Operated by Ateam Inc.

イーデス

薬剤師の転職を成功させる面接対策!よくある質問や回答例も紹介

最終更新日:

薬剤師 おすすめ転職サイト
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

薬剤師の転職を成功させるためには面接対策が非常に重要ですが、「どのように対策すべきか分からない」「受け答えに自信がないなど、お困りの方も多いでしょう。

内定率を高めるためには、いくつかのポイントを押さえて、採用担当者に「良い印象」を与える必要があります。

そこで本記事では、薬剤師が面接でよく聞かれる内容をはじめ、押さえておくべきポイント、面接対策を依頼するのにおすすめの転職サイトについて詳しく解説します。

最後まで読めば、自信をもって面接に臨めるでしょう。

面接が不安なら「ファルマスタッフ」に相談しよう

少しでも面接に不安があるなら、転職サイトで面接対策を受けるのがおすすめです。

特におすすめなのは大手薬局「日本調剤」のグループ企業が運営している「ファルマスタッフ」です。

個別面談でじっくり相談に乗ってもらえるので、「初めての転職で面接対策の方法が分からない…」という方にも最適のサービスと言えます。

ファルマスタッフのコンサルタントは積極的に紹介先を訪問しており、職場の雰囲気など求人情報だけでは分からない情報を丁寧に教えてくれます。

完全無料で利用できますし、合わなければすぐに退会できるので気軽に相談してみてください。

ファルマスタッフ|基本情報

運営会社株式会社メディカルリソース
公開求人数約50,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:24年2月時点)

気になる内容をタップ

薬剤師の面接でよく聞かれる質問と回答例

「薬剤師の面接で何を聞かれるか分からない…」「面接での答え方が分からない…」という方は多いと思います。

ここでは、薬剤師の面接でよく聞かれる質問と回答例をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

薬剤師の面接でよく聞かれる質問

①自己紹介

自己紹介では、氏名、経歴、アピールポイントを端的に伝えます。

第一印象を左右するので、自己紹介の際はハキハキと話しましょう。

ダラダラと話すと印象が悪くなってしまう恐れもあるので、1分を目安にして「簡潔かつ分かりやすく」「ハキキハキと明るく」を意識しましょう。

回答例

吹き出し

○○と申します。
本日は、貴重なお時間をいただき、ありがとうございます。
○○大学薬学部薬学科卒業後、○○薬局に入職し、5年間勤務しました。
3年目からは、新人教育担当となり、新人育成業務に力を入れています。
本日はどうぞよろしくお願いいたします。

②志望動機

志望動機は採用側が注目する部分なので、とても重要です。

「自分の強みを応募先でどのように活かせるか」「入職後にどのような業務にチャレンジしたいか」を具体的に伝えましょう。

応募先が求める人材像を踏まえた「説得力のある志望動機」を伝えることで、採用される可能性が高まります。

回答例

吹き出し

私は病院薬剤師として5年間勤務し、退院後のフォローの重要性を痛感しました。
退院した患者が自宅で内服管理できずに再入院した経験から、在宅医療に関わりたいという思いを強く持ち、御社の在宅医療に関する取り組みを魅力に感じています。
病院薬剤師として培った専門知識、コミュニケーション能力を駆使し、在宅医療の分野で貢献したいと考えています。

③前職を辞めた理由

前職を辞めた理由は高い確率で聞かれる質問ですが、ネガティブな転職理由をそのまま伝えるのは避けてください。

たとえネガティブな理由であったとしても、ポジティブな理由に変換することが大切です。

ネガティブな退職理由を伝えると、採用担当者に「入社してもすぐに辞めるのでは…」と思われてしまう可能性があるからです。

たとえば、人間関係の悪化が原因で前職を辞めた場合は、「周囲と連携し、チームワークを大切にして働きたい」といったポジティブな理由に変換しましょう。

前職を辞めたことに関し、ネガティブな印象を与えないことが大切です。

回答例

吹き出し

前職は、かかりつけ薬剤師として、個人の売り上げが重視されておりチームで仕事をする雰囲気ではありませんでした。
しかし、私は周囲とコミュニケーションをとりながら、チームで効率的に仕事をすることを得意としています。
周囲と協調性を持って仕事をしたいという気持ちが強く、転職を決意しました。

④実績や身につけたスキル

実績や身につけたスキルは、面接時のアピールポイントとなります。

具体的な数値を用い、説得力のあるアピールをすることが大切です。

たとえば、「かかりつけ薬剤師の同意書を50件取った実績がある」など具体的にアピールしましょう。

特に、応募先に関連する実績やスキルに関しては、強調して伝えるようにしましょう。

回答例

吹き出し

私は、病院薬剤師として、病床数900の総合病院に5年間勤務し、調剤業務、服薬指導、抗癌剤調製など幅広い業務を行ってきました。
また、糖尿病療養指導士の資格を取得しており、糖尿病教室での講師を務めるなど、糖尿病患者へのサポートを積極的に行ってきました。
糖尿病患者の服薬指導、薬学的な管理については、御社の業務においても活かせるのではないかと考えています。

⑤長所と短所

採用担当者は、長所と短所から、応募者の性格が業務に与える影響を確認します。

長所と短所を伝える際は、具体的なエピソードがあると相手に伝わりやすいでしょう。

たとえば、「前職でリーダー業務を行っており、人をまとめた経験がある」などが長所の例として挙げられます。

長所と短所を具体的に伝えることで、「自分自身をよく理解できている」と判断され、評価が高くなる傾向があります。

回答例

吹き出し

私の長所は、周囲をまとめる力があることです。
私は5年間病院薬剤師として勤務し、新人教育やリーダー業務を行ってきました。
薬剤師40人が働く大きな病院でしたが、周囲の仕事の進捗状況を把握し、必要に応じて仕事の采配などを行い、業務が円滑に進むようサポートしてきました。
周囲をまとめることは、得意としています。
一方、心配性な性格は、私の短所です。
調剤業務を行う際、「本当に間違いがないのか…」と不安になり、時間をかけてチェックするので、スピードが落ちてしまいます。
スピードを上げてもミスを防げるよう、チェック項目を明確にするなどの工夫をするようにしています。

⑥今後のキャリアプラン

今後のキャリアプランに関しては、目先のプランではなく、数年後のことについても話すようにしましょう。

今後のキャリアプランが明確になっていると、採用担当者に仕事への熱意をアピールできます。

「5年後はがん専門薬剤師の資格を取得したい」など、具体的なプランがあると説得力が増すでしょう。

面接前には、「転職してどうなりたいのか」をじっくり考え、キャリアプランをまとめておきましょう。

回答例

吹き出し

私は、5年後には「がん専門薬剤師」の資格を取得し、癌患者の薬物治療に貢献したいと考えています。
前職では、抗癌剤の調製や癌患者への服薬指導を積極的に行ってきました。
業務を行う中で、専門的な提案力が不足していることを痛感し、よりスキルアップしたいと感じました。
高度な設備を兼ね備えており、資格取得のサポートが充実している御社で、自己研鑽したいという思いを持っています。

⑦「何か質問はありますか?」という逆質問

面接の最後に、「何か質問はありますか?」という逆質問されるケースがあります。

具体的に準備していないと、つい「何もありません」と答えてしまいがちですが、熱意や意欲がないと思われる可能性があるため良くありません。

逆質問にスムーズに対応するためには、ホームページの情報などでは把握できない点についての質問を、あらかじめ準備しておきましょう。

以下の回答例のように、勉強したほうが良いことなどを聞くと、やる気のアピールにもつながります。

回答例

吹き出し

現在、服薬指導について勉強しているのですが、他に勉強しておくべきことはありますか?

面接で失敗しないための注意点

面接で失敗しないための注意点

面接に失敗しないためには、あらかじめ知っておくべき注意点があります。

ここでは、「面接で失敗しないための注意点」をご紹介します。

面接で失敗しないための注意点

注意点1.聞かれていないことまで答えない

「自己アピールしたい」という気持ちから、聞かれてもいないことまで話してしまうケースは多いですが、これはあまりおすすめできません。

話が膨らみすぎると、本来の質問から脱線してしまったり、コミュニケーション能力が高くないと判断されてしまう恐れがあるからです。

「自己紹介の段階で志望動機まで伝えてしまう」などは、特によくある失敗なので特に注意が必要です。

話が脱線してしまうのを防ぐためには、結論から伝え、回答を1分程度にまとめることを意識すると良いでしょう。

注意点2.アピールポイントを増やしすぎない

アピールポイントを増やしすぎると、面接で失敗する可能性が高いです。

自己アピールしたいという気持ちが強いと、何もかも伝えてしまいがちですが、結局相手に意図が伝わらないということがよくあります。

たとえば、「がん薬物療法に携わった経験がある…」「リーダー業務を積極的に行った…」など、全てをアピールするのではなく、ポイントを絞って伝えましょう。

相手に印象を残すためには、本当に重要なことを端的に伝えるようにしましょう。

注意点3.前職の不満を伝えない

面接で失敗しないためには、前職の不満を伝えないことも大切です。

面接では前職を辞めた理由を聞かれることが多いですが、その際、前職の不満を伝えてしまうと採用担当からのイメージが悪くなってしまいます。

「残業が多すぎた…」「人間関係が悪かった…」などネガティブな理由で転職したとしても、不満は伝えないようにしましょう。

転職回数について聞かれた場合の答え方

転職の理由が「勤め先の業務不振」「倒産」等のやむを得ない事情であれば、不利になりにくいので正直に伝えましょう。

「年収が上がらない」「人間関係が悪い」といったネガティブな理由で転職を繰り返している場合は、「もっとキャリアアップしたい」「新しい環境でさらに成長したい」というようにポジティブに言い換えましょう。

また、転職を繰り返している場合は、「OTC医薬品に携わる仕事を続けてきた」など、これまでの転職に一貫性があることを伝えることも大切です。

転職時の面接を成功させるポイント

転職時の面接を成功させるポイント

面接を成功させるためには、いくつかのコツを押さえておく必要があります。

ここでは、「転職時の面接を成功させるポイント」についてご紹介します。

転職時の面接を成功させるポイント

ポイント1.スキルや経験の棚卸しをしておく

転職時の面接を成功させるためには、転職前にスキルと経験の棚卸しを行うことが大切です。

スキルや経験の棚卸しをすると、自己アピールに説得力が生まれるためです。

「新人教育を任された経験がある」「抗癌剤調製スキルを身につけている」など、現在のスキルや経験を洗い出してみましょう。

説得力のある自己アピールができれば、内定率も高まるはずです。

ポイント2.結論と理由を順序立てて伝える

面接の際は、結論と理由を順序立てて伝えることが大切です。

面接では、結論から話すことで、相手に意図が伝わりやすくなります。

逆に理由から話してしまうと、「結局何が言いたいんだろう…」と話の要点が伝わりにくくなってしまいます。

採用担当者に要点を的確に伝えるためには、結論と理由を順序立てて説明するようにしましょう。

ポイント3.「聞く姿勢」を大切にする

面接では受け答えに目が行きがちですが、聞く姿勢も大切にする必要があります。

面接官は、求職者のコミュニケーション能力を確認するため、聞く姿勢も当然チェックしています。

面接官が話しているときは、「アイコンタクトを取る」「うなずく」などを意識し、傾聴している姿勢を示しましょう

聞く姿勢を意識することは、コミュニケーション能力をアピールすることにもつながります。

ポイント4.転職サイトを活用して選考対策を行う

面接の不安が大きい場合は、転職サイトから選考対策のサポートを受けることをおすすめします。

転職サイトを利用すれば、転職のプロであるアドバイザーが、説得力のある志望動機の伝え方を考えてくれたり、よく聞かれる質問に対する答え方をレクチャーしてくれます。

プロ目線から実践的なアドバイスをもらえるため、内定獲得率を高められるでしょう。

また、転職サイトによってはアドバイザーが面接に同行し、求職者をフォローしてくれます。

転職サイトは面接時の強い味方になってくれるので、ぜひ積極的に利用してみてください。

面接対策に強い薬剤師転職サイト3選

ここでは、おすすめの薬剤師転職サイトを3社ご紹介しますので、ぜひ活用してみてください。

サイト名おすすめの人
ファルマスタッフ
  • 面接に不安のある人
  • 初めて転職する人
マイナビ薬剤師
  • 実践的なアドバイスが欲しい人
  • 地方で転職を考えている人
ファーマキャリア
  • シフトなど労働条件に細かなこだわりがある人
  • 質の高いサポートを受けたい人

転職サイトは複数利用がおすすめ!

転職サイトは求人数、得意分野、サービス内容が異なるので、2〜3社登録しておくのがおすすめです。

多くの求人を見た方が希望に合った転職先が見つかりやすいですし、相性の良いアドバイザーに出会える確率も高くなります。

ここで紹介する3社は全て無料で利用可能なので、気になるエージェントは全て登録しておきましょう。

じっくり相談に乗ってもらいたいなら「ファルマスタッフ」

ファルマスタッフ」は、大手薬局「日本調剤」のグループ企業が運営している転職サイトです。

個別面談でじっくり相談に乗ってもらえるので、「初めての転職で面接対策の方法が分からない…」という方にも最適のサービスと言えます。

また、ファルマスタッフのコンサルタントは積極的に紹介先を訪問しており、職場の雰囲気など求人情報だけでは分からない情報を丁寧に教えてくれます。

面接の不安を解消したい方や、職場の細かな情報を入手したい方は、ぜひファルマスタッフを利用してみてください。

ファルマスタッフ|基本情報

運営会社株式会社メディカルリソース
公開求人数約50,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:24年2月時点)

実践的なアドバイスが欲しいなら「マイナビ薬剤師」

マイナビ薬剤師
(引用元
マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師」は、人材大手である株式会社マイナビが運営している転職サイトです。

全国15カ所に拠点があるので、地方在住の方でも使いやすいという特徴があります。

アドバイザーの質が高いことにも定評があるため、選考対策に関しても的確にアドバイスくれるでしょう。

実践的なアドバイスが欲しい方や、地方での転職を考えている方は、ぜひマイナビ薬剤師を利用してみてください。

マイナビ薬剤師|基本情報

運営会社株式会社マイナビ
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:24年2月時点)

質の高いコンサルタントに支援してもらいたいなら「ファーマキャリア」

ファーマキャリア」は、オーダーメイド求人にこだわりのある転職サイトです。

単に求人を紹介するだけでなく、企業側と条件交渉をすることで求職者の希望にベストマッチする求人を作り上げてくれます。

また、対応が煩雑にならないよう、1人のコンサルタントが担当する薬剤師数をあえて限定している点も大きな特徴です。

コンサルタントの教育を徹底していることから、求職者一人ひとりに丁寧に対応してくれるので、じっくり面接対策をしてほしい方におすすめと言えます。

こだわりの条件がある方、質の高いコンサルタントに支援してもらいたい方は、ぜひファーマキャリアを利用してみてください。

ファーマキャリア|基本情報

運営会社エニーキャリア株式会社
公開求人数約34,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:24年2月時点)

薬剤師の面接に関するQ&A

薬剤師の面接に関するQ&A

薬剤師の面接に関しては、いろいろな疑問があるかと思います。

ここでは、「薬剤師の面接に関するQ&A」についてご紹介します。

薬剤師の面接に関するQ&A

Q1.面接時の服装や持ち物は?

回答

面接時の服装は、スーツがおすすめです。また、面接時のおもな持ち物は、以下の通りです。

面接時のおもな持ち物

  • A4サイズの書類が入るバッグ
  • 履歴書
  • 筆記用具
  • スケジュール帳
  • スマートフォン・携帯電話
  • 腕時計
  • 現金
  • ハンカチ

Q2.面接場所には約束の何分前に着くのがベスト?

回答

何分前という決まりはないですが、10分前には到着しておきましょう。

時間ぎりぎりになると、トラブルが生じた際に遅刻の原因になります。

反対にあまりにも早く到着した場合、応募先の企業に迷惑が掛かる可能性があるので注意が必要です。

Q3.オンライン面接時の注意点は?

回答

カメラの距離や角度、通信切れに注意しましょう。

上半身が映るように角度を調整し、目線は面接官ではなく、カメラに向けるようにしましょう。

また、オンライン面接時は、通信が途切れるリスクがあります。

途中で通信が途切れたとしても、通信が途切れたことを電話連絡するなどして、冷静に対処するようにしましょう。

Q4.面接の結果はいつごろ出る?

回答

企業によって差はありますが、3日~7日程で出ることが多いです。

また、転職サイト経由で応募した場合は、アドバイザーを介して連絡がくるのが一般的です。

まとめ

転職を成功させるためには、面接対策を十分にすることが大切です。

面接の際は、以下のポイントを意識しましょう。

面接を成功させるためのポイント

  • スキルや経験の棚卸しをしておく
  • 結論と理由を順序立てて伝える
  • 「聞く姿勢」を大切にする
  • 転職サイトを活用して選考対策を行う

特に、面接対策を万全にするには、総合的なサポートを受けられる「薬剤師専門の転職サイト」の活用することをおすすめします。

以下の3社はどれも求人数が多く、転職サポートの手厚さにも定評があるので、ぜひ利用してみてください。

本記事で紹介した薬剤師転職サイト

ファルマスタッフ
  • 対面での面談を重視している
  • 初めての転職にもおすすめ
マイナビ薬剤師
  • 地方の求人が豊富
  • 実践的なアドバイスを受けられる
ファーマキャリア
  • 労働条件の細かなこだわりにも対応
  • 質の高いサポートを受けられる

薬剤師 おすすめ転職サイトの関連記事

MRにおすすめの転職サイト・転職エージェントを比較!選び方・注意点も解説
薬剤師 おすすめ転職サイト

MRにおすすめの転職サイト・転職エージェントを比較!選び方・注意点も解説

2024年2月21日

イーデス編集部

イーデス編集部

製薬会社の転職におすすめの転職サイト・エージェント!業界求人や年収も紹介
薬剤師 おすすめ転職サイト

製薬会社の転職におすすめの転職サイト・エージェント!業界求人や年収も紹介

2024年2月14日

イーデス編集部

イーデス編集部

定年後の60代薬剤師におすすめの再就職先!求人の見つけ方も解説
薬剤師 おすすめ転職サイト

定年後の60代薬剤師におすすめの再就職先!求人の見つけ方も解説

2024年2月6日

イーデス編集部

イーデス編集部

薬剤師が職場をすぐ辞めるのは正しい選択?後悔しないための判断基準
薬剤師 おすすめ転職サイト

薬剤師が職場をすぐ辞めるのは正しい選択?後悔しないための判断基準

2024年1月30日

イーデス編集部

イーデス編集部

失敗を防ぐ薬剤師転職サイトの選び方|登録したいおすすめ6社を厳選
薬剤師 おすすめ転職サイト

失敗を防ぐ薬剤師転職サイトの選び方|登録したいおすすめ6社を厳選

2024年1月30日

イーデス編集部

イーデス編集部

社会人や主婦が未経験から薬剤師になるには?最短ルートや必要条件を解説
薬剤師 おすすめ転職サイト

社会人や主婦が未経験から薬剤師になるには?最短ルートや必要条件を解説

2023年12月8日

イーデス編集部

イーデス編集部

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.