Operated by Ateam Inc.

イーデス

製薬会社の転職におすすめの転職サイト・エージェント!業界求人や年収も紹介

最終更新日:

薬剤師 おすすめ転職サイト
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

製薬会社へ転職するにあたって、転職サイトを探していませんか?

製薬会社では職種によって仕事内容や年収が大きく異なるので、事前に転職サイトや転職エージェントを利用して企業情報をチェックしておくことが重要です。

しかし、どの転職サイトや転職エージェントに登録すれば良いか迷いますよね。

本記事では、製薬会社への転職におすすめの転職サイト・転職エージェントや実際の求人情報などをご紹介します。

製薬会社の転職におすすめの転職サイト・エージェント
おすすめ3選

1

リクルートエージェント

転職者の6割以上が利用している大手転職エージェン

幅広い業界の求人を保有

2

マイナビ薬剤師

大手人材派遣・紹介会社「マイナビ」が運営している転職サイト

公開求人数だけでも約6万件の多さ

3

ファーマキャリア

「オーダーメイド求人」を作成してくれるのが特徴の転職サイト

コンサルタントの質が高く転職サポートが充実している


※画像は公式サイトから引用(薬キャリAGENTマイナビ薬剤師ファーマキャリア

気になる内容をタップ

製薬業界への転職に!転職サイト・転職エージェントの選び方

製薬業界へ転職するなら、転職サイト・転職エージェントを活用しましょう。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ強みや特徴が異なるので、自分に合ったものを選んで利用するのが転職成功への近道です。

ここでは、転職サイト・転職エージェントの選び方をご紹介します。

「総合型」と「特化型」を併用する

転職サイト・転職エージェントには大きく分けて「総合型」と「特化型」の2種類あります。

製薬業界に転職するなら、「総合型」と「特化型」の転職サイト・転職エージェントを併用するのがおすすめです。

それぞれの特徴は、以下の通りです。

総合型の特徴

  • 業種・職種問わずさまざまな求人を取り扱っている
  • 全国エリアを対象としていることが多い
  • 保有求人数が多い

特化型の特徴

  • 業界を限定して専門的に求人を取り扱っている
  • 業界出身のアドバイザーからサポートを受けられる
  • 総合型と比べると保有求人数は少なめ

数多くの求人を扱う「総合型」と、業界に特化した「特化型」の2種類を併用することで、好条件の求人を見逃すことなくチェックできます。

本記事内で「総合型」「特化型」のおすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介しているので、参考にしてください。

希望する職種に強い転職サイト・転職エージェントを選ぶ

転職サイト・転職エージェントを利用する際は、希望する職種へのサポートに強いサービスを選びましょう

製薬業界にはさまざまな業種や職種がありますが、転職サイトやエージェントの強みはそれぞれ異なります。

たとえば、薬剤師の転職に強い転職サイトと、製薬メーカーへの転職に強い転職サイトは異なります。

薬剤師の転職なら特化型の「薬キャリAGENT」「マイナビ薬剤師」「ファーマキャリア」の利用をおすすめします。

薬剤師転職サイトのおすすめランキングを以下の記事で紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。

製薬会社への転職におすすめの転職サイト・転職エージェントは?

製薬会社への転職におすすめの転職サイト・転職エージェントは?

ここでは、製薬会社への転職におすすめの転職サイト・転職エージェントを2つ紹介します

製薬会社には転職難易度が高い職種もあるので、内定を勝ち取るためには転職サイトだけでなく、転職エージェントのサポートを受けるのがおすすめです。

それぞれの特徴をチェックして、自分に合った転職エージェントを利用して転職を成功させましょう。

製薬会社の求人が豊富な「doda」

doda
(引用元
doda

おすすめポイント

  • 製薬会社の求人多数
  • 面接対策などのサポートが充実している
  • 転職サイトとしても利用できる

doda」は、テレビCMやWeb広告でも見かけることが多い知名度の高い転職エージェントです。

製薬会社の求人保有数が多いので、他の転職サイトにはない求人を見つけられる可能性が高いです

2022年4月時点、dodaに「製薬」関連の求人が約3,400件掲載されていました。

dodaは面接対策が丁寧と評判なので、製薬業界が未経験で面接に不安がある人は、キャリアアドバイザーに相談してみるのがおすすめです。

また、自分のペースで転職活動を進めたい人は、キャリアアドバイザーを付けずに転職サイトとして利用することも可能です。

どの転職エージェントを利用するか迷っている人は、まずはdodaに登録しましょう。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
求人数

200,000件以上(非公開求人を含む)

対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:24年4月時点)

大手企業に転職したいなら「リクルートエージェント」

おすすめポイント

  • 業界トップクラスの公開&非公開求人数
  • サポートの充実度が高い
  • 製薬業界の大手企業の求人が多数掲載されている

リクルートエージェント」は、株式会社リクルートが運営する大手の転職エージェントです。

業界大手が運営している転職エージェントなので、他の転職エージェントと比べて求人数が多く、サポートの充実度も高いのが特徴です。

非公開求人も多く取り扱っているため、大手企業の求人が見つかる可能性もあります。

2022年4月時点、リクルートエージェントに「大塚製薬株式会社」の求人が掲載されていました。
※現在掲載は終了しています。

リクルートエージェント求人
(引用元
転職・求人情報|リクルートエージェント)

こちらは創薬研究員の求人で、仕事内容は創薬プラットフォーム整備や新規技術導入などでした。

どの転職エージェントを利用するか迷っている人は、まずはリクルートエージェントに登録してみましょう。

リクルートエージェント|基本情報

運営会社株式会社リクルート
公開求人数

約383,000件

非公開求人数約213,000件
対応地域全国+海外
料金すべて無料
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

(最終更新:24年4月時点)

製薬会社に強い特化型の転職サイト

製薬会社に強い特化型の転職サイト

転職サイトには、業界に特化した特化型サイトもあります。

特化型は求人数は少ないですが、業界の知識が豊富で企業とのつながりも深いため、有益なアドバイスをもらえることがメリットです。

ここでは、製薬会社への転職に特化した転職サイトをご紹介します

製薬業界への転職なら「アンサーズ」

製薬業界への転職なら「アンサーズ」
(引用元
Answers

おすすめポイント

  • 職種分類が細かいので検索しやすい
  • 企業研究レポートを参考に業界研究できる

アンサーズは、製薬業界の全職種に対応した転職サイトです。

求人を検索するとき、職種の選択肢が細かく分類されているので検索しやすいでしょう。

また、製薬業界の企業研究レポートなども閲覧できるので、業界研究をしっかり行いたい人におすすめです。

製薬業界への転職を検討している人はアンサーズをチェックしてみてください。

運営会社株式会社 クイック
公開求人数2,060件(2022年4月時点)
非公開求人数非公開
対象地域全国
料金無料

転職サポートが充実「製薬オンライン」

製薬オンライン
(引用元
製薬オンライン

おすすめポイント

  • 業界を熟知したアドバイザーが在籍
  • 転職サポートが充実している

製薬オンラインは、製薬・医療業界に特化した転職サイトです

登録すると、業界を熟知したキャリアアドバイザーが書類応募・面接日程の調整やキャリアカウンセリングなど徹底的にサポートしてくれます。

特に面接サポートに関しては口コミでも高評価を得ているので、面接対策を入念に行いたい人におすすめです。

2022年4月時点、製薬オンラインにMRの求人が掲載されています。

こちらの求人は、外資メーカーの案件を担当するコントラクトMRのポジションです。

転職活動のサポートを受けたい人は、製薬オンラインを活用してみてください。

運営会社オンウェーブ株式会社
公開求人数2,327件(2022年4月時点)
対応地域全国
料金無料

薬剤師の転職に特化したおすすめ転職サイト

薬剤師の転職に特化したおすすめ転職サイト

製薬業界の中でも、薬剤師の転職を検討している人は、薬剤師専門の転職サイトを活用することをおすすめします。

ここでは、薬剤師の転職に特化した転職サイトをご紹介します

各サイトの特徴やおすすめポイントをチェックして、自分に適した転職サイトを見つける参考にしてください。

スピード感を重視しているなら「薬キャリAGENT」

薬キャリ
(引用元
薬キャリAGENT

おすすめポイント

  • すぐに求人を紹介してもらいたい人
  • 調剤業務に関する求人を見たい人

薬キャリAGENT」は、対応の早さに定評のある薬剤師向け転職サイトです

電話のみのやりとりで、最短で即日最大10件の求人を紹介してもらえるので、転職を急いでいる人におすすめです。

また、薬キャリAGENTは約39,000件の求人を保有していますが、そのうち約9割が調剤業務に関する求人です。

2023年11月時点、薬キャリAGENTに製薬会社の求人が掲載されています。

こちらは管理薬剤師の求人で、主な仕事内容は品質保証業務です。

すぐにでも求人を紹介してもらいたい人や調剤業務に携わりたい人は、薬キャリAGENTを利用してみてください。

薬キャリAGENT|基本情報

運営会社エムスリーキャリア株式会社
公開求人数約22,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:24年4月時点)

求人数が豊富な「マイナビ薬剤師」

マイナビ薬剤師
(引用元
マイナビ薬剤師

おすすめポイント

  • 求人数が豊富
  • 地方の求人も充実している

マイナビ薬剤師」は、大手人材派遣・紹介会社「マイナビ」が運営している転職サイトです。

公開求人数だけでも約6万件の多さなので、たくさんの求人を見て転職先を決めたい人におすすめです

マイナビ薬剤師は全国に15の拠点を持っているので、地方への転職を検討している人にとっても利用しやすいでしょう。

2022年4月時点、マイナビ薬剤師に薬剤師の求人が掲載されています。

こちらの求人は、調剤未経験者の人でも応募可能です。

たくさんの求人を見たい人や、地方での転職を検討している人はぜひマイナビ薬剤師を活用してみてください。

マイナビ薬剤師|基本情報

運営会社株式会社マイナビ
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:24年4月時点)

自分にぴったりの求人を見たいなら「ファーマキャリア」

おすすめポイント

  • コンサルタントの質が高く転職サポートが充実している
  • 希望にぴったりの「オーダーメイド求人」を提案してもらえる

ファーマキャリア」は、転職者の希望をヒアリングし、「オーダーメイド求人」を作成してくれるのが特徴の転職サイトです

オーダーメイド求人とは、保有している求人をそのまま紹介するのではなく、細かい条件が転職者の希望に近づくように企業と調整してから紹介してくれるものです。

そのため、他の転職サイトにはない求人を見つけられる可能性が高いです。

また、ファーマキャリアはコンサルタントの質が高いと評判で、転職が初めての人でも安心して利用できます。

2022年4月時点、ファーマキャリアに薬剤師の求人が掲載されています。

こちらの求人は、勤務時間は遅番の場合でも18:30までとなっているため、プライベートを重視したい人におすすめです。

丁寧にサポートしてもらいたい人や、勤務条件に細かい希望がある人は、ファーマキャリアを利用してみましょう。

ファーマキャリア|基本情報

運営会社エニーキャリア株式会社
公開求人数約35,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:24年4月時点)

製薬業界の中途採用の求人

製薬業界の中途採用の求人

製薬業界に転職するにあたって、どのような職種や企業の中途採用の募集があるのか気になるでしょう。

ここでは、製薬業界の中途採用の求人をご紹介します

研究・開発職の求人

製薬業界の研究・開発職は、医薬品のメカニズム解析や製剤化に関する研究などを担当する職種です。

また、治験を行って医薬品の有効性や安全性を確認することもあります。

中途採用では、職種経験のある人や理系出身者が求められる傾向にあるため、未経験からの転職は難しいでしょう。

2022年4月時点、dodaに掲載されていた研究・開発職の求人をご紹介します。

※現在は募集を終了しています。

doda求人
(引用元
転職・求人情報|doda)

こちらは国内大手の製薬メーカー「武田薬品工業株式会社」の求人でした。

上級レベルの英語力が必須で、英語でのコミュニケーションやプレゼンテーションスキルを求められます。

このような案件を検索してみたい人は、以下のボタンから登録してチェックしてみてください。

MRの求人

MRは、医薬品の情報を病院の医師や薬剤師、看護師などに提供する仕事です。

営業力が求められる仕事なので、営業や販売の経験があれば転職の際にアピールできます。

専門性の高い仕事ですが、文系出身者や未経験歓迎の求人も出ているので、異業種からの転職も不可能ではありません。

2022年4月時点、dodaに掲載されていたMRの求人をご紹介します。

※現在は募集を終了しています。

doda求人
(引用元
転職・求人情報|doda)

仕事内容は主に新薬に関する情報提供で、将来的にはMRのマネジメント職も目指せる求人でした。

疾患領域・行政知識などのインプット研修と、プレゼンテーション・ディテーリングなどのアウトプット研修があるため、スキルアップを目指せます。

このような案件を検索してみたい人は、以下のボタンから登録してチェックしてみてください。

製薬メーカーの求人

製薬メーカーとは、医薬品の開発・販売を行う会社のことです。

製薬メーカーは大きく分けると、以下の3つに分類されます。

  • 医療用、一般用医薬品を取り扱う企業
  • 外資系企業
  • ジェネリック医薬品を扱う企業

それぞれに特徴があり、扱う医薬品の種類も異なります。

どの企業が自分に向いているのか、業界研究・企業研究を行っておくことが大切です。

2022年4月時点、リクルートエージェントに掲載されている製薬メーカーの求人をご紹介します。
※現在募集は終了しています。

リクルートエージェント求人
(引用元
転職・求人情報|リクルートエージェント)

製薬メーカー大手の「大塚製薬」の求人です。

仕事内容は、バイオ医薬品原薬のプロセス開発を行う生産技術職でした。

医薬品原薬の製造法開発や試験法開発の業務経験がある人は、ぜひチャレンジしてみましょう。

求人の詳細を見たい人は、以下のボタンから登録してチェックしてみてください。

外資系製薬会社の求人

外資系製薬会社とは、海外の企業の資本が一定以上入っている製薬会社のことです。

日本の製薬メーカーと比較すると規模が大きく、研究開発の自由度が高い特徴があります。

中途採用ではハイレベルなスキルや英語力が求められる傾向があり、転職難易度は高めです。

しかし、年収が高い傾向があるので、年収アップを狙っている人にはおすすめです。

2022年4月時点、製薬オンラインに掲載されていた外資系製薬メーカーの求人をご紹介します。
※現在は掲載が終了しています。

製薬オンライン求人
(引用元
外資系MR求人|製薬オンライン)

こちらはMSL「Medical Science Liaison(メディカル・サイエンス・リエゾン)の求人です。

MSLとは、最新の医学情報を医師などの医療従事者に提供する仕事です。

MRは自社の医薬品をプロモーションするのに対し、MSLは自社の価値を高めるために、中立的な立場から臨床研究や論文などの支援を行います。

この求人は3年以上のMSL経験が求められていますが、MSLはMRやポスドクから転職する人も多いため、まずはMRから始めてみると良いでしょう。

求人の詳細を見たい人は、以下のボタンからチェックしてみてください。

製薬会社への転職は未経験でもできる?

製薬会社への転職は未経験でもできる?

「製薬業界に転職したいけど、未経験から転職できる?」と不安になる人もいるでしょう。

ここでは、製薬業界への未経験転職について詳しく解説します

未経験から転職するならどの職種が良いのか、参考にしてみてください。

業界未経験でも転職可能

製薬業界の中途採用では、研究職や薬剤師などの専門職の実務経験を求められる傾向があります。

しかし、職種によっては未経験からでもチャレンジできるので、異業種からの転職も不可能ではありません

前職の経験や活かせるスキルはないか、今までの経歴を棚卸ししてみましょう。

製薬会社への未経験転職については以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてください。

30代~40代は経験・スキル重視

製薬業界は未経験でも転職可能ですが、ポテンシャル採用は20代の人が中心です。

多くの業界と同様に、製薬業界への転職でも30〜40代の人は経験やスキルが重視される傾向があります

30代以降になると業界経験を備えた人が多く応募してくるため、ライバルに勝つためには相応のスキルが必要です。

また、管理職や指導者としての能力を求められることも多いため、未経験からでは難しいでしょう。

30代以上で未経験から製薬業界に転職を検討中の人は、今までの仕事との共通点を探してみると意外と強みが見つかるかもしれません。

未経験から転職しやすい職種

未経験から製薬業界に転職するなら、MRや一般事務などの職種がおすすめです。

これらの職種は比較的求人数が多く、未経験可の求人も出ています。

未経験からの転職を目指している人は、求人を検索するときに「未経験歓迎」や「未経験でも可」などのワードを入れて検索してみてください。

2022年4月時点、dodaに製薬業界未経験歓迎のMR求人が掲載されていました。

※現在は募集を終了しています。

doda求人
(引用元
転職・求人情報|doda)

こちらの求人はMR未経験でも応募可能で、第二新卒も歓迎していました。

営業職の経験がある人は有利になるので、チャレンジしてみるのもいいかもしれません。

未経験から製薬業界への転職を目指している人、またこのような案件を検索してみたい方は、以下のボタンから登録して求人をチェックしてみましょう。

MRへの未経験転職については以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてください。

製薬業界の大手企業や年収・将来性について解説

製薬業界の大手企業や年収・将来性について解説

製薬業界に転職するなら、年収や業界全体の将来性について気になるのではないでしょうか。

転職後に「こんなはずではなかった…」と後悔しないよう、事前にしっかりと把握しておきましょう。

ここでは、製薬業界の平均年収や大手企業の特徴・将来性について解説します

製薬会社の平均年収

dodaの調査によると、医薬品メーカーの平均年収は628万円です。

日本の平均年収約436万円と比べると、製薬会社の年収は高水準であることがわかります(参照:令和元年分 民間給与実態統計調査結果について|国税庁)。

企業の規模や職種によって年収に大きな差があるので、転職前にチェックしておきましょう。

年収やボーナスについて実際の様子を知りたい人は、転職エージェントを通して情報を入手するのがおすすめです。

外資系の企業なら高年収が狙える

転職して年収アップを狙っている人は、外資系企業がおすすめです

以下の表は、2022年4月時点の「転職会議」の口コミをもとに作成した外資系製薬会社の年収ランキングです。

日本の平均年収約436万円と比べると、外資系製薬会社の年収は非常に高いです。

また、外資系の企業は実力主義であることが多く、高額なインセンティブも期待できるので、実力次第では年収アップできるでしょう。

【無料】あなたの市場価値を調べてみませんか?

「市場価値」とは、あなたの経験やスキルが、企業からどれくらい必要とされているかという評価のことを言います。

ビズリーチ年収

実は、約7割のビズリーチ会員が市場価値を確かめるために利用しています。

ビズリーチ」は、企業やヘッドハンターからのスカウトで転職ができる仕組みです。

思いもよらない大手企業や年収が大幅にアップできる企業からのスカウトが直接来ることがあるので、早めの登録が転職を成功させるための鍵になるでしょう。

すでに、あなたの経験やスキルを求めている企業がいるかもしれないので、まずはスカウトを受け取れる状況を作っておくことが重要です。

職歴を入力して待つだけで転職できる受け身型の転職サイトなので、自分の市場価値を確かめるためにも、隙間時間を利用して登録を行っておきましょう。

製薬会社の大手企業

ここでは、製薬会社の大手企業の特徴を紹介していきます。

実際に以下の企業で働いた経験のある社員の評価・口コミも併せて紹介しているので、参考にしてみてください。

武田薬品工業株式会社

事業内容医薬品等の研究開発・製造・販売・輸出入
連結従業員数47,099人
連結売上高3,197,812百万円
平均年収1,076万円
(引用元
有価証券報告書|武田薬品工業株式会社

武田薬品工業は、国内医薬品メーカー売上トップの成績を誇ります(参考:武田薬品工業|ニッポンの数字)。

世界約80カ国で事業を展開していて、世界的にも知名度が高い企業です。

40代前半・男性

その他営業関連職

【良い点】自由度が高く自分がやりたいことは提案できる風土がある。(中略)

基本的に社員の人間的なレベルは高く尊敬できる方は年齢問わずいる(中略)
キャリアアップを皆が考えている。与えられるものではなく自己研鑽が必要。(後略)

(引用:転職会議|2020年7月

転職会議の口コミによると、武田薬品工業はやりたいことを提案できるような自由度が高い雰囲気があるようです。

グローバルに活躍したい人や、やりたい仕事がある人におすすめの企業です。

大塚製薬株式会社

事業内容医薬品・臨床検査・医療機器・食料品・化粧品の製造、製造販売、販売、輸出ならびに輸入
連結従業員数33,151人
連結売上高1,422,826百万円
平均年収991万円
(引用元
有価証券報告書|大塚ホールディングス

大塚製薬は、治療薬を提供する「医療関連事業」と、健康の維持・増進のための製品を提供する「ニュートラシューティカルズ関連事業」を展開しています

知名度の高い商品を取り扱っているだけでなく、新薬の開発にも力を入れているので、今後の将来性にも期待できるでしょう。

30代前半・女性

MR・MS

【良い点】ニッチ領域に特化して薬剤を販売している。

どんな薬も新たなマーケットを開拓するものとなっており、ゼロから作り上げていくことにとてもやりがいを感じた。(後略)

(引用:転職会議|2020年11月

口コミでは、「新規開拓の機会が多いのでやりがいを感じる」という声が見られました。

新薬の研究・開発に興味がある人や、ブランド力の高いメーカーの商品開発に携わりたい人におすすめの企業です。

中外製薬株式会社

事業内容医薬品の研究、開発、製造、販売および輸出入
連結従業員数7,555人
連結売上高786,946百万円
平均年収1,100万円
(引用元
有価証券報告書|中外製薬株式会社

中外製薬は、がん領域の薬の開発に強みを持っていて、国内抗体医薬品市場でNo.1のシェアを誇っています(参考:中外製薬「5つの強み」|中外製薬)。

2002年に世界トップの製薬企業ロシュ社と提携を結んだことで、ロシュ社の医薬品を国内で独占販売できるようになりました。

また、コスト削減等の施策も徹底されており、中外製薬の営業利益は今後増加が見込まれるでしょう。

20代後半・男性

その他の事務関連職

【良い点】社内研修制度は大企業らしく充実しています。

また、社外研修受講の際にも半額サポートしてくれます。(後略)

(引用:転職会議|2018年8月

口コミによると、社内研修制度が充実していて、研修費用のサポートも受けられるとのことです。

がん領域の研究をしたい人や、スキルアップのための環境を求めている人は、中外製薬をチェックしてみてください。

製薬会社の将来性

医薬品の需要がなくなる可能性は低いため、製薬業界の仕事がなくなる心配はありません。

しかし、今後医療費抑制のための薬価の引き下げや、安価なジェネリック医薬品の流通により、利益率が低価する可能性があります。

そのため、今後製薬会社が売上を伸ばしていくためには、品質の良い薬品の開発だけでなく、その他の事業を充実させることが重要です

海外展開に力を入れていたり、健康維持の領域の事業を持つ企業は将来性にも期待できるでしょう。

Q&A|製薬会社の転職エージェントに関するよくある質問

Q&A|製薬会社の転職エージェントに関するよくある質問

転職を成功させるためには、転職サポートを受けられる「転職エージェント」の利用がおすすめです。

しかし、転職エージェントを利用する上でわからないこと・疑問に思うことがある人も多いでしょう。

ここでは、製薬業界の転職エージェントの利用に関してよくある質問を紹介します

転職エージェント利用前にぜひチェックして、上手に活用できるよう役立ててください。

Q1.なぜ転職エージェントは無料で利用できる?

A.求人を掲載している企業から、求人掲載料を受け取っているからです。

なぜ転職エージェントは無料で利用できる?

転職希望者が転職エージェントを無料で利用できるのは、転職エージェントが企業から報酬を受け取っているからです

転職エージェントに求人を掲載するには、企業が掲載料を支払う必要があります。

また、採用が決まった場合は転職エージェントが成功報酬を追加で受け取ります。

このように、転職エージェントは企業から報酬を受け取っているため、転職希望者は無料で利用できる仕組みになっています。

Q2.「非公開求人」って何?

A.非公開求人とは、一般には公開されていない求人のことです。

「非公開求人」って何?

転職エージェントに登録すれば、非公開求人を閲覧できたり、アドバイザーから紹介してもらえたりします。

転職エージェントが求人を非公開にしている理由は、以下の通りです。

非公開求人が存在する理由

  • 競合他社にプロジェクトの動向を知られないようにするため
  • 応募の殺到を避けて効率よく採用するため
  • 上層部の人材採用を社内秘で行うため

つまり非公開求人には、全体に公開すると応募が殺到するような有名企業の求人や、高年収の求人が掲載されている可能性が高いことです。

優良求人をたくさん見たい人は、非公開求人をたくさん持っている転職エージェントを利用すると良いでしょう。

Q3.転職の相談だけでも大丈夫?

A.転職エージェントは、相談だけでも利用可能です。

転職相談したからといって、転職を無理に強要されることはないので安心してください

もちろん、転職を勧められた場合も、納得できなければ転職する必要はありません。

「転職するかどうか迷っている…」という段階でも、ぜひ気軽に利用してみてください。

Q4.転職エージェントを利用する流れは?

A.転職エージェントに無料登録後、アドバイザーと面談をします。

転職エージェントは以下のような流れで利用します。

転職エージェントを利用する流れは?

転職先に関することだけでなく、今の会社の退職に関するアドバイスも受けられます。

転職エージェントを利用するうえでわからないことがあっても、アドバイザーが親身になって対応してくれます。

まずは、気軽に登録してみてください。

まとめ

製薬会社へ転職するなら、転職サイトや転職エージェントの利用が効果的です

さまざまな転職サポートを受けられる転職エージェントや、製薬会社に特化した転職サイトを利用してみてください。

【製薬会社への転職におすすめの転職エージェント】

項目説明
doda
  • 業界未経験からの転職を目指す人
  • 転職サイトとして利用したい人
リクルートエージェント
  • 大手企業に転職したい人
  • たくさんの求人を見たい人

【製薬会社に特化した転職サイト】

項目説明
アンサーズ
  • 製薬業界の求人を幅広くチェックしたい人
  • 企業研究レポートを見たい人
製薬オンライン
  • 業界を熟知したアドバイザーのサポートを受けたい人
  • 面接対策をしっかりと行いたい人

【薬剤師の転職に特化した転職サイト】

項目説明
薬キャリAGENT
  • すぐに求人を紹介してもらいたい人
  • 調剤業務に関する求人を見たい人
マイナビ薬剤師
  • たくさんの求人を見たい人
  • 地方で転職したい人
ファーマキャリア
  • 丁寧な転職サポートを受けたい人
  • 勤務条件に細かい希望がある人

転職サイトや転職エージェントを上手に活用し、製薬会社への転職を成功させましょう。

薬剤師 おすすめ転職サイトの関連記事

定年後の60代薬剤師におすすめの再就職先!求人の見つけ方も解説
薬剤師 おすすめ転職サイト

定年後の60代薬剤師におすすめの再就職先!求人の見つけ方も解説

2024年4月4日

イーデス編集部

イーデス編集部

薬剤師のアルバイト先まとめ!メリット・デメリットを徹底解説!
薬剤師 おすすめ転職サイト

薬剤師のアルバイト先まとめ!メリット・デメリットを徹底解説!

2024年4月4日

イーデス編集部

イーデス編集部

薬剤師の転職成功の鍵は履歴書!正しい書き方や志望動機の例文を紹介
薬剤師 おすすめ転職サイト

薬剤師の転職成功の鍵は履歴書!正しい書き方や志望動機の例文を紹介

2024年4月4日

イーデス編集部

イーデス編集部

大阪で転職したい薬剤師必見!年収事情・求人の特徴などを解説
薬剤師 おすすめ転職サイト

大阪で転職したい薬剤師必見!年収事情・求人の特徴などを解説

2024年4月4日

イーデス編集部

イーデス編集部

50代の中高年薬剤師でも転職できる!求人の探し方や注意点を解説
薬剤師 おすすめ転職サイト

50代の中高年薬剤師でも転職できる!求人の探し方や注意点を解説

2024年4月4日

イーデス編集部

イーデス編集部

まだ間に合う?薬剤師の転職年齢の目安と成功のポイントを年代別に解説
薬剤師 おすすめ転職サイト

まだ間に合う?薬剤師の転職年齢の目安と成功のポイントを年代別に解説

2024年4月4日

イーデス編集部

イーデス編集部

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.