Operated by Ateam Inc.

イーデス

めんどくさい転職を楽にする!今すぐ実践できる5つの方法を解説

最終更新日:

転職
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

「転職ってめんどくさい!」
「毎日忙しすぎて転職活動なんてめんどうなことは無理!」

転職したい気持ちがあるにも関わらず、めんどくさいと感じて二の足を踏んでしまう方は多いです。

しかし、「将来的に転職したい」と考えているならば、少しでも早く転職活動を始めるべきです。

そこで本記事では、転職活動のめんどくささを解消できるよう、おもに以下の内容について解説します。

  • 転職活動を楽にする方法
  • 転職活動の手間を省くためにおすすめのサービス
  • 転職に向けて気持ちを前向きに切り替えるコツ

「転職活動をできるだけ楽にしたい……」と思っている方は、ぜひ参考にしてください。

転職活動は「doda」にサポートしてもらおう

転職活動がめんどくさいと感じているならば、転職エージェント「doda」の利用がおすすめです。

doda
(引用元
doda

doda」を利用すれば、求職者にマッチする案件を素早く紹介してもらえるので、求人探しの手間を軽減できます。

また、面接対策・入社日の調整などもフォローしてくれるので、転職活動を効率よく進められるでしょう。

利用は完全無料なので、ぜひ気軽に登録してみてください。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
求人数

200,000件以上(非公開求人を含む)

対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:24年5月時点)

    気になる内容をタップ

    転職活動がめんどくさいと感じる3つの理由

    転職したい気持ちがあるにも関わらず、転職活動がめんどくさいと感じて行動に移せない方はとても多いです。

    転職活動はすべきことが非常に多いため、いざ行動を起こすとなると、どうしても面倒に感じてしまいやすいのです。

    ここでは、転職活動がめんどくさいと感じるおもな理由を解説するので、まずは「自分に当てはまるものがないか」確認してみてください。

    転職活動がめんどくさい理由

    理由1.準備すべき書類が多い

    転職活動がめんどくさいと感じる理由のひとつとして、準備すべき書類が多いことが挙げられます。

    選考の際は、以下のような書類を応募する企業にあわせて一つひとつ丁寧に作成しなければなりません。

    履歴書


    自分自身のプロフィールを記載する書類です。学歴や職歴、資格などを記載します。志望動機の欄があり、求人内容に合わせて志望動機を考える必要があります。

    職務履歴書


    自分自身がこれまで手掛けてきた仕事を記載する書類です。形式は自由とされていますが、「過去にどんな業務に従事し、どんな成果をあげたのか」わかりやすくまとめる必要があります。

    ポートフォリオ


    デザイナーやディレクターなど、クリエイティブ関連の職種へ転職する場合、ポートフォリオを求められることがあります。こちらも形式は自由とされることが多いですが、分かりやすさに加えてセンスよくまとめる能力が必要です。

    適当に書いて済ませられるものではないため、書くことを想像するだけで気が滅入ってしまう方も多いです。

    理由2.求人を探すのが手間

    求人を探す工程を「めんどくさい」「手間がかかる」と感じる人も多いです。

    というのも、希望の求人を見つけて応募するまでには、以下のように数多くの手順を踏む必要があるのです。

    • 職種や条件を入力して自分に合いそうな求人を検索する
    • 多数の求人情報からひとつひとつチェックする
    • 気になる求人情報があれば、企業のリサーチを行う
    • 自分の希望に合うか・合わないか、応募できそうか・できないか考える
    • 応募を決めた場合は、志望動機やアピールポイントを考える

    上記の手順を繰り返して比較・検討を重ねていき、自分の希望を満たす求人が見つかれば、やっと応募に至ることができます。

    希望どおりの転職を実現したいと思うほど求人情報と真剣に向き合う必要があるため、めんどくささを感じやすくなるでしょう。

    理由3.面接に行く時間がない

    現職の仕事が忙しい場合は、面接の工程がネックになり転職に踏み出せないことも多いです。

    面接は平日に行われることが多いため、在職中に面接を受けるとなると、以下のような面倒な調整が必要になります。

    • 仕事を調整して面接に行ける時間を捻出する
    • 有給休暇を取得したり、遅刻・早退をする
    • 会社を休んだり抜けたりする理由を考え、不自然にならないよう振る舞う
    • 面接用に身だしなみを整えたりスーツを着用する

    また、一般的に転職活動では複数社に応募することが多く、書類選考が通った数だけ面接を受ける必要があります。

    場合によっては面接が同時期に集中することもあり、調整が面倒に感じてしまいやすいでしょう。

    めんどうなことは転職エージェントにサポートしてもらおう

    ここまで解説したとおり、転職活動はめんどうなことが多いです。

    もし、めんどくさい気持ちが勝って転職に踏み切れないのであれば、「転職エージェント」の活用をおすすめします。

    転職エージェントを利用すれば、以下のような手厚いサポートを受けられるため、転職活動の手間を大きく削減できます。

    転職エージェントを利用するメリット

    また、応募書類の作成や面接対策についてプロの視点からアドバイスをもらえるので、内定の確率も高めることができるでしょう。

    記事後半「転職がめんどくさい人におすすめのエージェント3社」では、おすすめのエージェントを紹介しているので、ぜひ活用してみてください。

    めんどくさい気持ちを解消!転職を楽にする方法

    めんどくさい気持ちを解消!転職を楽にする方法

    めんどくさい気持ちを解消するためには、いくつかの方法があります。

    ここでは、気軽にできる方法を厳選してまとめたので、ぜひ実践してみてください。

    転職を楽にする方法5つ

    方法1.とりあえず「自己分析ツールで遊ぶだけ」

    転職の方向性を考えるのがめんどくさい場合は、まずは遊び感覚で自己分析してみることをおすすめします。

    自己分析を行えば、自分の強みや得意なことが見えてくるため「どんな転職をすべきなのか」考えやすくなります。

    自己分析ツールはさまざまありますが、特におすすめなのがリクナビNEXTの「グッドポイント診断」です。

    グッドポイント診断」では、質問に対して直感的に回答をしていくだけで本格的な診断が可能です。

    社交性・現実思考・決断力・柔軟性など18種類の特性から自分の強みを見つけることができるため、自己アピールなどもしやすくなるでしょう。

    「リクナビNEXT」に登録すると無料で診断できるので、自分に合う仕事や転職の方向性を見つけられずに困っている方は、ぜひ利用してみてください。

    方法2.とりあえず「求人を見てみるだけ」

    転職サービスへの登録がめんどくさいと感じる場合は、いったん登録せずに求人をチェックしてみるのがおすすめです。

    「登録しなければ求人を閲覧できないのでは?」と思われる方も多いですが、ほとんどの転職サービスでは登録せずに公開求人を確認できます。

    以下のように、さまざまな希望条件を設けて求人を検索できるサービスも多いので、まずは「どんな求人があるのか」眺めてみてください。

    求人検索
    (引用元
    doda

    希望条件に合う求人が見つかれば、おのずと転職活動への意欲が沸いてくるはずです。

    なお、転職エージェント「doda」や「リクルートエージェント」では、登録せずに公開求人を閲覧できるので、ぜひ利用してみてください。

    方法3.とりあえず「スカウトを待ってみるだけ」

    自分で求人を検索するのがめんどくさいと感じる場合は、スカウト機能を利用してみることをおすすめします。

    転職サービスの多くでは、スカウト機能を設けており、受け身で求人の紹介やオファーを受けることが可能です。

    希望する条件を設定しておくだけで、あなたのことが気になった企業からスカウトを受けられるので、効率よく求人をチェックできるでしょう。

    また、サービスによっては以下のような特別なスカウトを受けられる場合もあります。

    • 面接が確約されているスカウト
    • 一般には公開されていない非公開求人のスカウト

    自分から応募するより有利に転職活動を進められる可能性もあるので、ぜひ活用してみてください。

    スカウト機能を利用するコツ

    スカウト機能を利用する際は、自分の情報をできるだけ細かく入力しておきましょう。

    企業はスカウトを送る際、求職者のプロフィールや履歴書をチェックするため、情報が充実していたほうが目に留まりやすくなります。

    特に「職務経歴」や「資格」は見られやすいポイントなので、細かな点まで記載するよう意識しましょう。

    方法4.とりあえず「企業の口コミをチェックするだけ」

    企業研究がめんどくさいと感じる場合は、企業の口コミサイトを利用するのがおすすめです。

    企業の口コミサイトには、現社員・元社員のリアルな口コミが掲載されているので、眺めているだけで企業の深い部分までリサーチできます。

    なお、企業の口コミサイトのなかで特におすすめなのが「転職会議」です。

    転職会議
    (引用元
    転職会議

    転職会議」には、300万件以上の口コミが掲載されており、企業のリアルな評判をチェックできます。

    求人票からはわからない職場の雰囲気や本音をチェックできることもあるので、情報収集の手間が省けるでしょう。

    会員登録は無料なので、ぜひ気軽に利用してみてください。

    方法5.とりあえず「転職エージェントの話を聞くだけ」

    明確な理由なく転職活動がめんどくさいと感じている場合は、転職エージェントに相談して話を聞いてみることをおすすめします。

    「エージェント=転職意欲がある人が使うもの」というイメージを持っている方も多いですが、転職に踏み切れない状態でも利用できます。

    アドバイザーは業界の情報や転職市場の状況にも詳しいので、話を聞くだけでも有意義な時間となるでしょう。

    なお、オンラインや電話での面談に対応しているサービスが多いため、わざわざ外出する必要はありません。

    面談の日時もあなたの都合に合わせてくれるため、昼休みや就業後といった時間を利用して気軽に話を聞くことが可能です。

    次の章では、おすすめのエージェントを紹介しているので、ぜひ活用してみてください。

    無理に転職する必要は一切なし

    エージェントを利用したからといって、必ずしも転職しなければいけないわけではありません。

    話を聞いてみて「やっぱり転職したくない」と思った場合は、はっきり断って問題ないので、気軽に利用して大丈夫です。

    転職がめんどくさい人におすすめのエージェント3社

    求人検索

    転職がめんどくさいと感じる方は、エージェントに転職活動をサポートしてもらうことをおすすめします。

    エージェントを利用すれば、以下のようなサポートを受けられるので、転職活動の手間を削減できます。

    • 求人紹介・企業の情報提供
    • 応募書類への添削
    • 面接対策のサポート
    • 面接日や入社日など日程調整の代行
    • 給与や勤務条件に関する条件交渉の代行……など

    ここからは、数あるエージェントのなかでも特におすすめの3社を紹介するので、ぜひ気軽に利用してみてください。

    サービス名特徴
    doda
    • 転職サイトとしても利用できる
    • 丁寧なヒアリングに定評あり
    リクルートエージェント
    • 取り扱い求人数業界最多
    • 転職実績が豊富
    ハタラクティブ
    • 未経験向けの求人が充実している
    • 社会人経験が浅くても利用可能

    転職サイトとしても利用できる「doda」

    doda
    (引用元
    doda

    doda」は、業界トップクラスの求人数と実績を誇る転職エージェント。

    ヒアリングの丁寧さに定評があり、登録後はアドバイザーが親身に相談にのってくれます。

    また、dodaは「転職サイト」としても利用できるため、サイト上で自分で求人を検索することも可能です。

    状況に応じて使い分けることができるので「マイペースに転職活動を進めたい」「まずはどんな求人があるか確認したい」という方は、ぜひ利用してみてください。

    doda|基本情報

    運営会社パーソルキャリア株式会社
    求人数

    200,000件以上(非公開求人を含む)

    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    業界No.1の求人数を保有する「リクルートエージェント」

    リクルートエージェント」は、国内で最も求人数が多いエージェント。

    業界・職種問わず豊富な求人があるので、希望条件にマッチする案件を見つけやすいです。

    また、業界No.1の転職支援実績を持っていることも特徴のひとつです。

    転職活動中は、たくさんの求職者を支援してきたキャリアアドバイザーが求人探しから内定まで手厚くフォローしてくれます。

    書類作成や面接対策などのサポートも充実しているため、初めての転職でも安心して利用できるでしょう。

    できるだけ多くの求人を比較検討したい方や、手厚いサポートを希望する方は、ぜひ利用してみてください。

    リクルートエージェント|基本情報

    運営会社株式会社リクルート
    公開求人数

    約394,000件

    非公開求人数約219,000件
    対応地域全国+海外
    料金すべて無料
    公式サイトhttps://www.r-agent.com/

    (最終更新:24年5月時点)

    未経験可の求人が充実「ハタラクティブ」

    ハタラクティブ
    (引用元
    ハタラクティブ

    ハタラクティブ」は、20代に特化した転職エージェントで、フリーターや既卒・第二新卒の転職支援に力を入れています。

    未経験OKの求人を多く保有しており、経歴に自信がない方でも正社員就職を目指すことが可能です。

    求職者の経歴や適正を丁寧にヒアリングした上で、ミスマッチの起きにくい求人を紹介してくれるため、自分に合う転職先を見つけやすいでしょう。

    面接対策や書類作成のサポートも入念に行ってくれるので、経歴に自信がない方はぜひ相談してみることをおすすめします。

    ハタラクティブ|基本情報

    運営会社レバレジーズ株式会社
    公開求人数約3,900件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    「いつか転職したい」なら1日でも早く動くほうがいい

    転職がめんどくさい人におすすめのエージェント3社

    記事をご覧の方のなかには「転職したいけど、めんどくさいから先送りにしよう」と考えている方もいらっしゃると思います。

    しかし、転職市場は若い人材が有利になりやすいため、転職を考えているのであれば1日でも早く行動を起こすべきです。

    ここでは、早めの転職をおすすめする理由を2パータンにわけて解説します。

    未経験の転職は若いほうが有利

    未経験からの転職では、一般的にポテンシャルのある若手が有利になりやすいです。

    多くの企業では、以下のような理由から若手を積極的に採用する傾向にあるためです。

    • これからの成長や伸びしろに期待できる
    • 柔軟性があり、教育しやすい
    • 年齢を重ねた人材より記憶力が高い……など

    20代など若い人材にはポテンシャルや将来性があるため、経験やスキルがなくても採用の可能性があります。

    30代になるとポテンシャル採用は期待できなくなるので、異業種・異職種への転職に興味があるならば、できるだけ早いうちに行動を起こしましょう。

    経験者の転職は年齢とともに難易度が上がる

    経験者の転職の場合、転職する年齢が上がるほど採用のハードルが高くなります。

    実際に「doda」の調査を見ると、転職成功者の割合は39歳までが多く、40代以上は少ないことがわかります。

    転職成功者の年代別割合

    (引用元
    doda

    経験者には「経験に応じたスキル」が求められるため、年齢が上がるにつれて選考の難易度も高くなりやすいです。

    特に40代以降の転職では、基礎的なスキルに加えてマネジメント経験などが求められるケースが多いので、注意が必要です。

    スキルや経験に自信がないのであれば、年齢の影響が小さいうちに、1日でも早く転職活動をスタートさせることをおすすめします。

    転職への気持ちを前向きに切り替える3つのポイント

    転職への気持ちを前向きに切り替える3つのポイント

    最後に、めんどうな転職活動に踏み出せるよう、気持ちを切り替えるポイントを紹介します。

    どれも簡単な方法なので、ぜひ実践してみてください。

    気持ちを切り替えるポイント3つ

    ポイント1.転職したい理由を改めて考える

    転職活動がめんどくさいと思ったときは、転職したい理由を自分の中でもう一度整理してみましょう。

    転職したい理由が明確になれば、転職活動のモチベーションアップにつながります。

    一例として、「doda」の「転職理由ランキング【最新版】みんなの本音を調査!」から上位5位までの転職理由を紹介します。

    1位給与が低い・昇給が見込めない35.0%
    2位昇進・キャリアアップが望めない29.4%
    3位会社の評価方法に不満があった26.8%
    4位社内の雰囲気が悪い26.7%
    5位肉体的または、精神的につらい24.3%

    (参考元:doda

    転職したい理由は人によってさまざまですが、「不満を解消したい」という気持ちは転職活動を始める原動力となるはずです。

    めんどくさい気持ちが勝っている場合は、今一度「現職への不満」や「転職して叶えたいこと」を考えてみてください。

    ポイント2.転職活動を終える期限を決める

    転職活動を終える期限を決めて、自分自身を追い込むことも手段のひとつです。

    期限がない状態でだらだらと転職活動を進めると、モチベーションが低下してしまったり、精神的に疲れてしまう可能性があります。

    一方「3ヶ月以内に内定を獲得する」などと決めていれば、目標に向かって迅速に行動を起こしやすいでしょう。

    もし仮に期限までに転職を達成できなかったとしても、一度区切りをつけて転職活動を振り返り、今後の方向性を見直せば問題ありません。

    転職がめんどくさいと感じる場合は、「短い期間で終わらせてしまう」と決めて、とりあえず転職活動をスタートさせてみてはいかがでしょうか。

    一般的な転職期間はどのくらい?

    転職活動にかかる期間は、3ヶ月程度といわれています。

    以下に転職活動のおもな流れと期間の目安とまとめたので、参考にしてください。

    転職活動のおもな流れと期間の目安

    ポイント3.転職後の人生を想像してみる

    転職後のポジティブな人生を想像してみることも、有効な手段です。

    「給与が上がって金銭的な余裕ができる」「プライベートの時間が増える」など、成功した自分が具体的に見えてくるとモチベーシが高まるでしょう。

    なお、うまく想像できない場合はSNSなどで転職の成功談をチェックしてみるのもおすすめです。

    第三者のリアルな成功談を見ることで、「自分も現状を変えたい」と意欲が高まるケースも多いです。

    以下の記事では、転職成功の体験談をさらに紹介しているので、ぜひあわせてご覧になってみてください。

    まとめ

    転職がめんどくさい場合は、まずは小さな一歩から行動を起こしてみましょう。

    以下に本記事で紹介した「転職を楽にする方法」をまとめたので、ぜひ気軽に実践してみてください。

    転職を楽にする5つの方法

    • とりあえず「自己分析ツールで遊ぶだけ」
    • とりあえず「求人を見てみるだけ」
    • とりあえず「スカウトを待ってみるだけ」
    • とりあえず「企業の口コミをチェックするだけ」
    • とりあえず「転職エージェントに話を聞くだけ」

    また、求人探しや選考対策など面倒な工程を少しでも楽にしたい場合は、転職エージェントにサポートしてもらうことをおすすめします。

    以下の3社は「転職活動を手厚くサポートしてくれる」と評判なので、ぜひ利用してみてください。

    サービス名特徴
    doda
    • 転職サイトとしても利用できる
    • 丁寧なヒアリングに定評あり
    リクルートエージェント
    • 取り扱い求人数業界最多
    • 転職実績が豊富
    ハタラクティブ
    • 未経験向けの求人が充実している
    • 社会人経験が浅くても利用可能

    転職の関連記事

    • Facebook
    • x
    • LINE

    © 2022 Ateam LifeDesign Inc.