Operated by Ateam Inc.

イーデス

【注意】薬剤師転職サイトは複数登録すべき!1社のみ利用のリスクを解説

最終更新日:

薬剤師 おすすめ転職サイト
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

転職活動中は複数の転職サイトを併用するのが基本とされていますが、「登録が面倒」と思う方も多いでしょう。

たしかに複数の転職サイトに登録するのは面倒ですが、1社のみの利用だと条件に合う求人を見つけられなかったり、好条件の求人を見逃してしまう恐れがあります。

転職の失敗を防ぐためには、複数の転職サイトを利用して希望に合う求人を効率的に探すことが大切です。

そこで本記事では、薬剤師転職サイトに複数登録するメリットやおすすめの転職サイトなどをご紹介します。

この記事を読めば、複数のサイトを上手に活用して転職活動の効率を高められるようになるはずです。

お急ぎの方へ

転職成功確率を高めたいなら、最低2社以上、できれば3~4社程度の転職サイトを利用すべきです。

登録するサイトに迷っている場合は、求人数が多くサポートの評判も高い以下3社に登録しておくことをおすすめします。

サービス名おすすめの人
ファルマスタッフ
  • じっくり相談にのってもらいたい人
  • 初めて転職する人
マイナビ薬剤師
  • 地方で転職を考えている人
  • 幅広い業種の求人をチェックしたい人
ファーマキャリア
  • 他では希望の求人が見つからなかった人
  • 待遇・条件などにこまかな希望がある人

    気になる内容をタップ

    薬剤師転職サイトを1社に絞るのはハイリスク?

    転職サイトを利用する場合は、最低2社以上、できれば3~4社程度に複数登録するのがおすすめです。

    というのも、1社のみの利用では様々なリスクが生じる恐れがあるのです。

    転職サイトを1社しか利用しないリスク

    • 希望条件に合う求人が見つけられない可能性がある
    • 好条件の求人を逃す可能性がある
    • 比較対象がなく、相性の合うアドバイザーを見極められない
    • 考え方や志向が偏ってしまう可能性がある……など

    このようなリスクがあると、結果的に、以下のような転職の失敗につながる恐れがあります。

    あなた

    希望通りの求人はありませんでしたが、仕方がないと妥協してしまいました。

    担当者に強引に転職を勧められ、そのまま希望とは異なる転職をしてしまいました。

    1社のみの利用だと、思うように希望の求人を見つけられなかったり、担当者との相性が合わないまま妥協して転職活動を進めてしまい不満足な結果となってしまう可能性があります。

    上記のようなリスクを避けるためには、1社だけではなく複数の転職サイトを利用するのがおすすめです。

    複数の転職サイトに登録すればより多くの求人をチェックできますし、相性が合う担当者と出会える可能性も高まります。

    「希望の求人がなく諦めかけていたけれど、他の転職サイトで好条件の求人が見つかった」というケースも多いです。

    希望の求人を見つけやすくするためにも、できるだけ複数の転職サイトに登録しましょう。

    【必見】薬剤師転職サイトを複数利用するメリット

    【必見】薬剤師転職サイトを複数利用するメリット

    記事をご覧の方のなかには「転職サイトを複数利用するのは面倒」と思っている方もいらっしゃるでしょう。

    複数の転職サイトを利用する場合、複数回の「登録手続き」「アドバイザーとのやりとり」など、手間がかかるので、面倒に感じるのも無理はありません。

    しかし、複数の転職サイトを利用すると様々なメリットを得られ、転職成功の可能性が高まることが多いです。

    ここでは「薬剤師転職サイトを複数利用するメリット」を紹介するので、一つひとつ確認していきましょう。

    薬剤師転職サイトを複数利用するメリット

    メリット1.より多くの求人を紹介してもらえる

    薬剤師転職サイトを複数利用すれば、より多くの求人を確認することが可能です。

    転職サイトが保有している求人はサイトによって異なるため、複数利用することで新たな求人を紹介してもらえる可能性があります。

    実際に「登録していた転職サイトでは希望の求人がなかったけれど、別のサイトに登録したら見つかった」というケースも多いです。

    複数の転職サイトから効率的に情報収集することができれば、希望に合う求人が見つかりやすいでしょう。

    「多くの求人をチェックするのは大変」と感じるかもしれませんが、転職サイトのアドバイザーが希望をヒアリングして条件に合う求人を厳選して提案してくれるので、負担はそこまで大きくなりません。

    希望の求人と出会える可能性を高めるためにも、ぜひ複数の転職サイトを利用してみてください。

    サイトによって特徴が異なる!

    転職サイトはたくさんありますが、サイトによって特徴が異なります。

    たとえば、大手転サイトの「ファルマスタッフ」と「マイナビ薬剤師」には、以下のような特徴があります。

    サービス名特徴
    ファルマスタッフ
    • 親身なサポートが評判
    • 調剤薬局の転職に強い
    マイナビ薬剤師
    • ドラッグストア・企業の求人も豊富
    • 地方の転職に強い

    3社程度に登録して複数の強みを活かすことができれば、より効率的に転職活動を進められるでしょう。

    また、同じ求人でもサイトによって雇用条件が異なる場合があるので、複数のサイトをチェックして比較してみるのがおすすめです。

    メリット2.そのサイトにしかない独占求人を確認できる

    複数の転職サイトに登録すると、転職サイトが保有している「独占求人」をより多くチェックできます。

    独占求人とは、その転職サイトしか保有していない求人案件のこと。

    転職サイト独自のコネクションを活かした案件が多く、以下のような傾向があります。

    • 重要ポジションの募集
    • 他社に掲載されていない分、競争率が低い…など

    また、独占求人には好条件の案件も多く、他にはない好条件の求人を見つけられることもあります。

    できるだけ高年収・好待遇で転職したい場合は、複数の転職サイトに登録してより多くの独占求人を紹介してもらいましょう。

    メリット3.相性の良いアドバイザーに出会える可能性が高くなる

    転職サイトの複数利用には「相性の良いアドバイザーが見つかりやすくなる」というメリットもあります。

    1社だけの利用では相性の良いアドバイザーと出会えない場合も多いですが、3社程度に登録することで相性の良い担当者と出会える確率が高まります。

    薬剤師転職サイトを複数登録すべき理由

    複数の転職サイトを利用することで「信頼できる担当者に出会えた」「相性の合う担当者からサポートを受けられた」というケースも多いです。

    相性の合うアドバイザーと出会うことができれば的確な支援を受けられるため、転職の成功率を大きく高められるでしょう。

    信頼できるアドバイザーと出会い、転職活動を万全の体制で行いたいのであれば、複数の転職サイトに登録して相性の合う担当者を探してみてください。

    信頼できるアドバイザーの見極め方

    信頼できるアドバイザーを見極めるには、以下のようなポイントをチェックしましょう。

    • 転職に関する希望を十分に理解してくれているか
    • 希望の条件とかけ離れた求人を紹介してこないか
    • 紹介してくれる求人が自分に向いてる理由を丁寧に説明してくれるか
    • 無理に転職を勧めてこないか

    あなたの意思をしっかり尊重しつつ、客観的なアドバイスをくれる担当者からサポートを受ければ、転職の成功率を高められるはずです。

    メリット4.他サイトで掲載が終了した求人に応募できる可能性がある

    転職サイトに複数登録することで、応募に間に合わなかった求人に別サイトから応募できるケースもあります。

    求人の掲載期間は転職サイトによって異なるため「Aサイトでは掲載が終了したけど、Bサイトではまだ募集している」という場合もあります。

    実際に「書類の作成が間に合わず応募できなかった求人に別の転職サイトから応募でき」というケースもあります。

    希望の求人への応募タイミングが合わなかった場合にチャンスを逃さないためにも、複数の転職サイトに登録しておきましょう。

    メリット5.自分に合う転職サイトを見極められる

    複数の転職サイトに登録すれば、求人内容やサービス内容を比較して自分のニーズに合うものを利用できます。

    転職サイトによる強みの違い

    たとえば地元で転職したい場合は「地域に特化した求人が充実しているサイト」を、転職に不安がある場合は「じっくり面談にのってくれるサイト」を利用するのが良いでしょう。

    転職サイトによってサービス内容や強みは異なるため、ぜひ複数を利用して自分に合うサイトを探してみてはいかがでしょうか?

    サービス名強み
    ファルマスタッフ
    • 調剤薬局の転職に強い
    • 対面でじっくり相談にのってくれる
    マイナビ薬剤師
    • ドラッグストア・企業求人も豊富
    • 地方の求人が充実
    ファーマキャリア
    • 他社と比較して病院の求人割合が高い
    • 首都圏の求人が充実している

    【注意】複数利用のデメリット

    薬剤師転職サイトの複数利用にはメリットが多いですが、一部デメリットもあります。

    ただ、デメリットのほとんどは求職者自身で対策することで解消できます。

    以下にデメリットと対処法をまとめたので、ぜひ参考にしてください。

    (▼対処法をクリックすると、各見出しへジャンプします)

    担当者とのやり取りが大変と感じるのであれば、対応できる時間帯をあらかじめ伝えたり、メールでのやり取りを選ぶと良いでしょう。

    また「案件のチェックが大変そう」と不安になるかもしれませんが、できるだけ具体的な条件を伝えることで自分に合う求人を厳選して紹介してもらえます。

    このように、デメリットはほとんど自分で対策できるので、ぜひ複数の転職サイトの利用を検討してみましょう。

    上手に活用!薬剤師転職サイトを複数利用するポイント

    有利に活用!薬剤師転職サイトを複数利用するポイント

    せっかく複数の転職サイトを利用するのであれば、できるだけ有効に活用したいものです。

    転職サイトを有効活用するためには、ただ単に登録するだけでなく、自分自身でも最大限のサポートを受けられるようアクションを起こす必要があります。

    そこでここでは、薬剤師転職サイトを複数利用するポイントを解説します。

    おすすめポイント

    ポイント1.希望条件に合わせて3社程度のサイトに登録する

    効率的に転職活動を進めるためには、希望の条件に合わせてサイトに登録することが大切です。

    業種や地域・雇用形態など、条件ごとに強いサイトを選ぶことで、自分に合う求人が見つかりやすくなります。

    転職サイト選びの際は、以下の点を意識しながら登録するサイトを検討しましょう。

    • 全体の求人数が多いサイトを選ぶ
    • 希望勤務地の求人数が多いサイトを選ぶ
    • 保有している求人の雇用形態・職場に着目して選ぶ
    • 自分に必要なサポートを提供しているサイトを選ぶ

    複数の転職サイトに登録したとしても、自分のニーズにマッチしていなければ希望条件に合う求人がなかなか見つかりません。

    スムーズに求人を見つけるためには、希望する求人の条件や転職サイトに求めるものをあらかじめ明確にして転職サイトを選ぶようにしましょう。

    以下におすすめの転職サイトの特徴をまとめたので、ぜひ参考にしてください。

    サービス名求人数対面面談派遣求人の
    取り扱い
    得意業種
    ファルマスタッフ調剤薬局
    マイナビ薬剤師×DgS・企業
    ファーマキャリア×調剤関連

    ※お住まいの地域や状況によっては対面面談に対応できない場合もあります。
    また、ファーマキャリアは求職者の希望があれば対面での面談に応じています。

    上記のサイトはいずれも「求人数が充実しており、サポートが手厚い」と評判なので、3社すべてに登録しておいて損はありません。

    3社すべてに登録する時間がない場合は、求人数が多い「ファルマスタッフ」と「マイナビ薬剤師」を優先して登録しておくと良いでしょう。

    また、転職サイトの選び方に関しては以下の記事でも詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

    ポイント2.できるだけ具体的な条件を伝える

    複数の転職サイトに登録する際は、担当者にできるだけ具体的な条件を伝えましょう。

    複数利用した場合「紹介される求人が多くて確認が大変」と感じるケースも多いですが、具体的な希望を伝えることで紹介される求人を絞り込めます。

    反対に希望条件が曖昧だと、求人が必要以上に送られてきたり、希望に合う求人を紹介してもらえない可能性があるので注意が必要です。

    担当者とのヒアリングの際は以下のような項目を聞かれるので、できるだけ具体的に答えられるように準備しておきましょう。

    項目具体例
    雇用形態正社員・パート・派遣・契約社員…など
    勤務地○○県○○市○○区…など
    希望の通勤時間などもまとめておく
    業種急性期病院・中小病院・皮膚科の門前薬局…など
    希望年収最低500万円以上…など
    希望条件
    (教育制度、福利厚生など)
    「17時までに業務終了」「夜勤・当直業務なし」「資格取得支援あり」…など

    希望に合う求人を効率的に紹介してもらうためにも、転職の条件はできるだけ具体的に伝えましょう。

    ポイント3.対応できる時間をあらかじめアドバイザーに伝えておく

    複数の転職サイトを利用する際は、対応できる時間をあらかじめ打ち合わせしておくのがおすすめです。

    複数のサイトに登録した場合は連絡頻度が増えてストレスに感じるケースも多いですが、対応できる時間帯を伝えることで負担を感じずにやり取りできます。

    「仕事があるので平日の18時以降に連絡してほしい」など、アドバイザーにあらかじめ伝えておけば忙しい時間に連絡がくることはないでしょう。

    また、頻繁に電話がくるのを避けたい場合は「連絡はメールでお願いします」と伝えておくことも手段のひとつです。

    あらかじめ対応可能な時間をアドバイザーに伝えてそれに合わせる形でサポートしてもらうことで、複数の転職サイトを上手に利用できます。

    ポイント4.転職サイトを複数利用していることを伝える

    薬剤師転職サイトを複数利用している場合は、その旨をアドバイザーに伝えるのがおすすめです。

    転職サイトは、求職者が内定を獲得することで求人企業から成功報酬を受け取る仕組みになっています。

    そのため、転職サイトを複数利用していることを伝えると、他社を意識してより良いサービスを提供してくれる可能性があります。

    薬剤師転職サイトの仕組み

    複数利用を伝えたことで「以前より連絡頻度が増えた」「多くの求人を紹介してもらえるようになった」というケースも多いです。

    転職サイトに最大限サポートしてもらいたいのであれば、転職サイトを複数利用していることを伝えてみましょう。

    ポイント5.アドバイザーとこまめに連絡をとる

    転職サイトを利用する場合、アドバイザーとはできるだけ小まめに連絡をとりましょう。

    アドバイザーとこまめに連絡をとると、転職意欲が高いと判断され、手厚いサポートを受けられたり好条件の求人を紹介してもらえる可能性があります。

    実際に「好条件の求人が出たときにすぐに紹介してもらえた」「積極的に非公開求人を紹介してもらえた」というケースも多いです。

    アドバイザーと連絡をこまめに取ることは、転職活動期間を短縮する近道にもつながります。

    過剰に連絡する必要はありませんが、10日に一度くらいを目安に連絡をとるのがおすすめです。

    複数利用におすすめ!薬剤師向け転職サイト

    効率的に転職活動を進めるためには複数の転職サイトに登録するのがおすすめですが、やみくもに登録しても意味がありません。

    とはいえ、転職サイトに関する知識がないと選ぶのが難しいと感じる場合も多いでしょう。

    そこで以下に「転職サイトの失敗しにくい選び方」をまとめました。

    迷った場合は、求人数が多い「ファルマスタッフ」と「マイナビ薬剤師」に登録しておくのがおすすめです。

    ここからは、とくにおすすめの3社について、詳しく解説していきます。

    登録するサイトに迷っている場合は、サポートの質が高いと評判の以下3社に登録しておくことをおすすめします。

    サービス名おすすめの人
    ファルマスタッフ
    • じっくり相談にのってもらいたい人
    • 初めて転職する人
    マイナビ薬剤師
    • 地方で転職を考えている人
    • 幅広い業種の求人をチェックしたい人
    ファーマキャリア
    • 他では希望の求人が見つからなかった人
    • 待遇・条件などにこまかな希望がある人

    じっくり相談にのってもらいたいなら「ファルマスタッフ」

    ファルマスタッフ」は、大手日本調剤のグループ企業が運営している転職サイト。

    個別面談でじっくり相談にのってもらえるので「初めての転職でどのように転職活動を進めれば良いか分からない」と悩んでいる方にぴったりです。

    また、ファルマスタッフのコンサルタントは積極的に紹介先を訪問しており、職場の雰囲気など求人情報だけでは分からない情報を丁寧に教えてくれます。

    転職の不安をしっかり解消したい方や、職場の細かな情報を入手したい方は、ぜひファルマスタッフを利用してみてください。

    ファルマスタッフ|基本情報

    運営会社株式会社メディカルリソース
    公開求人数約51,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    地方で転職するなら「マイナビ薬剤師」

    マイナビ薬剤師
    (引用元
    マイナビ薬剤師

    マイナビ薬剤師」は、大手人材会社マイナビグループが運営している転職サイト。

    全国15ヶ所に拠点があり、首都圏以外の地方の求人も充実しています。

    また、マイナビ薬剤師は調剤薬局以外の求人が多いことも強みのひとつです。

    企業・ドラッグストア等の求人も豊富に保有しているので「異業種へ転職したい」という場合も活用できるでしょう。

    地方で転職を考えている方や、幅広い業種の求人をチェックしたい方は、ぜひマイナビ薬剤師を利用してみてください。

    マイナビ薬剤師|基本情報

    運営会社株式会社マイナビ
    公開求人数非公開
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    希望の求人が見つからずお困りなら「ファーマキャリア」

    ファーマキャリア」は、オーダーメイド求人にこだわりのある転職サイト。

    単に求人を紹介するだけでなく、企業と条件交渉をして求職者の希望にマッチする求人を作りあげてくれます。

    そのため「ライフスタイルの変化に伴い、週休3日で働きたい」「16時で退勤できる職場に勤めたい」といった細かな希望条件がある方におすすめです。

    また、ファーマキャリアはコンサルタントが担当する求職者の人数をあえて限定しており、一人ひとりの対応に時間をかけてくれることも特徴のひとつです。

    こだわりの条件がある方や、対応に時間をかけてもらいたい方は、ぜひファーマキャリアに相談してみてください。

    ファーマキャリア|基本情報

    運営会社エニーキャリア株式会社
    公開求人数約36,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    プラスして登録したい3社

    3社のサイトを紹介しましたが「他にも登録したい」という方もいらっしゃるでしょう。

    基本的には先ほどご紹介した「ファルマスタッフ」と「マイナビ薬剤師」に登録すれば多くの求人数をカバーできますが、希望にあわせて追加登録することでより多くの求人を確認できます。

    そこでここでは、そのほかにおすすめの3社をまとめてご紹介します。

    サービス名特徴
    薬キャリAGENT
    • 派遣の求人も保有
    • 電話のみで、最短即日最大10件(派遣の場合は5件)の求人を紹介してくれる
      詳細を確認する
    リクナビ薬剤師
    • 調剤併設ドラッグストアの求人が豊富
    • レスポンスが早く、急ぎの転職にも対応可能
      詳細を確認する
    お仕事ラボ
    • 求職者側から気になる職場を「逆指名」できる
    • 派遣の求人も保有
      詳細を確認する

    失敗を防ぐ!薬剤師転職サイトを複数利用する際の注意点

    失敗を防ぐ!薬剤師転職サイトを複数利用する際の注意点

    ここまで薬剤師転職サイトを複数利用するメリットについてご紹介してきましたが、複数利用する際には注意点もあります。

    トラブルが発生したり、情報を管理できないなどの失敗を避けるためには、以下の注意点を把握した上で利用することが大切です。

    転職サイトを複数利用する際の注意点

    注意点1.複数の転職サイトから同じ企業にアプローチしない

    同じ求人が複数の転職サイトに掲載されていることもありますが、同じ企業に重複してアプローチしないよう注意が必要です。

    複数のサイトから同じ求人に応募した場合、企業と転職サイト間でトラブルが発生するリスクがあります。

    重複応募は、転職サイト側はもちろん応募先の企業にも「管理能力がないのでは?」といった不信感を与える可能性があり、転職失敗につながるケースも少なくありません。

    同じ求人が複数のサイトに掲載されている場合は、1つの転職サイトに絞ってアプローチするようにしましょう。

    重複応募を防ぐための対策

    不安な場合は「応募するのは〇〇サイトからと決めておく」など、工夫しましょう。

    注意点2.登録するのは3~4社に留めておく

    担当者とのやり取り等の負担を考慮すると、登録する薬剤師転職サイトは3~4社程度に絞るのがおすすめです。

    利用する転職サイトの数が5~6社になると、アドバイザーとのやり取りや求人情報の確認がストレスになる可能性があります。

    一方、登録する転職サイトが3~4社程度ならそれほど負担になりません。

    「複数の転職サイトを利用したいけれど、管理できる自信がない」という場合、登録するのは3~4社に厳選しましょう。

    利用する転職サイトに迷った場合は…

    登録する転職サイトを決めきれない場合は、いったん気になる転職サイトすべてに登録し、利用する中で自分にマッチしているものに絞るのも一つの方法です。

    注意点3.1つの転職サイトの情報を鵜呑みにしない

    薬剤師転職サイトを利用すると様々な情報を得ることができますが、1つの転職サイトの情報を鵜呑みにすると失敗するリスクがあります。

    そのサイトの意見が必ずしも求職者にとってベストとは限らないためです。

    とくに、転職の軸が定まっていない人は情報に流されやすく「勧められるがまま転職したけど、自分に合わない職場だった…」といった失敗をしてしまうケースも少なくありません。

    このようなミスマッチを防ぐためには、複数のアドバイザーから意見をもらい、転職について多角的に考えることが大切です。

    転職後に「こんなはずではなかった」と後悔しないためにも、1つの意見を鵜呑みにするのではなく、必ず複数の意見を比較するようにしましょう。

    【補足】合わない転職サイトはすぐに退会してOK

    転職サイトが合わない場合は、気軽に退会できます。

    頻繁な連絡や的外れな求人紹介が転職活動を妨げているようであれば、退会するのも手段のひとつです。

    たとえば以下のようなストレスを感じている場合は、退会を検討すると良いでしょう。

    • 希望条件に合う求人を紹介してもらえない
    • 希望条件をヒアリングしてもらえない
    • アドバイザーのレスポンスが遅い

    なおほとんどの転職サイトでは、公式サイト上や電話・メール等で退会の手続きを簡単に行えます。

    転職サイトが合わない場合はいつでも退会できるので、ぜひ気軽に登録してみてください。

    薬剤師転職サイトの利用に関するQ&A

    薬剤師転職サイトの利用に関するQ&A

    最後に、薬剤師転職サイトの利用に関するQ&Aをまとめました。

    転職サイトを利用する前に一読してみてください。

    薬剤師転職サイトに関するQ&A

    Q1.転職サイトを利用する際の流れは?

    A.大まかに「会員登録」⇒「面談」⇒「求人紹介」⇒「応募」という流れで進みます。

    詳しくは、以下の通りです。

    転職サイトを利用する流れ

    不安を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、転職サイトの利用に難しいことはありません。

    分からないことがあってもアドバイザーが親身に対応してくれるので、ぜひ気軽に利用してみてください。

    また、転職相談については以下の記事も参考にしてください。

    Q2.電話やWEBでの相談は可能?

    A.多くの転職サイトでは、電話やWEBでの相談に対応しています。

    転職サイトが対応している相談方法に関しては公式サイトに記載されていることが多いので、確認してみてください。

    Q3.転職サイトの相談会って何?

    A.転職サイトの相談会は、転職に関するあらゆる悩みを相談する場です。

    たとえば、以下のような相談ができます。

    • 今後のキャリアについてアドバイスが欲しい
    • スキルアップできる職場を紹介して欲しい
    • ワークライフバランスを整えるためにアドバイスが欲しい
    • 人間関係や労働環境の不満を解消したい…など

    転職サイトのひとつである「ファルマスタッフ」では、転職しない相談会も実施しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

    Q4.担当者を変更してもらう時の注意点は?

    A.転職サイトとの関係を良好に保つため、伝え方に注意が必要です。

    具体的には、以下のポイントを意識してみてください。

    • 高圧的な伝え方にならないよう注意する
    • 変更してもらいたい理由を伝える

    「なんとなく」など曖昧な理由で変更を申し出た場合、今後のサポートに影響を及ぼす恐れもあるので、職サイト側が納得のいく理由を伝えましょう。

    たとえば「他の方の意見も聞いてみたい」などと伝えると、角が立ちにくいです。

    なお担当者の変更は、転職サイトにメールや電話で連絡を入れることで対応してくれます。

    まとめ

    効率良く転職活動を進めるためには、転職サイトを複数利用するのがおすすめです。

    転職サイトの複数利用には様々なメリットがあるので、転職の成功率を高めるためにも、ぜひ3社程度に登録してみてください。

    薬剤師転職サイトを複数利用するメリット

    • より多くの求人を紹介してもらえる
    • そのサイトにしかない独占求人を確認できる
    • 相性の良いアドバイザーに出会える可能性が高くなる
    • 他サイトで掲載が終了した求人に応募できる可能性がある
    • 自分に合う転職サイトを見極められる

    また、転職活動をスムーズに進めるためには、求人数が多く支援が手厚いサイトを選ぶことが大切です。

    以下の3社はサポートが充実していると評判なので、ぜひ利用してみてください。

    サービス名おすすめの人
    ファルマスタッフ
    • じっくり相談にのってもらいたい人
    • 初めて転職する人
    マイナビ薬剤師
    • 地方で転職を考えている人
    • 幅広い業種の求人をチェックしたい人
    ファーマキャリア
    • 他では希望の求人が見つからなかった人
    • 待遇・条件などにこまかな希望がある人

    薬剤師 おすすめ転職サイトの関連記事

    MRにおすすめの転職サイト・転職エージェントを比較!選び方・注意点も解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    MRにおすすめの転職サイト・転職エージェントを比較!選び方・注意点も解説

    2024年5月16日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    定年後の60代薬剤師におすすめの再就職先!求人の見つけ方も解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    定年後の60代薬剤師におすすめの再就職先!求人の見つけ方も解説

    2024年5月10日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    薬剤師が職場をすぐ辞めるのは正しい選択?後悔しないための判断基準
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    薬剤師が職場をすぐ辞めるのは正しい選択?後悔しないための判断基準

    2024年5月8日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    薬剤師のアルバイト先まとめ!メリット・デメリットを徹底解説!
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    薬剤師のアルバイト先まとめ!メリット・デメリットを徹底解説!

    2024年5月8日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    ブランクのある薬剤師が再就職するコツ!おすすめの職場や勉強法を解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    ブランクのある薬剤師が再就職するコツ!おすすめの職場や勉強法を解説

    2024年5月8日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    大阪で転職したい薬剤師必見!年収事情・求人の特徴などを解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    大阪で転職したい薬剤師必見!年収事情・求人の特徴などを解説

    2024年5月8日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    • Facebook
    • x
    • LINE