Operated by Ateam Inc.

イーデス

【体験談あり】薬剤師の転職に多い6つの失敗とは?必要な対策を徹底解説

最終更新日:

薬剤師 おすすめ転職サイト
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

転職する際は、誰しも「失敗したくない」「後悔したくない」ものです。

しかし、自分に合わない職場に転職してしまうなど、転職に失敗するケースは少なくありません。

薬剤師の転職失敗を防ぐためには、よくある失敗原因と必要な対策を把握しておくことが大切です。

本記事では、薬剤師の失敗談や、失敗を防ぐ具体的な方法を解説します。

この記事を読めば失敗を回避し、ミスマッチのない転職を実現できるはずです。

転職の失敗を防ぎたいなら薬剤師転職サイトに相談しよう

転職に失敗したくないけど、具体的に何をすればいいのかわからないなら『転職サイト』に相談してみるのがおすすめです。

ファルマスタッフ」をはじめとした転職サイトでは、転職に精通しているアドバイザーが客観的にアドバイスをしてくれます。

転職サイトの登録・利用は無料なので、ぜひ気軽に相談してみてください。

ファルマスタッフ|基本情報

運営会社株式会社メディカルリソース
公開求人数約51,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:24年6月時点)

    気になる内容をタップ

    薬剤師の転職に多い!3つの失敗談

    薬剤師の転職では「想像と違う職場に転職してしまった」「転職の目的を達成できなかった」という失敗談をよく聞きます。

    薬剤師向け転職サイト「薬キャリ」のアンケート調査によると、転職後に何らかの不満があると回答した人が53%を占めています。(出典:薬剤師の転職実態調査Vol.8 転職失敗編| 薬キャリ

    では、転職後に後悔する人としない人には、どのような違いがあるのでしょうか?

    結論からお伝えすると、薬剤師の転職失敗には、大きく分けて3つのパターンがあります。

    転職失敗を防ぐためには、事前にありがちなパターンと必要な対策を把握しておくことが重要です。

    そこでここでは、薬剤師の転職に多い失敗を、リアルな体験談と共に解説します。

    薬剤師の転職に多い失敗

    ①職場の雰囲気が自分に合わなかった

    30代 女性

    病院から調剤薬局に転職しました。

    薬剤師の人数が少なく、人間関係はかなりギスギスしていて、自分には合いませんでした。

    仕事の愚痴や他人の悪口ばかり言っている人がいるのです。

    信頼して話せる薬剤師がいないので、再度転職を考えています。

    (イーデス調査)

    薬剤師の転職では、「入職してみると、職場の雰囲気が合わなかった」というケースが少なくありません。

    調剤薬局をはじめ薬剤師の職場は閉鎖的な傾向があり、職場独自の雰囲気が形成されているところが多いからです。

    運よく自分に合う雰囲気であれば早く馴染むこともできますが、肌に合わない場合はいつまでたっても馴染めない可能性があります。

    「転職先の雰囲気が合わない」という失敗を避けるためには、事前に職場を見学をしておくことが効果的です。

    職場見学を行うことで、求人情報のみでは把握できない、リアルな雰囲気を感じられます。

    転職する際は、職場の雰囲気が自分に合うかどうかを入念にリサーチするようにしましょう。

    ②募集要項と勤務時間が違い、プライベートとの両立が難しかった

    30代 女性

    正社員として、病院に就職しました。

    募集要項では、17時15分が終業時間となっていましたが、実際は19時以降まで残業するというのが日常でした。

    病院薬剤師として専門性を高めたいという気持ちがありましたが、プライベートとの両立が難しかったです。

    (イーデス調査)

    募集要項と勤務時間が異なり、戸惑うケースは多いです。

    労働条件を十分に確認していない状態で転職すると、プライベートとの両立に苦労する可能性があります。

    失敗を防ぐためには、転職前に「残業の有無」や「労働条件」について十分にリサーチすることが大切です。

    自力で情報収集できない場合や、聞きにくい疑問がある場合は、求人の詳しい情報を教えてくれる「転職サイト」を利用すると良いでしょう。

    記事後半では、「転職失敗を防ぎたい薬剤師におすすめの転職サイト3社」をご紹介しています。

    ③業務量が多く、ついていけなかった

    20代 女性

    調剤薬局に転職しましたが、業務内容の多さに驚きました。

    転職した薬局は、薬剤師人数が少ないにも関わらず、1日の処方せん枚数が100枚を超えることが多かったのです。

    また、残業が多く、家庭と仕事の両立ができずに戸惑いました。

    (イーデス調査)

    薬剤師の転職では、「業務量が多いため、仕事についていけない」という失敗も多いです。

    失敗した理由としては、転職先の業務量や薬剤師の人数を把握できていなかったことが挙げられます。

    特に「1日の処方箋枚数がどのくらいなのか」「薬剤師の人数がどのくらいなのか」という情報をリサーチしていないと、業務ペースについていけなかったり、円滑に対応できなくなるでしょう。

    また、自分のスキルを正確に把握できていなかったことも、失敗の原因の一つです。

    業務のレベルや量が自分の能力に合っていないと、より負担を感じやすくなります。

    入職して戸惑わないためにも、事前に自分のスキルや業務量を正確に把握しておきましょう。

    処方箋枚数を確認しよう

    調剤薬局の忙しさに関しては、薬剤師の人数や処方箋枚数が参考になります。

    個人差はありますが、1日の処方箋枚数が一人当たり30枚以上になると「忙しい」と感じるケースが多いです。

    薬剤師が転職に失敗しやすくなる6つの原因

    薬剤師が転職に失敗しやすくなる6つの原因

    薬剤師に多い3つの失敗パータンと体験談をご紹介しましたが、これらには共通する「失敗原因」があります。

    薬剤師にありがちな転職の失敗を防ぐためには、原因を把握し、対策を講じることが大切です。

    ここでは、薬剤師の転職でよくある失敗の原因を6つまとめました。

    転職に失敗しないためにも、ぜひ参考にして下さい。

    薬剤師の転職でよくある失敗の原因

    原因1.目的や希望条件が曖昧な状態で転職してしまった

    転職の目的を整理する前に転職すると、後悔につながることが多いです。

    「年収アップしたい」「勤務時間を減らしたい」など、転職目的が整理されていないと、転職先選びの軸がブレてしまいます。

    その結果、本来の転職目的が達成できず、転職後に後悔してしまう薬剤師も少なくありません。

    例えば勤務時間を減らすことを目的に転職したのに、転職後の職場では以外に残業が多く、「転職前より勤務時間が増えてしまった」という失敗例もあります。

    このような失敗を防ぐためには、事前に転職目的を整理しておくことが重要です。

    「うまく整理できない」という場合は、紙に『転職で実現したいこと』を書き出すことをおすすめします。

    本来の目的を見失わないためにも、転職前には「希望条件」を明確にしておきましょう。

    転職先選びについて

    希望条件の違い(年収アップ・スキルアップ・労働時間の削減など)によって、転職先の候補は大幅に変わります。

    年収アップならドラッグストア、スキルアップなら病院薬剤師など、希望条件によって適切な転職先が絞り込まれることも多いです。

    原因2.業務や勤務環境の確認を怠ってしまった

    業務や勤務環境の確認を疎かにしたことで、入職後に後悔するパターンは多いです。

    「業務内容を確認しなくても、同じ薬剤師の業務だし大丈夫」「勤務環境は募集要項通りのはず」と確認を怠ってしまうと、転職の失敗につながりやすいです。

    いざ入職してみると、想定していた業務と実際の業務に大きな違いがあり、困惑するケースも少なくありません。

    確認不足による失敗を防ぐためには、事前の入念な情報収集が大切です。

    転職前に確認すべき内容としては、残業の有無、職場の雰囲気、細かな業務内容などがあります。

    このような勤務環境については、職場見学をして確認できますし、転職サイトから情報を教えてもらうことも可能です。

    業務や勤務環境は働きやすさに大きく関わるため、面倒でも細かい点まで確認しておきましょう。

    転職サイトは複数利用がおすすめ

    情報収集の手段のひとつとして「転職サイト」の利用は有効ですが、一人のアドバイザーの言葉を鵜呑みにするのは危険です。

    というのも、アドバイザーが教えてくれる情報は、ときに事実とは異なることもあるからです。

    多角的な意見を収集するためには、2~3社の転職サイトに登録し、複数のアドバイザーから話を聞くことをおすすめします。

    原因3.細かな勤務条件を把握せずに転職してしまった

    勤務条件を把握していなかったために、転職後に後悔するケースも多いです。

    よく確認せずに転職を決めてしまうと、入職後に「思っていた条件と違った」と後悔する可能性が高くなります。

    例えば、「転勤なしと聞いていたが、実際には2年後に系列店舗に異動する可能性があった」「完全土日休みだと思っていたけど、実は週休二日制で1日しか休めない週もある」などです。

    入職後に後悔しないためにも、面倒くさがらず細かい勤務条件まで確認しましょう。

    原因4.年収や待遇だけにとらわれて転職先を決めてしまった

    年収や待遇にだけとらわれた結果、入職後に後悔するケースは多いです。

    求人をチェックする際には、どうしても年収や待遇に目が行ってしまいやすいですが、本来の転職目的を見失うと、結局目的を達成できない職場に転職してしまう可能性が高くなります。

    例えば、「仕事と家庭の両立を希望していたのに、残業が多すぎる」「スキルアップを目指していたのに、教育制度がほとんど機能していない」などの失敗は多いです。

    また、相場と比べてかなり年収が高い職場には、隠れた理由があることも少なくありません。

    中には、離職率が高い・人材が集まらないという理由で年収や待遇を良くしている職場もあるため注意する必要があります。

    そういった職場では、「業務量が多く、ほとんど毎日残業が発生する」「人手不足で有休をほとんど取れない」という事情があることも多いです。

    後悔を防ぐためには、年収や待遇のみにとらわれるのではなく、勤務条件や労働環境についても細かくチェックしておきましょう。

    原因5.自分のスキルを過信して転職先を決めてしまった

    「同じ薬剤師の業務なので、職場が変わってもスムーズに業務をこなせるはず」など、自分のスキルを過信して転職先を決めるのは危険です。

    薬剤師の職場はたとえ同じ業種であっても、診療科目・扱う処方箋等によって、求められるスキルや能力が大きく異なります。

    そのため、自分の能力に合わない職場に転職すると、業務についていけなくなる可能性が高いです。

    例えば、「総合病院に勤務していた薬剤師が、精神科専門病院へ転職したら、全く対応できなかった」という失敗例もあります。

    転職の際には、自分のスキルを正確に理解し、能力に見合った職場を選ぶようにしましょう。

    原因6.自分一人だけで転職活動を進めてしまった

    「マイペースに進めたいから自力で転職活動をしよう」「知人に紹介されているから大丈夫」と考える方も多いですが、自分一人だけで転職を進めた結果、失敗してしまったケースも多いです。

    十分な対策ができていないと、「情報量不足でミスマッチな職場に転職してしまった」「選考対策が不十分でなかなか内定を得られない」いった失敗につながります。

    特に、初めての転職に臨む場合など、少しでも転職に不安があるのなら、転職活動を1から10までサポートしてくれる「転職サイト」の利用がおすすめです。

    転職サイトを利用すれば、応募書類の作成や面接対策などの支援を受けられるので、失敗するリスクを減らせます。

    記事後半「転職失敗を防ぎたい薬剤師におすすめの転職サイト3社」では、おすすめのサイトを紹介しているため、ぜひ活用してみてください。

    知人の紹介で転職するのは注意が必要!

    知人の紹介で転職するケースは、思いがけないトラブルの原因になる可能性があります。

    「知人に紹介してもらった手前、不満を言えない」と悩む方も少なくありません。

    不要なトラブルを避けるためにも、知人の紹介で転職する際は、事前に職場環境などを詳しくヒアリングしておきましょう。

    失敗を回避できる!転職活動のポイントと流れ

    失敗を回避できる!転職活動のポイントと流れ

    失敗を回避するためには、注意点を踏まえつつ、適切な流れで転職活動を進めていく必要があります。

    そこでここでは、正しい転職活動の流れとポイントを詳しく解説していきます。

    以下の流れで転職活動を行えば、失敗するリスクを減らせるでしょう。

    正しい転職活動の流れとポイント

    ポイント1.希望条件の優先順位をつける

    まずは、転職の目的を明確にし、希望条件の優先順位をつけましょう。

    転職目的を明確にすることで、自ずと優先順位が見えてきます

    逆に、希望条件に優先順位をつけておかなければ、本当に叶えたい条件を見失ってしまうことが多いです。

    希望条件を見失ってしまい、優先順位の高い条件を満たしていない職場に転職してしまった場合、のちのち後悔する可能性が高くなります。

    転職する際は、転職の目的にあわせて「譲れない条件」と「妥協できる条件」を分けておくことが大切です。

    例えば、「プライベートの時間を確保したい」という希望がもっとも重要であれば、以下のように条件を切り分けられます。

    譲れない条件
    • 残業月20時間以下
    • 年間休日数120日以上
    • 土日休み
    妥協できる条件
    • 通勤時間30分以内
    • 年収アップ
    • 企業規模

    上記のように、希望条件を切り分けると、自ずと自分に合う求人を探しやすくなります。

    譲れない条件を満たしている職場に転職できれば、後悔のない転職を実現できるはずです。

    転職理由は前向きに!

    前職に不満があり転職するケースは多いですが、転職理由は前向きに伝えることが大切です。

    前職の不満を口にすると、採用担当者からのイメージが悪くなる可能性があります。

    例えば、「人間関係が悪かった」という転職理由は、「周囲と連携し、チームワークを大切にして働きたい」と伝えると、ポジティブな印象になるでしょう。

    ポイント2.スキルと経験の棚卸しを行う

    希望条件に優先順位をつけたあとは、スキルと経験の棚卸しを行いましょう。

    自分のスキルを正確に把握できていない状態で求人を選ぶと、ミスマッチな職場に転職してしまう恐れがあるため、注意が必要です。

    スキルと合っていない職場に転職しまった場合、業務についていけなかったり、負担を感じてしまう可能性も高くなります。

    ミスマッチな職場に転職しないためには、求人探しの前にスキルと経験の棚卸しを行い、自分の能力を正確に把握しておくことが大切です。

    「できること」「できないこと」が明確になっていれば、応募すべき求人のレベルが見えてくるでしょう。

    経験・スキルの棚卸しを行う方法

    ミスマッチな職場に転職しないためには、事前に経験やスキルをまとめておくことが大切です。

    以下に、経験・スキルの棚卸しを行う方法をまとめたので、ぜひ参考にしてください。

    • 経験を書き出す
      ⇒ 新卒から今までの経験を振り返ってまとめる
      (1日の処方箋枚数等、細かな部分もまとめる)
    • スキルや強みをまとめる
      ⇒ 経験から身についた技術・資格等をまとめる
    • 業務での成果を書き出す
      ⇒ 生産効率の改善等、業務の成果を具体的にまとめる
      (明確な根拠や定量的なデータがあるとベター)

    ポイント3.幅広い視野で転職を考える

    スキルと経験の棚卸しが完了したあとは、いよいよ求人探しです。

    求人を探す際は、できるだけ広い視野で案件をチェックしましょう。

    特定の業種や雇用形態に絞り込んで転職を考える人は多いですが、視野が狭い状態で求人を探すと、本当に自分に合っている職場を見逃してしまう可能性があります。

    例えば、「正社員で求人を探していたけれど、自分のライフスタイルに合っているのは派遣の働き方だった」と、転職活動中に気付くケースも少なくありません。

    可能性や選択肢を狭めないためには、特定の業種や雇用形態にとらわれず、広い視野で転職を考えることが大切です。

    将来についても考えるべき!

    将来のことをじっくり考えず、目先の収入や労働条件のみにとらわれて転職すると、「仕事と家庭を両立できない」「キャリアアップできない」といった失敗につながる可能性があります。

    目先の年収や待遇ばかりにとらわれるのではなく、「理想的なワークライフバランスを実現でき、長期間継続できるか」「キャリアアップを実現できるか」などの視点で、転職活動を行いましょう。

    ポイント4.気になる職場の細かな情報を収集する

    転職先の候補を絞り込んだあとは、気になる職場の細かな情報を収集しましょう。

    転職先の情報収集が不足していると、「思ったような転職先ではなかった」と後悔する可能性が高いためです。

    入職後の後悔を防ぐためにも、以下のような情報は最低限収集しておきましょう。

    収集しておくべき情報

    • 残業時間
    • 退職金の有無
    • 年間休日日数
    • 教育体制
    • 職場の雰囲気…など

    また、上記のような情報を確認する際は、主観的な情報ではなく「客観的な数値を確認すること」をおすすめします。

    「残業が多い」といった意見は個々により感じ方が違うため、あまり正確とは言えないためです。

    月30時間の残業を多いと感じる人もいれば、少ないと感じる人もいるため、数値を確認できる要素に関しては、できるだけ詳細な情報を収集しましょう。

    「気になる求人の年収が高いのかどうか」判断するために、その業種の平均年収を確認しておくのもおすすめです。

    なお、雰囲気など主観が入りやすい要素については、転職サイトのアドバイザーに情報を教えてもらうこともできます。

    気になる求人があった場合は、転職サイト等を活用しながら、念入りに情報を収集しましょう。

    転職サイトは複数使用がおすすめ

    雰囲気等については主観が入りやすいため、1人ではなく、複数のアドバイザーに意見を聞くことをおすすめします。

    ポイント5.可能な限り職場見学に行く

    気になる職場の情報収集をする際には、可能な限り職場見学に行きましょう。

    職場見学では、求人票だけでは分からないリアルな情報や雰囲気を把握できます。

    職場を見学する際は、「職場の雰囲気が自分に合うか」といった視点で見ることが大切です。

    「話しやすいスタッフが多かった」「残業時間について細かく教えてもらえた」など、見学をすることで転職に前向きになれるケースも多くあります。

    転職後に後悔しないためにも、事前に職場見学を行い、情報収集をしておきましょう。

    ポイント6.勤務条件を入念に確認して入職を決める

    入職を決める段階になったら、勤務条件を入念に確認しましょう。

    転職の失敗を避けるためには、勤務条件を確認し、優先順位が高い希望条件を妥協しないことが重要です。

    また、疑問があれば入職前に解消しておく必要があります。

    特に以下の点は、転職の後悔につながりやすい要素なので、確認しておきましょう。

    転職の後悔につながりやすい要素

    • 「土日休み」とあるが、必ず毎週休めるのか
    • 「残業月20時間以下」と記載されているが、1日の平均はどのくらいなのか
    • 異動の可能性はあるのか
    • 残業代はどう計算されるのか
    • 賞与の支給条件はどうなっているのか…など

    転職活動をする際は、勤務条件を把握し、優先順位の高い勤務条件を満たしているかを必ずチェックしてください。

    薬剤師の転職失敗を防ぐためには「転職サイト」を複数利用しよう

    薬剤師が転職失敗を防ぐためには、「転職サイト」を利用することをおすすめします。

    転職サイトとは、求人紹介や転職のサポートをしてくれるサービスのことです。

    薬剤師転職サイトの仕組み

    薬剤師専門の転職サイトを利用すると、求人探しのみならず、転職相談、面接対策などの総合的なサポートを受けられます

    細かな部分までフォローしてくれるので、薬剤師の転職で起こりやすい失敗も防止できます。

    アドバイザーからサポートを受けたことで、「ミスマッチのない転職を実現できた」「念入りに情報収集できた」というケースも多いです。

    また、転職を成功させるためにはアドバイザーとの相性が重要と言えます。

    相性の良いアドバイザーに出会える可能性を高めるためにも、2~3社の転職サイトを複数利用すると良いでしょう。

    転職失敗を防ぎたい薬剤師におすすめの転職サイト3社

    薬剤師が転職失敗を防ぐためには、転職サイトに無料登録し、求人探しや選考対策をサポートしてもらうのことをおすすめします。

    質の高い転職サイトを利用すれば、職場の情報を細かく教えてくれるので転職のミスマッチも防げます。

    おすすめの転職サイトを3社ご紹介しますので、ぜひ活用してみてください。

    おすすめの薬剤師転職サイト

    本記事で紹介する3社は「【2022年最新】薬剤師転職サイトおすすめ10選!職場別・雇用形態別」から、さらに厳選した転職サイトです。

    そのほかの転職サイトもチェックしたい方は、ぜひ上記の記事もご覧になってください。

    じっくり相談して転職失敗を回避したいなら「ファルマスタッフ」

    ファルマスタッフ」は、大手薬局「日本調剤」のグループ企業が運営している転職サイトです。

    じっくり相談に乗ってもらえるので、転職失敗するのではないかと不安を感じている方でも、安心して転職活動を進められます。

    また、ファルマスタッフのコンサルタントは積極的に紹介先を訪問しており、職場の雰囲気など求人情報だけでは分からない情報を丁寧に教えてくれます。

    じっくり相談して転職失敗を回避したいのであれば、ぜひファルマスタッフを利用してみてください。

    ファルマスタッフ|基本情報

    運営会社株式会社メディカルリソース
    公開求人数約51,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    地方での転職なら「マイナビ薬剤師」

    マイナビ薬剤師
    (引用元
    マイナビ薬剤師

    マイナビ薬剤師」は、人材大手である株式会社マイナビが運営している転職サイトです。

    全国15カ所に拠点があるので、地方在住の方でも使いやすいという特徴があります。

    また、アドバイザーの質が高いことで定評があり、実践的なサポートを受けられるため、「希望の職場の内定をもらえるか不安」「転職の失敗はどうしても回避したい」という薬剤師におすすめです。

    地方での転職を希望している方や、実践的なアドバイスを受けたい方は、ぜひマイナビ薬剤師を利用してみてください。

    マイナビ薬剤師|基本情報

    運営会社株式会社マイナビ
    公開求人数非公開
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    調剤薬局への転職なら「ファーマキャリア」

    ファーマキャリア」は、調剤薬局の求人が豊富な転職サイトです。

    2022年4月時点では、全体の8割以上が調剤薬局の求人であるため、特に調剤薬局に転職したい方におすすめと言えます。

    また、単に求人を紹介するだけでなく、企業側と条件交渉をすることで求職者の希望にベストマッチする求人を作り上げてくれることも特徴の一つです。

    コンサルタントのヒアリング力や交渉力が高いので、安心してサポートを任せられるでしょう。

    調剤薬局への転職を考えているのであれば、ぜひファーマキャリアを利用してみてください。

    ファーマキャリア|基本情報

    運営会社エニーキャリア株式会社
    公開求人数約36,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    【職場別】薬剤師業務に関する口コミ・体験談

    【職場別】薬剤師業務に関する口コミ・体験談

    薬剤師の業務や働き方は、職場によって大きく異なります。

    ここでは、薬剤師業務に関する口コミ・体験談を職場別にまとめたので、ぜひ参考にしてください。

    調剤薬局

    ポジティブな口コミ

    患者さんの役に立てることにやりがいを感じる

    20代男性/調剤薬局

    患者さんからの併用薬の質問に答えて、健康被害を未然に防ぐことができたことです。

    普段は流れの中に埋もれがちな併用薬の確認ですが、薬を服用する患者さんにとっては薬が増えるたびに不安な気持ちが出てきてそれを薬剤師がきちんと説明することの重要性を肌で実感します。

    そんな患者さんの安心した顔を見ることが薬剤師として働いていてやりがいを感じる瞬間です。

    (イーデス調査)

    調剤薬局では、服薬指導に関してやりがいを感じている人が多く見受けられました。

    患者に近い距離で質問に答えたり、不安に寄り添えることは調剤薬局の魅力のひとつといえるでしょう。

    なお、来店する患者の層は門前の病院やクリニックによって異なるため、事前にリサーチしておくことをおすすめします。

    ネガティブな口コミ

    疑義照会にストレスを感じることがある

    20代女性/調剤薬局

    疑義照会がスムーズに行われない時が一番辛く感じます。

    照会先によって疑義照会のやり方が異なるので、照会先に応じたやり方を行う点にストレスを感じます。

    医師の返答では疑義が解消されなかったり、医師が対応してくれない時、目の前で待っている患者様の様子が目に入るとさらにに辛く感じます。

    また、状況を患者様に説明をしても理解してもらえなかったり、疑義の残った状態で医師の指示通りを希望される時もストレスを感じます。

    (イーデス調査)

    疑義照会は調剤薬局の重要な仕事ですが、ストレスを感じてしまうこともあるようです。

    特に門前に複数の医療機関がある場合は、個々の方法に対応したり、たくさんの医師と関わる必要があります。

    疑義照会のしやすさは病院・クリニックによって大きく異なるため、事前に「どんな医療機関が近いのか」「どんな医師が在籍しているのか」確認しておきましょう。

    なお、上記のような点は自力でのリサーチが難しいので「ファルマスタッフ」などの転職サイトに情報を提供してもらうことをおすすめします。

    ドラッグストア

    ポジティブな口コミ

    SNS上には、「1番身近な薬剤師として、病気になる手前から関わって健康になる人を増やしたい、お客様に合わせた商品を提案したい」という声が挙がっていました。

    個々に合う薬を提案したり、症状に応じて受診勧奨することにやりがいを感じる人が多いようです。

    一般用医薬品を販売しているドラッグストアには疾患の有無を問わずさまざまな人が来店するため、幅広い知識を活かすことができるでしょう。

    「身近な薬の相談窓口」として利用者に関わることができるのは、ドラッグストアならではの魅力といえます。

    ネガティブな口コミ

    SNS上には、「発注、品出し、棚替え、バンドルの付け替え、医薬品期限チェックなどに忙しく時間がない」という声が挙がっていました。

    ドラッグストアでは、レジ打ちや品出しなどを行う場合もあり、負担が大きく感じることもあるようです。

    事前の情報収集が不十分な場合、予想外の業務量に戸惑う可能性があるので、あらかじめ以下のような内容を確認しておきましょう。

    • 医薬品関連以外の業務内容
    • 医薬品カウンターの有無
    • 1日の業務の流れ
    • シフトの組み方…など

    病院

    ポジティブな口コミ

    患者により深く関わることができる

    40代女性/病院

    患者のカルテを閲覧できるので、臨床検査値や症状の変化、これまでの経過を知ったうえで調剤ができる。

    調剤薬局よりも、病院薬剤師の方が、患者さんも色々な相談を気軽にしてくれると感じる。

    患者さんに聞いたことをすぐに医師にフィードバックできて医師とのコミュニケーションがとりやすい。

    (イーデス調査)

    病院には「患者のカルテを閲覧できる」など、調剤薬局にはない魅力があります。

    医師との距離も近く処方提案をする機会もあるので、より深く薬物治療に関わることができるでしょう。

    なお、病院は診療科によって扱う薬が大きく異なるため、事前に「どんな知識を深めたいのか」「どのような治療に携わりたいのか」考えておくことをおすすめします。

    転職サイト「マイナビ薬剤師」では、処方科目を設定して求人を検索することも可能なので、ぜひ活用してみてください。

    ネガティブな口コミ

    ほか職種の人との関わりが大変

    30代男性/病院

    オーダリングシステムや電子カルテが導入されていない病院で勤務していた時は、医師・看護師・リハスタッフとのカルテ争奪戦に負けると病棟業務が滞り、結局残業をしなければならなくなりストレスが溜まった。

    電子カルテを導入すれば解決する話なのに、一向に導入される雰囲気にならず、病院内での薬剤部の地位は医師や看護師の下なんだと痛感した。

    (イーデス調査)

    病院では、薬剤師だけでなく医師・看護師などさまざまな職種の人と関わります。

    チーム医療を経験できる点は病院の大きなメリットである反面、人間関係にストレスを感じてしまうこともあるようです。

    病院の雰囲気は個々によって異なるため、薬剤師転職サイトを活用して情報収集することをおすすめします。

    【雇用形態別】薬剤師業務に関する口コミ・体験談

    【雇用形態別】薬剤師業務に関する口コミ・体験談

    記事をご覧の方のなかには、正社員以外の雇用形態を検討している方もいらっしゃると思います。

    パートや派遣の働き方は正社員と異なるため、十分に納得したうえで転職することが大切です。

    ここでは、薬剤師業務に関する口コミ・体験談を雇用形態別にまとめたので、ぜひ参考にしてください。

    パート・アルバイト

    ポジティブな口コミ

    シフトを調整しやすいのが魅力

    20代女性/ドラッグストア(パート)

    自分の希望の日に休めることが一番の魅力です。

    正社員だと休日出勤やシフト上希望が通りにくかったりしますが、派遣、パートは時給や雇用契約の兼ね合いで正社員より残業が少ない傾向にあります。

    時間外出勤が必要な場合もまずは正社員から呼ばれるため、パートの方が働く時間と休みが明確に分かれる傾向が強いと思います。

    (イーデス調査)

    パートやアルバイトは正社員と比較してシフトの融通が利きやすいので、自分のペースで働くことが可能です。

    ただし、シフトの提出方法や残業の有無は職場によって異なります。

    理想的なワークライフバランスを実現するためには、事前に職場の労働環境を把握しておきましょう。

    ネガティブな口コミ

    やりがいを感じられなかった

    40代女性/調剤薬局(パート)

    パート・アルバイトは長時間勤務するわけではないので、その職場の仕事の真髄に触れることはできておらず、処方箋の受付・調剤・薬歴の記入の流れ作業をしているだけの日々で単調な業務ばかりで業務のやりがいはあまり感じられなかった。

    独学で勉強会に参加したりしていても、あまりそれを活用する場がなく、自分の成長もあまり感じられなかった。

    (イーデス調査)

    業務の幅が広い職場の場合、業務内容が「非正規」と「正規」で分けられていることもあります。

    パート勤務では、やりがいのある仕事を任せてもらえない可能性もあるので、あらかじめ業務内容を確認しておくことが大切です。

    転職のミスマッチを防ぐためにも、入職後のポジションなど業務内容の詳細をしっかりと確認するようにしましょう。

    派遣

    ポジティブな口コミ

    高時給で効率的に稼ぐことができた

    30代女性/調剤薬局(派遣)

    パートよりも時給が高いところが良かったです。

    また、採用までの流れが非常にスムーズで、互いの条件が合えばすぐに働き始めることができました。

    また、給料や休日など自分からは企業に聞きにくいことも、派遣会社を通じて聞きやすくて良かったです。

    あとは、薬局に直接採用されるよりも派遣会社に雇用されている方が福利厚生が充実していることが多いのもメリットだと思います。

    (イーデス調査)

    派遣は忙しい職場が多いですが、そのぶん時給が高い傾向にあります。

    なかには時給2,500円以上の求人もあるので、効率よく稼ぐことができるでしょう。

    なお、派遣薬剤師の雇用主は派遣会社なので、安心して働くためには派遣会社選びが重要です。

    派遣会社を選ぶ際には、以下のようなポイントを確認してみてください。

    • 福利厚生
    • 派遣求人の保有数
    • 派遣実績
    • 就業後のサポート

    ネガティブな口コミ

    仕事がハードだった

    40代男性/調剤薬局(派遣)

    初めて入る派遣先は業務の手順やスタッフがどのような方かもわからないので、慣れるまで仕事が大変。

    慢性的に人手不足の派遣先が多く、仕事がハードなことが多くきつい時が度々あった。

    遠隔地の派遣先に行く時は、家を出る時間が早い、もしくは家に帰ってくる時間が遅くなることが多く、通勤がつらかった。

    名前で呼ばれず「派遣さん」と呼ばれる事が多く、疎外感を感じた。

    (イーデス調査)

    派遣薬剤師を募集する職場は人手不足であるケースが多く、即戦力を求められる傾向にあります。

    ハードな現場も多いので、業務が忙しくなることは覚悟しておいたほうがよいでしょう。

    なお、未経験の場合は業務についていけない可能性があるので、ある程度慣れてからチャレンジすることをおすすめします。

    まとめ

    薬剤師の転職失敗を防ぐためには、よくある失敗原因と必要な対策を把握しておくことが大切です。

    以下に、転職活動の流れとポイントをまとめたので、ぜひ参考にしてください。

    転職活動の流れとポイント

    • 転希望条件の優先順位をつける
    • スキルと経験の棚卸しを行う
    • 幅広い視野で転職を考える
    • 気になる職場の細かな情報を収集する
    • 可能な限り職場見学に行く
    • 勤務条件を入念に確認して入職を決める

    また、転職の失敗を防ぐためには、求人紹介や選考対策を行ってくれる「転職サイト」を活用することをおすすめします。

    以下の3社は、いずれも転職サポートの手厚さに定評があるので、ぜひ利用してみてください。

    本記事で紹介した薬剤師転職サイト

    ファルマスタッフ
    • 初めての転職にもおすすめ
    • 対面でじっくり相談に乗ってくれる
    マイナビ薬剤師
    • 地方の求人が豊富
    • 実践的なアドバイスを受けられる
    ファーマキャリア
    • 調剤薬局の求人が豊富
    • 個別にカスタマイズした求人を紹介してもらえる

    薬剤師 おすすめ転職サイトの関連記事

    製薬会社の転職におすすめの転職サイト・エージェント!業界求人や年収も紹介
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    製薬会社の転職におすすめの転職サイト・エージェント!業界求人や年収も紹介

    2024年6月17日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    薬剤師1年目の転職は慎重に!後悔を防ぐための判断基準を解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    薬剤師1年目の転職は慎重に!後悔を防ぐための判断基準を解説

    2024年6月12日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    薬剤師が「つらい」と悩む10の理由!状況にあわせた対応策を解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    薬剤師が「つらい」と悩む10の理由!状況にあわせた対応策を解説

    2024年6月10日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    社会人や主婦が未経験から薬剤師になるには?最短ルートや必要条件を解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    社会人や主婦が未経験から薬剤師になるには?最短ルートや必要条件を解説

    2024年6月7日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    北海道で転職したい薬剤師必見!年収事情・札幌と地方の違いも解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    北海道で転職したい薬剤師必見!年収事情・札幌と地方の違いも解説

    2024年6月7日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    • Facebook
    • x
    • LINE