Operated by Ateam Inc.

イーデス

20代薬剤師の転職は早すぎる?判断基準と失敗を防ぐポイントを解説

最終更新日:

薬剤師 おすすめ転職サイト
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

「人間関係」「職場への不満」といった理由から、20代で転職を考える薬剤師は少なくありません。

しかし、働き始めて間もない20代での転職は「早すぎるのでは?」「失敗したらどうしよう…と不安になりますよね。

結論からお伝えすると、20代での転職が早すぎるということはありません。

ただし、勢いだけで転職すると、転職後に後悔してしまう可能性があります。

そこで本記事では、転職すべきかどうかの判断基準、失敗を防ぐポイントをご紹介します。

本記事を読めば、20代の今、本当に転職すべきか判断できるはずです。

悩んだ場合は転職サイトに相談を!

転職を悩んでいる場合は、一度『転職サイト』に相談してみるのがおすすめです。

ファルマスタッフ」をはじめとした転職サイトでは、転職に精通しているアドバイザーが客観的にアドバイスをしてくれます。

転職サイトの登録・利用は無料なので、ぜひ気軽に相談してみてください。

ファルマスタッフ|基本情報

運営会社株式会社メディカルリソース
公開求人数約51,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:24年5月時点)

    気になる内容をタップ

    20代でも早すぎない!薬剤師の転職事情

    まず結論からお伝えすると、薬剤師の転職は20代でも早すぎることはありません。

    「十分なスキルが身についていない」と不安に感じる人もいらっしゃるかもしれませんが、20代はポテンシャル採用を期待できるため、十分採用のチャンスがあります。

    転職サイト「薬キャリ」が行った調査では、「入社4年目までに半数以上が転職している」という結果が出ており、20代で転職を決意する人が多いことが分かります。

    さらに現在は、医師や薬剤師の有効求人倍率は2倍を上回っている「求職者優位」の状態です。(参考:職業別一般職業紹介状況(令和3年2月分)|厚生労働省)

    とくに、人材不足で困っている調剤薬局やドラッグストアでは、ポテンシャルのある20代薬剤師を強く求めているところも少なくありません

    実際に、「ファルマスタッフ」には、以下のような「20代薬剤師」を歓迎する求人も多く掲載されています。

    ポテンシャルのある20代薬剤師の需要は高く、転職しやすいと言えるでしょう。

    ただし1~2年目の転職は注意が必要

    薬剤師の転職は20代でも早すぎないとお伝えしましたが、1~2年目の転職は注意が必要です。

    1~2年で辞めている場合、「長続きしないのでは?」と採用担当からの印象が悪くなる可能性があります。

    また、十分なスキルを習得できていないことが多く、「教育の手間がかかる」と採用に抵抗を感じられるケースも少なくありません。

    1~2年目では希望の職場への内定をスムーズに獲得できない可能性があるので、可能であれば3年目まで待つことも検討しましょう。

    薬剤師が20代で転職する2つのメリット

    薬剤師が20代で転職する2つのメリット

    20代薬剤師は、他の年代と比較すると幅広い選択肢があります。

    転職を検討している方は、ポテンシャル採用が期待できる20代のうちに、早めに行動するのが良いでしょう。

    ここでは20代で転職するメリットを2つ解説しますので、参考にしてください。

    薬剤師が20代で転職するメリット

    メリット1.ポテンシャル採用が期待できる

    先ほどもお伝えしたように、20代の薬剤師であれば「ポテンシャル採用」に期待できます。

    ポテンシャル採用とは、経験やスキルではなく伸びしろや成長を見込んで人材を採用することです。

    ポテンシャル採用

    まだまだ若い20代薬剤師は、将来性が期待できるため、実績がなくても採用される可能性があります。

    また、新卒から1~2年目の薬剤師は、企業からの人気が高い「第二新卒」として扱われ、有利に転職できることも多いです。

    実際に「スキルや実績はないけれど、競争率の高い急性期病院に転職できた」という薬剤師もいます。

    ただし、企業側のポテンシャル採用が期待できるのは、おおむね20代までです。

    ポテンシャル採用を狙うのであれば、早めに行動を起こすことをおすすめします。

    第二新卒とは?

    第二新卒とは、一般的に「新卒から3年未満で就職活動を行う人材」を指します。

    第二新卒の採用は、企業側にとって以下のようなメリットがあるため、転職で有利に働くことが多いです。

    企業が第二新卒を採用するメリット

    • 新卒のように様々なことを吸収してくれる
    • 固定概念がないので柔軟性が高い
    • 新卒と比較し教育コストを削減できる

    メリット2.30代よりも異業種転職に挑戦しやすい

    別業種への転職は不安が大きいものですが、まだまだ若い20代は異業種へも転職しやすい年代です。

    20代は「ポテンシャル」や「将来性」が重視されることが多いので、たとえ未経験であっても採用のチャンスがあります

    実際に、当サイトが行ったアンケートでも「調剤薬局から総合病院に転職した」「病院から企業に転職した」という回答が寄せられていました。

    一方、30代になると、採用する企業側が即戦力となる業務経験を期待するので、異業種への転職は難易度が上がります。

    そのため、異業種への転職を検討している場合は、20代の早いうちに行動を起こすと良いでしょう。

    20代の転職で年収が上がる可能性は?

    一概には言えませんが、20代の転職で年収が上がる可能性は十分にあります。

    20代は基礎力を身につけ、どんどん成長していく時期であるため、年収の伸び幅が大きい傾向にあります。

    異業種転職の場合は、年収が下がってしまう可能性もありますが、前職の経験を活かせる職場に転職できれば年収アップも不可能ではありません。

    なお、以下に20代薬剤師の平均年数をまとめたので、転職の際の参考にしてください。

    男性女性
    20~24歳約340万円約390万円
    25~29歳約500万円約460万円
    (参考
    2019年賃金構造基本統計調査|厚生労働省

    本当に転職すべき?20代薬剤師に多い転職理由

    本当に転職すべき?20代薬剤師に多い転職理由

    20代は「初めての転職」となるケースが多く、転職すべきかの判断が適切にできないこともあり、安易な気持ちで転職すると後悔してしまう恐れがあります。

    具体的には、以下のような失敗をしてしまうことが多いです。

    20代薬剤師に多い失敗例

    • 前職のほうが職場環境・労働条件が良かった
    • せっかく身に着けた知識やスキルを活かせない
    • 転職先でも同様に人間関係の悩みを抱えてしまった
    • 労働条件等の悩みが解消されなかった…など

    20代薬剤師の転職理由は様々ですが、転職後に後悔しないためには「本当に転職すべきかどうか」考えることが大切です。

    そこでここでは、20代の薬剤師によくある転職理由や、現職での対処法・転職すべきかどうかの判断基準を解説します。

    20代薬剤師に多い転職理由

    理由1.人間関係が上手くいかない

    人間関係のトラブル・問題などで転職を考える20代薬剤師は、非常に多いです。

    薬剤師の業務は、比較的狭い空間で密なコミュニケーションが必要とされるため、人間関係が問題になるケースが少なくありません

    実際に、当サイトが行った「薬剤師の業務」に関するアンケートでも、人間関係に関する悩みが、数多く寄せられていました。

    20代薬剤師の転職理由

    ドラッグストア勤務

    女性が多いのでお局みたいな人がどこにでも必ずいる。

    質問をしても無視をしたり、その日の機嫌によって八つ当たりされたり。

    人数が多いところだとだいたい派閥があってグループ内でも浮いてる人や嫌われてる人などがいてまるで学校のよう。

    薬とかの場所を聞いても教えてくれない時は本当に困ったし、教えてくれてもイライラしながらだったりしてストレスだった。

    (イーデス調査)

    他にも、「上司と反りが合わない」「同僚の仕事への態度が気に入らない」など、様々な悩みがあります。

    とくに、20代は働くことに不慣れな場合も多く、仕事での人間関係にストレスを感じてしまうケースも多いと言えます。

    まずは上司に相談を!

    人間関係の問題は、どの職場でも起き得ることです。

    転職先でも同様の悩みが生まれ、場合によっては転職を後悔する可能性もあるので、現職を続けることも視野に入れましょう。

    人間関係に悩んでいる場合は、一度上司に相談することをおすすめします。

    上司に相談すれば、部署配属を考慮するなど、何らかの配慮をしてもらえる可能性があります。

    ただし、以下のような場合は、迷わず転職を検討したほうが良いでしょう。

    転職を検討したほうが良いケース

    • 上司に相談しても一向に状態が改善されない
    • モラハラ・パワハラが横行している
    • 心身に影響をおよぼしている
    • 集中的ないじめを受けている…など

    理由2.職場環境・労働条件に不満がある

    労働条件に不満があり、転職を検討する20代薬剤師も多いです。

    「残業が多い」「休みが取れない」など、職場環境への不満に耐えられないケースも少なくありません。

    以下の体験談では、「忙しい現場で休みが取れないことに対する不満」が述べられています。

    20代薬剤師の転職理由

    調剤薬局勤務

    新卒で入社する前の説明では全国転勤可能なので長く働ける職場であるとの話であったので、希望と異なるため転職して関東へ移住。

    前職は1人あたりの処方箋枚数が60枚程度の日も多くあり、労働環境としては最悪であった。

    有休や体調を崩しての病休などもなかなかとれない状態であったので、転職を決意した。

    (イーデス調査)

    「業務内容が過酷」といった職場環境、「給与」「転勤の有無」などの労働条件に悩むケースはとても多いです。

    職場環境や労働条件の改善は上司や会社の方針に依存するため、自力で改善できないケースも少なくないでしょう。

    職場環境・労働条件への不満は転職前に上司へ相談を

    「休みが取れない」「残業時間が多い」などの職場環境、「希望しない転勤を余儀なくされた」などの労働条件に関する不満は、上司へ相談することで改善できるケースもあります。

    転職回数が増えると印象が悪くなる可能性があるので、安易に転職を決意するのではなく、現職で解決できないか確認してみましょう。

    ただし、以下のような場合は転職を検討しても良いでしょう。

    転職を検討したほうが良いケース

    • 残業代が出ない
    • 定期昇給がまったくない
    • 契約時の条件を守ろうとしてくれない
    • 休暇日がない週がある
    • 有休を消化できない
    • 上司に相談しても状況が改善しない
    • 心身に影響が出ている…など

    理由3.ライフスタイルが変わった

    ライフスタイルが変わったことを理由に、転職する20代薬剤師も多いです。

    薬剤師は女性が多い職種であるため、結婚・出産・育児などライフスタイルの変化が転職理由になりやすいと言えます。

    以下の体験談では、「結婚を機に転職したこと」が述べられています。

    20代薬剤師の転職理由

    調剤薬局勤務

    結婚をきっかけに転職しました。引っ越すことになったので物理的に通えなくなりました。

    (イーデス調査)

    ライフスタイルの変化に合わせて、職場や働き方を柔軟に変更することは自然なことと言えるでしょう。

    現職での雇用形態変更・異動の可否を確認しよう

    ライフスタイルが変化した場合、以下のような項目を確認して転職以外の方法を検討してみましょう。

    • 産休・育休制度の活用
    • 雇用形態の変更
    • 別店舗への異動…など

    ただし、雇用形態の変更や別店舗の異動は、職場の人に迷惑をかけることもありますし、状況によっては希望に応じてもらえないこともあるので、臨機応変な対応が必要です。

    もし、現職で働き方を変えるのが難しいようであれば、転職を視野に入れましょう。

    アルバイト・派遣については、以下の記事も参考にしてみてください。

    理由4.現職では成長できないと感じる

    現職では成長できないと不満を感じ、転職を考える20代薬剤師も少なくありません。

    20代薬剤師は、次第に業務をこなせるようになる中で、さらに薬剤師としてスキルアップしたいと考える人も多いです。

    以下の体験談では、「薬剤師としてのスキル不足に悩んでいること」が述べられています。

    20代薬剤師の転職理由

    調剤薬局

    皮膚科の門前薬局に勤務しました。

    抗生剤や軟膏など同じ処方箋のみであり、軟膏の混合など調剤業務も限られているので、このままで良いのか不安になりました。

    このまま現職を続けていると、薬剤師としての専門性を高められないと感じています。

    (イーデス調査)

    現職で成長できないと感じたときに、「職場を変えたい」と思うのは自然な気持ちです。

    ただし、漠然とスキルアップを目指して転職すると、「思うようにスキルを磨けなかった」と後悔する可能性もあるので注意が必要です。

    スキルアップの手段が転職以外にないかを確認しよう

    現職で成長できないと感じた場合、スキルアップの手段が転職以外にないか検討してみましょう。

    もし、書籍や学会・研究会などに参加してスキルアップできるようであれば、転職の必要はありません。

    一方、業務で経験を積まなければならないスキルアップに関しては、転職が必要です。

    たとえば、以下のようなスキルアップを図りたい場合は、転職を視野に入れたほうが良いでしょう。

    • 「がん専門薬剤師」を目指したいけれど、「がん患者」「抗がん剤」に触れるチャンスが無い
    • かかりつけ薬剤師としてスキルアップしたい
    • 在宅医療で活躍できる薬剤師になりたい…など

    薬剤師のスキルアップについては、以下の記事も参考にしてください。

    「転職しないこと」も検討しよう!

    現在抱えている悩みが現職で解決できるようであれば、「転職しないこと」も検討しましょう。

    というのも、1つの職場の在籍期間が短い場合、採用担当者に「すぐに辞めてしまうのでは?」「何らかの問題があるのでは?」と思われ、転職に不利になってしまう可能性があるからです。

    そのため、現職の在籍期間が短かったり、問題を解決できる可能性がある場合は、転職を見送ることも手段と言えます。

    転職の際には、本当に転職すべきなのかを十分検討しましょう。

    本当に転職すべきかを確認するポイント

    • 現職の悩みは転職以外で解決できないか
    • 現職のメリットを転職後も同様に得られるか

    「年収は低いけれど教育体制は充実している」など、現職のメリットが少なからずある場合は、転職して後悔する可能性も否定できません。

    転職以外の解決方法がある場合は、現職を続けることも視野に入れましょう。

    【必見】20代薬剤師の転職によくある失敗と対策

    【必見】20代薬剤師の転職によくある失敗と対策

    20代薬剤師が転職の失敗を防ぐためには、「将来を見据えること」や「入念な準備をすること」が大切です。

    ここでは、20代の薬剤師が転職によくある失敗と対策をご紹介します。

    20代薬剤師の転職によくある失敗

    失敗1.転職目的が不明確

    転職の目的が不明確な状態で転職すると、失敗することが多いです。

    「年収アップしたい」「勤務時間を減らしたい」など、転職目的が整理されていないと、転職先選びの軸がブレてしまいます。

    その結果、本来の転職目的が達成できず、転職後に後悔してしまう薬剤師も少なくありません。

    「教育体制が整っていない職場に入職してしまい、スキルを高められなかった」「ワークライフバランスを整えたかったのに、残業が多く忙しい職場に転職してしまった」というのは、よくある失敗です。

    【対策】転職の理由と目的を明確にする

    転職の目的を明確にすることは、転職を成功させる重要なポイントです。

    転職理由を明確にすることが重要な理由

    転職活動を始めると様々な情報を目にしますが、目的が明確になっていないと情報に流され、転職の軸がブレてしまうことも多いです。

    一方、「専門病院に転職して専門性を高めたい」「ドラッグストアでセルフメディケーションの提案をしたい」など、明確な目的があると転職活動は進めやすくなります

    失敗2.内定獲得前に現職を退職してしまう

    現職への不満が強いと、どうしても「早く辞めたい」という気持ちが先走ってしまうものですが、内定獲得前に退職するのはハイリスクです。

    離職してから転職活動を行い、内定獲得までに時間がかかった場合、無収入の状態で仕事を探すことになってしまいます

    とくに20代の薬剤師は十分な貯金がないことも多く、金銭的な不安から、焦って希望とは異なる職場に転職してしまうケースも少なくありません。

    次の転職先が決まってないのに退職してしまうことは、転職失敗の大きな原因と言えます。

    【対策】内定を獲得してから退職を伝える

    退職を伝えるのは、内定を獲得してからにしましょう。

    現職を続けたまま転職活動を行えば、金銭的な不安を感じずに、落ち着いて転職活動を行えます。

    また、色々な求人を見て「やっぱり現職を続けたい」と考えが変わる可能性もあるので、転職が確実になるまでは退職しないことをおすすめします。

    失敗3.経験やスキルを考慮せず転職先を決めてしまう

    「入職後に教育を受けられるから、多少スキルがなくても大丈夫だろう」と安易な考えで転職すると、十分な指導を受けられず、業務についてけない可能性があります。

    というのも、小規模の施設の場合、システム化された教育マニュアルが無く、専門の教育担当がいないことも珍しくないからです。

    また、指導担当者がついていたとしても、分からないことを質問する程度で、時間をかけて教育してもらえない現場は多いです。

    自分のスキルを考慮せず「給与が良いから」「条件が良いから」といった理由で転職し、後悔してしまうケースは少なくないでしょう。

    【対策】能力に合った職場を見極める

    転職先を選ぶ場合は、自分にどのくらいのスキルがあるのか整理しましょう。

    以下に、一般的な目安をまとめたので、参考にしてください。

    1~2年目実務経験が不十分
    ⇒ 十分なフォローが必要
    3年目調剤スキルや服薬指導などの基本的なスキルが身につく
    ⇒ 即戦力としての転職も可
    4~5年目「抗がん剤調整が可能」などプラスアルファのスキルが身についている
    ⇒ 専門性を活かす転職も可

    1~2年目の転職の場合は、経験がスキルが不十分であることが多いです。

    そのため、転職の際には、以下のような「研修制度・教育体制」が整っている職場かも調査することをおすすめします。

    ▼「ファルマスタッフ」の求人例

    なお、「ファルマスタッフ」には上記のほかにも多くの求人が掲載されているので、ぜひご覧になってみてください。

    失敗4.他人の意見に左右されてしまう

    他人の意見に左右されて「本来の希望ではない職場に転職してしまう」という失敗も少なくありません。

    「知人がおすすめしてくれたから…」という理由で職場を決める人もいますが、他人に合う職場が自分に合うとは限りません。

    転職の際には、業務内容・残業の有無・福利厚生、産休・育休制度など、様々な面を考慮して自分に合う職場を決めることが重要です。

    「転職先から高年収を提示された」「友人に紹介された」からといって、安易に転職すると、転職のミスマッチにつながります。

    他人の意見を鵜呑みにすると、本来の転職目的を見失い「こんなはずではなかった」と後悔してしまう恐れがあるので、注意が必要です。

    【対策】自分の意志をしっかりと持つ

    転職する際は、自分の意志をしっかり持ち、将来を見据えて検討することが大切です。

    「自分が薬剤師として5年後・10年後どうなりたいのか」「どんな働き方をしたいのか」を十分に考え、転職先を考えましょう。

    具体的には、薬剤師としての専門性を高めたい場合は「臨床経験を積める病院」、プライベートを大切にしたい場合は「比較的働き方の自由度が高い派遣薬剤師」などが良いでしょう。

    将来につながる働き方が出来そうかをよく確認し、納得した上で転職しましょう。

    失敗5.情報収集が不十分

    情報収集が不十分なことが原因で、転職後に「思っていた環境ではなかった」と後悔してしまうケースも少なくありません。

    また、転職の際には「悪い印象を与えたくない」という気持ちから、採用担当者に質問できない人も多いですが、確認が不十分な状態で入職し、後悔するパターンもあります。

    具体的には、「労働条件が想像と違った」「予想以上に残業が多かった」などの失敗が挙げられます。

    事前の情報不足による転職のミスマッチに悩むケースは少なくないので、注意が必要です。

    【対策】早い段階から多角的に情報収集を行う

    情報不足による失敗を防ぐためには、早い段階から多角的に情報収集を行うことが大切です。

    知っておくべき転職先の情報

    • 給与・待遇・福利厚生などの条件
    • 勤務時間
    • 年間休日日数
    • 転勤の有無
    • 処方箋枚数…など

    転職活動に慣れてなく、情報収集をスムーズにできない場合は、転職サイトに情報収集を依頼することも手段です。

    転職サイトを活用すれば、一般的に自力での情報収集が難しい「人間関係」「職場の雰囲気」といった情報も把握できます

    また、「疑問点があるけれど、自分で質問するのが難しい」と感じる場合は、転職サイトに代行をお願いすることも可能です。

    20代薬剤師の転職を成功させるには「転職サイト」を利用しよう

    転職活動を不安なく進めるためには、「薬剤師転職サイト」を利用することをおすすめします。

    転職サイトとは、求人紹介や転職のサポートをしてくれるサービスのことです。

    薬剤師転職サイトの仕組み

    とくに初めての転職の場合は、求人探し・応募書類の作成・面接などで戸惑ったり、思わぬ失敗をしてしまうケースも少なくありません。

    一方、転職サイトを利用すれば、以下のようなサポートを受けられるため、万全の体制で転職活動を進められます。

    薬剤師転職サイトのサポート

    • 希望に合った求人の紹介
    • 応募書類の添削・面接対策
    • 職場の内部情報の提供
    • 給与や待遇などの条件交渉の代行…など

    求人紹介・選考対策・入社のフォローなど、1から10まで支援してくれるので、初めての転職でも安心です。

    「一人で転職するのが不安」「アドバイスが欲しい」という方は、ぜひ転職サイトを利用してみてください。

    20代薬剤師におすすめの転職サイト3選

    20代薬剤師におすすめの転職サイト3選

    転職活動を成功させるためには、「薬剤師に特化した転職サイト」を活用することをおすすめします。

    転職サイトに登録すると、アドバイザーが最適な求人を紹介してくれるので「初めての転職でどのように転職先を探すべきか分からない」という方も安心して転職活動を進められるでしょう。

    ここでは、おすすめの転職サイトを3社ご紹介しますので、ぜひ活用してみてください。

    サイト名おすすめの人
    ファルマスタッフ
    • 1人で転職活動を進めるのが不安な人
    • 初めて転職する人
    マイナビ薬剤師
    • 幅広い業種の求人をチェックしたい人
    • 地方で転職を考えている人
    ファーマキャリア
    • オーダーメイド求人を紹介して欲しい人
    • 調剤薬局への転職を検討している人

    転職の悩みを親身に聞いて欲しいなら「ファルマスタッフ」

    ファルマスタッフ」は、大手薬局「日本調剤」のグループ企業が運営している転職サイトです。

    個別面談でじっくり相談に乗ってもらえるので、「初めての転職でどのように転職活動を進めれば良いか分からない」と悩んでいる20代薬剤師の方におすすめです。

    面談を受けたことで、「転職に関する不安を解消できた」「今後の方向性をしっかり考えられた」という利用者も少なくありません。

    また、ファルマスタッフのコンサルタントは積極的に紹介先を訪問しており、職場の雰囲気など求人情報だけでは分からない情報を丁寧に教えてくれます。

    転職の不安を解消したい方や、職場の細かな情報を入手したい方は、ぜひファルマスタッフを利用してみてください。

    ファルマスタッフ|基本情報

    運営会社株式会社メディカルリソース
    公開求人数約51,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    地方で転職したいなら「マイナビ薬剤師」

    マイナビ薬剤師
    (引用元
    マイナビ薬剤師

    マイナビ薬剤師」は、人材大手である株式会社マイナビが運営している転職サイトです。

    全国15カ所に拠点があるので、地方在住の方でも使いやすいという特徴があります。

    また、マイナビ薬剤師は、企業・OTC専門ドラッグストアをはじめとした幅広い業種の求人を保有しています。

    さまざまな求人を一度に比較できるので、20代薬剤師向けの案件も効率良く探せるでしょう。

    地方で転職を考えている方や、幅広い業種の求人をチェックしたい方は、ぜひマイナビ薬剤師を利用してみてください。

    マイナビ薬剤師|基本情報

    運営会社株式会社マイナビ
    公開求人数非公開
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    希望の求人が見つからずお困りなら「ファーマキャリア」

    ファーマキャリア」は、オーダーメイド求人にこだわりのある転職サイトです。

    単に求人を紹介するだけでなく、企業側と条件交渉をすることで求職者の希望にベストマッチする求人を作り上げてくれます。

    たとえば、「ライフスタイルの変化に伴い、週休3日で働きたい」「16時で退勤できる職場に勤めたい」といった細かな要望にも、可能な限り対応してくれるでしょう。

    また、ファーマキャリアでは、コンサルタントの教育を徹底しているため、ヒアリング力が高い傾向にあります。

    他サイトで希望に合う求人を見つけられなかったり、こだわりの条件がある方は、気軽に相談してみることをおすすめします。

    ファーマキャリア|基本情報

    運営会社エニーキャリア株式会社
    公開求人数約36,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    20代薬剤師の転職体験談まとめ

    20代薬剤師の転職体験談まとめ

    転職をする際の参考になるのが、同じ年代の方々の転職体験談です。

    成功例や失敗例を押さえ、必要な対策を把握しておけば、転職の後悔を防ぐことも可能になります

    ここでは、20代薬剤師の転職体験談をご紹介しますので、転職を検討している方は参考にしてください。

    20代薬剤師の転職体験談

    20代薬剤師の転職成功談

    20代薬剤師ならではの悩みを解消したり、希望が叶えられたという体験談をご紹介します。

    仕事とプライベートの両立が可能に

    20代薬剤師の転職成功談

    調剤薬局⇒調剤薬局

    正社員からパートへの転職でした。

    年収はかなり減ってしまいましたがその分時間はかなり余裕になりました。

    今までは平日出勤は当たり前、土曜日も出勤することもありました。

    現在は週30時間程度の勤務なので自分の時間を確保できるようになりました。

    業務は前職ほど激務ではなく今までの経験を活かせられる現場です。

    自分のスキルが今の職場でも役に立っていると感じ仕事が楽しいです。

    (イーデス調査)

    「正社員からパートへ雇用形態を変えることで、仕事とプライベートを両立できた」という体験談です。

    「プライベートを充実させたい」など転職目的が明確になっていると、転職後に満足できる可能性が高いでしょう。

    新しいことにチャレンジできた

    20代薬剤師の転職成功談

    調剤薬局⇒調剤薬局

    転職をして良かった点は新しい挑戦の機会となったところです。

    従来の職場では、役職や給与が年数に応じて融通が利く様に感じており、その待遇に慣れや怠慢な気持ちがでていると感じていました。

    初心に戻り、これまでの経験を活かしていきたいと思えました。

    (イーデス調査)

    転職することで、前職とは違った経験をして成長できるケースもあります。

    20代薬剤師はポテンシャルが高いので、「スキルアップ」「キャリアチェンジ」なども視野に入れてみましょう。

    20代薬剤師の転職失敗談

    20代は転職活動に慣れていないこともあり、スムーズに転職活動が進まないケースもあります。

    事前に転職先を精査すべきだった

    20代薬剤師の転職失敗談

    調剤薬局⇒調剤薬局

    知人からの紹介で転職したが、配属された薬局の人間関係がひどく、エリアも希望の都内ではなかった。

    薬局単位となるとどうしても少人数の職場になっているので、いじめ等を好むような人がいる場合は次から次へとターゲットを変え、その人の機嫌をとりながら仕事する風潮が嫌で結局すぐに転職してしまった。

    薬局だけではなく、会社の運営に関しても薬局長の次のキャリアが本社での事務関連業ということもあり、事務処理も後手後手。

    会社の規模だけではなく、質に関してもしっかり精査してから転職すべきであったと実感した。

    (イーデス調査)

    入社後に後悔しないためには、応募前に出来るだけ多くの情報を集めましょう。

    自力での情報収集には限界があるので、転職サイトを活用して人間関係や職場の雰囲気といった内部事情を把握することをおすすめします。

    退職金をもらえなかった

    20代薬剤師の転職失敗談

    調剤薬局⇒調剤薬局

    結婚の都合で転職をしましたが、退職金が貰える勤続年数が一ヶ月不足してしまい、貰えませんでした

    (イーデス調査)

    勤務年数が少ない場合、就労規則によっては退職金がもらえないこともあります。

    転職する際は、現職場の退職金や有休消化について確認しておきましょう。

    まとめ

    ポテンシャル採用が期待できる20代薬剤師は、転職に有利な年代と言えます。

    ただし、20代は以下のような失敗をしやすいので注意が必要です。

    20代薬剤師の転職によくある失敗

    • 転職目的が不明確
    • 内定獲得前に現職を退職してしまう
    • 経験やスキルを考慮せず転職先を決めてしまう
    • 他人の意見に左右されてしまう
    • 情報収集が不十分

    転職の失敗を防ぐためには、将来を見据え、入念な準備をすることが大切です。

    とくに初めての転職に不安のある方は、求人紹介や選考対策などのサポートを受けられる「薬剤師専門の転職サイト」を活用することをおすすめします。

    以下の3社はどれも求人数が多く、転職サポートの手厚さにも定評があるので、ぜひ利用してみてください。

    本記事で紹介した薬剤師におすすめの転職サイト

    ファルマスタッフ
    • 初めての転職におすすめ
    • 対面でじっくり相談に乗ってくれる
    マイナビ薬剤師
    • 幅広い業種の求人をチェックできる
    • 地方の求人が豊富
    ファーマキャリア
    • 個別にカスタマイズした求人を紹介してもらえる
    • 対応に時間をかけてもらえる

    【20代薬剤師の転職体験談・転職理由】

    20代薬剤師の転職体験談や転職理由は、インターネットでのアンケートを元に収集しております。

    薬剤師 おすすめ転職サイトの関連記事

    MRにおすすめの転職サイト・転職エージェントを比較!選び方・注意点も解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    MRにおすすめの転職サイト・転職エージェントを比較!選び方・注意点も解説

    2024年5月16日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    定年後の60代薬剤師におすすめの再就職先!求人の見つけ方も解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    定年後の60代薬剤師におすすめの再就職先!求人の見つけ方も解説

    2024年5月10日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    薬剤師が職場をすぐ辞めるのは正しい選択?後悔しないための判断基準
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    薬剤師が職場をすぐ辞めるのは正しい選択?後悔しないための判断基準

    2024年5月8日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    薬剤師のアルバイト先まとめ!メリット・デメリットを徹底解説!
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    薬剤師のアルバイト先まとめ!メリット・デメリットを徹底解説!

    2024年5月8日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    ブランクのある薬剤師が再就職するコツ!おすすめの職場や勉強法を解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    ブランクのある薬剤師が再就職するコツ!おすすめの職場や勉強法を解説

    2024年5月8日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    大阪で転職したい薬剤師必見!年収事情・求人の特徴などを解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    大阪で転職したい薬剤師必見!年収事情・求人の特徴などを解説

    2024年5月8日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    • Facebook
    • x
    • LINE