Operated by Ateam Inc.

イーデス

【薬剤師の転職理由ランキング】面接・退職時に不利にならない伝え方も解説

最終更新日:

薬剤師 おすすめ転職サイト
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

薬剤師として転職する際に、「本当にこんな理由で転職して良いのか…」と不安になるのはよくあることです。

転職する理由は人によって様々ですが、薬剤師に多い転職理由と上手な伝え方を知ることで、不安を軽減することができます。

本記事では、薬剤師の転職理由をランキング形式で紹介し、転職・退職理由の伝え方を例文を交えて解説するので、ぜひ参考にしてください。

記事を読めば、転職・退職理由の上手な伝え方が分かり、スムーズに転職できるはずです。

悩んだ場合は転職サイトに相談を!

転職を悩んでいる場合は、一度『転職サイト』に相談してみるのがおすすめです。

ファルマスタッフ」をはじめとした転職サイトでは、転職に精通しているアドバイザーが客観的にアドバイスをしてくれます。

転職サイトの登録・利用は無料なので、ぜひ気軽に相談してみてください。

ファルマスタッフ|基本情報

運営会社株式会社メディカルリソース
公開求人数約50,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:24年2月時点)

気になる内容をタップ

どんな事情が多い?薬剤師に多い転職理由ランキング

「他の薬剤師はどんな理由で転職しているんだろう?」と気になる方は多いと思います。

薬剤師の転職理由としては「職場環境への不満」「人間関係の問題」などが考えられますが、どういった理由がもっとも多いのでしょうか。

薬剤師転職サイト「薬キャリ」が行った転職理由に関するアンケート結果からは、「スキルアップ」や「人間関係」が薬剤師の転職理由の上位であることが分かります。

ここからは、薬剤師に多い転職理由について詳しく解説するので、あなたと共通する理由があるかをチェックしてみてください。

薬剤師に多い転職理由

理由1.スキルアップができない

現職で思うようにスキルアップできず、悩む薬剤師は多いです。

とくに、人手不足の調剤薬局では「忙しくて新しい業務にチャレンジする余裕がない」「スキルアップに励む時間がとれない」といった状況にある職場も少なくありません。

薬剤師の転職理由

40代女性 調剤薬局勤務

新人教育業務を担っていたのですが、他の薬剤師が辞めて調剤業務が忙しくなったので、教育業務から抜けました。

管理薬剤師を目指して、新人教育業務に携わりたかったのですが、スキルアップできる機会が無くなってしまいました。

(イーデス調査)

スキルアップするためには、自身での自己学習も必要ですが、新しい業務チャレンジできる環境に身をおくことも大切です。

現職で「これ以上スキルアップが難しい」と感じた場合は、新たな経験を積める別の職場に転職するのが良いでしょう。

理由2.人間関係が上手くいかない

「全ての悩みは人間関係に関わるもの」と言われるほど、人間関係は転職の理由によく挙げられます。

薬剤師の業務は、閉鎖的な環境で高度なコミュニケーションが求められることが多いので、とくに人間関係に問題が起きやすいです。

また、相手があってこその問題のため、1人だけでは解決できないケースが多いようです。

薬剤師の転職理由

40代女性 調剤薬局勤務

管理薬剤師や会社に相談しても、人間関係の悩みは解決しにくいです。

結局、他人を変えることはできないので、人間関係の悩みを解決するためには、自分がその職場を退職して悩みの原因から離れてしまうか、自分がその方のことを気にしないように達観するしか方法はない。

(イーデス調査)

ハラスメントのような重大事例や、人間関係に半年以上改善の兆しがない場合は、職場を変えることを考えても良いでしょう。

理由3.年収・待遇に不満がある

「残業が多い」「休みが取れない」「仕事が評価されない」「収入が上がらない」など、年収・待遇への不満も転職理由も少なくありません。

年収・待遇は上司や会社の方針に依存するので、不満を解消するには時間がかかる場合が多いです。

薬剤師の転職理由

30代男性 調剤薬局勤務

固定報酬制なので、どんなに患者さんからの評判が良くても、使えない愛想のない薬剤師と同じ給料にしかならない。

率先して休日・夜間の電話対応もしているが、手当が大して支給されていない。

このまま働き続けても、評価されず年収も上がらないことが確実なので、モチベーション維持のために転職を考えている。

(イーデス調査)

調剤薬局などの職場では、どんなに効率良く働いても管理薬剤師などの年長者の年収を上回るケースはほとんどありません。

現職場で待遇への不満を申し出ても改善が見込めない場合は、職場を変えることを積極的に考えてみましょう。

理由4.結婚などによりライフスタイルが変化した

結婚・出産・育児などライフスタイルの変化も、転職理由に挙げられます。

薬剤師は女性が活躍する職種であるため、ライフスタイルの変化に伴う転職が多いのです。

薬剤師の転職理由

20代女性 病院勤務

結婚を機会に居住地を変えることになりました。

新しい転居先に、勤めていた病院に系列の職場が無かったので転職しました。

(イーデス調査)

ライフスタイルの変化に合わせ、パートで働ける職場に転職したり、通勤距離が短くなる職場に転職するケースも多いようです。

転職によって働き方を柔軟に変更することは、人生の充実にも繋がるでしょう。

理由5.会社の将来性が不安

会社の将来性を不安に感じて転職する薬剤師も多いようです。

薬価改定や診療報酬改定の結果として、薬局の買収事例も増えてきているため、「自分が勤めている薬局は小さいし、いずれ買収されてしまうのでは?」と不安になっている方もおられるでしょう。

薬剤師の転職理由

20代女性 調剤薬局勤務

6店舗経営の調剤薬局に勤めていましたが、社長の引退をきっかけに大手企業に吸収されました。

報酬体系が変わって年収がダウンし、将来的に遠方店舗への異動もあるようなので、転職を決断しました。

(イーデス調査)

経営が上手くいっていない会社で働くのはリスクが大きいですし、買収された場合、環境がガラッと変わることも珍しくありません。

もし、会社の将来に不安を感じる場合は、転職も視野にいれて早めに準備しておきましょう。

理由6.仕事にやりがいを感じない

「最近、仕事にやりがいを感じなくなった」という理由も、転職のきっかけのひとつです。

業務に慣れてくると、ピッキング・分包作業、慢性疾患の服薬指導などを単純作業のように感じてしまい、やりがいを喪失する薬剤師は少なくありません。

薬剤師の転職理由

30代男性 調剤薬局勤務

調剤業務を作業としてこなしているだけと感じる時は、やりがいがなく、世間で言われるように必要のない仕事なのかもと悩む時もあります。

また、疑義照会の際など、医師に全く相手にしてもらえない時はとてもつらいです。

(イーデス調査)

何にやりがいに感じるかは、本人の心持ち次第ではありますが、無気力な状態で仕事を続けるのはつらいものです。

私生活や職場・仕事内容を変えることで、気持ちをリフレッシュし、仕事へのやりがいを取り戻しましょう。

理由7.仕事内容が合わない

仕事内容は、仕事の充実感を左右する上で重要な要素です。

仕事が自分に合わないと、「つらい」「辞めたい」と思ってしまいやすいでしょう。

薬剤師の転職理由

40代女性 調剤薬局勤務

大学卒業後に大きな調剤薬局で働き始めたのですが、服薬指導などほとんどありませんでした。

機械でもできる仕事だと感じて成長を実感できず、つまらなく思いました。

自分の知識を深めて成長できる仕事がしたいと思い、メーカーに転職しました。

(イーデス調査)

同じ薬剤師でも、病院・薬局・ドラッグストア・企業で業務内容は大きく異なるため、別の業種へ転職する薬剤師は多いです。

「調剤業務がメインの仕事」「患者様と距離が近い仕事」など、あなたの希望する仕事をした方が薬剤師としての充実感を得られるはずです。

「仕事内容が合わない」「別の仕事にチャレンジしたい」と考えている場合は、早めに転職を検討しても良いかもしれません。

履歴書や面接で転職理由を上手く伝える4つのポイント

履歴書や面接で転職理由を上手く伝える4つのポイント

「人間関係が嫌になった」などネガティブな転職理由を正直に伝えた場合、採用担当者から「この人を本当に採用して大丈夫か?」と思われてしまう可能性があります。

そのため、転職理由は「工夫して伝える」ことが大切です。

ここでは、履歴書や面接で転職理由を上手く伝えるコツを、例文を交えて紹介しますので参考にしてください。

転職理由を上手く伝えるポイント

転職理由の伝え方に悩んでいる場合は…

転職理由の伝え方に悩んでいる場合は、薬剤師転職サイトにアドバイスしてもらうことをおすすめします。

ファルマスタッフ」は、親身にじっくり相談にのってくれると評判なので、ぜひ利用してみてください。

ポイント1.ネガティブな本音を伝えるのは避ける

初めての転職の時にやりがちな失敗のひとつですが、ネガティブな本音の転職理由を伝えるのは避けましょう。

ネガティブな転職理由をストレートに採用企業に伝えると、「仕事に前向きでない」と思われ、選考過程で不利になる恐れがあります。

本当の転職理由が何であっても、最終的には「キャリアアップにつなげたい」「仕事の領域を広げたい」など、ポジティブな転職理由に結び付けることが大切です。

例えば、人間関係の問題の解消が転職理由の場合、以下の例のようにポジティブな理由につなげると良いでしょう。

あなた

現職では、職員の人数が少ないこともあり、どちらかと言えばチームで仕事を進めるよりは、個々の薬剤師の能力で業務を遂行しています。
私は将来、在宅医療などのチーム医療に参画したいと考えていますので、チームで働ける職場で活躍したいと考えています。

仕事内容の不満が転職理由の場合は、「現職場にはない在宅医療に挑戦して活躍したい」など、ポジティブな転職理由の方が好ましいです。

選考過程で不利にならないように、「○○が嫌になった」というネガティブな転職理由を履歴書や面接で伝えることは避けましょう。

ポイント2.採用担当者が納得できる理由を伝える

選考で不利にならないように、採用担当者が納得できる転職理由を伝えることを意識してください。

とくに、転職理由と言動が一致していないと、採用担当者に不安や不信感を持たれ、不採用になるリスクが高くなってしまいます。

例えば、スキルアップが転職理由の場合は、スキルアップに焦点を当てて納得感のある理由を伝えましょう。

幅広い診療科の処方箋を扱える薬剤師になるのが目標です。
御社は、扱う診療科も豊富で教育制度がしっかりと整備されていると、働いている知人から聞いています。
充実したOJT研修制度のもとで、たくさんの種類の処方箋を扱いながら、業務に邁進したいと考えています。

履歴書や面接で言動を一貫させるためには、転職理由と目的をしっかりと整理しておくことが大切です。

転職前には、「なぜ転職するのか」「目的を達成するためにどんな働き方がしたいのか」を明確にしておきましょう。

ポイント3.具体例を出しながら説明する

採用担当者が実感をもって理解できるように、具体例を出しながら説明することも重要です。

具体例がないと、採用担当者が求職者の転職理由を的確に把握できず、「本当は別の転職理由があるのでは?」と、余計な不信感を抱かれてしまいかねません。

以下のように、具体的な例や数字を混ぜて説明することで、採用担当者が求職者の事情を理解しやすくなります。

家庭の事情で、月曜日と火曜日は18時以降の残業はできません。
残業自体は問題ないので、御社のように薬剤師の数が多く、曜日調整が可能な職場で計画的に働きたいと考えています。

「18時以降の店舗勤務はできないが電話対応なら可能」「月2回なら休日勤務も可能」など、できることを具体的に伝えると誤解を避けられます。

可能な限り具体例を出しながら転職理由を説明することで、内定獲得に近づけるでしょう。

ポイント4.嘘の転職理由を作り上げない

ネガティブな転職理由をそのまま伝えるのは避けるべきですが、当然ながら嘘をつくのはNGです。

あからさまな嘘でない場合でも、第一の転職目的が「年収アップ」にも関わらず、面接の際に「年収は特に気にしていません」と伝えて転職すると、「やっぱり年収アップしたかった…」と後悔してしまいます。

ネガティブな気持ちをポジティブに転換することは重要ですが、本来の転職目的から離れた発言をするのは避けてください。

今すぐに見つからなくても、あなたの希望に近い職場は見つかりますので、自分の気持ちには嘘はつかず根気強く転職先を探しましょう。

伝え方が分からない時は「アドバイザー」から意見をもらおう

転職活動をするにあたって、転職理由の伝え方に悩むことは当然と言えます。

「どうやって伝えれば良いか分からない…」という場合は、転職サイトのアドバイザーを頼ってみてください。

アドバイザーは、いわば「転職のプロ」であるため、選考で不利にならないよう伝え方を考えてくれます。

記事後半「薬剤師の転職におすすめの転職サイト3選」では、薬剤師の転職に特化したサイトを紹介しているので、ぜひ活用してください。

【例文あり】ネガティブな転職理由をポジティブに転換する方法

【例文あり】ネガティブな転職理由をポジティブに転換する方法

選考で不利になるのを避けるためには、転職理由ごとに上手くポジティブに変換することが大切です。

以下の表では、ネガティブな転職理由をポジティブに変換する方法をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

ネガティブな転職理由ポジティブに転換する方法
人間関係が上手くいかない「協調性への意識」に転換
(チームで協力しながら働きたいなど)
  • 年収・待遇に不満がある
  • スキルアップができない
  • 会社の将来が不安
「挑戦」に転換
(成長を感じながら業務に邁進したいなど)
  • 仕事にやりがいを感じない
  • 仕事内容が合わない
「自身の成長」に変換
(経験を活かし新しい業務にも挑戦し貢献したいなど)
ライフスタイルが変化した正直に伝えてOK

※クリックすると各見出しへジャンプします

ここからは、転職理由をポジティブに変換する方法を例文を交えて具体的に紹介します。

人間関係の理由は「協調性への意識」に転換

人間関係が転職理由の場合は、「協調性への意識」に転換してみてください。

転職の理由が人間関係の解消である場合は、そのまま伝えると「求職者自身に問題があるのでは?」と思われる可能性があるので避けてください。

人間関係が嫌で転職したい場合は、以下のように「他の職員と協力しながら働きたい」と変換すれば、嘘ではありませんので、採用担当者にネガティブな印象を与えにくいでしょう。

上司

将来は管理職を目指しているため、協調性を大切にした働き方がしたいと考えています。
薬剤師同士で仕事の効率的な進め方を話し合いながら、チームで業務を進めつつ、自分自身の成長にもつなげることを目指しています。
職場の社員だけでなく、関係病院などと連携しチーム医療に貢献したいです。

採用担当者がポジティブな転職理由と認識できるように、「協調性への意識」に転換して伝えてください。

待遇や環境に関する不満は「挑戦」に転換

待遇や環境に関する不満が転職理由の場合は、「挑戦」に転換するのがポイントです。

年収や待遇の不満をストレートに採用担当者に伝えると、「採用してもすぐ辞めてしまうかも…」「不満ばかり言う人かも…」と思われて採用で不利になる可能性があります。

現職に不満がある場合は、下記のように新しい挑戦に結びつけるとポジティブな印象になります。

あなた

現職は、四半期に1回の定期研修があるのですが、学生実習を受け入れていません。
御社は、たくさんの実習生を受け入れ、人材育成に積極的に取り組まれていると伺っています。
実習生への指導を通じて、OJTで人材育成や教育について学び経験を積みながら、将来は管理薬剤師として活躍したいと考えています。

例えば、会社の将来が不安な場合は「新しい仕事に挑戦し活躍したい」と前向きに伝えましょう。

年収が低い・今の職場の評価制度が不満といった転職理由の場合は、「挑戦」に転換するのが大切です。

仕事内容に関する不満は「自身の成長」に転換

現職の仕事にやりがいを感じないなど、仕事内容に関する不満が転職理由の場合は、「自身の成長」に転換してみてください。

仕事内容に関する不満をストレートに採用担当者に伝えると、ネガティブな印象を持たれてしまいますが、「自身の成長」に転換すれば、ポジティブな印象となります。

現職のがん治療の経験をもとに、がん専門薬剤師になりたいと考えています。
貴院はがん治療や在宅医療など、最先端の治療にも積極的に取り組まれていると伺っています。
がん診療拠点病院として最新のがん治療を積極的行っている貴院で、患者様に寄り添い、患者様一人ひとりのQOLを向上させることが目標です。

現職への不満については、伝えずに「転職で何を実現したいのか」にフォーカスしましょう。

「不満を隠す=嘘になるのでは?」と思われるかもしれませんが、ネガティブな印象になりやすい現職への不満をわざわざ伝える必要はありません。

「転職理由は現職への不満だけ…」といった場合も、転職に対して何らかの希望や目標を持っているはず。

現職への不満が理由で転職する場合は、不満な気持ちに囚われるのではなく「新しい職場でやりたいこと」や「どんな薬剤師になりたいのか?」を考えてみてください。

家庭や自己都合の理由はそのまま伝えてOK

転職理由が家庭や自己都合の場合は、そのままの理由を伝えてOKです。

ライフスタイルの変化など、家庭の事情が転職理由の場合は、採用側の企業から理解が得られやすいためです。

たとえば、「引越しに伴う転職」「育児に伴う転職」などの場合は、率直に伝えて構いません。

家庭の事情を伝えたくない場合は?

選考の際に採用企業が、家族に関する情報を集めることは就職差別に該当する可能性があるため、家庭の事情を話したくない場合は、無理に話す必要はありません。(参考:公正な採用選考の基本|厚生労働省

ただし、家庭の事情で勤務時間に制限がかかる場合は、「何曜日の何時までは働ける」など、具体的に伝えた方が良いでしょう。

【例文あり】現職で上手に退職理由を伝える方法

【例文あり】現職で上手に退職理由を伝える方法

退職トラブルを避けるためには、上司や会社側に悪い印象を与えないよう、上手に退職理由を伝えることが重要です。

以下の表では、退職理由の伝え方の例をまとめましたので、参考にしてください。

退職理由伝え方の例
【自己都合が退職理由の場合】
  • 人間関係が上手くいかない
  • 仕事にやりがいを感じない
  • ライフスタイルが変化した
  • 仕事内容が合わない
  • 家庭の事情で転職せざるを得ない
  • ワークライフバランスを考慮したい
【会社状況に原因がある場合】
  • 年収・待遇に不満がある
  • スキルアップができる環境ではない
  • ライフスタイルが変化した
  • 会社の将来が不安
  • 新しい仕事にチャレンジしたい
  • 別の業種で経験を積みたい

ここからは、退職理由の伝え方を具体的な例文を交えて解説します。

退職理由の伝え方

退職理由を伝えたくない場合は…

現職の不満に対してポジティブな退職理由の伝え方が思いつかなかったり、退職理由を伝えたくない場合は、「一身上の都合」とだけ伝える形でも問題ありません。

ただし、職場によっては納得してくれなかったり、引き止めにあう恐れもあるので、可能であれば具体的に退職理由を伝えましょう。

ケース1.自分の気持ち・自己都合が退職理由の場合

自分の気持ち・自己都合が退職理由の場合は、家庭の都合・ワークライフバランスを整えたいなどと伝えましょう。

「人間関係が嫌」「仕事にやりがいを感じない」などの退職理由の本音を伝えると、退職日までの期間に思いがけない嫌がらせを受ける可能性も否定できません。

以下の例のように、家庭の都合などと上手く結びつけて退職理由を説明するのが良いでしょう。

育児や家庭の事情で、今のペースで仕事を続けていくことが難しくなりましたので、退職させていただければと思います。

家庭の事情のために退職せざるをえないと伝えることで、現職の上司や会社から納得されやすくなります。

ケース2.会社状況に原因がある場合

年収・待遇など会社状況に退職の原因がある場合は、新しい仕事にチャレンジしたいと伝えましょう。

「年収が低い」などの改善の余地がある退職理由を伝えると、年収アップ交渉などによって退職慰留されるケースも少なくありません。

退職の引き止めにあわないためには、「現職ではできない新しい仕事に挑戦したい」と伝えることがポイントです。

将来はがん専門薬剤師になりたいと思っています。
現職では、抗がん剤の処方が少ないため、より抗がん剤処方の多い病院で実務経験を積むために退職したいと考えております。

現職ではできない仕事に挑戦したいという退職理由を伝えれば、退職を引き止められる可能性を軽減できるでしょう。

ケース3.別の業種に転職する場合

別の業種に転職する場合は、別の業種で新しい経験を積みたいと退職理由をそのまま伝えても問題ないでしょう。

なぜならば、業務内容が変わることは会社としても退職理由を納得しやすいためです。

例えば、ドラッグストアから調剤薬局へ転職する場合は、以下のように伝えられます。

薬剤師として積極的に患者さんと関わりたいと思うようになり、調剤薬局で働くために退職させていただくことにしました。
現職でのOTC販売の経験も活かして、調剤業務に携わっていく予定です。

調剤薬局から病院など別の業種に転職する場合は、「新しい経験を積みたい」と伝えれば問題ないでしょう。

転職理由の伝え方に不安がある場合は「転職サイト」に相談しよう

転職理由の伝え方が分からない場合は、「薬剤師に特化した転職サイト」を活用することをおすすめします。

転職サイトを利用すれば、転職相談・求人紹介・選考対策など幅広いサポートを受けることも可能です。

薬剤師転職サイトの仕組み

転職理由の伝え方に不安がある場合でも、以下のような手厚いサポートを受けることで、内定獲得の確率を高められるはずです。

薬剤師転職サイトのサポート内容

  • 面接対策(転職理由の伝え方をアドバイスしてもらえる)
  • 履歴書・職務経歴書の作成サポート
  • 将来のキャリア相談
  • 円満退職のフォロー(退職理由の伝え方をアドバイスしてもらえる)
  • 給与や勤務時間・休日などに関する条件交渉…など

(※転職サイトによってサポート内容は異なります)

薬剤師の転職におすすめの転職サイト3選

薬剤師の転職におすすめの転職サイト3選

ここからは、数ある転職サイトのなかでも「サポートが手厚い」「求人数が多い」と評判の転職サイト3社をご紹介します。

どれも無料で利用できるうえ、合わないと感じた場合はいつでも退会可能なので、ぜひ気軽に利用してみてください。

サイト名特徴
ファルマスタッフ
  • 調剤薬局の求人に強い
  • 対面でじっくり相談に乗ってくれる
マイナビ薬剤師
  • ドラッグストアや企業の求人が充実
  • 地方の求人が豊富
ファーマキャリア
  • 個別にカスタマイズした求人を紹介してもらえる
  • 対応に時間をかけてもらえる

個別でじっくり相談したいなら「ファルマスタッフ」

ファルマスタッフ」は、大手薬局「日本調剤」のグループ企業が運営している転職サイトです。

個別面談でじっくり相談に乗ってくれるため、転職理由の上手な伝え方を教えてもらいたい場合に最適と言えます。

全国に12拠点あるので、地方在住の場合でも対面での面談を受けられます。

また、円満に退職するフォローもしてくれるため、退職理由の伝え方が分からない場合でも安心です。

「個別面談でじっくり相談に乗ってもらいたい」という方は、ぜひファルマスタッフを利用してみてください。

ファルマスタッフ|基本情報

運営会社株式会社メディカルリソース
公開求人数約50,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:24年2月時点)

地方で転職するなら「マイナビ薬剤師」

マイナビ薬剤師
(引用元
マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師」は、人材大手である株式会社マイナビが運営している転職サイトです。

薬剤師の転職事情を把握したアドバイザーが在籍しているため、転職理由の伝え方の相談にも乗ってくれるでしょう。

マイナビ薬剤師は全国の求人に対応しており、地方の求人も充実しています。

また、ドラッグストアや企業の求人も豊富なので、「調剤薬局から異業種への転職」を考えている方にも利用しやすいでしょう。

「地方で転職したい方」「ドラッグストアや企業への転職を考えている方」は、ぜひ登録してみてください。

マイナビ薬剤師|基本情報

運営会社株式会社マイナビ
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:24年2月時点)

自分に合う求人が見つからないなら「ファーマキャリア」

他の転職サイトで希望の求人が見つけられなかった場合は、「ファーマキャリア」の利用がおすすめです。

ファーマキャリアでは、単に求人を紹介するだけでなく、企業側と条件交渉をすることで求職者の希望にベストマッチする求人を作り上げてくれます

「希望条件は妥協したくない」という要望にも、できる限り寄り添ってくれるので、ぜひ相談してみてください。

また、ファーマキャリアでは、コンサルタントの教育を徹底しているため、ヒアリング力が高い傾向にあります。

「転職理由の上手な伝え方が分からない」という相談にも、親身に対応してくれるでしょう。

ファーマキャリア|基本情報

運営会社エニーキャリア株式会社
公開求人数約34,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:24年2月時点)

まとめ

薬剤師の転職理由は人によって様々ですが、選考の際にネガティブな転職理由をストレートに伝えるのは避けましょう。

転職理由・退職理由を聞かれた際は、以下のように「工夫して伝える」ことが重要です。

転職理由・退職理由の伝え方

  • ネガティブな理由はポジティブに言い換える
  • 相手が納得できる理由を伝える
  • 自分の気持ちに嘘をつかない

なお、上手く伝えられるか不安な場合は、薬剤師専門の転職サイトからアドバイスをもらうことをおすすめします。

以下の3社はどれも求人数が多く、転職サポートの手厚さにも定評があるので、ぜひ利用してみてください。

本記事で紹介した薬剤師におすすめの転職サイト

ファルマスタッフ
  • 調剤薬局の求人に強い
  • 対面でじっくり相談に乗ってくれる
マイナビ薬剤師
  • ドラッグストアや企業の求人が充実
  • 地方の求人が豊富
ファーマキャリア
  • 個別にカスタマイズした求人を紹介してもらえる
  • 対応に時間をかけてもらえる

薬剤師 おすすめ転職サイトの関連記事

MRにおすすめの転職サイト・転職エージェントを比較!選び方・注意点も解説
薬剤師 おすすめ転職サイト

MRにおすすめの転職サイト・転職エージェントを比較!選び方・注意点も解説

2024年2月21日

イーデス編集部

イーデス編集部

製薬会社の転職におすすめの転職サイト・エージェント!業界求人や年収も紹介
薬剤師 おすすめ転職サイト

製薬会社の転職におすすめの転職サイト・エージェント!業界求人や年収も紹介

2024年2月14日

イーデス編集部

イーデス編集部

定年後の60代薬剤師におすすめの再就職先!求人の見つけ方も解説
薬剤師 おすすめ転職サイト

定年後の60代薬剤師におすすめの再就職先!求人の見つけ方も解説

2024年2月6日

イーデス編集部

イーデス編集部

薬剤師が職場をすぐ辞めるのは正しい選択?後悔しないための判断基準
薬剤師 おすすめ転職サイト

薬剤師が職場をすぐ辞めるのは正しい選択?後悔しないための判断基準

2024年1月30日

イーデス編集部

イーデス編集部

失敗を防ぐ薬剤師転職サイトの選び方|登録したいおすすめ6社を厳選
薬剤師 おすすめ転職サイト

失敗を防ぐ薬剤師転職サイトの選び方|登録したいおすすめ6社を厳選

2024年1月30日

イーデス編集部

イーデス編集部

社会人や主婦が未経験から薬剤師になるには?最短ルートや必要条件を解説
薬剤師 おすすめ転職サイト

社会人や主婦が未経験から薬剤師になるには?最短ルートや必要条件を解説

2023年12月8日

イーデス編集部

イーデス編集部

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.