Operated by Ateam Inc.

イーデス

新卒一年目の転職はNG?転職時の注意点や成功させるポイントを解説

最終更新日:

転職
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

本記事では、新卒一年目の転職がなぜNGとされるのか、その原因やメリット・デメリット、転職に悩んだ際の判断ポイントなどについて解説します。

また、いざ転職を決めた際に役立つ転職エージェントを紹介していますので、ぜひ登録してみてください。

▼おすすめの転職エージェント

派遣会社名公開求人数特徴詳細
リクルートエージェント約365,000件
  • 30万件以上の非公開求人
  • 各業界に精通したアドバイザーからサポートを受けられる
マイナビAGENT約49,000件
  • キャリアアドバイザーによるサポートが充実
  • 非公開求人・独占求人が豊富
doda(デューダ)約230,000件
  • 約10万件の優良求人
  • スカウトサービスも実施
パソナキャリア約33,000件
  • 転職者の61.7%が年収アップを実現
  • 女性のハイクラス転職にも力を入れている
エン転職約86,000件
  • 社員や職場の雰囲気など企業の詳しい内情の情報を提供
  • 転職ノウハウが豊富

(※2023年12月時点)

新卒一年目であっても、今より良い環境、条件で働きたいという想いが強ければ、転職に踏み出すという選択肢もおすすめです。

反対に転職を見送った方が良いケースもありますので、新卒一年目で転職するメリット・デメリットとともに、内容を確認してみてください。

    気になる内容をタップ

    新卒一年目での転職がNGとされる原因

    新卒一年目での転職がNGとされる原因

    まずは、なぜ新卒一年目での転職がNGとされるのか、5つの原因を紹介します。

    新卒一年目での転職がNGとされる原因

    企業の善し悪しを判断しにくいから

    新卒一年目での転職がNGとされる原因としてまず挙げられるのは、企業の良し悪しを判断しにくいためです。

    自身が現在勤めている企業に不満を持っていたとしても、その不満をうまく落ち着かせたりコントロールしたりして仕事を継続すれば、現在の職場でしか得られないような貴重な体験があるかもしれません。

    一度退職してしまうと、元の職場に戻るのは困難です。

    企業の良し悪しを判断する目をまだ持っていないうちに退職を決意してしまえば、「以前の職場の方が自身の成長に繋がった」と後悔してしまう可能性があるため、新卒一年目での転職はNGとされています。

    すぐ辞めるイメージがつくから

    すぐに辞めてしまうイメージがついてしまう点も、新卒一年目での転職がNGとされる理由です。

    新卒で就職した企業の在籍期間が短ければ、転職活動の際、採用担当者に「入社してもまた短い期間で転職を考えてしまうのでは」と、不安を持たれる可能性があります。

    厚生労働省が発表した新規学卒就職者の離職状況(令和2年3月卒業者)によると、新規高卒就職者の就職後3年以内の離職率が37.0%、新規大学卒就職者が32.3%と比較的高い傾向にあり、企業も第二新卒者向けの採用を積極的に行っているのが現状です。

    しかしやはり新卒一年目での転職は定着性に不安をもたれ、転職活動が不利に働いてしまう可能性がある点は、注意しておきましょう。

    スキルが身に付いてない人が多いから

    スキルが身についてない人が多い点も、新卒一年目での転職がNGとされる理由です。

    どの企業においても、一年目は業務に慣れるのが精一杯で、誇れるスキルが身につくことは少ないでしょう。

    スキルが身についていない状態で、自身で決めたはずの企業に不満を持って転職を考えるのであれば、採用してもまたすぐに辞めてしまうだろうと企業側に思われてしまう可能性があります。

    企業は新卒一年目から三年目までを対象とした「第二新卒」の採用を積極的に行う傾向にあるものの、残念ながら一年目は例外で、転職は難しいと言えるでしょう。

    実績なく新卒カードも無い状態になるから

    実績もなく、新卒カードも無い状態になる点も、新卒一年目での転職がNGとされる原因です。

    新卒カードとは、日本の就職市場において、新卒が有利な立場にあることを示す造語を指します。

    新卒カードを使えば、就活の情報を入手しやすかったり、難易度の高い企業に挑戦できたりと、新卒枠で採用にチャレンジできる点がメリットです。

    実際にカードがあるわけではありませんが、新卒カードが使えるのは、大学を卒業するまでの期間と言われています。

    前職での実績もなく、新卒カードを利用して入社した場合に得られる入社後の研修やサポートも得られない状況は、不利になりやすいと言わざるをえません。

    転職を繰り返しがちになる可能性があるから

    最後に新卒一年目での転職がNGとされる原因は、転職を繰り返しがちになる可能性があるためです。

    前職で転職を決意した理由が「仕事が合わない気がする」「やりがいを感じられない」といったものであったとすれば、職場が変わってもまた同じ感情を持ち、転職を考える可能性があります。

    仕事は継続して業務を行い、業務に慣れて初めて成果が出るもののため、仕事の向き不向きややりがいを、なにもかも未経験の新卒一年目が判断するのは困難です。

    成果が出て評価されればやりがいを感じられるようになるものの、それを理解せず目先の不満を解消したくて転職してしまえば、また同じ感情を持って転職する、といった事態になりかねません。

    新卒一年目での退職を検討すべきケース

    新卒一年目での退職を検討すべきケース

    新卒一年目での退職はNGとは伝えたものの、以下のケースにおいては退職を検討すべきです。

    自分のケースは以下に当てはまるかをチェックしてみましょう。

    新卒一年目での退職を検討すべきケース

    上司からの暴言・暴力がある

    上司からの暴言や暴力がある場合、新卒一年目でも退職を検討すべきといえるでしょう。

    暴言や暴力はパワハラに該当し、パワハラを行う上司の特徴や心理には、主に以下の4つがあります。

    パワハラをする上司の特徴や心理

    • 社会的な立場を誇示したい
    • 相手を自分の思い通りにコントロールしたい
    • ストレスを発散したい
    • 相手の気持ちがわからない

    暴言や暴力を振るわれても周りの空気を悪くしないよう我慢してしまえば、心に癒えない傷を負ってしまうかもしれません。

    自身を守るためであれば、退職を検討するケースに十分当てはまるといえるでしょう。

    また暴言や暴力は、必要に応じて労働基準監督署に報告すべきケースもあります。

    労働基準監督署はパワハラ単独の相談には対応してくれないものの、労働基準監督署内に設置されている「総合労働相談コーナー」を利用すれば、内容に応じて解決方法を提示してもらうことが可能です。

    上司からの暴言や暴力に悩んでいる場合は相談してみると良いでしょう。

    給料が明らかに少ない・残業が多すぎる

    給料が明らかに少なかったり、残業が多すぎる場合も、新卒一年目で退職を検討すべきケースです。

    給与や労働時間、福利厚生など、明らかに労働条件が悪ければ、退職して他の企業で働くことで、一気に改善が図れる可能性があります。

    前述した暴言や暴力を受けた場合などにも言えるポイントで、ストレスや過労で心身に影響が出るようであれば、早めに退職を検討し、転職活動を始めましょう。

    現在とは違う業界や業種に興味が湧いた

    現在とは違う業界や業種に興味が湧いた場合も、新卒一年目で退職を検討すべきケースです。

    仕事内容ややりがいに対して不満から転職を検討するケースとは異なり、違う業界に興味が湧いてそこで働きたいと明確な目標を持っている場合、早期に動いたほうが良い場合もあります。

    ただし現在の仕事に不満を持っているから他の業種を調べていたら他業種に興味が湧いたなど、一時的な感情の可能性も、もちろん否定できません。

    他業種に興味が湧いた場合は徹底的に調べ、慎重に検討したうえで、行動に移すと良いでしょう。

    企業の経営状態が悪く将来不安がある

    新卒一年目で退職を検討すべきケースに、企業の経営状態が悪いことも挙げられます。

    企業の将来性については就職活動では見極められず、実際に働いてみなければわからない場合があります。

    企業の経営状態の判断ポイント

    • 企業の成長度合いはどうか
    • 企業のビジョンや目標を社員が共有できているか
    • 主力事業において業界全体が衰退期に入っていないか
    • 恒久的な人手不足や高離職率状態に陥っていないか

    企業の経営状態が悪いと判断した場合、あえて企業に残り、立て直しに貢献することも自身の経歴に大きくプラスになるかもしれません。

    しかし、将来性に不安がある場合、退職を検討しても良いでしょう。

    会社の雰囲気が合わない

    最後に紹介する新卒一年目で退職を検討すべきケースは、企業の雰囲気が合わないことです。

    企業の雰囲気についても就職活動中に適切な判断が難しく、入社して初めてわかる場合があるでしょう。

    特にコミュニケーションスタイルや業務の進め方などは、仕事の満足度に関わる重要な項目です。

    飲み会が多かったり、プライベートでの交流を強要されたりと、社風がどうしても合わないと感じれば、退職を検討するのも良いでしょう。

    ただしなんとなく合わないなと感じるだけの場合、次の転職先でも同じように感じてしまう可能性があります。

    企業のどのような雰囲気が合わないのか具体的に考えて、転職活動の判断軸にすることが大切です。

    新卒一年目の転職におすすめの転職サービス5選

    本セクションでは、新卒一年目で転職に進もうと思った方に向けて、おすすめの転職サービスを5社紹介します。

    派遣会社名公開求人数特徴詳細
    リクルートエージェント約365,000件
    • 30万件以上の非公開求人
    • 各業界に精通したアドバイザーからサポートを受けられる
    マイナビAGENT約49,000件
    • キャリアアドバイザーによるサポートが充実
    • 非公開求人・独占求人が豊富
    doda(デューダ)約230,000件
    • 約10万件の優良求人
    • スカウトサービスも実施
    パソナキャリア約33,000件
    • 転職者の61.7%が年収アップを実現
    • 女性のハイクラス転職にも力を入れている
    エン転職約86,000件
    • 社員や職場の雰囲気など企業の詳しい内情の情報を提供
    • 転職ノウハウが豊富

    (※2023年12月時点)

    リクルートエージェント|非公開求人が10万件以上

    リクルートエージェント」は、業界大手のブランド力を活かして非常に多くの求人を取り扱っている転職エージェントです。

    30万件以上の非公開求人を抱えていることから、好待遇の求人を見つけられる可能性が高いでしょう。

    各業界に精通したキャリアアドバイザーが、求職者の希望やスキルに沿った求人を厳選して紹介してくれるため、はじめての転職活動も安心して乗り切れます。

    応募先企業との面談調整や条件交渉もキャリアアドバイザーが代行してくれますので、現在就業中でなかなか転職活動に時間を割けない方にもおすすめです。

    リクルートエージェント|基本情報

    運営会社

    株式会社リクルート

    公開求人数

    約404,000件

    非公開求人数

    約221,000件

    対応地域全国+海外
    料金すべて無料
    登録免許厚生労働省有料職業紹介事業: 13-ユ-313011
    公式サイトhttps://www.r-agent.com/

    (最終更新:24年6月時点)

    マイナビAGENT|面接対策や書類添削などサポート充実

    マイナビAGENT」は、大手人材サービスマイナビが運営する無料の転職エージェントサービスです。

    面接対策や書類添削などのサポートが充実しており、特に20代前半・第二新卒から30代の転職支援に強い人気を誇っています。

    マイナビAGENTは、非公開求人が充実しており独占求人も多数あるという点が特徴です。

    幅広い業種・職種を網羅しているため、利用することで求職者一人ひとりに合った求人を見つけられるでしょう。

    マイナビエージェント|基本情報

    運営会社株式会社マイナビ
    公開求人数非公開
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    doda(デューダ)|10万件以上の優良求人

    doda
    (引用元
    doda

    doda」は、パーソルキャリア株式会社が運営する、経験者採用や即戦力人材の採用に強みを持つ転職サイトです。

    非公開求人を含む約10万件以上の優良求人を保有しており、幅広い業種・職種に対応しています。

    転職エージェントサービスのほかに、求職者の経験・スキルに興味を持った企業から特別なオファーがもらえるスカウトサービスも実施しているため、自ら求人案件を探す手間が省ける点も利用するメリットです。

    転職ノウハウや転職エピソードなど、サイト上に就活に役立つツールを充実させているという特徴もあり、事前知識を得ながら転職活動をしたい方は、ぜひ利用してみてください。

    doda|基本情報

    運営会社パーソルキャリア株式会社
    求人数

    200,000件以上(非公開求人を含む)

    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    簡単3分!
    エージェントサービスに登録で非公開求人を確認!

    doda公式サイトで無料登録

    パソナキャリア|61.7%が年収アップを実現

    パソナキャリア
    (引用元
    パソナキャリア

    パソナキャリア」は、株式会社パソナが運営するハイクラス転職エージェントサービスです。

    転職者の61.7%が年収アップを実現していることから、今より高い年収を希望する方に向いています。

    担当エージェントによる丁寧・親身なサポートに定評があり、相談から情報提供、企業への推薦、入社後のフォローに至るまで、安心して転職活動が可能です。

    女性のハイクラス転職にも力を入れているのが特徴で、「私らしく働きたい」女性のキャリアアップや自己実現を支援しています。

    パソナキャリアであれば大手ならではの安心感もあるため、転職を検討している方はまず登録してみてください。

    パソナキャリア|基本情報

    運営会社株式会社パソナ
    公開求人数約38,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    エン転職|社員や職場の雰囲気がわかる

    エン転職
    (引用元
    エン転職

    エン転職」は、エン・ジャパン株式会社が運営する日本最大級の中途採用向け求人サイトです。

    エン転職の担当者が企業調査を行っているため、社員や職場の雰囲気など企業の詳しい内情の情報を提供しており、徹底した「求職者目線」の追求にこだわっています。

    取材者からみた「やりがい・厳しさ」や「向き・不向き」に加え、現社員や元社員からのクチコミ情報など、信頼性の高い転職・求人情報を提供しているため、転職後のイメージを持ちやすい点が特徴です。

    サイト上に「転職ノウハウ」が充実しており、求職者の不安を払拭するのに役立っています。

    エン転職|基本情報

    運営会社エン・ジャパン株式会社
    公開求人数約135,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    新卒一年目の転職は辞めたほうが良いケース

    新卒一年目の転職は辞めたほうが良いケース

    続いて、以下のケースで転職を考えている方は、様子見するのをおすすめします。

    新卒一年目の転職は辞めたほうが良いケース

    入社6か月未満での転職を考えている

    新卒一年目の転職は辞めておいたほうが良いケースとしては、入社6か月未満での転職を考えている場合です。

    新卒一年目は転職に不利であると前述した通り、入社6か月未満でのあまりにも早い転職は、企業に良くない印象を与えてしまいます。

    採用担当者が納得できるような熱意や転職理由がなければ、またすぐに転職を考えてしまうのでは、と思われる可能性があるため、入社6か月未満での転職は辞めておいた方が良いでしょう。

    希望する業種だったが何となく違うと感じる

    希望する業種に就職したものの、何となく違うと感じて転職するのは、辞めておいたほうが良いケースです。

    成果ややりがいを感じるまでのスピードは、人によって違うため、もう少し仕事をしてみれば、魅力を再確認し、やる気も向上するかもしれません。

    入社一年目で仕事について何となく違うと感じる場合は、すぐに転職を検討せず、日々の業務に真剣に取り組んでみると良いでしょう。

    なかなか成果が出せないのでつまらない

    新卒一年目でなかなか成果が出せず、つまらないと感じて転職を検討する方もいるでしょう。

    しかし、今まで学生として過ごしていた新卒が、成果を出しにくいのは当たり前です。

    成果が出せなくて悩む苦しい期間は、上司や先輩にもあった場合が多いため、どのようにして乗り越えたか相談してみるのも良いでしょう。

    一般的に新卒は、研修制度がしっかりしている場合が多く、仕事の基礎を固めやすい有利な立場です。

    新卒の立場を十分利用し、良く学び、成果が出せるよう力を尽くしてみると気持ちが変わるかもしれません。

    希望とは違う部署に配属された

    新卒一年目で転職を考えるケースとして、希望とは異なる部署に配置されたからという理由もあるものの、これを転理由として考えるのは、辞めておいた方が良いでしょう。

    自身がいくら他の部署への配属を希望していたとしても、人材不足や経験、スキルなどの理由で、叶わない場合があります。

    希望とは異なる部署への配属にどうしても納得できず転職を考える場合は、先輩や直属の上司、人事部などに理由を聞いたり、希望の部署への異動は可能であるのか尋ねてみるなど、行動を起こしてからでも遅くありません。

    人間関係がうまくいっていない

    人間関係がうまくいかないことで新卒一年目で転職を検討するケースも、転職検討を辞めておいた方が良いケースと言えるでしょう。

    たとえ転職したとしても、どの職場でも、人間関係のストレスがゼロになる可能性はほとんどありません。

    どうしても解消できないほどの問題であるのかを考え、部署を替えれば解決するのかといった点なども検討しましょう。

    人間関係がうまくいっていない場合、すぐに転職を考えるのではなく、先輩や上司などにも相談し、解決策を図ることも大切です。

    転職後にやりたいことが特にない

    転職をすると決意したものの、転職後にやりたいことが特にない場合も、転職を辞めておいた方が良いケースです。

    新卒一年目での転職がNGとされる原因でも述べたように、現状を変えたいがために退職してしまえば、思った以上に転職活動が長引いてしまう可能性があります。

    決まらない期間の長さに焦り、転職先を妥協してしまえば、また転職を繰り返すことにもなりかねません。

    転職をする際は転職の軸をしっかりと決めて、目標を持って活動しましょう。

    新卒一年目で転職するメリット

    新卒一年目での転職には、以下のようなメリットがあります。

    メリット

    より良い条件で働ける可能性がある

    新卒一年目で転職するメリットは、より良い条件で働ける可能性があることです。

    就職する企業によって給与や残業などの労働条件は変わります。

    同学年で同じような職種に就いている人たちが、自分よりも遥かに良い条件で働いている場合もあるでしょう。

    今の企業の労働条件が悪いと感じるようであれば、転職により、より良い条件で働ける可能性があります。

    第二新卒としてスムーズに転職できる可能性もある

    第二新卒としてスムーズに転職できる可能性がある点も、新卒一年目で転職するメリットです。

    現在転職したいと考える第二新卒の採用に対しては、多くの企業で採用意識が高く、スキルや経験よりも、ポテンシャルが重視される場合が多くあります。

    第二新卒は短期間であるものの社会人としての経験もあり、常識やビジネススキルを持っているとみなされるため、教育コストがかからない点も企業にとってのメリットと言えるでしょう。

    第二新卒としてスムーズに転職できる可能性がある点は、新卒一年目で転職する大きなメリットです。

    これまでと違う業界で長く経験を積める

    これまでと違う業種で長く経験を積めるのも、新卒一年目で転職するメリットです。

    現在働いている企業と違う業種に興味を持った場合、早く転職活動を始めれば、興味の湧いた業界により長く身を置けます。

    経験を積めば積むほどスキルは上がるため、強く惹かれる業界があれば、早めに挑戦してみるのも良いでしょう。

    ただし前述した通り、現在興味を持っている業界は、一時的な感情だけで強く惹かれている可能性もあります。

    新卒一年目で転職を考える際は、その業種を徹底的に調べ上げ、長く働きたいと感じた場合に行動に移すようにしてください。

    ストレスによって心身が不調になるのを防げる

    新卒一年目で転職するメリットは、ストレスによって心身が不調になるのを防げる点です。

    暴言や暴力、人間関係などで悩んでいるものの、いつまでも現状を変えずその環境に身を置き続ければ、心身の不調を感じ、うつ病などの精神的な疾患を患ってしまうかもしれません。

    ストレスを感じ、どうしても改善できない場合、転職することで改善できる可能性があります。

    転職でストレスから開放される可能性がある点は、大きなメリットといえるでしょう。

    新卒一年目で転職するデメリット

    新卒一年目での転職には、以下のようなデメリットもあります。

    デメリット

    すぐ辞めると思われる可能性がある

    新卒一年目で転職するデメリットは、すぐ辞めると思われる可能性がある点です。

    転職を決意した理由にもよるものの、もしも転職理由が仕事内容ややりがいを感じなかったという理由であれば、「うちで採用してもすぐ辞めてしまうのではないか」といったネガティブなイメージをもたれるかもしれません。

    どうしてもこの業種で働きたいなどの熱意を伝えられなければ、すぐ辞めると思われてしまうデメリットがあることは、十分理解しておきましょう。

    書類選考が通らないケースも多い

    新卒一年目で転職すると、書類選考が通らないケースも考えられます。

    どんなに優秀で意欲が高い人でも、一年目で辞めてしまったことが転職先企業の懸念となってしまうためです。

    もちろん企業の職種や難易度、募集人数などの条件によって、書類選考の通過率も変わります。

    しかし、書類選考が通らないケースが多いことは、新卒一年目で転職するデメリットと言えるでしょう。

    労働条件が悪くなる可能性がある

    新卒一年目での転職は、労働条件が良くなる可能性がある一方で、悪くなる可能性もあります。

    新卒一年目を含む第二新卒の採用を積極的に行っている企業は増えているものの、キャリア全体からすれば第二新卒はまだ新人の枠を出ず、即戦力というわけにはいきません。

    そのため現状よりも労働条件が悪くなる可能性は捨てきれないでしょう。

    ただし新卒一年目での転職は、新卒者とほぼ同じ位置からキャリア形成ができるため、将来の収入見込みに大きな違いはありません。

    新卒一年目で転職するか悩んだ際の判断ポイント

    新卒一年目で転職するか悩んだ際の判断ポイント

    ここまで読んで、新卒一年目で転職するべきかを悩んでいる方もいるでしょう。

    以下で転職に関する判断ポイントを4つ紹介しますので、照らし合わせて検討してみてください。

    新卒一年目で転職するか悩んだ際の判断ポイント

    自分自身の市場価値を調べてみる

    新卒一年目で転職するかどうか悩んだ際は、自分自身の市場価値を調べて判断してみましょう。

    市場価値を調べられるサービス

    • doda:年収査定による診断ツールを利用
    • ビズリーチ:キャリア・マネジメント・システムを利用
    • ミイダス:診断ツールを利用

    市場価値は、一般的にその人が持っているビジネススキルや経験、実績によって判断されます。

    業務を行う上での知識やスキル、資格だけでなく、以下のような能力も含まれます。

    • 仮説的能力:限られた情報から解決方法を思考する能力
    • 課題解決力:建てられた仮説に対して検証方法や作業工程を設計し、課題解決に導く能力
    • チームビルディング力:チームメンバーのスキルや経験を最大限に引き出し、協働性を高める能力

    上記は業種や職種が変わったとしても通用するスキルであるため、持っていれば将来的に活躍する可能性が高まります。

    転職を希望する業界や職種によって市場価値は変わってくるものの、一般的なニーズと自身が持つスキルや経験をを見て、市場価値を測ると良いでしょう。

    自己分析をして本当に別の会社が良いのか考える

    自己分析をして本当に別の企業に行きたいのか考えるのも、新卒一年目で転職するか悩んだ際の判断ポイントです。

    今現在あなたが「キャリアアップのために転職したい」「違う仕事にも興味がある」など、さまざまな理由で転職を考えているとしても、その希望を今いる企業では叶えるのは難しいのでしょうか。

    自分の特徴や長所短所、得意不得意、価値観、現在の職場の不満などを整理して自己分析を行い、本当に転職するべきなのかを改めて考えてみてください。

    もしも自己分析を行った上で決意が揺らぐことなく、転職活動を行おうと決めたのであれば、成功に向けて動き出しましょう。

    今より条件が悪くなる可能性はないか

    今よりも条件が悪くなる可能性はないか考えるのも、新卒一年目で転職する際の判断ポイントです。

    現職が平均的な条件の職場であれば、転職することで条件が悪くなる可能性は十分あり得ます。

    前職以上のスキルや経験を求められる企業や職種に転職することは新卒一年目では難しいため、条件が悪くなるリスクがあったとしても職場環境を変えたい、やりたい業種があるかなどを考え、転職するかどうかを判断していきましょう。

    希望部署に配属されなくても大丈夫か

    希望の企業に入れたとしても、絶対に希望部署に配属される保証はありません。

    人手不足や前職での経験から、前職と同じ職種に配属されることもあり得るでしょう。

    希望部署に配属されかったからといってまた転職を考えるようであれば、すぐに仕事を変える人だというイメージを持たれかねないため、気持ちを切り替えて前向きに業務に取り組むマインドセットが必要です。

    希望部署に配属されなかったとしても転職先でやっていけるか考え、大丈夫だと感じれば、転職活動を始めると良いでしょう。

    新卒一年目の会社員が転職を成功させるためのポイント

    新卒一年目の会社員が転職を成功させるためのポイント

    最後に、新卒一年目の会社員が転職を成功させるためのポイントを5つ紹介します。

    新卒一年目での転職にはメリットもあればデメリットもあるものの、いざやると決めた際には、成功できるようしっかりと行動しましょう。

    新卒一年目の会社員が転職を成功させるためのポイント

    早期退職を納得させられる転職理由を用意する

    新卒一年目の会社員が転職を成功させるためのポイントとしてまず挙げられるのは、早期退職を納得させられる転職理由を用意することです。

    転職を考えた本当の理由が職場環境ややりがいだったとしても、それをそのまま転職応募先に伝えてしまえば、採用担当者にネガティブなイメージを持たれかねません。

    • 残業が多くてつらい→効率的に働きたい
    • 営業職で数字に追われる毎日がつらい→顧客とじっくり向き合いたい

    上記のように残業時間や業務内容に不満がある場合、その裏にある思いを転職理由とし、前向きなものを伝えると良いでしょう。

    企業研究と自己分析をする

    新卒一年目の会社員が転職を成功させるには、企業研究と自己分析も大切です。

    転職活動中では、転職を志望する企業と他の企業との差がわからず、転職理由を伝えられない状況に陥ることがあります。

    受ける企業について徹底的に調査し、分析を行う企業研究は、そのような状況を打破するのに最適です。

    他社との差が浮き彫りになり、志望動機もはっきりするため、採用担当者に対して志望意欲を明確に伝えられます。

    自己分析と合わせて企業研究を行い、転職活動を有利に進めましょう。

    希望条件を整理して優先度を決める

    希望条件を整理して優先度を決めるのも、新卒一年目の会社員が転職を成功させるポイントです。

    優先度を決めず、ただ転職したいという思いだけで転職活動をはじめても、納得できない企業に入社してしまい、また転職を繰り返すことにもなりかねません。

    前述した企業研究と自己分析を行えば、自然に希望条件を整理して優先度を決められます。

    優先度を決めて転職活動を行い、自身に最適な企業を選びましょう。

    転職エージェントを活用する

    新卒一年目の会社員が転職を成功させるためのポイントとして、転職エージェントを活用することも挙げられます。

    転職したい気持ちを持っていても、転職理由が漠然としていれば、自分が企業に何を求めているのか分からず、転職活動が長期化してしまうことも少なくありません。

    自信をもって「この業界に転職したい」「自分の考えはこうだ」と言えない方は、転職エージェントを活用することで意識していなかった志向や価値観に気付ける場合があります。

    面接での受け答え方法などについても無料でサポートを受けられるため、転職の際は、転職エージェントへの登録がおすすめです。

    おすすめの転職エージェント

    大手ばかりでなく中小企業も視野にいれる

    新卒一年目の会社員が転職を成功させるためには、中小企業も視野に入れることが大切です。

    一口に中小企業と言ってもさまざまな経営方針があり、拡大しない方針で何十年も体制を維持している企業もあれば、大企業に向けて拡大中の企業もあります。

    転職活動の際は中小企業も視野に入れることで、選択肢は格段に増えるでしょう。

    希望条件と合致した企業を分析してみて候補になりうるのであれば大手ばかりではなく、中小企業を視野に入れて転職活動を行うと良いでしょう。

    まとめ

    新卒一年目の転職には、メリットもあればデメリットもあります。

    メリットデメリット
    より良い条件で働ける可能性があるすぐ辞めると思われる可能性がある
    第二新卒としてスムーズに転職できる可能性もある書類選考が通らないケースも多い
    これまでと違う業界で長く経験を積める労働条件が悪くなる可能性がある
    ストレスによって心身が不調になるのを防げる

    一概に「良い」「悪い」とは言えないものの、さまざまな理由から転職を決めた場合は、早期に転職活動を始めると良いでしょう。

    新卒一年目での転職活動は新卒時の就活とは違い、第二新卒として扱われるためスムーズに決まらない可能性もあります。

    さまざまなポイントを押さえつつ、無料で利用できる転職エージェントを活用すれば、転職に関する悩みの軽減が期待できるでしょう。

    派遣会社名公開求人数特徴詳細
    リクルートエージェント約365,000件
    • 30万件以上の非公開求人
    • 各業界に精通したアドバイザーからサポートを受けられる
    マイナビAGENT約49,000件
    • キャリアアドバイザーによるサポートが充実
    • 非公開求人・独占求人が豊富
    doda(デューダ)約230,000件
    • 約10万件の優良求人
    • スカウトサービスも実施
    パソナキャリア約33,000件
    • 転職者の61.7%が年収アップを実現
    • 女性のハイクラス転職にも力を入れている
    エン転職約86,000件
    • 社員や職場の雰囲気など企業の詳しい内情の情報を提供
    • 転職ノウハウが豊富

    (※2023年12月時点)

    各派遣会社の特徴を確認した上で、自分に合ったサービスを選び、転職活動に役立ててください。

    転職の関連記事

    • Facebook
    • x
    • LINE