Operated by Ateam Inc.

イーデス

ワーママにおすすめの転職エージェント・転職サイトを紹介!時短勤務や在宅可の求人も紹介

最終更新日:

ワーママにおすすめの転職エージェント・転職サイトを紹介!時短勤務や在宅可の求人も紹介
転職エージェント おすすめランキング
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

「キャリアップするために転職したい、でも転職活動する時間がない」と転職をためらうワーママは少なくありません。

そこで、ぜひ利用をおすすめしたいのが「転職エージェント」です。

本記事では、ワーママが転職エージェントを利用したいときに知っておきたい情報を詳しく解説しています。

最後まで読めば、仕事と子育て、家事を両立しているママでもスムーズに転職できるヒントが掴めるでしょう。

ワーママにおすすめの転職エージェント

転職エージェント特徴
リクルートエージェント
  • 業界トップクラスの求人数を保有
  • 幅広い業種・職種に対応
パソナキャリア
  • 親身に相談にのってくれる
  • 面接対策などのサポートが手厚いと評判
type女性の転職エージェント
  • 女性ならではの悩みに精通している
  • 女性の転職支援実績が豊富
クラウドワークス
  • 在宅ワークを探している方におすすめ
  • 難易度の高い仕事からスキル不要の作業までさまざまな案件を保有

    気になる内容をタップ

    【ワーママ必見】転職エージェントとは?

    ワーママのスケジュールは、朝から夜中まで仕事や育児、家事でほぼ埋まり、とにかく時間がありません。

    そのような中で、個人での転職活動に踏み切ることは勇気がいりますし、気力と体力が持つかどうか心配になることでしょう。

    ワーママはもちろんのこと、忙しくて時間の余裕がない方や一人での転職活動には不安がある方は、転職エージェントの利用をおすすめします。

    それではまず始めに、「転職エージェントの利用の流れ」と「転職サイトとの違い」について解説していきます。

    転職エージェント利用の流れ

    ワーママのように、転職活動に費やせる時間が少ない人におすすめしたいのが「転職エージェント」です。

    「転職エージェント」とは、キャリアアドバイザーと呼ばれる転職のプロが、求職者の転職活動をサポートするサービスのことです。

    転職エージェント利用の流れ

    転職希望者と人材を求める企業の間に立ち、双方の仲介役を担うのが転職エージェントです。

    転職エージェント利用のメリットについては、第2章で詳しく述べています。

    転職サイトとの違いとは?

    転職サイトとは、企業が広告として掲載した求人を求職者自らが検索して応募するサイトのことです。

    転職者と採用企業の間に仲介する人がいるかどうかが大きな違いです。

    転職エージェントは転職サイトよりも圧倒的に多くの求人情報を持っています。

    転職活動に時間を取れない方は、仲介サポートも行ってくれる転職エージェントを利用することが転職成功への近道と言えるでしょう。

    一方で、自力で転職できる自信のある方や転職自体を急がない方は、自分のペースで転職活動できる「転職サイト」の方が相性が良いかもしれません。

    転職エージェントを利用する5つのメリット

    「時間がなくて、ハローワークに行くことが難しい」「転職サイトで求人情報を収集するのが大変」というワーママには、転職エージェントの利用を強くおすすめします。

    昨今は転職活動の強力サポートを得るために、転職エージェントを利用する方が増えています

    なぜなら、転職エージェントを利用しての転職は、第三者からのアドバイスをもらえる安心感があり、納得のいく転職を叶えやすくなるからです。

    この章では、転職エージェントを利用する5つのメリットについて解説しています。

    転職エージェントを利用するメリット

    メリット1.条件に合った求人を見つけてくれる

    転職希望のワーママでも、それぞれ希望条件は違うことでしょう。

    家庭環境にもよりますし、育児の協力者がいる人といない人では大きな差が生じます。

    転職を希望している同じワーママでも、置かれている立場で出せる条件が違うケースもあります。

    例:転職をしたいワーママAさんとワーママBさん

    • ワーママAさんの希望条件
      「本当はバリバリ働きたいけど、保育園児の子どもは発熱しやすくお迎え要請が頻繁にあるから、そういう事情を汲んでくれる企業じゃないと無理」
    • ワーママBさんの希望条件
      「夫も育児と家事に積極的に関わってくれ、私の両親も孫守りに協力的だから、残業も休日出勤もできる」

    一般的には、ワーママAさんのケースが多いのではないでしょうか。

    同じワーママでも、働ける時間や子どものことなどで考慮すべき点に違いがあります。

    そのような中で、それぞれの事情に添った条件の求人を見つけてくれるのが転職エージェントなので、希望に合った求人に出会いやすくなります。

    メリット2.履歴書・職務経歴書の添削も対応する

    履歴書・職務経歴書作成をサポートしてくれることも、転職エージェントを利用するメリットです。

    転職エージェントでは、履歴書・職務経歴書をアドバイザーに提出した後に、希望があれば添削を行ってもらえます。

    スキルや経験、資格、仕事に対する姿勢などから、あなたの強みを最大限に引き出し、企業側に魅力的な人材だと映るようなアドバイスを施してくれるでしょう。

    メリット3.面接対策で転職の成功に導く

    「緊張して面接でうまく受け答えできるか不安」という人は少なくありません。

    経験やスキルがあり、書類選考も通過していれば尚更不安感は募りますよね。

    そのような人は、転職エージェントのアドバイザーに相談し、じっくりと面接対策をしてもらうと良いでしょう。

    転職エージェントは、面接がうまくいくコツを教えてくれたり、模擬面接も行ってくれます

    面接では身だしなみ、話し方、受け答えの能力などで、企業側に与える印象が大きく変わる可能性があるため、大変重要となります。

    メリット4.面接・入社日の日程調整も

    転職エージェントを利用すれば、面接の日時や入社日を自分で交渉する必要がありません。

    転職エージェントのアドバイザーにあらかじめ希望日をいくつか伝えておけば、あとは企業側との日程調整を行ってくれます

    時間に余裕がないワーママにとっては、自分で企業へ電話をかけて、面接の予約を入れること自体がハードルが高いので、ありがたいサポートと言えるでしょう。

    メリット5.退職の相談に乗ってくれる

    現在の職場を辞めにくくて、転職をためらう人は多いです。

    転職エージェントのアドバイザーは、円満に退職するノウハウも持っています。

    会社を辞めるにあたり、手続きなどの疑問点を相談できる相手を作れるのも転職エージェントを利用するメリットと言えます。

    ワーママが転職エージェントを利用するときの注意点5つ

    前章でご紹介した通り、転職エージェントを利用するメリットはたくさあります。

    より快適に転職エージェントを利用するために、以下の5つの注意点もおさえておきましょう。

    転職エージェントを利用するときの注意点

    順に確認していきましょう。

    注意点1.希望条件を明確にしておく

    転職をする際には、人それぞれ希望条件があります。

    ワーママは特に、希望地域や勤務時間など希望条件が増えてしまうケースも多いのではないでしょうか。

    自分自身の希望条件を整理するためにも、下記のような「明確にしておきたい希望条件と、その中での優先度」を考えておきましょう。

    明確にしておきたい希望条件

    • 勤務時間
    • 残業
    • フレックス制度
    • 休日
    • 年次有給休暇
    • 産休・育休
    • 給与・賞与
    • 勤務地
    • 業種
    • 職種
    • 雇用形態 など

    希望条件が明確だと、転職エージェントのアドバイザーも求人を探しやすくなります。

    譲れない条件・緩和してもいい条件の線引きについて

    希望条件として挙げた項目には、これは絶対に譲れない・これは緩めても大丈夫という条件の線引きをしておきましょう。

    「希望に見合う該当求人がない」と言われたときに、緩和してもいい条件を申し出てみてください。

    もしかしたら、条件を緩めたことにより、紹介してもらえる求人が出てくる可能性があるかもしれません

    注意点2.スキルや経験を書き出しておく

    転職エージェントを利用する前には、自分のスキルや経験を紙に書き出しておきましょう。

    登録時や転職エージェントとの面談の際に、あやふやなままではスムーズに話が進みませんし、アドバイザーもあなたの強みを引き出すことが困難になります。

    この機会に自身のスキルや経験を見つめ直し、整理してみましょう。

    下記のようにあなた自身のスキル・経験を書き出してみてください。

    スキル・経験の例

    • パソコン|Word・Excel・PowerPoint 基本操作は問題なくこなせるレベル
    • 語学|TOEIC700点 
    • 経理|社員数30名程度の給与・賞与計算を10年
    • 人事|新入社員教育担当を5年
    • 介護|特養老人ホームで食事・入浴の介助などを3年 など

    このように書き出してみることで、自分が何を得意としているか、転職に活かせる強みを発見できるかもしれません。

    強みがわかることで転職活動に対して前向きな気持ちになり、自分の希望する働き方が見えてくる可能性もあるでしょう。

    注意点3.ワーママの転職実績が多いエージェントを選ぶ

    近年では、ワーママに特化した転職エージェントが増えてきています。

    それだけ働くママが増えてきたこと、ママにも需要があることがわかります。

    ワーママに特化しているということは、ワーママの置かれている状況や心情を理解してくれる転職エージェントだと言えるでしょう。

    転職したいワーママに添った求人情報の提供、有効的なアドバイスがあり、ワーママにとっても心強いサポーターとなってくれるはずです。

    なお、ワーママの転職実績が多く、利用しやすい転職エージェントについては、「ワーママにおすすめの転職エージェント」で詳しく解説しています。

    注意点4.あいまいな受け答えをしない

    忙しいワーママは、転職エージェントとの連絡に電話やメールなどを使用することが多くなります。

    しかし、直接面談するのとは違い、電話越しや文字だけだと、微妙なニュアンスが伝わりにくいことがあります。

    注意点1と2でも述べましたが、できること・できないこと、絶対に譲れない条件などは、はっきりと伝えるようにしてください。

    あいまいな受け答えは、キャリアアドバイザーとの認識のズレに繋がるので注意しましょう。

    ワーママにおすすめの転職エージェント・アウトソーシングサイト4選

    「もっと待遇の良い職場がいいな」「子どもの教育資金を稼ぐために収入を増やしたい」「ママになったからと言ってキャリアアップを諦めたくない」など、転職決意に至る思いはさまざまでしょう。

    ここでは、ワーママにおすすめの転職エージェント・アウトソーシングサイトを紹介するので、ぜひ気軽に利用してみてください。

    ワーママにおすすめの転職エージェント・アウトソーシングサイト

    業界No.1の求人数「リクルートエージェント」

    リクルートエージェント」は、業界No.1の求人数を保有しているエージェントです。

    業界・職種問わず幅広い求人を保有しており、たくさんの求人を比較検討できるので、忙しいワーママでも希望に合う求人を見つけやすいでしょう。

    また、首都圏はもちろん地方の求人が多いことも強みのひとつです。

    地域に関係なく活用できるエージェントなので、ぜひ優先的に登録しておくことをおすすめします。

    リクルートエージェント|基本情報

    運営会社

    株式会社リクルート

    公開求人数

    約404,000件

    非公開求人数

    約221,000件

    対応地域全国+海外
    料金すべて無料
    登録免許厚生労働省有料職業紹介事業: 13-ユ-313011
    公式サイトhttps://www.r-agent.com/

    (最終更新:24年6月時点)

    転職初心者におすすめ「パソナキャリア」

    パソナキャリア
    (引用元
    パソナキャリア

    パソナキャリア」は、 コンサルタントの親身なサポートと細やかな対応が高評価を得ている転職エージェントです。

    選考対策などをフォローしてくれることはもちろん、求職者の不安に寄り添って対応してくれるので、初めてでも安心して転職活動を進められるでしょう。

    また、ライフスタイルに合わせた働き方の提案を得意としているため「育児と無理なく両立できる仕事を探したい」というワーママにも適しています。

    丁寧にアドバイスをくれるので、まずは気軽に相談してみてください。

    パソナキャリア|基本情報

    運営会社株式会社パソナ
    公開求人数約38,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    女性の転職サポートに特化「type女性の転職エージェント」

    type女性の転職エージェント」は、18年以上にわたって女性の正社員転職を支援しているエージェント。

    豊富な転職支援実績があり、働く女性の悩みに寄り添ったサポートで高い評価を得ています。

    在籍しているアドバイザーは女性の転職に関する豊富なノウハウを持っているため、女性によくある悩みや希望をしっかりと理解してくれます。

    「ワーママにおすすめの働き方は?」など深い相談にも対応してくれるので、ぜひ利用してみてください。

    type女性の転職エージェント|基本情報

    運営会社株式会社キャリアデザインセンター
    公開求人数約9,900件
    非公開求人数約17,000件
    対応地域首都圏中心
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    在宅ワークにおすすめ「クラウドワークス」

    クラウドワークス」は、250種類以上の仕事に対応している日本最大級のアウトソーシングサイトです。

    ほとんどが在宅でできる仕事のため、自宅でできる仕事を探しているワーママにおすすめ。

    システム開発・Webデザイン・記事作成などのスキルが必要な仕事から、データ入力・アンケートなどの簡単な作業まで、さまざまな案件を保有しています。

    個別に成約して仕事を進める「プロジェクト形式」が基本ですが、なかには「コンペ形式」の仕事もあるので、興味のある分野で採用されるチャンスもあるでしょう。

    在宅でできる仕事を探している方は、ぜひ以下より登録してみてください。

    クラウドワークス|基本情報

    運営会社株式会社クラウドワークス
    仕事カテゴリーシステム開発/アプリ・スマートフォン開発/ホームページ制作・Webデザイン/ECサイト・ネットショップ構築/デザイン/動画・映像・アニメーション/音楽・音響・ナレーション/ビジネス・マーケティング・企画/ライティング・記事作成/事務・カンタン作業/写真・画像/3D-CG制作/ネーミング・アイデア/翻訳・通訳サービス/製品設計・開発/相談アドバイス・暮らし・社会/プロジェクト・保守運用メンバー募集
    公開求人数約447,000件
    対応地域全国
    料金登録・仕事への応募:0円 / システム利用料:報酬の5〜20%
    報酬支払「15日締め・月末振込」または「月末締め・翌月15日振込」

    (最終更新:2023年9月時点)

    ワーママがキャリアアップを目指す際に役立つ資格

    職種によっては資格の有無より実績を評価されるケースもありますが、実際に仕事をする上で欠かせない資格だったり、働く上で役立つ資格であれば、取得しておくこともおすすめです。

    この章では、キャリアアップに役立つ資格を8つご紹介します。

    キャリアアップに役立つ資格8選

    「ママだってキャリアアップを諦めたくない」という志の高いワーママにおすすめの資格を8つご紹介します。

    資格名称業界・職種独学・通信講座での取得難易度試験頻度
    日商簿記検定経理事務可能年3回
    基本情報技術者試験IT可能年2回
    WEBデザイン技能士 IT・デザイン可能年4回
    医療事務管理士医療・福祉可能月1回
    介護福祉士医療・福祉可能年1回
    FP金融可能年3回
    MOS事務可能毎月1~2回
    TOEIC英語を必要とする職場可能月1回

    上記8つの資格は、独学や通信講座で取得が可能で、難易度は低から中レベルのものです。

    それでは個別に詳しく見ていきましょう。

    日商簿記検定

    日商簿記検定は、帳簿をつけるのに必要な技能や経理の基礎知識があることを証明する資格です。

    経理や会計の仕事の場合、日商簿記を持っていると資格手当がもらえる場合もあります。

    合格率は3級が約49%、2級は約28%と少し難しいですが、繰り返し問題を解けば理解できるようになる資格です。

    お金に関する仕事でステップアップを目指したい人は、日商簿記検定を取得しておくと良いでしょう。

    基本情報技術者試験

    IT系の資格でおすすめなのは、基本情報技術者です。

    基本情報技術者の資格を取得すると、 ITエンジニアとして必要な知識を広く身につけることができます。

    合格率は約26%と低いですが、独学でも十分に合格可能な試験だとされています。

    WEBデザイン技能士

    WEBデザイン技能士は、ウェブサイトの制作技術や知識があることを証明する資格です。

    企業のホームページのデザインをしたり、デザイン会社でウェブデザインの仕事に就くことができます。

    在宅ワークでWEBデザインの仕事をする場合や、独立する場合にも役に立つ人気の資格です。

    3級の合格率は60%~70%と高く、難易度は低めなので初心者の人は3級から始めると良いでしょう。

    医療事務管理士

    医療事務管理士は、医療事務管理士技能認定試験の通称で、医療事務に関する基礎知識が問われる試験です。

    資格を取得すれば、病院での受付業務や医師・看護師のサポート、会計業務、カルテの管理などのスキルが得られます。

    受験資格は無く、試験はインターネット受験、または会場受験の2つから選ぶことができます。

    介護福祉士

    「介護福祉士」とは、高齢者や障害者に対し、食事や入浴、排泄、歩行などの介助や介護者へ介護のアドバイスを行える資格です。

    「介護士」などの民間資格と異なり、介護福祉士は国家資格です。

    介護福祉士は介護に関するスペシャリストで、資格を取得することで、介護施設のリーダーとして主体性を持って働けます。

    すでに介護業界で働いているのなら、安定して需要があり、これからもその需要が無くなることがない介護福祉士を目指すのも1つの手です。

    FP(ファイナンシャルプランナー)

    FPの資格があれば、税金・保険・年金などの幅広い知識と視野を持ってライフプランの設計を行えます。

    お金の専門家として、個人や中小企業の資産に関する情報を分析し、資産設計のアドバイスが可能です。

    例えば、銀行や保険会社、不動産会社などで活かすことができます。

    社会が流動化する中で、ますます価値が高まっている資格のひとつです。

    MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

    マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)は、ワードやエクセルの技能を証明する、マイクロソフト社が実施する世界共通の国際資格です。

    基本的な操作から応用まで、ソフトを操作できる証明になり、特に一般事務や営業事務で活躍できます。

    即戦力としてアピールできる資格なので、とっておいて損はありません。

    合格率は公表されていませんが、通信教育やパソコン教室では80%以上が合格のところが多く、取りやすい資格です。

    TOEIC

    TOEICとは、Test of English for International Communicationの略で、英語を母国語としない人を対象に、 英語のコミュニケーション能力を評価する試験です。

    合否はないので正確には資格ではありませんが、TOEICの点数で英語能力を証明することができます。

    ビジネス英語が必要な職場に就きたい場合、テストを受けるのがおすすめ。

    得点が600点以上の人が占める割合は全体の50%弱ですが、600点以上のスコアがあると、履歴書でも高評価を得られやすいです。

    英語が苦手でなければ勉強しだいで十分に狙える点数です。

    資格取得のために「ユーキャン」を利用しよう

    ユーキャン
    (引用元
    ユーキャン

    資格を取得したいのであれば、おなじみの通信講座サイト「ユーキャン」を利用しましょう。

    前章で紹介したFPや簿記、介護福祉士などだけではなく、ビジネスに活かせる講座を多数取り揃えています

    また、スキマ時間を利用して勉強できるため、忙しいママにもワーママにもおすすめです。

    ユーキャン|基本情報

    運営会社株式会社ユーキャン
    取扱講座数130以上
    対応地域全国

    (最終更新:23年8月時点)

    ワーママのスキルアップに役立つサービス

    転職やキャリアアップを考えているのなら、需要が高い「スキル」を身につけることも選択肢のひとつです。

    たとえば「Webデザイン」「Webマーケティング」「動画編集」といったスキルは、IT社会の現代において需要が高く、転職やキャリアアップに役立ちます

    「転職したいけど、これといったスキルがなくて自信がない」「出来ることを増やして、仕事の幅を広げたい」という場合は、上記のような技術を身につけると良いでしょう。

    なお、Webに関するスキルを効率よく身につけたいのであれば、「SHElikes(シーライクス)」の利用がおすすめです。

    SHElikes
    (引用元
    SHElikes

    SHElikes(シーライクス)」は、女性向けのキャリアスクール。

    Webデザイン・Webマーケティングをはじめ、全27種のコースが用意されており、月額10,780円から定額で学ぶことができます。(※月5回・1ヶ月プランの場合)

    パソコン1つで働けるクリエイティブスキルを効率的に身につけられるので、転職はもちろん、副業や独立を考えている方にもおすすめです。

    また、受け放題プランを選択すれば、希望するコース・レッスンを好きなだけ受けることができます。

    全27種類あるコースを組み合わせて学ぶこともできるので、複合的にスキルアップできるでしょう。

    「転職やキャリアアップに役立つWebスキルを身につけたい」という方は、ぜひ利用してみてください。

    SHElikes|基本情報


    運営会社SHE株式会社
    受講形態通学、オンライン
    対象地域オンライン:全国どこでも 通学:東京都、愛知県、大阪府
    年齢制限

    なし

    受講料(税込)

    入会金:162,800円+各種プラン料金

    学べる言語

    HTML/CSS・GAS

    受講期間目安6ヵ月~12ヶ月

    (最終更新:23年8月時点)

    まとめ

    仕事や育児、家事までこなすママが、転職に踏み切るには勇気と労力と時間が必要でしょう。

    ワーママが転職エージェントを利用するにあたり、以下のような注意したい点もあります。

    ワーママが転職エージェントを利用する際の注意点

    • 希望条件を明確にしておく
    • 譲れない条件・緩和してもいい条件の線引き
    • スキルや経験を書き出しておく
    • ワーママの転職実績が多いエージェントを選ぶ
    • あいまいな受け答えをしない

    転職エージェントを利用する際は、上記を踏まえたうえで上手に活用しましょう。

    以下に本記事で紹介したおすすめのエージェントをまとめたので、ぜひ気軽に利用してみてください。

    ワーママにおすすめの転職エージェント

    転職エージェント特徴
    リクルートエージェント
    • 業界トップクラスの求人数を保有
    • 幅広い業種・職種に対応
    パソナキャリア
    • 親身に相談にのってくれる
    • 面接対策などのサポートが手厚いと評判
    type女性の転職エージェント
    • 女性ならではの悩みに精通している
    • 女性の転職支援実績が豊富
    クラウドワークス
    • 在宅ワークを探している方におすすめ
    • 難易度の高い仕事からスキル不要の作業までさまざまな案件を保有

    転職エージェント おすすめランキングの関連記事

    法務職に強いおすすめ転職エージェントランキング!転職サイトの比較方法・選び方
    転職エージェント おすすめランキング

    法務職に強いおすすめ転職エージェントランキング!転職サイトの比較方法・選び方

    2024年6月13日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    出版業界におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!出版社の中途採用求人も紹介
    転職エージェント おすすめランキング

    出版業界におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!出版社の中途採用求人も紹介

    2024年6月13日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    弁護士におすすめの転職エージェント比較ランキング!リーガル系に強い転職サイトの選び方
    転職エージェント おすすめランキング

    弁護士におすすめの転職エージェント比較ランキング!リーガル系に強い転職サイトの選び方

    2024年6月13日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    ゲーム業界に強い転職サイト・エージェント!未経験におすすめの職種も紹介
    転職エージェント おすすめランキング

    ゲーム業界に強い転職サイト・エージェント!未経験におすすめの職種も紹介

    2024年6月12日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    第二新卒におすすめ転職エージェント比較 | 選び方や失敗事例・短期離職の対策を解説
    転職エージェント おすすめランキング

    第二新卒におすすめ転職エージェント比較 | 選び方や失敗事例・短期離職の対策を解説

    2024年6月12日

    五十嵐 翔

    五十嵐 翔

    • Facebook
    • x
    • LINE