んでいます。
可視化させ、あなたの頭の中と実態をすり合わせることで盲点が見えてきます。

方法2.コミュニケーションを意識する

自らコミュニケーションを取ることで、仕事を教えてもらいやすく、早く職場に馴染むことも可能です。

職場に馴染むだけでも「自分だけよその人間」と感じてしまうストレスが軽減され、会社に行きやすくなります。

コミュニケーションが苦手な人も、笑顔を心がけたり、挨拶だけはしたりするだけでも印象はよくなるでしょう。

どんな話をすればよいのかわからない場合は、以下のような話題を取り上げることがおすすめです。

コミュニケーションの話題例

  • 「明日は寒くなる」「今日は暑い」などの天気の話
  • その日におこなう必要のあるタスクの話
  • その日に達成した仕事や成果の話 など

まずは、自分から意識してコミュニケーションをとるように心がけてみてください。

方法3.プライベートの時間を大切にする

転職後は、特にプライベートの時間を大切にしてみてください。

転職直後は「早く仕事を覚えよう」「勤務先に慣れよう」と努力して、気を張ります。

そのため、いつの間にか体や心にストレスが溜まり、ある日一気にストレスがかかって会社に行きたくなっている場合もあります。

努力は必要なことですが、プライベートな時間はしっかり心身を休めましょう

旅行でリフレッシュしたり、趣味などやりたいことを満喫することでストレスを軽減すれば、仕事の効率も上がる可能性があります。

また、仕事とプライベートを切り替えられないと悩んでいる場合は、以下の方法を取り入れてみましょう。

仕事とプライベートを切り替える方法

  • 仕事のスケジュールを詳しく決めておく
  • オフの時間は仕事のメールを見ない
  • オンとオフの切り替えスイッチをつくる

早く新しい仕事に慣れるためにも、オンオフの切り替えは大切です。

イーデス

藤井さん

慣れていない職場では、本人が思っている以上に緊張し、肩に力が入っているものです。
すぐに職場環境や人間関係、仕事に慣れるのは難しいですが、ある程度の期間を過ごせば徐々に慣れていくものととらえ、焦らないことが重要です。
そこで大事なことは、オンとオフ。
切り替えは、時間だけでなく気持ちも大事です。
出勤されている方は仕事からの帰り道、意識的にオフモードに切り替えられるよう、好きな音楽を聴いたり、好きな本を読んだり、帰りに少しの時間だけでも図書館やカフェに立ち寄るなど、一人になる時間を作りましょう。
また、休みの日に何をしようとあらかじめ計画を立てるなど、楽しみを作っておくこともおすすめです。

方法4.社内に味方をつくる

転職後は、知り合いがいない状態で孤独感を感じやすいため、社内に味方をつくることも大切です。

社内で味方をつくる方法

  • 周囲のサポートを積極的に行う
  • 仕事に積極的な姿勢や一生懸命さを見せる
  • 会話しやすいネタや雰囲気を作る など

孤独感は不安やストレスを引き起こしやすくするため、味方をつくることで、不安やストレスを軽減できます。

また、なにか問題が起きた時に相談できたり、愚痴をこぼせたりする相手がいるだけでも心強いです。

方法5.うつ症状がある場合は早めに診察を受ける

もし、うつ症状がある場合は、病院の診察を早めに受けましょう

下記のような症状にあてまる項目が多い場合は、注意が必要です。

うつ病を疑うサイン-自分が気づく変化

  • 悲しい、憂うつな気分、沈んだ気分
  • 何事にも興味がわかず、楽しくない
  • 疲れやすく、元気がない(だるい)
  • 気力、意欲、集中力の低下を自覚する
    (おっくう、何もする気がしない)
  • 寝つきが悪くて、朝早く目がさめる
  • 食欲がなくなる
  • 人に会いたくなくなる
  • 夕方より朝方の方が気分、体調が悪い
  • 心配事が頭から離れず、考えが堂々めぐりする
  • 失敗や悲しみ、失望から立ち直れない
  • 自分を責め、自分は価値がないと感じる など

(引用:うつ病を知る|厚生労働省

転職したばかりで「ストレスなんて感じている場合じゃない…」と無理に頑張っていませんか?

もちろん、頑張るのは大切なことです。

しかし、うつ病に近い症状の場合、無理に頑張ることで心身を壊してしまう可能性があります。

自分にうつ病の症状がある場合は、早めに病院の診断を受けて対策をとりましょう。

方法6.再転職も検討する

悩みが解消しないときは、もう一度転職活動を始めてみるのも選択肢のひとつです。

改めて転職活動をしてみれば、新しい可能性に気づくかもしれません。

また、今の勤務先の良さやメリットに気づくこともあるかもしれません。

「辛くて出社したくない」「ストレスが溜まりすぎる」という場合は、再転職を検討してみましょう。

転職をスムーズに進めたい場合は、転職エージェントを利用することがおすすめです。

転職エージェントの特徴やおすすめのサービスは、「転職エージェントに相談してみる」以降で詳しく解説します。

転職後に自信喪失してしまったときはどうしたらいい?

転職後に自信喪失してしまったときはどうしたらいい?

転職した職場で仕事がうまくいかない場合、「自分はダメだ」「自分は何もできない」というネガティブな思いがつのり、自信を失ってしまう人はいます。

ただし、自信の喪失は自分の勝手な思い込みだけで、ネガティブな思いを整理することで気持ちが楽になります。

そこでここでは、転職で自信を失ったときの対処法をケース別に見ていきましょう。

思うような成果が出せない

「スキルがあるのに、なかなか結果に結びつかない」と仕事に対する自信を失ってしまう人はいます。

このケースの場合、「活躍できると思っていた」という思い込みが、自信喪失の原因となっています。

思うような成果が出せず自信を失った場合は、下記のように、具体的に現実と理想を書き出してみましょう。

  • 現実:目標となっている売上が〇〇〇万円足りていない
  • 理想:スキルを使って〇〇〇万円の売上目標を達成したい

現実と理想を書き出したら、理想に近づくためにはどうすればよいのか考えてください。

「〇〇〇万円の売上目標を達成したい」という理想であれば、上司に売上アップのコツを聞いたり、売上をあげるための新しい知識を得たりする必要があります。

思い込みを整理し具体的な行動案を考えることで、前向きな気持ちで仕事に臨めるでしょう。

内定が出ず自分の価値に悩む

「マネジメント経験があり職歴に自信があるのに、書類選考や面接で落とされ続けてしまう」と、転職活動中に自信を失ってしまう人もいます。

リーダーや管理職の経験があるにもかかわらず、不採用が続いてしまうと、「これまでのキャリアに価値はなかったのか…」と落ち込んでしまうでしょう。

内定が出ず自分の価値に悩むケースにおいても、具体的に現実と理想を書き出すことで対処法を見つけられます。

  • 現実:書類選考や面接で落とされ続けてしまう
  • 理想:新しい職場でもマネジメント経験を活かして働きたい

理想に近づくためには、応募書類や面接対策を入念に行う必要があります。

会社ごとの書類添削や模擬面接を依頼したい場合は、転職エージェントの利用がおすすめです。

doda」や「リクルートエージェント」といった転職エージェントには、求人紹介から内定までをすべてサポートしてくれるキャリアアドバイザーが在籍しています。

また、会社に推薦状を書いてくれるため、書類選考通過率も上げられるでしょう。

イーデス

藤井さん

キャリア相談では、新しい会社の選び方自体を間違えている人が多いことを感じます。
理由を探っていくと、「前の職場を早く辞めたくて、内定が出たところに焦って入社してしまった」「内定を出してくれたので、ここは違うかもと思いつつ断れないまま入社した」といったケースが少なくありません。
そこでやっていただきたいのが、もう一度原点に戻って転職活動をすることです。
「なぜ前の会社を辞めたいと思ったのか」「転職するならどんなことを叶えたいと思ったのか」などを考え、最初からまっさらな気持ちで転職活動してみましょう。

新しい職場に慣れるまで辛いことを乗り越える方法

新しい職場に慣れるまで辛いことを乗り越える方法

慣れない職場環境にストレスを感じ、辞めたいと考える人はいます。

新しい職場では覚えることも多く、人間関係も1から構築しなければならないので、辛いと感じてしまうことも多々あるでしょう。

ただし、以下の方法で辛いことを乗り越えられる可能性があります。

新しい職場に慣れるまで辛いことを乗り越える方法

それぞれ順に見ていきましょう。

3ヶ月から半年ほど頑張ってみる

新しい職場に慣れるまでは、3ヶ月~半年まで仕事を続けてみることをおすすめします。

転職後のストレスによくある4つの原因」で紹介したように、転職後およそ1~3ヶ月の間、ストレスを感じることは珍しくないですが、それ以降はストレスが減り、辛い気持ちも解消できるかもしれません。

「慣れなくて辛い」と感じるのは、一時的な感情であることが多く、3ヶ月から半年ほど頑張ってみることでいつの間にか職場にも慣れていくことでしょう。

また、以下のような方法を取り入れることで、スムーズに職場に馴染める可能性が上がります。

職場に馴染むための方法

  • 相手の目を見て元気に挨拶をする
  • 上司と積極的にコミュニケーションをとる
  • 社内の人の名前を早く覚える努力をする
  • 何か手伝えることはないか周囲の人に聞いてみる

職場に馴染めなくて辛いときは、すぐに退職を検討するのではなく、3~6ヶ月の間様子を見ることをおすすめします。

早めに転職を検討する

どうしても辛いときは、すぐに転職することを検討しましょう。

慣れない職場で無理やり働き続けていると、心身を壊してしまう可能性があるためです。

また入社1ヶ月程度の早期退職であっても、納得感のある退職理由があれば、転職で大きく不利になることはありません

以下のような退職理由の場合、「やむを得ない」「仕方がない」と判断されるでしょう。

納得感のある退職理由例

  • 聞いていた仕事内容と実際の業務が大きく異なっていた
  • 病気になってしまい、療養していた
  • 結婚を機に引っ越すことになり、通勤が困難になった など

嘘をつくのはNGですが、やむを得ない退職理由があれば、再度転職活動をする場合でも不利になりにくいでしょう。

イーデス

藤井さん

早期退職は採用担当者が不審に思うため、退職理由を丁寧に伝えることで、相手に安心感を与えられます。
例えば、採用された部署や役職が会社の都合で急遽なくなってしまった場合、「話が違ったから」という退職理由ではなく、「少し頑張ってみたが、目指したいものと異なることを実感したため、もう一度転職活動して自分のキャリアを生かしていこうと思った」という旨を伝えることがベターです。

転職エージェントに相談してみる

再度転職活動をする場合、転職エージェントに相談しながら転職活動をするのがおすすめです。

転職エージェントは、あなたの経歴や相談内容から最適な転職先を紹介してくれるので、転職先のミスマッチが起きるリスクを減らせます

転職エージェントは、以下のような転職活動のサポートを行っています。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職エージェントは、アフターフォローも充実しており、入社後の相談を受け付けている場合もあります。

会社の雰囲気や雇用条件など、入社後にギャップを感じた際は、気軽に相談してみましょう。

転職後に悩んだ時に相談したい転職エージェント2選

転職エージェントにはたくさんの種類があるので、どれを選べばいいか迷ってしまう方も多いでしょう。

そこで、ここからはおすすめの転職エージェントを厳選して2社ご紹介していきます。

転職エージェント名特徴
doda
  • すべての人におすすめ
  • 転職サイトとしても利用できる
リクルートエージェント
  • すべての人におすすめ
  • 取り扱い求人数業界最多

転職エージェントは複数利用しよう

転職エージェントは求人数、得意分野、サービス内容が異なるので、複数登録しておくのがおすすめです。

多くの求人を見た方が希望に合った転職先が見つかりやすいですし、相性の良いアドバイザーに出会える確率も高くなります。

ここで紹介する2社はどちらも無料で利用可能なので、気になるエージェントはすべて登録しておきましょう。

手厚いサポートを受けたい人は『doda』

doda
(引用元
doda

doda」は、業界トップクラスの求人数と実績を誇る転職エージェントです。

キャリア相談やヒアリングの丁寧さにも定評があり、登録後はアドバイザーが親身に転職相談にのってくれます。

転職が決まっていない状態でも相談できるので、「辞めて転職すべきか迷っている」という段階でも利用できます。

また、「転職サイト」としても利用でき、登録後はサイト上で自分で求人を検索することも可能です。

状況に応じて使い分けできるので、「マイペースに転職活動を進めたい」「ひとまずどんな求人があるかチェックしたい」という方は、ぜひ利用してみてください。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
求人数

200,000件以上(非公開求人を含む)

対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:24年6月時点)

簡単3分!
エージェントサービスに登録で非公開求人を確認!

doda公式サイトで無料登録

たくさんの求人から選びたいなら『リクルートエージェント』

リクルートエージェント」は、国内トップクラスの求人数を誇る転職エージェントです。

業界・職種問わず豊富な求人があるので、希望条件にマッチする案件を効率よく見つけられます。

また、業界No.1の転職支援実績を持っていることも特徴のひとつです。

転職活動中は、たくさんの求職者を支援してきたキャリアアドバイザーが求人探しから内定まで手厚くフォローしてくれます。

書類作成や面接対策などのサポートも充実しているため、初めての転職でも安心して利用できるでしょう。

※ITエンジニア向けの公式ページはこちら

リクルートエージェント|基本情報

運営会社

株式会社リクルート

公開求人数

約404,000件

非公開求人数

約221,000件

対応地域全国+海外
料金すべて無料
登録免許厚生労働省有料職業紹介事業: 13-ユ-313011
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

(最終更新:24年6月時点)

まとめ

転職直後は、誰でもストレスを感じやすいものです。

原因は、転職に対する不安や焦り、緊張、不満などいろいろ考えられます。

原因が何であれ、大事なことは、ストレスに早く気づきあなたに合った対策を見つけて、ストレスを解消することです。

転職の悩みのおすすめの解消法は、下記の6つです。

転職後のストレス解消法

  • 新しい環境を受け入れる
  • コミュニケーションを意識する
  • プライベートの時間を大切にする
  • 社内に味方をつくる
  • うつ症状がある場合は早めに診察を受ける
  • 再転職も検討する

転職後のストレスは、「希望の転職先じゃなかった…」というミスマッチから起こることもあります。

再転職を考えるなら、一度転職エージェントに相談しましょう。

転職のプロであるキャリアアドバイザーは、ストレスの原因を踏まえた上で、解決策をアドバイスしてくれます。

すぐに転職するつもりがなくても相談できますので、まずは何でも気軽に話してみましょう。

転職エージェント名特徴
doda
  • すべての人におすすめ
  • 転職サイトとしても利用できる
リクルートエージェント
  • 取り扱い求人数業界最多
  • ITエンジニア向けの公式ページはこちら

転職の関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE