Operated by Ateam Inc.

イーデス

【年収1,000万円稼ぎたい薬剤師へ】収入アップの方法を伝授!

最終更新日:

薬剤師 おすすめ転職サイト
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

薬剤師は国家資格を持っているにも関わらず「年収が上がらない」「思ったより稼げない」と不満を感じる人も少なくありません。

なかには年収1,000万円以上を稼ぐ薬剤師も存在しますが、「高年収を稼ぐのは難しい」と感じている方が多いのではないでしょうか?

高年収を諦めている方もいらっしゃるかもしれせんが、今より年収を高めることは決して不可能ではありません。

そこで本記事では、薬剤師が高年収を稼ぐ方法を3つの方法に分けて詳しく解説します。

本記事を読めば、年収を高めるためのアクションを起こせるはずです。

高年収を目指すなら薬剤師転職サイトへの相談がおすすめ

年収アップを目的に転職したいのであれば、まずは薬剤師専門転職サイトに相談してみることをおすすめします。

転職サイトでは、企業との年収交渉を代行してくれたり、選考対策のサポートを行ってくれるため、転職での年収アップを叶えやすくなります

たとえば、薬剤師転職サイト「ファルマスタッフ」では、年収600万円以上の高年収求人を多く保有しています。

転職による年収アップを目指したい方は、薬剤師業界に精通したアドバイザーに相談してみましょう。

    気になる内容をタップ

    薬剤師は年収1000万円も可能だが難易度は高い

    「そもそも薬剤師が年収1,000万円を稼ぐことは現実的なの?」と疑問に思っている方もいらっしゃいます。

    結論からお伝えすると、薬剤師が年収1,000万円を稼ぐことは不可能ではありませんが、かなり難易度が高いです。

    薬剤師の全国の平均年収が565万円であることからも、年収1,000万円を稼ぐのは「簡単ではない」と言えるでしょう。(参考:令和2年賃金構造基本統計調査|厚生労働省

    とはいえ、なかには年収1,000万円を稼ぐ薬剤師も存在します。

    年収1,000万円を稼ぐ薬剤師には、以下のような特徴が見られます。

    高収入を得られる薬剤師の特徴

    • 時間と場所を選ばず働ける
    • 培ってきた実績がある
    • 家族のサポートを得られる
    • 行動力がある

    逆に、「スキルや実績がない」「家庭と仕事を両立したい」という方は、高収入を得るのは難しいと言えるでしょう。

    1,000万円以上の高収入を稼ぐには、自身への付加価値と行動力が必要です。

    次の見出しからは、「薬剤師が高収入を稼ぐ方法」について詳しく紹介していきます。

    薬剤師が高収入を稼ぐ3つの方法

    薬剤師が高収入を稼ぐ3つの方法

    薬剤師が高収入を稼ぐ方法は、大きく3つに分けられます。

    以下に、それぞれの方法のメリット・デメリットをまとめたので、ぜひ参考にしてください。

    方法メリットデメリット
    現職で
    高収入を稼ぐ方法
    • 転職活動の手間がかからない
    • これまでのキャリアを活かしやすい
    • 年収アップに時間がかかる
    • 基本給の低い職場の場合は大幅な年収アップが期待できない
    転職して
    高収入を稼ぐ方法
    • 大幅に年収アップできる可能性がある
    • すぐに年収アップできる可能性がある
    • 場合によってはキャリアが途中でとだえてしまう
    • 転職活動の手間がかかる
    独立して
    高収入を稼ぐ方法
    • 1,000万円以上稼げる可能性がある
    • 自分の裁量で働ける
    • 赤字になるリスクがある
    • 初期投資が必要

    なかには実践するにはハードルが高いものもあるので、ライフスタイルやキャリアを踏まえて現実的な方法を検討してみてください

    ここからは、それぞれの方法について詳しく解説していきます。

    薬剤師が「現職で」高収入を稼ぐ方法

    薬剤師が現職で 高収入を稼ぐ方法

    高収入を稼ぎたいけれど、「現職を続けたい」「現職を辞める勇気はない」という方もいらっしゃるでしょう。

    しかし、薬剤師は働き方を変えたり、自身に付加価値をつけることで、現職を辞めずに稼げる可能性があります。

    ここでは、「薬剤師が現職で高収入を稼ぐ方法」をご紹介します。

    薬剤師が現職で高収入を稼ぐ方法

    方法1.昇級を目指す

    薬剤師が現職で高収入を稼ぐ堅実的な方法が、「昇給を目指すこと」です。

    現職で実力が評価されれば、昇級し年収をアップさせられる可能性があります。

    実際に、厚生労働省による調査データを見ると、一般薬剤師と管理薬剤師では平均年収に約280万円の差があることが分かります。

    令和元年に実施された医療経済実態調査のデータ

    • 一般薬剤師の平均年収:473万8,925円
    • 管理薬剤師の平均年収:751万8,472円

    (参照:第22回医療経済実態調査報告|厚生労働省

    さらに、転職サイト「ファルマスタッフ」に掲載されている求人の最高年収を比較してみても、以下のような差があります。

    役職最高年収の平均
    一般薬剤師約530万円
    管理薬剤師約610万円
    管理職約620万円

    (参考:ファルマスタッフ|2021年6月時点
    ※「求人全体・管理薬剤師・管理職・正社員」で検索し、無作為に選んだ10件の求人の最高年収を平均した結果

    1,000万円以上の高収入を得るのは難しいですが、「管理薬剤師・管理職」に昇級すると、年収が大きくアップする可能性があります。

    なお、昇級で年収をアップさせるためには、日々の仕事の姿勢や上司へのアピールが大切と言えるでしょう。

    方法2.副業をする

    時間に余裕がある場合は、現職のほかに副業をすることも方法のひとつです。

    薬剤師の派遣やパートは高時給であるケースが多く、効率的に稼ぐことが可能になります。

    以下は、転職サイト「ファルマスタッフ」に掲載されている派遣とパートの平均時給をもとに、副業として稼げる金額をまとめた表です。

    【派遣・パートの平均時給】

    平均時給週5時間での
    1年当たりの給与
    派遣約2,800円約70万円
    パート約2,200円約50万円

    (参考:ファルマスタッフ|2021年6月時点
    ※各雇用形態で検索し、無作為に選んだ10件の求人の最高時給を平均した結果

    派遣やパートなどで週5時間程度働くと、50~70万円程度の年収アップが見込めます。

    「派遣」や「パート」は、比較的シフトの融通が利きやすいので、効率的に稼げます

    現職で副業が可能であれば、 ぜひ派遣やパートとしてプラスアルファで稼ぐことを検討してみましょう。

    注意!

    公務員薬剤師や、管理薬剤師の副業は法律で禁止されています。(参考:国家公務員法地方公務員法薬機法│e-Gov)

    また、職場によっては副業が禁止されている場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

    方法3.休日出勤や夜勤を希望する

    勤務時間に融通が利くのであれば、休日出勤や夜勤を希望することもおすすめです。

    労働基準法にて、法定休日の労働は通常賃金の35%以上、深夜労働は通常賃金の25%以上と定められおり、休日出勤をすることで収入を増やすことが可能です。(参考:労働基準法|e-Gov法令検索

    なお、休日出勤手当は「基礎時給×割増率×出勤した時間」で計算できます。

    たとえば、1時間あたりの基礎賃金が2500円の薬剤師が法定休日に出勤し、8時間労働した場合、以下のような計算となります。

    計算例

    2,500円(1時間あたりの基礎賃金)×1.35(割増率)×8(労働時間)=27,000円(休日出勤手当)

    ※1時間あたりの基礎賃金=基礎賃金÷月平均所定労働時間数
    (基礎賃金=1カ月の賃金から家族手当や通勤手当などの除外賃金を除いた賃金)

    ※法定外休日(所定休日)の場合は基本的に割増賃金は発生しませんが、週の法定労働時間を超えている場合は、25%の割増賃金が発生します。

    上記の場合、月2回法定休日に出勤すると、54,000円の収入アップとなります。

    また、夜勤や休日出勤はプライベートが犠牲になるため、避けたいと感じる方が多く、希望は通りやすいと言えます。

    体力に自信がある場合は、休日出勤・夜勤を積極的に申し出てみるとよいでしょう。

    薬剤師が「転職して」高収入を稼ぐ方法

    薬剤師が転職して高収入を稼ぐ方法

    薬剤師の年収は業種や職場によって大きな差があるので、転職することで高収入を稼げる可能性が高いです。

    実際に、転職サイト「マイナビ薬剤師」の調査では、65%の人が「転職で年収が上がった」と回答しており、そのうち約30%は100万円以上の年収アップに成功しています。(参考:薬剤師の転職お役立ちガイド|マイナビ薬剤師

    ここでは、「薬剤師が転職して高収入を稼ぐ方法」をご紹介します。

    薬剤師が「転職して」高収入を稼ぐ方法

    方法1.年収の高い業種へ転職する

    現職の年収が低い場合は、年収の高い業種へ転職することで効率的に稼げます。

    薬剤師は業種による年収差が大きいため、転職により年収が大幅にアップしやすいです。

    転職サイト「マイナビ薬剤師」の保有求人から業種別の平均年収を算出したところ、営業職・ドラッグストア・CRAの年収が高めであることが分かりました。

    【薬剤師|業種別平均年収】

    病院薬剤師約500万円
    調剤薬局約550万円
    営業職約600万円
    ドラッグストア(調剤併設)約650万円
    ドラッグストア(OTCのみ)約600万円
    臨床開発モニター(CRA)約700万円

    (参考:マイナビ薬剤師|2021年6月時点
    ※各業種で検索し、無作為に選んだ10件の求人の最高年収を平均した結果

    ここからは、年収が高めの業種について詳しく解説します。

    薬剤師|年収の高い業種

    製薬会社

    製薬会社の平均年収は、30代の研究開発職で約500万円、同じく30代の営業職が30代で約700万円と高年収です。(参考:マイケル・ペイジ

    他にも、医療情報担当者であるMRとして勤務した場合も高収入が期待できます。

    ただし、製薬会社の多くは新卒一括採用することが多く中途採用の枠が少ないため、競争率が非常に高いです。

    とくに研究職は、薬剤師の資格だけでは就職するのが難しく、「大学院卒」「学会での発表実績」などプラスアルファのスキルや実績が必要になるでしょう。

    ドラッグストア

    ドラッグストアは、薬剤師の勤務先として比較的高収入で、年収600万円以上となるケースが多いです。(参考:マイナビ薬剤師

    ドラッグストアが第一類医薬品を販売するには薬剤師の存在が必須であり、年収を高くしてでも薬剤師を確保したいというドラッグストアは多いです。

    また、業務の幅が広く勤務時間が長くなる傾向にあり、高収入を得やすいと言えます。

    とくに、年中無休で深夜営業をしているドラッグストアは勤務時間や休日が不規則になるため、高い給与が設定されていることも多いです。

    CRA

    CRAの平均年収は約550万円であり、勤続年数や役職などにより異なりますが、450万円~600万円程度が相場です。(参照:CRAの仕事の年収・時給・給料情報|求人ボックス

    CRAの年収は薬剤師の主な職場(調剤薬局・ドラッグストア・病院)と比較し、やや高い傾向にあります。

    ただし、十分なキャリアを積んでいたり、年収の高いドラッグストアなどで勤務している方がCRAに転職した場合は、一時的に年収が下がる可能性もあるため、注意が必要です。

    方法2.年収の高い地域で働く

    勤務地を柔軟に検討できるのであれば、平均年収が高い地域で働くことも選択肢のひとつです。

    薬剤師は、地域により年収に差があるので、年収の高い地域に転職することで高収入を狙える可能性もあります。

    とくに、人手不足の地域では「年収を上げてでも薬剤師を確保したい」という職場も少なくありません。

    以下に、平均年収が高い都道府県と低い都道府県をまとめたので、参考にしてください。

    年収の高い都道府県ベスト3年収の低い都道府県ワースト3
    ①静岡県約699万円①長崎県約428万円
    ②長野県約690万円②徳島県約444万円
    ③高知県約643万円③新潟県約447万円

    (参考:2019年賃金構造基本統計調査|厚生労働省
    ※薬剤師の(きまって支給する現金給与額×12カ月)+年間賞与その他の給与額で算出、千円以下は四捨五入

    たとえば、年収の低い長崎県からへ年収の高い静岡県に転職した場合、年収を大きくアップできる可能性があります。

    引っ越しなど柔軟に対応できる場合は、年収の高い地域で働くことも検討してみてはいかがでしょうか。

    ラウンダー薬剤師として働くことも検討してみよう

    ラウンダー薬剤師とは、複数の店舗を持つ企業で人手不足の店舗を回り業務を行う薬剤師のことです。

    各店舗で柔軟に対応する能力が求められますが、特定の店舗に勤務するより給与が高めに設定されていることが多いです。

    ただし、ラウンダー薬剤師は遠方での勤務になるケースがありますし、業務をその日のうちに終わらせなければならず、残業が発生するなど体力的に負担を感じる可能性もあります。

    ラウンダー薬剤師としての働き方に問題の無い方は、収入アップの方法として選択肢に入れてみてもよいでしょう。

    方法3.管理薬剤師候補として転職する

    薬剤師としてキャリアを積んでいる場合は、管理薬剤師候補としての転職を狙うことも手段です。

    管理薬剤師の平均年収は約752万円であり、一般薬剤師の平均年収474万円とは約280万円もの差があります。(参考:第22回医療経済実態調査|厚生労働省

    管理薬剤師候補の段階では大幅な年収アップは期待できませんが、実績を積めば将来的に高収入を稼げる可能性は十分あります。

    キャリアアップを狙って収入を高めたいのであれば、ぜひ管理薬剤師候補としての転職を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

    薬剤師が「独立して」高収入を稼ぐ方法

    薬剤師が独立して高収入を稼ぐ方法

    高額な収入を稼ぎたい場合は、「独立する」というのも手段です。

    ただし、独立して稼ぐ方法は、ハイリスク・ハイリターンと言えます。

    事前のリサーチが不十分な場合、赤字になる可能性があるので、メリット・デメリットを把握した上でじっくり検討しましょう。

    ここでは、「薬剤師が高収入を独立して稼ぐ方法」について詳しくご紹介します。

    薬剤師が「独立して」高収入を稼ぐ方法

    方法1.薬局を開業する

    薬局を開業することで、高収入を稼げる可能性があります。

    薬局を開業して軌道にのれば、1000万円以上稼ぐことも不可能ではありません。

    ただし、開業しても来局患者数が少ないなど経営がうまくいかない場合は、赤字になる可能性があるためリスクも高いです。

    【薬局開業のメリット・デメリット】

    メリット
    • 大幅な年収アップを期待できる
    • 経営方針を自分で決められる
    • 働き方の自由度が高い
    デメリット
    • 赤字になるリスクがある
    • 経営に関する知識・スキルが必要
    • 設備を1から購入する必要がある

    また、開業は既存の調剤薬局を買収するM&Aと異なり、1から薬局を立ち上げなければなりません。

    開業する際の投資、将来的に稼げる金額などを総合的に判断する必要があるでしょう。

    方法2.薬局をM&Aする

    1から開業するのではなく、今ある薬局をM&Aすることも独立の手段です。

    M&Aは既存の薬局を買収する形になるので、1からすべてを立ち上げる手間を軽減できます。

    ただし、従業員からの理解が得られない場合離職につながったり、経営が軌道に乗らずに赤字になる可能性も考えられます。

    【M&Aのメリット・デメリット】

    メリット
    • 収支計画が立てやすい
    • 既存の患者さんや人員・設備を引き継げる
    デメリット
    • 負債なども引き継ぐ可能性がある
    • 従業員の理解を得られない可能性がある
    • 多額の資金が必要

    「薬局の立ち上げには自信がないけれど独立したい」という場合は、M&Aを検討するのも手段です。

    方法3.フリーランスとして独立する

    フリーランス薬剤師は、企業などと雇用契約を結ばず、個人で収入を得る働き方です。

    特定の職場に勤務するわけではないので、自由度が高く、自分の裁量で稼げます。

    ただし、交渉がうまくいけば高収入を稼げる可能性がある反面、収入が不安定なるリスクもあるので注意が必要です。

    【フリーランスのメリット・デメリット】

    メリット
    • 仕事を選べる
    • ライフスタイルに合わせた働き方ができる
    • 副業を自由に行える
    デメリット
    • 収入が不安定
    • 福利厚生がない
    • 確定申告を自分で行う必要がある
    • スケジュール管理が必須

    働き方次第ではありますが、高収入を稼ぐために、フリーランスとして独立するも手段でしょう。

    フリーランス薬剤師については、以下の記事も参考にしてみてください。

    高収入を得たいなら転職サイトへの相談がおすすめ

    高収入を得たいなら 薬剤師転職サイトへの相談がおすすめ

    現職での昇給が難しかったり、独立が現実的でない場合は、「転職」が年収アップの有効的な手段と言えます。

    年収アップを目的に転職したいのであれば、まずは薬剤師専門転職サイトに相談してみることをおすすめします。

    薬剤師転職サイト利用のメリット

    • 高収入の求人を紹介してもらえる
    • 年収交渉を依頼できる
    • 選考対策をサポートしてもらえる…など

    転職サイトを利用すると、専任のキャリアアドバイザーが年収交渉を代行してくれるので、高収入を実現しやすいです。

    自力で転職する場合・転職サイトを利用した場合

    そのほか、選考対策もサポートしてくれるため、競争率の高い案件でも内定をもらえる可能性が高まります。

    好条件・好待遇で転職したい場合は、ぜひ転職サイトを利用してみてください。

    高収入の職場を見つけるには

    年収を最重視して転職する場合は、「高収入」の条件で求人を検索するのがおすすめです。

    転職サイト「ファルマスタッフ」では年収600万円以上の案件も保有しており、「高収入」という条件に絞って求人を検索できるので、ぜひ利用してみてください。

    高収入を稼ぎたい薬剤師におすすめの転職サイト

    薬剤師におすすめの転職サイト3社

    薬剤師が高収入を稼ぐには、転職サイトに求人探しや年収交渉をサポートしてもらうことをおすすめします。

    また、転職サイトによっては、各職場の評価制度や昇給システムなどの情報を教えてくれることもあります。

    ここでは、おすすめの転職サイトを3社ご紹介しますので、ぜひ活用してみてください。

    サイト名おすすめの人
    ファルマスタッフ
    • 1人で転職活動を進めるのが不安な人
    • 初めて転職する人
    マイナビ薬剤師
    • 幅広い業種の求人をチェックしたい人
    • 地方で転職を考えている人
    ファーマキャリア
    • オーダーメイド求人を紹介して欲しい人
    • 対応にしっかり時間をかけてもらいたい人

    本記事で紹介する3社は、下記記事よりさらに厳選した転職サイトです。

    そのほかの転職サイトもチェックしたい方は、ぜひあわせてご覧になってください。

    年収アップの相談なら「ファルマスタッフ」

    • 丁寧に向き合う個別面談が魅力
    • 電話・メール・Webツールでのサポートにも対応
    • 正社員・パート・派遣の案件を保有

    ファルマスタッフ」は、日本調剤のグループ企業が運営している転職サイトです。

    求職者一人ひとりとじっくり向き合う姿勢を大切にしているため、年収アップできる転職先を慎重に検討したい方におすすめと言えます。

    また、ファルマスタッフは全国に12拠点を構えており、エリア担当のコンサルタントが転職希望地域の転職市場や求人情報を共有してくれます。

    ファルマスタッフの拠点(2022年11月時点)

    札幌・東北(仙台)・大宮・船橋・東京・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・広島・九州

    コンサルタントは、必要書類の作成や企業との条件交渉なども手厚くサポートしてくれるので、転職活動に不安のある方でも安心です。

    転職を迷っている場合や転職の方向性が明確に定まっていない場合でも相談できるので、気軽に利用してみるとよいでしょう。

    ファルマスタッフ|基本情報

    運営会社株式会社メディカルリソース
    公開求人数約51,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    地方で転職するなら「マイナビ薬剤師」

    • 幅広い業種の求人を保有
    • 面談は来社・電話・メール・Webツールにて実施
    • 正社員・パート・契約社員の求人を取り扱う

    マイナビ薬剤師」は、株式会社マイナビが運営している転職サイトです。

    一般企業をはじめ調剤薬局やドラッグストアなど幅広い業種の求人を保有しているため、転職の可能性が広がります。

    専任のキャリアアドバイザーが、あなたの希望やキャリアプランを踏まえたうえで最適の求人を紹介してくれるので、効率的に求人を探せるでしょう。

    特に「今より年収を上げられる可能性があるかを知りたい」「将来的に年収アップできるようなキャリアプランを立てたい」という方は、薬剤師業界に精通したアドバイザーからの意見を参考にすることをおすすめします。

    また、マイナビ薬剤師の拠点は全国14カ所にあるので、地方在住の方にも使いやすいでしょう。

    マイナビ薬剤師の拠点(2022年11月時点)

    札幌・仙台・銀座・新宿・さいたま・横浜・名古屋・大阪・京都・神戸・岡山・広島・福岡・鹿児島

    マイナビエージェント|基本情報

    運営会社株式会社マイナビ
    公開求人数非公開
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    希望の求人が見つからずお困りなら「ファーマキャリア」

    • 希望に合わせてオーダーメイド求人を提案
    • コンサルタントの教育に注力している
    • 正社員・パート・契約社員の案件を保有

    ファーマキャリア」は、オーダーメイド求人にこだわりのある転職サイトです

    すでにある求人を紹介するのではなく、企業と条件交渉をして求職者の希望にベストマッチする求人を提案してくれます。

    そのため、「年収600万円以上の職場に転職したい」「管理薬剤師候補として転職できる職場を選びたい」といった、細かな希望条件のある方におすすめです。

    シフトや出勤日など、細かな希望にも寄り添ってくれるので「他では希望に合う求人が見つからなかった」という方にもおすすめです。

    また、ファーマキャリアでは、コンサルタントが担当する求職者の人数をあえて限定し、一人ひとりへの対応に時間をかけています。

    選考対策も入念に行ってくれるので、応募書類の作成や面接に不安を感じている方にはぜひ活用してほしいサービスです。

    ファーマキャリア|基本情報

    運営会社エニーキャリア株式会社
    公開求人数約36,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    薬剤師転職サイトの利用に関するQ&A

    薬剤師転職サイト 利用に関するQ&A

    最後に、薬剤師転職サイトの利用に関する疑問にお答えします。

    薬剤師転職サイトの利用に関する疑問

    Q1.薬剤師のスカウト事情は?

    薬剤師のスカウトというのはあまり一般的ではなく、実際にスカウトサービスを提供している大手薬剤師転職サイトはほとんどありません。

    しかし、スカウトを受けられる可能性はゼロではありません。

    ビズリーチ」や「リクルートダイレクトスカウト」といったハイクラスに特化したヘッドハンティング型転職サービスでは、薬剤師求人も取り扱っています。

    企業やヘッドハンターから直接スカウトが届く可能性もあるので、登録しておくことをおすすめします。

    Q2.転職サイトから的確なサポートを受けるためにできることは?

    転職サイトから的確なサポートを受けるには、以下ノポイントを意識しましょう。

    転職サイトから的確なサポートを受けるためにできること

    • 希望条件に優先順位をつけておく
    • 転職意欲をアピールする

    希望条件に優先順位をつけておくことで転職の軸がぶれにくくなるため、転職サイトから提案された求人を落ち着いて確認できるでしょう。

    また、転職サイトは転職意欲の高い求職者を優先する傾向にあるので、転職意欲をアピールすることが大切です。

    う。

    希望条件を整理してみよう!

    理想が高い場合は、希望条件に優先順位をつけて「譲れない条件」と「妥協できる条件」を切り分けてみることをおすすめします。

    優先順位をつける際は、以下の方法を参考にしてください。

    希望条件に優先順位をつける方法

    • 希望条件をできるだけ具体的に書き出す
      (仕事内容・収入・雇用形態・勤務する場所・休日・労働時間・福利厚生・評価制度・会社の経営方針・職場の雰囲気など)
    • 希望条件を「必ず実現したいこと」と「できれば実現したいこと」に分類する
    • 「必ず実現したいこと」「できれば実現したいこと」それぞれの中で優先順位をつける

    Q3.担当者と相性が悪い場合はどうしたらよい?

    担当者と相性が悪い場合は、変更を検討することをおすすめします。

    なぜならば、相性の悪い担当者は転職活動に悪影響を及ぼす可能性があるためです。

    たとえば、以下のような担当者に当たった場合は、すぐに変更を依頼しましょう。

    変更を検討した方がよい担当者の特徴

    • 希望条件に合わない企業ばかり紹介される
    • レスポンスが悪くて転職活動が思うように進まない
    • 年収交渉など希望に応えようとしてくれない
    • 転職を急かしてくる

    変更を依頼する際は、その後のサポートに影響を及ぼさないよう「別の担当者にも意見をうかがいたい」といった角の立たない伝え方をおすすめします。

    担当者に直接伝えにくい場合は、公式サイトのお問い合わせフォームなどを利用して、担当者の変更依頼を行いましょう。

    まとめ

    薬剤師は、難易度は高いものの1,000万円に近い高収入を稼げる可能性があります。

    高収入を稼ぐには、以下のような方法があるので、ぜひ実践してみてください。

    現職で高収入を稼ぐ方法
    • 昇級を目指す
    • 副業をする
    • 休日出勤や夜勤を希望する
    転職して高収入を稼ぐ方法
    • 年収の高い業種へ転職する
    • 年収の高い地域で働く
    • 管理薬剤師候補として転職する
    独立して高収入を稼ぐ方法
    • 薬局を開業する
    • 薬局をM&Aする
    • フリーランスとして独立する

    また、転職をする場合は、サポートが充実している転職サイトに年収交渉を代行してもらうことで、効率的に年収アップを実現できます。

    以下の3社は「転職活動を手厚くサポートしてくれる」と評判なので、ぜひ利用してみてください。

    本記事で紹介した薬剤師転職サイト

    ファルマスタッフ
    • 丁寧に向き合う個別面談が魅力
    • 年収600万円以上の案件が充実
    マイナビ薬剤師
    • 幅広い業種の求人を保有
    • 全国14か所に拠点あり
    ファーマキャリア
    • 希望に合わせてオーダーメイド求人を提案
    • コンサルタントの質が高い

    薬剤師 おすすめ転職サイトの関連記事

    MRにおすすめの転職サイト・転職エージェントを比較!選び方・注意点も解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    MRにおすすめの転職サイト・転職エージェントを比較!選び方・注意点も解説

    2024年5月16日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    定年後の60代薬剤師におすすめの再就職先!求人の見つけ方も解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    定年後の60代薬剤師におすすめの再就職先!求人の見つけ方も解説

    2024年5月10日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    薬剤師が職場をすぐ辞めるのは正しい選択?後悔しないための判断基準
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    薬剤師が職場をすぐ辞めるのは正しい選択?後悔しないための判断基準

    2024年5月8日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    薬剤師のアルバイト先まとめ!メリット・デメリットを徹底解説!
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    薬剤師のアルバイト先まとめ!メリット・デメリットを徹底解説!

    2024年5月8日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    ブランクのある薬剤師が再就職するコツ!おすすめの職場や勉強法を解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    ブランクのある薬剤師が再就職するコツ!おすすめの職場や勉強法を解説

    2024年5月8日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    大阪で転職したい薬剤師必見!年収事情・求人の特徴などを解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    大阪で転職したい薬剤師必見!年収事情・求人の特徴などを解説

    2024年5月8日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    • Facebook
    • x
    • LINE