Operated by Ateam Inc.

イーデス

30歳の平均年収は?手取りや大卒・女性の年収、企業年収ランキングも解説

最終更新日:

30歳の平均年収は?手取りや大卒・女性の年収、企業年収ランキングも解説
転職
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

国税庁の「令和4年分民間給与実態統計調査」によると、30歳~34歳の平均年収は約425万円です。

この記事では30歳代の平均年収を男女別や大卒高卒別、業種別などあらゆる角度から解説します。

30歳から年収を増やす方法についても取り上げますので、ぜひ参考にしてください。

    気になる内容をタップ

    【性別・男女別】30歳代の平均年収!

    国税庁の「令和4年分民間給与実態統計調査」によると、30歳~34歳の平均年収は約425万円です。

    また同調査によると30歳~34歳男性の平均年収は約485万円、30歳~34歳女性は約338万円と性別によって開きがあります。

    手取り額は「年収の80%」と仮定した場合、男性は約388万円、女性は約270万円です。

    この章では、30歳代の年収について詳しく見ていきましょう。

    【性別・男女別】30歳代の平均年収

    30歳~39歳の男女別平均年収

    転職サービス「doda」が調査した各年齢の平均年収は以下のとおりです。

    年齢男性女性
    30歳453万円371万円
    31歳465万円379万円
    32歳476万円379万円
    33歳491万円381万円
    34歳492万円384万円
    35歳506万円388万円
    36歳516万円388万円
    37歳530万円394万円
    38歳536万円397万円
    39歳550万円396万円

    (参考:doda|2023年時点

    男性は30代後半になると、年収500万円以上を目指せます

    一方、女性の平均年収は30~39歳まで300万円台と男性よりも低めです。

    30歳男性の平均年収

    doda」の調査によると、30歳男性の平均年収は453万円です。

    国税庁の「令和4年分民間給与実態統計調査」によれば、日本の平均年収は458万円です。

    そのため、30歳男性の平均年収は日本全体の平均とほぼ同程度といえます。

    男性の年齢別平均年収比較表

    年齢平均年収
    20歳293万円
    30歳453万円
    40歳561万円
    50歳624万円

    (参考:doda|2023年時点

    30歳女性の平均年収

    doda」の調査によると、30歳女性の平均年収は371万円です。

    男性と比べると、80万円ほど平均年収が低い結果となっています。

    女性は出産で産休・育休に入ったり、勤務時間・雇用形態を変更したりする人も多いため、男性と比べて平均年収が低くなっていると考えられるでしょう。

    女性の年齢別平均年収比較表

    年齢平均年収
    20歳261万円
    30歳371万円
    40歳407万円
    50歳422万円

    (参考:doda|2023年時点

    【大卒・短大・高卒別】30歳代前半の平均年収

    30歳代前半の平均年収は、学歴が高くなるほど上がる傾向にあります。

    30歳代前半と後半の学歴別年収を見ていきましょう。

    30代の学歴別年収(男性)

    学歴30~34歳35~39歳
    大学院卒357.3万円435.5万円
    大学卒319.3万円375.5万円
    高専・短大卒290.0万円335.6万円
    専門学校卒275.0万円300.0万円
    高卒263.8万円287.2万円

    (参考:令和4年賃金構造基本統計調査|厚生労働省
    ※賃金×12ヶ月で算出(賞与は含まず)

    30代の学歴別年収(女性)

    学歴30~34歳35~39歳
    大学院卒343.3万円393.2万円
    大学卒279.2万円307.2万円
    高専・短大卒244.6万円255.6万円
    専門学校卒248.4万円267.2万円
    高卒214.4万円220.2万円

    (参考:令和4年賃金構造基本統計調査|厚生労働省
    ※賃金×12ヶ月で算出(賞与は含まず)

    30代後半の男性で大学院卒の場合は、年収400万円を超えています。

    30代前半でも、男性で大学院卒であれば年収357.3万円となるため、400万円と近しい値です。

    30代前半の女性は、大学院卒だと平均年収300万円を超えるようです。

    【業種別】30歳代前半の平均年収を一覧でチェック

    30歳代前半の業種別平均年収は、金融や専門技術サービス、情報通信などが高い傾向にあります。

    業種別に30歳代前半の平均年収を一覧でチェックしてみましょう。

    業種男性女性
    金融業、保険業387.2万円269.3万円
    情報通信業353.1万円297.5万円
    学術研究、専門技術サービス業350.8万円309.3万円
    電気・ガス・熱供給・水道業347.0万円316.0万円
    教育、学習支援業333.1万円284.0万円
    鉱業・採石業・砂利採取業326.3万円289.8万円
    医療、福祉307.4万円261.5万円
    建設業305.5万円241.4万円

    (参考:令和4年賃金構造基本統計調査|厚生労働省
    ※賃金×12ヶ月で算出(賞与は含まず)

    男性の場合は金融業・保険業が平均年収387.2万円でもっとも高いです。

    女性は、電気・ガス・熱供給・水道業と学術研究・専門・技術サービス業が300万円を超えています。

    【職種別】30歳代の平均年収

    30代は職種によっても平均年収が大きく異なります。

    以下の表は、30代の職種別平均年収ランキングです。

    職種名平均年収
    専門職(コンサルティングファーム/ 専門事務所/監査法人)658万円
    企画/管理系542万円
    営業系514万円
    技術系(IT/通信)512万円
    金融系専門職494万円
    技術系(電気/電子/機械)480万円
    技術系(建築/土木)467万円
    技術系(メディカル/化学/食品)423万円
    クリエイティブ系409万円
    販売/サービス系367万円
    事務/アシスタント系354万円

    (参考:doda|2023年時点)

    唯一平均年収600万円を超えているのは、コンサルタントや会計士などの専門職です。

    営業や技術系の職種も、平均年収500万円前後となっています。

    一方、販売職や事務系の仕事は、平均年収350万円程度です。

    30代で年収を上げるためには、専門職や企画・管理系の職種を目指すとよいでしょう。

    30歳で高収入の企業ランキング

    企業によっては、30歳でも年収1,000万円を超えることは可能です。

    「東洋経済」による30歳の年収が高い企業ランキングは、以下のとおりです。

    企業名年収目安
    M&Aキャピタルパートナーズ3,002万円
    キーエンス2,008万円
    ヒューリック1,563万円

    (参考:東洋経済オンライン)

    各会社について詳しく見ていきましょう。

    ①M&Aキャピタルパートナーズ:3,002万円

    1位のM&Aキャピタルパートナーズの平均年収は3,002万円です。

    M&Aキャピタルパートナーズは、日本の中堅・中小企業をおもな対象とした独立系M&Aアドバイザリー・仲介会社です。

    2024年3月時点では、以下の職種の中途採用をおこなっています。

    M&Aキャピタルパートナーズの募集職種

    • M&Aアドバイザー
    • M&A買収戦略アドバイザー
    • M&Aディールサポート
    • コーポレートアドバイザー(公認会計士)
    • コーポレートアドバイザー(弁護士)
    • コーポレートアドバイザー(税理士)
    • コーポレートアドバイザー(司法書士)
    • 人事担当
    • 法人営業
    • 広報担当
    • 経営企画・戦略企画
    • セミナー企画 など

    (参考:M&Aキャピタルパートナーズ株式会社 正社員 中途 の求人一覧

    直接M&Aに関わる仕事だけではなく、人事やITエンジニア、Webディレクターなど幅広い職種を募集しています。

    ②キーエンス:2,008万円

    2位のキーエンスの平均年収は2,008万円です。

    キーエンスは、FAセンサー(生産工程の自動化を図るシステムで使われるセンサー)が主力のメーカーです。

    口コミによると、キーエンスの年収は30歳で1,500万円が現実的な金額のようです。

    キーエンスの口コミ

    30代前半(法人営業)

    (前略)30超えると1500万円は軽く超えていきます。(後略)

    (引用:転職会議

    2024年3月時点のキャリア採用では、幅広い職種を募集しています。

    キーエンスの募集職種

    • ソフト開発リーダー
    • AIエンジニア
    • 組込ソフト開発エンジニア
    • PCアプリ開発エンジニア
    • 画像処理ソフト開発エンジニア
    • UXエンジニア
    • 社内SE
    • 光学/構造/機構開発
    • 機構/構造設計
    • 人事
    • 経理
    • コンサルティングセールス など

    (参考:キャリア採用|キーエンス

    特に営業系や技術職系の仕事は年収が高く、20代であっても年収1,000万円に到達することが可能です。

    ③ヒューリック:1,563万円

    3位のヒューリックの平均年収は1,563万円です。

    ヒューリックは、オフィスビル、ショッピングセンター、ホテルなどの不動産賃貸業を中心に不動産投資・流動化事業を展開している企業です。

    2023年2月時点では中途採用募集はなく、新卒採用のみを行っています。

    不動産業界で年収を上げたい方におすすめの企業です。

    総合商社の年収も高い!

    「東洋経済」による30歳の年収が高い企業ランキングでは、トップ10に総合商社も多いです。

    企業名年収目安
    三菱商事1,512万円
    三井物産1,403万円
    伊藤忠商事1,360万円
    丸紅1,254万円

    (参考:東洋経済オンライン)

    名の知れた総合商社の30歳の年収目安は、どの企業も1,000万円をこえています。

    総合商社への興味のある方は、以下の記事で転職成功のコツを解説しているので、ぜひご覧ください。

    30歳で平均年収を増やす4つの方法

    30歳で平均年収を増やすおもな方法は、以下の4つです。

    30歳で平均年収を増やす4つの方法

    それぞれ詳しく見ていきましょう。

    ①出世する

    現職で年収をアップしたい場合は、出世するのが一番の近道です。

    出世するためには、経験を積むほか、自身の生産性を高めて周囲からの評価を得ることが大切です。

    生産性を高めるためには、以下のポイントを意識しましょう。

    生産性を高めるためのポイント

    • 自分のスケジュールを適切に管理・把握する
    • 仕事に優先順位をつけ重要度に基づき作業する
    • 作業の目的や目標を明確にする

    スケジュールや仕事の優先順位を管理することで、無駄を省き効率的に業務をおこなえます

    また、作業の目的や目標を明確にすることで、成果に直結する仕事ができるようになるはずです。

    ②資産運用する

    収入をアップさせるためには、資産運用もひとつの方法です

    初心者もはじめやすい資産運用には、以下のような種類があります。

    初心者もはじめやすい資産運用

    • 投資信託:株式や債券などをプロフェッショナルが運用する投資商品
    • ミニ株投資:1株や10株単位で株式を購入する方法
    • ポイント投資:クレジットカードなどで貯めたポイントを投資する
    • ロボアドバイザー:AIが資産形成のアドバイスや投資商品の運用をおこなってくれる
    • 株式投資:株式と呼ばれる有価証券を購入する方法

    ただし、投資にはリスクも伴うので、慣れるまでは証券会社などのサポートを受けることをおすすめします。

    ③副業する

    複数の仕事をすることで年収をアップさせる方法もあります

    休日やスキマ時間を活用すれば、月に数万円の副収入を得ることも可能です。

    副業を禁止している企業もありますが、働き方改革により副業を推進しているところも多いです。

    現在働いている会社が副業可能かどうかは、会社の就業規則を確認しましょう。

    副業にはフリーランスエージェントへの登録がおすすめ

    副業をはじめるなら、フリーランスエージェントを利用しましょう。

    フリーランスエージェントでは、案件紹介から条件の交渉・商談まで代行してくれます。

    リモート案件に特化した「Lancers Agent」は、副業案件を多数取り扱っているため、仕事を探しやすいでしょう。

    ④転職する

    年収が上がる見込みのない会社に勤めている場合、早めに見切りをつけて転職することも大切です。

    世の中には同じ業務をしていながら、もっと高い給与をもらっている人も少なくありません。

    待遇の良い会社に転職することは、会社員として働く権利です。

    現状と将来を変えるために、今よりも給与が高い会社に転職するのも1つの手段です。

    まとめ

    30歳~34歳男性の平均年収は約485万円、30歳~34歳女性は約338万円です。(参考:令和4年分民間給与実態統計調査

    ただし、性別だけではなく、学歴や業種、職種によっても年収は変わります。

    年収に不満がある場合は、以下の方法で収入アップを狙いましょう。

    30歳で平均年収を増やす4つの方法

    • 出世する
    • 資産運用する
    • 副業する
    • 転職する

    今よりも高年収の仕事に転職したい方は、高年収の求人を扱っている転職サービスの利用がおすすめです。

    転職の関連記事

    • Facebook
    • x
    • LINE